フェデラー ドロップ。 テニス ドロップボレーのコツ

フェデラーのドロップショット

フェデラー ドロップ

こんにちは、KOYA ソリンドです。 実際にフェデラーを見て、道路1本分の距離まで近づいたことがあります。 子鹿のように若く、オーラはプリンスでした。 先日に下記のようなツイートをしました。 明確な理由があり、それは精神面と技術面から説明がつきます。 さらに、フェデラーは2019年ウィンブルドン決勝で、決勝までに6試合こなしてきたのにもかからわず、それでも決勝6-7 5 、6-1、6-7 4 、6-4、12-13 3 と大会最長の試合を戦えるスタミナがありますからね。 僕が夜中に最後まで見ていて、「2014年よりも体力あるな」と思ったほどです。 20代並みに体力あります。 フェデラー自身が記録に対して「貪欲」だったこと 32歳を超えてからのフェデラーは「その日、その日のテニスを楽しもう」といった発言が多いですが、2008年とか、その前後の頃のフェデラーはあくまで結果を出すことにこだわっていました。 目つきもギラギラしていましたし。 さらに、1回グランドスラムを優勝して満足せず、先輩であるサンプラスを超えたり、さらには過去の自分の記録に対しても勝負していけた精神が、偉業達成への貢献として大きいです。 常に「自分自身」と勝負していて、ファンが多かった フェデラーって、他の選手の悪口とか言わないじゃないですか。 目が笑ってない時はありますが、基本他者を尊敬し、自分のプレーに集中する。 そのようなストイックなテニスとの向き合い方が周りにも尊敬され、応援され、フェデラー自身こんなにも長くプレーを続けられたのはいうまでもありません。 2012年くらいだと、記者が「いつ引退するのか」と騒ぎたたていましたが、今やいつ引退してもおかしくない状況で、みんな「これが最後の時かもしれない」と目に焼き付けて試合を見ています。 「変化」を認め、受け入れることができた サンプラスは自身の使っている85平方インチのラケットを、時代の流れが黄金スペックのスピンラケットに変わっても受け入れられず、結果引退時期を早める結果になりました。 一方のフェデラーは、サーブアンドボレースタイルからベースラインでのストローク、ネットを含めたプレーと柔軟に時代と自分の体力を見て変化しました。 さらに、2014年に2002年から12年使ってきた90平方インチのラケットをやめて、フェイス面積を大きくしました。 テニス選手にとって相棒であるラケット変更は、選手生命に関わる問題なので、よくこの重要な決断ができたなと当時思いました。 逆に、2019年いまだ第一線で活躍できるのは、この時柔軟にラケット変更できたからです。 ここまでが、フェデラーが偉業を成し遂げられた理由です。 ここから記事後半に映りますが、後半ではフェデラーの「技術的な強さ」を解説します。 ちょっとでも浅くなれば、すぐコーナーにアプローチを打って、ネットをとってくる• バウンド後一瞬で返せれ、どんどん自分の時間がなくなる• 時間を作ろうと下がると、すぐドロップを打ってくる• 早いテンポに目が慣れてきたら、遅いスライスで崩される 対戦相手からして、ここまでやりづらい選手はいないと思います。 リズムが掴みづらい。 ナダルは以前フェデラーに圧勝していましたが、最近は厳しいです。 フ ェデラーのバックハンドが向上して、ジョコビッチ同様にそこだけを狙う意味がなくなっちゃったからです。 「変化」が多く、慣れづらい サーブでも、ストロークでも、フェデラーほど手札がある選手は他にいませんね。 フェデラーのサーブのバリエーション• デュースサイドからワイドへのスライスサーブが、外に逃げる逃げる• デュースサイドは2ndはバックハンド狙いが多いけど、そう思うとワイドを混ぜてくる• アドサイドはワイド狙いが多いけど、1stと2ndで球質が変化。 2ndのキックサーブが跳ねて叩きにくい• アドサイドもワイドにはってるとセンターを狙ってくる やりづらい要素しかないと思います。 さらに、追い詰めたら追い詰めたらでオンラインでのサービスエースとか打ってきますからね。 2010-12年くらいよりも、2014-19の最近の方がサービス強いと思います。 ストロークでも「変化」が多いです フェデラーはYouTubeのハイライト動画とか見てると、フラットな弾道ばかり打つのだと思うはずなのですが、実際にフルで試合を見てると、わりとスピンの高い軌道の跳ねるボールを混ぜます。 これらは1発で決まらないショットで、一見試合時間を伸ばしちゃうだけに見えるのですが、実はこういった高い弾道のスピンはよく跳ねるので、結果相手のポジションが下がり、隙ができるという仕組みになっています。 さらに、バックハンドのスライスでもわざと浅めに入れて持ち上げさせたりすることで、相手の打点を壊し、ミスさせるような意図もあります。 とにかく、「やりづらい」、「つかみにくい」というのがフェデラーの特徴です。 単調でないので、観客も見てて飽きないです。 というわけで今回は以上とします。 YouTubeでも、テニスを伸ばす思考法と選手情報、人生で病まないための方法を発信しているので、更新を見逃さないためにチャンネル登録いただけると嬉しいです。 最後に、フェデラー関係の関連記事も貼っておきますね。

