コロナ エイズ 治療 薬。 中国、新型肺炎の治療に抗HIV薬を試験的に使用=アッヴィ

インフルとHIV薬混ぜ「新型肺炎が改善」 タイ政府:朝日新聞デジタル

コロナ エイズ 治療 薬

新型コロナウイルスに感染して肺炎を起こした国内の患者にマラリアの治療薬を投与したところ、症状が大きく改善したことが11日、分かった。 九州地方にある医療機関の医師らが日本感染症学会のウェブサイトで公表した。 感染症の専門家は「新型コロナウイルスの患者にマラリア治療薬を投与した報告例は、国内では聞いたことがない」と話す。 報告によると、投与したのはマラリア治療薬のヒドロキシクロロキン。 患者は糖尿病のため血液透析を行っている69歳の男性で、2月下旬に38度の熱が出て入院。 症状が悪化し、新型コロナウイルスへの感染が判明した。 今月2日に投与したところ、数日で肺炎の症状が改善。 熱も37度程度まで下がり、ウイルス検査で陰性になれば退院できる状態にまで回復した。 他の薬も併用したほか、症状が自然に改善した可能性も否定できないとし、症例を増やして慎重に評価する必要があるとした。 クロロキン類は中国でも新型コロナウイルスの患者に投与され、有効性が報告されている。 今回投与したのはフランス製薬企業サノフィの製品で、国内では難病の全身性エリテマトーデスなどの治療に使われている。 新型コロナウイルスの治療法は確立されていないが、国内ではエイズ治療薬の投与で快方に向かったケースがあるほか、新型インフルエンザ治療薬なども効果が期待されている。

次の

【解説】新型コロナウイルスとの闘い、抗HIV薬は有効か 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ エイズ 治療 薬

(写真はイメージ) 創薬企業のような収益モデルで業績拡大 塩野義製薬は8月3日に2016年3月期の4~6月(第1四半期)決算を発表した。 売上高は1. 8%増の638億円、営業利益は55. 7%増の125億円、経常利益は7. 1%増の146億円、四半期純利益は6. 4%減の96億円だった。 最終減益だが営業利益は大幅増益になった。 通期業績見通し、予想年間配当に修正はなく、通期の売上高は8. 0%増の2960億円、営業利益は43. 9%増の725億円、経常利益は2. 1%増の795億円、当期純利益は18. 0%増の520億円で、年間配当は56円。 第1四半期の通期見通しに対する進捗率は、売上高は21. 5%、営業利益は17. 2%、経常利益は18. 3%、純利益は18. 5%と出遅れているように見えるが、第3四半期(10~12月)以降の有望な収益源が後に控えている。 期待される製品としては抗うつ剤「サインバルタ」もあるが、最も有望なのが抗HIV(エイズウイルス)薬の「テビケイ(Tivicay)」である。 とは言っても塩野義製薬が販売する医薬品のラインナップには載っていない。 この薬は塩野義製薬が英国のグラクソ・スミスクライン(GSK)と共同で特許権を保有しており、2012年、そのライセンスをGSKの子会社の英国のヴィーブ・ヘルスケア(ViiV Healthcare)社に供与し、販売権の譲渡と引き換えにその発行済株式の10%を取得した。 ヴィーブ社からはライセンスに基づき販売額に応じたロイヤルティー収入と配当収入を得るという、まるでR&D(研究・開発)に特化した創薬企業のような収益モデルになっている。 研究開発に対してフィー(手数料)を受け取るこのモデルは、製造原価も販売経費も、新薬の発売の際にかさみがちな販促費用もかからず、在庫を抱える必要もないので、薬を自前で製造・販売するよりリスクを低く抑えながら継続的な収入が望める。 第1四半期でもロイヤルティー収入は順調に入ってきており、前期に約200億円を得た受取配当金のほうも第3四半期以降に計上される見込みなので、それらが当期純利益を押し上げて2ケタ増益になる見通しになっている。 競合薬も多い中、「テビケイ」と、それを配合した「トリーメク」の売れ行きは想定以上といい、ヴィーブ社からのロイヤルティー収入はさらに上積みされる可能性がある。 現在のところ通期見通しの営業利益、経常利益は過去最高益を更新するものの当期純利益の520億円は2013年3月期の667億円に及んでいないが、それも上方修正されて過去最高益を更新すれば、日本の製薬メーカーとして初めて、エイズ薬が業績に寄与して最終利益が過去最高益を更新するケースになる。 陽性者の死亡率には「南北格差」があるが 1981年に発見されたエイズ(AIDS/後天性免疫不全症候群)は、人間の免疫細胞がHIV(ヒト免疫ウィルス)に感染し、さらに免疫の働きが破壊されることで発症する。 ひとたびエイズを発症すると肺炎などを起こし死亡率は高い。 HIVに感染した人が「HIV陽性者」で、その中にはエイズを発症していない人も大勢いる。 その人の体内のHIVウイルスの増殖を抑えてエイズの発症を防いで延命を図る治療が「抗HIV治療」で、効果をあげており、この治療に使われるのがテビケイのような「抗HIV薬」である。 しかし現在のところは薬でHIVの陽性が陰性に変わることはなく、陽性者は一生涯、HIVに付き合っていかなければならない。 もし陽性者のHIVをすべて死滅させて陰性にする特効薬が発明できたら、ノーベル医学・生理学賞の受賞は確実だといわれている。 HIV、エイズに関する統計は、国連合同エイズ計画(UNAIDS)という国連機関が毎年発行している「ファクトシート・世界の状況」でわかる。 その2014年版によると、2014年末の全世界のHIV陽性者は3690万人で、2009年からの5年間で9. 2%増加した。 そのうち抗HIV治療を受けている人は1490万人で、5年間で144. 2%、約2. 4倍に増加している。 HIV陽性者の受療率は40. 4%まで高まった。 エイズによる死亡者は2014年の1年間では120万人で、5年間で29. 4%減少している。 HIV陽性者は増加していても、抗HIV治療が普及することでエイズ発症による死亡者を減らす効果が出ていることが、このデータからわかる。

