商品券 カタログギフト。 商品券カタログギフト/香典返し・法要のお返しに追憶ギフト

商品券とカタログギフト購入時の消費税の取扱いについて

商品券 カタログギフト

香典返しを贈る時期やタイミング 香典とは亡くなった方の冥福を祈り、霊前に供える金品のことです。 個人に手向ける花や供物の代わりであるため、本来はお返しは必要のないものですが、現在は香典返しを贈ることが一般的となっています。 香典返しを贈る時期やタイミングは、葬儀の当日に渡す「即日返し」のほか、仏式の場合は五七日忌 死後三十五日目 もしくは七七日忌 同四十九日目 に、神道・神式の場合は五十日祭(同五十日目)のそれぞれ忌明けを迎える時期に贈ります。 また、キリスト教では「お花料」をいただいた方に、1ヶ月の後の昇(召)天記念日や記念式以降のタイミングで個人を偲ぶ品をお返しします。 香典返しの表書き・水引について 香典返しは、仏事が滞りなく済んだことの御礼をこめた挨拶状を添えて贈ります。 仏式、神式また地域によって異なりますが、黒白か黄白の結び切りの水引の掛け紙をかけます。 この結び切りには「弔事が何度も繰り返されないように」という意味が含まれています。 また、表書きは仏式、神式問わず「志」が一般的です。 ほかに仏式では「忌明志」「満中陰志(主に関西)」、神式では「志」 「偲草」、キリスト教では「昇天記念」「召天記念」も使われています。 なお、香典返しは松の内の時期は避け、明けたタイミングで贈りましょう。 香典返しに商品券を送る 香典返しとして贈る品物ですが、「不祝儀を残さない」という考えから後々まで残ってしまうものを避け、「使い切れるもの」が選ばれています。 お茶やコーヒー、紅茶、砂糖の消耗品のほか、石けんや洗剤、タオルなどの実用品がこれまでは香典返しとして定番でした。 ここ最近では、商品券を香典返しとして贈るケースも増えてきています。 JTBの「ナイスギフト」は香典返しにも使えるよう弔事用の掛け紙もご用意しています。

次の

商品券とカタログギフト購入時の消費税の取扱いについて

商品券 カタログギフト

お中元やお歳暮、又はその他の贈答で商品券を渡したり、カタログギフトを送付したりする事があると思いますが、その時に、商品券を購入するか、カタログギフトを購入するのかで、消費税の取扱いが異なるというのをご存知でしょうか。 まず、商品券を購入した場合には、消費税は非課税となって、消費税は課税されないのです。 例えば、 10,000円の商品券を購入した場合には、その購入代金には、消費税が含まれていないという事です。 なぜ、商品券の購入は非課税になるのか。 それは、商品券は消費税法という法律上は物品切手等に該当し、この物品切手等は消費税法においては、非課税取引に該当すると法律上規定されているからです。 これに対して、カタログギフトはどのような取扱いになっているのでしょうか。 このカタログギフトは、商品券やギフト券と似ていますが、消費税法で規定している物品切手等に該当しないのです。 つまり、カタログギフトを購入したとしても。 その購入代金には消費税が課税されるのです。 イメージとしては、カタログギフトに掲載されたいずれかの商品を、贈答を受けた相手方が選択するということを前提として、商品の発送やカタログの添付等の種々のサービス込みの商品の購入という事になります。 (贈答した側が、商品の発送等がパックになった商品を購入することになります。 ) ところで、このカタログギフトを購入して相手先に贈答した場合には、贈答を受けた側が商品と交換した時点、又は、交換する商品を通知した時点のいずれで課税仕入れを認識するのかという点で確認が必要であり、決算期末直前にカタログギフトを購入する場合は、注意が必要という考え方もあります。 なお、詳細をお聞きになられたい場合は、弊所まで下さい。

次の

カタログギフトは軽減税率の対象になる?

商品券 カタログギフト

従業員への福利厚生の一環として、「誕生日」に商品券などをプレゼントする、なんて粋な会社もありますよね。 でも、こういった取引は、本当に「福利厚生費」として処理ができるしょうか? 税務上、「給料扱い」になれば、従業員側に「所得税」がかかってしまうので、しっかりした判断が必要になります。 現金・商品券を渡した場合は? 従業員に「現金」を渡した場合は、 金額の多少にかかわらず「給与課税」になります。 また、「商品券」は、金銭を渡したことと同様になりますので、現金同様、金額の多少にかかわらず 「給与課税」になります。 カタログギフトの場合は? カタログギフトを受け取った従業員は、 複数の商品を選べることになります。 この点で、「金銭」を渡したのと同じと取り扱われ、 金額の多少にかかわらず「給与課税」となります。 商品を渡した場合 原則的には、 「給与課税」となります。 とはいっても、例えば、年1回の誕生日に、ケーキや花束、ちょっとしたプレゼントを渡す程度(社会通念上相当な金額)であれば、 「福利厚生費」での処理が可能と考えられています。 ただし、特定の社員だけを対象にしたものではなく、社員全員を対象にした公平なものである必要があります。 結婚祝い・出産祝い 例外的に、結婚祝い・出産祝いに関しては、現金や商品券等を渡す場合でも、その金額が「社会通念上相当」と認められるものは、 「福利厚生費」となります(所基通28-5) ただし、この通達では結婚祝い、出産祝いしか記載されていない点、注意です。 誕生日祝いで「現金」を渡したケースで、「社会通念上一般的とはいえない」として、否認された判例がありますので、ご留意ください。 現物給与の源泉徴収 商品券などの支給が 「給与」と取り扱われる場合は、通常の給料同様に、源泉徴収が必要となります。 (現物給与が「賞与」となる場合は、金額によって源泉徴収が不要なケースがあるかもしれません。 この場合は年末調整で調整を行うことになります)。 ご参考~得意先へ贈答する商品券は~? 得意先に贈答する商品券は、「交際費」として処理しますが、消費税上は 課税仕入にはなりませんので、ご留意ください。

次の