バレーボール 女子 世界 ランキング 2017。 ランキング|日本ビーチバレーボール連盟(JBV)

バレーボール世界ランキング 男子は11位に上昇 女子は6位をキープ

バレーボール 女子 世界 ランキング 2017

爽やか、スッキリタイプの美女選手です。 宮下選手は三重県桑名市出身で小学1年からバレーボールを始め、中学校に入学後宮下選手はアタッカーからセッターに転向し春高校バレーにも出場しました。 2009年5月、宮下選手はVプレミアリーグ・岡山シーガルズに選手登録され、黒鷲旗に出場し、宮下選手の14歳8ヶ月での出場は史上最年少でした。 2009年11月、Vプレミアリーグ開幕戦で宮下選手は途中出場を果たし、15歳2ヶ月でのプレミアデビューも宮下選手が史上最年少の記録を作りました。 同チーム監督は「宮下選手は間違いなく全日本級のセッター」と太鼓判を押しています。 2010年全日本女子チーム登録メンバー33名に選ばれ、2014年東京オリンピックの強化指定選手として宮下選手は世界を目指す「Team CORE」のメンバーに選出されました。 女子バレー界で一世を風靡し写真集まで出した美女の「かおる姫」ことは菅山かおる選手は人気が高く、多くのファンがいました。 小学校3年からスポーツ少年団に入りバレーボールを始め、高校2年の時に春高校バレーで優勝、3年では主将を務めました。 高校卒業後小田急ジュノーに入社しアタッカーとして活躍し、JTマーヴェラスへ移籍。 2005年、Vリーグにおいてチーム初の4強進出貢献を評価され、全日本代表にリベロとして初選出されましたが、他の選手の怪我などによりレフトが不足となり、レフトとして再登録。 全日本デビューとなった2005年ワールドグランプリでは、攻撃・守備の両面で活躍し、可憐な容姿にも注目が集まり「かおる姫」の愛称で呼ばれ、多くのファンを生みました。 2008年JTを退社し、9月には第6回パーカッシオ美脚大賞スポーツ部門受賞しました。 空中を飛んでの捨て身のレシーブは歴代の選手の中でもピカイチで、美と実力が伴った選手として女子バレー界に長く名前が残るでしょう! 誰もが知っているバレーボールをする為に生まれてきたようなスラリとした美女バレー選手。 小学校2年でバレーボールを始め、中学時代もバレーで活躍し、2002年、名門成徳学園高校に進学し、ライトで主力選手となり、2003年春高校バレーで優勝を収める。 2005年7月開催の女子ジュニア世界選手権U-20では、全試合レギュラー出場し得点王に輝き、復活を遂げる2006年世界選手権出場、2007年アジア選手権では日本の優勝に大きく貢献し、ベストサーバー賞を獲得。 その後日本代表に選ばれて、キャプテンを長く務め、女子インドアバレー歴代史上日本初の五輪4大会連続出場の快挙を達成しました。 2017年に現役引退を発表し、一番印象に残った試合はロンドンオリンピック 2012年 の準々決勝で大接戦の末に勝利した対中国戦とのこと。 カザフスタンのサビーナ・アルシンベコバ選手は、今バレー界で「超カワイイ!」、「アニメ キャラのよう!」と人気の高い美人選手です。 また身長182センチで脚の長さは120センチで、12頭身の美女といわれています。 父親はカザフスタンのスキー選手、母親は陸上競技の選手で、高校のときにバレーボールを始めました。 2014年アジアジュニア女子バレーボール選手権大会にカザフスタン代表として出場以降、「あのカザフスタンの選手は誰?」とその美貌がメディアで取り上げられ、自身のインスタグラムのフォロワーは大会前の300人から10日もたたないうちに20万人以上に急騰し、カザフスタンを始め全アジア地域や欧米のメディアも取り上げています。 本人はバレー以外で騒がれることに困惑していますが、カザフスタンで彼女主演の映画も決定し「カザフスタンのスポーツ振興になるなら」と承諾したそうです。 2015年Vチャレンジリーグの日本GSSサンビームズはカザフスタンのチームに所属していたサビーナ選手の入団を発表しましたが、リーグ戦開幕直前に体調不良となりチームを離れカザフスタンに帰国しました。。 金髪に、憂いを含んだ表情が何とも魅力的な美人選手です。 TV局が付けた異名は「魅惑のポニーテール」「バレーボール界のシャラポワ」などとメディア界でも人気があります。 2001年にオランダ代表入りを果たし、2005年のワールドグランプリ、2006年の世界選手権などでオランダ躍進の原動力として活躍しました。 全身を躍動させて打つ強烈なジャンプサーブを持ち、2007年ワールドグランプリの初優勝に貢献しMVPを獲得。 2009年ワールドグランプリではベストスコアラーとベストサーバーを獲得し、同年の欧州選手権ではMVPを獲得しました。 歴代のオランダ選手の中でも、特にその美貌とバレーの活躍が記憶に残る選手です。

