ヴァン ガード リセマラ。 【ヴァンガードZERO】本音満載がっつりレビュー!ちゃんとヴァンガードしてるのか!?【vgzero】

【メダロットS】リセマラ当たり最強星3キャラランキング

ヴァン ガード リセマラ

まずは軽くヴァンガードゼロがどんなゲームなのかをご紹介。 と言っても、TCGのヴァンガードを知らない人でもなんとなくわかりますよね……そう、 全国のファイター(プレイヤー)とオンラインでカードゲーム対戦ができるんです! もちろん、それだけじゃありません。 ヴァンガードを知らない方でも楽しめるように、ヴァンガードのストーリーを追体験できるストーリーモードがちゃんとあるので安心してください。 「マイルーム」という、ミニキャラが集まる部屋の飾り付けを楽しんだり、 フルボイスでのキャラ会話を聞いたりできるコンテンツもあります! また、 いきなりオンライン対戦するのは怖い方のためにしっかりCPU対戦モードもあるのがいいですね。 スマホでヴァンガードを楽しめる、これが全て!• アプリをインストール• 小さめのデータダウンロードを挟みながらチュートリアルを進める• ムービーダウンロードはせずに進める• 画面右上あたりにあるプレゼントから事前登録報酬を受け取る• ショップに行きパックガチャを引けるだけ引く• 結果に満足できなければタイトル画面に戻り右上のメニューからユーザー消去して2に戻る 以上がリセマラ手順となっています。 初回こそ合計700MBほどのデータダウンロードがあるものの、2回目からはタイトル画面からユーザー消去をすることで短縮できますよ! 最高レアの確率は1. 67%とやや低めなものの、 1パック6枚入りで合計132枚引けるので複数枚獲得を狙っていきましょう。 確率的には3枚も引ければ御の字って感じだけれどね。 詳しい排出確率については下にまとめておきます。 レアリティ 通常枠(1~5枚目) R以上確定枠(6枚目) RRR 1. 序盤は基本召喚できない切り札的なカード……と言った方が伝わりやすいかもしれませんね。 もちろん グレード3じゃなくてもRRRなら強いカードばかりですので、 複数枚以上RRRカードを引ければそれでいいと思います。 もっと本格的にリセマラで狙っていきたい方は、 使いたいクランのRRRカード複数枚抜きにチャレンジしましょう。 クランとは、簡単に言えば種族のようなものです。 基本的にデッキ構築をする時はクランを1つに決めないといけないものですので、使いたいクランがある方は狙っていきましょう。 RRRを沢山引ければもちろんいいですが、RR以下のカードにも強いカードは沢山ありますし 「素材を集めてカードを生成する」機能もありますので、そこまでリセマラにこだわらなくてもいいですよ! RR以下の有用カードも引いておいた方がいいと思うわよ。 ちなみに、基本同名カードは4枚までデッキに入れられるわ。 最後に 以上、 リセマラについてでした! 使いたいクランを決めてからリセマラをするか、 リセマラの結果強いカードが揃ったクランで始めるか……それはプレイヤー次第ですね。 ルールが全くわからない人でも、1から全てを教えてくれるので安心。 まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてくださいね! 初めてヴァンガードに触れる人・TCGをやる人にもオススメのゲームですよ。 序盤攻略記事や 本音レビュー記事も作成するので、もしよければご覧ください。 ここまで聞いていただきありがとうございました! 新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

