お 宮参り コロナ。 5月に出産を控えています。コロナの影響が心配ですが、最近、又はこ...

5月に出産を控えています。コロナの影響が心配ですが、最近、又はこ...

お 宮参り コロナ

資金相談特設サイト 日本政策金融公庫や商工組合中央金庫等の各政府系金融機関の融資等の申し込みを検討されている事業者の皆様向けに、申込・相談の方法や問合せ先をまとめた特設サイトを設けました。 詳しくはこちらをご一読ください。 持続化給付金 感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給します。 詳しくは特設ページをご確認ください• 支援策パンフレット 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける支援策をパンフレットにまとめました。 また、LINE公式アカウント「経済産業省 新型コロナ 事業者サポート」では、パンフレットに掲載されている情報をキーワード検索で簡単にお調べいただくことができます。 最新情報も随時配信中ですので、ぜひご活用ください。 業種別支援策リーフレット 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける、業種別支援策リーフレットを作成しました。 それぞれのリーフレットはこちらをご一読ください。 各支援策の問い合わせ先一覧• 新型コロナ対策サポートナビ 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けている事業者の方々向けに、事業規模ごと、相談内容ごとに支援策が閲覧できるようまとめております。 資金繰り支援一覧 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けている事業者の方々への資金繰りを支援します。 日本政策金融公庫や商工中金の新型コロナ感染症特別貸付や、信用保証協会のセーフティネット保証、危機関連保証の概要はこちらです。 詳しくはこちらをご一読ください。 経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、中小企業者の資金繰り支援措置を強化するため、信用保証制度を利用した都道府県等の制度融資への補助を通じて、民間金融機関においても、実質無利子・無担保・据置最大5年・保証料減免の融資を可能とします。 融資に際しては、民間金融機関においてワンストップで手続きを行うことを可能とすることで、迅速な資金繰り支援を推進します。 また、政府系金融機関と民間金融機関による融資・保証のメニューを一覧にしております。 こちらをご確認いただき、該当のメニューを支援策パンフレット及び以下の「資金繰り支援の内容」にてご確認ください。 (New! ) 以下のページから、事業者の皆さまそれぞれの状況に最も適当な資金繰り支援策を簡単に見つけることができます。 (New! ) 資金繰り支援の内容 その他、以下の資金繰り支援についてもご説明しております。 ・セーフティネット保証4号・5号、危機関連保証 ・セーフティネット貸付 ・新型コロナ特例リスケジュール• 在宅勤務の推進 通勤削減や人と人との接触削減のために、中小企業・小規模事業者の皆様が直ちに取り組める内容や支援策を分かりやすくまとめたパンフレットを作成しました。 ご協力をお願いいたします。 テレワーク導入に関する費用 テレワーク導入に関する費用についてお悩みの事業者の皆様のため、IT導入補助金の「特別枠」について内容を分かりやすくまとめたパンフレットを作成しました。 新型コロナウイルス対策補助事業 マスク生産設備導入補助事業 感染症対策の基本として必要なマスク不足を解消するため、国からの増産要請を受けてマスク生産設備の導入する事業者に対して支援をします。 生産性革命推進事業 生産性革命推進事業における、「ものづくり・商業・サービス補助」「持続化補助」「IT導入補助」の3つの補助事業については、「 通常枠」に加え、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者を対象に「 特別枠」を設けました。 今回、緊急事態宣言の解除等を踏まえ、中小企業の事業再開を強力に後押しするため、「事業再開支援パッケージ」として業種別ガイドライン等に基づいて行う取組への支援を拡充しました。 中小企業・小規模事業者向け相談窓口 今般の新型コロナウイルスの流行により、影響を受けるまたは、その恐れがある中小企業・小規模事業者を対象としてを設置し、経営上の相談を受け付けます(2020年1月29日)。 