ぼく たち は 勉強 が できない ぶ ひ どう。 ぼくたちは勉強ができない【163話】最新話ネタバレあらすじ・感想と考察まとめ!『[x]=文学の森の眠り姫編④』|マンガタリー

『ぼくたちは勉強ができない』127話 感想、センター試験当日!唯我成幸の行く末はどうなる...?

ぼく たち は 勉強 が できない ぶ ひ どう

ぼくたちは勉強ができない【最新話】問162の感想 チャイナ服で肉饅をかじりながら、 ンモモッ(食べてないよ)!? と言っている文乃っちの可哀もない姿の扉ページで今週はスタート!! バレンタイン当日 最初の場面は、小美浪診療所。 文乃っちは、足の診察です。 うん 良好だな もう1〜2週間でギブスもとれるじゃろう とあしゅみーパパ。 と、安心の診察後、帰り道で、 たしかに…痛みもだいぶひいてきたかも… さて 少し遅れちゃたけど学校に… と心で呟きながら松葉杖で歩く文乃っち。 そして、歩き続けると、 バレンタイン の文字が踊っています。 女性陣は、キャッキャとチョコを選んでいます。 文乃っちは、昨日作ったチョコを手に取り、 昨日作ったコレ…どうしよう… と悩みます。 続く場面は学校。 リズりんが、 成幸さん!世間では女子がお世話になっている男子にチョコを贈るのが義理だそうで!! と、うどん(?)を差し出しています。 義理でこんな手の込んだチョコを…!?ありがとう緒方!!うんうまい!うどんのだしがきいてて… と感激のリアクション。 出汁の効いたチョコって、うまいのか??? で、お次はうるか姫が、 ぎぎぎ義理!!全力で義理だかんね成幸!!義理だけど!!よかったら受け取ってください! と成幸くんに「義理チョコ」を渡します。 食べてみる成幸くん、 うっわうま…っあれ…でもこの味って… と、その味が毎年贈られていたチョコの味と同じなことに気付きそうになります。 すると、 べっべつにフツーの市販のチョコだってばっ!!ぜんっぜんトクベツとかじゃないかんね!! と慌ててごまかすうるか姫でした。 そして、2人の親友のチョコ贈り現場に居合わし、渡すに渡せない文乃っち。 場面は移って、図書室。 成幸くんは幸せな笑顔でお勉強中。 文乃っちは、 なんだかご機嫌だね 成幸くん と突っ込みますが、 えっ!?そ そう? と返す成幸くん。 そして、気持ちを切り替えて、勉強を再開します。 文乃っちは、 2人とも…無事に渡せてよかったね …あんなに「義理」を強調しなくてもよかったと思うけど… と心で呟き、手作りチョコをカバンにしまおうとします。 そして、 義理でもこんなに喜んでくれるなら 普通にあげちゃっていいかなぁ…あんまりもらっても…迷惑だったりしちゃうかな… とドキドキしながら心で自問自答。 純粋な成幸くん、まんまと騙されます(笑) 入水 結局渡せなかった文乃っち。 川にやってきました。 昨日うるか姫からの この受験が終わったら 告白しようと… との告白に応援という形で答えた文乃っち。 だから、自分を押し殺して、 やっぱり渡せないや 2人のこと 応援したいって気持ちも本当だし… と心で呟き、せっかく作ったチョコを投げ捨てようとします。 けど、川に食べ物捨てるとかありえないでしょ 帰って自分で食べ… と思い留まるも、風が吹き、チョコが手から離れ、川に落ちてしまいます、、、 今のところ、手が届きそうなところだったので、追いかけますが、流されてしまいます。 まぁいいか どうせ 渡すあてもないんだし… と諦めようとしますが、先ほどの成幸くんの笑顔が目に浮かびます。 そして、 わたしが渡しても あんな顔 してくれたのかな…? と心で呟き、涙がこぼれます。 すると、後ろから走ってくる音が。 成幸くんでした。 彼は、真剣な眼差しで、濡れるのお構いなしにチョコまっしぐら。 息を切らしながら、どうにかチョコを掬い上げた成幸くん、 大丈夫…大丈夫だぞ古橋!ビニールでしっかり包装されているから中身は無事だ!!よかった!! と叫びます。 それを聞いて、文乃っちは、どうしてここに…?と聞きます。 それに対し、成幸くんは、 どうしてってそりゃ…約束したろ古橋のケガが治るまでサポートするって ちょうど古橋の家に向かう途中に見かけてさ でもよかったよ 古橋が親父さんのために心を込めて用意した 大事なチョコ 伝わらないまま 諦めて終わるなんて 絶対嫌だもんな といい、チョコを渡します! ヤバイ!男でも惚れる!! すると、文乃っちは、成幸くんの胸に飛び込みます。 焦る成幸くん、 足が痛むのか、と聞くと、 ちがうの…っ 本当はそれ…っ 成幸くんへのチョコ なの… と告白!!! 行ったそばから、 ぎ…義理だけどね!もちろん!!!ほほらいつもお世話になっているからそれで…っ と苦しい言い訳。 そして、 というか!どっちにしろ川に落ちたチョコなんて渡せないし 返し… といいかけると、成幸くん、パクッと食べちゃいます。 それも、物凄い音と、出血を添えて、、、、 けど、成幸くんは、 美味しいよ 一生懸命作ってくれたの伝わってきて 俺は好きだな ありがとう古橋 と笑顔で伝えます。 文乃っちは、恥ずかしながら、 わたしも… といいます 成幸くんは、その言葉を意味を聞こうとしますが、くしゃみをしてしまい、真相は不明に、、、 そして2人は古橋家にシャワー浴びに向かいました(あ、暖を取るためね) そして文乃っちは、 ああわたしは…何度同じ人に恋に落ちれば気が済むのだろう とつぶやくのでした。 炬燵 シャワーを浴びた後、勉強を始める成幸くんと文乃っち。 少しの会話の後、成幸くんは、 そういえばケガの具合ってどうだったんだ?今朝病院行ったんだよな? と聞きます。 確か、順調だったはず。 けど、 えっと実は まだ…しばらくかかるみたい と答えます。 という答えの裏で、 ごめんなさい もう少しだけ ごめんなさい どうか…もう少しだけこのままで… と、心で呟くのでした。 今週はここでおしまい!.