次の

バレーボール世界ランキング 男子は11位に上昇 女子は6位をキープ

バレーボール 女子 世界 ランキング 2017

バレーボール世界選手権 開始年 1949 主催 チーム数 24チーム 前回優勝 男子: 女子: 最多優勝 男子: 6 女子: 7 公式サイト バレーボール世界選手権(バレーボールせかいせんしゅけん、: FIVB Volleyball World Championship)は、が主催するバレーボールの世界大会である。 国際バレーボール連盟が初めて作ったバレーボールの世界大会であり最も伝統のある大会である。 日本国内での通称は「 世界バレー」または「 世バレ」。 全てのスポーツにある「」の一つ。 1962年大会から 4年に1度(オリンピックの中間年)開催されている。 ・と併せて「バレーボール」 として位置づけられている。 概要 [ ] に第1回男子大会がので開催された。 試合会場は屋外テニスコートを再利用したものであった。 参加国は全部で10カ国でヨーロッパに限定されていたため事実上の『ヨーロッパ選手権』であった。 より女子も開催。 日本が世界選手権に初参加したのはであり、このときの結果は男子が8位、女子が2位であった。 の女子大会では日本がソ連を破り優勝した。 ここからしばらくの間、日本とソビエトの2強時代が続いた。 日本は1962年から1974年までの4つの世界選手権のうち3回金メダルを獲得した。 1962年大会を経て、にバレーボールがオリンピックの正式種目になった後の1966年からは、4年に1度オリンピックの中間年に開催されるようになった。 世界一を決める唯一の大会ではなくなり、次期への重要な前哨戦という位置づけとなった。 の女子大会は1月に日本で開催されたが、が正式国名が呼ばれず国旗掲揚、国歌演奏が行われなかったことを不服として参加を拒否し、これにソ連が同調し参加を取りやめたため、参加国はわずか日本、、、の4カ国しかなかった。 日本が優勝したものの史上もっとも盛り上がらない大会となり、世界選手権の伝統と権威が揺らぐものとなった。 には、アフリカ大陸からも出場し、5大陸すべてから出場するという当初の目標を達成し本当の意味で『世界選手権』となった。 には日本で男女の大会が開催された。 男女共同開催はのメキシコ大会以来のことである。 の女子大会は優勝候補と言われていた中国が準決勝でに敗れるという波乱があった。 イタリアは決勝でアメリカに勝って初優勝した。 2006年は男女とも日本で開催されたが、11月にはの女子大会も日本で行われることが決定した。 女子大会が2大会連続で同一国で開催されるのは史上初である。 12月には2010年の男子大会がイタリアで行われることが決定した。 の組み合わせ抽選会が11月、東京都内で開かれ、開催国の日本は男女とも1次リーグA組にシードされた。 2014年大会よりビデオ判定を求める「チャレンジシステム」が導入された。 競技方式(出場枠・試合形式) [ ] 出場枠 [ ] 出場国の数は何度も変更が行われているが、現在世界選手権に出場できるのは全部で24カ国であり、オリンピック(12カ国)、ワールドカップ(12カ国)を規模で上回る。 開催国と前回大会優勝国が出場できるほか、各大陸における予選を勝ち抜いた上位チームが出場することができる。 出場できるチームの数の各大陸の内訳はFIVBランキングを元に決定される。 試合方式 [ ]• 2006年大会では、男女各24チームが1次リーグで6組に分かれ、各組1-3位が2次リーグに進出。 2次リーグでは18チームが2組に分かれ、各組1-2位が1-4位決定戦に、3-4位が5-8位決定戦に、5-6位が9-12位決定戦に進出(但し各チームは1次リーグで戦った国とは対戦せず、1リーグでの成績をそのまま持ち越し)。 1-4位決定戦、5-8位決定戦、9-12位決定戦はそれぞれノックアウトトーナメント。 なお、CMを入れるため、日本の試合のみテクニカルタイムアウトが30秒長く、放送時間を調整できるよう第2、第3セットの間に10分間の休憩を設けた。 2010年大会では、24チームが1次リーグで6組に分かれ、各組1-3位が2次リーグに進出。 2次リーグでは18チームが6組に分かれ、各組1-2位が3次リーグに進出。 3次リーグでは12チームが4組に分かれ、各組1位が1-4位決定戦に、各組2位が5-8位決定戦に、各組3位が9-12位決定戦に進出。 1-4位決定戦、5-8位決定戦、9-12位決定戦はそれぞれノックアウトトーナメント。 歴代開催国と大会順位 [ ] 男子 [ ] ()に参照。 数: 本戦の参加チーム数。 開催年 数 開催国 1 優勝 2 準優勝 3位 4位 () 10 () 11 () 24 () 14 () 19 () 22 () 24 () 24 () 24 () 24 () 16 () 16 () 16 () 24 () 24 () 24 () 24 () 24 () 24 () 24 女子 [ ] ()に参照。 数: 本戦の参加チーム数。 開催年 数 開催国 1 優勝 2 準優勝 3位 4位 () 08 () 17 () 10 () 14 () 04 () 16 () 23 () 23 () 24 () 16 () 16 () 16 () 16 () 24 () 24 () 24 () 24 () 24 () 24 脚注 [ ]• 2019年12月9日にがロシアに対し決定した、同国におけるドーピング行為への制裁措置により、ロシアは4年間の主要大会の開催を禁じられたため、異議申し立てで処分が覆らない限りロシアは開催資格を失う。 出典 [ ]• 月刊バレーボール 2014年10月号 141ページ• 「TV演出 過剰?必要? バレー世界選手権中継」『朝日新聞』2006年11月21日付朝刊 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (英語)• FIVBvolleyball -.