日本政策金融公庫、商工組合中央金庫、信用保証協会、商工会議所、商工会連合会、中小企業団体中央会及びよろず支援拠点、並びに全国商店街振興組合連合会、中小企業基盤整備機構及び各地方経済産業局等 現地進出企業・現地情報及び相談窓口(ジェトロ) ジェトロ現地事務所等で収集した「操業再開に向けた中国の省市別支援策」や、「ビジネス短信」、新型コロナウイルス関連相談窓口連絡先を掲載しています。 貿易保険による新型コロナウイルス対応策(NEXI) 「貿易保険」は日本企業が行う海外取引(輸出・投資・融資)の輸出不能や代金回収不能、海外投資先の休業等のリスクをカバーする保険です。 新型コロナウイルス感染症拡大による損失を保険金の支払い対象としたり、貿易保険にかかる諸手続の期限を猶予しております。 新型コロナウイルスの流行に伴う輸出入手続きの緩和等について 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、輸出入手続に関する措置を下記のとおりまとめました。 下請等中小企業への配慮を求める親事業者への要請について 新型コロナウイルス感染症により影響を受ける下請等中小企業に対し、不当な取引条件の押しつけを行わないなど、配慮を求める要請文について、関係団体(約1,100団体)を通じ、親事業者に要請します。 新型コロナウイルス感染症拡大に関連する下請取引Q&Aについて 新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受ける下請等中小企業との取引に関して、Q&Aを作成しました。 テナント家賃の支払いを支援する制度について テナント家賃の支払いに充てることのできる制度をご紹介します。 個人事業主・フリーランス支援 個人事業主・フリーランスへの配慮を求める発注事業者への要請について 経済産業省は、新型コロナウイルス感染症により影響を受ける個人事業主・フリーランスと取引を行う発注事業者に対して、取引上の適切な配慮を行うよう、厚生労働大臣、公正取引委員会委員長と連名で関係団体を通じ、要請します。 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け) 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子どもの世話を行うため、契約した仕事ができなくなっている子育て世代を支援するための新たな支援金が創設されています。 詳細についてはをご覧ください。 新型コロナウイルス感染症に係る雇用等の配慮に関する要請について 経済産業省は、新型コロナウイルス感染症による甚大な影響を踏まえ、就職・採用活動中の学生や内定者への配慮及び雇用維持等に関する適切な配慮について、関係団体に要請します。 児童生徒の学びの機会提供を行うEdTech事業者の取組支援について 今般の学校の一斉休業を踏まえ、児童生徒の自宅での学びの機会創出を目的に、EdTech事業者による学習ツールの無償提供等の取組が進められています。 「未来の教室」事業ポータルサイトにて、リストを紹介しています。 新型コロナウイルス感染症対策の支援情報公開・検索サービスについて 新型コロナウイルス感染症対策に対応した民間企業による支援情報等が検索可能な「民間支援情報ナビ」と、各府省及び地方公共団体等による事業者向け支援情報等が検索可能な『ミラサポplus「制度ナビ」』を提供しています。 情報通信関連企業によるテレワーク導入に対する支援情報について 職場における感染拡大防止のためテレワーク導入に取り組む企業等に対し、情報通信関連企業によりテレワークツールの提供等の支援が進められています。 一般社団法人日本テレワーク協会のホームページにおいて、支援を行っている企業を紹介しています。 その他 株主総会(オンラインでの開催等)、企業決算・監査等の対応 新型コロナウイルスの感染症に関連し、株主総会の開催(オンラインでの開催等)、企業決算・監査等の対応に関する情報をまとめました。 遠隔健康相談事業の開始について 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の懸念等を含め、国民が抱える健康不安を遠隔で医師に無料で相談できる健康相談窓口を設置します。 無料の窓口設置期間は、3月11日 水曜日 ~3月31日 火曜日 です。 都道府県、市町村など各自治体の支援策について 中小企業基盤整備機構が運営する情報発信サイト「J-Net21」にて、各自治体の支援策を紹介しています。 国有財産の貸付料等に係る債権の履行期限の延長について 新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するために国有財産の貸付料等に係る債権の履行期限を延長する場合の取扱いについてお知らせします。 他省庁関連ページ•

