生理中 痩せる。 生理中ってダイエットに向いてるの?痩せやすい時期は?運動していい?

ダイエットは2週間が勝負?!生理周期と痩せやすい時期の関係

生理中 痩せる

この記事の目次• 女性ホルモンのサイクルで痩せやすさが変化する まずはダイエットに活かせる女性ホルモンのサイクルについて、簡単にチェックしておきましょう。 女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。 エストロゲンは代謝をUPさせダイエットを手助けし、逆にプロゲステロンは水分や栄養を溜め込んで身体を太らせます。 生理後から1週間程度はエストロゲンの分泌量が多く、排卵期から生理前まではプロゲステロンの分泌量が多くなります。 このエストロゲンの分泌量が多い時期が「痩せ期」と言って、ダイエットをするのに最適なタイミングです。 逆にプロゲステロンの分泌量が多い時期は、ダイエットをしてもあまり上手く痩せられません。 生理後が痩せやすい。 生理1日目から数える痩せのサイクル 生理がきた日を1日目と数えると、女性ホルモンのサイクルで4つの時期がやってきます。 痩せ期を含めた4つの時期をチェックして、ダイエットの計画を立てましょう。 1日目~4日目:休止期 生理がきた1日目から4日目、もしくは生理が終わるまでの間は、ダイエットの「休止期」です。 文字通り休む時期なので、ダイエットをする必要はありません。 生理中のダイエットは効果があまりない上、身体にも心にも負担がかかるので、何もしない方が得策です。 強いて言えば、心や身体の負担を増やさないことと、体重をキープすることが生理中に気を付けるべきことです。 生理の重さも個人差がありますから、あまり自分を追い立てないようにのんびり過ごしてください。 5~14日:痩せ期 生理が来て5日目もしくは生理が終わった日から14日目の間は、女性ホルモンのエストロゲンが最も分泌される期間。 つまり「痩せ期」と呼ばれるタイミングです。 痩せ期は代謝がUPしていて、食欲も抑えやすい時期です。 運動をすればカロリーを消費しやすく、食事制限が続きやすいのが特徴。 痩せ期を狙って全力でダイエットに打ち込むのがおすすめです。 ちょっと難しそう・大変そうだと感じたダイエットも、痩せ期に始めてみると成功しやすいですよ。 15~21日:調整期 生理後15~21日は、ちょうど排卵期の後。 エストロゲンの分泌量が減っていく時期で、痩せ期ほどの効果はないものの、まだまだダイエットが結果を出します。 調整期は痩せ期よりも控えめの運動でダイエットをして、リバウンドを防ぎながら過ごしましょう。 痩せ効果が出ないと嘆いたりせず、リバウンドを防ぐことが大切な時期です。 この後でくる生理前の時期に備えて、少しずつ運動量を落としながら体重を維持することがポイント。 22~28日:デトックス期 プロゲステロンの分泌量が増えてエストロゲンを越す、生理前の時期になります。 水分を体内に溜め込みやすくなり、• むくみ• PMS(月経前症候群) などでかなり太りやすくなります。 この時期は情緒不安定になるので、体重や脂肪を落とすことではなく、ストレスや食欲を抑えることに努めましょう。 人によっては肌荒れなども起きて、体調不良とストレスで食欲が増え、余計に太りやすいタイミングになります。 運動よりもメンタルケアに専念して、のんびりリラックスして過ごすことが大切です。 