ニキビ の芯。 ニキビの芯が埋まってる場合は要注意!失敗しない処置方法とは?

ニキビを潰した後に出る「白い膿」「血」「透明な液体」の正体

ニキビ の芯

スポンサーリンク ニキビの白い芯は取るべき?その正体は? ぽつりと出来てしまったニキビ。 そのニキビの中に存在している白い芯が気になるという方も多いのではないでしょうか? 白い芯を見つけるとついつい取ってしまいたくなりますよね。 ニキビは潰さない方がいいともいわれますが、実は白い芯は取ってしまってもいいんです。 むしろ白い芯を取ってしまうとニキビの炎症の治まりが早くなり、ニキビ跡も残りにくくすることができるんです。 ニキビの炎症が治まるだけでも嬉しいのに、ニキビ跡まで残りにくくなるなんてとても嬉しいですよね! 取ってしまった方が治りがいいニキビの芯。 この正体をご存知ですか? ニキビの白い芯は膿と勘違いしている方も多いかもしれません。 ですが、実は膿とは全くの別物なんです。 ニキビを潰して芯を出してしまったことがある方はご存知かと思いますが、ニキビの芯は棒状で出てきますよね。 あの芯は角栓やコメドや面皰(めんぽう)とも呼ばれることがあります。 膿とも異なる棒状のあの白い芯は、実は古い角質や皮脂などが上手く排出されずに毛穴に詰まったものなんです。 このニキビの芯が毛穴の中に残っていると芯を体が異物と判断してしまい、免疫反応が起こり炎症が続いてしまいます。 またニキビの芯自体にアクネ菌が生息しているので、ニキビの芯があることでニキビが治りにくくなるんです。 なんだか意外ですよね。 芯を潰しても良いニキビの種類は? 芯を出した方がニキビの炎症も治まりやすく、ニキビ跡にもなりやすいのですが芯を出しても良いニキビと出さない方が良いニキビがあります。 ニキビには白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビなどの種類がありますよね。 その中でもニキビの芯を出しても良いのは白ニキビや黒ニキビなどのアクネ菌が増殖する前の状態のニキビです。 この初期段階と言えるニキビの状態ならニキビの芯は出しても大丈夫です。 白ニキビと言っても状態は様々ですよね。 白く盛り上がっているけれど小さいニキビもあれば、炎症がやや強い状態になっている白ニキビもあります。 芯を出しても良いのは白ニキビの中でも炎症がやや強く押したら芯が出てきそうなニキビです。 小さくて腫れが大きくなりそうにないと思われる白ニキビは芯を出さなくても自然と治るので無理して出して悪化させるよりもそのままにしておいたほうがいいですよ。 またニキビの膿が表面に出てきていないようなこもった状態のニキビもニキビの腫れが悪化してしまう前に芯を出してあげることで早く治すことができます。 ニキビの芯の正しい出し方とは? 気になるニキビの白い芯。 出してしまった方が早く治すことができるのですが、やり方を間違ってしまうとニキビを悪化させてしまう可能性もあります。 ニキビの白い芯の正しい出し方をしっかり頭に入れて、丁寧に芯を取りだすようにしましょう。 芯を取るためにコメドプッシャーや面皰圧出器具と呼ばれるものを使用します。 また針も使用します。 針は待ち針や安全ピンなどの身近にある針で大丈夫です。 錆びていない綺麗なものを使用するようにしましょう。 まずは洗顔で顔の汚れを落とし清潔な状態にしておきます。 入浴もしておくとお肌の状態が柔らかくなりより出しやすくなりますよ! 洗顔の際にピーリング作用のある洗顔料を使用するのもおすすめです。 固くなってしまった芯の周りの角質が取れ、芯が取り出しやすくなります。 この時に一緒に針やコメドプッシャーも綺麗に洗っておきましょう。 針とコメドプッシャーを熱湯で消毒します。 熱湯で消毒することで、針やコメドプッシャーを殺菌することができます。 針やコメドプッシャーに雑菌がついている状態で芯を取りだしてしまうとニキビの芯を出す時についた傷口から雑菌が侵入してしまい、炎症を起こしニキビを悪化させてしまう可能性があるので気を付けましょう。 指や爪で芯を取るのもやめましょう。 ついついしてしまいがちですが、爪には雑菌がたくさんついています。 また指や爪だと芯が取り切れずにニキビが悪化してしまう可能性があります。 針とコメドプッシャーを熱湯消毒したら針をニキビに刺して穴を開けます。 針で穴を開けることで、ニキビの芯がスムーズに出てきやすくなります。 また芯を取る際の傷口も最小限で抑えることができます。 針やニキビに対して垂直に刺すようにしましょう。 針で穴を開けたらコメドプッシャーを押し当ててニキビの芯を出しましょう。 ニキビの芯が出てきたら軽く洗い流してコットンなどに染み込ませた消毒液を付け消毒します。 ニキビの芯を出した後は一時的にニキビが腫れてしまうことがあります。 この腫れを抑えたりニキビ跡を作らないようにするには冷たいタオルや保冷剤などを使用して5分ほど冷やすと効果的ですよ! ぜひ試してみて下さいね! 間違った取り方をしてしまったり、なかなか治らないニキビのせいでニキビ跡が残ってしまっている方もいるのではないでしょうか? ニキビ跡にはどんな化粧水を使ったらいいのか分からないという方、もう諦めてずっと放置しているという方、色々いらっしゃると思います。 ニキビ跡用の化粧水なるものを発見したので、ご紹介しますね。 定期購入だと初回がかなりお安く買えますし、お肌に合わなかったり効果がなかったりした場合、初めての方限定で90日間返金保証もあるようです。 なので、自分を変えたい!デコボコ肌の自分とおさらばしたい!と思われる方は試しに購入してみてはいかがでしょうか? 本日のおさらい 今回はニキビの白い芯の正体や取ってもいいものなのか、芯を取っても問題がないニキビの種類やニキビの芯の正しい取り方などをご紹介しました。 ニキビの芯は正しく取れば治りも早くなるんですね! 今までニキビの芯は取ってはいけないものだと思っていました。 繰り返しニキビが出来て悩んでいるという方にも有効なんだそうですよ! 自宅で手軽に行うことができるのも嬉しい点ですね。