次の

新型コロナウイルス感染予防対策について

お 宮参り コロナ

資金相談特設サイト 日本政策金融公庫や商工組合中央金庫等の各政府系金融機関の融資等の申し込みを検討されている事業者の皆様向けに、申込・相談の方法や問合せ先をまとめた特設サイトを設けました。 詳しくはこちらをご一読ください。 持続化給付金 感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給します。 詳しくは特設ページをご確認ください• 支援策パンフレット 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける支援策をパンフレットにまとめました。 また、LINE公式アカウント「経済産業省 新型コロナ 事業者サポート」では、パンフレットに掲載されている情報をキーワード検索で簡単にお調べいただくことができます。 最新情報も随時配信中ですので、ぜひご活用ください。 業種別支援策リーフレット 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける、業種別支援策リーフレットを作成しました。 それぞれのリーフレットはこちらをご一読ください。 各支援策の問い合わせ先一覧• 新型コロナ対策サポートナビ 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けている事業者の方々向けに、事業規模ごと、相談内容ごとに支援策が閲覧できるようまとめております。 資金繰り支援一覧 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けている事業者の方々への資金繰りを支援します。 日本政策金融公庫や商工中金の新型コロナ感染症特別貸付や、信用保証協会のセーフティネット保証、危機関連保証の概要はこちらです。 詳しくはこちらをご一読ください。 経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、中小企業者の資金繰り支援措置を強化するため、信用保証制度を利用した都道府県等の制度融資への補助を通じて、民間金融機関においても、実質無利子・無担保・据置最大5年・保証料減免の融資を可能とします。 融資に際しては、民間金融機関においてワンストップで手続きを行うことを可能とすることで、迅速な資金繰り支援を推進します。 また、政府系金融機関と民間金融機関による融資・保証のメニューを一覧にしております。 こちらをご確認いただき、該当のメニューを支援策パンフレット及び以下の「資金繰り支援の内容」にてご確認ください。 (New! ) 以下のページから、事業者の皆さまそれぞれの状況に最も適当な資金繰り支援策を簡単に見つけることができます。 (New! ) 資金繰り支援の内容 その他、以下の資金繰り支援についてもご説明しております。 ・セーフティネット保証4号・5号、危機関連保証 ・セーフティネット貸付 ・新型コロナ特例リスケジュール• 在宅勤務の推進 通勤削減や人と人との接触削減のために、中小企業・小規模事業者の皆様が直ちに取り組める内容や支援策を分かりやすくまとめたパンフレットを作成しました。 ご協力をお願いいたします。 テレワーク導入に関する費用 テレワーク導入に関する費用についてお悩みの事業者の皆様のため、IT導入補助金の「特別枠」について内容を分かりやすくまとめたパンフレットを作成しました。 新型コロナウイルス対策補助事業 マスク生産設備導入補助事業 感染症対策の基本として必要なマスク不足を解消するため、国からの増産要請を受けてマスク生産設備の導入する事業者に対して支援をします。 生産性革命推進事業 生産性革命推進事業における、「ものづくり・商業・サービス補助」「持続化補助」「IT導入補助」の3つの補助事業については、「 通常枠」に加え、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者を対象に「 特別枠」を設けました。 今回、緊急事態宣言の解除等を踏まえ、中小企業の事業再開を強力に後押しするため、「事業再開支援パッケージ」として業種別ガイドライン等に基づいて行う取組への支援を拡充しました。 中小企業・小規模事業者向け相談窓口 今般の新型コロナウイルスの流行により、影響を受けるまたは、その恐れがある中小企業・小規模事業者を対象としてを設置し、経営上の相談を受け付けます(2020年1月29日)。 