男性 プロテイン おすすめ。 男性に効果的な置き換えダイエット食品おすすめランキング

初心者向け!おすすめプロテイン3選!女性も男性もまず読んでください。

男性 プロテイン おすすめ

もくじ• ソイプロテインおすすめ20選 プロテインの中でも大豆を使ったソイプロテイン。 消化速度が遅いので満腹感が続くことから、筋トレの時だけでなく、ダイエットの時にも飲むと効果的です。 ソイプロテインのイソフラボンは、お肌や髪の健康、血流改善の効果もあります。 海外製、女性向け、コスパ、飲みやすさ、味など、ソイプロテインを選ぶ時、色々あるので、悩んでしまいますね 今回の記事のポイントは以下の2点です。 アマゾンや楽天で人気のあるおすすめのソイプロテインをご紹介。 商品概要や口コミ、参考価格も合わせてご掲載。 トレーニングの後は、タンパク質をしっかり補給しなければいけません。 また、味がついているものがいいのか、無味のものがいいのか好みもわかれます。 ソイプロテインは溶けにくくて飲みにくいのがデメリットでしたが、最近はメーカーが改良して、飲みやすいモノが増えています。 味も、様々なフレーバーがでていますので、全部試したくなりますね。 それでは人気のあるおすすめのソイプロテインを紹介しましょう。 1.ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味 50食分 1,050g 明治から販売しているサバスウェイトダウンは、Amazonのソイプロテインランキングで、堂々1位のソイプロテインです。 大豆プロテインとガルシニア配合。 ガルシニアは体に余分なエネルギーをため込ませない働きをしますので、筋肉をキープしたまま減量したい方におすすめ。 1食分のカロリーは79kcal、タンパク質は16. 運動後に飲むのが効率的に筋肉を増やすのに効果的です。 口コミ 「他のソイプロテインに比べて溶けやすいし、水でも牛乳でも美味しいです。 」 「価格がお手頃で、かなりお腹が満足します。 毎朝飲んでいますが、昼過ぎまでお腹いっぱいです。 」 参考価格 3,974円(アマゾン) 2.ザバス シェイプ&ビューティ ミルクティ風味 15食分 210g ピンクのパッケージが可愛いザバスのシェイプ&ビューティ。 パッケージと名前からも、女性のために作られたソイプロテインというのがわかります。 大豆プロテインは、イソフラボン効果で肌のハリを保つ効果もありますが、さらに 「フィッシュコラーゲン1500mg」も配合。 ダイエットにも美容にも嬉しいプロテインです。 カロリーは51kcal、タンパク質量は7. 鉄、カルシウム、マグネシウム、11種類のビタミンと、女性が不足しがちな栄養も補給でき、美しく引き締めたい方におすすめです。 「牛乳で溶かすと、本当のミルクティのみたいで美味しく飲めます。 ダイエットに活用しています。 」 「初めてプロテインを飲みましたが、こんなに美味しくていいの?という感じです。 」 参考価格 973円 3.ザバス ソイプロテイン100 ココア味 50色 1,050g 3位まで全部ザバスで、人気があるメーカーというのがわかります。 こちらの商品名の100は、「ソイプロテイン100%使用」の意味です。 タンパク質を補給するのに最適で、トレーニング直後に飲むと効果的。 体を作るためのビタミンB群は7種類、体調維持のためのビタミンCもプラスで配合されています。 カロリー40kcal、タンパク質7. 5g しっかり体を引き締めたい方におすすめ。 「価格が安くて、ココア味も美味しいので、こちらに落ち着きました。 」 「のみやすくて、粉っぽさがないので、愛用しています。 運動後には欠かせません。 」 参考価格 4,128円 4.Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1kg 植物由来の大豆タンパク質、それにプラスして9種類の必須アミノ酸が全部入っています。 また、脂肪の吸収を抑えダイエットにも効果的な食物繊維も配合。 カロリー77. 5kcal、タンパク質14. 