次の

美しすぎる!フェデラーがドロップショットでリターンエース【2019年全仏名プレー】

フェデラー ドロップ

プレイヤー情報 過去の対戦成績は、錦織の3勝、フェデラーの7勝。 グラスコートでは、錦織の0勝、フェデラーの1勝。 直近の対戦は2018年のNitto ATPファイナルズ(室内ハードコート)のラウンドロビンで、錦織がセットカウント2-0(7-6、6-3)で勝利しています。 ウィンブルドン 準々決勝 グラスコート [8] 錦織 圭 1 6 1 4 4 [2] ロジャー・フェデラー 3 4 6 6 6 試合時間:2時間36分 第8シードの錦織圭(29歳・日本)は第2シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)にセットカウント1-3(6-4、1-6、4-6、4-6)で敗れ、準々決勝で敗退となりました。 簡単に試合を振り返ります。 第1ゲーム、フェデラーのバックハンドのパッシングショットのウィナー 15-0 、錦織のバックハンドのクロスへのリターンエース、深いリターンでのポイント、バックハンドのダウンザラインへのリターンエースがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。 先に攻撃を仕掛けた錦織のボレーのウィナーが決まり、 錦織がブレークに成功。 第2ゲーム、錦織のセカンドサーブでのポイント、ファーストサーブでのポイント、バックハンドの深いショットでのポイント 40-0 、フェデラーのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、バックハンドのリターンエース 40-30 、フェデラーのバックハンドのミスがあり、 錦織がキープ。 第3ゲーム、フェデラーのダブルフォルト、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー、フェデラーのフォアハンドのミスがあり、0-40と錦織にブレークポイントが来ます。 フェデラーのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのショットでのポイント、サーブアンドボレーでのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、デュースへ。 デュース1回目、フェデラーのバックハンドの深いショットでのポイント、サービスエースがあり、 フェデラーがキープ。 第4ゲーム、フェデラーのリターンミス、ラリー戦でのフェデラーのポイント、錦織のバックハンドのミス 15-30 、錦織のバックハンドのダウンザラインへのウィナー、ボレーのウィナー 40-30 、フェデラーのリターンミスがあり、 錦織がキープ。 第5ゲーム、フェデラーのサーブアンドボレーでのポイント、錦織のフォアハンドのリターンエース、フェデラーのダブルフォルト 15-30 、フェデラーのセカンドサーブでのポイント、錦織のバックハンドのロブショットのウィナーがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。 フェデラーのサービスエースが決まり、デュースへ。 デュース1回目、錦織のバックハンドのミス、フェデラーのダブルフォルト。 デュース2回目、フェデラーのスマッシュのウィナー、サービスエースがあり、 フェデラーがキープ。 第6ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、ラリー戦でのフェデラーのポイント、フェデラーのバックハンドの連続ミス 40-15 、錦織のドロップショットのミス、バックハンドのミスがあり、デュースへ。 デュース1回目、先に攻撃を仕掛けたフェデラーのボレーのウィナーが決まり、フェデラーにブレークポイントが来ますが、錦織のバックハンドのダウンザラインへのウィナー。 デュース2回目、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、フェデラーのフォアハンドのミスがあり、 錦織がキープ。 第7ゲーム、フェデラーのボレーのウィナー、フォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、フォアハンドの逆クロスへのウィナー、フォアハンドのクロスへのウィナーがあり、 フェデラーがラブゲームでキープ。 第8ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミス、バックハンドのスライスのアプローチショットでのポイント、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント 40-15 、フェデラーのリターンでのポイント、バックハンドのダウンザラインへのリターンエースがあり、デュースへ。 デュース1回目、錦織のサービスエース、フェデラーのボレーのウィナー。 デュース2回目、錦織のファーストサーブでのポイント、フェデラーのフォアハンドのミスがあり、 錦織がキープ。 