も こう 書類 送検。 山形県警の警察官3人がパワハラ・暴行でも書類送検

書類送検の意味は?逮捕起訴との関係をわかりやすく解説 | TRENDERSNET

も こう 書類 送検

逮捕とは 逮捕とは、短期間被疑者の身柄を拘束する手続きをいいます。 逮捕による身体拘束期間は最大で72時間です(刑事訴訟法第205条第2項参照)。 この72時間の間に、検察官送致(逮捕から48時間以内、同法第203条第1項)と勾留請求もしくは釈放(いずれも検察官送致から24時間以内、同法第205条第1項・第2項)が行われます。 身柄付送検とは 逮捕事件の検察官送致においては、書類・証拠物及び被疑者の身柄とともに、事件を検察官に送致しなければなりません(刑事訴訟法第203条第1項)。 これを身柄付送検といいます。 なお、書類の例としては、供述調書や実況見分調書、捜査報告書などです。 また、証拠物の例としては、犯行に使われた物や被害物品などです。 書類送検とは 書類送検はマスコミ用語であって、法律上の用語ではありません。 法律上の手続きとして説明するのであれば、「逮捕されていない被疑者に関する事件(在宅事件)について、書類・証拠物とともに検察官に送致すること」となるでしょう。 身柄付送検と書類送検の関係 法律上の規定の仕組みから説明すると、刑事訴訟法第246条本文は「司法警察員は、犯罪の捜査をしたときは、この法律に特別の定のある場合を除いては、速やかに書類及び証拠物とともに事件を検察官に送致しなければならない。 」と規定しています。 これがいわゆる書類送検として行われる手続きです。 そして「法律に特別の定のある場合」に該当するものとして、同法第203条第1項の身柄付送検があるのです。 また両者の違いとしては、身柄も含めた送致か否かという点の他に、送致までの時間が挙げられます。 書類送検の場合は捜査をしたときは速やかに検察官送致を行わなければならないとされており、特に明確な時間制限があるわけではありません。 他方で身柄付送検の場合、身体拘束を伴っているため、被疑者の権利を不当に侵害しないよう、逮捕時から48時間以内というより厳格な時間制限が課されているのです。 警察が逮捕した場合でも、釈放したら書類送検を行わねばならない 警察が捜査した事件については、原則としてすべて検察官へ送致されることになっています。 これを全件送致の原則といいます。 そして、この全件送致の原則から、被疑者を逮捕している身柄事件の場合は「身柄付送検」がなされ、被疑者を逮捕しない在宅事件の場合は「書類送検」がなされるのです。 このように、書類送検は在宅事件の場合に行われる手続です。 そのため、警察が被疑者を逮捕した場合でも、検察官送致前に被疑者を釈放したのであれば、その時点から在宅事件とされ、書類送検として検察官送致が行われることになります。 まとめ このように逮捕は「身柄付送検や勾留の前段階に、被疑者の身体を拘束する手続」であるのに対して、書類送検は「検察官送致時に被疑者の身体拘束がない場合に、書類・証拠のみを伴って行われる送致手続」であるといえます。 こうみると、両者では、手続きの段階自体違うといえます(大きく、「逮捕・身柄付送検」と「逮捕せず・書類送検」という2パターンがあることになります)。 どちらにせよ、警察官が被疑事件について捜査をした場合は、原則として検察官送致が行われ、検察官によって終局処分(起訴・不起訴など)がなされることになります。 そのため、「刑事事件の捜査が正式に行われているようだが、逮捕はされていない」という場合であっても、後に起訴される可能性がありますので、そのような状況にある人は終局処分がなされる前の段階から弁護士に相談することも考えるべきでしょう。

次の

道端アンジェリカ「書類送検」カネカネカネで大失敗……三姉妹揃って沈没?

