五大 路子 伍代夏子。 大和田悠太(五大路子息子)嫁や息子や家族、経歴やWiki.収入は?【1周回って知らない話】

五大路子

五大 路子 伍代夏子

TBSテレビの番組「」とは異なります。 いい旅 放送期間 2013年 - 放送時間 20:00 - 20:54 放送分 54分 回数 全44 いい旅スペシャル(レギュラー放送終了後の単発特番) 放送期間 2015年・・ 放送時間 を参照 回数 3 特記事項: 2020年5月30日「いい旅・夢気分~緑まばゆい初夏の絶景SP~」 『 にっぽん! いい旅』(にっぽんいいたび)は、で毎週の20:00 - 20:54()に放送されていた。 前身番組『 いい旅・夢気分』(いいたびゆめきぶん)についてもここで述べる。 全編 で、テレビ東京、他一部の地方局およびBSジャパン ではを行っている。 でも地上波放送の翌週月曜日19時55分から放送され、一部地域とBSジャパンでは再放送も行われている。 また、かつて同時ネットのTXN系列局のではが行われていた。 2007年10月3日放送分で放送開始から1000回目を、2011年4月に放送開始25周年を迎えたである。 そして2012年3月21日放送分で放送1200回を迎え、3時間スペシャルが放送された。 (近年の)視聴率に関する記述には必ず具体的な出典の付記をお願いいたします。 この番組が製作されたのは、メインスポンサーであったの提案が契機であった。 レポーターの出演回数は、の20回が最多。 との19回、の18回、(現在ナレーター)の16回、と奈美悦子の15回、の14回、の13回と続く(2006年4月11日現在)。 最高平均視聴率はらが出演した1988年10月26日放送の「紅葉コスモスの八ケ岳 清里」の17. 本番組のエグゼクティブプロデューサーである不破敏之は「ロケ地を入念に下調べし、景色や料理を美しく撮ることにこだわっている」と話している。 事前取材には毎回3週間かけられ、30分テープで40本分ほど費やすとのこと。 いい旅・夢気分 [ ] 複数の著名芸能人が旅人となり、その季節に併せためぐりを楽しみつつ、()・・・などその観光地に関連する情報を提供する。 また、当初は、必ず男女芸能人2人のカップル または3人(家族の場合は4人の時もあり、特に拡大版では大人数で旅することが多い)であったが、近年は男性同士、女性同士の芸能人2人の場合が多い。 原則として(・等)を使い、を運転することは少ない。 テレビ東京と同時ネットされている放送局及びBSジャパンでは、宿泊券のプレゼントのコーナーがあった(またはで応募)。 に放送が開始され、当初は20時台の放送だった。 1990年10月には20時台にバラエティ番組や連続ドラマを放送する関係で19時開始に変更、2001年10月からは19時台にアニメ枠開設のため再び20時開始になった。 なお、放送20年目に入った2005年4月からは放送時間が6分拡大されて20:00 - 21:00(後に20:00-20:54)に変更されているが、最近では番組改編期である春と秋を中心に1 - 2か月に1度の割合で、21・22時台の『』を休止して2時間あるいは3時間の拡大版を放送することもある。 2011年12月以降は前述の水曜ミステリー9の休止が減ったためほぼ毎週休まずに放送されている。 放送25年目に入った2010年4月7日放送分から番組のタイトルロゴを一新。 2010年10月からは再び番組のタイトルロゴを一新し、これと同時に、「美しき日本の旅」のサブタイトルがつき、同名のシリーズもスタート、これに伴いオープニングタイトルのCGは廃止された。 2013年9月18日までは『いい旅・夢気分』の番組名で放送され、2010年10月からのタイトルロゴ上での表記は『 いい旅夢気分』となっていた。 にっぽん! いい旅 [ ] 2013年10月9日から、番組タイトルを『 にっぽん! いい旅』に改題し、旅情報をガイドブックのように充実させたリニューアルを行い 、ナレーターもからに交代した。 『いい旅・夢気分』としては最後の放送になった2013年9月18日放送分も普段通りの1時間の放送で番組のラストにナレーションの大和田から「次回からはにっぽん! いい旅…(中略)…ご期待下さい」と簡単な挨拶があったくらいであった。 またその2時間SPも、2014年内は19:55の各局別(関東地区は『』)を20:49に繰り下げて、18:57 - 20:49で放送していたが、2015年からはミニ番組を20:10 - 20:14に縮小繰り下げして「内包」し、20:54まで放送する様に変わった。 レギュラー放送の終了へ [ ] サラリーマンやお年寄り層を中心に安定した支持を得ていた番組だったが、2015年3月11日をもって『いい旅・夢気分』から通算で29年の歴史に幕を下ろした。 