第9ゲーム、フェデラーのドロップショットを錦織が上手く処理してのポイント、フェデラーのフォアハンドのクロスへのウィナー、連続サービスエース 40-15 、セカンドサーブでのポイントがあり、 フェデラーがキープ。 第10ゲーム、錦織のサービングフォーザセット。 錦織のフォアハンドの連続攻撃でのポイント、サーブアンドボレーのウィナー 30-0 、フェデラーの厳しいコースへのリターンからのスマッシュのウィナー、錦織のフォアハンドのミス 30-30 、錦織のドロップボレーのウィナーがあり、40-30と錦織にセットポイントが来ます。 錦織がフォアハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、 錦織がキープをして第1セットを先取。 第1ゲーム、錦織の深いリターンでのポイント、ロングラリーでのフェデラーのポイント、フェデラーのファーストサーブでのポイント、錦織のリターンミス 40-15 、フェデラーのドロップショットのウィナーがあり、 フェデラーがキープ。 第2ゲーム、フェデラーのリターンでのポイント、フェデラーの連続攻撃でのポイント、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、0-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 フェデラーのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナーが決まり、 フェデラーがブレークに成功。 第3ゲーム、フェデラーのボレーのウィナー、フォアハンドのドライブボレーのウィナー、バックハンドのクロスへのショットでのポイント、セカンドサーブでのポイントがあり、 フェデラーがラブゲームでキープ。 第4ゲーム、錦織のハーフボレーのウィナー、フェデラーのリターンでのポイント、フォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント 15-30 、錦織のサーブアンドボレーでのポイント、フォアハンドのダウンザラインへのウィナー 40-30 、錦織のファーストサーブでのポイントがあり、 錦織がキープ。 第5ゲーム、フェデラーのファーストサーブでのポイント、スマッシュのウィナー、サーブアンドボレーのウィナー、サービスエースがあり、 フェデラーがラブゲームでキープ。 第6ゲーム、フェデラーのバックハンドのショートクロスへのショットでのポイント、リターンでのポイント 0-30 、錦織のファーストサーブでのポイント、バックハンドのミスがあり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 フェデラーがバックハンドの威力のあるリターンでポイントを取り、 フェデラーがブレークに成功。 第7ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット。 フェデラーのセカンドサーブでのポイント、錦織のリターンでのポイント、フェデラーのサーブアンドボレーでのポイント、錦織のコードボールでのリターンエース 30-30 、フェデラーのファーストサーブでのポイントがあり、40-30とフェデラーにセットポイントが来ます。 フェデラーのサーブアンドボレーのウィナーが決まり、 フェデラーがキープをして第2セットを取ります。 第1ゲーム、フェデラーのフォアハンドのクロスへのリターンエース、グラウンドスマッシュでのポイント 0-30 、錦織のファーストサーブでのポイント、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、フェデラーのリターンミス 40-30 、ラリー戦でのフェデラーのポイントがあり、デュースへ。 デュース1回目、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、フェデラーにブレークポイントが来ますが、錦織のサービスエース。 デュース2回目、錦織のセカンドサーブでのポイント、フェデラーのリターンでのポイント。 デュース3回目、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、フェデラーのフォアハンドに回り込んでの逆クロスへのショットでのポイント。 デュース4回目、錦織のファーストサーブでのポイント、フェデラーのリターンミスがあり、 錦織がキープ。 第2ゲーム、フェデラーのボレーのウィナー、フォアハンドのミス、サービスエース、フォアハンドのクロスへのウィナー 40-15 、ファーストサーブでのポイントがあり、 フェデラーがキープ。 第3ゲーム、錦織のバックハンドのショートクロスへのショットでのポイント、フェデラーの深いリターンでのポイント、フォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー 15-30 、錦織のファーストサーブでのポイント、バックハンドのクロスへの深いショットでのポイント 40-30 、フェデラーのリターンミスがあり、 錦織がキープ。 