インス パイロン。 DELL Inspiron(インスパイロン)ノートPCを選んだ理由と使用感・評価レビュー

DELL Inspiron(インスパイロン)ノートPCを選んだ理由と使用感・評価レビュー

インス パイロン

Inspiron One 2320 フルHD 23インチ液晶一体型、Inspiron One 2320 2011年10月31日(月)、リンクシェアのイベント「 パソコンフェア2011秋」に参加してきました。 このイベントでは、パソコンメーカーやソフトウエア・PC周辺機器メーカーが、最新のデジタル商材を引っさげて展示紹介しています。 各メーカーの社員から直接情報を仕入れることができ、パソ兄さんのようなデジモノをレビューしている者にとって貴重な情報源となっています。 やはり小売店の店員と違って、メーカー社員から聞きだせる情報は一味違います。 細かく各ブースを回っていると時間が足らないので、まず、真っ先にDELLブースを訪ねました。 そこで、2011年10月発売の新製品、Inspiron One 2320をチェックしてきました。 当サイトの調査では、前機種であったInspiron One 2310の人気が高かっただけに、期待の新機種です。 以下、レビューは2011年11月時点および、展示されていたInspiron One 2320の情報になります。 最新情報はDELLサイトにてご確認を。 今回パソ兄さんが注目したDELL新製品は、2011年10月に発売した Inspiron One 2320です。 このInspiron One 2320は フルHD 23インチワイド液晶の一体型PCです。 本体外形寸法 高さ430 x 幅568 x 奥行75. 5 mm 、重量は約8. 7kgほど。 現時点でフルHDは、一般家庭向けの映像コンテンツで最も高精細な画質です。 JapanのTopページを2つ並べてもほぼ全ワイド収まります。 Inspiron One 2320の画面は23インチワイドあるので、文字やアイコンが小さすぎる印象はありません。 一般的にDELLは余計なソフトが入っていないと言われますが、ちょっとしたユーティリティソフトは入っています。 例えば、こちらは「DELLステージ」と呼ばれるランチャー機能。 自作パソコンみたいに完全にWindowsのみではなく、使い勝手を向上させるためのカスタマイズがされています。 もちろん、「価格に上乗せしているんじゃないの?」と疑わせる無駄なソフトは入っていません。 これまで、通常の一体型パソコンの気に入らなかったところは「液晶モニタが、一体化しているPCのみに従属していた」ことです。 しかし、Inspiron One 2320なら、 単体の液晶モニタとして使えるのです。 つまり、映像入力端子に HDMI、VGA、コンポジット端子を装備しているのです。 「セカンドPC、家電の地デジレコーダー、家庭ゲーム機、旧家電のビデオデッキ」などをつなげられる液晶モニタにもなるのです。 Inspiron One 2320なら、複数のデジタル機器を使っているユーザーに適しており、ひとまとめにできてスッキリします。 また、PCの役割を引退したとしても、液晶モニタのみとして活用できるメリットがあります。 そして、 非光沢画面なので目に優しく、ビジネス用途で長時間使う分にも適していますね。 フルHDの広領域を生かして、Officeワークにもいいでしょう。 では展示品レビューになりますが、このページにてInspiron One 2320をできるだけ詳しく紹介したいと思います。 Inspiron One 2320のプラットフォーム、SandyBridge設計について Inspiron One 2320のプラットフォームである、SandyBridge設計について解説しておきます。 テクノロジー系の話は面倒だと思われる方は、読み飛ばして構いません。 下方にてInspiron One 2320の外観レビューを行なっています。 H61は、XPS 8300のような中級機で採用されるH67の下位版であり、「メモリスロットは2基まで、PCI Express 2. 0のレーン数減少、SATA3. 0非ネイティブサポート」などの制約があります。 しかし、一体型パソコンは拡張性が求められるタイプではないので、廉価で適材のチップかと思われます。 