生理後がチャンス!痩せ期にやるべきダイエット 生理後の「痩せ期」は女性が最も痩せやすいタイミング。 この痩せ期には、次のようなダイエットをして効率良く脂肪を落としましょう。 毎日欠かさず有酸素運動をする 痩せ期の間は、とにかく毎日有酸素運動を繰り返しましょう。 毎日続けることが大切です。 痩せ期の間は長くても10日程度ですから、毎日続けるといってもそんなにプレッシャーではありませんよね。 10分程度の有酸素運動を続けるだけでも、効率良く脂肪を燃焼して筋力がつきやすくなります。 忙しければ運動の時間を合算して10分程度でもOKです。 おすすめの有酸素運動は次の通り。 ウォーキング 通勤時間や移動時間を利用すれば、簡単にウォーキングが達成できます。 ただポテポテと歩くのではなく、背筋を伸ばして大股に、腕を振ってリズミカルに歩いてください。 ランニング 時間があるときや余裕のあるときなどに軽くランニングをしましょう。 全力で走るのではなく、一定のペースを保って身体を動かし続けるのがポイントです。 サイクリング 痩せ期にのみ移動手段を自転車に変えるなどして、サイクリングをしてみましょう。 変速機能は使わず、なるべく多い回転数でペダルを漕ぐと良い運動になります。 タンパク質を多く含む食べ物は次の通り。 乳製品• 食パン• 大豆製品 おすすめは糖質が低くてタンパク質の多い、豆腐や豆乳といった大豆製品です。 大豆製品は女性ホルモンと似た働きをする食品でもあるため、痩せ期を利用したダイエットに最適。 運動後の水分補給に牛乳や豆乳を飲むのも、筋肉の発達をサポートできますよ。 タンパク質の摂取と間食を兼ねれば、摂取カロリーを抑えつつその後の食べ過ぎも防止できて一石二鳥です。 摂取カロリーを制限する ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることです。 摂取カロリーの方が上回ってしまうと、当然カロリー過多になって痩せられません。 痩せ期には食べた分のカロリーを記録したり置き換えダイエットをしたりなど、摂取カロリーを意識して減らしましょう。 大豆製品 が多く使われた、和食中心の生活がおすすめです。 逆に肉類や脂っぽい食べ物、揚げ物などのカロリー高めな食事は危険。 運動をして低カロリーな食生活を続けるだけで、着実なダイエット効果が現れます。 調整期もまだ痩せられる。 緩やかな運動を続けよう 生理後15~21日は、排卵期を過ぎてエストロゲンの分泌量が減っていく調整期にあたります。 痩せ期ほどの効果はありませんが、それでもまだまだ痩せ効果が得られる時期。 調整期にも緩やかな運動を続けて、できるだけカロリーを消費しましょう。 筋トレやウォーキングがおすすめ 調整期には緩やかな運動を無理のない程度に続けるのがおすすめです。 ウォーキングなど軽めの有酸素運動や、筋トレをしてカロリーを消費しましょう。 調整期におすすめの筋トレメニューは次の通り。 スクワット 肩幅に足を広げて立ち、太ももが床と並行になるまで腰を落としてまた腰を持ち上げる…この動作を繰り返す運動です。 お尻や太ももなど、主に下半身の筋肉を鍛えるのに効果的。 プランク うつ伏せになった状態から両肘と両足のつま先を立たせて全身を支え、30~60秒キープする筋トレです。 効率良く全身の筋肉を鍛えられます。 つま先立ち ただ立っている時間や何かをしながら並行してできる筋トレです。 