5gと、プロテインの中でもタンパク質量は多く、トレーニング後のタンパク質補補給に最適。 水でもスッキリ飲みやすいココア味は、美味しいと評判です。 「ホエイプロテインを飲んでいましたが、価格が安いのでソイプロテインを試しています。 コスパがいいと思いますね」 「きな粉みたいな味で、飲みやすいです。 タンパク質もしっかり摂れるので、最高です。 」 参考価格 3,009円 5.Now Foods Soy Protein Isolate こちらは海外のソイプロテイン、Now Foodsが販売しています。 非遺伝子組み換え大豆使用、1食分のタンパク質含有量は20gと、日本のメーカーより圧倒的に多いのが特徴的です。 こちらは、甘みがないシンプルなフレーバー。 自分で味を調整できるので、甘みがない方がいいという愛用者も多いです。 チョコレート味もありこちらは甘くて飲みやすいと評判です。 「ノンフレーバーなので、自分でココアや豆乳をいれて調整して飲んでいます。 」 「海外製はタンパク質量が多く安いので、断然コスパがいいです。 チョコレート味で美味しいです。 1食分の値段は、粉のソイプロテインより高くなりますが、簡単さを考えるとやはり魅力的。 忙しい朝や、仕事の合間などにおすすめ。 カロリーは189kcal、タンパク質は10. タンパク質の働きに必要なビタミンB群は7種類配合。 食感もサクサクなウエハースタイプです。 「プロテインは作る手間が大変なので、バーを買ってしまいます。 朝食に毎日食べています。 」 「重さがなく、軽く食べてタンパク質も補給できるのでお手軽です。 糖質制限にも最適」 参考価格 1,354円 7.ボディウイング 大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすいソイプロテイン 独特の大豆の匂いを抑え、水に溶けやすくした、とにかく飲みやすいを徹底したソイプロテインです。 毎日続けることを考えた時、飲みやすさはやはり選ぶ時のひとつの条件になりますよね。 もちろんそれだけではなく、アミノ酸スコア100、BCAA、カルシウム、食物繊維も豊富に配合。 使用している大豆は国内精製の高品質な大豆プロテイン。 1回分のカロリーは72kcal、タンパク質は16. 92gとタンパク質の量も、申し分ないです。 「成分も満足で、無添加なので安心。 価格も安くてコスパがいいです」 「シェイカーで作る時、ほとんど泡がでないので飲みやすいし、甘くないのも好みです。 」 参考価格 2,100円 8.540プロジェクト ソイプロテイン改 1キログラム 大豆プロテインが苦手の方にも飲んでもらえるように、大豆臭を抑え溶けやすくすることで、飲みやすくしました。 糖類が含まれていないので、低カロリー。 糖質制限中の方、ダイエット中の方、甘い味が苦手な方におすすめ。 また、ココアなどを混ぜることで、自分の好みの甘さに調整することができます。 1食分のカロリーは72kcal、タンパク質は16. 92g。 「余計な味付けがないので、自分の好きな味に調整できるのがいいです。 匂いもなく飲みやすいです。 」 「ソイプロテインの大豆臭が苦手なので、無味無臭のこれは飲みやすい、価格も安いのでリピートしています。 」 参考価格 1,698円 9.Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ 1. 2kg kentai 健康体力研究所 は、日本で初めてスポーツ用プロテインを販売した、老舗のメーカー。 プロテイン販売では、実績と安心の人気大手メーカーです。 パワープロテインプロフェッショナルは、大豆たんぱく100%に9種類の必須アミノ酸をプラス。 1食あたりのカロリー75kcal、タンパク質16. 62gとタンパク質も多め、効率良く摂取することができます。 「甘くないきな粉のような味です。 タンパク質量も多く、飲みはじめてからはお通じも良くなりました。 」 「豆乳が好きな人なら、飲みやすいと思います。 私は甘く味付けされたプロテインより美味しいし、好きです。 」 参考価格 4,096円 10.