台湾 おすすめ お 土産。 これを買えば間違い無し!「台湾」人気おすすめお土産ランキングTOP15

【台湾台北】リピートしたい台湾の人気土産!おすすめ10選

台湾 おすすめ お 土産

Contents• 台湾の顔というべき定番のお土産(おみやげ) まず最初に台湾の顔と言うべき定番のお土産(おみやげ)を紹介します。 パイナップルケーキ、台湾茶、金魚のティーバッグ、ドライフルーツ、カラスミはどれも値段は張ります。 しかし安定して喜ばれるお土産(おみやげ)です。 大切な人に渡す時にはこれらの台湾のお土産(おみやげ)を渡せば喜ばれること間違いないでしょう。 ぜひチェックしてみてください。 台湾旅行のお土産(おみやげ)といえばこれ。 パイナップルケーキ 誰もが思いつく台湾名物のお土産(おみやげ)と言えば、パイナップルケーキです! なかでも微熱山丘 サニーヒルズ というお店のパイナップルケーキはおすすめ!なぜならお土産を買うときも楽しいからなんです。 実は微熱山丘 サニーヒルズ 、お店に入ると一つ無料で試食できます。 しかもお茶まで出てくるので、ショッピングの休憩にもピッタリ。 台北店は台北松山空港の近くにあるので、帰り際にもお土産(おみやげ)を購入できるし、パイナップルケーキを購入するならここがおすすめです。 台湾の主要都市で買えるので、迷ったらここのパイナップルケーキを選んでおけば間違いないでしょう。 【追記】 【オークラプレステージ台北のパイナップルケーキ】 【佳德鳳梨酥(ジャードゥーパイナップルケーキ)】 他のパイナップルケーキのオススメだと、 オークラプレステージ台北のパイナップルケーキと、台湾を代表する 佳德鳳梨酥(ジャードゥーパイナップルケーキ)でしょうか? ホテルオークラプレステージのパイナップルケーキは、あの日本のホテルオークラの台北店で売られているパイナップルケーキです。 台北の中山駅近くのホテルオークラプレステージのベーカリーでしか購入できませんが、味と見た目、両方が美味しくて綺麗で、喜ばれるでしょう。 佳德鳳梨酥は1975年創業。 2006年に台北のパイナップルケーキイベントで1位になったことがあります。 こちらは台湾人でも感動するほどの味で、オススメです。 しかも新幹線や電車の駅のセブンイレブンで売っていたり、大きなスーパーなどでも売っています。 購入のしやすさでいうと、佳德鳳梨酥(ジャードゥーパイナップルケーキ)もオススメです。 【関連記事】 【公式ホームページ】 【目安の値段】 微熱山丘のパイナップルケーキ10個入り:420元 (約1,700円くらい) パイナップルケーキ 36個:540元 2,025円くらい 【買える場所】 微熱山丘のパイナップルケーキ(台北 民生公園店):台北市民生東路五段36巷4弄1號 微熱山丘 台北 民生公園店の営業時間:10:00~20:00 桃園空港第2ターミナル2階の売店でも購入できます。 一般的なパイナップルケーキ:台湾のデパート、お茶屋さん、ホテル、スーパー、空港でも購入可。 お茶屋さんで売っている台湾産のお茶 パイナップルケーキと並ぶくらい有名なお土産(おみやげ)と言えば、台湾のお茶も外せません。 台湾には富士山より高い4,000メートル級の玉山があるくらい、高低差に恵まれています。 だから昼と夜の寒暖差で美味しさが決まるお茶作りには、ピッタリの気候なんです。 台湾産が一番美味しいと言われる凍頂烏龍茶を始め、東方美人茶、ジャスミン茶はお土産(おみやげ)に嬉しいところ。 特にぼくの経験上、名前の惹かれる 東方美人茶を購入して渡すと、男女問わずに喜んでもらえることが多かったです。 【買える場所】 天仁茗茶や嶢陽茶行などのお店。 街の至る所にあるが、中山駅や台北駅周辺、台北101の地下1階はお店が集まってて便利。 金魚のティーバッグ お茶の中でも少しおしゃれなものを選びたいという望みに答えたのが、こちらの金魚のティーバッグです。 台湾で取れるお茶を金魚のティーバッグにしたこの製品。 見た目も可愛くて、女性からも人気です。 また4種類のお茶のティーバッグを選べるので、お茶ごとにティーカップの中の金魚の色が変わります。 2017年11月から台北駅の隣にある中山駅近くにお店がオープンしたので、より買いやすくなりました。 今まではめずらしいお土産でしたが、これからはもっと人気になっていくと思われます。 