も こう 書類 送検

書類送検とは 書類送検とは、刑事訴訟法で定められた手続であり、事件の書類を検察に送ることを指す報道用語です。 刑事事件では、警察が捜査を行い、検察が起訴・不起訴を決定するというのが基本的な流れであり、初動捜査は基本的に警察が行います。 警察の初動捜査の結果が、検察に送致されなければ検察は起訴・不起訴の判断ができませんので、書類の送検という手続が必要となるのです。 書類の送致は、逮捕が行われても、行われなくてもすべての事件でなされます。 逮捕という手順を踏まえた通常の送検に対し、逮捕が行われず書類だけが送致される事件に関して、報道用語である書類送検が用いられるようになったのでしょう。 「書類送検」という用語から軽微な事件等についての手続と誤解されがちですが、事件の軽微性はあまり関係ありません。 書類送検されるとどうなるのか 事件送致を受けた検察官は、必要な捜査が完了した時点で起訴・不起訴の判断をします。 不起訴の場合は刑事手続きが終了し、前科はつきません 前歴はつきます。 起訴された場合は刑事裁判を受けることになり、裁判で有罪となれば前科がつきます。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 書類送検とその後の流れ 警察から検察に書類送検がされた際の流れを確認しましょう。 検察は警察に必要な捜査を指示する 事件送致を受けた検察は、警察に対して起訴・不起訴の判断のために必要な捜査を指示します。 警察はこの指示に従い補充捜査を行います。 起訴・不起訴の決定 検察は必要な捜査が完了した時点で起訴・不起訴の決定を下します。 起訴であればその後裁判となりますが、不起訴であればそれ以上捜査をされることはありません。 書類送検から起訴・不起訴決定までにかかる期間 被疑者の身柄が拘束 逮捕 されていれば、捜査機関には一定の制限がありますので、許された身体拘束期間中に捜査は完了し、起訴・不起訴の判断が下ります。 他方、被疑者の身柄が拘束されていない場合はこの制限はなく、検察の判断で起訴・不起訴のタイミングが決まります この場合、事件によっては数ヶ月経ってから連絡が来ることもあるようです。 刑事手続きを受けているが、状況がわからないといった場合は検察庁に問い合わせることをおすすめします。 書類送検後の弁護活動 不起訴になれば裁判にはなりませんし、前科がつくこともありません。 身柄拘束も不起訴時点で解かれます。 では、どのような場合だと不起訴になるのでしょうか。 被害者との示談 被害者がいる事件では、被害者との示談を成立させることにより、不起訴処分が下されるケースがあります。 示談を加害者本人が行うこともありますが、第三者である弁護士に依頼することでスムーズに進むことがあるため、もし示談を希望する場合は弁護士に相談することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。 示談によって刑が軽減されることもある 示談により必ず不起訴の判断が下されるということではありませんが、刑事裁判において減刑されるなど判決に影響します。 迅速に弁護士へ相談を! 必要と感じたらなるべく早く弁護士に相談しましょう。 身柄拘束がされていないのであれば、自分から希望する弁護士のもとへ面会に行けるというメリットがあります。 示談やその他のサポートについて相談してみましょう。

