フランス パン 作り方。 【みんなが作ってる】 バゲット 簡単 強力粉のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

フランスパン レシピ・作り方 (写真付き)

フランス パン 作り方

パンについて パンは、古代メソポタミアで食べていた、小麦粉を水でこねて焼いたものがルーツ。 その後、古代エジプトで、発酵させたパンの作り方が偶然生まれ、古代ギリシャで本格的なパンの量産がスタート。 ヨーロッパから世界へと広まっていきました。 日本では1543年に鉄砲と一緒にポルトガルから伝来しましたが、1587年の鎖国令でしばらく姿を消します。 その後、パンが注目を浴びたのは1840年頃。 アヘン戦争に備えて、米を炊いたときの煙が出ない上に、保存や携帯がしやすいパンを軍学者がすすめたことで大量生産されるようになります。 鎖国が解かれると港町を中心に広まり、1869年に創業した木村屋総本店のあんパンが大人気商品に。 そして、本格的に全国へ広まったのは、第二次世界大戦後。 食生活の洋風化が進み、パンは米に次ぐ主食となります。 現在、日本の製パン技術とパンの種類は世界一と言われるほどに成長しました。 焼きたてパンの美味しさをシンプルに感じられる丸パンの作り方。 パンを初めて作る方にもおすすめのレシピです。 生地は、台に擦り付けるように捏ねたり、打ち付けたりを繰り返します。 捏ねあがりの目安は、薄く伸ばした時に指が透けて見え、ブチッと切れなくなる程度。 あとは手順通り、温度に注意しながら発酵や成形をして焼き上げます。 しっかり捏ねることが美味しく仕上げる1番のポイントですよ。 捏ねずにふわふわのパンが作れる大人気レシピです。 作り方はまず、牛乳とバターをレンジで温めたら、ドライイースト、砂糖・塩・強力粉の順に加えて泡立て器で混ぜます。 混ざったらビニール袋に入れ、軽く揉んでレンジでチン。 6分割して丸めたら一次発酵させます。 ガス抜きをしたら丸め直して成形し、二次発酵。 フレンチトーストというのは、牛乳と卵を溶き混ぜた液に食パンやフランスパンをひたし、バターで焼いたものを指します。 ジャーマントーストということもありますね。 好みでメイプルシロップやはちみつをかけたりすることもあります。 アメリカやヨーロッパ・アジアの一部の国などで朝食や軽食、デザートとしてポピュラーな料理。 この記事では、フレンチトーストの基礎知識に加え、食パンのフレンチトースト、フランスパンのフレンチトースト、パンの耳のフレンチトースト、カステラのフレンチトースト、高野豆腐のフレンチトーストにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 サンドイッチは、2枚のパンの間に、ハムやチーズ、野菜など、何かの具材をはさんだもの。 作り方が簡単な上、好きな具材を入れて食べられるので人気があります。 持ち運びも便利なので、お弁当にもよく作られますよね。 具材を考えることで、栄養のバランスのとれたサンドイッチにすることもできます。 大人から子供まで大好きなサンドイッチで、手軽にヘルシーな食事を作ってみませんか? この記事では、サンドイッチの基礎知識に加え、たまごのサンドイッチ、野菜のサンドイッチ、肉のサンドイッチ、魚のサンドイッチ、デザート風のサンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 世界初の発酵パンは古代エジプトで誕生したという説があります。 その後、貿易交流が盛んになり、小麦の産地が拡大すると共にパンの製法も広まっていきました。 そして大きな長方形の箱型の型にいれて焼いた「食パン」が生まれたのです。 日本ではお米の不作が続き、それまでおやつの定番だったパンがお米に代わるものとして定着しました。 この記事では、食パンの基礎知識に加え、ホームベーカリーで作る食パン、食パンで作るグラタン、キッシュ、サンドウィッチ、フレンチトースト、ラスクにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

