ポケカラ 投げ銭。 Pokekara(ポケカラ)のペンライトの使い方!送り方・集め方・貰うとどうなるのかも紹介

【悲報】ポケモン剣盾、改造個体がオンライン上で確認される 未解禁の夢ヒバニーがマジカル交換で流れてきた…(※画像あり)

ポケカラ 投げ銭

Contents• 足跡をつける 足跡とは、他のユーザーの歌った録音を視聴することで 自動的に訪問履歴を残す機能です。 足跡は録音を投稿した本人のみが見れるようになっており、 同じユーザーが同じ録音に複数回訪問した場合にもその都度記録されます。 同じ人が何度も訪問しているようであれば自分の録音が気になっているということなので、反応を返すとフォロワーに繋がることもあるでしょう。 コメント・ペンライトやDM(ダイレクトメッセージ)で交流する 貰ったペンライトやコメントが多いと人気ランキング・曲ランキングの順位が上がるシステムになっています。 ランキングから自分の録音を聴いてくれた人がフォローしてくれて、順位が上がりさらにフォロワーが増えていくといった相乗効果があります。 また、曲を通してではなく 本人同士でやりとりをしたい際にはDM(ダイレクトメッセージ)でメールを送ることもできます。 リクエスト曲を送る・歌う 聴きたい曲を他のユーザーに歌ってもらえる「リクエスト」 特定のユーザー宛に送ることも、リクエスト曲を歌いたいユーザーにランダムで送ることも可能です。 リクエストを送ったり歌ったりすることで、反応してくれたユーザーがフォロワーに繋がることもあります。 Pokeマッチで交流する Pokeマッチとは 複数のユーザーがリアルタイムで集まってお題曲を歌っていく機能です。 上手く歌えたり、聴き手にいいなと感じさせられればフォロワーが増えるでしょう。 Pokeマッチには次の3種類があります。 人気曲早歌い• 人気曲歌い回し• 友達ルーム 「人気曲早歌い」「人気曲歌い回し」はそれぞれ12ステージあり、1曲歌うごとにAIが正式に歌えていたかを判定します。 判定結果で一番良い成績を残せた人が優勝となり、結果に応じてペンライトを貰えます。 次の曲を待っている間はコメント・即コメ機能を使って参加者と交流することも可能なので、気になったユーザーがいたら積極的に反応してみましょう。 採点機能で高得点を出す Pokekaraには採点機能が実装されており、一曲ごとに「チャレンジランキング」が設置され、 同じ曲を歌ったユーザー内で得点が高い順にランキングで発表されます。 歌唱力のある人だけが高得点をとっているというわけではないので、何度も挑戦して高得点を出せばランキングに表示され他のユーザーの目につき易くなりフォローに繋がることも増えるでしょう。 尚、 採点に反映される要素は次の4点となっています。 外部マイクをつけずにスマホに直に声を吹き込むと、ノイズが混ざってしまうので低く判定されてしまう。 イヤホンマイクは聴く機能が正常でも、マイク機能が壊れている事もあるので注意。 SNSを活用する PokekaraはTwitter・Instagram・Facebookなど他のSNSアプリと連携できるようになっています。 使える機能はSNSごとによって違いますが、主に 録音した曲をシェアしたり、他SNSのフォロワーをPokekaraに招待するなどです。 Pokekara内だけではなく、 他のSNSと併用することにより更にPokekaraユーザーとの接点ができフォロワーを増やすことが期待できます。 Pokekara• ポケカラ• ポケカラ民と繋がりたい 利用しているSNSのフォロワーをPokekaraに招待・フォローする SNSアプリ連携機能を利用すれば友達をPokekaraに招待できます。 「友達を招待する」をタップした先の画面にある 「フレンドリスト」には既にPokekaraを使用しているSNSの友達が表示されるので気軽にフォローを送れます。 Pokekaraの公式アカウントをフォローする 利用しているSNSの友達検索機能で「Pokekara」と入力し、公式アカウントが登録されているようであればフォローしましょう。 Pokekaraのフォロワー欄に自分が表示されることによって、Pokekaraユーザーの目に止まったり、Pokekaraユーザーの注目度が高まるキャンペーンなどのお知らせをタイムラインでいち早く入手できるようになります。 Pokekara以外にも録音した曲をシェアする 録音したものを他のSNSにシェアすることによって、SNS内で録音を聴いて気になった人が反応してくれることがあります。 いい録音ができた!と思った時には迷わず他のSNSにもシェアしましょう。 ユニークな録音を投稿する 上手い歌を目指す以外にも、 声マネやネタ録音などで人目を引きつけるのも良いでしょう。 また 伴奏中など歌っている間以外にも声の入力が可能なので、 個性のあるトークを交えてみると人柄など歌以外の部分でファンになってくれる人も現れるでしょう。 歌を上達させる フォロワーやファンを増やすのに最も効果的なのは歌を上達させること。 最近では ネットの記事やYouTubeで手軽にボイトレができるので、練習次第で様々なテクニックや基礎を身につけられるようになってきました。 また Pokekaraの公式Twitter・Instagram・Facebookでもコツを紹介しているので、是非実践して更なる上達を目指しましょう!.

