ヒヒダルマ 育成論。 【ポケモン剣盾】ヒヒダルマの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ヒヒダルマ

ヒヒダルマ 育成論

【超高火力なヒヒダルマの育成方法と正しい使い方を紹介!】 今作で登場したガラルヒヒダルマは105-140-55-30-55-95いう恵まれた種族値、そして特性による高すぎる火力で現環境で大暴れしているポケモンです。 ごりむちゅう• だるまモード の二つがありますが、特性によって運用方法がかなり変わってきます。 今回は今最もメジャーな「ごりむちゅう」の特性のヒヒダルマの育成論です。 特性「ごりむちゅう」は 同じ技しか出せなくなるが、物理技の威力が1. 5倍になる。 わかりやすく言えば こだわり鉢巻を常備した火力ということです。 A140のポケモンが鉢巻を持った火力は正真正銘、頭のおかしい火力が出てきます。 この火力を活かす方法は2つ。 スカーフを巻きつけて上から火力を押し付ける• 鉢巻を巻いて意味不明な火力で相手を屈服させる うーん、なんて脳筋なポケモンなんだ…. 私がポケモン剣盾の対戦を始めた頃から愛用しているスカーフヒヒダルマはこんな感じ! — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 技構成については非常に悩むポケモンですが、それに関しては後述します。 氷柱落とし(攻撃外すな)• 馬鹿力• 蜻蛉返り• ストーンエッジ スカーフヒヒダルマの持ち物と性格 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 スカーフヒヒダルマなのでこだわりスカーフです。 特性 :ごりむちゅうの効果でこだわり系を持っているのと同じ状態なのでこだわり系以外のアイテムを持たせるのはもったいないです、その中でもこだわりスカーフの強みは元々高めのSに磨きがかかり、上から沈めていくことができる点が優秀です。 例を挙げていくと• 最速ドラパルトを抜ける• ダイジェット1回積んだトゲキッスより早い• ミミッキュより速くなることができる• スカーフロトムより速くなれる• スカーフウオノラゴンも怖くない といったことがあります。 性格は陽気か意地っ張りの選択です。 意地っ張りのメリットは ・相手への負担を増やせる ・H252バンギがダイマックスしても馬鹿力で確定で落ちる ・H4ミトムが馬鹿力でワンチャン落ちる(37. 5%) ・蜻蛉返りのダメージアップ ・H4ドリュウズが氷柱落としで確定で落ちる あまり具体的な指標はありませんが、相手に与えられる負担が多いので私は意地っ張りを採用しました。 環境で見るヒヒダルマはほとんどが意地っ張りですね。 陽気のメリットは ・最速スカーフヒトムも抜ける ・ヒヒダルマミラーでも上を取れる可能性が高い ・最速スカーフドリュウズを抜ける ・準速スカーフサザンドラを抜ける があります。 Sを最速にすることにより、特定のポケモンに対して確実に上を取ることが出来るので安定して突っ張ることができます。 できるだけ読みを避けて攻撃ができるのはかなり特ですね。 陽気のほうがメリット多いように感じますが、実際に使っていると火力の低さが響くシーンが割と多かったりするので意地っ張りを推奨しています。 (個人の感想だから好きな方使ってみたらいいよ!) スポンサーリンク スカーフヒヒダルマの努力値振りと調整先 HorBorD4 余り A252 ぶっぱ S252 ぶっぱ 調整ナシです。 「ガンガン行こうぜ」一択です。 かのポケモン実況者ライバロリ氏も今作は例外を除き調整してないと言ってましたしそんなものでしょう。 スカーフヒヒダルマの技構成 一番の問題です。 色んな技を覚え、なおかつどれも強力なのでめっちゃ迷います。 氷柱落とし• 馬鹿力 (自由枠)• 蜻蛉返り (自由枠)• ストーンエッジ (自由枠) 自由枠は1つですが、 馬鹿力と 蜻蛉返りは変えたかったら変えてもいいと思います。 