次の

ぼくたちは勉強ができないで『理珠』が話題に!【ぼく勉】

ぼく たち は 勉強 が できない ぶ ひ どう

ぼくたちは勉強ができない【164話】最新話ネタバレあらすじ バレンタインからあっという間に時が経ち、二次試験が終わりました。 成幸、文乃、理珠は笑顔で真冬に合格発表をすることができました。 学校で文乃と2人きりになった成幸は、足の怪我を気にします。 文乃は大分良くなったと答えた後で、怪我はもう治っていたと言う真実を伝えようとします。 しかしそのことを言う前に成幸は、教育係と怪我のサポートがそろそろ終わりかと寂しそうに笑いました。 文乃は怪我の真実を話そうとしたのを誤魔化し、これからは皆がバラバラになってしまう不安と、もう2人で話すのも最後になるかもしれないという話をしました。 成幸とのつながりも終わり。 文乃がそう思った時、成幸は星が本当に好きな文乃であれば不安もきっと乗り越えることが出来る、絶対に天文学者になれると信じているから「好き」を語り続けて欲しいと言いました。 成幸が好きだと本当は叫びたい文乃ですがそんなこと出来るわけもありません。 ただ笑うしかない文乃に、今の話は父親の言葉をそのまま使ったのだと成幸は言います。 泣いていた文乃を慰めてくれた時も、成幸は父親の話をしていました。 文乃は恐る恐る成幸の父親の話を聞こうとしました。 聞いてはいけないことだったかとあたふたする文乃に、成幸は普通に話し始めました。 一言で言えば「変な親父」。 ゴミを散らかすヤンキーの元にゴミ袋を持って近づいていったと思ったら、絡まれていたはずなのにその直後は家で一緒に鍋を囲んでいる。 どんな人からも気づけば慕われていました。 成幸は父親の様になりたいと思っていたのだろうが追いつくことは出来ないと伏し目がちに話す成幸に、文乃は追いつかなくても成幸には成幸にしかない良さがあるのだと言いました。 成幸は必ず父親を越えるほど立派な先生になれる、と熱く語った後で文乃は恥ずかしくなってしまいました。 変な空気になってしまった2人ですが成幸は、文乃の言葉が嬉しかったと言ってきました。 そして別々の道に進んでも・・・とこれからの話をしようとした時に、うるかが現れてしまいます。 成幸に話があったと言ううるかが告白をしに来たのだと察した文乃は、動揺して松葉つえを倒してしまいます。 すぐに松葉つえを拾うと、逃げるように小走りで走って行きました。 元々分かっていたことです。 こんな形で怪我のことがバレたのは想定外ですが、全て問題ないと文乃は自分に言い聞かせます。 しかし、後ろから聞こえるうるかの告白で文乃は涙を堪えきれなくなってしまいます。 嘘を吐いた罰なのか。 本当に全てが終わってしまいました。 カテゴリー•

次の

『ぼくたちは勉強ができない』137話 感想:乙女たちの聖戦と5年越しの想い!バレンタインで恋模様はどう動く!?