第4ゲーム、フェデラーのファーストサーブでの連続ポイント、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのリターンエース、ラリー戦で錦織のフォアハンドのミス 40-15 、錦織のバックハンドのミスがあり、 フェデラーがキープ。 第5ゲーム、錦織のバックハンドのミス、フェデラーのリターンミス、スマッシュのウィナー 15-30 、錦織のバックハンドのクロスへの鋭いショットでのポイント、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント 40-30 、錦織のセカンドサーブでのポイントがあり、 錦織がキープ。 第6ゲーム、フェデラーのファーストサーブでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナー、セカンドサーブでのポイント 40-0 、ダブルフォルト、ファーストサーブでのポイントがあり、 フェデラーがキープ。 第7ゲーム、フェデラーのリターンミス、フォアハンドの威力のあるリターンでのポイント、深いリターンでの連続ポイントがあり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ロングラリーでの錦織のポイント、錦織のサービスエースがあり、デュースへ。 デュース1回目、フェデラーが深いリターンでポイントを取り、フェデラーにブレークポイントが来ますが、錦織のファーストサーブでのポイント。 デュース2回目、フェデラーのリターンミス、フォアハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナー。 デュース3回目、錦織のセカンドサーブでのポイント、バックハンドのミス。 デュース4回目、フェデラーのバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナーが決まり、フェデラーにブレークポイントが来ます。 フェデラーのフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、 フェデラーがブレークに成功。 第8ゲーム、フェデラーが先に攻撃を仕掛けてのポイント、フェデラーのスマッシュのウィナー、錦織のフォアハンドのミス、フェデラーのセカンドサーブでのポイントがあり、 フェデラーがラブゲームでキープ。 第9ゲーム、錦織のグラウンドスマッシュのウィナー、フェデラーのリターンでのポイント、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ファーストサーブでのポイント 40-15 、フェデラーのフォアハンドのミスがあり、 錦織がキープ。 第10ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット。 フェデラーのファーストサーブでのポイント、錦織のバックハンドのミス 30-0 、錦織のフォアハンドのウィナー、フォアハンドのクロスへのリターンエース 30-30 、錦織のフォアハンドのクロスへのリターンエースがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。 フェデラーのファーストサーブでのポイントがあり、デュースへ。 デュース1回目、フェデラーのボレーのウィナー、フォアハンドのドライブボレーのミス。 デュース2回目、錦織のバックハンドのミス、フェデラーのフォアハンドのドライブボレーのウィナーがあり、 フェデラーがキープをして第3セットを取ります。 第1ゲーム、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント、フォアハンドのパッシングショットのウィナー 0-30 、錦織のボレーのウィナー、フォアハンドの逆クロスへのウィナー 30-30 、フェデラーの深いリターンでのポイントがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 錦織のファーストサーブでのポイントがあり、デュースへ。 デュース1回目、錦織のバックハンドの深いショットでのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、 錦織がキープ。 第2ゲーム、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのパッシングショットでのポイント、フェデラーのファーストサーブでのポイント、錦織のバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットでのポイント 15-30 、フェデラーのフォアハンドのクロスへのショットでのポイント、セカンドサーブでのポイント 40-30 、セカンドサーブでのポイントがあり、 フェデラーがキープ。 