【関連記事】 【目安の値段】 金魚のティーバッグ 単品ボックス:1,160元 4,660円くらい 金魚のティーバッグ 4種詰め合わせボックス:1,380元 5,620円くらい 【買える場所】 住所: 台湾のドライフルーツ 台湾はフルーツ天国で有名です。 マンゴー、パイナップル、グァバなど、たくさんあります。 しかし!残念なことにお土産(おみやげ)として台湾のフルーツは持って帰れないんです。 2~3個なら持って帰れる!と言い張ってスーツケースの中に入れて密輸する人もいますが、見つかったら罰金食らうか、捨てさせられるので要注意です。 でもドライフルーツなら持って帰れるので、こちらをお土産(おみやげ)に買って行く人は大勢います。 特に台湾で味わったマンゴーを持ち帰りたい人には、ドライフルーツはピッタリです! あとぼくは意外とパイナップルのドライフルーツが美味しいと感じてるので、ドライマンゴーが高いと思う人には、ドライパイナップルもオススメします。 【目安の値段】 ドライフルーツ(マンゴー):200~300台湾ドル・元(約800~1,200円くらい) 【買える場所】 台湾の主要なお土産(おみやげ)店で買える。 他にも台湾のデパートの新光三越や台湾のスーパーの頂好や全聯福利中心でも売っている。 全家(ファミリーマート)でも売っているので、時間がなかったらおすすめ。 台湾のカラスミ 日本では高級食材のカラスミも、台湾では安く買えます。 台湾の高級レストランでコース料理を食べると、必ずと言っていいほど出てくるので、そこで食べて台湾カラスミを好きになる人も多いです。 食べてみると、ねっとりとしつつ、深みのある味で、お酒のおつまみにぴったりです。 カラスミで有名なのは台北よりも台南ですが、お土産(おみやげ)としては台湾全土で買えます。 【関連記事】 【目安の値段】 カラスミ:1,000~3,000台湾ドル・元(約4,000~12,000円くらい) 安いものは500台湾ドル・元(約2,000円くらいで購入可能) 【買える場所】 台湾の主要なお土産(おみやげ)店で買える。 他にも台湾のデパートの新光三越や空港でも買える。 台北で買うなら永久號がオススメ。 友人や職場で配るのにおすすめの台湾お土産(おみやげ) スーパーやコンビニで買えるもの パイナップルケーキや台湾茶、台湾カラスミはお土産(おみやげ)として高いので、大切な人にしか渡せません。 もう少し安いモノがほしい! そんなニーズに応えてくれるのが、台湾のスーパーやコンビニで買える台湾の食品です。 特にスーパーは安くて大量に買えるので、バラまきみやげとしてぴったり! 職場や友達に配るお土産(おみやげ)を買う場所として、非常に合っています。 台湾在住のぼくがおすすめしたい台湾みやげをいくつかピックアップしてみたので、ぜひチェックしてみてください。 【関連記事】 台湾のコンビニで買えるオススメのお土産(おみやげ)はこちらからどうぞ。 味付きのピーナッツ(花生) ぼくのおすすめのベストバラマキ台湾お土産(おみやげ)は、味付きピーナッツです! 特に唐辛子が入っているピーナッツは辛さと香辛料に中毒性があるので、お酒のおつまみとしてぴったり。 日本では絶対食べられない味です。 辛いのが苦手な人は、竹炭花生というピーナッツが甘いので、こちらも合わせて買うといいのではないでしょうか? 両方とも小袋に入っているので、職場や学校などで配りやすいです。 【目安の値段】 味付きピーナッツ:50~100台湾ドル・元(約200~400円くらい) 【買える場所】 台湾のスーパー、頂好や全聯福利中心など。 桃園空港第一ターミナルの新東陽でも購入可能。 台湾のインスタントラーメン 食べるバラマキ土産としてもう一つ手堅いのが、台湾のインスタントヌードルです。 カップラーメンと違ってかさばらないし、複数個入っているので配りやすいと感じます。 また台湾のインスタントヌードルは、真空パックがついていて、その中に牛肉が入っているんです!決してチープな感じにならないので、美味しい味とともに喜ばれるでしょう。 ぼくのおすすめのインスタントヌードルは一度贊(台湾語で一番いい!という意味)の紅燒牛肉麵です。 このシリーズは少し辛いのですが、台湾を感じられる香辛料のフレーバーが香っておすすめです! 【目安の値段】 台湾のインスタントラーメン:100〜120台湾ドル・元(約400~480円くらい) 【買える場所】 台湾のスーパー、頂好や全聯福利中心など。 