次の

ヴァンガード ZERO 公式サイト

ヴァン ガード リセマラ

『【VC】アタックしたバトルの終了時、1枚引き、相手のリアガードを1枚退却させる。 』 【VC】ヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、パワー+3000。 あなたのリアガードを2枚スタンドする。 』 【VC】そのターンで3回目以降のバトル中なら、パワー+3000。 ダメージゾーンにカードが指定枚数以上置かれている時のみ有効となる。 アクアフォースのおすすめデッキ パワー 最も重視している項目。 パワーの高さは勝率に大きな影響を与える。 スキルによるパワーアップも含む。 爆発力 2ダメージ以上の与えやすさ。 安定感 安定して強い動きができるか。 耐久力 ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。 メインヴァンガードのパワーの高さ。 展開力 ドロー&サーチ手段の豊富さ。 どれだけ大量のユニットを展開できるか。 バトル回数を稼いで戦う アクアフォースには 一定のバトル回数達成で強力なスキルを発動できるユニットが多い。 位置交換スキル持ちなどを活用して、スキル発動に必要なアタック回数を稼ごう。 メインVを張れるG3層が厚い 今回ピックアップした2体以外にも、などの強力なV候補がいる。 デッキが完全に揃わなくても、他のユニットで代用が効くため強いデッキが組みやすい。 併せて位置交換スキル持ちを引きたい バトル回数を稼ぐのに役立つ位置交換スキル持ちは、少数でもいいので持っておきたい。 やが該当。 パワー 最も重視している項目。 パワーの高さは勝率に大きな影響を与える。 スキルによるパワーアップも含む。 爆発力 2ダメージ以上の与えやすさ。 安定感 安定して強い動きができるか。 耐久力 ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。 メインヴァンガードのパワーの高さ。 展開力 ドロー&サーチ手段の豊富さ。 どれだけ大量のユニットを展開できるか。 クランの特徴は「退却」 相手リアガードを場から除去する「退却」が かげろうの特徴。 特に 相手後列に干渉できるユニットの豊富さは他の追随を許さない。 退却により単純に数的優位を作れるほか、 FVなど相手後列のキーカードを除去して立ち回りを妨害することもできる。 ユニットの層が厚い! カードプールが広く、低レアでも強力なユニットが多いのでデッキを作りやすい。 Vメダルはガチャ1パックで1つ獲得。 【クロスライド】「ファントム・ブラスター・ドラゴン」 【VC】ヴァンガードにアタックした時、[ペルソナブラスト]で発動できる。 相手のリアガードを1枚退却させる。 手札を1枚捨て、2枚引く。 シャドウパラディンのおすすめデッキ パワー 最も重視している項目。 パワーの高さは勝率に大きな影響を与える。 スキルによるパワーアップも含む。 爆発力 2ダメージ以上の与えやすさ。 安定感 安定して強い動きができるか。 耐久力 ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。 メインヴァンガードのパワーの高さ。 展開力 ドロー&サーチ手段の豊富さ。 どれだけ大量のユニットを展開できるか。 パワー・展開・耐久の三拍子揃う 豊富なドローソースで盤面や手札を充実させつつ、 手札・ユニットを犠牲にして強力スキルを発動するのが特徴だ。 間違いなく最強の一角を占めるデッキ。 構築難易度は高め キーカードの1枚であるは交換所で入手できるが、それ以外にも重要なRRR・RRが多く、デッキが形になるまでやや時間と手間がかかるのがネック。 パワー 最も重視している項目。 パワーの高さは勝率に大きな影響を与える。 スキルによるパワーアップも含む。 爆発力 2ダメージ以上の与えやすさ。 