半熟 卵 レンジ。 電子レンジゆで卵・半熟卵調理器のおすすめ人気ランキング15選【固ゆでも半熟もあっという間に!】

電子レンジで簡単半熟目玉焼きの作り方!これなら爆発なしの失敗なし

半熟 卵 レンジ

とってもキュートでかわいいこの商品は、100均のセリアからでているたまご名人!エッグタイマーです。 中がトロトロの半生ゆで卵、少しトロっとした半熟ゆで卵、しっかりとゆでた固ゆでを正確に作ることができます。 半熟ゆで卵が食べたくても作れなかった人、いつも失敗してしまう人にはとてもおすすめのアイテムです。 使い方はこのかわいい卵の形をしたアイテムを、卵と一緒にゆでるだけです。 この黄色の体がゆで時間によってどんどん白くなっていきます。 このかわいい顔を見ているだけで癒されますね。 このアイテムを使えばお料理の時間を効率的にすることができます。 第2位!100均ーキャンドゥのポーチドエッグカップ-温泉卵風もできる! ポーチドエッグやエッグベネディクトが簡単にできてしまう、魔法のようなアイテムが100均キャンドゥから出ているポーチドエッグカップです。 ボーチドエッグは普通に作ると少しめんどうで難しいですが、キャンドゥのポーチドエッグカップを使うと簡単においしいポーチドエッグやエッグベネディクトができてしまいます。 まだポーチドエッグやエッグベネディクトを作ったことない人は、この機会に安い100均のアイテムを使って新しい料理を作ってみましょう。 作り方はとても簡単で、生卵をポーチドエッグカップの中に割り入れます。 鍋に水を入れて沸かし、沸いたら火を止めます。 卵を入れたポーチドエッグカップを鍋に入れて浮かします。 そのまま鍋にふたをして10分ほど待っていると卵の色がどんどん白くなっていくので、白くなったら完成です。 プルンとした卵が出来上がっているので、簡単にそのままスプーンで取り出せます。 パンの上にのせたり、サラダと一緒に食べたり、温泉卵風に食べるなどいろいろな食べ方があるので楽しんでください。 第1位!100均ダイソーのたまごのプッチン穴あけ器 100均のダイソーで大人気のこの商品「たまごのプッチン穴あけ器」。 このダイソーの商品はとっても便利です。 ゆで卵の殻を剥くとき、誰でも失敗したりしてイライラしたことがあるかと思いますが、ダイソーの商品を使えばそのイライラもすぐに解決します。 卵の殻をスルンっと夢のように簡単に剥くことができるからです。 使い方は簡単、まず黄色い丸い部分の真ん中の穴が開いているところに、生卵を乗せて少し押します。 強く押しすぎて卵が潰れてしまわないように注意しましょう。 軽く押すと真ん中の穴から針が出てくるので、生卵に穴が開くのでそのまま茹でるだけです。 茹でた後はしっかりと冷水で冷やすことでより殻が剥けやすくなります。 茹でる前に卵に穴を開けて卵の中に入っているCO2を逃がすことで、薄皮が白身にピッタリとくっつき殻が剥きやすくなります。 ダイソーのこの商品にはロック機能も付いているので子供がいて危ない場合は、丸い部分を回すとロックされ針が出てこなくなります。 ダイソーは子供のことまで考えてくれているのが嬉しいですね。 ダイソー編:おすすめ100均の温泉卵などのグッズ4個! ダイソーで大人気!ダイソーのレンジで簡単!だし巻き卵 100均のダイソーで一つ目に人気の優秀なアイテム「レンジで簡単!だし巻き卵」は卵1個で簡単にだし巻き卵ができます。 だし巻き卵を作ると上手くできなかったり、焦げ付いてしまったりして綺麗なだし巻き卵が出来ないと嘆いている人には必見です。 作り方は容器に水を大さじ1杯、たまごを1個入れてよくかき混ぜます。 押し型ふたをせずに、電子レンジに入れて500wで40秒加熱します。 そのあと押し型ふたをしないで、もう一度電子レンジで500wで40秒加熱します。 