次の

ニキビの白い芯は取るべき?その正体と正しい出し方を紹介!

ニキビ の芯

ニキビに不意に触れた時に、固い芯のようなものを感じたことはありませんか?ニキビは一見、傷のようであり、膿が出ているように見えますが、そうでない場合も。 ニキビの芯を取るか取らないかで、ニキビの進行を予防できるとも言われています。 そんなニキビの芯を出すための正しい方法やニキビの芯が取れた後の対処法、さらには注意点などをご覧下さい。 ニキビの芯とは? ニキビの芯は、ニキビができる原因の1つにもなっている「角栓」です。 お肌は、約28日周期で再生をしており、古い皮膚がどんどん表面に押し上げられて、剥がれ落ちます。 このお肌のターンオーバーが不規則のため、剥がれ落ちなかった古い角質が、過剰分泌された皮脂などと混ざり合って、角栓が生まれます。 それが毛穴に詰まることで芯のようなしこりができるのです。 ニキビの芯は中身は角栓から膿に変わる! ニキビの芯は、ある段階までは角栓ですが、症状が悪化すると膿が加わります。 ニキビが進行する過程は、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビという順番。 白ニキビと黒ニキビくらいまでは、角栓の状態ですが、赤ニキビから炎症が起こり始めて、黄ニキビになると膿が現れるのです。 さらにひどくなると、ニキビの周りまで炎症が広がって、膿や血が固まったものが皮膚の下にできます。 触るとしこりのような感触があったり、痛みを感じることも。 これがしこりニキビという黄ニキビよりも悪化してしまった状態です。 ニキビの中でも、芯を出しても大丈夫なニキビは、白ニキビと黒ニキビです。 果たして、白ニキビと黒ニキビは、どうして芯を出してもいいのでしょうか。 白ニキビと黒ニキビは芯を出してもいい?理由は? 白ニキビと黒ニキビは、段階でいうとまだ最初のレベルの状態です。 白ニキビと黒ニキビの毛穴の奥に隠れているのは、角栓。 逆に、ニキビの芯を取り出して、ニキビの原因である角栓を排除することで、赤ニキビになるのを防いでくれますし、芯を取り除けば、綺麗に治ると言われているニキビ。 そのため、白ニキビや黒ニキビの芯を綺麗に出すといいのです。 自己流で白ニキビを潰すのはNG! ただし、自己流でむやみやたらに白ニキビを潰すのはNGです。 自己流で白ニキビを潰して、そのまま放置してしまうとニキビが治るどころか、お肌のコンディションを悪くしてしまう原因にも繋がります。 ニキビの芯を出したいと思ったら、正しい方法を知ってから実践してみましょう。 ニキビの芯を出す正しい方法をチェック 早速、白ニキビの芯を出す方法をご紹介します。 ニキビの芯を出す方法は、大きく分けて2つ。 綿棒を使う方法とコメドプッシャーを使う方法です。 どちらもご覧下さい。 手を綺麗に洗ってから、洗顔をします。 手の平に適量の洗顔料を出して、ホイップクリームのようなモコモコの泡を作りましょう。 それができたら、泡を使ってお肌を優しく洗い上げます。 小鼻の部分を洗顔することも忘れずに。 ぬるま湯で泡だけを流したら、きれいなタオルでお顔の水分を吸い取るイメージで拭きます。 