ぼく たち は 勉強 が できない ぶ ひ どう

ぼく勉 問127 感想「楚々として[x]どもはその朝を迎える 」 『』 最新話 感想 ネタバレ注意 今週の『ぼく勉』を読了。 ついに「」編の開幕です。 短かった冬休みが終わって3学期に突入し、試験本番まで残り10日を切りました。 国立を目指しているあしゅみー先輩はもちろんのこと、「教育大学」を受験する成幸くんや 「理学部(科?)」志望の文乃さん& 「文学部(心理学科?)」志望の理珠ちんもセンターの結果をとても重要視している様子。 (1次試験)と2次試験 となると、全員目指すところは「」ということになるのでしょうか。 的ポジションの成幸くんはさもありなんですが、 文理特化で勉強シーンが描かれてきた理珠ちん()と文乃さんに関しては個人的にちょっと意外な気も。 まぁ、私立大学志望でもセンター利用を始め色々な入試形態が用意されているはずですので、彼女たちも出来る限りセンターで良い結果を残そうと考えていると解釈してよいのかもしれませんね。 は 1日目が「文系科目(午後に英語を含む)」、 2日目が「理系科目」で時間割が組まれているのが通例ではありますが、はてさて『ぼく勉』世界ではどんな形で試験当日の状況が描かれることになるのか。 早速、今週のお話を振り返っていきましょう。 <関連記事>• ぼく勉 127話:楚々として[x]どもはその朝を迎える 学園長からの謝罪 さて。 そんなこんなでを目前に控えた成幸くんでしたが、本番前のこのタイミングで学園長から彼に対して 「謝罪」と「感謝」の念が伝えられていた冒頭のシーンは中々にグッとくる描写になっていました。 君に教育係を任じた時 君もまたすぐに志望分野を変更させる方向に動くと思っていた そうすべきだとも思っていた 同級生ならばあるいは 彼女らもその説得に少ない摩擦で応じるのではないか... そうも思っていた すまなかった という一連の台詞。 言ってしまえば正直かなり 失礼な話ではありますよね。 「VIP推薦」という見返りをきちんと提示していたとはいえ、元より志望分野変更の説得を行う為に成幸くんと彼女らを引き合わせたのであれば、彼が請け負った役割は初めから 「教育係」などではなくただの 「説得係」だったとも取れてしまう発言なわけですから。 ゆえに、成幸くんが彼女たちの苦手分野克服を実現させることを前提とせずにこのような使命を課している.... という点において学園長が彼に「謝罪」を行うのは当然のことであり、同時に 「感謝」の想いを伝えることもまた学園を代表する者として必要なことだったのだと思います。 学園長からの感謝 学園の教師たちがいくら指導しても改善の見られなかった彼女たちが今やそれぞれの志望大学に対して合格を狙えるところまできている。 大人たちが早々に諦めて見限ってしまっていた可能性。 「できない」を「できる」に変えていく意志。 それらを束ね「成績の向上」という結果に結びつけることができたのは、紛れもなく成幸くんが 「教育係」として誰よりも頑張ってきてくれたその努力があったからでした。 成幸くんの想い そんな現状を改めて踏まえると、やはり成幸くんが「教師」の道を歩むことは物語のテーマ的にも必然だったと言えるのでしょうね。 「俺は 好きだったから手助けをしただけです」と語る成幸くんの姿がまさにその事実を雄弁に物語っていたのではないでしょうか。 重なる親子の姿 かつて、体調を崩しながらも病室で「生徒たち」のことを考えていた成幸くんのお父さん。 あいつら(生徒たち)が頑張ってんの 見んのが 「好き」なんだよ と語るその想いは、確かに今まさに目の前にいる彼の息子に受け継がれていて.....。 親友と同じように立派に育った成幸くんの姿を見つめながら過去を懐かしむ学園長のモーグが何とも感慨深い場面でしたね。 「二児の父」でいらっしゃる筒井先生としても、とりわけ思う所があって描かれたシーンだったのかなと思います。 友情・努力・恋! 