日本政策金融公庫、商工組合中央金庫、信用保証協会、商工会議所、商工会連合会、中小企業団体中央会及びよろず支援拠点、並びに全国商店街振興組合連合会、中小企業基盤整備機構及び各地方経済産業局等 現地進出企業・現地情報及び相談窓口(ジェトロ) ジェトロ現地事務所等で収集した「操業再開に向けた中国の省市別支援策」や、「ビジネス短信」、新型コロナウイルス関連相談窓口連絡先を掲載しています。 貿易保険による新型コロナウイルス対応策(NEXI) 「貿易保険」は日本企業が行う海外取引(輸出・投資・融資)の輸出不能や代金回収不能、海外投資先の休業等のリスクをカバーする保険です。 新型コロナウイルス感染症拡大による損失を保険金の支払い対象としたり、貿易保険にかかる諸手続の期限を猶予しております。 新型コロナウイルスの流行に伴う輸出入手続きの緩和等について 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、輸出入手続に関する措置を下記のとおりまとめました。 下請等中小企業への配慮を求める親事業者への要請について 新型コロナウイルス感染症により影響を受ける下請等中小企業に対し、不当な取引条件の押しつけを行わないなど、配慮を求める要請文について、関係団体(約1,100団体)を通じ、親事業者に要請します。 新型コロナウイルス感染症拡大に関連する下請取引Q&Aについて 新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受ける下請等中小企業との取引に関して、Q&Aを作成しました。 テナント家賃の支払いを支援する制度について テナント家賃の支払いに充てることのできる制度をご紹介します。 個人事業主・フリーランス支援 個人事業主・フリーランスへの配慮を求める発注事業者への要請について 経済産業省は、新型コロナウイルス感染症により影響を受ける個人事業主・フリーランスと取引を行う発注事業者に対して、取引上の適切な配慮を行うよう、厚生労働大臣、公正取引委員会委員長と連名で関係団体を通じ、要請します。 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け) 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子どもの世話を行うため、契約した仕事ができなくなっている子育て世代を支援するための新たな支援金が創設されています。 詳細についてはをご覧ください。 新型コロナウイルス感染症に係る雇用等の配慮に関する要請について 経済産業省は、新型コロナウイルス感染症による甚大な影響を踏まえ、就職・採用活動中の学生や内定者への配慮及び雇用維持等に関する適切な配慮について、関係団体に要請します。 児童生徒の学びの機会提供を行うEdTech事業者の取組支援について 今般の学校の一斉休業を踏まえ、児童生徒の自宅での学びの機会創出を目的に、EdTech事業者による学習ツールの無償提供等の取組が進められています。 「未来の教室」事業ポータルサイトにて、リストを紹介しています。 新型コロナウイルス感染症対策の支援情報公開・検索サービスについて 新型コロナウイルス感染症対策に対応した民間企業による支援情報等が検索可能な「民間支援情報ナビ」と、各府省及び地方公共団体等による事業者向け支援情報等が検索可能な『ミラサポplus「制度ナビ」』を提供しています。 情報通信関連企業によるテレワーク導入に対する支援情報について 職場における感染拡大防止のためテレワーク導入に取り組む企業等に対し、情報通信関連企業によりテレワークツールの提供等の支援が進められています。 一般社団法人日本テレワーク協会のホームページにおいて、支援を行っている企業を紹介しています。 その他 株主総会(オンラインでの開催等)、企業決算・監査等の対応 新型コロナウイルスの感染症に関連し、株主総会の開催(オンラインでの開催等)、企業決算・監査等の対応に関する情報をまとめました。 遠隔健康相談事業の開始について 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の懸念等を含め、国民が抱える健康不安を遠隔で医師に無料で相談できる健康相談窓口を設置します。 無料の窓口設置期間は、3月11日 水曜日 ~3月31日 火曜日 です。 都道府県、市町村など各自治体の支援策について 中小企業基盤整備機構が運営する情報発信サイト「J-Net21」にて、各自治体の支援策を紹介しています。 国有財産の貸付料等に係る債権の履行期限の延長について 新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するために国有財産の貸付料等に係る債権の履行期限を延長する場合の取扱いについてお知らせします。 他省庁関連ページ•

