斎藤一人 言葉。 斎藤一人名言集|地獄言葉はもう一度使わなければならなくなる|人生好転マーチ

天国言葉と地獄言葉について知ろう。斎藤一人さんの教え

斎藤一人 言葉

saitouhitori. 読者のみなさんは、斎藤一人さんをご存知ですか?? 1 斎藤一人さんという方は、銀座まるかん創設者で化粧品や健康食品を取り扱っている大社長さんです! 天国言葉ってそもそもなんなの?? fc2. 寝坊して会社に遅れそうになった時に、車を運転しながらひたすら天国言葉を連呼したら勤務時間に間に合った! 僕の母親が大腸ポリープの疑いで大手術が必要になった時、天国言葉を僕と母が唱えまくったらポリープが消えていた• 天国言葉を言いまくると、年収が130万円アップした!! 天国言葉を言えば言うほど、自分に嫌なことが起きてもあまり気にしないようになる• 天国言葉を使い続けると、人の悪口を言いたくなくなる• 天国言葉の書いた紙をトイレの目のつく所に貼っておくと、自然と頑固な口調だった父親の態度や人相が変わった• 天国言葉を使えば使うほど、自分が周りの人から愛されるようになる• 天国言葉が多いと、自分も周りの人も自然と笑顔になる• 天国言葉を言いまくると、不思議と涙が出て優しい気持ちになれる• itigenki. 天国言葉は、 言えばいうほど幸せになれる最高の言葉• 地獄言葉は、 言えばいうほど不幸になってしまう最低の言葉• 天国言葉を僕自身が言ったら、 良いことだらけで幸せ絶好調!! 天国言葉は、 あなただけでなく周りも幸せになれる! などを今回の記事で紹介しました!! 目標としては、不器用な僕でもネットビジネスで成功して、脱サラした姿をみなさんに伝える事です!