後継番組はバラエティ番組の『』。 最終回にあたる2015年3月11日放送分では2時間特番の放送で番組のラストでは簡単な挨拶さえもなかった。 スペシャル [ ] しかし、視聴者からは番組終了を惜しむ声が多く寄せられレギュラー放送終了後は不定期特番「いい旅スペシャル」として放送されている。 さらに2017年以降は「いい旅・夢気分」の番組タイトルを復活させている。 2018年12月2日はにて初の特番が放送された。 新緑の絶景 いい旅スペシャル 2015年 05月13日(水) 18:57 - 20:10(1部)と20:14 - 20:54(2部)に放送。 夏の絶景 いい旅スペシャル 2015年 07月26日(日) 18:30 - 20:54に放送。 紅葉の絶景 いい旅スペシャル 2015年11月 02日(月) 18:57 - 21:00に放送。 「いい旅・夢気分スペシャル」 2017年 01月28日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2017年 04月 01日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2017年11月25日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2018年 03月17日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2018年11月10日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2019年 06月15日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2019年11月 02日(土) 18:30 - 20:54に放送。 4K放送スタート記念 いい旅・夢気分~4K映像でめぐる感動の大絶景SP~ 2018年12月 02日(日) 18:00 - 20:54に放送。 土曜スペシャル「いい旅・夢気分 太川蛭子SP」 2019年 06月 08日(土) 18:30 - 19:54に放送。 土曜スペシャル「いい旅・夢気分 美しきニッポンの四季SP」 2020年 05月16日(土) 18:30 - 19:54に放送。 土曜スペシャル「いい旅・夢気分 緑まばゆい初夏の絶景SP」 2020年 05月30日(土) 18:30 - 20:54に放送。 派生番組 [ ] 『いい旅・夢気分』(『にっぽん! いい旅』)のパートを埋める連続番組が、『』として2019年4月より復活した(2020年1月より『』と改題)。 出演者 [ ] ナレーション [ ]• (1996年10月 - 2013年9月18日、2015年11月2日) - 通常はナレーションの担当だが、拡大版放送時はレポーターとして画面に登場することもある。 2007年10月3日放送のスペシャルや2012年2月22日放送分で弟のと共演した。 妻のもゲストで旅する事がある。 (2013年10月9日 - 2015年3月11日)• (テレビ東京アナウンサー、2013年10月9日 - 2015年3月11日)• (2012年3月14日放送分のみ)• (2017年1月28日、4月1日、11月25日、2020年5月30日放送分) 過去の出演者 [ ] 司会者 [ ] 番組が開始された1986年4月から9月までの半年は、番組の最後に旅のまとめをスタジオから行っていた(前半に旅を紹介し、番組内で2度出演の回もあった)。 、の二人がモニターの前にすわり、その回の旅について(時には地図を示しながら)おさらいをする方式であった。 近石は旅の中のナレーションも担当し、刀根はスタジオ出演のみであった。 地元名産の番組プレゼントの紹介も二人が行っていた。 二人は「司会」として番組のテロップに表示されていた。 両者とも、この方式でなくなってから、レポーターとしても出演していた。 1986年10月以降、司会者は置かれず、基本的にナレーションのみで番組が進行している。 (1986年4月 - 9月)• (1986年4月 - 9月) ナレーション [ ]• (ナレーション担当) レポーター [ ] 「いい旅・夢気分」時代を含めて旅人として出演した芸能人・有名人のみを挙げる。 五十音順。 男性 [ ]• (高砂親方)• 市川春猿(現・)• - 普段はナレーション担当だが、旅をすることもある。 