そしてシステムバス(CPUとチップセットをつなぐ帯域)のDMI 2. 0は健在なので、前世代(Nehalem)設計より優位なのは明らか。 ちなみに前世代の2倍の帯域です。 なお、DELLパソコンはカスタマイズPCという特性上、購入時期によって仕様や構成の変更もありえます。 購入の際はDELLサイトでご確認ください。 今回展示されていたInspiron One 2320の構成は以下の通りでした。 製品画像 パソコンフェア2011秋で展示されていた DELL Inspiron One 2320の構成内容 OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit Win7 スコア 液晶ディスプレイ フルHD23インチワイド WLED非光沢液晶 1920x1080 プロセッサ インテル Core i5-2400S 2. 3GHz 7. 3 メモリ 4GB DDR3-SDRAMメモリ 5. 9 グラフィックス インテル HDグラフィックス 2000 4. 7 ゲーム用 グラフィックス 5. 9 プライマリ ハードディスク 2TB SATA HDD(7200回転) 5. 9 展示のInspiron One 2320では、インテル Core i5-2400Sが搭載されていました。 (ちなみに、末尾にSがつくのは低消費電力版です。 ) 4コア実装で4スレッド動作するクアッドコアで、最大クロック数は3. 3GHzと高いです。 Windowsエクスペリエンス~のスコアでもプロセッサ7. 3と高いスコアです。 グラフィックでは、CPUに統合されている「インテル HDグラフィックス 2000」が採用されています。 本格ゲームのプレイは厳しいですが、地デジなどフルHDコンテンツの処理には充分な性能です。 なお、DELLサイトでは単体GPUのカスタマイズ仕様が記載されていましたが、購入の際は要確認です。 そして一体型というと、ノートパソコンのパーツを採用するケースが多いのですが、Inspiron One 2320では、CPUやHDDなどにデスクトップ用のパーツを採用しています。 性能に対するコスパはいいと言えます。 Inspiron One 2330のプラットフォームであるSandyBridge仕様のCPUについて解説します。 (図はCore i5-2400Sのようなクアッドコアの場合)。 もっとも大きな特徴としては、 内蔵GPU(グラフィック)とCPUコアの統合化です。 前世代(Nehalemマイクロアーキテクチャ・Clarkdale)でも内蔵GPUはありました。 その時はCPUパッケージ内に同梱されているだけで、CPUコアとは分離していました。 しかし、SandyBridge仕様からはコアレベルでの結合化であり、情報の伝達が物理的に優位となっています。 また、前世代から引き続き、 CPUがメモリと直にアクセスできる仕組みは高速化のひとつです。 そして、CPUのキャッシュメモリが新構築されており、 LLC(Last Level Cashe)が採用されています。 このLLCは、CPUコアと内蔵GPUが共有して使うことができます。 CPUは3次キャッシュとして使い、残った分を内蔵GPUが2次キャッシュとして使います。 ターボ・ブースト・テクノロジーによって定格よりクロック数を上げることで、マルチコア対応していないソフトでも、より速い処理が可能になります。 前世代であるNehalemのCPUから「ターボ・ブースト・テクノロジー」があり、必要に応じて各コアを自動クロックアップしました。 そして Sandy Bridge設計からはターボ・ブースト 2. 0とバージョンアップしています。 ターボ・ブースト 2. 0の進化ポイントは、CPUとHDグラフィックスの統合により、両方がクロックアップすることです。 (以前では、クロックアップするならCPUかHDグラフィックスのどちらかでした。 ) クロックアップの仕組みは各CPUに定められた倍率を変えることです。 ターボ・ブースト機能は電流や電力はもちろん、温度を監視した上で倍率を変化させています。 電流の量が基準を超えた場合、上昇させた倍率を下げて熱暴走を回避させます。 これが従来からあるターボ・ブーストです。 しかし、電流量が基準を超えてもすぐに熱が上昇するわけではありません。 ターボ・ブースト 2. 