針で指すことによって、小さな穴が開くので、ニキビの芯が出やすくなるメリットがあります。 ニキビ部分が真ん中に来るようにクッと当てるだけで、白い芯がキュッと顔を出します。 まず、清潔な綿棒を2本用意して、ニキビを挟んだ後、両脇からゆっくりと押して芯を外に出します。 白ニキビを潰す時のポイントは、ゆっくり行うことです。 ニキビの芯が取れた後の対処法 ニキビの芯が取れた後は、取れた後の部分をケアすることが大切です。 そのままにして置くと、腫れてしまったり、雑菌や細菌が入って、他の肌トラブルを生み出す可能性があります。 さて、ニキビの芯が取れた後は、どんな対処をすればいいかをご紹介します。 ニキビの芯が取れると、毛穴が開いている状態です。 熱めのお湯ですすぐことで、真皮が勢い良く再生をしてくれます。 冷やす時は、化粧水や保冷剤を使って冷やしてあげましょう。 芯が取れた後の毛穴は、乾燥させてしまうと治りが遅くなります。 そのため、乳液やワセリンなどを使った保湿がとても大切。 清潔な指、もしくは綿棒を使って、患部に塗って挙げましょう。 患部を乾燥させないために、その上から絆創膏や、ハイドロコロイドでできている包帯をつけてあげるのもおすすめです。 ニキビの芯を出すのがNGな場合 ニキビの芯は、どの段階で出してもいいというわけではありません。 先ほども少し触れましたが、芯を出していいニキビとダメなニキビがあります。 最後に、ニキビの芯を出すのがNGな場合をご紹介します。 黄ニキビと赤ニキビは芯を出したり潰すのはNG ニキビの段階が、炎症を起こしている赤ニキビと膿が出て来ている黄ニキビの場合は、芯を出そうとしたり、潰すのはNGです。 特に黄ニキビを潰すと、クレーターとなって、ニキビ跡の原因に。 ブドウ球菌が増殖したことで黄色い膿となり、溜まることで黄ニキビになります。 そのため、黄ニキビを潰すのはNGなので、気をつけましょう。 ニキビの芯が埋まっている場合は無理をしない ニキビの芯が埋まっていて、なかなか取れないという場合、取りたくなったとしても無理に取るのはNGです。 埋まっている芯を無理に取ろうとすると、痛いだけでなく、ニキビの跡が残ったり、アクネ菌が増殖してしまう恐れがあります。 取っている時に、これは難しいと思ったらそこでストップして、今まで取っていた部分を、しっかりアフターケアしましょう。 それでも、埋まっているニキビの芯を取りたいという方は、専門医に相談することをおすすめします。 最後に ニキビの芯とは何か、芯の出し方や取れた後のケア方法についてご紹介しました。 ニキビの芯は、最初は角栓でしたが、それが進行すると膿ができて、最後にはしこりになります。 鏡を見るたびに気になって、触れたり潰したくなる衝動にかられますが、赤ニキビ、黄ニキビにまで進行したニキビは、無理に潰すのではなく、塗り薬を塗ったり、お医者さんに相談しながらケアしてあげることが大切です。 ニキビは、生活習慣を改善することで予防に繋がることがあります。 普段の食生活、睡眠など、身近なことから見つめ直してニキビ知らずのお肌を目指しましょう。