桂三枝(現・)• (『玉ちゃん』名義)• (錣山親方)• (玉ノ井親方)• (元・長)• 林家いっ平(現・)• (池畑慎之介)• (現・知事)• 女性 [ ]• (テレビ東京アナウンサー、スペシャル放送時の司会)• (『しずちゃん』名義)• 以前のエンディングテーマ [ ]• 技術協力:、• CAM:【週替】薬袋孝人、益田久仁寿、鈴木浩介、加藤正純、安藤健二、伊奈一樹(VE担当回あり)• LD:【週替】奈良喜晴、上野斉夫、石原竹夫(VE担当回あり)、山内浩二• AUD:【週替】鈴木裕之、倉持友和(LD担当回あり)、田中博、住吉貞基、上村真司• EED:【週替】石井貴子、庄司裕幸、中島大地• MA:上野裕• 音効:【週替】江連隆太郎、中田路子• 番宣:石原裕也(テレビ東京)• 編集:【不定期】江島美保• AP:相野谷智子• デスク:秋場香織• チーフプロデューサー:桜井卓也• 製作:テレビ東京、 以前のスタッフ 2013年9月現在。 編集:江島美保(SP時のみ)• ディレクター:手塚政之、小原孝弥、笹岡亮二(SP時のみ)• プロデューサー:辻康央(テレビ東京)、髙野学 、堤栄一• シニアプロデューサー:前山匡洋• 構成:新野隆司• 技術協力:、• CAM:増田久仁寿• LD:上野斉夫、青木謙二• AUD:倉持友和、上村真司、若林宏美、阿保穀• VE:青木謙介• EED:佐藤良正• オープニング:• 音楽: 、• 番宣:村上晶子、鈴木紀子、田口有希子(テレビ東京)• 制作協力:、、• 演出補:池野由香子、嵯峨圭樹、米山聡、金森咲季、金子新• ディレクター:藤掛匡史、須藤美佳(エーステレビ)、大坂和也、高橋伸幸• 演出:笠井正人、山田郁夫 ネット局と放送時間 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送形態 備考 (TX) 水曜 20:00 - 20:54 制作局 (TVh) 同時ネット (TVA) (TVO) (TSC) (TVQ) (GBS) (MTV) (BBC) (TVN) (WTV) (ATV) 金曜 15:50 - 16:45 遅れネット (TBC) 土曜 10:25 - 11:25 (TUY) 土曜 13:00 - 13:54 (MRO) 月曜 13:55 - 14:50 (RCC) 月曜 10:00 - 11:00 (RKK) 水曜 9:55 - 10:50 (IAT) 土曜 10:50 - 11:45 (AKT) 土曜 10:00 - 10:55 新潟総合テレビ(NST) 木曜 14:00 - 14:55 現・ (FCT) 金曜 9:30 - 10:25 (YBS) 土曜 10:30 - 11:25 (KRY) 水曜 9:30 - 10:25 (RNB) 土曜 16:00 - 16:55 (RKC) 木曜 9:55 - 10:50 (KYT) 火曜 15:53 - 16:53 (BSJ) 月曜 18:00 - 19:00 NGN (Nippon Golden Network) 局 月曜 20:35 - 21:25 (現地時間) 不定期ネット局 [ ]• (FBC):NNS - 主として土曜または日曜の午後に放送。 以前はレギュラー放送されていた。 (SBC):JNN - 2009年4月、(TSB)からネット移行。 土日などに不定期放送。 (KTN):FNS - 以前はレギュラー放送していた。 (BSS):JNN - までレギュラー放送していた。 (MRT):JNN - 以前は金曜 15:00 - 15:55でレギュラー放送されていた。 (SDT):NNS - 以前はレギュラー放送していた。 (JRT):NNS - 以前はレギュラー放送していた。 過去のネット局 [ ]• (TVI)• (YTS)• (SBS)• (KNB)• で打ち切り。 (HTV)• で打ち切り。 (KTS)• (TKU)• (NBC) その他 [ ]• 、、、、、では地上波での放送はなかった。 広島県では広島テレビ放送(HTV)が2007年3月まで、月曜日の15:50 - 16:48に12日遅れで放送されていた。 また、現在ネットしている中国放送(RCC)が最初にネットした時深夜に放送されていた時期もある。 山口放送(KRY)は2009年12月まで、水曜日の15:55 - 16:50に放送されていた。 また、2008年3月ごろまでおよび2009年1月から同年12月までは「マウ印特選バラエティ」として放送されていた。 秋田テレビ(AKT)は一時期、月曜日の10:00 - 10:58に放送されていた。 そのため、火曜日 - 金曜日は『』をフルネットをしていたにもかかわらず、月曜日は10時台に放送してから、11時からの飛び乗りで放送していた。 金曜日は同番組の翌週月曜日放送分の予告が放送されず、月曜日のオープニングも短縮版を放送していた。 その後、本番組が土曜に移動したことにより、月曜も最終回までの1年ほどは完全ネットになった。 2012年3月までは土曜日10:00 - 10:55に放送。 