0ではそのタイムラグを利用し、すぐには倍率を下げません。 これが倍率上限を少しでも長く持たせる仕組みで、いわゆる 「踏ん張り機能」が追加されています。 Inspiron One 2320で、省スペースの設置 テクノロジー系でお固い話になってしまいましたが、ここからはInspiron One 2320の外観を中心にレビューしていきます。 まず、Inspiron One 2320を上から見たところ。 LEDバックライトを採用していることもあり、薄型設計。 「PCが一体化されている」とは思えないコンパクトさです。 LEDは長寿命で耐久性があります。 一昔、一体型PCの懸念材料だったバックライト(冷陰極管)の球切れリスクも過去の話です。 それにLEDは低発熱・低消費電力なので、PCへの負担が軽いと言えます。 Inspiron One 2320の背面。 1枚の強化ガラス支柱で支えられており、フォトフレームのようなスタイルです。 強化ガラスのスタンドが透けているので、見た目でも奥行きを感じさせません。 また、背面側にメッキ加工されたDELLロゴが配置されています。 強化ガラスのスタンドには、ケーブルを通す穴があります。 パソコンの素材として強化ガラスが使われるケースは稀なので、ちょっとしたワクワク感が湧いてきます。 そして、すりガラスでINSPIRONのロゴが施されています。 ちょっとしたアクセントです。 どこまで角度調整できるか試してみました。 通常の使用であれば問題ない可動域でしょう。 足場も安定しています。 スタンドの付け根部分もチェックしました。 充分支えられる強固な造りです。 なお、スタンドの取り外しはできないので、モニタアームの取り付けはできません。 (VESA未対応) また、こういった形状なのでスイベル(左右の首振り)機能はありません。 ワイヤレス環境で揃えれば、有線は電源ケーブルのみという、極めてケーブルレスでスッキリ。 引越しや設置換えの多いユーザーが扱いやすいタイプです。 単に液晶モニタにも使える!映像入力端子装備 映像入力端子に 、HDMI、VGA、コンポジット端子を装備。 これで、「セカンドPC、家電の地デジレコーダー、家庭ゲーム機、旧家電のビデオデッキなど」をつなげられます。 単に一体型のPCに留まらず、複数お持ちの機材をひとつの画面に集約することができます。 フルHD画面なので「家電のブルーレイレコーダ」をつないでも画質に文句なしです。 1chサラウンドシステムとの接続にも対応です。 ここで紹介した端子をよく知らないという初心者の方は、以下の端子知識をご覧ください。 HDMI端子 【High Definition Multimedia Interface】 HDMI HDMI端子は「DVI」をベースに設計されたデジタル映像端子。 1本のケーブルで映像・音声・著作権保護の制御信号を転送することができます。 HDMIを小型化したMini HDMIもあります。 変換プラグを使うことでどちらにも対応することもできます。 デジタル機器メーカーはHDMI規格の開発元に高い使用ライセンス料(ロイヤリティと年会費)を払わなくてはならないので、生産コストが上がってしまいます。 アナログ接続の「VGA」(別名:D-Sub15ピン) VGA VGAはアナログ式の映像端子。 そこで歪みが生じ、デジタル出力よりも画質が悪くなります。 デジタル出力が主流となった今ではマイナーとなっています。 コンポジット端子 コンポジット端子 アナログテレビやVTRなどで用いられる映像端子。 一部のパソコン(グラフィックカード)に装備されている場合があります。 扱えるのはSD画質で、HD画質以上には対応していません。 パソコン市場では姿を消しつつありますが、アナログ出力を持つ旧AV家電や家庭用ゲーム機の接続に重宝されます。 コンポジット端子は、別名でコンポーネント端子やRCA端子と呼ばれます。 ケーブルには光ファイバーを使うことから光デジタル音声と呼ばれる。 中央にはWindowsのライセンスシール。 そしてDELLの保証書代わりのサービスタグ、エクスプレスサービスコードの記載。 DELLでは書面の保証書が発行されず、すべてこのコードによって管理&保証されます。 サポートを受けるときはこのコードを伝えることになりますが、カスタマイズ構成まで管理されているので、わざわざ製品について説明しなくても大丈夫です。 