安定感 安定して強い動きができるか。 耐久力 ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。 メインヴァンガードのパワーの高さ。 展開力 ドロー&サーチ手段の豊富さ。 どれだけ大量のユニットを展開できるか。 そしてその条件はが手厚くサポートと、攻守に隙がない。 大会でも上位入賞者を多数排出している。 リセマラ難易度は激高 リセマラで狙うならかなりの根気が必要。 マジェスティとガンスロッドはもちろん、マジェスティの条件の片割れであるがTEAM Q4ではなくRIVALSガチャ排出なのも痛い。 パワー 最も重視している項目。 パワーの高さは勝率に大きな影響を与える。 スキルによるパワーアップも含む。 爆発力 2ダメージ以上の与えやすさ。 安定感 安定して強い動きができるか。 耐久力 ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。 メインヴァンガードのパワーの高さ。 展開力 ドロー&サーチ手段の豊富さ。 どれだけ大量のユニットを展開できるか。 超強力な展開力で戦う ゴールドパラディン最大の魅力は展開力の高さだ。 山札から頻繁にコールできるため、基本的にリソース不足を気にすること無くアタックに専念できる。 4ダメージからが非常に強い 立ち回りの軸はのLB! 一瞬で強力な盤面を用意するだけでなく、ヴァンガードのパワーも大幅にアップする。 デッキが未完成でも高パフォを発揮 FVののスキルでブロンドエイゼルにスペリオルライドできるため、 ブロンドエイゼルの枚数が少なくても高いパフォーマンスを発揮しやすい。 非常にリセマラ向きだ。 流行度を指す場合もありますが、 当サイトにおけるTierは単純に強さを表しており、Tierの数字が小さいほど強いという意味になります。 Tier1 【環境トップ】 高いデッキパワーを誇り、環境の中心となっている。 その強さゆえ対策を取られることも多いが、それでもなお高い勝率を誇るデッキである。 目安スコア:20以上 Tier2 【有力デッキ】 デッキパワーはTier1と比べても遜色なく、対人戦で高い勝率を狙える。 ただし、「特定のデッキが苦手」「対策されやすい」「Tier下位相手の取りこぼしが多い」など、環境デッキには一歩及ばない。 目安スコア:18以上 Tier3 【中堅クラス】 最新のデッキと比べると見劣りする部分もあるが、デッキの完成度とプレイング次第ではTier1相手でも十分渡り合える。 目安スコア:15以上 Tier4 【発展途上】 基本的に対人戦で勝ち越すのは難しい。 パワー、爆発力、安定感、耐久力、展開力を総合的に見ると上位には劣る。 目安スコア:12以上 Tier5 【今後に期待】 現状、上位デッキには大きく水を開けられており、勝つにはトリガー含め理想に近い動きが求められる。 今後の追加カードに期待。 未完成時の強さも重要 リセマラでキーカードを4枚揃えるのは難しい。 最初はエースが2〜3枚だったり、サポートユニットが揃ってなかったりが普通なので、 代用ユニットの優秀さや層の厚さも重視しよう。 ガチャ以外の入手方法も要チェック! ユニットは交換所や、ランクファイト報酬などでも入手できる。 特にリセマラで重要なのは交換所で、RRRを交換できるかどうかはデッキ完成までの難易度に大きく影響する。 其の参:グレード3を狙う リセマラで狙うべきはグレード3! ファイトで最も影響が大きいのは、どのグレード3にライドするかということ。 そのため、リセマラではグレード3を狙おう。 ヴァンガードで真価を発揮するグレード3が特におすすめ! エースカードは超おすすめ 各キャラのエース 切り札 には、 単体で非常に高いパワーを持っていたり、 クランの特徴・立ち回りそのものといえる象徴的なカードが揃う。 当然、リセマラでも大当たりだ! 守護者はガチャ以外でも入手可.