背筋を伸ばした状態でつま先立ちをキープすることで、脚の筋肉を主にトレーニングできます。 あくまで日常生活に無理の生じない程度に身体を動かして、カロリーの消費と筋肉の成長を促すのがねらいです。 ストレッチやヨガで代謝を促す 身体に負担のかかりにくいストレッチやヨガをして、身体の筋肉をほぐすのも効果的。 運動しやすい身体になる他、 血流が良くなって代謝が上がりやすくなります。 身体を思い切り伸ばす• 膝の曲げ伸ばしをする• 肩回しをする などのシンプルなストレッチでも、習慣にした方が痩せやすくなりますよ。 ストレッチやヨガは様々なメニューがあります。 好みの動画やDVDを探してマネするのも良いですが、こちらでも調整期におすすめのストレッチやヨガの一例をご紹介しておきますね。 ウエストひねりストレッチ 仰向けに寝転がり、両手を広げて床につけ、両膝をくっつけて立てます。 その状態から下半身だけを左右に倒してウエストをひねると、全身の血流が促されます。 猫のポーズ 両手の指を広げて床につき、四つんばいになります。 ゆっくり深呼吸をしながら、息を吐くタイミングで背骨を丸め、息を吸うタイミングで背骨を反らせます。 生理前は太りやすい。 デトックス期は自分に優しく過ごそう 生理前であるデトックス期は、とにかく体も心も不安定になりやすい時期です。 痩せ期にダイエットをしたのなら、この時期にはダイエットよりも自己管理に集中しましょう。 ストレスによるドカ食いやリバウンド、むくみと体重増加など、ダイエットの壁になる要素が多くあります。 デトックス期は主に次のようなことをして過ごしましょう。 自由な時間をつくってストレスを発散する• 食べ過ぎにとにかく注意する• 体重の増加はむくみだと理解する 生理前に体重が増えるのは、ダイエットの失敗ではなくむくみが原因です。 自分を責めたり自棄になったりしないことが大切。 痩せようとするよりも、太らないように注意して過ごしてください。 むしろ生理前にダイエットをしても、かえって自分を追い込んで結果が裏目に出やすいので要注意。 生理中はダイエットをお休み。 鉄分補給や大豆製品がおすすめ 生理中はとにかく調子が悪い期間ですから、ダイエットはお休みしましょう。 無理に運動をしても体調が悪化するだけですし、あまり効果はありません。 貧血を防ぐために鉄分や栄養をたくさん摂って、身体を温め、心身の負担を増やさないようのんびり過ごしてください。 生理中におすすめの食材は次の通り。 ほうれん草• レバー• 大豆製品• ブロッコリー• イチゴ 「何もしない方が気が落ち着かない」という場合は、軽いストレッチやウォーキングをして気分転換をしてもOKです。 生理中は痩せ期への大切な準備期間。 無理をせず自分に優しくして過ごして、万全の調子でダイエットに臨みましょう。 タイミングがぴったり合えばダイエット効果は倍増 女性の身体はかなり複雑に作られていて、わずか一か月の間にコロコロと体調が変わります。 そのサイクルを活かしてダイエットをすれば、効率的で身体に優しく痩せられます。 ダイエットが長続きしない人でも「短期間なら」と続けられるのが、痩せ期を利用するメリットです。 「ひとまず痩せ期の間だけ集中して頑張る」のであれば、ゴールが見えているので苦ではありませんよね。 自分に無理のない範囲で頑張るのが一番。 ぜひ次の生理後からでも、痩せ期を活かしてダイエットをしてみてください。