フランスパン(バゲット)作りで必要なビタミンCの作り方

フランス パン 作り方

フランスパンの作り方は、他のパンに比べなぜ難しいの? フランスパンやドイツパンは大抵、外側が硬くて中が柔らかくなっているのが特徴です。 日本の食パンみたく、きめ細かで柔らかい感じとはまた違う食感です。 噛むほどに小麦の味が口に広がり、全粒粉の小麦が使われることが多く、ブラウンなどの色合いをしています。 そして、普通の食パンはバターや砂糖を入れて作りますが、ハード系は小麦粉と塩と天然酵母だけで作るので素材の味によりパンの味が決まります。 食パンに使用するのは強力粉などのたんぱく質が多い小麦なので、ふわふわとしたパンを作るのに適しています。 逆にフランスパンでは準強力粉やフランスパン専用の小麦などのたんぱく質が少ないものを使います。 グルテン含有量が通常のパンを作る強力粉より少なくて風味も変わってきます。 生地こねでは、ロールパンなどの生地みたく透き通るほどきっちりとこねないのが普通で、フランスパンはそれほどこねません。 フランスパンは、外はパリッと中はふわっとが魅力ですが、こねすぎてしまうとこの魅力が出にくくなってしまうからです。 そして、こねあがりの温度やこねあがってからの生地の扱い方も繊細です。 生地を切ったり丸めたりする工程を適当に行うと、フランスパンの特徴がなくなり上手に膨らみません。 なので、フランスパンの作り方はとても難しくコツが必要なのです。 出来るなら不均等な気泡でクープがキレイなパンを作りたいものですよね。 フランスパンは、小麦、イーストや天然酵母、塩、モルト、水のパン作りで使用する必要最低限の材料で作れます。 パリッとした食感が魅力的なハードパンですが、作り方は様々あります。 それでは、フランスパンを上手に作る作り方のコツを紹介します。 1 生地温度を低温に 生地をこね上げた時の温度は高すぎないようにしてください。 温度が高すぎてしまうと発酵があっという間に進んでしまうので、時間をかけて発酵させることが出来なくなります。 氷水やぬるま湯を使用し、水の温度を整えるようにしましょう。 2 一次発酵の途中でガス抜きをする 初めの発酵の時に、一次発酵に必要な全体の時間の半分くらいを目標に生地のガス抜きをします。 例えると、60分発酵させるときは30分でガス抜きします。 ガス抜きの方法は、生地を持ち上げて落とすことです。 これを行うことでその後の発酵がしっかりと行われ膨らみやすいパンになります。 この時、クープナイフは可能な限り寝かせて生地に当てて、切るようにではなく表面を剥ぐような感覚でクープを入れます。 1回でクープを入れるのが難しかったら、2回~3回に分けて入れましょう。 4 スチームを入れ高温ですぐに焼く ハード系パンは高温ですぐに焼き上げないと、パリッとした食感にはなりません。 低温で時間をかけて焼くことも出来ますが、そうしたらパリッと香ばしい食感は出ないでしょう。 スチームを入れて焼くことで、パンの出来上がりのボリュームが増すので焼き色がキレイなきつね色になります。 これらのフランスパンの作り方のコツを理解してから作れば、パン屋さんにあるようなパンに近づけることでしょう。 フランスパン、作り方の基本!ミキシングのコツ 大体のフランスパンの作り方のコツを紹介しましたが、では実際に作ってみましょう。 フランスパンの作り方は大まかに、ストレート法・発酵種法・ポーリッシュ法等がありますが、最初はストレース法で初歩的な工程の流れを覚えましょう。 1 ミキシング ミキサーを使う場合は低速だけです。 2分ほどで生地に水分が浸透するので、さっと混ぜて一塊にして乾燥を防ぐためにフタをして、布巾やラップをかけて20~30分寝かせます。 