盗難にあったときも、このコードを伝えておきます。 もし、盗人がこのコードを使ってサポートを受けようものなら、身元が判明して逮捕につながるのだとか。 背面右側に、USB2. さらに、 出力用のVGA端子も装備するんですね。 外部のアナログ液晶モニタやプロジェクタなどに映像出力できます。 一体型PCとしては珍しい仕様です。 注意したいのは、USB2. 0よりも高速な「USB3. 0やeSATA端子」は搭載していないので、頻繁な大容量データバックアップには不利なことです。 端子の下方にあるスリットは吸気口。 下部から吸気され、上部のスリットより排気されるエアーフローです。 オプションで、地デジチューナー内蔵が可能 展示してあったInspiron One 2320では地デジチューナーを内蔵していない構成でしたが、オプションで以下の地デジチューナーが内蔵できます。 地上デジタル放送TVチューナー(リモコン付属) 3波(地上デジタル・BS・110度CSデジタル放送)TVチューナー(リモコン付属) マニュアル書を見ると、内蔵時ではInspiron One 2320背面右寄りにアンテナ端子がくるようです。 B-CASカードは底面のスロットに挿入します。 Inspiron One 2320の前面 Inspiron One 2320の前面をチェックします。 プライベートルームのTVパソコンとしてちょうど良いサイズですね。 前機種Inspiron One 2310で対応していたスクリーン・タッチパネルには対応しなくなったようです。 非光沢液晶画面に対して、周りのベゼルは光沢ブラックとなっています。 ベゼル左上にはINSPIRON ONEのロゴ。 中央にスライドドア付きの100万画素Webカメラを内蔵。 カメラの右側にマイクを内蔵。 それにしても、このスライドドアはホコリ避けでしょうかね?後に調べたら、「プライバシーカバー付きカメラ」というものらしいです。 写ったらまずいものが現れたら、瞬時にシャットアウトするためにあるのでしょうか。 これはあまり使い道がなさそう・・。 付属ソフトの「DELL Webcam central」でビデオチャットやエフェクト効果の追加が可能です。 そしてSkypeソフトウェアがインストール済みでした。 Inspiron One 2320の前面下部にスピーカーを内蔵。 Inspiron One 2320の内蔵スピーカは、なんとJBLブランド!足の部分はメッキ加工で鏡面処理となっています。 JBL(ジェイ ビー エル)とは JBL(ジェイ ビー エル)は、1946年に設立されたアメリカの老舗スピーカー・メーカー。 映画館やスタジオなどでよく見かけ、どちらかというと玄人向け。 現在はハーマン・インターナショナルに買収され傘下に入っています。 JBLの名は、創設者および技術者のジェームス・B・ランシング(James Bullough Lansing )から。 中央には、メッキ加工されたDELLロゴが埋め込まれているように配置。 右下側には、WindowsとインテルCPUのブランドシールを貼付。 側面インターフェース Inspiron One 2320左右側面のインターフェースをチェックします。 右側面ではトレイ式光学ドライブを搭載。 イジェクトボタンを押すと、トレイが出てきます。 今回は、ブルーレイディスクドライブが搭載されていました。 これならフルHDのブルーレイ映画をそのまま楽しめますね。 なお、Inspiron One 2320がフルHD液晶だからといって、もとの解像度が低いDVDまでが綺麗なるわけではありません。 Inspiron One 2320を設置するときは、とくに右側、光学ドライブのトレイが引き出せる分だけのスペース確保が必要です。 右側面の下方ではLEDで点灯する電源ボタンを配置。 電源ボタンの上には「HDDアクセスライト」があります。 HDDアクセスライトは側面にあるため、ユーザーポジションから確認しづらく、気になる時だけ身を乗り出して確認することになるでしょう。 こちらが外部入力切替ボタン。 画面にVideo Inputが表示され、「コンポジット、VGA、HDMI」の順に切り替えることができます。 コンポジット端子があるので、ビデオデッキや家庭ゲーム機と接続できるのが嬉しい。 