森永製菓 ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 240g 森永製菓が販売している大豆プロテイン。 「おいしい大豆プロテイン」の名前からわかるように、毎日おいしく飲めるように作りました。 植物由来の大豆100%使用、カルシウム、ビタミンD配合。 1食あたりのカロリーは72kcal、タンパク質は10. 味は牛乳でわると、本当のコーヒー牛乳のような味になり、ソイプロテインが苦手な方にも美味しく飲め、カルシウム入りなので子供にもお勧めです。 「牛乳と割って飲んでいます。 コーヒー牛乳の味になって、プロテイン感がなくて美味しい!飲みやすさはナンバーワンです。 」 「子供も美味しいと言って飲んでいますし、カロリーが低いのでダイエットの時にも丁度いいです。 大人気のAYAさんが女性のためにつくったソイプロテインです。 植物性タンパク質をしっかり配合、燃焼のサポート成分L-カルニチン、ビタミン、アミノ酸のサポート成分も配合されています。 また5種類のスーパーフードも配合することで、女性の美も意識しました。 味も美味しいべリーミックス味で、女性に人気のあるソイプロテインです。 「はじめてのプロテインですが、美味しくてお腹の持ちも良く気にいっています。 早くAYAさんみたいに引き締まった体になりたい!」 「ベリー味はプロテインで初めてで、美味しくて飲みやすかったです。 トレーニングの後に飲むようにしています。 粉を水に混ぜてシェイクするという手間がなく、手軽に摂れるのでとても人気。 植物由来のタンパク質100%、ビタミン11種類、ミネラル配合しています。 人工甘味料、香料、着色料不使用なので安心。 持ち歩きも簡単で、どこでも手軽にタンパク質をとることができます。 20粒中のエネルギーは40. 7kcal、タンパク質は7. 「錠剤は小さくはないですが、特に問題なく飲めます。 味もあまりないので粉のプロテインが苦手な人にはおすすめです。 」 「タブレットタイプのプロテイン初めて知りました。 手間なくどこでも飲めるので良いですね。 」 参考価格 4,968円 13.NICHIGA ニチガ 大豆プロテイン(国内製造) 1kg ソイプロテイン 国内製造、無添加純粋大豆の大豆プロテインです。 アミノ酸スコア100、高タンパク、低脂肪でダイエットに最適。 新規製法採用で、大豆臭がなく飲みやすくなり、さらに今までは相性が悪かった柑橘系の風味と相性が良くなりました。 低粘度で粉っぽさもないので、飲みやすいプロテインです。 1食分のカロリー72. 6kcal、タンパク質17. 06 味がないので、色々アレンジして飲む事ができます。 「溶けやすくてダマにならないのがいいです。 味がないのでスムージーや、料理に入れています。 」 「価格が安いのに量が多いのでコスパがいいです。 無味無臭で無添加なのも安心。 1回のタンパク質量が24gととても多く、激しいトレーニングの後のタンパク質補給、食事の置き換えなどにおすすめです。 ハードなトレーニング失われたL-グルタミンの補給もでき、その他にも水溶性食物繊維、ビタミン、葉酸、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、カルシウムなど、様々な栄養が含まれています。 ダイエットだけではなく、腸内環境の改善、肌や髪をキレイに保つのにも効果的。 「味はココア味で、牛乳で割るととても美味しいです。 飲みやすくて毎日飲んでいます。 」 「タンパク質の量が多いので、トレーニングの後に飲みます。 味も美味しいです。 」 参考価格 4,050円 15.Kentai パワープロテイン デリシャスタイプ バナナ 1kg プロテインメーカーの老舗Kentaiのパワープロテインデリシャスタイプ。 味のないプロテインが苦手な方に、美味しいバナナ風味です。 体内で合成されない9種の必須アミノ酸を全て含有。 ビタミン、ミネラル配合で、さらなるコンディション作りをサポートします。 1食あたり75. 2kcal、タンパク質16. 