この作業をルポ・オートリーズといい、この寝かせている時間で水和が進行しこね過ぎることなく伸びの良い生地作りが簡単に行うことが出来ます。 イーストは初めに仕込みますが、水からさじ1杯くらい取り除いておき、この水に溶かし混ぜます。 家庭で作る場合は仕込みが少量で、こねる時間も短いのでイーストは水に溶かしておくことで、満遍なく生地をこねることができます。 塩はグルテンを引き締めるため、加えることによりべたつきが軽減されます。 塩なしの状態で、最初に水和を進行させ酵素の活動に余裕を持たせることにより、パンのボリュームが増え風味も良くなります。 発酵時間を長くするので、こね上げ温度は低くします。 この時に2倍くらいの大きさならパンチは弱めに入れて、それより小さいようでした強めに入れます。 小さくても、しばらくすると2倍くらいの大きさになります。 時間がなければ、パンチの強弱で生地の大きさを整えることも可能ですが、強く入れすぎると生地の弾力も強くなり成形が難しくなります。 ご家庭で作る時は膨倍率を目安にしましょう。 パンチ後はもう1時間発酵をさせます。 3 パンチ フランスパンの生地の作り方で大抵は弱いパンチを入れます。 容器からゆっくりと生地を取り出したら、軽く上下左右を折りたたんでまた、容器に戻します。 このパンチ作業には下記のような意味があります。 ・グルテンを絡ませて弾力性をアップさせる ・気泡が区切られ数が増える ・新しい酸素を吸収し発酵のばらつきを整えイーストの活動をサポートする 4 分割と成形 粉300gでミニバゲット2本分くらいです。 2分割だけですがちゃんとカットすることがコツです。 棒状成形の丸めは丸めません。 成形した際に生地が傷つかないように、ここでの丸めは、軽く叩いてガス抜きし生地の上下左右を軽く折りたたみ、分割した際にべたつく断面が外にはみ出ないようにすることです。 フランスパン、成型から焼き上げまでのコツ 6 成形 綴じ目を上にして少し叩いてガス抜きをします。 大きな気泡はこの際に潰してしまいましょう。 ガス抜きと言っても、本当は大抵のガスは分散され生地に沈んでいます。 加圧されることにより生地の水分に沈着しているとも言われます。 成形時の注意点は、的確なガス抜きをして芯があり表面は張りのある状態にすることです。 綴じ目のラインを真下にしてキャンバスに乗せたら、布取りをします。 家庭用の発酵器を使う時は、湯をはらずに大きめのタッパーのフタの上で布取りをして、タッパー本体を上に覆うようして乾燥を予防します。 クープ入れはカミソリのようなクープナイフを使い、中心を考え縦に入れます。 生地表面を1枚削ぐようにするのが理想ですが、べたつく生地が刃に付いたりして2~3回切ることになると思います。 7 焼成 フランスパンみたいなハード系のパンの焼成には蒸気が必須です。 あのパリッとした食感は焼成し始めた時に蒸気を注入することにより、生地の表面に薄い水滴の幕が張り、それを焼くことで出来ます。 生地の表面が湿っている時は、パンが窯伸びしやすい状態なのでボリュームのある焼き上がりになります。 フランスパンの作り方のコツをマスターして美味しいパンを作ってみてください。 フランスパン作りのコツを掴もう フランスパンは、素材の風味を生かし、とてもシンプルな材料で作られています。 シンプルな材料で作られるフランスパンは、作り方のコツがいくつかあり、非常に難しいとされています。 フランスパンに挑戦する時は、今回の記事を参考にしてみてください。 紹介した作り方以外にも、フランスパンの作り方は様々ありますので、いろいろ試しながら自分に合った作り方を探してみるのも面白いですよ。

