足立区兎用ケージ監禁致死事件。 【独占インタビュー】男児うさぎケージ監禁事件・母親の皆川朋美容疑者「かわいそうなことをしてしまった」 | ガジェット通信 GetNews

子殺しが起きているのに、今の少子化政策を見直さないのはダメですよね。

足立区兎用ケージ監禁致死事件

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 子殺しの翌日、「鬼畜夫婦」は家族でディズニーランドへ行っていた ルポ・足立区兎用ケージ監禁致死事件 (現代ビジネス) - Yahoo! ニュースはてなブックマーク - 子殺しの翌日、「鬼畜夫婦」は家族でディズニーランドへ行っていた ルポ・足立区兎用ケージ監禁致死事件 (現代ビジネス) - Yahoo! ニュース プレビュー 子殺しの翌日、「鬼畜夫婦」は家族でディズニーランドへ行っていた ルポ・足立区兎用ケージ監禁致死事件 (現代ビジネス) - Yahoo! ニュースはてなブックマーク - 子殺しの翌日、「鬼畜夫婦」は家族でディズニーランドへ行っていた ルポ・足立区兎用ケージ監禁致死事件 (現代ビジネス) - Yahoo! ニュース 子殺しの翌日、「鬼畜夫婦」は家族でディズニーランドへ行っていた ルポ・足立区兎用ケージ監禁致死事件 (現代ビジネス) - Yahoo! ニュース に暮らす夫婦は、3歳のを用に監禁し、殺害。 夫婦はや長女とともに森へ... 概要を表示 に暮らす夫婦は、3歳のを用に監禁し、殺害。 夫婦はや長女とともに森へ行ってその子の遺体を埋めた。 このようにのあらましを書けば、どうしてこんなのような夫婦がするのかと思うはずだ。 であれば、どちらか一方がのを止めるのではな。 あるいは、母や叔父叔母が介入するのではな、と。 だが、そうしたがしならこそ、なが後を絶たないのだ。 の「の死亡記録・」の発表では、で殺されているの数は、推計で約1日1人ぼるという。 報道においても、毎月のようになが報じられている。 どうしてこのような「夫婦」は生まれるのか。 私は『「」の家~わが子を殺.

次の

[B!] 子殺しの翌日、「鬼畜夫婦」は家族でディズニーランドへ行っていた ルポ・足立区兎用ケージ監禁致死事件 (現代ビジネス)

足立区兎用ケージ監禁致死事件

ウサギ用のおりの中で空腹と不安に耐えた3歳の次男に、両親はなおも手をかけた。 東京都足立区の次男が2年前から行方不明になっていた事件。 警視庁捜査1課は、両親の虚偽の説明を見抜き、東京・荒川の捜索でおりなどの物証を発見。 遺体は見つかっていないが、監禁致死と死体遺棄での立件にこぎつけた。 当時、男児を含めて6人の子宝に恵まれた家族の歯車は、どこで狂ったのか。 変遷し続けた供述 平成26年7月。 捜査1課は、東京都足立区の荒川を捜索していた。 2カ月前に皆川玲空斗(りくと)君=当時(3)=の失踪が発覚。 玲空斗君の児童手当などを不正に受給したとして詐欺容疑で逮捕された母親の朋美被告(28)=監禁致死罪などで起訴=が、「遺体を段ボール箱に入れ、夫と荒川の河川敷に向かった」などと供述したからだ。 朋美被告と、同容疑で逮捕された父親の忍被告(31)=同=は当初、「遺体は山梨県の河口湖周辺に捨てた」と説明していた。 捜査1課は、数回にわたって朋美被告らを河口湖周辺に連れ出し、説明通りの場所を掘り返したが、手がかりは得られなかった。 捜査関係者によると、朋美被告らが示す位置は毎回、ズレがあった。 「記憶がはっきりしない」などと話していたが、別の捜査関係者は「わが子の亡きがらを捨てた場所。 慌てていたのかもしれないが、簡単に忘れるわけがないと思った」と打ち明ける。

次の

東京都足立区ウサギケージ監禁男児虐待死事件: ASKAの事件簿

足立区兎用ケージ監禁致死事件

ウサギ用のおりの中で空腹と不安に耐えた3歳の次男に、両親はなおも手をかけた。 東京都足立区の次男が2年前から行方不明になっていた事件。 警視庁捜査1課は、両親の虚偽の説明を見抜き、東京・荒川の捜索でおりなどの物証を発見。 遺体は見つかっていないが、監禁致死と死体遺棄での立件にこぎつけた。 当時、男児を含めて6人の子宝に恵まれた家族の歯車は、どこで狂ったのか。 変遷し続けた供述 平成26年7月。 捜査1課は、東京都足立区の荒川を捜索していた。 2カ月前に皆川玲空斗(りくと)君=当時(3)=の失踪が発覚。 玲空斗君の児童手当などを不正に受給したとして詐欺容疑で逮捕された母親の朋美被告(28)=監禁致死罪などで起訴=が、「遺体を段ボール箱に入れ、夫と荒川の河川敷に向かった」などと供述したからだ。 朋美被告と、同容疑で逮捕された父親の忍被告(31)=同=は当初、「遺体は山梨県の河口湖周辺に捨てた」と説明していた。 捜査1課は、数回にわたって朋美被告らを河口湖周辺に連れ出し、説明通りの場所を掘り返したが、手がかりは得られなかった。 捜査関係者によると、朋美被告らが示す位置は毎回、ズレがあった。 「記憶がはっきりしない」などと話していたが、別の捜査関係者は「わが子の亡きがらを捨てた場所。 慌てていたのかもしれないが、簡単に忘れるわけがないと思った」と打ち明ける。

次の