堺 市 コロナ。 新型コロナ:堺市が保証料を負担、企業の資金繰りを支援 :日本経済新聞

同居家族のコロナ感染、在宅高齢者の生活支援 神戸市/堺市

堺 市 コロナ

最新情報 府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方について 令和2年5月5日、府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方『大阪モデル』を作成しました。 詳しくはをご覧ください。 新型コロナウイルスに関連した患者の発生等について 新型コロナウイルスの発生状況や検査状況等については でご覧いただけます 新型コロナウイルス厚生労働省対策本部クラスター対策班より、なみはやリハビリテーション病院における新型コロナウイルス感染症院内発生に関する現地調査支援報告が示されました。 報道提供 をご覧ください。 また、受診についての相談にお応えするため、 「新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)」 を府内各保健所内に設置しました。 ・ ・ 安静・療養の対象となる方へ ・ ・ ・ 啓発関係 ・新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭われた方からの人権相談はで受け付けております。 ・大阪府では、新型コロナウイルス感染症に関する不安やストレスなど、こころの健康問題に関して相談窓口や対処法などの情報提供を行っています。 詳細はをご覧ください。 ・また、SNSによる相談窓口はをご覧ください。 ・ 【ネット上の情報について】 ネット上には、新型コロナウイルス関連肺炎に係る様々な情報が流れていますが、 中には事実と異なる情報もあります。 府民の皆様におかれましては、 厚生労働省や大阪府が発信する正確な情報に基づき、落ち着いて行動してください。 医療機関の皆様へ 【医療機関向け新型コロナ受診・検査相談センター】 「帰国者・接触者外来」への受診や検査依頼に関する相談に対応します。 【支援メニューについて】 新型コロナウイルス感染症患者の受入れに必要な体制整備に対する支援については、下記よりご確認ください。 ・ 【新型コロナウイルス感染症関連の通知】 ・ ・ 新型コロナウイルス感染症関連情報について 学校関係、イベントの中止及び中小企業・小規模事業者相談窓口等の情報については下記ページをご覧ください。 ・ 物資の寄付及び購入について ・ ・ 大阪府新型コロナウイルス対策本部 大阪府では、新型コロナウイルス対策の推進を図るため、令和2年1月24日に「大阪府新型コロナウイルス対策本部」を、令和2年3月12日に対策本部の下に「大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議」を設置しました。 また、大阪府において新型コロナウイルス感染症の患者が増加した場合の「状況の進展に応じて段階的に講じていくべき施策のうち、サーベイランス、感染拡大防止策、医療提供体制」について協議することを目的として、令和2年4月1日に「大阪府新型コロナウイルス感染症対策協議会」を設置しました。 詳細はをご覧ください。 関連ページ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・府内政令中核市の新型コロナ関係ホームページ一覧 このページの作成所属.

次の

同居家族のコロナ感染、在宅高齢者の生活支援 神戸市/堺市

堺 市 コロナ

堺市は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、中小企業が運転資金などの融資を受ける際に、市が保証料を負担する独自の制度を導入すると発表した。 中小企業のテレワーク導入支援などと合わせ、2020年度4月の補正予算として約3億9千万円を市長専決処分した。 市内の水道利用者の基本料金を8割減額する対策も打ち出した。 堺市の外郭団体、堺市産業振興センターが保証をする融資制度を利用する場合に、減収見込みなどの条件を満たせば本来企業が負担する保証料を市が肩代わりする。 融資額が2500万円の場合、保証料は約100万円。 300社の利用を想定し3億円の予算を組んだ。 融資するのは民間金融機関で担保が必要。 年利は1. 融資額は最大5千万円で、期間は10年以内。 申込期間は15日から9月30日まで。 堺市によると、足元で政府系金融機関や信用保証協会を利用すると融資実行までに1~2カ月かかる。 堺市の仕組みなら最短で1~2週間で融資を受けられるという。 補正予算にはコロナ感染検査の強化策や、雇用調整助成金の相談窓口創設なども盛り込んだ。 水道料金の減額は、外出自粛で水道使用量の増加が見込まれることに対応した。 所要額は約10億円。

次の

同居家族のコロナ感染、在宅高齢者の生活支援 神戸市/堺市

堺 市 コロナ

堺市は自宅待機者に2週間分の食品や日用品を無料で届ける 堺市は13日、同市が自宅待機を要請した新型コロナウイルス感染症の陽性者や濃厚接触者に、食品や日用品を無料で配達するサービスを始めると発表した。 希望者に2週間分で最大1万5千円程度の品を自宅の玄関先まで届ける。 自宅待機者が買い物で外出し、感染が拡大するのを防ぐ。 今年度の補正予算で390万円を確保し、250人分を用意する方針だ。 14日に始める。 カップ麺や缶詰などの食品、ティッシュなどの日用品などを箱詰めして「自宅療養等応援パック」として届ける。 必要な人には粉ミルクや生理用品、おむつなども提供する。 サービス希望の有無は保健所の保健師が健康観察の際に聞き取る。 翌日、業務委託先の大阪いずみ市民生活協同組合が配達する。 自宅待機者の外出抑制のほか、不安や経済的負担を軽減する狙いもある。 堺市には12日時点で自宅待機者が25人おり、うち24人が濃厚接触者、1人が陽性者だという。

次の