次の

書類送検とは|起訴?有罪?送検の意味と逮捕との違いを解説|刑事事件弁護士ナビ

も こう 書類 送検

1.はじめに 「書類送検された」「身柄送検された」「逮捕された」という言葉はよくニュースで聞きますが、それらはどういった違いがあるのでしょうか? まず、送検、身柄送検、書類送検、逮捕の概念を確認した上、身柄送検あるいは書類送検されたらどうなるのか、どのような場合に逮捕されるのか、逮捕されたら前科がつくのかなどについて、説明することとします。 2.送検とは? 送検とは、一般的に、警察が捜査した事件を検察官に送ることをいうとされています。 しかし、これはあくまでも俗称であって、法律的には正確とはいえません。 条文で確認しておきましょう。 刑訴法246条本文は、 「司法警察員は、犯罪の捜査をしたときは、この法律に特別の定のある場合を除いては、速やかに書類及び証拠物とともに事件を検察官に送致しなければならない。 」 と規定しています。 そして、刑訴法246条本文にいう 「この法律(すなわち、刑訴法)に特別の定のある場合」には、「被疑者が逮捕(通常逮捕、緊急逮捕及び現行犯逮捕)された場合(これを実務上「」と呼んでいます。 )」 が当てはまります。 この場合、司法警察員は、被疑者の身体を拘束してから48時間以内に、書類及び証拠物とともに被疑者を検察官に送致する手続をしなければなりません(刑訴法203条、211条、216条)。 実務上は、このような被疑者の送致とともに、事件そのものの送致(刑訴法246条本文)も同時になされています。 法律に照らした「送検」の解釈 これらの条文を合理的に解釈しますと、「司法警察員は、犯罪の捜査をして、被疑者が逮捕された場合には、その身体を拘束してから48時間以内に、犯罪の捜査で収集した書類及び証拠物とともに、被疑者の身柄付きで事件を検察官に送致すること、また、被疑者を逮捕しないか、逮捕された被疑者を釈放した場合には速やかに、犯罪の捜査で収集した書類及び証拠物のみで事件を検察官に送致すること」ということになります。 これが、法律に照らした「 送検」ということになります。 身柄送検 身柄送検とは、一般的に、逮捕した被疑者を検察官に送ることをいうとされています。 しかし、この点は、上記2で整理したように、身柄送検は、「送検」の一つに含まれることになります。 すなわち、「身柄送検」とは、「司法警察員は、犯罪の捜査をして、被疑者が逮捕された場合には、その身体を拘束してから48時間以内に、犯罪の捜査で収集した書類及び証拠物とともに、被疑者の身柄付きで事件を検察官に送致すること」ということになります。 書類送検 書類送検とは、一般的に、被疑者を逮捕しない(逮捕後に釈放した場合も含みます。 )で、書類のみを検察官に送ることをいうとされています。 この場合、刑訴法246条本文に照らして、送る対象としては書類のほか、証拠物も含まれることになります。 そして、この点も、上記2で整理したように、書類送検は、「送検」の一つに含まれることになります。 すなわち、「書類送検」とは、「司法警察員は、被疑者を逮捕しないか、逮捕された被疑者を釈放した場合には速やかに、犯罪の捜査で収集した書類及び証拠物のみで事件を検察官に送致すること」ということになります。 書類送検に関して詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。 「」 以上から、明らかなように、「送検」には、「身柄送検」と「書類送検」の2種類があることになります。 3.逮捕とは? 逮捕について確認しておきますと、逮捕とは、罪を犯した疑いのある者(被疑者)の身体を拘束し、引き続き短時間の拘束を継続することをいいます。 逮捕には、上記2のように、通常逮捕、緊急逮捕及び現行犯逮捕があります。 逮捕は、あくまでも身柄の確保にとどまります。 逮捕の種類に関して詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。 「」 4.身柄送検されたらどうなるのか? 身柄送検されますと、検察官は、被疑者を受け取ってから24時間以内に裁判官に対し、より長期の身体拘束を求める勾留の請求をします。 逮捕されてすぐに私選弁護人を選任した場合には、私選弁護人が上申書などを作成して検察官に提出するなどして交渉することで検察官の勾留請求を阻止することができることもあります。 被疑者国選弁護人の選任は検察官の勾留請求を受けて裁判官が勾留質問を行い、勾留決定をする場合に被疑者国選弁護人の選任ができることを被疑者に伝えることになっております。 勾留決定 裁判官がこれを認めますと、それから10日間勾留(留置)されます。 このような裁判官の勾留決定が出た場合には、弁護人が3名の裁判官からなる合議体の裁判所に勾留決定取り消しを求める裁判(これを準抗告といいます)を申し立て、準抗告が認容されて勾留決定が取り消されて釈放されることも稀にあります。 そのためには刑事弁護経験豊富な弁護士に刑事弁護を依頼されることをお勧めします。 