一部のメーカーは台湾の空港でも買える 台湾フルーツビール 台湾に長く住んでいると、台湾人があまりお酒が好きでないことに気づきます。 だからスーパーやコンビニに並んでいるお酒の種類はとても少ないんです。 しかしその中でもビールだけはとても元気!普通のビールだけではなく、フルーツビールもあります。 味もマンゴー、ぶどう、パイナップル、桃(ピーチ)などたくさんあるので、お土産(おみやげ)におすすめです! ぼくはおそらく発売されているフルーツビール味を全種類飲みましたが、個人的なおすすめのフルーツビールは、ぶどうとパイナップルでした。 ただマンゴーのほうが珍しいので、迷ったらマンゴービールを選ぶと喜ばれるでしょう。 【目安の値段】 フルーツビール(マンゴー):35台湾ドル・元(約120円くらい) 【買える場所】 台湾のスーパー、コンビニのセブンイレブン・ファミリーマートで買える。 空港のコンビニでも購入可能。 18daysの台湾ビール 台湾ビールはフルーツビールの他に、普通の味もあります。 種類は3つ。 台湾ビール、クラッシック、工場で製造されて18日以内に出荷したビールです。 この中では18日以内に出荷されたビールがとてもオススメです!台湾人の友達も「台湾に来たなら、飲むべきビールはこれだ!」とオススメします。 最近は缶ビールも発売されたので、ビール好きの人にプレゼントするならこれでしょう。 【目安の値段】 十八天ビール(台湾ビール):45台湾ドル・元(約140円くらい) 【買える場所】 台湾のスーパー、コンビニのセブンイレブン・ファミリーマートで買える。 空港のコンビニでも購入可能。 台湾リプトン(立頓)の粉末スティックのミルクティーや鴛鴦茶(えんおうちゃ) 台湾に来てタピオカミルクティーを飲み、このミルクティーの味を日本に持ち帰りたいと思った人といるんじゃないでしょうか? それをお手軽に楽しめるのが、台湾のリプトン(立頓)の粉末スティックです。 味が濃いので、あのタピオカミルクティーの「ミルクティー部分」の味が楽しめるでしょう。 ほかにも台湾のスーパーでは、コーヒーと紅茶を混ぜた鴛鴦茶(えんおうちゃ)の粉末スティックも売っています。 バラマキ土産としてミルクティーや鴛鴦茶(えんおうちゃ)の袋を買い、味の違う粉末スティックをセットで渡す人もいるので、ぜひ試してみてください! 【目安の値段】 リプトン(立頓)のミルクティーや鴛鴦茶:110元 440円くらい ~150元 (600円くらい) 【買える場所】 台湾のスーパーの頂好や全聯福利中心、家樂福などで買える 台湾のスーパーやコンビニで買える安くて美味しいお土産(おみやげ) バラマキみやげでは、「いかに多くの人に効率的に配れる台湾のお土産(おみやげ)とは何か?」という項目に絞りました。 ただ親や友達などにも気軽に配れる、「安くて美味しい一品モノの台湾土産」もあるので、それについても紹介します。 ドライきのこ(しいたけ) ドライフルーツを紹介しましたが、ドライ食品つながりで、ドライきのこ(しいたけ)も美味しいです! スナック菓子代わりやビールのつまみになるので、台湾に詳しいマニアの間で密かに流行りつつあります。 ぼくの日本人の友人は「これ、家族や友達に買って帰ると大好評だから必ず買って帰るよ!」と教えてもらいました。 親しい人に気軽に配りたいお土産(おみやげ)としてオススメです。 【目安の値段】 ドライきのこ:50~100台湾ドル・元(約200~400円くらい) 【買える場所】 台湾のスーパー、頂好や全聯福利中心など。 台湾リプトン(立頓)の台湾茶ティーバッグ デパートやお茶屋さんで買えるほど高級じゃなくていいので、安く買えるお茶がほしい! そんな時はスーパーで売っている台湾リプトン(立頓)が出しているティーバッグがおすすめです。 台湾茶の名産地である阿里山産の緑茶や、リプトンの東方美人茶など、台湾らしいティーバッグがたくさんあります。 世界のリプトンブランドなので、お土産(おみやげ)を渡す人も安心して受け取ってくれるのが大きなポイントです。 個人的はティーバッグでも、味の珍しい東方美人茶を選んで渡すと喜ばれることが多かったです。 【目安の値段】 リプトン(立頓)の烏龍茶:110元 440円くらい ~150元 (600円くらい) 【買える場所】 台湾のスーパーの頂好や全聯福利中心、家樂福などで買える 台湾の調味料 自分に買うお土産でおすすめなものに、台湾の調味料が挙げられます。 