メインウェポンとして 氷柱落としは確定です。 10%の外しはかなり痛く、これが原因で試合に負けることもありますが 冷凍パンチだとそこそこ火力落ちるのと3割の怯みが美味しいので 氷柱落としで大丈夫です。 馬鹿力を推奨する理由は• 氷が半減される鋼や氷に格闘が刺さる• 普通に通りがいい• ダイナックルで攻撃力が上がる です。 ナットレイやアーマーガア意識するなら フレアドライブとかに変えてもいいと思います。 蜻蛉返りを推奨する理由は• 早く動けるようになるスカーフと相性が良く、サイクルに負担をかけられる• 相手のポケモン交代を見てから交代(対面操作)ができる• ミミッキュの化けの皮を剥がしながら交代できる です。 対面操作できるのはかなりのメリットですが、技範囲を広げることを優先したいという場合は変えてもいいでしょう。 自由枠に入る技は• ストーンエッジ(ギャラやヒートロトム用)• 地震(ギルガルドやドヒドイデ用)• フレアドライブ(ナットレイ、アーマーガアを消し炭にする用)• アイアンヘッド(ニンフィア、オーロンゲ用) です。 パーティ単位で重いポケモンへの対策にしましょう。 ドヒドイデは 地震を1回耐えるので注意。 【ポケモン剣盾】ヒヒダルマの使い方と使ってみた感想 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 スカーフヒヒダルマの運用方法ですが先発に投げ苦手な相手なら交代、勝てる相手なら火力を押し付けていくというのが基本となります。 また、他のポケモンでサイクルを回しつつ相手を削り、最後にヒヒダルマが全部吹き飛ばす。 という戦い方も強力なので、高火力アタッカーとしての役割をしっかりと果たしてくれるポケモンです。 スカーフヒヒダルマを運用していく中で 難しいのはダイマックスの使うタイミングです。 ダイマックスをすると 「特性:ごりむちゅう」の効果も「こだわりスカーフ」の効果も切れてしまいます。 なので、攻撃力と素早さが下がってしまうのです。 その代わりダイマックス中は技を自由に選択することができるようになるというメリットがあります。 ダイマックスを切るか切らないかというのをしっかり見極めましょう。 使っていて思ったのは2つ。 1つは とにかく火力が高いこと、そんなにダメージ入るのかwwってくらいにゴリゴリ削ってくれます。 単純に足が早く火力が高いので受けるのも対面処理するのにも難しく、相手の選出によってはこいつだけで相手パーティが半壊することもザラです。 とにかく火力を押し付けていきましょう。 もう1つは 耐久があまりなくて困るということです。 耐久がH105-B55-D55と心許ないので受けだしはかなり厳しく、対面でも攻撃を耐えられて返しで倒されるということも割とあります。 幸い不一致抜群攻撃(無振りドラパルトの 大文字)や、一致等倍攻撃(ギルガルドの シャドーボール、ミミッキュの じゃれつく)程度なら耐えることができます。 アーマーガアやサニーゴといった引き先を用意するとサイクル戦がしやすくなり、戦いを有利に進められるのでオススメです! 【ポケモン剣盾】スカーフヒヒダルマ育成論!速さで火力を活かせ!!のまとめ — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 今回の内容をまとめると• ヒヒダルマは 種族値、特性、技範囲が優秀!• 特性とこだわり系アイテムの相性がいい!• 技は自分のパーティと 相談しながら決めよう!• 鬼火力で 上からドンドン殴りつけよう!• 耐久は不安が残るので、受けポケモンを用意しておこう! とこんな感じです。 アタッカーとしてめちゃくちゃ優秀でこいつがいるだけで相手の動きをかなり制限することができます。 火力をドンドン押し付けていって相手の体力を削って行きましょう。