次の

斎藤一人

斎藤一人 言葉

com』でのご登録はメールが届きにくくなっております。 斎藤一人さんの名言から、 個人的に良いと思ったものを 紹介しているコーナーです。 今回は、 『地獄言葉を言うと、 もう一度同じ言葉を使うことが起きる』 という一人さんの名言ですね。 正確な意味としては、 「言霊のスゴいところは、 それを言うと、もう一回 同じことを言いたくなることが起きる」 という感じに言い換えられるでしょう。 「サイアク!」と言うと、 もう一度サイアクなことが起きる。 「ありがとう」と言うと、 もう一度感謝したくなることが起きる。 ということで、この話を知ると、 『地獄言葉』を止めて、 『天国言葉』だけを使いたくなりますよ! 斎藤一人さんは、 健康食品や美容品などを 販売している銀座まるかんの創始者で、 人生に役立つ話をしてくれる 日本一の商人と呼び声の高い人です。 ではこれから、 斎藤一人さん流の言霊の大切さについて 詳しく紹介していきましょう! 目次• 地獄言葉はもう一度使わなければならなくなる 前回、斎藤一人さんの教えで、 よく出てくる『天国言葉と地獄言葉』の話をしました。 今回はその続きとして、 地獄言葉の怖さについて見ていきたいと思います。 地獄言葉とは、 「恐れている、ツイてない、 不平不満、グチ・泣きごと、悪口、 文句、心配事、ゆるせない」という、 幸せな日々を過ごすために 口に出してはいけないネガティブな言葉のこと。 まぁ、何にしても 地獄言葉という響きは、 なんとも怖いですね。 なんといっても 「ぢごく・・・」 ですからね。 この言葉を使ってばかりいると、 生きてても地獄、 死んでからも地獄という、 悲しい目に遭ってしまうそうです。 だけど安心してください。 逆に、『天国言葉』というのもあって、 「愛してます、ツイてる、嬉しい、 楽しい、感謝してます、幸せ、 ありがとう、ゆるします」という言葉を 積極的に使っていると、 不幸はあなたの元から去っていくようです。 地獄もどこかに吹き飛んでいってしまいます。 しかも! これらの言葉を口にする時は、 別に感情が伴ってなくても『OK』とのこと。 別に本当にそう思ってなくても、 天国言葉を口ぐせのように何回も唱えていると、 幸せがあなたの元に訪れるようになるんだから、 こんなに簡単な話はありません。 この『天国言葉』と『地獄言葉』の話は、 斎藤一人さんの著書にもよく出てきますが、 基本的には『天国言葉』を しっかりと言うように勧めている感じがあります。 これにはちゃんと理由があって、 人間の脳がひとつのことしか考えられない という性質を利用して、 口ぐせの習慣をうまく活用しているからなんです。 つまり、 『天国言葉』を何回も口に出して言うことで、 同時に『地獄言葉』を封じてしまおう! ということですね。 要するに、 雑草が育って手に負えなくなる前に、 しっかり天国言葉を口ぐせにして 普段から心の整理をしておくことが大切なんですね。 この考えは、 人間が1つのことしか考えられない という性質をうまく利用しているので、 たしかに理にかなっている話です。 つまり、 『一石二鳥』 ということですね。 ちなみに、 地獄言葉を使いながら幸せになることはない と、斉藤一人さんは言っています。 ここで少し、 斎藤一人さんの言葉を紹介しましょう。 キリストさんも 『初めに言葉ありき』 と言っているように 言葉ってとても大切なんだよ。 この言葉には『言霊の法則』があって、 お釈迦さまも 「愚痴や悪口、 泣き言を言ってはダメですよ」 と言ってるけど、 なぜかというと、 たとえば泣き言を言うと、 もう一回、泣き言を 言わなければならないことが起きるんだよ。 (中略) この『ツイてる』という一言が、 次を生むんだよ。 