餃子の皮 アレンジ。 【みんなが作ってる】 余った餃子の皮 アレンジのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

余った餃子の皮は冷凍保存がおすすめ!解凍方法と余った皮のアレンジレシピも

餃子の皮 アレンジ

まず1つ目は、不器用な人でも簡単に作れる棒餃子の皮の包み方です。 春巻きのような形の巻き方はひだを作る手間いらずですので、子供でも簡単に作ることができます。 親子で一緒に挑戦してみるといいですね。 たったの2ステップで出来るので急いでいるときにもぴったりな包み方です。 棒餃子を包むときは、通常の丸型の餃子の皮を使用してももちろんよいのですが、棒餃子専用の四角い皮も売られています。 そちらを使うとより簡単に包むことができるので、お店で見かけたら試してみてください。 棒餃子の包み方• 餃子の皮の中央に具を棒状にしてのせる• バラのような形がフォトジェニックでSNS映えも抜群です。 一見難しそうに見えますが、実は簡単でくるくる巻くだけで出来ちゃうんですよ。 SNS映えするので女子会やホームパーティのおもてなしにもぴったりですね。 料理上手をアピールできそうです。 ばら餃子は一個につき餃子を皮を三枚使用するので、ボリュームも満点です。 見た目はかわいいのですが、沢山食べる男性でも満足できること間違いなしです。 また、このバラ餃子の巻き方のテクニックはアップルパイ等の生地を使ったほかの料理やスイーツでも活用できると思います。 この巻き方をマスターして餃子だけでなく、ほかのお料理もバラの形にしてみましょう。 バラ餃子の包み方• 皮の重なっている部分は水で接着します。 三枚並べた皮の中心に棒状になるよう横一列に具を並べます。 餃子の皮を半分に折りたたみます。 端からくるくると巻いていきます。 巻き終わりを水で接着し、花びらの形を整えて完成です。 やり方は、基本の餃子の包み方とほぼ同じですが、ひだが三つと数が少ないので、不器用な方でも簡単に包むことができます。 基本の木の葉餃子よりも時短ができるのもいいですね。 ひだが少ない分皮が開きやすくなるので、しっかりと水でひだを閉じるようにしましょう。 ひだが三つの餃子の包み方• 餃子の皮の中央に具をのせます。 軽く挟むように持ち、皮の端に水をつけて半分につまみます。 右手の人差し指で皮をつまむようにして片側にだけひだを作っていきます。 右手の親指と人差し指でつまんでひだをつくっていき、皮を閉じます。 ひだを三つ作りしっかり閉じたら、三日月形に形を整えて完成です。 この包み方はおしゃれなだけでなく、中の具をしっかりと閉じ込めてくれるので、チーズ入りの餃子を作る時におすすめです。 ホームパーティで出したら「どうやって包んだの?」と質問されること間違いなしです。 このハマグリ型の包み方は、餃子の皮を使ってアップルパイなどのスイーツを使うときにも応用できるので、ぜひやってみてくださいね。 ハマグリ型餃子の包み方• 餃子の皮の中央に具をのせます。 皮を半分に折って閉じます。 端から小さく折りたたむようにして折っていけば完成です。 最もオーソドックスな作り方なので、市販の皮の味により近いものが作れるでしょう。 材料(餃子の皮25~30枚分)• 強力粉100g• 薄力粉100g• 塩ひとつまみ• ぬるま湯100ml• サラダ油小さじ1• 片栗粉適量 作り方• 薄力粉と強力粉を一緒にふるい、大きめのボウルに入れます。 1のボウルにサラダ油とぬるま湯を入れ、菜箸でぐるぐるとかき混ぜます。 粉に水分がまざりぽろぽろとしてきたら手でこねます。 生地がまとまってきたら15分冷蔵庫で休ませます。 生地を冷蔵庫から取り出し滑らかになるまで再度手でこねます。 その後また15分冷蔵庫で休ませます。 生地を半分に分けて、棒状にまとめなおし親指大の大きさに切り分けていきます。 片栗粉を打ち粉にして生地を綿棒で伸ばしたら完成です。 パンを頻繁に作る家庭は強力粉を頻繁に使うかもしれませんが、そうでない場合強力粉はあまり料理に使う機会はありません。 余らせてしまってももったいないし餃子の皮を作るためだけに買うのはなんだか嫌、という方にお勧めです。 材料(餃子の皮20枚分)• 薄力粉90g• 熱湯50ml• 打ち粉用の小麦粉適量 作り方• 小麦粉と熱湯を大きめのボウルに入れ滑らかになるまでこねます。 まとまった生地冷蔵庫で寝かせます。 寝かせた生地を棒状にして20等分にします。 伸ばしやすい形に丸めておき、綿棒で伸ばしたら完成です。 東雲フードは福島県の餃子や焼売や春巻きの皮を作っている会社で今年で創業60周年を迎える老舗なのです。 地元福島や東北地方で特に愛されていて、餃子を作るなら東雲フードの皮でないと、とこだわりを持つファンもいるんですよ。 お家でおいしい餃子を手作りしてみよう! 今回は餃子の皮の包み方のコツと餃子の皮の包み方のアレンジ8選を中心に、お家で餃子を美味しく楽しく作る方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 皮からこだわって作ったり色々な包み方で包んでみたり、餃子は作る過程を楽しめる料理です。 ぜひ、家族や友達、恋人と楽しく餃子作りにチャレンジしてみてください。 ここに、簡単に作れるおもてなし料理のレシピをまとめた記事を載せましたので、今回紹介した餃子と合わせて作って楽しいホームパーティにしてみてはいかがでしょうか。