まだ、だし巻き卵の形が出来上がっていないので、押し型フタで上から圧力をかけて固定し、1分待てば出来上がりです。 簡単ですがしっかりとしただし巻き卵が出来上がります。 卵を押す力加減に注意しましょう。 ダイソーのレンジで簡単!茶わん蒸し器 100均のダイソーで2つ目に人気のアイテムはレンジでかんたん!茶わん蒸し器です。 茶わん蒸しを作るのって手間がかかるし、洗い物も多く出るしで結構大変ですよね。 でもこのダイソーのアイテムを使えばスムーズに茶わん蒸しが作れてしまいます。 子供も大好きな茶わん蒸し、是非この簡単なアイテムで茶わん蒸しを作って子供を喜ばせてあげましょう。 まずは卵2個、白だし2杯、水150mlをボールでよくかき混ぜます。 その次にこしきを容器の上にのせて卵を注ぎながら、卵液をこしていきましょう。 全部の卵をこしおえたらこしきを取って、蓋をしてレンジで500Wで3分20秒加熱しましょう。 プルプルの美味しそうな茶わん蒸しが出来上がります。 具などは後からかまぼこなどをトッピングして華やかな茶わん蒸しを作ってみましょう。 ダイソーのレンジでかんたん!薄焼きたまご 100均のダイソーで4つ目に人気の商品は、レンジで簡単!温泉卵です。 温泉卵はスーパーなのでもう出来上がているのを購入する人が多いと思いますが、このダイソーのアイテムを使えばおうちで簡単に温泉卵をつくることができるのです。 このダイソーのグッズの使い方はまずたまごを1個、容器の中に割って入れます。 フォークで黄身に穴を開けると黄身の爆発を防ぐことができるので穴を開けましょう、そのあと大さじ3杯ほどの水を入れてフタを閉めます。 電子レンジに入れて500Wで1分ほど温めたら容器を取り出し、穴の開いている蓋から余分な水分を捨てたら出来上がりです。 中の黄身がトロっとした温泉卵が簡単にできます。 出来上がった温泉卵に醤油、つゆをかけたりして美味しくいただきましょう。 ダイソーの100均グッズで温泉卵が簡単にできるなんて夢のようですね。 このアイテムで温泉卵を充分に楽しんじゃいましょう! セリア編:おすすめ温泉卵などのグッズ4選 シェイプリング丸型 100均のセリアで2つ目に人気の商品はシリコンエッグモールドです。 かわいいくまさの形でオムレツができたらテンションもあがりますし、ケチャップで顔も描くことができますよね。 容器は卵1個を焼くのに丁度よい容量になっています。 さらにオムレツだけでなく、くまさんの形の目玉焼きも作れます。 シリコーンエッグモールドを使うときは、あらかじめバターやオイルをしいておくと出来上がったときに綺麗に取り出せます。 使い方は簡単で容器に卵を入れてフライパンの上にのせて焼くだけです。 フライパンを洗わなくて良いので楽ちんですね。 子供のお弁当にもぴったりな商品です。 お弁当をもっと簡単に作りたい方は下記をチェック! 半熟玉子風電子レンジ調理器ー温泉卵風にも 100均のセリアで3つ目のおすすめ商品が半熟玉子風電子レンジ調理器です。 ふたに穴が開いているのが特徴で言われなければ何に使うのか分からないような見た目です。 半熟卵って作るのが本当に難しいですが、たまに食べたくなってしまいますよね。 このアイテムを使えば急に半熟卵が食べたくなってもすぐに作れます。 さらに温泉卵風にも作ることができます。 作り方は簡単でまず容器に生卵を1つと水を75cc入れます。 それから電子レンジで600Wで1分加熱します。 余分な水はふたについている穴からそっと流します。 たったこれだけでプルプル、トロトロの半熟卵が出来てしまうのです。 半熟卵はもちろん、温泉卵風もできるこの商品、とっても便利ですね。 二刀流のこの100均の商品で半熟卵も温泉卵も楽しみましょう! 3Dパフスタンドー100均には見えない! 