次の

どうする?今年の七五三・お宮参り コロナ対策のおすすめ写真館選び

お 宮参り コロナ

この記事の目次• 最新情報はご自身でもご確認ください。 緊急事態宣言解除後、新規感染者数は比較的少数で推移していましたが、6月下旬より徐々に増加。 7月末には全国で1,500人を超える人数が確認されるなど、状況は再び深刻化しています。 東京都以外でも、大阪府、愛知県、福岡県などで、一部の飲食店の営業時間短縮や、県をまたぐ移動自粛といった独自の自粛要請が出されています。 これまでと同じく、「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」をなるべく避け、風邪やインフルエンザの予防同様、咳エチケットに気をつけ、手洗いを十分に行うことが大切です。 今後の生活習慣として、身体的距離の確保やマスク着用、手洗い習慣を基本に、旅行などを控えたり、できるだけオンラインを利用したりすることなどが勧められています。 結婚式を含む冠婚葬祭の場面でも、多人数での会食を避けること、発熱や風邪の症状がある場合は参加しないこととされましたが、それを知っている人は案外少ないようです。 ハナユメが行なったアンケート結果では以下のような結果になりました。 席の間隔を空け、ビュッフェはなし!これからの結婚式のスタイル 「新しい生活様式」の提言を受けて、結婚式場側でもさまざまな対策が取られています。 日本ブライダル文化振興協会が発表したによると、以下のような点に気をつけながら、結婚式を行うことが推奨されています。 ・披露宴会場はできるだけ広めの会場を手配し、十分な席の間隔を空けること ・提供する料理は個人盛りとし、大皿盛りは避けること ・大声を発する余興などは控えてもらうこと ・集合写真を撮影する際は、直前までマスクを着用し、会話を控えてもらうこと ・スナップ写真を撮影する際は、密集しないポーズとすること 披露宴の席の間隔を空けるということは、それだけ招待できる人が少なくなるということです。 しかし、できるだけ多くのゲストを招待したいと考える人もいるでしょう。 その場合は、2部制のパーティーにする、オンライン結婚式枠を準備するなどの方法もあります。 テーブルについても、ゲスト同士が向かい合わないようスクール形式のレイアウトもよいかもしれません。 披露宴は1テーブルの人数を少なくして、隣同士との間隔をとる ・ビュッフェはなし。 ウイルスの感染拡大防止を最優先に考えつつ、ゲストに安心して楽しんでもらえる結婚式を挙げられるよう、さまざまに検討している人も多いようですね。 続いては、そもそも結婚式を決行すべきなのかや、延期時期について見ていきましょう。 直近で結婚式を控えている人は決行するの? この状況下において、結婚式を決行するか、それとも延期・キャンセルすべきか、悩んでいる人も多いことでしょう。 ハナユメが行なったアンケート調査では、以下のような結果が出ています。 しかしながら、延期・キャンセル予定の人がその数をわずかに上回り、先になる分まだ迷いがある人も多いことがわかります。 また、新型コロナウイルスの影響が長引く中、いったん延期を決めたカップルが、再度の延期を検討しなければならない状況も発生しています。 再延期についてのアンケートも行いました。 では、結婚式を延期する場合には、いつごろが適当なのでしょうか? 結婚式の予定時期は来年5月以降を検討している人が多い! 結婚式を延期する場合は、何月ごろがよいのでしょうか? 延期予定の人に向けてアンケートを行なったところ、以下のような結果になりました。 また、今年結婚式を挙げる人は、何人くらいのゲストを招待する予定なのでしょうか。 少人数に抑えるか、それとも呼びたいゲストはみな招待するか、各自の判断を行なっていることがうかがえます。 延期・キャンセルを検討している人は、以下の記事も併せてお読みください。 キャンセル料や、中止した人の今後の予定などについて紹介しています。 次に、結婚式が決まっている人が、どのように準備を進めているか紹介します。 プランナーとの相談もオンラインに移行、自宅でできる結婚式の準備! 現在、外出について慎重になっている人も多いかもしれません。 でも、結婚式を予定しているなら、確実に準備を進めていきたいですよね。 そこで、自宅で行える結婚式の準備について見ていきましょう。 同アンケートにて、「オンラインを利用して結婚式準備を進めていますか?」という質問を投げかけたところ、以下のような回答が見られました。 