次の

フランスパンの作り方レシピ

フランス パン 作り方

発酵容器に水を入れ、材料全部の合計が336.4gの2.2倍の738㏄と、2.6倍の872㏄の所に印を付けます。 印を付けたら綺麗に水気を拭きとり、中に薄く油脂を塗っておきます。 手で捏ねる場合 生地を捏ねます。 ボールにフランスパン用粉を入れ、真ん中を窪ませます。 窪ませた所にモルトパウダーとインスタントドライイースト、水を入れます。 手で水と粉が馴染むように軽く混ぜ合わせます。 準強力粉が無い場合は、強力粉70%、薄力粉30%で代用してもいいです。 ひとかたまりになったらボールから取り出し捏ねます。 手のひらで軽く押して生地を伸ばし、伸びた生地を奥から手前に折り畳みます。 90度に向きを変えて同じ様に伸ばし畳みます。 これを約50回くらい繰り返します。 仕込み水の温度が高いと、ベタベタと手について捏ねにくくなります。 捏ねながら塩を数回に分けて加えます。 一気に加えてしまうと、塩が均等にならない恐れががあるので、数回に分けて入れます。 また、塩にはパン生地を引き締める効果と、グルテンを硬化させる効果があります。 塩を後から入れる「後塩法」には、吸水の増加やパンのボリュームのアップなどが目的とされているようです。 生地を伸ばしてみて、薄く伸びるようになるまでよく捏ねます。 生地をあまり捏ねずに作る方法もあったので、何回か試してみましたが、私は上手く作れませんでした。 生地がしっかり出来ている方が、クープが開いてくれたので、しっかり捏ねています。 ホームベーカリーで生地を作る場合 フランスパン用粉・モルトパウダー・インスタントドライイーストをパンケースに入れます。 塩は通常イーストを入れる場所に入れます。 我が家のホームベーカリーのパン生地コースだと、3~5分後にイースト投入が行われ、約20分捏ねた後一次発酵に移るので、発酵が始まる前に取り出します。 生地が捏ねあがったら表面を張らせる様に丸め、用意しておいた発酵容器に入れ、2.2倍になるまで発酵させます。 発酵時間は捏ね終わった時の生地温度と、発酵させる温度で時間が変わります。 2.2倍になったら発酵容器から生地を取り出します。 取り出す時にガス抜きの作業を完了しているので、生地の端を中央に持っていって丸め直します。 再度発酵容器に入れ、2.6倍になるまで発酵させます。 発酵が終わったら優しく生地を取り出し、軽く三つ折りにします。 生地が乾燥しないようにボールなどを被せ、そのまま生地を25分休ませます。 (ベンチタイム) ベンチタイムが終わったら、軽くポンポンと叩いてガス抜きします。 生地をひっくり返して同じようにガス抜きをします。 パンマットの上においたままベンチタイムすると、生地の下が乾燥しす。 なので成形の時、乾燥した方を上にして成形します。 ガス抜きが終わったら、生地の下部を生地の中央まで持っていき折り畳みます。 上側も同じ様に中央に向かって折り畳みます。 上下の生地をしっかり繋げます。 左親指で中央部分を少し抑えながら、右手で生地を折りながら閉じ合わせていきます。 綴じ目をしっかり閉じたら、軽く転がしてオーブンに入る最大の長さに成形します。 成形が終わったら、パンマットに分量外の強力粉を少量振って、うねを作ります。 作ったうねの中に綴じ目を下にしておきます。 水に濡らした布巾を固く絞り、パン生地に触れないように被せます。 さらにパンマットの余っている部分も被せ、二次発酵させます。 40分後 オーブンから生地を取り出し、空の天板を入れてオーブンの上限温度で余熱します。 余熱している時間、そのままの状態で12~15分室温で発酵させておきます。 オーブンの予熱が終わったら、生地をパンマットからクッキングシートに移し、クープを入れます。 クープを入れたらすぐに霧吹きで水分を足し、余熱した天板に乗せてオーブンの中に入れます。 オーブンの中にも霧吹きをして、30~40秒くらい蒸します。 クープを入れてから焼くまで、なるべく早く作業を完了するようにします。 クープを3本入れる時、パンの幅の3分の1の中心部分に、それぞれのクープが3分の1ずつ重なるよう入れます。 切れ目同士の間は1~1.5cmが良いとされています。 そしてクープを入れる角度は、45度以上にならないようにして入れるといいようです。 これがなかなか難しいんですよね。 未だに綺麗に入れる事ができません。 やはり回数をこなすしかないのかと、日々精進しています。 完成 バタールの完成です。 中の様子です。 フランスパンの焼減率は20~22%が理想とされています。 焼減率はパンを焼いている時に失われる水分の割合のことです。 フランスパンの種類 ・バゲット(baguette 杖、棒):細めの棒状パン。 重さ250g長さ60~70cm前後。 ・バタール(batard 中間の):バゲットとパリジャンの中間に位置する。 重さ250g長さ40cm前後。 ・パリジャン(Parisien パリっ子):重さ400g長さ68cm前後と太めの棒状パン。 山崎パンのフランスパンの製品名にもなっている。 ・ドゥ・リーブル(deux livres 2ポンド):太長のパンで重量感がある。 重さ850g長さ55cm前後。 ・フルート(flute 楽器のフルート):フルートのように細長い。 重さ200g長さ60cm前後。 ・フィセル(ficelle 紐):紐のように細い。 重さ125g長さ60~70cm前後。 ・ブール(boule 丸、ボール):ボール状の中型パン。 フランス語の「ブーランジェリー(パン屋)」の語源となっている。 ・パン・ド・カンパーニュ(田舎パン):ラグビーボール状のパン。 大きめに焼かれ、精製度の低い小麦粉を使うことが多い。 ・エピ(穂):バゲット、フルートなどで深いクープ 切れ目 を入れ、麦の穂のような形の焼き上がりになるようにしたもの。 ・シャンピニョン(champignon マッシュルーム):上に円形の「頭」がある、きのこ状のパン。 ・クーペ(coupe 切られた):約20cmの紡錘形。 焼成前にナイフで一本の長い切れ目(クープ)を入れる。 ・フォンデュ(fendu 双子または「スリットが入った」):ブールの中央にくびれを入れたパン、クーペと違いクープは入れない。

次の