麻婆豆腐を作るときに使う豆板醤(トウバンジャン)や甜麵醬(テンメンジャン)は日本で買うより安くて美味しいのでおすすめです! また 水餃子のタレや 味の素のホタテ味など、日本と味が近いんだけど、台湾でしか買えない調味料もあります。 台湾の調味料は、料理好きな人にはオススメです! 【関連記事】 【商品名】 水餃醤汁(普通)、ほんだしのホタテ味など。 【目安の値段】 水餃醤汁(普通): 37台湾ドル(約130円) 水餃醤汁(香辣): 39台湾ドル(約135円) ほんだしのホタテ味(40グラム): 34台湾ドル(約120円) ほんだしのホタテ味(120グラム): 84台湾ドル(約300円) ガチョウの油 ガチョウの油が美味しいことを知っていますか? 実は台湾ではガチョウ料理のお店があって、こちらではご飯にガチョウの油がかけられて出てくるんです。 ぼくも好みで、たびたび台湾のレストランで食べていたんですが、「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」という書籍を出して有名な日本人男性のモギサンが 「このガチョウの油は台湾でどうしてもお土産(おみやげ)に買ってしまう!」 と言っていたので、台湾のデパートの地下で買ってしまいました。 実家に持って帰ったところ、家族にも好評で納得の味! ちょっと変わった高級食材をお土産にしたいならおすすめです。 【目安の値段】 270元 1,000円くらい ~300元 1,100円くらい 【買える場所】 新光三越などのデパートの地下か、微風 ブリーズ と呼ばれる台湾系デパートでも買える。 女性に渡すと喜ばれる台湾のお土産(おみやげ) 台湾にもドラッグストアはたくさんあります。 もしコスメや洗面用具を買うなら、ドラッグストアが安いのでオススメです。 台湾で有名なドラッグストアは、緑の外装が目印の屈臣(Watson・ワトソン)か、オレンジ色の外装が目印の康是美(Cosmed・コスメド)の2種類なので、そちらに足を運んでみてください。 台湾のフェイスパック(顔パック) 最近は日本でも台湾のコスメと言えば、フェイスパック(顔パック)が有名になってきました。 なかには日本でも買える製品が出てきたのですが、もちろん台湾なら安く買えます。 以前は「我的美麗日記」という顔パックシリーズが人気だったんですが、ここ数年は「DR. WU」という台湾発の化粧品ブランドが人気になってきました。 こちらが現時点で台湾No. 1ブランドだと言ってもいいでしょう。 ぼくの台湾女性ブロガー友達のマユちゃんもブログで絶賛していました。 【関連記事】 モノはいいですし、台湾のドラッグストアで気軽に買えるので、女性の方はどうぞ! 台湾にはWatosonとCosmedがありますが、豊富な取り揃えと店員さんが新鮮なので、Cosmedで買うほうがオススメです。 【目安の値段】 1パック250元 950円くらい 、2パック399元 1,500円くらい 、3パック595元 2,230円くらい 買えば買うほど安い台湾プライスなので、要チェック。 【買える場所】 台湾全土にあるドラッグストア、緑の外装が目印の屈臣(Watson・ワトソン)か、オレンジ色の外装が目印の康是美(Cosmed・コスメド)で購入可能。 台湾スターバックスの限定商品 お土産(おみやげ)というと、その国の名物が思い浮かびますが、それだけではありません。 マクドナルドやスターバックスなど、世界的なグローバルチェーン店がその国限定で作っている商品も、立派なお土産(おみやげ)になります。 ぼくは以前、日本にいる女友達に頼まれて、台湾限定で作られているモレスキンの手帳を買ってきました。 台湾スターバックスのモレスキン手帳は可愛かったので、いいお土産になるのではないでしょうか? 【今っぽいおみやげ 台湾のスタバ限定手帳】 台湾のスタバ限定のモレスキン手帳が売ってるというので、友達に頼まれて松山空港まで買いにきました お値段980台湾ドル(約3,550円) あと台湾のスタバで10回使える割引券付いてるらしいです 友達から頼まれると、買い物の視野広がりますね😎 — まえちゃん 台湾トラベルブロガー Maechan0502 【関連記事】 【目安の値段】 台湾のスターバックスのモレスキン手帳は980台湾ドル(約3,550円) 他にも台湾限定のタンブラーやマグカップなど、いろいろあり。 【買える場所】 台湾の主要都市にある大きなスターバックスで購入可能。 