次の

【ポケモン剣盾】火力ヤバすぎ!ガラルヒヒダルマの育成論まとめ【おすすめパーティー】

ヒヒダルマ 育成論

【良いところ】• また「ちからずく」により、サブウェポン「いわなだれ」の威力が「ストーンエッジ」とほぼ同威力まで上がります。 鋼タイプに強く、メタグロスの「コメットパンチ」読みでの交代出しができます。 草・虫タイプにも耐性があり、ナットレイやハッサムへの繰り出しが安定します。 タイプ耐性を生かして繰り出せる相手には、他にユキノオーやレジアイスなどがいます。 攻撃ランクを最大まで上げる積み技「はらだいこ」を覚えます。 同じく炎タイプの「はらだいこ」使いとしてはリザードンが挙げられます。 ヒヒダルマはリザードンよりも素早さで劣るものの、攻撃力では大きく勝ります。 はらカム後の「ほのおのパンチ」はタイプ耐性を生かそうとも一撃で相手を倒すほどの決定力となります。 相手に先手を取って全抜きができるようなお膳立てに成功すれば、はらカムエースとしてヒヒダルマはリザードンよりも優れています。 【悪いところ】• 単炎タイプなので、耐性を生かした交代出しをしにくいです。 一度繰り出したら止まりにくくしたいところですが、素の素早さが微妙なので全抜きは厳しいです。 素早さは激戦区に位置するためようき全振りでも構いません。 いじっぱりとするならメタグロスやマンムー抜き程度に環境次第で調整し、残りを防御に回すと鋼タイプに繰り出しやすくなります。 いのちのたま : 物理エースとして火力UPアイテムを持たせるのがオススメです。 特性「ちからずく」の仕様により、追加効果のある技を使った場合は「いのちのたま」の反動がありません。 こだわりスカーフ : 撃ち合いに強くなる効果があります。 ヒヒダルマは半減されても強力な「フレアドライブ」を持つため、相手にピンポイント読みで流されるリスクを抑えられます。 ただし「こだわりスカーフ」により役割範囲が広がることはありません。 フレアドライブ : メインとなる技です。 やけどの追加効果がなくなる代わりに威力が1. 3倍になります。 タイプ一致技には反動のない「ほのおのパンチ」もありますが、威力が低く折角の火力を生かし切れません。 いわなだれ : ギャラドス・ボーマンダへの牽制になります。 また炎技に耐性がある水タイプに等倍ダメージを与えられ、炎タイプの弱点も突けます。 追加効果のひるみが発動しなくなる代わりに「ちからずく」により威力が97となるので、命中率を考慮すると「ストーンエッジ」よりも優れた技です。 ばかぢから : 炎技に耐性がある岩タイプに効果抜群です。 バンギラスの4倍弱点を突くこともできます。 じしん : 炎技に耐性がある岩タイプに効果抜群です。 シャンデラなど、特性「もらいび」の炎対策としては「いわなだれ」よりも優秀です。 ギャラドスの無償降臨に注意。 アンコール : ヒヒダルマよりも遅い相手の「みがわり」や積み技読みで交代出しし、次のターンの先手「アンコール」で技を縛ります。 ヒヒダルマを交代出しするチャンスを増やすだけでなく、コンボ封じになります。 この技を重視しすぎると、よりコンボ封じできる範囲が広いゴウカザルを使った方が良くなってしまいます。 あくまでもヒヒダルマの降臨機会を稼ぐ技という位置づけです。 とんぼがえり : 繰り出しにくいエースであるヒヒダルマが、攻撃せずに自ら退場するのは効率が悪いです。 安定して成功させることが難しいコンボです。 「はらだいこ」エースのサポートの仕方はを参照。 体力を減らして戦うので、素の攻撃力よりも相手に先手をとることの方が重要です。 どうしても抜けない相手 「こだわりスカーフ」持ちなど は予め味方のソーナンスなどで狩っておく必要があります。 攻撃・素早さに振ることがベースとなりますが、HPは4の倍数に調整しておきます。 素早さを上げて全抜きを狙える「カムラのみ」です。 今後の解禁に期待です。 ほのおのパンチ : 体力を減らして戦うので、反動ダメージがある「フレアドライブ」は使えません。 「はらだいこ」後ならば「ほのおのパンチ」でも火力は十分で、炎技に耐性があるほとんどの相手を確1で倒せます。 みがわり : 相手の交代読みで「みがわり」を使い、コンボスタートします。 はらだいこ : 攻撃力を最大まで上げる積み技です。 ターン終了時に「みがわり」が出ていれば、次のターン安全に「はらだいこ」を積めます。 いわなだれ : 「ほのおのパンチ」に耐性があるボーマンダやギャラドスに効果抜群の技です。 「はらだいこ」後ならば彼らも「ほのおのパンチ」で十分ですが、はらカムコンボに失敗したときに役立つ技です。 じしん : バンギラスやドサイドンなど岩タイプに効果抜群です。 「ほのおのパンチ」を無効化してくる「もらいび」持ちの炎タイプ対策としても、「いわなだれ」よりも命中率が安定しています。 「はらだいこ」が成功するとは限らないので、牽制したい相手を考えて「いわなだれ」との選択になります。 アンコール : 相手の「みがわり」などの補助技読みで繰り出し、次のターンに先手で技を縛ります。 相手に隙ができるので、その間にヒヒダルマが「みがわり」を張ることができます。 はらカムコンボをスタートする起点を増やせますが、攻撃技が「ほのおのパンチ」のみになってしまいます。 コンボに成功するとは限らないので、攻撃技がひとつという選択は良くありません。 役割関係.