次の

餃子の包み方のバリエーション8選!皮のひだを上手に包む簡単なコツは?

餃子の皮 アレンジ

余った餃子の皮を冷凍保存する場合は、小分けにしてから冷凍すると良いでしょう。 餃子の皮は乾燥を嫌うため、ラップなどでしっかりと密封する必要があります。 10枚くらいずつラップに包む方法もありますが、まとめると使う時に破れやすくなります。 この時におすすめの保存方法は、 餃子の皮と皮の間にクッキングシートを挟むことです。 クッキングシートを挟むことによって、皮同士がくっつかなくなります。 そのため餃子の皮を解凍した後に、使いたい分だけを使いやすくなります。 冷凍した皮を1枚ずつ使うためには、クッキングシートを間に挟むようにしましょう。 また 急速冷凍がおすすめです。 急速冷凍モードがあれば利用し、ない場合は金属製のトレイを活用しましょう。 金属トレイを使うことによって、急速冷凍と同程度の効果を発揮します。 急速冷凍は解凍した際のベタベタや皮の劣化を防ぐ働きをします。 未開封であれば、そのまま冷凍してもOKです。 ただ未開封であっても、ジップロックやタッパーに入れて急速冷凍をするといいでしょう。 急速冷凍をして、解凍してからの品質保持に役立ててください。 未開封の袋の状態で冷凍する際には注意点があります。 それは袋のまま冷凍すると解凍も1袋分まとめてしなければいけない点です。 1袋分を1度に使い切れる場合は未開封の状態で冷凍しても大丈夫です。 また丸ごと冷凍されているため、皮同士がくっついてしまっているかもしれません。 無理やり1枚ずつに分けようとすると、破れることもあります。 こうならないためには開封してからの冷凍がおすすめです。 皮同士がくっつかないように、クッキングシートやラップを挟んでから冷凍すると良いでしょう。 余った冷凍餃子の皮を解凍するには、 自然解凍がおすすめです。 使いたい日の前日から冷蔵庫に入れ、自然解凍をしましょう。 冷蔵庫に入れて ゆっくりと解凍することが、冷凍した餃子の皮の品質を損ねることなく解凍する方法です。 自然解凍というと、常温でやっても良いのではないか? と思う方もいるでしょう。 常温での自然解凍は、水っぽくなってしまう可能性があります。 そのため常温での解凍はおすすめできません。 このような理由から自然解凍は冷蔵庫に入れてやるようにしましょう。 冷凍した皮は自然解凍がおすすめですが、未開封の状態で冷凍した場合はとくに注意が必要となります。 解凍が始まったときに未開封の袋の中に水滴がつくと、これが原因となって カビが生えるかもしれません。 正しい解凍方法で、解凍後も美味しく餃子の皮が食べられるようにしましょう。 餃子の皮6枚• スライスチーズ2~3枚• パン粉大さじ1杯• パルメザンチーズ大さじ2杯• ケチャップ大さじ4〜5杯• オリーブオイル大さじ1杯• 豚ひき肉50g• 塩ふたつまみ• 水色の材料を耐熱容器にすべて入れてよくかき混ぜ、トマトソースをつくります。 700Wで3分程度が目安です。 餃子の皮を、たっぷりのお湯でゆでます。 ゆでたら冷水で冷ましておきましょう。 グラタン皿に1で作ったトマトソース、2の餃子の皮、スライスチーズの順番で重ねていきます。 1番上にはパルメザンチーズを振りかけましょう。 パン粉を上から振りかけます。 焼き目がつくまでオーブンで焼いたら完成です。