12g 「ソイプロテインは筋肉つけるよりダイエット向けという印象が強かったですが、しっかり鍛えた後に飲むと、効果的でした。 」 「美味しいバナナ味で、味がないプロテインが飲めない私でも飲めました。 」 参考価格 円 16.ボディウイング 大豆プロテイン スナックタイプ 800g 食べやすいソイプロテインのスナックタイプです。 スナックといっても、クッキーのような形状のものではなく、言うならばクッキーを砕いたような形状。 パフ上の軽い粒で、サクサクした食感でシリアルのように食べるとちょうどいい感じです。 味は煎り大豆のような素朴な味で、食べやすいです。 プロテインが苦手な方におすすめ、健康的なおやつにもぴったりです。 1食分の目安は添付のスプーンすり切り1~4杯。 スプーン2杯のカロリーは44kcal、タンパク質量は8. 「ダイエット中のおやつ代わりに食べています。 味も素朴で美味しいし、食べ応えがあるので良いですね。 」 「水なしで食べられるプロテイン。 手軽に食べられるので朝に牛乳に混ぜて食べています。 飲むプロテインより美味しい。 」 参考価格 2,190円 17.アムウェイ ニュートリライト プロテイン オールプラント 450g 2点セット ニュートリライトは大豆、小麦、エンドウ豆の3種類を独自に処方。 植物の力を生かした100%植物性タンパク質のプロテインです。 髪や肌、爪を美しく保つ効果もあるので、ダイエット中で肌の調子が悪くなっている方にお勧めです。 アミノ酸スコア100。 2個セットで価格もお得です。 「タンパク質の補給のために飲んでいますが、1カ月飲んだ結果、肌がキレイになったと言われるようになりました。 」 「朝食の時に、ヨーグルトと混ぜて飲んでいますが、肌や髪にも良いようで欠かせなくなっています。 カルシウムの吸収を助けるビタミンD、食物繊維もタップし配合しています。 「子供に毎日飲ませていますが、牛乳よりも美味しいと言って喜んでいます。 」 「飲みはじめて、ぐっと背が伸びた気がします。 」 参考価格 2,211円 19.ソライナ・プロテイン ベリー・フレーバー ソライナのプロテインは、大豆とエンドウ豆のタンパク質です。 そしてタンパク質だけではなく、その他の成分にも注目。 アルギニンが豊富で、マカ、カカオエキス、玄米麹を配合。 満足感があるのは、食物繊維は100g中6. 1g配合されているから。 人工甘味料を使っていないので安心です。 味は黒糖の自然な甘みとダークチョコレートの甘すぎない美味しさ。 トレーニングの時のタンパク質補給だけではなく、腸内環境の改善、免疫力のアップ、アレルギー抑制効果などが期待されます。 「素朴な甘さがとても美味しいです。 」 「美容とダイエット効果を期待して飲んでいます。 お腹がすいた時に飲むと満足しますね。 」 参考価格 2,980円 20.ピィアイシィ・バイオ バイオアスリート P3 大豆ペプチド・プロテイン タブレット 水なしでどこでも飲む事ができるタブレットタイプのソイプロテインです。 主原料は大豆の植物性のタンパク質。 大豆タンパクを低分子化した大豆ペプチドを配合して、早く効率的に体に吸収されます。 引き締まった体をトレーニングで手に入れたい人のサポートをします。 1回の目安は10粒程度。 300粒入りです。 カロリーは1粒3kcal 「タブレットが飲みやすくて続け安いです。 粒は多少大きめですが、慣れると大丈夫。 」 「プロテインが嫌いな私でも、タブレットなら飲めるし続けられます。 」 参考価格 2,300円 まとめ 各メーカー、色々なソイプロテインがありました。 味も飲みやすいように工夫されているものが多かったですね。 海外のものは、タンパク質量が多く、値段が安いのでコスパの良さから人気があります。 女性向けのものは、女性に嬉しい美容にも関連する成分が配合されています。 あなたに合ったプロテインはどれなのか、参考にしていただければ嬉しいです。 以上、人気のあるおすすめのブックカバー20選のご紹介でした。

次の

プロテインおすすめランキング。筋トレで筋肉付けるならどれがいい?