次の

ニキビの芯が皮膚の深い場所にあり、表面に出てこない対処法

ニキビ の芯

ニキビの芯を取るとはやく治る?自分で取ると気持ちいいけどとったらダメ! 「ニキビの白い芯が浮き出てるし、取りたくてうずうずする…」 「見た目が汚いし早く取ってきれいにしたい!」 など思わず取りたくなるニキビの芯ですが、無理に取ったらニキビが炎症を起こしてしまったという人も少なくないはず…。 結論から言うと ニキビの芯は自分で取ってはいけません。 「芯を取るとニキビが早く治る」説もありますが、ばい菌が入って悪化することがあるのでやめましょう。 当サイトではニキビの芯を改善するためには 洗顔で毛穴をきれいにすることをおすすめしています。 洗顔はニキビを悪化させることなく、安全にニキビの芯を改善できる方法なんですね。 今回は ニキビの芯についての解説と、ニキビの芯を改善する正しい洗顔について紹介していきます。 角栓 かくせん とは? 角栓とは 古くなった角質と皮脂がくっついたもの。 本来角質は、肌のターンオーバーによって少しずつ剥がれていきます。 しかし乾燥・ストレス・睡眠不足などで ターンオーバーが乱れると剥がれなくなってしまうんですね。 そうすると古くなった角質が肌に残ったままになり、皮脂と混ざって角栓ができてしまいます。 角栓によって出口が閉ざされているので、分泌された皮脂は外に出られずどんどん溜まっていきます。 そうして溜まりに溜まった皮脂が固まって、ニキビの芯ができあがってしまうんですね。 芯が出てるだけなら洗顔で簡単に治せる! 赤みや膿がなくただ単にぷつっと芯が出ている状態のニキビ (白ニキビや黒ニキビのこと)であれば、冒頭で伝えたように正しい洗顔だけで簡単に改善できます。 この段階はまだ 毛穴がつまってぷつっとしているだけ。 そのため正しく 洗顔をして、 毛穴のつまり(=芯)を取れば、治せるんですね。 1回の洗顔でいきなり芯がなくなるような即効性はありませんが、1週間もあれば芯が改善してきたのが確認できるでしょう。 ニキビの芯を放置すると赤・黄の炎症ニキビになるから注意! ニキビの炎症を起こすアクネ菌は皮脂が大好物です。 ニキビの芯(=皮脂のカタマリ)をそのままにしておくと、 アクネ菌がどんどん集まり赤・黄の炎症ニキビへと悪化させてしまうんですね。 白・黒ニキビとは違い、炎症を抑えなければいけないので洗顔だけで治すことが難しくなります。 ニキビの芯に気づいたら 赤・黄ニキビに進行する前に取りのぞき、炎症化するのを防ぎましょう。 抜きたいうずうずを抑えて!自分でニキビの芯を取るのはNG! よく「芯をとったらニキビは早く治る」などと書かれているサイトもありますよね。 でも基本的に 自分でニキビの芯をひっこ抜くのはNG。 たしかに運よく治ることもありますが、逆にニキビを悪化させるリスクも大きいからです。 無意識に手でぷちぷちと芯を取るのがクセになっている人は要注意。 基本的に手は雑菌だけらということを忘れないでください。 芯をとるときにニキビに雑菌を塗りつけているようなもので、 ニキビを悪化させる原因になります。 また最悪芯を抜いたときに肌の奥深くが傷つき、 クレーターのような跡になってしまうこともあります。 このようにあとあと痛いことになりかねないので、ニキビの芯を自分で取るのは絶対にやめておきましょう。 