次の

Pokekara(ポケカラ)のペンライトの使い方!送り方・集め方・貰うとどうなるのかも紹介

ポケカラ 投げ銭

みなさんこんにちは! 池袋社会人ポケカ部部長のふっさんです。 当日は運営と配信卓ジャッジを私が、配信はおふてんくんに取り仕切ってもらいました!参加者のみなさん本当にありがとうございました!(下はチームISPのプレマ) 今回の記事は以下のポイントで作成をしました。 海外はウィークガードでしたが、今回はジラーチGX型ということで、しっかり環境を読んで弱点ケアをしている姿が印象的。 準優勝 じぇいくん エースバーンVMAX [一言メモ] チームメイトのじぇいくんのデッキ。 特徴的なのはボスが0できゅうびのいざないでベンチ狙撃をする型であること。 また、ガラルジグザグマがエースバーンのダイカエンダマ170+やけど20にかんしゃくヘッド10でHP200ラインを、ボルケニオンのこうねつばくは110+10で120ラインをみれるのが非常に優秀な1枚。 エースバーンでは完成に近い構築の印象。 3位 ウーくん 超パーフェクション [一言メモ] マリィ+ナイトウォッチャーの最強戦術を確実に決めに来ている構築。 溶接工に頼るデッキはドロソが絞られているので、かなり止まりやすくなっています。 また、界隈で有名なマーイーカ3、カラマネロ4構築となっていまうす。 イエッサンが環境TOPのマルヤクデ非常に強く、デッキ選択として納得の構築でさすが!!! 4位 むさしくん エレキパーフェクション [一言メモ] チームメイトのむさしくんのデッキ。 この構築は実際に対戦した人にしかわからないと思いますが、本当に強いデッキです。 使い方はぜひ、彼のnoteを見てほしいです!カード種類がめちゃくちゃ多いので練度は相当必要… 記事: ベスト8 もっちさん 後攻特化マッドパーティー [一言メモ] アイディアデッキといえばこの人!もっちさんの最近の代名詞のデッキ!後1からどんどん殴っていきます!配信卓でも後1でジラーチが粉砕。 ティーブレイクを言わずとも高火力殴り続けるほうが強いことを教えてくれるデッキ。 安定感が強く、たいていのデッキに不利をとらない構築となっていて、久しぶりにピカゼクをつかいたいなとなる、わかりやすくポケカの楽しさを教えてくれるデッキ。 ばんさんの講師記事: ベスト8 よしくん ウルトラネクロズマGX [一言メモ] 超パーフェクションの要素が強く見えますが、ビーストリング2枚、イカライン4-4、ミュウミュウ1と、ウルトラネクロズマの強さを存分に生かしたデッキ。 よしくん流石だなと思える環境に合わせたデッキ選択! ベスト8 ユウボーさん マルヤクデVMAX [一言メモ] 回復札0、ボスの指令3投、フィオネ1の攻撃的なマルヤクデ。 ポケモン通信が0な代わりに、デデンネ2、スーパーボールでマルヤクデを並べていくスタイルに見えます。 スタンプ2でしっかり終盤ボスを流そうとする意図も見えて好印象。 採用が不思議なカードは入っておらず、マルヤクデの火力と強さを純粋に押し付ける構築で強いと感じました! どのデッキも学びが多く、やはり大会上位者はプレイングはもとより、採用意図が明確で、デッキを詰めるのがうまいことが伺えますね!!! 改めて本当にありがとうございました! ここからは、投げ銭代わりのデッキ分布と環境考察になります。 中々面白い結果になっているので、もしよろしければどうぞ!.