山形県では当時フジテレビ系列だった山形テレビ(YTS)が放送していたが、テレビ朝日系列にネットチェンジした際に一部のフジ系番組と共にテレビユー山形(TUY)に移行した。 なお、TUYはゴルフ等のスポーツ中継やバラエティ番組などのスペシャル放送により、2010年10月より遅れ幅が1か月半に拡大している。 テレビ東京ではかつて火曜日の12:35 - 13:30に再放送を行っていた。 三重テレビ放送(MTV)は2009年10月から、テレビ東京と同じ放送時間ながら別の回を放送していたが、2010年1月13日より同時ネットとなっている。 宮崎放送(MRT)は2008年3月まで、木曜日の14:55 - 15:50に放送され、その後2009年3月までは不定期に放送されていた。 鹿児島テレビ放送(KTS)は2009年9月30日の放送(遅れネット)をもって終了し、鹿児島読売テレビ(KYT)に移行している。 岩手県では、テレビ岩手(TVI)が1989年4月から1995年3月まで放送。 その後1995年4月から不定期放送となり、1997年4月より毎週土曜の朝5時台でレギュラー放送を再開するも後に終了。 2000年4月から岩手朝日テレビ(IAT)に移行してネットを再開した。 また、IATは2009年4月からFCTと同様、同番組の番宣を頻繁に行っている。 なお、3月11日の東日本大震災発生以後、IATの番組編成は特別編成となり「やじうまテレビ! 」土曜版を臨時ネットしたため、IATでは一部の回については4月上旬に12:00から放送したものの、震災関連などの報道特別番組を優先するため、同番組は休止または枠移動となった回もあった。 熊本放送(RKK)はテレビ熊本(TKU)から放映権が移行され、2011年4月2日の2時間スペシャルから放送開始。 翌週からは毎週水曜朝9:55からの放送となり、熊本県での同番組のレギュラー放送が数年ぶりに復活した。 東北放送(TBC)は2011年5月21日放送分まで、土曜9:30 - 10:30の放送だった。 BSジャパンは日曜日の13:00 - 14:00に再放送を行っている(原則としてテレビ東京系列初回放送から11日遅れ。 BSジャパンでの本放送からは6日後)。 また、3時間スペシャルでは5日遅れでなく約1か月遅れて放送される場合がある。 この場合は過去に放送されたレギュラー放送回を再放送扱いとして放送される(テレビ東京系列で本番組自体が休止となった場合も含む)。 山陰放送(BSS)は水曜日14:50 - 15:50に放送されていたが、2011年12月で打ち切り。 その後、金曜日10:30 - 11:30の枠で復活したが、2013年4月で打ち切り。 以降不定期で放送。 新潟総合テレビ(NST)は2014年9月まで、土曜 12:00 - 12:55に放送していた。 変遷 [ ] 期間 放送時間() タイトル 1986. 16 1990. 09 水曜日 20:00 - 20:54(54分) いい旅・夢気分 1990. 10 2001. 09 水曜日 19:00 - 19:54(54分) 2001. 10 2005. 03 水曜日 20:00 - 20:54(54分) 2005. 04 2010. 03 水曜日 20:00 - 21:00(60分) 2010. 07 2013. 18 水曜日 20:00 - 20:54(54分) 2013. 09 2015. 11 にっぽん! いい旅 脚注 [ ] []• 放送分より• 自動車内などの狭い場所では小型カメラを使用する関係からハイビジョン収録開始以降も長らく4:3SDのとなっていたが、現在は小型カメラでの収録もハイビジョン化されている。 2006年10月9日放送より• ただし、同時ネットでもでは番組連動データ放送は実施されていなかった。 2012年3月31日閲覧。 [ ]• 2006年4月11日. 2012年7月20日閲覧。 ただし、観光地の最寄までを鉄道で、駅前からはをその旅人が運転をするという企画は頻繁にある。 テレビドガッチ 2013年9月10日(当日閲覧)• nikkansports. com 2015年2月24日閲覧。 テレビ東京公式サイト、2015年11月3日閲覧。 テレビ大阪公式サイト、2015年11月3日閲覧。 テレビ東京公式サイト、2015年11月3日閲覧。 テレビ東京公式サイト、2015年11月3日閲覧。 テレビ東京公式サイト、2017年1月21日閲覧。 BSテレ東公式サイト、2018年11月25日閲覧。 過去の「いい旅・夢気分スペシャル」内で、太川陽介・蛭子能収の出演部分2回分 (2017年4月1日・2018年3月17日放送回)を再編集した内容。 当初は同枠で別番組を放送予定だったが、番組編成上の都合により休止となったため急遽編成された。 過去の複数回からVTRを抜粋し再編集した内容。 