処刑 人。 処刑人

映画『処刑人』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

処刑 人

この項目では、映画について説明しています。 死刑囚に対する処刑を行う処刑人については「」をご覧ください。 監督は。 主演は、。 法で裁けぬ悪人たちを制裁する兄弟を描いてとなり 、2009年には続編『 』が公開された。 概要 [ ] 本作はの影響で、1週間限定で5つの劇場のみの限定劇場公開をされた。 映画は批評家から酷評のレビューがほとんどだったが、国内のビデオ販売で約5,000万ドルを稼ぎ、カルト的人気作となった。 ストーリー [ ] の裏路地に住むアイルランド系の双子 マーフィー・マクマナスと コナー・マクマナスは、敬虔なカトリック教徒である。 聖パトリックの祭日、二人はあることがきっかけでロシアン・マフィア達と大喧嘩。 翌日二人の住居に乗り込んできたロシアン・マフィア達を返り討ちにし、殺害してしまう。 FBIの スメッカー捜査官は取り調べの結果、正当防衛を認めるも、彼らを英雄視するマスコミの目を逸らすために、二人を拘置所に泊まらせる。 その深夜、拘置所で眠っていた二人は同時に同じ「神の啓示」を受ける。 「悪人は殺しても構わない」というその啓示に従い、警察から釈放された二人はボストンの町を悪行から守るべく、次々と街の悪人を殺害して行く。 そんな中、マクマナス兄弟の友人で パパ・ジョー率いるイタリアン・マフィアの使い走りをしている ロッコが、二人が悪人退治の張本人だと偶然知ることとなり、彼は進んで仲間に加わる。 一方で危機感を持ったパパ・ジョーが、伝説の殺し屋 イル・ドゥーチェを雇い、収監先から出して彼らに差し向けていた。 マクマナス兄弟とロッコがある悪人を殺害して戸外へ出ると、待ち伏せていたイル・ドゥーチェから襲われる。 傷を負った三人は辛くもその場から脱出する。 また捜査側では、スメッカーが天才的なプロファイル能力を活かして、連続殺人はプロの犯罪者ではなく素人の所業であると看破。 彼は一連の事件の実像を解き明かすうちに、マクマナス兄弟とロッコの関与を疑い始めるが、悪人を法によらず始末する行為に次第に共感を抱き始める。 マクナマス兄弟達はパパ・ジョーのマフィア組織を壊滅させるべく、その本拠に忍び込む。 しかしそれは罠で、マクナマス兄弟は捕まり、ロッコはパパ・ジョーによって殺されてしまう。 パパ・ジョーが去った後で、事態を察知したスメッカーが駆けつけて組織の戦闘員を数名倒すが、イル・ドゥーチェによって昏倒させられる。 縛めを解いたマクナマス兄弟がロッコに弔いの祈りを捧げていると、イル・ドゥーチェがその部屋に入って来て、彼を迎え撃とうとした兄弟に代わって祈りの続きを朗誦する。 彼の正体は兄弟の父親だったのだ。 三か月後、パパ・ジョーは三度目の裁判に出廷していた。 そこへマクナマス父子が現れ、廷内の人々や生中継のテレビカメラ、そして三人の行為を黙認するスメッカーの眼前で悪を根絶やしにすると宣言し、パパ・ジョーを射殺する。 この出来事を報じたメディアは三人を「聖人たち」と形容するのだった。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 コナー・マクマナス マーフィー・マクマナス ポール・スメッカー イル・ドゥーチェ ロッコ () ドリー刑事 () ダッフィー刑事 グリーンリー刑事 () 署長 イワン・チェコフ チャフィー ラングレー ドク () ミッチェル パパ・ジョー・ヤカヴェッタ ヴィンチェンツォ・リパッツィ ドナ オーガスタス アイルランド人の銃の売人 浜田賢二 判事 辻親八 製作 [ ] 監督は時代に書いた脚本 でのとのワインスタイン兄弟と契約し、2号としてデビューするはずだったが、ダフィーはミーティングをすっぽかしたり、ワインスタイン兄弟に対する暴言等で、ミラマックスから契約解除を受け、ダフィー本人の金や借金で本作を製作することになった。 各国のレイティング [ ] 詳細はを参照。 アメリカ:R(17歳未満保護者同伴必須)• 日本: - 12歳未満保護者同伴推奨• ドイツ:18• イギリス:18• 韓国:18 - 一部のシーンをカット• オランダ:16• スペイン:18• ニュージーランド:R18• オーストラリア:R(18禁) - 劇場• オーストラリア:MA(15禁) - TV放映審査• スウェーデン:15• アイスランド:16• フィンランド:K-16 - 一部のシーンをカット• フィンランド:K-18 - ノーカット版• シンガポール:R21 - 一部のシーンをカット• 24点を得ている。 によれば、4件の評論のうち、高評価は1件、賛否混在は2件、低評価は1件で、平均して100点満点中44点を得ている。 出典 [ ].