次の

ガラルヒヒダルマ 育成論

ヒヒダルマ 育成論

ヒヒダルマ(ガラル)の育成論 ヒヒダルマの育成論は特性をどちらにするかによって変わってくるのですが、今回は基本形となる『ごりむちゅう』を選んだものを紹介します。 性格:いじっぱり or ようき• 特性:ごりむちゅう• 持ち物:こだわりハチマキ or こだわりスカーフ• 努力値:H4 A252 S252• 実数値:• 181-211-75-45-75-147(意地っ張り)• 181-192-75-45-75-161(陽気)• 拘り鉢巻を持たせる場合 準速と最速の間にいるポケモンは、ドリュウズやルカリオ、最速の可能性はそこまで高くないもののロトムやジュラルドンなどもいます。 特にドリュウズを抜けるかどうかというのは非常に大きいので、 シングルで鉢巻を持たせる場合は、基本的に陽気推奨となります。 (ダブルのドリュウズはすなかきも多いので、意地っ張りでもいいかもしれません) 拘りスカーフを持たせる場合 準速ヒヒダルマの147という値は非常に絶妙で、スカーフをもたせれば最速のドラパルトはもちろん、ダイジェットしたトゲキッス 145 やギャラドス 146 さえ抜くことが可能となっています。 そのため、スカーフドリュウズやスカーフロトムといったポケモンを想定しないのであれば、スカーフを持たせるときは意地っ張りもありでしょう。 ヒヒダルマは元の攻撃が高いので、補正をかけられるかどうかはダメージにも大きく影響しますしね。 特性はごりむちゅうを選ぼう!ダルマモードは玄人向け! ガラルのヒヒダルマの専用特性である 『ごりむちゅう』は、同じ技しか出せなくなる代わりに攻撃が1. 5倍になるという単純で強力な特性となっています。 同じデメリットを持つ拘りスカーフや拘り鉢巻を持たせることも可能となっており、効果も重複するので非常に相性の良い持ち物となっています。 一方の夢特性である『ダルマモード』は、扱いは難しいものの、ロマン溢れる特性となっています。 今回紹介するのは基本形となる『ごりむちゅう』を採用したものですが、ダルマモードも面白い特性なので、持っている人は試してみるといいでしょう。 持ち物は拘りスカーフか拘り鉢巻! ガラルの姿のヒヒダルマを使う以上、『ごりむちゅう』と相性の良い拘り系の道具を持たせない理由はないでしょう。 努力値はASベース 上のほうで紹介した努力値は、 H4 A252 S252 としました。 陽気ならこれで間違いないと思いますが、意地っ張りの人はちょっと工夫して、 H4 A244 B4 D4 S252 とするのも良いでしょう。 攻撃の実数値を1落とすだけで、耐久面の実数値を2上げられるお得な配分です。 陽気だとA252振りの実数値が192と偶数なのに対し、意地っ張りは211と奇数になっているので、攻撃の実数値を1落とすのはありだと思います。 シングルでもダブルでも、この努力値で使いまわせるので便利ですね。 