過去複数回から抜粋した旅VTRに、当時の旅人がリモート出演し新撮した部分 (当時のVTRを見ながらのトークや、現地の方とテレビ電話をする模様等)を加えて再編集した内容。 AUD担当回もあった• 過去はディレクター• 日経BPムック『いい旅・夢気分』P1より• 1989年10月の開局から• 1991年4月の開局から• 「…夢気分」時代は1987年9月26日でレギュラー放送終了し、以後は単発扱いで不定期放送。 4月から木曜日10:00 - 11:00に不定期で放送した後4月から放送日時を変更してレギュラー化。 BSJでは、2015年9月28日で最終回だったが、TXでの最終回放送分ではなく、「尻焼〜草津〜四万 秋のプチ湯治旅」だった。 『長野放送二十年の歩み』(1989年5月25日、長野放送発行)175pより。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 水曜20:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の

五大路子

五大 路子 伍代夏子

五大路子さんは1999年には横浜夢座を旗揚げし座長に就任し後継の育成にも尽力。 演劇界への功績が認められ松尾芸能賞演劇優秀賞や横浜文化賞など多くの賞を受賞しています。 そんな五大路子さんの夫と言えば俳優の大和田伸也さん。 芸能界きってのおしどり夫婦として有名で「大和田伸也・五大路子フレンズクラブ」というオフィシャルHPがあるほど。 女優と俳優だけあって馴れ初めはドラマでの共演でした。 大和田伸也さんが格さん役で出演していたテレビドラマ「水戸黄門」に五大路子さんがゲスト出演。 その際に色々な話をして親しくなり交際に発展したそうです。 夫婦共働きによるすれ違いで離婚という結末を迎える夫婦も少なくありません。 ですが、五大路子さんと大和田伸也さん夫婦は共働きなのに今も大の仲良し。 その大きな要因が互いの事を思いやる気持ち。 大和田伸也さんは五大路子さんが夢を続けられるための努力を惜しまず。 経済的な支えになる事はもちろん、子供が小さい時には子育てもかなり頑張ったそうです。 また、公私混同する事を好まない大和田伸也さんは結婚してから数えるほどしか五大路子さんとは共演していません。 ですが五大路子さんが立ち上げた横浜夢座の創立5年目の舞台で「応援」の意味を込めて共演を果たしています。 「すれ違い」は相手を思いやらず自分の事しか考えていないから生じてしまうもの。 五大路子さんと大和田伸也さんを見ているとそんな気がしてきます。 五大路子の息子も俳優に? 芸能一家として知られる五大路子さん。 夫は大和田伸也さんで義理の弟が大和田獏さん、義理の妹が岡江久美子さん。 大和田獏さんと岡江久美子さんの娘である大和田美帆さんも女優として活躍していますね。 五大路子さんの2人の息子も俳優として活動中。 長男の名前は大和田悠太さん。 東映が開催した「次世代を担う俳優養成プロジェクト」で3人の中の一人に選ばれるなど早くから俳優としての資質が評価されていました。 いくつかのドラマや映画、舞台に出演し俳優としての評価を高めていった大和田悠太さん。 そのまま両親のような名優になると思われましたがそう上手くいかないのが芸能界。 気づけば1年以上も俳優としての仕事がない、という状態になってしまったそうです。 現在も俳優としての仕事はそれほど多くはない大和田悠太さん。 ケーブルテレビのニュース番組のキャスターが主な仕事となっています。 2014年に結婚し守るものが出来た大和田悠太さん。 俳優にこだわらず色々な仕事に挑戦することできっと新しい自分を発見できるはず。 ニュースキャスターとしての実力が認められて地上波の情報番組に出演するなんて日も来るかもしれません。 とにかく仕事を選ぶ事なく与えられた仕事に全力を尽くしてほしいですね。 次男の名前は大和田健介さん。 映画「恋空」で俳優としてデビューし「ごくせん」や「踊る大捜査線」などの話題作に数多く出演。 また、父である大和田伸也さんが監督を務めた映画「恐竜を掘ろう」では脚本も担当するという多才ぶり。 大和田健介さんは中学生の頃から自主制作で映画を作っていたそうなので映画監督の才能もありそうです。 いつか大和田健介さんが脚本・監督を務めた作品に家族が揃って出演する、なんて事が起こるかも。 本当に実現したら大きな話題になることは間違いありませんね。 五大路子は実家が裕福なの? 横浜市港北区篠原町に自宅があるという五大路子さん。 自宅の地下には稽古場もあるという大豪邸で生活しているようです。 実は五大路子さんの実家は篠原町の大地主なんです。 篠原町が位置するのはちょうど新横浜駅の辺り。 新横浜駅には新幹線も止まるので地価も相当な額になるはず。 そんな好立地の大地主なんて、いったいどれほどのお金持ちだったのか想像もつきません。 