次の

日本女子バレー2019世界ランキング順位は何位?最新の中国や韓国の最新ランクは?

バレーボール 女子 世界 ランキング 2017

さん usavolleyball がシェアした投稿 — 2018年 9月月1日午後10時46分PDT 現在の世界ランキング2位は、リオオリンピックで銅メダルを獲得したアメリカです。 プールA組• 日本(6位)ホスト国• オランダ(8位)• アルゼンチン(11位)• ドイツ(13位)• カメルーン(18位)• メキシコ(26位) 日本代表女性バレーチーム2018年現在の順位は、6位です。 プールB組• 中国(1位)• イタリア(7位)• トルコ(12位)• ブルガリア(17位)• カナダ(19位)• アメリカ(2位)• ロシア(5位)• 韓国(10位)• タイ(16位)• アゼルバイジャン(24位)• トリニダード・トバゴ(24位) プールD組• セルビア(3位)• ブラジル(4位)• ドミニカ共和国(9位)• プエルトリコ(13位)• カザフスタン(21位)• ケニア(33位) 日本女子バレーチームは、 4勝1敗でプールA組を2位で2次ラウンド に進んでいます。 世界ランクの決め方は? 上記の 女子バレーの世界ランキング(順位)は、2017年8月時点(最新)のものです。 では、一体世界ランクの決め方はどのようになっているのでしょうか? バレーボールの世界ランクは国際バレーボール連盟、通称:FIVBという組織によりポイント制を使って決められています。 そのポイントとは?と疑問を感じられますよね。 このポイントは、直近で開催されているFIVBが主催する国際大会の試合の結果で決められているんです。 世界選手権(4年ごとの開催)• 夏季五輪(4年ごとの開催)• ワールドカップ(4年ごとの開催)• ワールドグランプリ(4年ごとの開催)• ワールドリーグ(4年ごとの開催)• 大陸選出権(2年ごとの開催) 上記の大会で獲得しているポイントの有効期限は、以下の通りです。 4年間の有効期限があるものは、オリンピック、 世界選手権、オリンピック大陸予選、オリンピック最終予選、世界選手権予選です。 2年間の有効期限があるものは、ワールドカップ、大陸選手権です。 1年間の有効期限があるものは、ワールドリーグ、ワールドグランプリです。 2019年現在の日本女子バレーチームが獲得しているポイントは? 2018年時点で日本代表女子バレーチームが獲得しているポイント(最新)は以下の通りでした。 日本女子バレーチームの獲得ポイントは 182ポイントです。 ワールドグランプリ2017・・・32ポイント 7位• オリンピック 2016 ・・・50ポイント(5位)• ワールドカップ 2015 ・・・50ポイント(5位)• 世界選手権2014・・・50ポイント(7位 今回は世界選手権2018になりますので、今回の結果をもとに改めて4年前の世界選手権2014の結果から更新されるということになります。 3次ラウンドまで進む事ができればポイントが更新され最新となります。 日本代表女子バレーチームの世界選手権2014の順位は7位という成績でしたので、世界選手権2018の大会では3次ラウンド以上に進むのが必須となってきます。 2次ラウンドの試合日程最新情報 2次ラウンドで敗退してしまうと獲得ポイントは下がり、世界ランキングは低下することが予想されます。 2次ラウンドに進んだ世界ランキングの上位国の組み合わせは、以下の通りです。 プールAとプールDがE組• プールBとプールCがF組 同組だったチームとの対戦はしませんが、1次ラウンドの対戦結果が持ち越されます。 