パクソジュン iu。 IU、イ・ビョンホン監督の新作映画「ドリーム」に出演決定…パク・ソジュンと共演で早くも話題に

俳優パク・ソジュンとIUの豪華共演!新作映画『ドリーム』がクランクイン!

パクソジュン iu

と思いながらポチしてました。 挿入歌もFMなどで歌っていてyou tubeでもよく見ています。 ストーリーテーラーとして声も良いですよね〜。 笑顔が素敵でずっとみていたいんですけど、何せ言葉がわからないし、何だかファンと電話してるのかなぁ、楽しそうに話していて、淋しくなってやめちゃいました。 韓国語の勉強頑張らなくちゃ。 まだまだ始めたばかりなり 涙。 いつか切ないロマンス観てみたいです。 コロナが落ち着いて 韓国行けるようになれば 梨泰院行ってみたい人沢山いますよね! リモート飲み会で梨泰院クラスの話題で盛り上がっている芸人さん達も梨泰院皆で行こう!って言ってましたね! 観ていたら本当に行きたくなります。 梨泰院行こうか? あま~いソジュンにも会いたくなった。 悪のクロニクルも観たくなってます。

次の

IU 初の長編映画出演に力を添える '梨泰院クラス' パク・ソジュン

パクソジュン iu

イ・ビョンホン監督の新作映画「ドリーム 仮題 」がキャスティングを確定してクランクインした。 8日、メガボックス中央 株 プラスエムによると、映画「エクストリーム・ジョブ」の演出を担当したイ・ビョンホン監督の新作である「ドリーム」はとイ・ジウン(IU(アイユー))を筆頭に、キム・ジョンス、コ・チャンソク、チョン・スンギル、イ・ヒョヌ、ヤン・ヒョンミン、ホン・ワンピョ、ホ・ジュンソク、イ・ハニなどキャスティングを確定し、7日にクランクインしたという。 パク・ソジュンは半ば強制的に集められたサッカー代表チームの監督を任されたが、時間が経つにつれ心からチームメンバーを信じ指導するユン・ホンデ役を演じる。 イ・ジウンはホンデ パク・ソジュン が監督を務める代表チームのドキュメンタリー製作で成功を夢見る放送局PDイ・ソミン役を演じる。 撮影初日に先立って行われた台本の読み合わせ現場では多彩なキャラクターを演じた俳優たちが愉快なエネルギーと完璧なケミストリーを披露し、終始一貫して笑いが絶えなかったという。 イ・ビョンホン監督は「長い間準備した作品で、私にとっても意味深い作品だ。 立派な俳優たちが集まり共にする作業だけに期待が高まる」と話しており、パク・ソジュンは「ホンデとして過ごす時間が期待され、ときめく。 観客の皆さんにいい作品をお届けできるように一生懸命駆けていきたい」と抱負を伝えました。 イ・ジウン(IU)は「初の長編映画デビュー作であるだけに、ワクワクした気持ちと責任感を持って作品に臨みたい。 あたたかく、学ぶことが多い先輩、同僚の俳優たち、そしてスタッフと共にすることができて嬉しい」と感想を述べた。 話題の映画「ドリーム」は来年、韓国で公開される予定。

次の

IU 初の長編映画出演に力を添える '梨泰院クラス' パク・ソジュン

パクソジュン iu

イ・ビョンホン監督の新作映画「ドリーム 仮題 」がキャスティングを確定してクランクインした。 8日、メガボックス中央 株 プラスエムによると、映画「エクストリーム・ジョブ」の演出を担当したイ・ビョンホン監督の新作である「ドリーム」はパク・ソジュンとイ・ジウン(IU(アイユー))を筆頭に、キム・ジョンス、コ・チャンソク、チョン・スンギル、イ・ヒョヌ、ヤン・ヒョンミン、ホン・ワンピョ、ホ・ジュンソク、イ・ハニなどキャスティングを確定し、7日にクランクインしたという。 パク・ソジュンは半ば強制的に集められたサッカー代表チームの監督を任されたが、時間が経つにつれ心からチームメンバーを信じ指導するユン・ホンデ役を演じる。 イ・ジウンはホンデ パク・ソジュン が監督を務める代表チームのドキュメンタリー製作で成功を夢見る放送局PDイ・ソミン役を演じる。 撮影初日に先立って行われた台本の読み合わせ現場では多彩なキャラクターを演じた俳優たちが愉快なエネルギーと完璧なケミストリーを披露し、終始一貫して笑いが絶えなかったという。 イ・ビョンホン監督は「長い間準備した作品で、私にとっても意味深い作品だ。 立派な俳優たちが集まり共にする作業だけに期待が高まる」と話しており、パク・ソジュンは「ホンデとして過ごす時間が期待され、ときめく。 観客の皆さんにいい作品をお届けできるように一生懸命駆けていきたい」と抱負を伝えました。 イ・ジウン(IU)は「初の長編映画デビュー作であるだけに、ワクワクした気持ちと責任感を持って作品に臨みたい。 あたたかく、学ぶことが多い先輩、同僚の俳優たち、そしてスタッフと共にすることができて嬉しい」と感想を述べた。 話題の映画「ドリーム」は来年、韓国で公開される予定。

次の