新横浜の観光スポットとして知られる「ラーメン博物館」が建てられたのも五大路子さんの母が持っていた土地なんだとか。 ちなみにラーメン博物館の館長は五大路子さんの弟である岩岡洋志さんが勤めています。 また、夫である大和田伸也さんも先祖が実業家だったため実家は裕福だったそうです。 裕福な家系同士の結婚だった五大路子さんと大和田伸也さん。 「お金はある人の所に集まる」と言いますが、どうやら本当みたいですね。 五大路子と伍代夏子は姉妹? 大和田伸也さんと大和田獏さんのように兄弟そろって芸能界で活躍するというケースは少なくありません。 前述の通り五大路子さんの息子達も兄弟共に俳優として活動していますね。 実は五大路子さんも姉妹が芸能界にいる、と噂されているようです。 その人とは伍代夏子さん。 漢字は「五大」と「伍代」で異なりますが読み方は「ごだい」と同じ。 姉妹と勘違いしても不思議ではありませんが五大路子さんと伍代夏子さんは姉妹ではありません。 そもそも五大路子さんも伍代夏子さんも本名ではなく芸名。 五大路子さんの出生名は「岩岡美智子」で伍代夏子さんの出生名は「中川輝美」です。 それに五大路子さんと伍代夏子さんが姉妹であればもっと話題になっているはず。 むしろ周知の事実になっていることでしょう。 五大路子が病気になった? 五大路子さんについて調べていると「病気」というキーワードが目につきます。 年齢的には決して若いとは言えませんので何か大病を患ってしまったのでしょうか。 心配になったので詳しく調べてみましたが五大路子さんが何か大病をしたという情報はありませんでした。 では、なぜ五大路子さんが「病気」というキーワードとセットで検索されるのか。 その理由はおそらく以下の2つだと思われます。 1977年に朝の連続テレビ小説「いちばん星」でヒロインを演じた五大路子さん。 元々、同ドラマでヒロインを演じていたのは高瀬春奈さんでした。 ところが高瀬春奈さんが病気になってしまったため五大路子さんがヒロイン役に抜擢されたそうです。 この一連の出来事があったから五大路子さんは病気というキーワードと共に検索されているのでしょう。 もう1つの理由は五大路子さんと伍代夏子さんを勘違いしていること。 伍代夏子さんは2010年にC型肝炎であることを公表しています。 C型肝炎は肝臓がんに進行することもある怖い病気です。 そのためC型肝炎であると公表したら進行具合が気になって検索してしまうのでしょう。

次の

Yokohama Yumeza

五大 路子 伍代夏子

コアラ• コアラモード.• 小池郁江• 小池栄子• 小池修一郎• 小池徹平• 小池美波• 小池美由• 小池理子• 小池里奈• 恋汐りんご• 小石田純一• 小泉詠子• 小泉エリ• 小泉和裕• 小泉今日子• 小泉孝太郎• 小泉里子• 小泉進次郎• 小泉堯史• 小泉遥• 小泉萌香• 小市慢太郎• 小出恵介• 小出真保• 小井土文哉• KOINU• COIL 岡本定義• 小岩井ことり• 恋をしようよジェニーズ• COIN 来日• KOHH• KOWICHI• Kouichi ex.カメレオ• GWSN• 鴻上尚史• KOKI 田中聖• コウケンテツ• 香坂千晶• 高坂知也• 香西かおり• Koji Nakamura• 香寿たつき• 倖田來未• 幸田浩子• 國府田マリ子• 上月せれな• コウテイ• 黄帝心仙人• 河野克典• 河野玄太• 河野公平• 向野章太郎• 河野伸• こうの史代• 河野まさと• 高野麻里佳• 向野由美子• 幸野ゆりあ• 神戸市室内管弦楽団• 神戸製鋼コベルコスティーラーズ• KOMA バンド• コウメ太夫• 河本啓佑• 甲本雅裕• 康喜弼• 高良健吾• 香里有佐• 向里憂香• こゑだ• 郡愛子• KOOLOGI• こおろぎさとみ• コカ・コーラレッドスパークス ラグビー• 古賀葵• 古賀明• kogakusyu翔• 古賀シュウ• 小金沢昇司• 古閑美保• 古賀哉子• 古賀瑠• 粉川拓也• 古川優奈• KOKIA• 国際バレエアカデミア バレエ団• 国生さゆり• 国府達矢• 国分佐智子• 国府弘子• 國分優香里• 小久保淳平• 小久保裕紀• 国立ボリショイサーカス• 国立モスクワ合唱団• 國立幸• 小暮英麻• こぐれ修• 小暮邦明• 木暮真一郎• 木暮晋也• 九重親方• COCOBAT• KO KO MO• ココリコ• ココロオークション• 心屋仁之助• 古今亭今輔• 古今亭菊生• 古今亭菊志ん• 古今亭菊寿• 古今亭菊輔• 古今亭菊太楼• 古今亭菊千代• 古今亭菊之丞• 古今亭菊春• 古今亭菊丸• 古今亭菊龍• 古今亭ぎん志• 古今亭駒子• 古今亭駒治• 古今亭志ん吉• 古今亭志ん橋• 古今亭志ん好• 古今亭志ん五• 古今亭志ん輔• 古今亭志ん丸• 