100均のセリアで4つ目に人気卵商品は3Dパフスタンドです。 この商品はもともとメイクをするときのエッグ型のスポンジを置くためにあるのですが、なんと卵にもフィットする形になっているのでエッグスタンドにも使えるんです。 殻を剥く前の温泉卵や半熟卵などを乗せておくのにいいですね。 ゆで卵をエッグスタンドに置くだけでなんだかおしゃれな感じが出て、毎朝の食事やお客さんが来た時など大活躍すること間違いなしです。 色も2種類あるので交互に置くとおしゃれですね。 お料理、お菓子作りなどで黄身と白身を分けることが多いと思いますが、なかなか上手くいかないときがありますよね。 そんなときはこの卵黄身分け器を使ってみてください。 今までイライラしていた黄身と白身を分ける作業もとてもスムーズになります。 この商品は円形の容器に窪みがあり、その窪みに穴が開いています。 この窪みに卵を割り入れると白身だけが下に流れていくという仕組みになっています。 簡単にできてしまうので時短にピッタリな優秀アイテムですね。 料理の時短すれば毎日の料理が効率よく進みます。 さらにエッグタイマーで完璧な自分好みの半熟卵を作れば、上手くいかなかった時のストレスを削減できること間違いなし。 さらにエッグタイマーは見た目がとってもかわいいので、かわいいインテリアにもなります。 温泉卵みたいな形のエッグタイマーをお風呂に飾ってもかわいいですし、子供のおもちゃにもなります。 100均のおもちゃをもっと知りたい人は下記の記事をチェック! ダイソーなどの卵グッズを利用して快適な毎日に ダイソー、セリア、キャンドゥ、サンクラフトなどの人気卵グッズを把握したら、早速買いに行って使ってみましょう。 温泉卵、半熟卵などが簡単に100均の商品に手軽にできてしまいます。 毎日の生活を簡単に、楽しく、そして快適にしてくれる100均の温泉卵などのグッズたち、早速試してみましょう!.

次の

100均ダイソーゆで卵グッズ【半熟卵・殻むき・切る】本当に便利で時短?|じゃかいよ!自由気ままにちびっと語ってみらんけ?

半熟 卵 レンジ

とってもキュートでかわいいこの商品は、100均のセリアからでているたまご名人!エッグタイマーです。 中がトロトロの半生ゆで卵、少しトロっとした半熟ゆで卵、しっかりとゆでた固ゆでを正確に作ることができます。 半熟ゆで卵が食べたくても作れなかった人、いつも失敗してしまう人にはとてもおすすめのアイテムです。 使い方はこのかわいい卵の形をしたアイテムを、卵と一緒にゆでるだけです。 この黄色の体がゆで時間によってどんどん白くなっていきます。 このかわいい顔を見ているだけで癒されますね。 このアイテムを使えばお料理の時間を効率的にすることができます。 第2位!100均ーキャンドゥのポーチドエッグカップ-温泉卵風もできる! ポーチドエッグやエッグベネディクトが簡単にできてしまう、魔法のようなアイテムが100均キャンドゥから出ているポーチドエッグカップです。 ボーチドエッグは普通に作ると少しめんどうで難しいですが、キャンドゥのポーチドエッグカップを使うと簡単においしいポーチドエッグやエッグベネディクトができてしまいます。 まだポーチドエッグやエッグベネディクトを作ったことない人は、この機会に安い100均のアイテムを使って新しい料理を作ってみましょう。 作り方はとても簡単で、生卵をポーチドエッグカップの中に割り入れます。 鍋に水を入れて沸かし、沸いたら火を止めます。 卵を入れたポーチドエッグカップを鍋に入れて浮かします。 そのまま鍋にふたをして10分ほど待っていると卵の色がどんどん白くなっていくので、白くなったら完成です。 プルンとした卵が出来上がっているので、簡単にそのままスプーンで取り出せます。 