空港も品揃えがいいのでオススメ。 台北の松山空港(台北市内にあり)と桃園空港(台北市内から電車で45分くらいの場所)が行きやすい。 男性に渡すと喜ばれる台湾のお土産(おみやげ) 男性に渡すと喜ぶと喜ばれる台湾のお土産もあるので、それを紹介します。 カバランのウイスキー(KAVALANウイスキー) 男性に喜ばれるお土産といえば、アルコールです。 最近は若い男性は好まなくなっていると聞きますが、依然として中高年や若い酒好きは好きだと言えます。 そこでオススメしたいのが、近年注目されている台湾ウイスキーのカバランです。 ウイスキーは世界五大ウイスキー(スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズ)と呼ばれるものが有名なんですが、そこの次に台湾ウイスキーが注目されています。 台湾の宜蘭にある圓山から湧き出る台湾一綺麗な水で作られた、台湾ウイスキー。 2009年からウイスキーの世界的な賞を受賞し続けており、いま急速に世界から注目を集めています。 ぼくもカバランのウイスキー工場見学に行きましたが、力を入れていることがうかがえ、すごくオススメだと感じました。 【目安の値段】 カバランウイスキー 1,000元 3,700円くらい ~4,000元 14,800円くらい 【買える場所】 台湾の空港で出国ゲートを抜けた先にある免税品店(ただしちょっと高い) 台北の中山駅から徒歩15分歩いた旗艦店・もしくは宜蘭のカバランウイスキー工場(直営店なので、ここの値段が一番安い) 台北、台中、台南、高雄などの各都市にあるデパートなど。 シャオミのイヤフォン シャオミ製品 男性はかなり確率でガジェット(電子機器)が好きなもの。 そこでおみやげにおすすめなのが中国のスマホメーカー・シャオミの製品です。 中国企業のシャオミは iPhoneそっくりのパクリスマホを出すを出すことで有名なのですが、中国企業なのに高品質低価格の製品を出して、世界から注目を集めつつあります。 そしてシャオミは2015年からはグローバル戦略を進め、8月に台湾の台北でもシャオミストア 見事に内装がアップルストアのパクリ がオープンしました。 ここで買えるイヤフォンは2,000円以下なのに、6,000円以上の他のメーカーと遜色ない音質! シャオミ製品は日本で買えないので、台湾で買ってお土産にすると喜ぶ人が多いでしょう。 【関連記事】 【目安の値段】 シャオミイヤフォン 250元 950円くらい ~500元 1,900円くらい 【買える場所】 台北、台中、台南、高雄の各都市にあるシャオミストア。 台北市内のシャオミストアは地下鉄 MRT の行天宮駅で下車。 3番出口を出てすぐ右側。 黒人の歯磨き粉 最近では台湾のお土産(おみやげ)もパッケージが工夫されて、日本で「オシャレな台湾ブーム」が訪れています。 それは嬉しい限りなんですが、昔ながらのヘンテコな台湾グッズも紹介しておきます。 ぼくが勧めたいお土産(おみやげ)がこの歯磨き粉、その名も「黒人」です! ネーミングセンスが黒人って……。 たしかに黒人の白い歯は記憶に残りやすいですけど、それを商品化するとは。 ちなみに人権団体から抗議が来て販売中止を求めたらしいのですが、「これは差別でなく、私たちは黒人を讃えている」という理由で企業側からは却下。 台湾のドラッグストアや、スーパーやコンビニでも販売中です。 男友達へのネタ的なプレゼントを探しているなら、かなりウケることでしょう! 【目安の値段】 70元 265円くらい 【買える場所】 台湾のスーパー、コンビニ、ドラッグストアで購入可。 【関連記事】 逆にあまりオススメではない台湾みやげ 台湾でオススメのお土産(おみやげ)もありますが、ぼく的に美味しくないと感じるお土産(おみやげ)も紹介しておきます。 これらをお土産(おみやげ)で持って買えるとひんしゅく間違いなし!だからこれらは買わないほうがいいです。 新東陽などで買える甘い牛肉乾(ビーフジャーキー) 台湾のお土産の鬼門!その一つがビーフジャーキーです。 台湾のお土産(おみやげ)店では甘い牛肉乾(ビーフジャーキー)がデーンと売られているので、これが罠になりがちであります。 ぼくも自分の家族に買って帰って、 「こんな甘いビーブジャーキーなんて美味しくない!せっかくお土産(おみやげ)代を出したのに!」と母親から怒られました。 これはできれば避けたほうがいいでしょう……。 