古今亭志ん彌• 古今亭志ん陽• 古今亭寿輔• 古今亭始• 古今亭八朝• 古今亭文菊• 小堺一機• 小坂澄• 古坂大魔王• 小坂忠• 小坂菜緒• 小坂涼太郎• 古沢良太• 小坂井祐莉絵• 小桜エツコ• コザック前田• 越谷アルファーズ Bリーグ• 腰越満美• 越中睦士• 小芝風花• 小清水亜美• コシミハル• 越村友一• Co shu Nie• kojikoji• 小嶋花梨• 小島慶子 タレント• 小嶋菜月• 小嶋陽菜• 小島聖• 小島秀夫• 小島藤子• 小嶋真子• 小島麻由美• 小島よしお• 小島良喜• 小島梨里杏• 古謝美佐子• コ・ス• 小杉十郎太• 小杉まりも• 小菅優• 小須田康人• Cosmo Sheldrake• COSMO PYKE• コ・セウォン• 小関裕太• 小園竜一• 小園凌央• コタニキンヤ.• 小谷早弥花• 小谷実可子• 小谷嘉一• 小田部羊一• 小平奈緒• 小鷹狩百花• こだま愛• 児玉明子• 児玉明日美• 児玉和弘• こだま和文• コダマセントラルステーション• こだまたいち• 児玉奈央• 兒玉遥• 児玉宏• 児玉麻里• 小玉百夏• 児玉桃• 小田夢乃• 東風平高根• 東風万智子• 国家大劇院合唱団• COCKNEY REJECTS• Cocco• cossami• コットンマウス・キングス• 小塚崇彦• 小築舞衣• 湖月わたる• 古手川祐子• 小手伸也• 小寺真理• 古典四重奏団• 小寺利光• 琴欧洲• KOTOKO• 琴奨菊• 小桃音まい• ことふえパピヨン• 寿つかさ• 寿ひずる• 寿美菜子• KOTORI• コトリ会議• コトリンゴ• 古堂たや• コドモドラゴン• 子供ばんど• KONAN• CONAN GRAY• Conor Maynard• 小西克幸• KONISHIKI• 小西桜子• 小西成弥• 小西博之• 小西真奈美• 小西美帆• 小西康陽• 小西遼生• CONNECT• 許斐剛• 小橋賢児• 古橋郷平• 小波津亜廉• コハラ• 小原徳子• 小原春香• 小原莉子• Koharu Sugawara• コハーン・イシュトヴァーン• coba• 小橋建太• 小橋めぐみ• 小早川俊輔• 小林愛香• 小林愛実• 小林明子 歌手• 小林旭• 小林梓• 小林亜実• 小林綾子• 小林うてな• 小林香• 小林香織 sax• 小林薫• 小林勝也• 小林且弥• 小林香菜• 小林歌穂• 小林かれん• 小林きな子• 小林清志• 小林桂• 小林啓子 シンガー• 小林桂太• 小林健一 俳優• 小林研一郎• 小林顕作• 小林賢太郎• 小林幸子 歌手• 小林聡美 女優• 小林沙苗• 小林沙羅• 小林さり• 小林十市• 小林隆• 小林タカ鹿• 小林武史 音楽プロデューサー• 小林辰也• 小林竜之• 小林建樹• 小林太郎 シンガー• 小林大紀• 小林親弘• 小林直己• 小林紀子バレエ・シアター• 小林英之• 小林啓倫• 小林萌花• 小林正典• 小林正寛• 小林愛 ヨガインストラクター/モデル• 小林麻耶• 小林美恵• 小林美江• 小林未郁• 小林美樹• 小林道夫• 小林ゆう 声優• 小林優子• 小林祐介 THE NOVEMBERS• 小林裕介• 小林由佳 Ms• 小林由佳 G-Rockets• 小林豊 俳優• 小林由美子• 小林よしひさ• 小林涼 俳優• 小林涼子• 小林亮太• 小林れい• 小林麗菜• コバーン• copa salvo• 小日向茜• 小日向星一• 小日向文世• 小比類巻かほる• 小比類巻貴之• コヒード・アンド・カンブリア• Co-Fusion• コブクロ• KOBUDO-古武道-• COBRA バンド• コボリツトム• kobore• 駒形友梨• 駒木根隆介• 駒沢裕城• 駒谷仁美• 小俣凌雅• 駒田一• 駒田航• COMA-CHI• 小間千代• 小松彩夏• 小松和重• こまつ座• 小松昌平• 小松準弥• 小松長生• 小松利昌• 小松菜奈• 小松原庸子スペイン舞踊団• 小松政夫• 小松未可子• 小松未歩• 小松優一• 小松亮太• コマンダンテ• Gummy• comix• 小南光司• 小南満佑子• 小南泰葉• コミネリサ• 小宮有紗• 小宮孝泰• 込山榛香• 小宮山雄飛• 小宮璃央• Communions• コムアイ• 小室安未• 小室さやか• 小室哲哉• 小室等• 古明地洋哉• 米米CLUB• THE COMET IS COMING• コメディア・デラルテ• 小森邦彦• 小森純• 小森輝彦• 小森谷巧• COMMON• 子安武人• 小柳心• 小柳友• 小柳ゆき• 小柳ルミ子• 小籔千豊• こやまきみこ• 小山剛志• コヤマヒデカズ• 小山茉美• 小山実稚恵• 小山百代• 小山裕幾• 小山裕香• 小山由美• 小山莉絵• 小山力也• 小雪 女優• コヨーテ• COLLABRO• Corey