パンの上にのせたり、サラダと一緒に食べたり、温泉卵風に食べるなどいろいろな食べ方があるので楽しんでください。 第1位!100均ダイソーのたまごのプッチン穴あけ器 100均のダイソーで大人気のこの商品「たまごのプッチン穴あけ器」。 このダイソーの商品はとっても便利です。 ゆで卵の殻を剥くとき、誰でも失敗したりしてイライラしたことがあるかと思いますが、ダイソーの商品を使えばそのイライラもすぐに解決します。 卵の殻をスルンっと夢のように簡単に剥くことができるからです。 使い方は簡単、まず黄色い丸い部分の真ん中の穴が開いているところに、生卵を乗せて少し押します。 強く押しすぎて卵が潰れてしまわないように注意しましょう。 軽く押すと真ん中の穴から針が出てくるので、生卵に穴が開くのでそのまま茹でるだけです。 茹でた後はしっかりと冷水で冷やすことでより殻が剥けやすくなります。 茹でる前に卵に穴を開けて卵の中に入っているCO2を逃がすことで、薄皮が白身にピッタリとくっつき殻が剥きやすくなります。 ダイソーのこの商品にはロック機能も付いているので子供がいて危ない場合は、丸い部分を回すとロックされ針が出てこなくなります。 ダイソーは子供のことまで考えてくれているのが嬉しいですね。 ダイソー編:おすすめ100均の温泉卵などのグッズ4個! ダイソーで大人気!ダイソーのレンジで簡単!だし巻き卵 100均のダイソーで一つ目に人気の優秀なアイテム「レンジで簡単!だし巻き卵」は卵1個で簡単にだし巻き卵ができます。 だし巻き卵を作ると上手くできなかったり、焦げ付いてしまったりして綺麗なだし巻き卵が出来ないと嘆いている人には必見です。 作り方は容器に水を大さじ1杯、たまごを1個入れてよくかき混ぜます。 押し型ふたをせずに、電子レンジに入れて500wで40秒加熱します。 そのあと押し型ふたをしないで、もう一度電子レンジで500wで40秒加熱します。 まだ、だし巻き卵の形が出来上がっていないので、押し型フタで上から圧力をかけて固定し、1分待てば出来上がりです。 簡単ですがしっかりとしただし巻き卵が出来上がります。 卵を押す力加減に注意しましょう。 ダイソーのレンジで簡単!茶わん蒸し器 100均のダイソーで2つ目に人気のアイテムはレンジでかんたん!茶わん蒸し器です。 茶わん蒸しを作るのって手間がかかるし、洗い物も多く出るしで結構大変ですよね。 でもこのダイソーのアイテムを使えばスムーズに茶わん蒸しが作れてしまいます。 子供も大好きな茶わん蒸し、是非この簡単なアイテムで茶わん蒸しを作って子供を喜ばせてあげましょう。 まずは卵2個、白だし2杯、水150mlをボールでよくかき混ぜます。 その次にこしきを容器の上にのせて卵を注ぎながら、卵液をこしていきましょう。 全部の卵をこしおえたらこしきを取って、蓋をしてレンジで500Wで3分20秒加熱しましょう。 プルプルの美味しそうな茶わん蒸しが出来上がります。 具などは後からかまぼこなどをトッピングして華やかな茶わん蒸しを作ってみましょう。 ダイソーのレンジでかんたん!薄焼きたまご 100均のダイソーで4つ目に人気の商品は、レンジで簡単!温泉卵です。 温泉卵はスーパーなのでもう出来上がているのを購入する人が多いと思いますが、このダイソーのアイテムを使えばおうちで簡単に温泉卵をつくることができるのです。 このダイソーのグッズの使い方はまずたまごを1個、容器の中に割って入れます。 フォークで黄身に穴を開けると黄身の爆発を防ぐことができるので穴を開けましょう、そのあと大さじ3杯ほどの水を入れてフタを閉めます。 電子レンジに入れて500Wで1分ほど温めたら容器を取り出し、穴の開いている蓋から余分な水分を捨てたら出来上がりです。 中の黄身がトロっとした温泉卵が簡単にできます。 出来上がった温泉卵に醤油、つゆをかけたりして美味しくいただきましょう。 