男性 プロテイン おすすめ

おすすめのプロテインランキングが知りたい 筋トレやダイエットのお供に欠かすことのできないプロテイン。 プロテインとは日本語で「たんぱく質」という意味です。 普段の食事では必要なたんぱく質を摂るのは難しいですが、プロテインがそれを解決してくれます。 なぜ筋トレにプロテインが必要なの? 筋肉を付けるには筋トレをするだけでは不十分であり、それ以外の要素として栄養と休養をとることも大事になります。 筋肉は筋トレによりその繊維が破壊されますが、ここにプロテインをはじめとする栄養を与えることで修復・回復され、その過程で強く太い筋肉になります。 また、プロテインは筋肉だけでなく髪、爪、皮膚も構成していることから、筋トレをしない人にも大切な栄養素であるといえます。 例えば、たんぱく質含有量が豊富なサラダチキンでも1個につき20g程度のたんぱく質しか摂れません。 プロテインの選び方のポイント プロテインメーカーからはさまざまな種類のプロテインが販売されています。 溶けやすさや味で選んでしまうのもひとつのポイントですが、以下の3つのポイントも参考にして選びましょう。 一見プロテイン自体の容量が大きくても、含まれているたんぱく質の量が少ないものもあります。 また、1回あたりの値段もプロテインを選ぶ基準になります。 何食分入っているかはパッケージに記載があるので、値段をその食数で割ると1杯当たりの値段が出ます。 ホエイプロテイン…牛乳が原料で吸収が早い• カゼインプロテイン…牛乳が原料で吸収が緩やか• ソイプロテイン…大豆が原料で吸収が緩やか ホエイプロテインは最も一般的なプロテインで、吸収の早さと価格の安さが特徴です。 運動後や起床後の栄養を素早く補給したいタイミングで摂取するのがベストです。 運動をする人に特におすすめです。 一方、カゼインプロテイン、ソイプロテインは吸収が緩やかで腹持ちが良いという特徴を持ちますので、間食のタイミングや就寝前の摂取がおすすめです。 また、置き換えダイエットなどにもいいです。 寝ている間にゆっくり栄養を送りこむことができるので、エネルギーが枯渇することがなく効率的にたんぱく質を補給できるようになります。 特にこだわりが無ければ、ホエイプロテインがおすすめです。 例えば、価格の高いプロテインには、クレアチンやグルタミンなどのアミノ酸や、今話題の成分であるHMBが配合されているものもあります。 ウェイトゲイナーという体重増加を目的としたプロテインには糖質が大量に含まれています。 一見価格が安くお得に見えるプロテインも、筋肉の合成に有効なビタミンBが配合されていないものが多いので、別のサプリなどでビタミンを摂取する必要があります。 おすすめプロテインランキングTOP10 それではおすすめプロテインランキングをご紹介します。 こちらの順位はたんぱく質の含有率順でランキングにしました。 なお、すべての表示価格は執筆現在のものです。 このランキングはあくまでもたんぱく質の含有量ランキングなので、その他の成分についてはランキングに反映されていません。 このランキングと上記の選び方のポイントを参考にしながら自分にあったプロテインを見つけてみてください。 フレーバーは4種類あり、「焦がしカラメルミルク風味」や「チョコストロベリー風味」を始め、和風テイストの「黒糖きな粉風味」や「抹茶小豆風味」など、他のメーカーとは違ったフレーバーも用意されています。 成分としてはたんぱく質の他に各種ビタミンや、筋肉に効率的かつ素早く吸収されるホエイペプチドも配合。 しかもCFM(R)という製法により、乳製品でお腹を壊す原因となる乳糖を可能な限り排除してあり、お腹に不安のある人も安心です。 また、このミックスベリー味が美味しく、非常に人気の味です。 一方で価格に関してはかなり高いため、1日数回を毎日飲むとなると、相当なコストがかかってしまいます。 ほぼ常にセールをしているため、ここに記載の1杯当たりよりもさらに安く飲めることがあります。 フレーバー数も50種類以上と多く、バリエーションを持たせることができます。 