第3ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミス、フェデラーのフォアハンドのパッシングショットのウィナー 15-30 、錦織のバックハンドのクロスへの鋭いショットでのポイント、フォアハンドのミスがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 錦織のサーブアンドボレーでのポイントがあり、デュースへ。 デュース1回目、錦織のファーストサーブでのポイント、フェデラーのバックハンドのダウンザラインへのリターンエース。 デュース2回目、フェデラーのフォアハンドのミス、錦織のファーストサーブでのポイントがあり、 錦織がキープ。 第4ゲーム、フェデラーのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ファーストサーブでのポイント、セカンドサーブでのポイント 40-0 、フェデラーのドロップショットのミス、サービスエースがあり、 フェデラーがキープ。 第5ゲーム、フェデラーのフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナー、ネットプレーでのポイント 0-30 、錦織のバックハンドのドライブボレーのウィナー、フェデラーのスーパーショット コートの端から端へダッシュしながらのバックハンドのクロスへのパッシングショットのウィナー があり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ネット際の攻防での錦織のポイント、フェデラーのリターンミスがあり、デュースへ。 デュース1回目、錦織のフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント、フェデラーのバックハンドのダウンザラインへのリターンエース。 デュース2回目、錦織のグラウンドスマッシュのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、 錦織がキープ。 第6ゲーム、フェデラーのファーストサーブでのポイント、フォアハンドのウィナー、ファーストサーブでのポイント 40-0 、錦織のバックハンドの浅いスライスショットでのポイント、フェデラーのサービスエースがあり、 フェデラーがキープ。 第7ゲーム、サービスダッシュに出た錦織のボレーのミス、錦織のサーブアンドボレーからのスマッシュのウィナー、フェデラーのバックハンドのミス、錦織のダブルフォルト 30-30 、錦織のフォアハンドの深いショットでのポイント 40-30 、ファーストサーブでのポイントがあり、 錦織がキープ。 第8ゲーム、フェデラーのサービスエース、セカンドサーブでのポイント 30-0 、フェデラーのフォアハンドのミス、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー 30-30 、ウィナーを狙った錦織のバックハンドのミス 40-30 、フェデラーのセカンドサーブでのポイントがあり、 フェデラーがキープ。 第9ゲーム、フェデラーのバックハンドのミス 15-0 、錦織のダブルフォルト、バックハンドのミス、ラリー戦でのフェデラーのポイントがあり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 錦織のファーストサーブでのポイントで30-40となった後、ロングラリーでフェデラーがポイントを取り、 フェデラーがブレークに成功。 第10ゲーム、フェデラーのサービングフォーザマッチ。 フェデラーのファーストサーブでのポイント、サービスエース、ファーストサーブでのポイントがあり、40-0とフェデラーにマッチポイントが来ます。 フェデラーのサービスエースが決まり、 フェデラーがキープをして勝利。 7m Total Distance Run 2612. 6m 錦織が次に出場する大会は!? 7月29日から8月4日にワシントンD. (アメリカ)で開催されるATPツアー500「」に出場予定。

次の

【海外動画レッスン】フェデラーのフォアハンドに隠された3つの秘密!

フェデラー ドロップ

ロゴの所有権が元のスポンサーであるナイキにあったため、フェデラー本人がその権利を所有することができなかった。 しかし、フェデラーは常に前向き。 ウェブメディアEssentially Sportsが伝えた。 現在世界ランキング4位のフェデラーは、2018年の「ウィンブルドン」からユニクロと契約している。 同大会の記者会見で、フェデラーは「RFロゴは、今はナイキのものになっているが、将来的には僕のところに来る。 それが遠い未来ではなく近い将来であることを願っているよ。 権利を移すプロセスで、ナイキが協力的であってくれることを期待している」と話した。 デザインしたのはフェデラーの妻ミルカさんだった。 「これは僕にとってとても大切なもので、ファンの皆さんにとっても同じだ。 問題は手続きだけなんだ。 必ずいつかは僕のところに来る。 あれは僕のイニシャルだ、僕のものなんだ。 確かなことは、彼らがそれを永遠に持っていることはできないということだ」と彼は付け加えた。 ユニクロに契約先を変えた後も、ナイキはフェデラーのシューズのスポンサーを継続してきた。 ユニクロは、テニスシューズを製造していないからだ。

次の