ダイソーの100均グッズで温泉卵が簡単にできるなんて夢のようですね。 このアイテムで温泉卵を充分に楽しんじゃいましょう! セリア編:おすすめ温泉卵などのグッズ4選 シェイプリング丸型 100均のセリアで2つ目に人気の商品はシリコンエッグモールドです。 かわいいくまさの形でオムレツができたらテンションもあがりますし、ケチャップで顔も描くことができますよね。 容器は卵1個を焼くのに丁度よい容量になっています。 さらにオムレツだけでなく、くまさんの形の目玉焼きも作れます。 シリコーンエッグモールドを使うときは、あらかじめバターやオイルをしいておくと出来上がったときに綺麗に取り出せます。 使い方は簡単で容器に卵を入れてフライパンの上にのせて焼くだけです。 フライパンを洗わなくて良いので楽ちんですね。 子供のお弁当にもぴったりな商品です。 お弁当をもっと簡単に作りたい方は下記をチェック! 半熟玉子風電子レンジ調理器ー温泉卵風にも 100均のセリアで3つ目のおすすめ商品が半熟玉子風電子レンジ調理器です。 ふたに穴が開いているのが特徴で言われなければ何に使うのか分からないような見た目です。 半熟卵って作るのが本当に難しいですが、たまに食べたくなってしまいますよね。 このアイテムを使えば急に半熟卵が食べたくなってもすぐに作れます。 さらに温泉卵風にも作ることができます。 作り方は簡単でまず容器に生卵を1つと水を75cc入れます。 それから電子レンジで600Wで1分加熱します。 余分な水はふたについている穴からそっと流します。 たったこれだけでプルプル、トロトロの半熟卵が出来てしまうのです。 半熟卵はもちろん、温泉卵風もできるこの商品、とっても便利ですね。 二刀流のこの100均の商品で半熟卵も温泉卵も楽しみましょう! 3Dパフスタンドー100均には見えない! 100均のセリアで4つ目に人気卵商品は3Dパフスタンドです。 この商品はもともとメイクをするときのエッグ型のスポンジを置くためにあるのですが、なんと卵にもフィットする形になっているのでエッグスタンドにも使えるんです。 殻を剥く前の温泉卵や半熟卵などを乗せておくのにいいですね。 ゆで卵をエッグスタンドに置くだけでなんだかおしゃれな感じが出て、毎朝の食事やお客さんが来た時など大活躍すること間違いなしです。 色も2種類あるので交互に置くとおしゃれですね。 お料理、お菓子作りなどで黄身と白身を分けることが多いと思いますが、なかなか上手くいかないときがありますよね。 そんなときはこの卵黄身分け器を使ってみてください。 今までイライラしていた黄身と白身を分ける作業もとてもスムーズになります。 この商品は円形の容器に窪みがあり、その窪みに穴が開いています。 この窪みに卵を割り入れると白身だけが下に流れていくという仕組みになっています。 簡単にできてしまうので時短にピッタリな優秀アイテムですね。 料理の時短すれば毎日の料理が効率よく進みます。 さらにエッグタイマーで完璧な自分好みの半熟卵を作れば、上手くいかなかった時のストレスを削減できること間違いなし。 さらにエッグタイマーは見た目がとってもかわいいので、かわいいインテリアにもなります。 温泉卵みたいな形のエッグタイマーをお風呂に飾ってもかわいいですし、子供のおもちゃにもなります。 100均のおもちゃをもっと知りたい人は下記の記事をチェック! ダイソーなどの卵グッズを利用して快適な毎日に ダイソー、セリア、キャンドゥ、サンクラフトなどの人気卵グッズを把握したら、早速買いに行って使ってみましょう。 温泉卵、半熟卵などが簡単に100均の商品に手軽にできてしまいます。 毎日の生活を簡単に、楽しく、そして快適にしてくれる100均の温泉卵などのグッズたち、早速試してみましょう!.