更に勾留が延長されれば、当初の勾留から起算して最長20日間(事件によっては最長25日間)身体を拘束されることになります。 その間、警察官や検察官による被疑者の取調べが、連日のように行われます。 また、取調べ以外にも、被疑者の自宅や勤務先における証拠品探しや押収(いわゆる家宅捜索)、事件現場における実況見分、被疑者以外の事件関係者に対する取調べなどといった捜査が行われます。 参考: 身柄送検時の弁護士の役割 被疑者は、身体を拘束されている間、警察官等の立会いなしに、弁護士とは原則として自由に面会することができます。 早期釈放に向けて被害者との示談や勾留決定に対する不服申立て(すでに述べた準抗告がこれにあたります)等をしてもらうためには、法律の専門家である弁護士に頼るのが最善ということになります。 心当たりの弁護士がいて、弁護士費用を支払うことができる場合には、被疑者本人や家族が弁護士(私選弁護人ということになります)に依頼することができますが、依頼できる弁護士がいない場合や弁護士費用を支払えない場合には、 当番弁護士制度や 被疑者国選弁護制度を利用することで、弁護士と相談することも、また、弁護活動をしてもらうこともできます。 弁護士を選ぶ時の注意点 被疑者国選は弁護士を選ぶことはできませんので、その点はご了解ください。 私選弁護人を依頼する場合には、刑事事件はその後の一生に大きな影響を及ぼすこともあることから、刑事弁護経験豊富な弁護士に刑事弁護を依頼することを強くお勧めします。 そして、勾留満期の段階で、検察官は、送致された事件につき、起訴するか、不起訴にするかの判断をすることになります。 もっとも、被害者が個人であり、重大事件でない場合には、勾留期限までに弁護士が被害者と示談を成立することができれば、勾留期限を待たずに釈放されて不起訴となることがあります。 5.書類送検されたらどうなるのか? 書類送検の場合、検察官の処理には、身柄送検のような時間的な制約はありません。 しかし、検察官が、書類・証拠物のみで送致された事件についても、起訴するか、不起訴にするかの判断をすべきことは、身柄送検の場合と同じです。 ただ、書類送検の場合、法律上は、身柄送検の場合と異なり、起訴・不起訴の結果を出すまでの期間の制限がありませんので、どの程度の期間がかかるかは事件の内容によるとしかいえないことになります。 被疑者の取調べ(間隔が置かれるのが一般的ですが)や捜査一般の問題は身柄送検の場合と基本的に同じといえます。 書類送検時の弁護士の役割 ただし、弁護士については、在宅の場合、被疑者国選の適用がなく私選弁護人に依頼することになります。 書類送検の場合、逮捕を伴わない在宅事件ですので、軽い事件という印象を受けかねませんが、必ずしもそうではありません。 逮捕を伴わないには、交通事故の道路交通法違反事件や過失運転致死傷事件も含まれますので、場合によっては実刑(罰金刑)ということもあり得ます。 その意味で、在宅事件だからと油断せずに、刑事事件の重みを受け止めて、刑事弁護経験豊富な弁護士に刑事弁護を依頼することをお勧めします。 最終的に、検察官は、送致された事件につき、起訴するか、不起訴にするかの判断をすることになります。 参考: 6.どのような場合に逮捕されるのか? 罪を犯した事実があっても、必ず逮捕されるわけではありません。 捜査官は、被疑者に逃亡のおそれや証拠隠滅のおそれがある場合で、裁判官からあらかじめ発付を受けた逮捕状を被疑者に示して逮捕するのが原則です。 なお、犯行を現に目撃した目撃者や被害者が被疑者を現行犯逮捕することもありますが、その後の流れは令状逮捕の場合と異なりません。 したがって、そのようなおそれがないなど、明らかに逮捕の必要がない場合には逮捕されません。 また、軽微事件では、被疑者が定まった住居を有しない場合又は正当な理由なく出頭の求めに応じない場合のように、特別な場合でなければ逮捕されません。 逮捕されたら前科がつくのか? 逮捕されたからといって、必ず前科がつくというものではありません。 前科としての履歴は、刑事裁判において有罪判決を受けた場合に生じます。 罪を犯した事実があっても、検察官の裁量により起訴されない場合(起訴猶予)には、刑事裁判が行われませんので、その罪が前科として残ることはありません。 起訴猶予の多くは(被害者が個人の犯罪の場合には)弁護士が被害者と示談交渉して示談を成立させた場合に起訴猶予とされるものです。 逆に、前科がつくと、会社の就業規則によっては解雇が伴うことがありますので注意が必要です。 7.おわりに 逮捕され身柄送検されてしまった方は、非常に不安な時間を送ることになるでしょう。 泉総合法律事務所は、多数の逮捕、勾留の刑事事件に取り組み多数の結果を出しておりますので、一日でも早く釈放されることをご希望の方は是非とも当所泉に刑事弁護をご依頼ください。 また、書類送検されて不安だという方も、在宅事件でも前科がつきますので、必ず刑事弁護経験豊富な弁護士にご相談ください。

次の