あと基本的に牛肉乾(ビーフジャーキー)は、日本に持ち込み出来ません。 台湾の空港で買える牛肉乾(ビーフジャーキー)は検品されているので持ち込めますが、スーパーなどで買える牛肉乾(ビーフジャーキー)は検品されていないので持ち込み不可能です。 もし買う時は気をつけてください。 【目安の値段】 95〜275台湾ドル・元(約400〜1,100円くらい) 【買える場所】 台湾の空港や駅、デパートなどに入っている新東陽というお土産(おみやげ)屋さん 台湾コーラ (黒松沙士) ここから台湾から持って帰ったら嫌われるお土産(おみやげ)2連発です!まず通称「台湾コーラ」と呼ばれる黒松沙士。 こちら、非常にマズイと評判です。 台湾では「風邪を引いたらこれを飲むと治る」と言われていて、風邪薬という使われ方をするらしいんですが、まぁ飲んだ日本人の味の評価は最低だと感じます。 「台湾版ドクターペッパー」、「うがい薬と炭酸の化合物」、「サロンパスに炭酸を混ぜた味!」と、けなし放題。 いや、湿布のサロンパスに炭酸は入れられないでしょ!と突っ込まざるを得ません。 しかしぼくは意外と好きです。 台湾版ドクターペッパーというか、なかなかイケてる気がします。 ただ次に紹介するアスパラガスジュースより酷い味だと評価した日本人の友達もいたので、本当に味は保証できません。 もし買うなら話のタネにどうぞ! 【目安の値段】 20元 75円くらい ~25元 95円くらい 【買える場所】 台湾のスーパー、コンビニ、自動販売機で購入可。 アスパラガスジュース 最後に台湾好きのぼくから、禁断の台湾みやげを紹介します。 この台湾好きのぼくが、台湾で一番マズいと信じて疑わないモノ。 それがアスパラガスジュースです……。 えー、結論から言うと、 ぼくはマズ過ぎて3口飲んで捨てました。 もう「アスパラガスの風味がするのに、健康を害するほど激甘!!」というジョン・レノンもイマジンできなった味に仕上がっています。 てか、健康に気を遣ってアスパラガスを飲んでいるのに、糖尿病になること確実です。 台湾のお土産を渡す人と縁を切りたかったら、アスパラガスジュースを渡してみてください(笑) 【目安の値段】 20元 75円くらい ~25元 95円くらい 【買える場所】 台湾のスーパー、コンビニ、自動販売機で購入可。 まとめ 台湾みやげはオモシロくて美味しい さていかがでしたか?ぼく的オススメ台湾みやげ18連発! 数えてみたら半分以上が食べ物で、改めて「台湾って食べ物が名物なんだなぁ」と思った次第です。 こちらに挙げたお土産(おみやげ)は、台湾のスーパーやデパート、コンビニ、ドラッグストアで買うことができます。 また食べられないモノもひねったものをチョイスしてみたので、日本でも人目を引くかと思われます。 台湾でしか買えないお土産(おみやげ)なので、よかったら台湾旅行の際に参考にしてみてください。 ではまた! 【関連記事 【関連書籍】 もっと詳しくディープな台湾のお土産を知りたい人はこちらをどうぞ。

次の

台湾のおすすめお土産8選!現地駐在妻セレクト

台湾 おすすめ お 土産

この記事の目次• 台湾・高雄のおすすめスーパー 台湾の高雄にある、お買い物におすすめのスーパーをご紹介します。 ちょっとしたお買い物やお土産選びに、ぜひ足を運んでみてくださいね。 なお、 レジ袋が有料な店舗も多く、その場合は エコバッグを持参していくことをおすすめします。 台湾のおすすめスーパー1:家楽福(Carrefour/カルフール) フランス系大型スーパーの「家楽福(Carrefour/カルフール)」。 売り場面積が広く、品揃えが豊富です。 日用品や雑貨、食品はそれぞれフロアが分かれていて、きれいに陳列されていて見やすいのが特徴です。 商品の値段は 高雄のスーパーの中では少し高めですが、それでも日本に比べると安いです。 カルフールは高雄市に8店舗あり、主要店舗は成功店や愛河店、鼎山店です。 また レジ袋は有料なので、エコバッグを持参していきましょう。 支払いには クレジットカードも使用可能です。 台湾のおすすめスーパー2:全聯福利中心(Pxmart/ピーエックスマート) 「全聯福利中心(Pxmart/ピーエックスマート)」は、 青い看板が目印のスーパーマーケット。 台湾全土に展開するローカルスーパーなので、 高雄でも一番よく見かけるスーパーです。 