次の

“レンジで”とろとろ、「半熟たまごボール」【憧れの100均生活】 [えんウチ]

半熟 卵 レンジ

温泉卵とは?半熟卵との違い 「温泉卵」といえば、トロッとした白身と程良く固まった黄身が特徴ですよね!黄身までしっかりと火の通ったゆで卵や、白身は硬く黄身はトロッとしている半熟卵なんかとはまた違った食感を楽しむことができます。 丼モノにのせたりサラダの付け合わせにしたり、様々なお料理と併せて楽しむこともできますよね。 「温泉卵」と半熟卵との食感の違いは、ゆでるお湯の温度によってうまれます。 逆に、それ以下の温度でゆでる「温泉卵」はトロッとした食感を残したまま完成するという訳なんですね。 卵を源泉につけて調理する温泉地ならではの卵の食べ方ということで「温泉卵」と呼ばれるようになったそうですよ。 「温泉卵」が名物の温泉地には、箱根大涌谷の「黒たまご」、別府温泉の「地獄ゆでたまご」、湯村温泉の「荒湯たまご」、飯坂温泉の「ラジウム温泉卵」などがありますよ。 これらの温泉地を訪れた際には、温泉でゆでた本場の「温泉卵」をぜひ堪能してみてください。 お湯を沸かしたりゆで時間を気にしたりと、卵をゆでるのって面倒ですよね。 それが簡単に、しかも短時間でおこなえる魔法のような方法なんです。 温泉卵の簡単な作り方とは電子レンジを使用する方法です。 マグカップに生卵と水を入れ電子レンジで温めるだけで温泉卵が完成します。 温め時間は、500Wのもので30秒〜1分、600Wのもので30秒〜40秒ほど。 覚えることはこれだけ。 食べたくなったらいつでも温泉卵が作れます。 いかがですか?簡単ですよね。 基本的にサランラップは不要ですが、もしどうしても掛けたいという方はマグカップの中の空気が抜けるよう、ふわっと隙間をつくって掛けてください。 ちなみに、温泉卵作りの容器には大きさ的にマグカップが適していますが、なければボウルなどでも代用可能です。 電子レンジを使ったこの方法で、気軽に温泉卵を堪能してみてください。 もっと本格派な温泉卵の作り方 電気炊飯器の保温機能を使って温泉卵を作る方法もあります。 電子レンジを使用したものと同様にこちらも作り方はとても簡単で、生卵とお湯を入れた炊飯器を保温モードにして20分ほど待つだけ。 保温状態の炊飯器が、温泉卵を作るのに適した温度を保ってくれて、卵をぷるぷるトロッとした状態に仕上げてくれます。 温度調整を炊飯器がおこなってくれるこの方法なら、お鍋でゆでるよりもはるかに簡単に作ることができます。 ちなみに、沸かしたお湯ではなく水を炊飯器に注いでも温泉卵を作ることはできますが、その場合は、保温モードに設定した後40〜60分ほど待つ必要があります。 温泉卵専門の器で気軽に調理 これまでは、電子レンジや電気炊飯器といった身近な家電を使用した温泉卵の簡単な作り方をご紹介してきましたが、ここからはさらにお手軽に温泉卵を作る方法をご紹介していきます。 その方法というのは、市販されている専用のアイテムを使うというもの。 100均で購入できるモノから1万円前後で販売されているご家庭用卵ゆで機、大量に温泉卵を作ることのできる業務用のモノまで、世の中には温泉卵を作るための様々なアイテムが取り揃えられています。 日常的に温泉卵を作られている方は、そういったアイテムの購入を検討してみるのもいいですね。 簡単に作れるだけではなく時間の節約にもなっておすすめですよ!以下に、アイテムの具体的な特徴と使い方をご紹介していきます。 100均で購入できる温泉卵作り専用器具 100均で購入できる温泉卵作りの専用器具は、器具の中に生卵を割り入れて電子レンジで加熱するというモノ。 上記でご紹介したレンジを使用する温泉卵の作り方と同様です。 マグカップの代わりにこちらの専用器具を使用するイメージですね。 