自宅で行える準備としては、手作りアイテムの作成もあります。 手作りアイテムについては、以下の記事もぜひ参考にしてみてくださいね! 続いて、最近多くのカップルが抱えているお悩みに、ハナユメのウエディングアドバイザーがお答えします。 ハナユメのウエディングアドバイザーが回答!Q&A集 新型コロナウイルスへの感染が心配されるこの時期ならではのお悩み。 ハナユメにも、多くの相談が寄せられています。 今回はその中から、よく寄せられているお悩みをピックアップし、ハナユメのウエディングアドバイザーの回答をご紹介します。 招待人数に関するQ&A withコロナ時代の結婚式で悩むのが「招待人数」。 招待人数を絞ってしまえば感染拡大防止に繋がりますが、せっかくの結婚式、これまでお世話になったゲストをたくさん招待したい気持ちもありますよね。 そんな招待人数に関する相談に、ハナユメのウエディングアドバイザーが回答します。 ウエディングアドバイザー: 年内希望の方だと、少人数での結婚式を予定されている方が少なくはないですが、2021年春以降の方は平均人数(関東であれば60~70名)で予定されている方が多いようにお見受けします。 各式場様でソーシャルディスタンスや対策を考えた演出やご案内をしてくださるので、呼びたいゲストをご招待する方が多いですよ! 続いて、結婚式準備に関するQ&Aについて紹介します。 結婚式準備に関するQ&A 先行きが見えない中、いつから、どのようにして結婚式準備を始めたらいいのかを悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 結婚式準備のお悩みについて、ハナユメのウエディングアドバイザーが回答します。 ウエディングアドバイザー: 今、結婚式を検討されている新郎新婦様はおふたりと同じく先の見えない不安を抱えていらっしゃいます。 多くの新郎新婦様が結婚式自体を来年以降に検討される方が多い中で、年内でできる式場探しはもちろん、前撮り撮影や指輪探し、ご招待される方の住所集め、装飾イメージ写真集めなどを進められている方もいらっしゃいます。 続いて、式場選びに関するQ&Aをご紹介します。 式場選びに関するQ&A withコロナ時代の結婚式で「どのような式場を選んだらいいのかわからない」という声もハナユメに多く寄せられています。 理想の結婚式を叶えるために重要な式場選び。 どのようなポイントを押さえて式場選びをしたらいいのか、ハナユメのウエディングアドバイザーが回答します。 ウエディングアドバイザー: ソーシャルディスタンスを保つため、大きい披露宴会場を選ぶのがおすすめです。 通常であれば広すぎると感じられるかもしれませんが、コロナ禍においては、卓数を増やし間隔をあけてお席をセッティングするのであまり広すぎると感じられることはないかと思います。 また、大きな窓や、ガーデンと一続きの会場であれば、常時換気できるので安心ですよ! withコロナ時代の結婚式。 気を付けるべきポイントは複数ありますが、ポイントを押さえれば、ふたりの理想を叶えた結婚式を挙げることができます。 ハナユメのウエディングアドバイザーに質問したいことがあるという人は、次章でご紹介するをご利用ください。 \店舗・オンライン・LINE・電話で相談/ 今の時期式場探しするなら、ハナユメへの無料相談がオススメ 現在、結婚式の延期が相次ぎ、人気の式場では来年春の予約が埋まりつつあるという状況もあるようです。 式場探しに難航しそうなときには、結婚式のプロが希望に合う式場を無料で提案してくれるがオススメです。 ハナユメ相談サポートを行っているハナユメデスクの実店舗は、スタッフの健康管理やマスク着用の徹底、店内の消毒など、感染防止策を十分に行いながら全国で営業しています。 でも、やはりまだ不安がある……という人には、オンライン相談がオススメ! 外出の必要はなく、パソコン・スマートフォンを使って自宅からビデオチャットでご相談いただけます。 \自宅で結婚式のプロに相談しよう!/ ハナユメデスクは、結婚式のイメージがなかなか固まらない、効率的に準備を進めたい、費用について知りたいなど、結婚式にまつわるあらゆる相談に応えてくれる場所でもあります。 オンライン相談は、当日予約もOK、最短で30分後から対応可能で、時間ができたときにすぐに相談ができるのもうれしいポイントです。 また、LINEや電話による相談も受付中。 ぜひをご利用ください。 ブライダルフェアもオンラインで参加! オンライン相談で気になる式場が見つかったら、ぜひブライダルフェア・式場見学に参加したいですよね。 現在、ブライダルフェアをオンラインで開催する式場が増えています。 