次は、Inspiron One 2320左側面のインターフェース。 そしてUSB 2. 0 x 2つ、8-1メディアカードリーダーを装備。 メディアカードの対応規格では32GBを超える大容量SDカードの SDXCにも対応しており、フルHD動画の読み書きに便利。 ほか、SD、SDHC、MMC、Memory Stick MS (PRO)、xD などに対応。 DELLワイヤレスマルチメディア日本語キーボード&マウス DELLワイヤレスマルチメディア日本語キーボード。 ノートパソコンでは主流になりつつある、浮石型キーボードです。 アイソレーションキーボードとも呼ばれますが。 キーとキーの間に完全なマージンがあるため、誤操作が軽減できるキーボードです。 キーボード左側の様子。 キーボード右側の様子。 すでに勾配のついたキーボード。 キーボード側面。 キーボードをInspiron One 2320の股下に収納でき、スッキリできます。 パソコンを使わないときや映画鑑賞時に、これで机を広く使うことができます。 股下に収納されたキーボードは、このような状態となります。 こちらのマウスは、Dell MS111 USBオプティカルマウス 2ボタン、ホイール付き ってやつです。 全体的にマット調のブラックです。 このマウスは以前、Inspiron 620をレビューした時と同じ付属マウスでした。 では、そのときの写真を引っ張り出して紹介します。 パソ兄さんが知るかぎり、これは2011年の登場モデルです。 2010年以前は「ひょうたん型マウス」でした。 軽くざらついた手触りでマット調です。 当然ですが多機能マウスではなく、2クリック&ホイールのスタンダードマウス。 パソ兄さんのハンドサイズ基準ですが、大きすぎず小さすぎずで程よいサイズ。 ホイール部分。 クリックボタンの押下具合。 おしり。 中央には凹んで光沢処理がされているDELLロゴがあります。 総合的な感想を言うと、特別な高級要素はありませんが粗悪という印象もないです。 特別なこだわりがない限りはそのまま使ってOKだと思います。 次は、レビューのまとめです。 Inspiron One 2320のお勧めどころと、考慮すべき箇所を箇条書きにしました。 Inspiron One 2320お勧めどころ!まとめ• フルHDコンテンツを余すことなく表現できる、フルHD 23インチ画面一体型PC。 オプションで、3波デジタル放送(地上・BS・110度CS)TVチューナー搭載可能。 コンポジット、VGA、HDMIを装備するので、単に液晶モニタとして使える。 出力用のVGA端子もあるので、外部モニタやプロジェクタへの出力が可能。 非光沢液晶画面なので、映り込みが少なく目に優しい。 長時間使用に適す。 バックライトはLEDで、長寿命の耐久性に低消費電力・低発熱のメリット。 ワイヤレス環境を整えれば、ケーブルは電源ケーブルのみ。 名門ブランドのJBLスピーカーを内蔵。 メディアカードスロットは、32GBを超える大容量SDカードのSDXCに対応。 キーボードはInspiron One 2320の股下に収納できる。 CPUやHDDなど、デスクトップ用のパーツを多用している Inspiron One 2320の考慮すべき箇所• USB2. 0よりも高速な「USB3. 0やeSATA端子」は搭載していないので、頻繁な大容量データバックアップには不利。 スイベル機能がないので、気軽に左右の首振りはできない• スクリーン・タッチパネルには対応しなくなった。 (いらないと思うけど。 タワー型PCと違って、独自のパーツ交換カスタマイズは厳しい(保証対象外です。 ) 以上、情報は2011年11月時点になります。 仕様変更等もありうるので、最新情報はDELLサイトにて要チェックです。 欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング! パソ兄さんサイト経由限定!優待情報! DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、 楽天スーパーポイント 3,000ポイントプレゼント! 合計15万円(税抜)以上購入なら、 楽天スーパーポイント 7,500ポイントプレゼント! パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。