ただ、味によっては溶けにくいもがあったりするのは若干のデメリットであり、またビタミン類は配合されていないので、純粋なたんぱく質が欲しいという方には向きますが、ビタミン類が欲しいという方は別途用意して飲まないといけません。 公式サイトでは、ほぼ毎日セールをやっている状態なので公式サイトからの購入がおすすめです。 このプロテインはWPIに分類されます。 この違いは、牛乳でお腹を壊す原因となる乳糖をWPIではほとんど排除しており、また余計な脂質や糖質もWPCよりも少なく、効率的にたんぱく質を摂取したい方におすすめです。 デメリットとしては価格が通常のプロテインよりも高いというところでしょう。 減量期限定で使うというのもアリです。 ビタミンによりたんぱく質の吸収効率が高まり、また食物繊維がお腹の状態を整えてくれます。 味に関しても飲みやすくなっており、価格も安いので続けやすいです。 デメリットとしては、ソイプロテイン全般に言えることですが、大豆には制限アミノ酸というものも配合されていることから、ホエイプロテインと比べて吸収効率が悪い点です。 タイミングごとにホエイプロテインと使い分けるといいでしょう。 グルタミンが配合されているプロテインは中々珍しく、筋肉の炎症や疲労を軽減してくれる効果が期待できるほか、免疫機能の改善にも効果を発揮しますので、風邪予防にも役立ちます。 海外メーカー製品ということで、日本国内で販売しているところは限られており、基本的にはネットでの購入になりますので、商品を手にするまでのタイムラグがある点は若干のデメリットでしょうか。 その他にも、保存料や増粘剤を使用しておらず、またアンチドーピングの認証も受けていますので、アスリートにも安心のプロテインです。 デメリットというほどのものでもないですが、味に関しては少し薄い印象を受けますので濃い味がお好きな方は少し物足りなく感じるかもしれません。 たんぱく質の含有量も多いところから、筋肉を大きくしたい人に向いています。 この商品は国際的なアンチドーピングの認証を受けており、安心して摂取することが可能です。 デメリットとしては、価格がそこまで安くない一方でビタミン類が配合されていなという点です。 別途ビタミンを摂取することで吸収を高めることができます。 味も非常に良いです。 たんぱく質以外にもビタミンも配合されており、その他モンドセレクションや日本アンチドーピング機構(JADA)の認証も受けているので、オリンピックを目指すアスリートでも安心して飲むことができます。 デメリットに関してはこの激うまチョコ風味は特に粉末の粒子が細かく、袋を開けた時に粉が舞うことがあること、シェイクを作った際の泡立ちが若干激しい点があります。 こちらもJADAの認証を受けておりますので、一般の方だけでなくアスリートにもおすすめです(実際に多くのトップアスリートが使用しています)。 飲みやすさに関しても水に簡単に溶かすことができ、味も悪くありません。 デメリットとしては、たんぱく質含有量がそこまで高くないこと、フレーバーのバリエーションが少ないということでしょうか。 WPIに分類されますので、お腹を壊す心配がある人にも飲みやすいプロテインになっています。 デメリットとしては、WPIのわりにたんぱく質含有率が少ない点です。 糖質の量がかなり多いので、増量をしたい人には向いていると思います。 また、味がかなり甘いので、甘い味が自我てな人は多めの水で飲むようにしましょう。 プロテインの正しい飲み方は? プロテインの飲み方については、基本的には水や牛乳で溶かします。 特に運動後はすぐに栄養を吸収したいので、より早く吸収される水で溶かして飲むようにし、一方で吸収を緩やかにしたいタイミングである就寝前においては牛乳で作ることをおすすめします。 1日どれくらい飲めばいいの? 筋肉を大きくしたい人の場合、1日のたんぱく質の推奨摂取量は体重1kgあたり2gとされます。 つまり体重60Kgの人は1日120gのたんぱく質が必要ということです。 食事からの摂取が基本になりますが、それだけでは摂取しきれないたんぱく質をプロテインで補いようにしましょう。 タイミング 摂取タイミングとしておすすめなのは、まずはトレーニング直後です。 