Taylor• こりゃめでてーな• コリヤ・ブラッハー• コリン・カリー・グループ• COLIN BENDERS• CORY WONG• CORINNE BAILEY RAE• コリー・ハート• コルネリア・ヘルマン• コルネリウス・マイスター• コルビー・キャレイ• Korpiklaani• コルベッツ• コルム・ウィルキンソン• 是枝裕和• コレギウム・ヴォカーレ• コレコレ• コレサワ• 是永巧一• 小六禮次郎• コロコロチキチキペッパーズ• コロッケ• コロナナモレモモ• コロボックルズ• コロンえりか• 壊れかけのテープレコーダーズ• コング桑田• KONCOS• 金剛地武志• 金剛永謹• CONGO NATTY• コンゴロック• コンスタンチン・シェルバコフ• コンスタンチン・リフシッツ• コンスタンティン・トリンクス• コンスタンティン・マルーリス• KONTA• 今拓哉• コンチェルト・ケルン• コンチェルト・ブダペスト• CONCERTO MOON• 孔大維• コンテンポラリーな生活• コンテンポラリー・ノイズ・セクステット• コント赤信号• コント山口君と竹田君• Controversial Spark• 近藤晃央• 近藤佳奈子• 近藤京三• 近藤公園• 近藤さや香• 近藤頌利• 近藤隆• 近藤孝行• 近藤岳• 近藤利樹• 近藤等則• 近藤智洋• 近藤夏子• 近藤房之助• 近藤正臣• 近藤唯• こんどうゆみか• こんどうようぢ• 近藤嘉宏• 近藤芳正• 近藤良平• 近藤玲奈• コンドルズ• 昆夏美• 紺野あさ美• 紺野彩夏• 今野杏南• 近野成美• 今野英明• 今野浩喜• 今野宏美• 紺野ぶるま• 紺野まひる• 紺野美沙子• コンビニマンションテクニカラー• コン・ファンク・シャン• CON BRIO• コン・ユ• 今陽子• CONVERGE• CO-KEY• COKEHEAD HIPSTERS• コーコーヤ• Kozi ZIZ• KOJOE• コージー冨田• kors k• KO-TARO• KOTARO AND THE BIZARRE MEN• Coda• KODALINE• CODY SIMPSON• コートニー・イートン• COURTNEY BARNETT• コートニー・パイン• コード・オレンジ• Chord Overstreet• コード9• CORNER• CORNELIUS• Co/SS/gZ• cOups.• KOHEI JAPAN• コーラスライン• コーリー・マイケル・スミス• COALTAR OF THE DEEPERS• COLDCUT• COLD KITCHEN• COLD CAVE• Cold Tommy• COLDFEET• COLDPLAY• coldrain• kolme• CORN HEAD• 郷古廉• 郷田ほづみ• 合田雅吏• 郷ひろみ• 郷本直也• 剛力彩芽• 五街道雲助• GOKIGEN SOUND• GOCOO• 獄門島一家• 極楽とんぼ• Gokou Kuyt• ゴジゲン• 五條真由美• GOJIRA• GOSTO• GOTH-TRAD• ゴスペラーズ• GOSPELS OF JUDAS• 後関好宏• 五反田団• GODIEGO• 伍代夏子• 五大路子• Gotch 後藤正文• GUTS AND DEATH• ゴットハード• GODSPEED YOU!BLACK EMPEROR• GOD SAVE THE QUEEN• GODFLESH• Gotye• 後藤郁• 後藤久美子• 後藤沙緒里• 後藤早紀• 後藤健流• 後藤大 俳優• 後藤望• 後藤秀樹 お笑い• 後藤ひろひと• 後藤麻衣• 後藤真希• 後藤正孝• 後藤まりこ• 五嶋みどり• 後藤邑子• ゴトウゆうぞう• 後藤夕貴• 五嶋龍• ゴニル• GOBBLA• GOMA• ゴマアブラ• ゴマラン・ブラス• GOMALIOS• Gom• 五明樓玉の輔• GOMESS• GOMES THE HITMAN• GOLIATH• ゴリけん• Gorillaz• golf• 五郎部俊朗• 五郎丸歩• ゴロー・ベルク• ゴング• ゴンサロ・ルバルカバ• ゴンチチ• GOING UNDER GROUND• ゴーガッツ• ゴーグルエース• THE GOGGLES• GO!GO!7188• go!go!vanillas• GOGO PENGUIN• GHOST スウェーデン• ゴースト・タウン• ghostnote• GHOSTEMANE• Ghost like girlfriend• ゴーティエ・カプソン• GO TO THE BEDS• Goat Girl• GOATBED• Gofish• GO!皆川• ゴールディー• ゴールデンボンバー• ゴールド・パンダ• GOLDFISH• GoldLink• GOLDROOM.

次の