『感謝してます』って言うと、 また感謝したくなることが起きる。 言霊のすごさは、 それを言うと、 もう一回言いたくなることが起きる ということ。 だから、いつだって、 どんな言葉を使うかが とても大切なんだよ。 引用元:『あなたは絶対、豊かになれる!』佐藤修著 脳の性質には、 脳は他人に向けた言葉や考えでも、 すべて一人称を自分に変えて理解する という特徴があるそうです。 つまり、 誰かの不幸を考えながら、 自分は幸せにはなれないのです。 この話の延長で、 自己犠牲マインドでは、 他人を幸せにすることはできない というのが斎藤一人さん流の考え方です。 相手の幸せを願えば、 自分に幸せが降ってくるし、 相手の不幸を願えば、 自分に不幸が降ってくる。 そう考えると、 言葉や考え方って軽視できませんよね。 だからこそ、 特に『地獄言葉』には 注意しなければならないのでしょう。 特に注意したいのは、 他人に攻撃的になることだけでなく、 『自分への心配事や不安もダメだよ』 というところです。 そう考えると、 この地獄言葉というのは、 なかなか深い意味があるんだと考えさせられます。 これも、脳の特性を活かした ひとつの考え方なのかもしれませんね。 斎藤一人さん名言『まず、言葉なの』 斎藤一人さんが言うには、 地獄言葉は『不運のスイッチ』で、 天国言葉は『強運のスイッチ』なのだそうです。 地獄言葉というのは、 「恐れてる」 「ついてない」 「不平不満」 「グチ・泣き言」 「悪口」 「文句」 「心配ごと」 「ゆるせない」 という8つの言葉のこと。 天国言葉というのは、 「愛してます」 「ツイてる」 「嬉しい」 「楽しい」 「 感謝してます」 「しあわせ」 「ありがとう」 「許します」 という8つの言葉ですね。 そして、 地獄言葉を使うと、 その度に不運のスイッチが入って、 人生が不運に見舞われる。 逆に、 天国言葉を使うと、 その度に強運のスイッチが入って、 人生に良いことが訪れる。 この事実を知っておくと、 自ずと使う言葉も慎重になりますよね。 ここで、斎藤一人さんの言葉を紹介しましょう。 それから、 『天国言葉を言っているのに、 なかなかツイてることが起こらないんです。 やっぱり私ってツイてない』 って、暗~い顔しながら言う人がいるんだよ。 それって、 『ツイてない』って 地獄言葉を言っちゃってるから、 ツイてることが起こらないだけなんだよ(笑) 『心配だ、心配だ』って 地獄言葉を言いながら、 幸せなことは考えられないよな。 たとえ転んでも、 『あー、ここで転んでよかった。 30センチずれていたら 車にひかれて 死んじゃっていたかもしれない。 ツイてる。 ツイてる』 と、天国言葉を言うの。 そうすれば、人間の脳って ツイてることを探し出して、 次にツイてることが起こるんだよ。 まず、言葉が先なの。 コントローラーのスイッチを まず押さなきゃいけないの。 しあわせだって言わないから、 しあわせなことが起きないんだよ。 引用元:『斎藤一人「強運」になれる7つの法則』宮本真由美著 とにかく、今しあわせじゃない人は、 まず自分が地獄言葉を言ってないか 気が付かなきゃダメだってことですね。 そして、 「攻撃は最大の防御」のごとく、 積極的に天国言葉を使っていくと良い ということになります。 悪い言葉が悪いものを引き寄せ、 良い言葉が良いものを引き寄せるように、 良い言葉をうまく使えば使うほど、 人生は好転していくでしょう。 何度も言うように、 必ずしも言葉に感情を 込めなければならないというものでもないので、 しあわせになるおまじない位の感じで 天国言葉を習慣にしてみてくださいね! 前向きで明るい言葉を意識的に使い、 人生を好転させるスイッチを押しまくっていけば、 結果は後からついてくるということですね。