次の

【悲報】ポケモン剣盾、改造個体がオンライン上で確認される 未解禁の夢ヒバニーがマジカル交換で流れてきた…(※画像あり)

ポケカラ 投げ銭

Contents• 足跡をつける 足跡とは、他のユーザーの歌った録音を視聴することで 自動的に訪問履歴を残す機能です。 足跡は録音を投稿した本人のみが見れるようになっており、 同じユーザーが同じ録音に複数回訪問した場合にもその都度記録されます。 同じ人が何度も訪問しているようであれば自分の録音が気になっているということなので、反応を返すとフォロワーに繋がることもあるでしょう。 コメント・ペンライトやDM(ダイレクトメッセージ)で交流する 貰ったペンライトやコメントが多いと人気ランキング・曲ランキングの順位が上がるシステムになっています。 ランキングから自分の録音を聴いてくれた人がフォローしてくれて、順位が上がりさらにフォロワーが増えていくといった相乗効果があります。 また、曲を通してではなく 本人同士でやりとりをしたい際にはDM(ダイレクトメッセージ)でメールを送ることもできます。 リクエスト曲を送る・歌う 聴きたい曲を他のユーザーに歌ってもらえる「リクエスト」 特定のユーザー宛に送ることも、リクエスト曲を歌いたいユーザーにランダムで送ることも可能です。 リクエストを送ったり歌ったりすることで、反応してくれたユーザーがフォロワーに繋がることもあります。 Pokeマッチで交流する Pokeマッチとは 複数のユーザーがリアルタイムで集まってお題曲を歌っていく機能です。 上手く歌えたり、聴き手にいいなと感じさせられればフォロワーが増えるでしょう。 Pokeマッチには次の3種類があります。 人気曲早歌い• 人気曲歌い回し• 友達ルーム 「人気曲早歌い」「人気曲歌い回し」はそれぞれ12ステージあり、1曲歌うごとにAIが正式に歌えていたかを判定します。 判定結果で一番良い成績を残せた人が優勝となり、結果に応じてペンライトを貰えます。 次の曲を待っている間はコメント・即コメ機能を使って参加者と交流することも可能なので、気になったユーザーがいたら積極的に反応してみましょう。 採点機能で高得点を出す Pokekaraには採点機能が実装されており、一曲ごとに「チャレンジランキング」が設置され、 同じ曲を歌ったユーザー内で得点が高い順にランキングで発表されます。 歌唱力のある人だけが高得点をとっているというわけではないので、何度も挑戦して高得点を出せばランキングに表示され他のユーザーの目につき易くなりフォローに繋がることも増えるでしょう。 尚、 採点に反映される要素は次の4点となっています。 外部マイクをつけずにスマホに直に声を吹き込むと、ノイズが混ざってしまうので低く判定されてしまう。 イヤホンマイクは聴く機能が正常でも、マイク機能が壊れている事もあるので注意。 SNSを活用する PokekaraはTwitter・Instagram・Facebookなど他のSNSアプリと連携できるようになっています。 使える機能はSNSごとによって違いますが、主に 録音した曲をシェアしたり、他SNSのフォロワーをPokekaraに招待するなどです。 Pokekara内だけではなく、 他のSNSと併用することにより更にPokekaraユーザーとの接点ができフォロワーを増やすことが期待できます。 Pokekara• ポケカラ• ポケカラ民と繋がりたい 利用しているSNSのフォロワーをPokekaraに招待・フォローする SNSアプリ連携機能を利用すれば友達をPokekaraに招待できます。 「友達を招待する」をタップした先の画面にある 「フレンドリスト」には既にPokekaraを使用しているSNSの友達が表示されるので気軽にフォローを送れます。 Pokekaraの公式アカウントをフォローする 利用しているSNSの友達検索機能で「Pokekara」と入力し、公式アカウントが登録されているようであればフォローしましょう。 Pokekaraのフォロワー欄に自分が表示されることによって、Pokekaraユーザーの目に止まったり、Pokekaraユーザーの注目度が高まるキャンペーンなどのお知らせをタイムラインでいち早く入手できるようになります。 Pokekara以外にも録音した曲をシェアする 録音したものを他のSNSにシェアすることによって、SNS内で録音を聴いて気になった人が反応してくれることがあります。 いい録音ができた!と思った時には迷わず他のSNSにもシェアしましょう。 ユニークな録音を投稿する 上手い歌を目指す以外にも、 声マネやネタ録音などで人目を引きつけるのも良いでしょう。 また 伴奏中など歌っている間以外にも声の入力が可能なので、 個性のあるトークを交えてみると人柄など歌以外の部分でファンになってくれる人も現れるでしょう。 歌を上達させる フォロワーやファンを増やすのに最も効果的なのは歌を上達させること。 最近では ネットの記事やYouTubeで手軽にボイトレができるので、練習次第で様々なテクニックや基礎を身につけられるようになってきました。 また Pokekaraの公式Twitter・Instagram・Facebookでもコツを紹介しているので、是非実践して更なる上達を目指しましょう!.

次の