このタイミングはゴールデンタイムとも呼ばれ、体のエネルギーが枯渇している状態なので、栄養を吸収しやすいタイミングになっていますので、確実に摂取しましょう。 そのほか、就寝前に摂取することで寝ている間にたんぱく質を送り込むことができます。 小腹が空いた時に飲んだり置き換えダイエットとして食事の代わりに使うこともできます。 プロテインの注意点は? プロテインを飲む際に注意点はあるのでしょうか。 ここでは、副作用の有無やプロテインの疑問などを解説します。 プロテインに副作用はある? プロテインはサプリメントですので、基本的には副作用はありません。 しかし、過剰な摂取をすることにより肝臓をはじめとする内臓に負担がかかってしまうことがあります。 また、たんぱく質は悪玉菌のエサになるため、腸内環境が乱れておならのにおいが臭くなるという可能性もありますので、注意は必要です。 食物繊維や乳酸菌を別途摂取するようにしましょう。 プロテインを飲むと太る? プロテインで太るということはまずありません。 基本的にプロテイン1杯当たりのカロリーは100kcalですので、1日に20杯くらい飲まない限り太ることはありません。 ですが、過剰に摂取することは体調不良の原因になりますし、栄養バランスも崩れてしまうので注意が必要です。 あくまでもサプリメントであるということは忘れないでください。 食事からもたんぱく質を摂ることが大切 繰り返しになりますが、プロテインはサプリメントですので、栄養摂取のメインは食事からです。 たんぱく質を多く含む食材としては肉、魚、大豆製品、卵が挙げられます。 肉には豊富なアミノ酸も含まれてており、鉄分も豊富ですし、魚には良質な脂が含まれています。 こうした食材をからメインのたんぱく質を摂取し、足りない部分をプロテインで補いましょう。 まとめ 以上、筋肉に効果的なサプリメントであるプロテインについて解説してきました。 まだまだ紹介しきれていないプロテインもありますので、ご自身で調べてみるのもいいでしょう。 いつでもどこでも飲むことができるプロテインを有効に活用することで効率的にたんぱく質を摂取できます。 今回の記事を参考にして、プロテイン生活を始めてみましょう! <おすすめ関連記事>.

次の

おすすめプロテイン11種類を徹底比較。おいしくて安心、飲みやすいのはどれ?

男性 プロテイン おすすめ

「プロテイン」といえば、みなさんはどんなイメージを持っていますか? プロテインといえば、真っ先に思い浮かぶのは、マッチョな男性ですよね。 確かに、ボディービルダーや強度の運動をするアスリートの方には、筋肉をサポートするためにプロテインは欠かせない補助食品です。 しかし、プロテインが適しているのは、ムキムキな男性ばかりではありません。 実は女性やダイエットにも最適な栄養素なんです。 それぞれの性質を正しく理解し、目的に合わせて摂取することで、健康的で理想のボディを手に入れることができます。 この記事では、女性やダイエットにおすすめのプロテインをご紹介します! そもそもプロテインとは何でしょうか。 プロテイン(protein)を和訳すると、 タンパク質という意味になります。 タンパク質は、運動で脂肪と共に失われていく筋肉を維持したり、運動後の疲労回復に役立ったり、体を作るもととなる大事な栄養素です。 また、筋肉だけでなく、髪、内臓、ホルモンなど、身体の約2割はタンパク質でできています。 市販されているいわゆるプロテイン商品は、タンパク質原料の加工食品や栄養補助食品になります。 一言でプロテインといっても、原料の違いからさまざまな種類があります。 吸収の早いホエイプロテインは、運動によって激しく失われた筋肉を補い、筋肉を肥大させて筋力の向上効果もあります。 運動後30分以内に摂取すると効果的です。 動物性のため、取りすぎるとカロリー過多になり、体脂肪に変わりやすい面も。 寝る前に摂取するときは、牛乳に溶かして飲むと、吸収の時間がさらに伸びるので効果的です。 また、牛乳や卵にアレルギーのある方でも摂取可能です。 他のプロテインに比べると、粉っぽさが目立つためやや飲みにくいですが、牛乳に混ぜるなど工夫をすれば問題ありません。 どちらの成分が主流になるかでプロテインの種類が異なります。 