3次ラウンドに進出するためには、 各プールの最終成績上位3チーム(計6チーム)に残る必要があります。 2018年10月7日現在、日本代表女子バレーチームは、2次ラウンドまで進んでおり、ドミニカ共和国と対戦し、セットカウント 3-2(25-17、28-26、22-25、25-27、15-11) で勝利しています。 第2次ラウンドの第2戦は、 10月8日(月・祝)プエルトリコと対戦のセットカウント 3-0(25-22、25-14、25-18)で 勝利しています。 第2次ラウンドの第3戦は、10月10 水 セルビアと対戦のセットカウント 3-1(15-25、25-23、25-23、25-23)で 逆転勝ちしました。 2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのセルビアに日本女子バレーチームが勝ったのです。 日本らしい粘りのあるバレーで見応えのある試合でした。 明日10月11日 木 同4位のブラジルとの対戦のセットカウントは2-3(25-23,25-16,26-28,21-25,11-15)で敗北していますが、日本の中田ジャパンは1次ラウンドから通算7勝2敗でセルビア、ブラジルと並んでいましたが勝ち点22で両国を上回り、8勝1敗のオランダに次ぐ2位となりました。 各組3位以内による3次ラウンドに進むことができました。。 2018年10月11日現在最新のバレーボール世界選手権第2ラウンド、日本女子バレーチームの世界ランキングは以下の通りです。 (プールE組の現在の世界ランキングです。 更新され次第、変更します。 プールF組の現在の世界ランキングは以下の通りです。 3次ラウンドの試合日程最新情報 3次ラウンドは、2018年10月14日(日)~10月16日(火)が試合日程となります。 プールE組とプールF組の勝ち残った3チームがプールGとプールHに分かれ上位2チームがセミファイナルへと進出します。 2次ラウンドから勝ち残った第3次ラウンドに進出する国は以下の通りです。 第3次ラウンドに進出するプールE• オランダ• セルビア 試合日程• 2018年10月14日(日)19:20~ 日本 VS セルビア• 2018年10月15日(月)19:20~ イタリア VS 日本• 2018年10月16日(火)19:20~ イタリア VS セルビア 第3次ラウンドに進出するプールF• イタリア• アメリカ 試合日程• 2018年10月14日(日)16:10~ 中国 VS アメリカ• 2018年10月15日(月)16:10~ オランダ VS アメリカ• 2018年10月16日(火)19:20~ オランダ VS 中国 粘り強さのある中田ジャパン、どんな強豪国と戦っても勝てる気がします。 第3次ラウンドが10月14日からスタートしました。 初日セルビアと対戦した日本は0-3のストレートで敗れてしまいました。 第1セット19-25、第2セット18-25。 確実に点をとりたかった第3セットでは序盤、先行し食い下がったが、終盤に逆転され23-25で敗れてしまいました。 第3次ラウンド2回戦目のイタリアとの戦い、試合結果は惜しくも 2-3(20-25、25-22、21-25、25-19、13-15) で惜敗し、準決勝進出を逃してしまいました。 世界ランク6位の日本は、同7位で2次リーグまで9戦全勝のイタリアには勝てませんでした。 これで、女子バレー世界選手権は日本女子バレーメダル取得ならずです。 10月19日(金)アメリカと5位決定戦を戦い、セットカウント 1-3(23-25、16-25、25-23、23-25)で敗れてしまい、世界選手権2018の日本女子バレーの結果は 6位でした。

次の