次の

生理中の体重増加の原因と確実なダイエット方法

生理中 痩せる

Contents• 痩せやすいのは生理何日目? 痩せやすいのは生理何日目なんでしょう。 その前に、生理周期をしっかり把握していますか? これまで一度も基礎体温を測ったことが無いなら、2、3か月でもいいので一度測ってみて下さい。 体温の流れが意識的に体感できるようになりますよ。 生理の周期はこうなってる では、生理の周期を見てみましょう。 生理開始日を1日目とします。 日数や周期は個人差があるので、これとまったく同じというわけではありません。 目安程度に見て下さいね。 この時はエストロゲン(卵胞ホルモン)が最も増え、体温がガクンと下がります。 排卵が終わったら今度は黄体ホルモンが増え、高温期が続きます。 そしてまた生理が始まる前日か2日前くらいから体温が下がり始めます。 つまり、体温が下がり始めると生理が始まるということですね。 (妊娠している場合は、この期間に体温が下がらず高温期が続きます。 ) まず、この体のリズムをしっかり把握していないと、いつ排卵日かが分かりませんよね?生理周期は人によって違いますし、生理が4日で終わる人もいれば7日続く人もいるわけですから。 なので、まずは自分の生理周期を把握することが大事です。 生理の前と後どっちがダイエット向き? 自分の体の中をイメージしてみてください。 生理が始まると経血が排出されるということは、生理前は体の中に経血を溜めているわけですよね? 経血だけでなく、脂肪や水分を貯めこみやすい体質になっているのもこの時期です。 生理前から生理初期のイライラ、不快感、肌荒れ、やたら甘い物が食べたくなったり暴飲暴食に走ってしまうなんて経験もあるでしょう。 生理前は太ると言われるのもこういったことが原因でもあります。 そして生理が始まると、体内に蓄積された不要物がどんどん排出されるわけです。 (実際は不要物というより、役割を果たして不要になったものが経血となって排出されるということですね。 ) 生理後、体はとてもキレイに軽やかな状態なんですよ。 生理が終わってスッキリすることはあると思いますが、それは気分的なものだけでなく、体内もスッキリしているんです。 ホルモンバランスも大きく影響しているので、体調はもちろんお肌の調子が良いのもこの時期です。 生理が終わって高温期に入る前、 生理が終わる頃から排卵期までの2週間ほどが最も体調がよく、新陳代謝もよい時期なので、ダイエットに最も向いてる時期といえます。 しかもこの時期は エストロゲン(卵胞ホルモン)と言う女性ホルモンが多く分泌されていて、このホルモンが多い時期は痩せやすいんです。 エストロゲンは排卵日にピークを迎えるので、排卵期を意識するだけで効率よく無理なくダイエットできるということですね。 生理前や生理中に痩せにくい理由 生理前に脂肪や水分を体に溜め込んで、生理中に体をリセットすると考えて下さい。 停滞するのも無理はありませんね。 だからと言って何をやっても無駄というわけではなく、 数日後にくる痩せ期に向けての準備期間だということを忘れずに。 また、生理中は特に体を冷やしてはいけないので、冷たいもの、体を冷や物を食べ過ぎないように、積極的に温かい物を摂りましょう。 食材ではレンコンや大根、ショウガなどの根菜は体を温めてくれます。 生理前の豆乳ダイエットは効果あり? 生理後の痩せ期に向けて、生理前にできる準備の一つに豆乳ダイエットがあります。 これは、生理が始まる7日~10日ほど前から豆乳を毎日飲むというダイエット方法です。 なぜ生理前のこの時期がいいかというと、最も効率的に吸収されるホルモンの分泌周期だからなんですね。 豆乳って、腸内での脂肪の吸収を抑えたり、血液中の余分なコレステロールを洗い流してくれる栄養素があるので、 生理前の溜め込みやすいこの時期に豆乳を摂取することで、体重や脂肪の増加を抑え、生理後のダイエットを効果的にするというものです。 生理前の体重増加がゼロなら、生理後に減る分だけになるのでトータルで体重減少になりますよね。 これは生理周期を上手に利用した、効率の良いダイエット方法だと思います。 この時期は、痩せるための運動というより、身体の調子を整えて生理後にベストな体調にするという意味で、リラックス、身体をしっかり休めることに集中するといいですよ。 生理痛や不快感を和らげリラックス効果のあるような体勢、軽いストレッチなどがいいですね。 こちらの動画を参考に。

次の

生理になると太る理由は?何キロ増える?体重が戻らないのはなぜ?