次の

斎藤一人さんの天国言葉を実践して一ヶ月後、実際に効果はあったのか

斎藤一人 言葉

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし) はい、おはようございまーす。 100聞きシリーズでーす。 え~、これも100回聞いてください、一ヶ月以内ですよ~。 よろしくお願いしまーす。 え~、言葉、言霊ってということなんですけど、キリストも言ってるように、聖書の中でね、初めに言葉ありきって、本当に言葉って大切なんですよ。 言葉は神なりっていうくらい大切なんです。 それで、言葉には言葉の法則というのがあるんです。 で、このことがわかるとおもしろいんだけど、あの、お釈迦様もね、愚痴とか悪口、それから怒りとか、そういうこと言っちゃダメですよって言ってるんですけど、何でですか?っていうと、実は言葉っていうのは、泣き言を言うと、もう一度泣き言を言わなければいけないことが起きるんです。 で、その言葉と同じことを、例えば、いっつもイライラしてると、何であいつ俺のとこだけこうやって、なんっつうの、食べ物運んでくんの忘れたりすんだろ、あの従業員頭にくるなーとかっていうと、必ずそれをもう一回言わなきゃいけない、例えばお店で起きるとか、タクシー乗ったら感じの悪い人がいるとか。 イライラして、イライラを口にすると、もう一回それを言わなきゃいけない現象が起きるんです。 あなたの周りでも旦那の悪口とか、姑の悪口とか、周りの人の悪口とか、ずーっと言ってる人いますよね。 そうすると、もう一回それを言わなきゃいけない現象が起こるんです。 だから、ありがたいねーとか、うちの会社はほら、ついてる神社があるくらいだからね、ついてるついてるって言ってると、また言いたくなっちゃう現象が起きるんです。 で、時々、言いたくないような現象が起きます。 ついてないって言いたくなるような現象が起きます。 これが神様の試験っていうんです。 で、これを答えを出して、それでもついてるっていうと、とんでもないぐらいのついてることが起きちゃうんです。 松下幸之助さんがね、若い頃、船の水上バスみたいのがあって、それに乗ってた時に、あの、船員さんの人がね、船の横をこうやって歩いてたの。 昔ってむちゃなことすっからね。 船の横の薄い板のところ歩いてて、で、揺れたら落っこちそうになった時に、松下幸之助さんのことつかんじゃって一緒になって落っこちちゃったの。 そしたら、その時に、松下幸之助さんは、俺みたくそんなにね、泳ぎもできない。 死んで当然なのが、あそこで皆に助けられて生きてた。 自分ぐらいついてる人間はいないっつったのね。 普通の人間だったら、何で俺が乗っかってるだけでつかまれて落っこってね、俺はついてないって言っちゃうとこを、俺はそれでも生きてた。 なんて、ついてる人間なんだろうって言ったんだよね。 その結果、あの人は日本一になっちゃった。 そうすっと、もう次から次と、ついてるって言いたくなるようなことが起きちゃう。 だから、その一言が次を生むの。 だから、嫌なことばっかし起きちゃうのよって言うと同時に、また言わなきゃならない現象が起きるよ。 ね? だから、「ついてる」、あ~ありがとねとか、感謝してるよっていうと、また感謝したくなるようなことが必ず起きる。 ありがとうねっていうと、またありがとうって言いたくなるようなことが起きるの。 ありがとうとか、感謝してるよとか、俺ついてるんだよ、こうやって日本に生まれてこの会社に入れてついてるんだよっつったと同時に、この会社に入れてよかった、ついてるっていう現象が起きる。 ね? で、本当にこうリストラされて辞めてく時も「お世話になりました」と言って、でも大丈夫ですよ、俺ついてるからって言った時、本当に辞めてよかったっていくらい、あそこの会社じゃなくてよかったと思うくらいついてることが起きる。 辞めさせられてついてねんだとか、俺だけ辞めさせてずっと恨んでるとかっていうと、また恨まなきゃいけない現象が起きるの。 だから、言葉って言うと、それをもう一回言わなきゃいけない現象が起きるよ。 で、そのことを知らないから、エンドレスでずーっと人って、泣き言、それから、俺許せねんだあいつをって言ってると、次にまた許せない現象が起きる。 この国の政治は何なんだ、許せないっていうと、また許せない現象が起きる。 テレビ見てて、また俺は許せないだっていう現象が起きるの。 ね? だから、あー、感謝してるよ~とか、幸せだよ~とかって言ってると、感謝することが起きるの。 次々と起きるの。 だから、言葉って、言霊のすごさとは、言ったことがもう一度言わなきゃならない現象が出てくるよ。 だから、言葉を気を付けて、もう一回この言葉を言うような現象が起きてほしくないような言葉なら言わないこと。 それで、もう一回、ありがとうね、ありがたいことっていうのは何回起きてもいいじゃない。 感謝してるよ。 ね?感謝とかありがとうって、私言えないんですって、あんたの言ってることってどんなこと?愚痴ですか?泣き言ですか?悪口ですか?ね? そんなこと言ってるんだよね。 だからエンドレスでそれが続くんだよね。 で、それをこの法則があるということだけ覚えててください。 そして、言葉に気をつけてください。 で、どうせなら楽しいね~とか、美味しいね~とか、うれしいね~とか、何度も起きること、それで、それが実は周りの人にすごい心地よさを与える。 最高の波動を与えるんだよ。 え~、急に、ついてる神社の話になっちゃうんだけど、ストラップ買う、そうすると、え~、まぁ、鈴木さんでもいいのね、鈴木恵美子さんっていう人がいたら、「鈴木恵美子さんに全ての良きことが雪崩のごとく起きます。 おめでとうございます!万歳!万歳!」、っていうと全員が万歳、万歳ってしてくれるの。 ね? そうすると、ものすごく皆喜んでくれるの。 えーこんなことで、こんなことまでしてくれるんですか?っていうと、そこで、皆が万歳、万歳って言った波動は消えないの。 そのストラップに残るの。 そうすると、そのストラップを持った時にそのことを思い出すの。 あ~、これで万歳してくれたんだよな。 あん時、楽しかったよな。 良い波動ってね、良い波動として残ってる。 それをこうやって持ったりするだけで落ち着くの。 だからイライラしてるのと、良いものを持って思い出の品とかを持つのと全然違うんだよ。 それで、起きる現象が違ってきちゃうんだよ。 ね? 皆が幸せになるような言葉を使ってほしいし、幸せになるようなものがあったらいいよね。 高いものとかそういうのじゃないよ。 皆が愛をこめてくれて、自分のために万歳してくれるじゃない。 で、した人も幸せなんだよ?ね?で、そんなつもりで、あの万歳ってそういうことなのかっていうことがわかってくれるとすごく嬉しいです。 え~、幸せだなって言ったら幸せになることが起きますよ。 はい、ありがとうございまーす。

次の