三人娘は聞いていた そんな感動シーンの舞台裏で成幸くんの想いを聞いていた三人の姿がこちら。 えぇ、有体に言って「最高にお可愛いこと.... !」と叫びたくなる反応でありました。 もちろん成幸くんの言う通り頑張ってきたのは彼女ら自身であり、成幸くんはその手助けをしただけです。 そこには彼女たちがこの1年間を通して積み重ねてきた不断の努力がある。 「乗り越えたのはあいつら自身の力ですよ」という事実に間違いはなく、その台詞を語っている事自体が成幸くん自身の「教師性」を表現してもいました。 しかし、一方の彼女たち視点でみれば、当然成幸くんに対して返しても返しきれない「感謝」があるわけですよね。 無論そこから派生していった「恋心」も。 中学の頃にノートを写させてもらったことがキッカケで惹かれていったうるかも含め「できない」自分に対して一生懸命になってくれる成幸くんの姿に彼女たちは心を奪われた。 それが『ぼく勉』というラ漫画がこれまでに紡いできた恋愛物語でした。 遠慮のない戦い それが今は果たしてどうでしょうか。 それぞれに一歩一歩重ねてきたその 「恋心」がまさにぶつかり合おうとしているこの状況に味わい深いものを感じるのは決して僕だけではないはずです。 「友情」、「努力」、そして「恋」。 複数の美少女ヒロインが同じ男の子に惹かれていく... という展開はあまりにも罪作りなストーリー構造としか言えませんけれど、たとえ誰がその「」のになったとしても、彼女たちが積み重ねてきた「友情」も「努力」も決してなかったことにはなりません。 友情・努力・恋 目指すべき道は違えども、心の中にある本当の気持ちは同じ。 運命に導かれて出会った三人がそれぞれ自分の気持ちにどのような「答え」を出していくのか。 成幸くんに対する 「感謝(=勉強軸)」。 成幸くんに対する 「好き(=恋愛軸)」。 今までの日々に恥じない結果を残すための闘いが今、幕を開けようとしていました。 迎える当日 そんなわけで、いよいよ当日・1月18日の朝を迎えることとなったわけですが...... 、 まさかの展開である まさかまさか、ここにきて エマージェンシー展開が発生してしまいました。 なるほど。 今まで 「」的展開は数多くありましたけれど、流石にここまで重いガチの「トラブル」は『ぼく勉』では初めてのことじゃないでしょうか。 正直、かなりビビりましたね。 これ、本当にどうなるんでしょう......。 成幸くんどうなる... ? 1、成幸くんが自力で会場へ 2、近くにいた犬の飼い主が救急車を呼び病院へ搬送 3、応援組の「うるか」もしくは「真冬先生」が救出に行く まぁ、ざっと考えられるのはこの3パターンくらいでしょうかね。 怪我の具合が大したことないのなら「1」、現実的な視点で考えるのなら「2」が妥当(=野良犬ではなくわざわざリード付きの「飼い犬」が引き金になっている点も気になりますし)なところだとは思いますが、 漫画的展開としては「3」であっても違和感はありません。 うるか救出展開... ? そうなると、試験はおそらく「遅刻」.... あるいは状態によって「受験不可能」という可能性もありますが、ただ一つ言えそうなこととしては、成幸くんが試験(追試験などの措置も含めて)を受けられずに「夢」が閉ざされるという救いのない展開だけは流石にないんじゃないかなということ。 なにせ、仮に成幸くんが浪人してまた1年勉強漬け... なんて話になったら、それこそ 「恋愛」ができなくなっちゃいますからね。 それでは困るわけですよ。 成幸くんには無事に「夢」を叶えてもらい、一日でも早く文乃さんと結ばれて 「幸せに成って」もらわなくてはならないのですから......。 ) 成幸くんの到着が遅れている事を心配して試験に身が入らない... なんて共倒れな事態にならなければいいのですが、ひとまずは誰よりも頑張ってきた成幸くんにどうか救いがあらんことを願うばかりですね。 果たして来週どんな展開が待ち受けているのか。 huwahuwa014.

次の