ホエイとカゼインでは、長所も短所も異なるので目的に合わせてメインとなるプロテインを選択しましょう。 ズバリ、女性やダイエットに向いているプロテインは ソイプロテイン です。 ホエイプロテインやカゼインプロテインは、筋力上昇や筋肥大をサポートするタンパク質としては大変優れていますが、摂取の方法によっては、体脂肪をあげてしまう可能性があります。 イソフラボンは女性の強い味方! ソイプロテインの元になっている、 大豆の成分・イソフラボン。 大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」に構造がとてもよく似ています。 エストロゲンは以下のような働きをする、女性に必要なホルモンです。 まさに、大豆由来のソイプロテインは女性のためのプロテインといえます。 また、イソフラボンの様々な効能から、近年では健康食品としても注目を集めています。 もちろん、女性だけでなく男性にも効果的です。 大豆プロテインは、前立腺肥大や前立腺がんを防いだり、男性ホルモンの過剰分泌を抑えて薄毛を防ぐ効果もあるとされています。 !注意! 妊婦の方や乳幼児は、ホルモンバランスのコントロールが難しく、イソフラボンの過剰摂取には注意が必要とされています。 ダイエットに適したプロテインを選ぶこと! 数あるプロテインの中でも、ソイプロテインがダイエット向きであることはわかってきましたね。 それでも、たくさんの商品に「ウェイトダウン」や「ダイエット向け」…など、さまざまなうたい文句が書かれていて、どれを選んで良いのか迷ってしまいます。 もちろん、商品の表示も参考にはなりますが、大事なのは成分です。 プロテインを選ぶときにチェックするポイントは、以下の2つです。 その1:タンパク質の種類と含有量 ダイエットの基本はソイプロテイン。 脂肪になりにくい大豆由来のプロテインを選びましょう。 また、タンパク質含有量が高いほど、効果的です。 タンパク質含有量80パーセント以上のものを選びましょう。 その2:脂質の含有量 プロテインは脂質をほとんど含まないので、あまり神経質になる必要はありませんが、できるだけ脂質の低いものを選びましょう。 1回の摂取で脂質が1. 5g以下のものが好ましいです。 プロテインを飲むタイミング 運動をすることで筋肉は破壊されてしまいます。 運動後にプロテインを摂取することで、破壊された筋肉の修復を素早く行います。 運動後30分以内に摂取することが大事です。 また、寝ている間にも筋肉は失われていきます。 睡眠中の筋肉の損傷を防ぐために、寝る前にも摂取しましょう。 寝る前に飲むときは、吸収を抑えて効果を持続させるために、牛乳に溶かして飲みましょう。 プロテインを使ってダイエットを効果的に行うためには、以下のタイミングに摂取するように心がけましょう。 ストレスをためないように、プロテインを楽しむことが長続きするポイントです! 運動無くしてプロテインダイエットならず! プロテインダイエットの一番の特徴は、身体を引き締めてやせることです。 つまり、 「筋肉をつけて代謝を上げて消費カロリーを増やす」ダイエットなのです。 プロテインは、あくまで、タンパク質の吸収を助ける補助食品です。 運動せずにプロテインだけを摂取しても、筋肉はつきません。 過剰なタンパク質の摂取は、かえって体脂肪に変わってしまいます。 強度の運動は必ずしも必要ではありませんが、適度な運動を継続して行うことが必要です。 運動でつけた筋肉を最大限に生かすために、プロテインが役立ちます。 筋肉をつけながら身体のラインを整えたい方におすすめです。 ホエイプロテイン100パーセントを使い、その他にも、女性に不足しがちな鉄分やビタミンCを含有しています。 脂肪の摂取を抑えるために、牛乳に混ぜて飲むときは、無脂肪乳か低脂肪乳を選びましょう。 理想の体型や健康を手にいれるのは、一朝一夕でできることではありません。 暴飲暴食をしない生活習慣の見直しと適度な運動の継続が必要です。 でも、苦労した分しっかりと結果は出ます。 せっかくの運動や努力を無駄にしないために。 プロテインを効果的につかって、健康的で理想のボディを手に入れましょう! image by.

次の