次の

【ヴァンガードZERO】最速リセマラ手順&リセマラで狙うカードについて!【vgzero】

ヴァン ガード リセマラ

敵の攻撃速度を遅め、手数を減らす事で被ダメージ軽減にも繋がる優秀な効果。 攻撃の度に自陣まで戻る事が前提のゲームとなっており、その速度低下を付与出来るのは強力。 など、手数の多いキャラと組み合わせるのがオススメ。 同時に 被弾するまで回避2倍&相手の攻撃特性を無効を味方に付与出来る強力な頭部パーツを保有。 他の味方に対してのサポートを行える為、序盤で強力なキャラが揃っていない場合に役立つ。 序盤~終盤まで安定して運用出来るので獲得しておいて損は無い。 攻守において隙が無く、非常に強力なキャラ。 優秀な性能のキャラとなっており序盤では狙い目。 最大で20%アップの効果を獲得出来る為、敵に攻撃するまでの速度をアップ出来るのがメリット。 尚且つ 左右の腕パーツにはファイア効果が付与されており全パーツへの継続ダメージが可能。 手数の多さと継続ダメージが強力なキャラ。 ファイアは全パーツに継続ダメージを与えられる優秀な効果。 安定してダメージを溜められる為、優位にバトルを展開可能。 瞬間的な火力は無いものの、堅実にバトルを行える優秀なキャラ。 どのパーツに攻撃を行うかはランダムなので、確実性には欠けるがそれでも十分脅威的。 火力重視が好みならオススメのキャラといえる。 設置する数が多ければ多い程、与ダメージアップの効果。 クローは乱撃タイプの攻撃となっており、複数のパーツにダメージを与えられるメリットを持つ。 パーツ使用に反応するトラップは幅広く運用出来る為、汎用性が高い。 先手で設置しておくと優位にバトルを展開出来る。 両腕パーツでサンダーが使え、敵を一時停止に出来る。 攻撃すると即解除となってしまうが、敵の行動制限を行える点は非常に強力な効果。 単体よりも強力なアタッカー等と同時に編成させる事で効果を発揮する。 重ね掛けを行う事で最大20%アップが可能となっており、回避値の高い脚部パーツを持っているキャラと同時に編成する事で高い効果を発揮してくれる。 両腕はサンダー効果を付与するサンダーショットを保有。 一時的ではあるが、行動制限を付与出来るので使い方次第では強力。 最大で20%アップの効果となる為、攻撃の回転率アップに貢献可能。 両腕のパーツでは一時停止効果の フリーズを付与可能。 敵の行動制限を行える為、ここぞという時に便利。 単体で獲得しても十分運用出来る性能となっているので、狙っておいて損は無い。 5倍になるレーザーを放てる。 右腕パーツは 全体パーツ攻撃のミサイルを、そして左腕パーツには 味方全体のパーツを1つ回復出来るオールリペアを保有。 攻守に秀でた性能となっており、味方に1人いると有難い性能。 両腕パーツに関してはシンプルなビームとなっているが、これは CG値が一定以上で威力が2倍になる。 その為、条件を満たせば非常に高い火力を発揮。 火力アップ要素があり、尚且つ 元々の火力も高いので攻撃力の高いキャラを求めるなら是非。 両腕パーツで バグを付与出来るキャラ。 味方に回避値の高い脚部パーツを持っているキャラが居れば嬉しいが、優先度は低め。 序盤で狙うキャラでは無いので後回しにしておこう。 キャラが揃ってきた時に効果を発揮出来るタイプ。 自身も格闘パーツを多く保有しており、両腕パーツで使えるブレイクハンマーは 貫通攻撃持ち。 しかもブレイクハンマーはCG値が一定以上で威力が1. 5倍に跳ね上がる為、火力面でも申し分ない。 味方に格闘パーツを持つキャラが複数いるなら獲得しておきたい。 射撃攻撃を行う敵に対して優位に立ち回れる上に、自身は両腕のパーツで 貫通効果のある射撃攻撃を行える。 ダメージを効率良く与えられる貫通効果は強力なので狙っておくのも有り。 ただ、 射撃攻撃を行ってこない敵に対しては頭部パーツを有効に使えない点は時にネック。 特にハンマーは全パーツを対象に攻撃を行える為、全パーツに継続ダメージを与えられるファイア効果を持つキャラと相性が良い。 どちらかというと他キャラのサポートとして運用するのがオススメ。 一時停止系の技は幅広く運用出来るので魅力。 両腕パーツは ウイルス状態を付与出来る格闘パーツ。 格闘パーツが多くとの相性も良い。 その為、一気に敵パーツにダメージを与えられる。 装甲も割と高めに設定されているので、攻守に優れた性能ではある。 格闘系のパーツを多く保有しているので、と編成する事で高い火力を発揮出来る。 と似たような性能になっている為、どちらか好みの方を狙うようにしよう。 火力も高く、バランスの良いパーツを保有しており使いやすい。 シンプルに安定した性能となっているキャラ。 さらに 脚部が未破壊であれば威力が1. 5倍になるパワーライフル、 CGを消費してダメージアップさせるチャージバスターなど高威力の射撃技が魅力。 脚部パーツは回避が高く、攻守において高い性能を誇る。 上位ランクのキャラ程ではないが、優秀なキャラといえる。 その為、特定の敵に対しては大きなダメージを与えられる。 両腕パーツには敵の動きを一時停止する フリーズ、射撃ダメージの無効化が可能な ガードを保有。 アタッカーキャラと組み合わせると相性が良い。 とはいえ、その反面火力は高くパーツに満遍なく強力なダメージを与えられるのはメリット。 バトル序盤でリペアプラントを設置しておけば、長期に渡って味方をサポート出来るのが魅力。 ただ、 単体ではそこまで火力が無いので優先順位は低め。 その為、冷却性能は高いが充填性能が低い味方との相性が良い。 充填性能アップ=攻撃までの時間短縮が出来るのは有難いが他のパーツが平凡な為、後回しでOK。 最初に狙うキャラとしては火力面が低く、心許ない。 その為、獲得するのなら他に火力の高いキャラが必須。 パーツ回復が出来れば長期戦にも対応出来る為、バトルで優位に立ち回れる。 単体ではそこまで活躍出来る性能ではない。 サポート系の敵がいた場合に編成しておくと効率良くダメージを与えられる。 火力面では期待出来ないので序盤で選ぶようなキャラでは無い。 脚部パーツは回避がトップクラスとなっており、ヒーラーとして生存率も高め。 とはいえ、火力面は完全に他に頼らなければならないのでオススメは出来ない。 味方が揃ってきた時に確保すると便利なキャラ。 射撃技の多い敵と戦闘する時には輝くが、 格闘技が多い敵なら役に立たない。 汎用性が低く、特定の敵にしか対応出来ないので優先度は低め。 ティンクルスターは射撃技に反応するタイプだが、こちらは格闘技に反応するタイプ。 その為、 特定のバトルで高い効果を発揮する。 ティンクルスターと合わせて獲得しておけば幅広くバトルで運用は出来るが個々の汎用性は低め。 最優先で狙うようなキャラではない。

次の