ストーン ディフューザー。 品切れ続出した大人気「無印良品のアロマストーン」おひとりさま向き?ベストな活用方法とは

品切れ続出した大人気「無印良品のアロマストーン」おひとりさま向き?ベストな活用方法とは

ストーン ディフューザー

香りを楽しむ新しいカタチ。 カードディフューザーは、名刺サイズのシンプルなアロマディフューザー。 陶器製のプレートに、お気に入りのアロマや香水を染み込ませて使います。 電気を使わないため、静かで環境にも優しい香りのプレート。 家やオフィスなど、気軽に自分だけの香りを楽しむのにぴったりです。 プレートを立てるためのブナの木製スタンドがセットになっています。 スタンドを使わずに、セラミックプレートを名刺入れなどに入れて香りを携帯することも可能です。 インテリアのアクセントとしても素敵なアロマディフューザーは、ミニマルなアプローチで新しい香りの楽しみ方を提案します。 素敵なギフトボックス入りで、大切な方への贈り物にも最適です。 8cm x D5. 4cm x H0. 3cm カード W8. 9cm x D5. 6cm x H1. ブナの木のスタンドは、1枚用と2枚用があります。 陶器のプレートにお好きな香水やアロマオイルを1プッシュまたは、1~2滴垂らすと香りが持続します。 お持ちの名刺入れにしのばせれば、いつでも香りが携帯できます。 2枚用では、別々の香りを染み込ませたプレートを並べて、香りのブレンドを楽しむ事ができます。 ・水につける事で香りが抜けますので、香りを自由に変える事が出来ます。 ご注意 香りは除々に発揮します。 香りの成分を追加すると繰り返しご使用いただけます。 香りの持続時間は、使用する香りの種類や気候によって変わります。 名刺入れに名刺と共に携帯する場合、香り成分によっては名刺に使用されているインクを溶かしてしまう可能性があります。 ご注意下さい。 香り成分に色がついているものは、プレートに染み移ります。 染みが気になる場合は、プレートの裏面に香り成分を垂らして下さい。 設置・取り付けについて 大型商品の設置・取り付け(有料)を承ります。 ご希望の方はお問い合わせください。 配達日指定 3日後~1ヶ月後までの配達日の指定が可能です。 ご開業などでさらに先の日付での配達をご希望の場合は、下記までご連絡ください。 ショールーム営業日 '01-01-2020', '02-01-2020', '03-01-2020', '04-01-2020', '20-03-2020', '11-04-2020','18-04-2020','25-04-2020','29-04-2020', '02-05-2020','04-05-2020', '05-05-2020', '06-05-2020', '09-05-2020', '16-05-2020', '23-05-2020', '23-07-2020', '24-07-2020', '30-12-2020', '31-12-2020', '01-01-2021', '02-01-2021'.

次の

ストーンディフューザー【シングル】の卸・通販

ストーン ディフューザー

しかし、一人暮らしではない場合だと、アロマディフューザーを使用するのも「もしかして、クサいかしら?」なんて気を遣ったりしませんか? もしくは「買いたいけど、そこそこお値段が張るものだから買えない……」なんてこともあると思います。 そんなときにもってこいのアイテムが、ハンドメイドのアロマストーンなんです。 アロマの種類にもよりますが、だいたい数時間~3日間くらい香りが持続します。 アロマディフューザーやアロマポットのように香りが広く拡散されることがないため、まわりに遠慮することなく香りを楽しむことができますよ! 火や電気を使わないので、火事になる心配がないのもアロマストーンのいいところ。 お出かけ前にアロマストーンに香りを足しておけば、帰宅したときから癒されることができますね。 しかも使う材料は、石粉粘土と型(シリコンモールドやクッキーの抜き型など)のたった2点のみ。 ちなみに、制作時間は乾燥時間込みで2~3日間です。 最初から香りがついているアロマストーンを作りたいなら、この時点でアロマオイルを垂らしますが、後から香りをつけたい場合はただ練るだけで構いません。 (2)しっかりと練った石粉粘土を、型に詰めていく このとき、ヘラを使うと隙間なく上手に詰めることができます。 置くタイプのアロマストーンを作るなら、シリコンモールドが取り出しやすいのでオススメ。 吊るすタイプのアロマストーンを作るなら、クッキーの抜き型に詰めて楊枝や竹串でリボンを通す穴を開けるやり方が一番簡単だと思います。 一晩寝かせたら型から取り出して、その状態で1~2日間放置して完成! 型を使わず、小さな球形に丸めてオシャレな平丸型の缶に詰めれば『ラ・パショナリア』風のアロマストーンにすることもできますよ! あるいは、写真のようにビンに入れてもオシャレに仕上がります。 ちなみに、石粉粘土で作ったアロマストーンは、素焼きの石や石膏製のものよりも香りを吸収しやすいので、くれぐれもアロマオイルの垂らしすぎには注意してくださいね。

次の

ニトリのストーンディフューザーが口コミで人気!溶岩石で使い方も簡単だからおすすめです!

ストーン ディフューザー

アロマを使用する際に、ディフューザーなどを使用すると電気を使用するでしょう。 また、火を使用してアロマを焚く方も中にはいます。 無印でも電気や火を使用した、アロマディフューザー類を多く販売しているのも見かけることができます。 ですが、無印で販売されているアロマストーンは、電気と火を使用することなく香りを楽しめます。 香りは心をリラックスさせる効果を持っており、多くの人が香りに癒されていることでしょう。 電気で動くディフューザーは電気代が心配になりますし、火を使用する商品は消し忘れなどの不安も残るでしょう。 その反対に電気も火も使用しないアロマストーンであれば、アロマを垂らすだけで香りを充満させることができます。 手軽にアロマを使用できることから、人気に火が付いたといえます。 無印のアロマストーンがなぜ広範囲に香りが匂わないのか?という点を解説していくと、揮発性が低いことが挙げられます。 ストーンの上部のくぼみにアロマオイルを入れますが、ストーンがオイルを吸収して底に溜まります。 そのため、広範囲へ香りが広がることが無く、 半径1m以内に香りを届けるには10滴ほどのオイルが必要になります。 「より半径に広く香りを届けたい場合は、オイルの量を増やせば良いのでは?」と思う方も居るかもしれません。 しかし、 オイルを大量にしみ込ませても、より広範囲に香りが届くわけではないようです。 部屋全体に香りを広げる役割は、無印のアロマストーンには無いといえます。 玄関や車など少々狭いスペースや、パーソナルスペースで香りを楽しむのに適している商品といえるでしょう。

次の