次の

Inspiron(インスパイロン)ノートの口コミ、評判を調べる

インス パイロン

すげー調子が良いですね~。 接続はHDDと何も代わりませんし、購入してそのまま接続するだけ。 この機種はこんなに面倒なのか!? PCの修理などは全然業務として承っていませんが、基本的な修理は自分で行えます。 簡単な作業の代表各とも言えるのがHDDの交換なわけですが、DELLのこのPC、とても面倒なことがわかりました。 N5110のマニュアルをみると、結構分解していかなければHDDに辿りつけない様子・・・。 ここまで面倒なのは初めてだなぁ・・・どこかわかりやすいところはないかと探していると、とても親切なページを発見しました。 探していると・・・ってほど探していませんが。 『これならやれる!』と思い、作業を行いました。 以下、DELL INSPIRON N5110 の分解メモです。 とりあえず全部外す 裏面のネジは全て外しておきます。 写真の両上のネジは、蓋があって気づき難いですが、ひっぺがします。 また、バッテリー、メモリーのカバー、光学ドライブを外します。 至るところに現れる MADE IN CHAINA。 目に染みるぜ。

次の

パソ兄さん/Inspiron 580の拡張性とインターフェース概要

インス パイロン

デルのパソコンは、一部を除いて非常にコストパフォーマンスに優れています。 国内メーカーのPCと比較すると、2~3割は安く購入できることが多くなっています。 サポートは、基本的には中国人が行っています。 知識や技術はありますが、やはり絶妙な日本語のニュアンスを理解できない場合もあり、日本人にはそこがストレスになってしまい、評判の悪い口コミも多く見受けられます。 ただし、追加料金が発生しますが、 Premium Supportというサポートに契約すれば、日本人の正社員の方がサポート対応してくれます。 しかも、Premium Supportは、24時間365日の電話サポートに対応しています。 要は、お金さえ払えば、デルでも手厚いサポートを受けられます。 手厚いサポートが別料金となっていると考えればいいでしょう。 故障しても自己解決できる方は、標準のサポートで安くすませればいいですし、故障時のサポートに期待するのであれば、高くなってもPremium Supportへ加入すると良いでしょう。 製品の品質は機種によると思います。 エントリークラスの製品はそれなりの作りですし、XPSやALIENWAREなどの高級ブランドの製品は、高価なボディ素材を使い、放熱性もしっかりしています。 中のパーツについては、他社とほとんど一緒ですので、大きな差はないと思います。 納期は、機種によりますが、かなり長く2~3週間待つのはザラです。 早くPCが欲しい方には適していません。 即納モデルもありますが、構成が決まっており変更することができません。 機種によって、液晶の品質が良くなかったり、キーボードが打ちにくかったりなど、特徴やおすすめ度は変わってきます。 以下に、各機種の特徴を解説しているのでご覧ください。 気になった機種がある場合、「レビュー」のリンクを押すとその機種の詳細を確認できます。 このページをご覧の方だけに 以下のリンク先から、DELLのパソコンを購入すると、楽天ポイントがもらえます。 どうぞご活用下さい。 デルノートパソコン一覧 DELLのパソコンのラインナップです。 下のカテゴリをクリックすると、ページ下へスクロールします。 モバイルノートパソコン(11~14型)• ノートパソコン(15~17型)• デスクトップパソコン• ゲーミングパソコン(Alienware)• モバイルノートパソコン ここでは、デルのモバイルノートパソコンを紹介します。 括弧で囲っている4桁の数字は、各モデルの詳細型番です。 デルの商品は、モデルチェンジしてボディやパーツが変わっても、製品名が同じであるため、この括弧の文字で製品を見分けます。 例えばXPS 13 9300 であれば、9300の部分です。 おすすめは、XPS 13です。 液晶ディスプレイの枠(ベゼル)が狭く、他社の13. 3型液晶搭載ノートPCよりも本体サイズが小さく、カバンへ収納しやすいです。 モバイル:エントリーモデル(Inspiron 3000) 価格が安いモバイルノートです。 万能ではありませんが、軽めの作業に限定した使い方ができるならおすすめです。 33kg バッテリー 51Wh 11万円台~ アスペクト比が16:10の液晶を搭載。 液晶の質が高く、4K液晶も選択可。 アクティブペンも使用できる。 ノートパソコン 以下は、15~17型のノートパソコンです。 製品名の末尾に3000、5000、7000とついていますが、数字が大きいほど高性能です。 エントリーモデル(Inspiron 3000) エントリー向けのノートPC(3000シリーズ)を掲載します。 以前は、スペックは低めで、かなり低価格なモデルのみでしたが、最近では、スペックの幅も広がっています。 全体的に入手しやすい価格帯の製品が多いです。 コメント 国内シェア 2017年国内のPC出荷台数において、デルは 第4位です。 NECレノボグループ、富士通、日本HPに次ぐ順位となっています。 参考: 世界シェア 米IDCによる調査では、2018年第3四半期の世界PC出荷台数において、デルは 第3位です。 レノボ、HPに次ぐ順位となっています。 ただ、毎年シェアは伸びてきてきます。 参考: 日経コンピュータ 顧客満足度調査 2018 - 2019 ノートPC: 第1位 いずれも高い評価で、特にコストの評価が高いです。 デスクトップPC: 第1位 コストの評価がずば抜けて高かったです。 参考: 2018年10月18日調査 デルのサポート 電話をすると中国人が対応する場合があり、デルのサポートの評判はやや悪かったですが、2012年から開始された新サービスによりかなり改善されています。 個人的には、サポートはかなり充実していると思います。 新サービスとは、24時間365日、OSはもちろん他社ソフトの使い方の質問ができる「プレミアム電話サポート」です。 宮崎のカスタマーセンターにサポート拠点があり、日本人が電話の対応を行うため安心です。 また、偶発事故(誤って落としてしまった場合や液体をこぼしてしまった場合などの事故)に対応する保証と、出張修理サービス(1~2営業日以内に技術者が自宅に来て修理するサービス)も提供しています。 特にコンシューマ向けPCの出張修理を実施しているメーカーはほとんどなく、法人並みのサポートです。 サポート内容や評判の詳細は「」をご覧ください。 デルの評判・口コミ 他のサイトの評判・口コミ情報を掲載します。 ただし、デルのような通販を中心としたメーカーは、パソコンに詳しい人が買う場合が多く、どうしても悪い口コミが書き込まれがちです。 情報は取捨選択し、すべての評判を鵜呑みにしないようにして下さい。 デルのメーカーページ・直販店.

次の