やや地道でも洗顔で少しずつ取りのぞく方がずっと安全です。 スポンサーリンク もしニキビの芯が上手く取れてそのニキビが治ったとしても、ニキビ肌を根本的に解決したことにはなりません。 ただ1つのニキビが無くなっただけで、 肌質が変わったわけではないからです。 ニキビの芯を取るとお肌にポッカリと穴が空きますよね。 肌質に変わりがないということは、この穴にはまた角栓ができて皮脂が溜まってニキビの芯が出来ます。 根本的にニキビを解決するためには 芯を取ってその場しのぎをするのではなく、肌質を変えることが必要なのです。 毎日しっかり毛穴を洗うことで、少しずつニキビの芯を削っていくイメージです。 毛穴パックやピーリングのように無理に芯をとる方法とは違い、 お肌に負担をかけることなくニキビの芯を改善できます。 またターンオーバーを促すことで角栓ができにくくなり、 根本的にニキビのできにくい肌に変える効果もあるんですね。 「いやいや洗顔なんて毎日当たり前のようにしてます」と思う方も多いはず。 でも今ニキビの芯がなかなか改善できていないのであれば ・洗浄力が強すぎる洗顔料を使っている ・ゴシゴシ強くこすったり1日に何回も洗顔している など間違った洗顔で、逆に肌を乾燥させてしまっている可能性が高いです。 肌は乾燥すると皮脂を出して潤いを保とうとするので、ニキビの芯は一向になくなりません。 つまり洗顔を正さなければ、どんなに頑張ってもニキビの芯は改善できないということ。 肌にやさしい洗顔料の選び方 余分な皮脂と汚れだけを取り除き、肌のうるおいは奪わないものを選びましょう。 なかでも泥から作られている クレイ洗顔は特におすすめ。 泥の粒子が毛穴のつまりをやさしく吸着してくれるため、ニキビの芯の改善にぴったりです。 また肌を乾燥させることもないので、ターンオーバーをスムーズにして 角栓のできにくい肌に導いてくれます。 「クレイ洗顔を使ってみたいな」という人はこちらのページもチェックしてみてください。 スクラブは物理的に肌を傷つける点もNG。 洗顔料を選ぶときはこれらが入っていないかしっかりチェックしてみてください。 正しい洗顔方法 正しい洗顔方法は以下の3つを気を付けるだけです。 朝と夜の1日2回だけ洗顔する• しっかり泡立てて優しく洗う• 洗顔料を使うのは夜だけでもOKです。 1日に何度も洗顔すると肌が 乾燥してしまいます。 ニキビの芯を無くしたいからといって、たくさん洗顔するのはやめてくださいね。 汚れを落とそうと手で ゴシゴシこするのはNGです。 肌が傷つきますし、ゴシゴシこすったからといって毛穴の詰まりはとれません。 泡があれば十分に汚れは落ちるので、指が肌に触れないように洗うのが良いです。 冷たすぎると毛穴がキュッと引き締まって、汚れが落ちづらくなってしまうんですね。 逆に熱すぎは、皮脂が落ちすぎて肌が乾燥してしまいます。 またシャワーの水圧もお肌に刺激を与えるので、顔に直接シャワーを当てるのはやめてください。 手ですくって顔を包みこむようにやさしく洗い流しましょう。 もっと詳しく正しい洗顔方法についてチェックしたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

次の