次の

つくれぽ1000丨餃子の皮アレンジ人気レシピBEST6【殿堂入り】|クックパッドつくれぽ1000超えレシピ集

餃子の皮 アレンジ

余った餃子の皮を冷凍保存する場合は、小分けにしてから冷凍すると良いでしょう。 餃子の皮は乾燥を嫌うため、ラップなどでしっかりと密封する必要があります。 10枚くらいずつラップに包む方法もありますが、まとめると使う時に破れやすくなります。 この時におすすめの保存方法は、 餃子の皮と皮の間にクッキングシートを挟むことです。 クッキングシートを挟むことによって、皮同士がくっつかなくなります。 そのため餃子の皮を解凍した後に、使いたい分だけを使いやすくなります。 冷凍した皮を1枚ずつ使うためには、クッキングシートを間に挟むようにしましょう。 また 急速冷凍がおすすめです。 急速冷凍モードがあれば利用し、ない場合は金属製のトレイを活用しましょう。 金属トレイを使うことによって、急速冷凍と同程度の効果を発揮します。 急速冷凍は解凍した際のベタベタや皮の劣化を防ぐ働きをします。 未開封であれば、そのまま冷凍してもOKです。 ただ未開封であっても、ジップロックやタッパーに入れて急速冷凍をするといいでしょう。 急速冷凍をして、解凍してからの品質保持に役立ててください。 未開封の袋の状態で冷凍する際には注意点があります。 それは袋のまま冷凍すると解凍も1袋分まとめてしなければいけない点です。 1袋分を1度に使い切れる場合は未開封の状態で冷凍しても大丈夫です。 また丸ごと冷凍されているため、皮同士がくっついてしまっているかもしれません。 無理やり1枚ずつに分けようとすると、破れることもあります。 こうならないためには開封してからの冷凍がおすすめです。 皮同士がくっつかないように、クッキングシートやラップを挟んでから冷凍すると良いでしょう。 余った冷凍餃子の皮を解凍するには、 自然解凍がおすすめです。 使いたい日の前日から冷蔵庫に入れ、自然解凍をしましょう。 冷蔵庫に入れて ゆっくりと解凍することが、冷凍した餃子の皮の品質を損ねることなく解凍する方法です。 自然解凍というと、常温でやっても良いのではないか? と思う方もいるでしょう。 常温での自然解凍は、水っぽくなってしまう可能性があります。 そのため常温での解凍はおすすめできません。 このような理由から自然解凍は冷蔵庫に入れてやるようにしましょう。 冷凍した皮は自然解凍がおすすめですが、未開封の状態で冷凍した場合はとくに注意が必要となります。 解凍が始まったときに未開封の袋の中に水滴がつくと、これが原因となって カビが生えるかもしれません。 正しい解凍方法で、解凍後も美味しく餃子の皮が食べられるようにしましょう。 餃子の皮6枚• スライスチーズ2~3枚• パン粉大さじ1杯• パルメザンチーズ大さじ2杯• ケチャップ大さじ4〜5杯• オリーブオイル大さじ1杯• 豚ひき肉50g• 塩ふたつまみ• 水色の材料を耐熱容器にすべて入れてよくかき混ぜ、トマトソースをつくります。 700Wで3分程度が目安です。 餃子の皮を、たっぷりのお湯でゆでます。 ゆでたら冷水で冷ましておきましょう。 グラタン皿に1で作ったトマトソース、2の餃子の皮、スライスチーズの順番で重ねていきます。 1番上にはパルメザンチーズを振りかけましょう。 パン粉を上から振りかけます。 焼き目がつくまでオーブンで焼いたら完成です。

次の