以下のアンケートからもわかるとおり、オンラインでの参加を希望するカップルも多いようです。 そこで、実際にオンライン式場見学を利用した人の声をご紹介しましょう。 インタビューを受けてくれたのは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月に予定していた結婚式をキャンセルし、新しい式場で検討をスタートした新婦さまです。 【見学内容】 ・ヒアリング、式場のオススメポイント、見取り図を見ながらの導線確認、希望に沿った日程提案、見積もり提示 【見学時間】 ・1. 5~ 2. 5時間 【感想】 ・実際の式場見学と大きな差がない案内だったように感じ、ポジティブな印象を受けた。 ・ネット回線は普通の自宅で引いている Wi-Fiだが問題なく通じた(途中たまに止まることもあったが許容範囲)。 ・オンラインでも比較できました!オンライン式場見学を行なった式場の中から候補を絞ったため、自粛期間が明けたら実際に会場を見て最終決定する予定です。 ・電話フェア 2件、オンラインフェア 2件参加しましたが、電話では意思疎通が難しく一方的に案内を受けた印象であまり魅力を感じることができず候補からはずしました。 式場によりますが、案内してもらえる内容は実際の式場見学とほぼ同じ。 対面よりもオンラインの方が見学時間は短い傾向があるようです。 長時間拘束されるのが苦手な人も、オンラインならポイントを絞って説明してもらえ、通常の半分程度の時間でスムーズに見学できるかもしれません。 そのまま希望の日程を押さえるもよし、後日改めて見学に行くもよし!普段は忙しくてブライダルフェアや式場見学に時間を取れない人も、この機会に複数の式場をオンラインで見学、比較してみましょう。 ハナユメでは今だからできる式場の探し方をまとめました。 このコロナ禍を受け、式場側も感染防止策を徹底しています。 最近の感染者数がゼロや比較的少数の地域では、安全を確保しながら実際に動いてみるのもよいのではないでしょうか。 ハナユメでは ・安全で安心な結婚式をどのように行うべきか ・どのような式場で結婚式をするか アドバイザーに相談し、決めていくことができます。 直接来店して相談 or オンラインで相談どちらを選んでも結婚式のプロがお悩みを解決してくれます。 ぜひ不安を相談してみてくださいね。 \店舗・オンライン・LINE・電話で相談/ 結婚式を挙げたい時期が決まっている!結婚式の日程から式場を絞りたいならHIMARIも便利 「人気の秋シーズンに結婚式をしたいが、なかなか空いている式場が見つからない」「結婚式を延期できるのがこの時期しかない」など、結婚式の日程がすでに絞られているなら、を利用した結婚式場探しもオススメです。 HIMARIは、「日程から結婚式場を絞り、仮予約してから式場見学に行ける」というサービス。 具体的には次のような特徴があります。 ・希望日の空き状況から結婚式場を検索できる ・結婚式場へ足を運ぶ前に仮予約ができる ・人数や自己負担額からプランを絞り込める ・自己負担99万円以下のプランのみ掲載 ・ネット上で結婚式の費用がわかり、プランの内容も確認できる 結婚式の見積もりやプランの具体的な内容、オプションなどもネットで確認できるため、結婚式場の見学時間も短時間で済みます。 新型コロナウイルス感染症のリスクを考慮し、結婚式場見学も最小限にとどめたいという人にもよいでしょう。 \あなたの求める結婚式が見つかる!/ アプリをダウンロードしたら最新情報が届く! ハナユメでは毎週新型コロナウイルスの最新情報をお伝えしていきますので、ぜひハナユメアプリをダウンロードして、情報収拾にお役立てください。 自宅で時間のある時にアプリをダウンロードしておけば、最新情報を逃すことがありません。 情報収拾を効率的に行っておくこともこの時期の上手な過ごし方だと言えるでしょう。 詳しくは、から まとめ 新型コロナウイルスの感染拡大が心配されるこの時期に、どのように結婚式を挙げるべきなのか、また延期する場合はいつ頃に延期すればよいのか、いまできる結婚式の準備など、アンケート結果をもとにお伝えしました。 自宅で結婚式に関する情報収集が進められるハナユメのオンラインサービスやアプリも、ぜひご活用ください。 不安な時期を過ごしていることと思いますが、素敵な結婚式を挙げていただけることをハナユメスタッフ一同応援しています! ハナユメ準備ガイド内データの引用について ハナユメが行ったユーザーアンケート及びラルーンアンケートデータについては、出典元(当サイトURL)を明記いただければ、自由にご利用いただけます。 出典元の記載方法に関してはをご確認ください。

次の