次の

処刑人II : 作品情報

処刑 人

中央が処刑直前のルイ16世。 左がシャルル=アンリ・サンソン(1798年の画) 信心深く、自らを厳しく律する人物だったと言われている。 また、当時としては異例なほど身分の分け隔てなく、どの身分にも偏見を抱かない平等論者だったといわれるが、これは死刑執行人が社会の最底辺であり最も偏見を受けながら貴族並みの暮らしをしているという自身の立場によるところが大きいと言われている。 サンソンは死刑執行人という立場でありながら、熱心な者だった。 何度も死刑廃止の嘆願書を出しているが実現することはなく、逆に人類史上2番目に多くの死刑を執行する結果になっている。 死刑制度が廃止になることが死刑執行人という職から自分が解放される唯一の方法であると考えていたと手記に書き残している。 処刑直後の絵。 大衆にルイ16世の首を見せている 皮肉にも彼自身はであった。 ルイ16世を熱心に崇拝しており、自分が処刑するという結果になってしまったことを生涯悔いていた。 フランス革命当時はルイ16世のためにを捧げることは死刑になるほどの重罪でありながら、神父を匿って秘密ミサを上げていたという。 また、とは青年時代に恋人であった時期があるが、当時の王族関係者の例にもれず、サンソンの手で処刑された。 老年の夫人は他の受刑者達とは違い泣き叫び大声で命乞いをしたため、夫人を処刑することに処刑人と民衆は大いに狼狽したらしく、「みんなデュ・バリー夫人のように泣き叫び命乞いをすればよかったのだ。 そうすれば、人々も事の重大さに気付き、恐怖政治も早く終わっていたのではないだろうか」とサンソンは日誌に書き記している。 医師として [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年9月) サンソン家は死刑執行人の本業を持つ一方で医師としての仕事も行っていた。 収入は医師としての収入が大半を占めていたと言われている。 医師としての技術は当時のヨーロッパの平均的な水準を上回っていたと言われており、貴族から庶民まで幅広く治療したと言われている。 父のジャン・バチストも死刑執行人の傍ら医師として庶民を診察しており、家業を息子に引き継いだ後も病の身でありながら診察を行っていた。 息子のシャルル=アンリ・サンソンの時代に詳細な医学書が書き起こされ、のちのサンソン家の子孫に医療技術が受け継がれたとされる。 サンソン家の医学は当時の大学などで教えられていた医学とは異なる独自の体系を持っていた。 そもそも、死刑執行人の一族は学校に通うことができず、医者に診て貰うこともできなかったため正規の教育を受けることができなかった。 そんな中で独自に編み出された医術を用いていた。 死刑執行人につきまとう不気味なイメージから、周りからは呪術的な医術と思われていたようである。 しかし、その医療技術は徹底して現実主義的なものであり、当時の医学界で主流だったオカルト的な、現代医学からみて非科学的な治療は行わなかった。 実際に、医師に見放された難病の治療に成功した事例が数多く伝えられている。 当時の死刑執行人は死体の保管も行っており、サンソン家では死体を解剖して研究を行っていた。 また、死刑執行人は鞭打ちなどの刑罰も行っており、人間の身体をどこまで傷つけても死なないか、後遺症が残らないか詳細に知っていたという。 身体に穴を開けると言った刑罰ではどこに穴を開ければ後遺症が少ないか徹底的に研究しており、サンソン家に刑罰を受けた人間はその後の存命率が高かったと言われている。 サンソンは刑罰で自分が傷つけた相手の治療を熱心に行っていた。 経歴 [ ]• 1739年2月15日 パリでの長男として生まれる。 ルーアンの学校に入学するが、2年目で処刑人の子供であることが知られてしまい、学校を辞める。 グリゼル神父を家庭教師として学ぶ。 1754年 父であるが病に倒れ半身不随になったため、15歳で死刑執行人代理の職に就く。 16歳の時、最初の処刑を行う。 1757年3月27日 にが行われる。 これがフランスで最後の八つ裂きの刑となった。 1765年1月20日 マリー・アンヌ・ジュジェと結婚。 1767年 息子が生まれる。 1769年 息子ガブリエルが生まれる。 8月 父であるが正式に引退して の称号を叙任してに就任する。 1792年4月25日 最初のによる死刑が行われる。 1792年 次男ガブリエルが処刑台から転落死する。 1793年1月21日 を処刑する。 1794年7月28日 を処刑する。 1795年 息子のアンリに職を譲って引退する。 1806年 皇帝ナポレオン1世に謁見する。 この年7月4日に死去。 彼が死刑執行人を務めた時期はとのただ中であったことと、ギロチンの導入により機械的連続斬首が可能になったことが相まって、この恐怖政治の時期だけで二千七百数十名を処刑した。 これはヨーロッパの公的な死刑執行人としては、から敗北までのドイツで3,165人の死刑を執行したに次ぐ人数である。 旧来の処刑法では不可能な数であり、ギロチンの登場なくしてはあり得ないことであった。 関連作品 [ ]• 安武わたる『処刑人一族サンソン』• モニク・ルバイイ『ギロチンの祭典 死刑執行人から見たフランス革命』• 大西巷一『ダンス・マカブル ~西洋暗黒小史~』 「暗殺の天使と首切りの紳士」 脚注 [ ] [].