次の

マラリア治療薬で症状改善 国内の新型コロナ患者に投与

コロナ エイズ 治療 薬

Q)治療薬の候補に3つの薬があがっていますね。 A)新型コロナウイルスには直接有効な治療薬はまだありません。 そこで厚生労働省は研究班を立ち上げ、3つの薬が治療に使えるかどうか効果を確かめることになりました。 このうちの2つは別の病気の治療薬として承認されているもので、患者の同意を得た上で投与されます。 ひとつはエイズの治療薬で、すでに各地の病院で投与されています。 これまで5人に投与した国立国際医療研究センターによりますと、症状が改善し退院している人もいれば、症状が重く今も病気と闘っている人もいるということです。 まだ効果を評価できる段階ではなく研究を通じてさらに情報を集める必要があるとしています。 そしてもうひとつの薬は新型インフルエンザの治療薬で、200万人分が備蓄されています。 ウイルスの増殖を防ぐため、新型コロナウイルスでもその効果が期待されるのではないかと考えられています。 Q)3つ目の薬はどのようなものなのでしょうか。 A)エボラ出血熱の治療薬として開発された薬です。 これはどこの国でもまだ承認されていない薬ですが、同じコロナウイルスのSARSやMERSに対する動物実験では効果がみられたという報告があります。 研究班はアメリカなどほかの国と共同で薬の効果や安全性について調べることにしています。 Q)3つの治療薬候補の投与はどのような患者が対象になるのでしょうか。 A)いずれも医師の判断で行われるので、一概には言えません。 ただこれまで投与されたエイズの薬は肺炎になるなど比較的重い症状の患者に投与されているようです。 新型コロナウイルス、感染した人の8割は軽症だというデータがありますが、高齢者や持病がある人は重症化しやすく、中には亡くなってしまう人がいるのも事実です。 リスクの高い人を守るために効果のある薬を探す、そして、どのような人にどのようなタイミングで投与すればいいのか、研究を通じて明らかになるのか注目したいと思います。 (堀家 春野 解説委員) キーワード• 関連記事.

次の