杉村太蔵 なんj。 杉村太蔵、木下優樹菜さん引退発表直後にフジモンと収録「もう見てられない」

杉村太蔵「ツーブロック禁止」のブラック校則に理解「社会に出たときのルールを守る練習」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

杉村太蔵 なんj

元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)が15日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月〜金曜後9・00)で話題となっている「ブラック校則」に言及し「ルールを守る練習」と理解を示した。 一部の都立高校でツーブロックが禁止されていることを受け、ツイッターでは「ツーブロック禁止」がトレンド入りするなど子供の自由を制限する「ブラック校則」が話題となった。 これについて杉村は「刈り上げならいいんでしょうね」と冗談めかしつつ「僕は校則はルールを守る練習だと思っている」と話した。 「校則って確かに、大人から見ても『なんだこれ』っていうの結構ありますよ。 僕は北海道出身で、マフラーの巻き方の校則もありました」と自身の経験を振り返り「校則はなぜ存在するのかというと、子供たちがルールを守る練習。 世の中に出たときに『これ変なルールだな』と思うことがありながらも、ルールである以上それを守らなければいけない。 それを守る訓練というのもどこか教育的にあるのかなと理解しています。 世の中の法律でも納得できないものって結構あると思いますから」とあくまで教育に必要なものであると強調。 「生徒が納得できないと」という意見に対しては「僕はそこが訓練だと思っている。 世の中に出たときに、全てにおいて納得できないこともあるでしょう。 納得できないことも受け入れるという訓練が未成年のときに必要なんじゃないかなと思う。 こういう意味不明な校則もあっていいんじゃないかな」と持論を展開した。

次の

ミヤネ屋で放送事故、山梨大学の学長が杉村太蔵のアホ質問にブチギレw「PCR検査してねえのに死因が分かるわけねえだろ馬鹿!」

杉村太蔵 なんj

元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)が7月15日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、話題となっている「ブラック校則」に言及したが、その発言にネット上では波紋が巻き起こっている。 一部の都立高校でツーブロックが禁止されていることを受け、話題となっている「ブラック校則」。 スポニチによると、番組内で杉村はこの「ブラック校則」について「僕は校則はルールを守る練習だと思っている」と話した。 「校則って確かに、大人から見ても『なんだこれ』っていうの結構ありますよ」と自身の経験を振り返り「校則はなぜ存在するのかというと、子供たちがルールを守る練習。 世の中に出たときに『これ変なルールだな』と思うことがありながらも、ルールである以上それを守らなければいけない。 それを守る訓練というのもどこか教育的にあるのかなと理解しています。 世の中の法律でも納得できないものって結構あると思いますから」と校則はあくまで教育に必要なものであると強調。 「生徒が納得できないと」という意見に対しては「僕はそこが訓練だと思っている。 世の中に出たときに、全てにおいて納得できないこともあるでしょう。 納得できないことも受け入れるという訓練が未成年のときに必要なんじゃないかなと思う。 こういう意味不明な校則もあっていいんじゃないかな」との持論を展開する杉村に対し、ネット上では懐疑的な意見が上がっている。 《「不条理なルールに従い続ける社会」ではなく、「不条理なルールに声を上げて変える社会」にしなければ。 》 《「ルールを守る練習」が必要なら、「ルールを変える練習」も不可欠。 黙ってルール従うだけでは、考える人は育ちません。 》 《そんな無意味な練習は必要ない。 『ダメ』と言うなら、子供たちに納得出来る説明をするのが大人の仕事。 》 自身もオフィスビルの清掃員から国会議員になるという、激動の人生を送ってきた杉村。 理不尽に耐える経験も多かったのかもしれないが、その経験をそのまま次の世代に押し付けるだけでは、世間の納得を得ることは難しそうだ。

次の

杉村太蔵が“ブラック校則”に持論、ネットでは批判の声も(2020年7月16日)|ウーマンエキサイト(1/2)

杉村太蔵 なんj

元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)が7月15日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、話題となっている「ブラック校則」に言及したが、その発言にネット上では波紋が巻き起こっている。 一部の都立高校でツーブロックが禁止されていることを受け、話題となっている「ブラック校則」。 スポニチによると、番組内で杉村はこの「ブラック校則」について「僕は校則はルールを守る練習だと思っている」と話した。 「校則って確かに、大人から見ても『なんだこれ』っていうの結構ありますよ」と自身の経験を振り返り「校則はなぜ存在するのかというと、子供たちがルールを守る練習。 世の中に出たときに『これ変なルールだな』と思うことがありながらも、ルールである以上それを守らなければいけない。 それを守る訓練というのもどこか教育的にあるのかなと理解しています。 世の中の法律でも納得できないものって結構あると思いますから」と校則はあくまで教育に必要なものであると強調。 「生徒が納得できないと」という意見に対しては「僕はそこが訓練だと思っている。 世の中に出たときに、全てにおいて納得できないこともあるでしょう。 納得できないことも受け入れるという訓練が未成年のときに必要なんじゃないかなと思う。 こういう意味不明な校則もあっていいんじゃないかな」との持論を展開する杉村に対し、ネット上では懐疑的な意見が上がっている。 《「不条理なルールに従い続ける社会」ではなく、「不条理なルールに声を上げて変える社会」にしなければ。 》 《「ルールを守る練習」が必要なら、「ルールを変える練習」も不可欠。 黙ってルール従うだけでは、考える人は育ちません。 》 《そんな無意味な練習は必要ない。 『ダメ』と言うなら、子供たちに納得出来る説明をするのが大人の仕事。 》 自身もオフィスビルの清掃員から国会議員になるという、激動の人生を送ってきた杉村。 理不尽に耐える経験も多かったのかもしれないが、その経験をそのまま次の世代に押し付けるだけでは、世間の納得を得ることは難しそうだ。

次の