次の

処刑人II : 作品情報

処刑 人

知られざる世界の死刑執行人たち 聖ロンギヌス 聖ロンギヌス 不明 世界でもっとも有名な処刑人で 「イエス・キリスト」の処刑に携わった人物です。 磔になったイエスの生死を確かめるため(処刑するためとも)に脇腹に槍を突き刺したと言われています。 聖ロンギヌスは元はローマ帝国の百卒長だったと言われ、イエスに槍を突き立てた際に 血が目に入り視力を取り戻したことから改心して洗礼を受けたと言われています。 エピソード・逸話• 彼の名にちなんで聖槍はロンギヌスの槍とも言われる• ピラト行伝で名前を確認することができる• 視力が回復したことから改心して洗礼を受けたとされる ロンギヌスの名前は福音書では確認できず、外典であるピラト行伝に記述されています。 そのため実在した人物なのか(そもそもイエスが実在したのかも議論の余地がありますが)詳しいことはわかっていません。 日本国内ではなどの影響から「ロンギヌスの槍」とそれにまつわるエピソードは有名で、結果的に聖ロンギヌスのことを知っている方も多いと思います。 関連記事 シャルル=アンリ・サンソン シャルル=アンリ・サンソン 1739年2月15日~1806年7月4日 フランス革命期のフランス、パリで死刑執行人を務めた男性で、200年以上にわたって死刑執行人を排出してきたサンソン家の4代目当主に当たる人物です。 この一族の興味深い点は 死刑執行人を本業としながら同時に医師でもあった点です。 当時の医学とは異なる独自で研究・開発された医療技術を駆使して様々な治療を行ったとされています。 死刑執行人の一族は通学や医師への通院が禁止されていたそうなので、自分たちで技術を磨いたとされています。 また、死体の保管も仕事の一つであり、解剖による人体の研究が高度な医療技術を確立したとも言われています。 エピソード・逸話• フランス革命時にルイ16世やマリー・アントワネットを処刑• 恐怖政治の実行者であるロベスピエールやサン・ジュストを処刑• 信心深く、厳格な人物で熱心な死刑廃止論者だった• 人類史上2番目に多くの死刑を執行した人物 激動のフランス革命の中心人物たちを多く処刑したことは、彼の名前とサンソン家を世界でもっとも有名な死刑執行人にしました。 ののモデルだと作者の荒木先生が公言しています。 ジョン・C・ウッズ ジョン・クリス・ウッズ 1911年6月5日~1950年9月17日 アメリカ陸軍に所属をしていた軍人で、1944年10月に転属命令を受けて死刑執行人としてのキャリアをスタートさせたと言われています。 彼の名前が歴史に刻まれている理由は「 ニュルンベルク裁判で死刑判決を受けた10人のナチ戦犯」の死刑執行人を務めたからです。 