高雄市内には数十店舗ありますが、観光客が足を運びやすいのが、 高雄中華店、高雄七賢店、高雄林森店の3店舗。 商品の値段は 比較的安めで、生鮮食品や食料品、日用品などが中心に販売されています。 なお、 レジ袋は有料です。 そして 日本のクレジットカードは使用不可なのでご注意を。 台湾のおすすめスーパー3:頂好(Wellcome/ウェルカム) 「頂好(Wellcome/ウェルカム)」は、香港系の小規模から中規模のスーパー。 全聯福利中心の次に店舗数が多く、地元の人に愛されているスーパーです。 また、高雄にいくつかある店舗の中でもおすすめなのが 24時間営業の大豐店です! とくに 食料品の品揃えが豊富なので、職場や学校へのバラマキお土産を買いに行くのにおすすめ。 レジ袋は有料で、支払いには クレジットカードが使用可能です。 台湾のおすすめスーパー4:大潤發(RT Mart/ダールーファー) 台湾の大型ディスカウントスーパー「大潤發(RT Mart/ダールーファー)」。 こちらの特徴は、品揃えが豊富で 商品の値段も安いところです。 ただ店舗数が少なく、高雄では 鳳山店が主要店舗となっています。 レジ袋は有料で、支払いには クレジットカードが使用可能です。 台湾のおすすめスーパー5:Jasons Market Place(ジェイソンズ・マーケット・プレイス) 「Jasons Market Place(ジェイソンズ・マーケット・プレイス)は、台湾の中で一番の 高級スーパーです。 「台北101」などの人気観光スポットにも出店していて、高雄にある店舗は、 高雄夢時代店や高雄大統店などが主要店舗となっています。 とくにお茶の種類が豊富なので、お茶のお土産選びにはこちらのスーパーがおすすめです。 なお、 レジ袋は無料なのが嬉しいところ。 さらに、支払いには クレジットカードが使用可能です。 台湾のおすすめスーパー6:愛國超市( Aigo Supermarket) 24時間営業の「愛國超市( Aigo Supermarket)」は、 地元の人が頻繁に利用するスーパーです。 規模的には やや小さめですが、高雄に店舗はたくさんあります。 主要店舗は 和平店や新富店となっています。 現地ならではの食品やフルーツ、お菓子やドリンク系などが安くで売られています。 支払いには クレジットカードも使用可能なので、たくさん購入した場合、手持ちの現金が少なくても安心ですよ。 台湾のおすすめスーパー7:Costco(コストコ) 日本でもおなじみの 大型外資系スーパー「Costco(コストコ)」。 台湾の人は「コスコ」と呼んでいます。 台湾にもたくさんの店舗があり、高雄市では 大順店と中華店が主要店舗となっています。 日本製の商品もいろいろと取り扱っており、現地に住む日本人もよく利用しています。 ちなみに、コストコは 入店するのに会員カードが必要なのですが、日本のコストコ会員カードを持っていれば問題なく入店できます。 なお レジ袋は有料で、支払いには クレジットカードが使用可能です。 4日前までの予約がオススメ! 高雄でスーパー以外のおすすめ買い物スポット 高雄でお買い物をする場合、スーパー以外に安くて気軽に行けるところとしては、 コンビニや ドラッグストアがおすすめです。 食べ物や飲み物などちょっとしたお買い物にはコンビニ、コスメや日用品などのお買い物にはドラッグストアといった感じで使い分けるといいでしょう。 夜市や百貨店なども、お土産購入スポットとしては外せません。 さらに、帰国前に最後のお買い物には、 空港内の免税店やお土産ショップも要チェックです。 高雄のスーパーで買いたい定番お土産 台湾・高雄旅行のお土産といえば、なんと言っても定番なのは パイナップルケーキです。 あとは ナッツバーや ドライフルーツ、そして 高山茶も人気を集めています。 食品以外だと、現地らしい 雑貨や 台湾コスメも、チェックしておきたいお土産です。 茶器やスターバックスの台湾限定品などは、自分用や大切な人へのお土産に最適です。 お土産についてはがあるので、そちらもチェックしてみてくださいね! 台湾・高雄のおすすめスーパー情報まとめ 台湾の高雄には、現地の人が日常的に利用しているスーパーから、少し高級なスーパーまで、いろいろなスーパーがあります。 また店舗によって、駅から近かったり24時間営業であったり、さまざまな特徴があります。 高雄を訪れた際はぜひ、目的によってスーパーを使い分けて、賢くお買い物を楽しんでくださいね!.