おすすめの技 ヒヒダルマ(ガラル)のおすすめの技を紹介します。 つららおとし ヒヒダルマの覚える氷技の中でも最高威力の技ですが、命中不安なのがネックです。 3割で怯みが取れるので、負け試合も無理やりひっくり返す力もあるものの、勝ち試合を落としてしまう可能性もあるので冷凍パンチとの選択になるでしょう。 れいとうパンチ ヒヒダルマは弱点が多く耐久も高くないため、技外しが負けに直結しやすいタイプのポケモンです。 ダイマックス時の威力も変わりませんし、堅実にいく人は氷柱落としではなく冷凍パンチを採用すると良いでしょう。 フレアドライブ 氷タイプの通りにくい氷や鋼タイプに対する打点として、また高威力の命中安定技としてフレアドライブはほぼ採用されることでしょう。 じしん 氷と炎の両方を半減してくる炎タイプや水タイプのポケモンへの打点として、またダイマックス時はダイアースで特防を上げることも可能な便利な技です。 ギルガルドを触れずに攻撃できるのも評価しています。 いわなだれ・ストーンエッジ じしんと同じく炎や水タイプへの打点としての採用理由となります。 岩技の通りはいいですが、命中不安な点には注意しましょう。 とんぼがえり とんぼがえりは攻撃しながら引けるのが強く、拘り持ちと相性の良い技です。 ヒヒダルマの場合は蜻蛉でもかなりの削りが期待できるので、なるべく採用したい技です。 ばかぢから 格闘技自体は欲しいことが多いのですが、使うたびに攻撃が落ちていくのが悩みどころです。 ヒヒダルマ(ガラル)の対策 ガラルの姿のヒヒダルマを相手に受けに回るのは厳しいです。 ヒートロトムやウォッシュロトムであれば比較的安定しますが、ヒヒダルマ側も蜻蛉返りを覚えるので得策とは言えません。 ヒヒダルマ(ガラル)を上から倒す ヒヒダルマの上を取れるポケモンは少ないですが、先制さえできれば倒すことは難しくないポケモンなのでなんとかして上をとっていきたいところです。 マッハパンチやバレットパンチで弱点を狙うのもいいかもしれません。 スカーフまでは抜けなくても、162以上の素早さを持つポケモンにスカーフヒヒダルマの攻撃を耐える調整をするのも有効と言えるでしょう。 技が固定されることを利用して積みの起点にする ヒヒダルマ自体の対策とは言えないかもしれないのですが、ヒヒダルマのごりむちゅうで技が固定されることを利用して、積みの起点にするのも良い手です。 例えば、自分のドラパルトが相手のスカーフヒヒダルマに氷技で倒されたとして、次にパルシェンを出せば殻を破るチャンスになります。 地震で倒されたケースではギャラドスで龍舞を積んだりと、うまいこと利用していきましょう! まとめ ガラルの姿のヒヒダルマは、やることはシンプルながら、とても強いポケモンです。 攻撃性能は高いですが、先手を取れないと弱いポケモンなので、相手のスカーフ持ちには注意が必要です。 相手にする場合は、技が固定されてしまうことを利用して、積みの起点にするなどして対策していきましょう!•

次の