専用の器具になっているので、失敗も少なくトロッとした絶妙な半熟状態の温泉卵を作ることができます。 ボタン1つで温泉卵から半熟卵、固ゆで卵までお好みの硬さのゆで卵作ることができますよ!操作が簡単な上に、一度に最大6個までゆで卵を作ることが可能で、頻繁にゆで卵を召し上がる方には特にオススメです。 美味しいたれレシピ 温泉卵に欠かせないのが美味しいタレ。 だしの効いたタレを掛けた温泉卵はご飯との相性も抜群です。 タレとひと口にいっても、めんつゆをベースにしたものや白だしをベースにしたもの、だし汁をベースに作るものなど様々なレシピが存在しますよね。 中でも人気が高いのは、めんつゆをベースにしたタレ。 手軽に作れる上に味のバランスもとれているのが人気の理由です。 市販のめんつゆにみりんやお醤油などを加えるだけで簡単に作ることができるこのタレは、おひたしに掛けたり卵焼きに混ぜたりしても美味しく、いろいろな使い道が楽しめます。 余りが他の料理で有効活用できるのは嬉しいですよね!手作りのタレで美味しい温泉卵を堪能してみてください。 温泉卵のカロリーや栄養素 温泉卵に含まれるカロリーや脂質などの栄養素は生卵とほぼ同じです。 強いていえば、温泉卵は加熱されているてめ、熱に弱いビタミンB群やタンパク質の量が若干少なくなります。 温泉卵ひとつ分のカロリーは約90gで、それほど高くはありません。 また、卵にはビタミンB群が豊富に含まれていて、健康に良い食べ物として紹介されることもあります。 ただ、温泉卵ひとつでお腹がふくれる訳ではないため、ダイエットには向かないようです。 コレステロールも多く含まれているので、食べ過ぎにはご注意ください。 温泉卵のアレンジレシピ 丼モノの上にのせたり麺類と併せたり、色々なアレンジが楽しめるのも温泉卵の魅力です。 お料理をマイルドにしながらコクをプラスしてくれる名脇役ですよね!温泉卵を使った、特におすすめのアレンジレシピを以下にご紹介していきます。 とろとろ焼肉丼 いわゆる焼肉丼に温泉卵をトッピングしたレシピです。 焼肉の旨味を温泉卵のコクが引き立ててくれますよ!男性にも女性にも人気の高いこちらのレシピを是非堪能してみてください。 しらす丼の上に! しらす丼の上に温泉卵をのせた定番のアレンジレシピです。 しらすの旨味と温泉卵のマイルドな味わいがたまりません!お好みで薬味をトッピングしてお召し上がりください。 しらすの風味と旨味が口の中に広がります。 温泉たまごサンド 温泉たまごサンドはその名の通り、温泉卵で作ったタマゴサンドです。 別府温泉の隠れたグルメとして人気をはくしている「地獄蒸し卵サンド」が、一般のご家庭へと広まったものなんだとか。 固ゆで卵で作るタマゴサンドとは違い、ふわっとしたタマゴの食感を楽しむことができますよ! 定番の温玉うどん 温泉卵といえば、釜揚げうどんでは定番のトッピングですよね。 かけうどんにトッピングされる方も多いのではないでしょうか。 麺にからむ温泉卵のコクがクセになります。 賞味期限に注意! 加熱調理をして作られる温泉卵は、卵が本来もっているはずの菌を寄せ付けないようにする成分が、加熱の過程で破壊されています。 つまり、生卵よりも日持ちしないということ。 市販の温泉卵では1週間〜2週間程度、自家製のものにいたっては2日〜3日が消費期限です。 中でも、電子レンジを使用して作った温泉卵は、加熱時間が短くサルモネラ菌が死滅しきっていないことも多いため、できるだけ早く食べてください。 温泉卵に限らず、卵は長い期間の常温保管は避け賞味期限切れに注意する必要があります。 特に温泉卵は、早く傷みやすということを忘れず、保管方法や保管期間に気を使うようにしてくださいね。 安心できる保管方法で、ぷるぷるトロッとした温泉卵ライフを満喫しましょう! 関連記事はこちら.

次の