生理中 痩せる

生理中の体重増加はむくみが原因 気になる生理中の体重増加は、むくみが原因です。 この体重増加のせいで生理前後は痩せにくいと勘違いする人も多いですが、むくみと太ることはまた別の話です。 「生理前や生理中は何をしても痩せないから、ダイエットをしても無駄。 だからダイエットを休憩しよう。 」 「生理後の痩せ期になれば体重が減りやすくなるので、痩せ期にダイエットを再開しよう。 その方が楽に痩せられる。 」 このような考え方は無意味であり、ダイエットの停滞期に陥る(体重が減らず停滞する)原因になるだけです。 なぜなら、肥満は体に脂肪が付くことであり、むくみは体が抱える水分量が増えることです。 体がどれだけむくもうと太ったわけではなく、逆にむくみが引いても痩せたことにはなりません。 生理前から生理後まで体脂肪率が一定であれば、生理中にむくみで体重が2キロ増えても、生理後にはちょうど2キロ減って元に戻ります。 必ずです。 例えば生理前の体重が55キロなら、生理中にむくみで体重が57キロに増えても、生理後には再び55キロに戻ります。 だけど、「生理前と生理中のダイエットは無駄なので、ケーキを食べてダイエットを休もう。 」と考えてケーキを食べ、体脂肪が1キロ増えれば、生理後には体重が1キロ増えています。 生理前に55キロだった体重が、生理中に58キロに増え(むくみで+2キロ、体脂肪で+1キロ)、生理後には56キロになるわけです。 (結果的に+1キロの体重増加) また、「痩せ期は体重が減りやすいので一気に痩せよう。 」と考えて極端な食事制限(断食)などを行った場合、基礎代謝が下がってその後の体重が減りにくくなります。 ダイエットはコンスタントに続けてゆっくり結果を出すものであり、「何をしても体重が減らない時期」「痩せ期」などと分けて考えれば失敗の原因になるのです。 生理中の体重増加はいつ戻る? 生理中に体重が増加した後いつ戻るのか、が気になるのではないでしょうか。 基本的には、生理が開始するとともに、むくみが引き始めます。 よって、「生理中の体重増加分は生理開始後に減り始め、日を追うごとに減っていき、次第に元に戻る」が「いつ戻る?」に対する回答です。 生理前後の体重増加が始まる時期をより正確に表現すれば、生理の10日前から3日前にかけた時期です。 もちろん個人差がありますし、同じ人でも毎回異なったりします。 また、生理中の体重増加が何キロくらいなのかは、個人差がありますが1~2キロくらい、人によっては(同じ人でも状況によっては)それ以上の場合もあります。 生理前や生理中のむくみの原因は? それでは、生理前から生理中にかけてのむくみの原因は何なのでしょうか。 実は、生理に関係するむくみの原因は、月経前症候群という女性に特有の症状です。 月経前症候群とは、生理前(正確には生理の3日前から生理の10日前)に発症する症状で、精神的・肉体的に不快な症状です。 具体的な症状は、精神的なものでは、精神の不安定、うつ、不安を感じる、怒りやすくなる、疲れやすくなる、孤独感、不眠(または過剰に眠たくなる)などです。 また、肉体的な症状は、体のむくみ(体重増加)、下腹部の膨満感(腹痛)、乳房が張る(乳房の痛み)、腰痛や関節痛などです。 この月経前症候群の不快な症状は、生理開始と同時に減り始めて消えていきます。 上記の通り、生理前や生理中のむくみも月経前症候群の症状の1つです。 生理前から生理中にかけて体重が増加する傾向にあるのは、女性であれば当然のことです。 ただし、月経前症候群の症状の出方には個人差があり、症状が重い人もいれば症状が全く出ない人もいます。 また、同じ人でもある生理では症状が重かったり、ある生理では症状が軽かったりします。 月経前症候群の正確な原因はまだ特定されていませんが、可能性がある原因としてはホルモンバランスの変化(エストロゲン、プロゲステロン)、栄養不足(栄養の偏り)、運動不足などが考えられます。 対症療法には低用量ピル(ホルモン療法)、抗うつ薬、利尿薬、鎮痛薬などが挙げられますが、できれば薬に頼りたくないものです。 そこで、まずは栄養不足や運動不足を改善していくようにしましょう。 栄養バランスに優れた食事を行い、運動も適度に行うと良いです。 よって、大豆イソフラボンの摂取が月経前症候群の改善に役立ち、これを原因とする生理前から生理中のむくみの改善にも役立ちます。 生理周期の体重増加は無視する 生理周期に関係する体重増加はただのむくみであり、むくみが引いた後は体重が元に戻ること。 そして結局、肥満に関わるのは体脂肪であること。 冒頭でも書きましたが、生理周期を「ダイエットが無駄な時期(生理前と生理中)」と「痩せ期(生理後)」に分けて考えるのは、非科学的でおすすめしません。 生理中の体重増加に対して悲観的にならず、生理後の体重減少に歓喜せず、ただ黙々と体脂肪を減らすためのダイエットを継続していくことが大切です。 また、生理の体重増加を緩和しつつ、体脂肪を減らしていく一石二鳥のダイエット方法に、野菜原料が主体の酵素ドリンクを利用した酵素ダイエットが挙げられます。 上にも書いた通り、月経前症候群の原因の1つが栄養不足であり、野菜原料が主体の酵素ドリンクで栄養を補えば生理の体重増加を抑えることができます。 さらに酵素ドリンクには基礎代謝を上げる効果があるので、体脂肪もコンスタントに減らしていくことができます。 野菜原料が主体の酵素ドリンクには優光泉酵素があり、これは九州産野菜を主原料にしており、これをコップ1杯飲むとバケツ1杯分の野菜の栄養を補えます。 さらに、優光泉酵素は酵素ドリンクでは唯一、酵素原液100%です。 酵素を一番多く補える酵素ドリンクなので、基礎代謝を上げる効果は全製品中で最高です。

次の