エピソード・逸話• ハンス・フランク• ヴィルヘルム・フリック• アルフレート・ヨードル• エルンスト・カルテンブルンナー• ヴィルヘルム・カイテル• ヨアヒム・フォン・リッベントロップ• アルフレート・ローゼンベルク• フリッツ・ザウケル• アルトゥル・ザイス=インクヴァルト• ユリウス・シュトライヒャー 上記の10人のナチ戦犯以外にも様々な死刑執行を行っています。 ジョン・クリス・ウッズの最期は、電気椅子の点検中に誤って高圧電線に触れ感電死してしまったそうです。 山田浅右衛門 山田 浅右衛門(やまだ あさえもん) 江戸時代初期から明治初期にかけて活動を行った山田家の当主が代々名乗った名称。 死刑執行人だけでなく刀剣の試し斬り役や刀剣の鑑定、丸薬の製造・販売などを行っていました。 血縁による世襲ではなく「 弟子の中から腕の立つ者を跡継ぎに選んだ」そうです。 高い技術が要求されることから才覚がある者が山田の名前を襲名したそうです。 エピソード・逸話• 御様御用(おためしごよう)という刀剣の試し斬り役もしていた• 様々な副収入があり、3万石から4万石の大名に匹敵するほどという説もある• 明治初期に斬首刑が廃止され、その役目を終えた 「 首切り浅右衛門」「 人斬り浅右衛門」という異名で呼ばれていたそうです。 綱淵謙錠の小説「」は山田浅右衛門の苦悩を描いた作品で、この小説を経て山田浅右衛門を知った方も多いと思います。 僕もそのひとりで本棚に置いてあります。 関連記事 ヨハン・ライヒハート ヨハン・ライヒハート 1893年4月29日~1972年4月26日 ドイツ最後の死刑執行人であり、先述したシャルル=アンリ・サンソンを上回る3165人の処刑を行った人物として有名です。 その数は 公式記録としては史上最多となっています。 シャルル=アンリ・サンソンと同じく死刑執行人の家柄で育ち、ヴァイマル共和国からナチスの時代を中心に死刑執行人として様々な処刑を行いました。 厳格な人物だったのか、膨大な数の処刑数に関わらず決められていた執行手順を遵守し、罪人に苦痛を与えないように速やかに首を切断したと言われています。 エピソード・逸話• 人類史上もっとも多くの死刑を執行した人物• ジョン・クリス・ウッズと共にナチ戦犯の処刑を行った• 特殊な職業ゆえに死刑廃止後、孤独な人生を歩んだ 先述したジョン・クリス・ウッズと共にナチ戦犯の処刑を行っています。 ライヒハートもナチ党員だったのですが「 死刑執行人としての義務を遂行したものである」として無罪になり、死刑執行人として再雇用され処刑を担当しました。 その職業故か嫌われ、息子も自殺をしています。 非常に孤独な人生を歩んだと言われています。

次の