次の

【台湾台北】リピートしたい台湾の人気土産!おすすめ10選

台湾 おすすめ お 土産

台湾ばらまき土産 無難で手軽に調達できるバラマキ土産=お菓子 台湾のばらまき土産は、だいたいお菓子にしています。 子どものいる友達や、ママ友へ配ることが多いので、子どもが喜びそうなバラマキ菓子を。 気軽に渡せるし、受け取りやすいと思うし、消え物だしー。 余っちゃったら自分の子どもたちが喜んで食べるしね。 どこのスーパーやコンビニでも売っていて、力まず悩まず買うことのできるものがいいですよね! 今までのバラマキ土産お菓子は、 台湾森永のハイチュウ やキャンディ、 日本では売っていないキティちゃんやドラえもんパッケージのお菓子、 メントス ライチ味…などなど。 なんか、もらって嬉しいんだかどうだかわからない、微妙なものをばらまいておりますね。。 バラマキ土産を深く考えてはいけない…。 台湾森永のハイチュウ 特にハイチュウ ライチ味は、絶対どこのコンビニでもスーパーでも売っているし、日本で売っていない味だし、バラマキ土産の定番中の定番! 日本のハイチュウよりも小ぶりで、15元前後(50円前後)とお安いので、ありがたい。 ライチ味っていうのが、いまいち台湾を連想しにくく残念。 おいしいけどね! 以前の記事でも書きましたが、 一般的に、台湾と言えばマンゴーですが、ハイチュウ マンゴー味は、台湾の定番品ではないようで、滅多に見かけません。 探しても無駄。 ないときは全く無い。 今まで10回以上台湾に行っていますが、マンゴー味1~2回しか見たことがありません 笑。 ハイチュウ マンゴー味と言えば「沖縄土産」のようですねー。 (ハイチュウマンゴー味を台湾土産にして、「これ、沖縄でも売ってるよね」と言われた経験あり 笑。 ) 台湾土産よりも、沖縄土産の定番になりつつあるので、台湾でハイチュウ マンゴー味を求めるのは、潔く諦めましょう。 比較的最近発売されたお菓子なのかな?これ、おいしいです! チョココーティングされたグミ。 大抵どこのスーパー・コンビニでも売っている。 大人にも子どもにも好評。 ストロベリー味の方のホワイトチョコは、かなりミルク感が強いです。 ミルキーみたい。 あ、ホワイトチョコじゃないのかもね。 練乳コーティングかも。 コーティングされたチョコは口溶けもよく、中のグミは硬すぎずいい弾力。 外国のお菓子に比べると、日本のお菓子は繊細で美味しいなーと思うことが多いけど、 この『Gummy』、黙っていれば日本のメーカーのお菓子では?と錯覚するくらい、違和感なく美味しい。 女性は特に好きだと思う。 女性って、オレンジ&チョコや、ベリー&チョコの組み合わせ、好きじゃない? 子どもだけでなく、大人受けもいい台湾バラマキ土産だと思います! 台湾森永ハイチュウのように安くはないのですが、 だいたい日本円で100円位だなーと思った記憶あり。 30元くらいじゃなかったかな。 台湾には、日本のお菓子や、日本メーカーの台湾版お菓子が溢れていますが、 この『Gummy』は台湾の食品会社「 義美食品(IMEI)」が作っているお菓子です。 お菓子を中心に、幅広い食品を手がけている会社。 義美食品(IMEI)売り場があるくらい、台湾ではメジャーなお菓子の会社です。 『Gummy』は、正真正銘台湾産なので、台湾でしか買うことのできない立派なお土産になってくれることでしょう…。 また、台湾行ったらたくさん買ってこようっと。

次の