リトル ダンサー 映画。 【映画】リトルダンサーやっぱいいよね【感想】

『リトルダンサー』をみなおした

リトル ダンサー 映画

映画『リトル・ダンサー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 死んだ母の影響で音楽が好き。 自分の息子を男らしく育てたいと思っている父親との間に軋轢がある。 ウィルキンソン(ジュリー・ウォルターズ) バレエの教師。 ビリーの熱意と才能を見て、彼のサポートをする。 父(ゲアリー・ルイス) 炭鉱夫。 頑固者。 ビリーが音楽に傾倒していくのを快く思っていない。 リトル・ダンサーのネタバレあらすじ(ストーリー解説) 映画『リトル・ダンサー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 リトル・ダンサーのあらすじ【起】 兄であるトニーのレコードをかけて、ベッドの上で飛び跳ねたビリーは卵が茹で上がった頃合いでキッチンに向った。 朝食の準備を済ませて祖母を呼ぼうとするが、祖母は部屋から姿を消していた。 ビリーは慌てて家を飛び出し、森に向った。 祖母には徘徊癖があったのだ。 森で祖母を見つけたビリーは手を引いて家に連れ帰った。 トニーと父親が仕事に出かける準備をする中、熱心にピアノの練習をしていたビリーは、父に止めろと叱られる。 父やトニーは地元の炭鉱が閉鎖され、仕事を失ったことに苛立っていた。 叱られたビリーは自分のピアノを褒めてくれた、亡き母のことを思いながら写真を見た。 ビリーは町の体育館の前でふてくされていた。 父の命令でボクシングを始めされられたのだ。 共に練習に参加した友人が中に入ろうと声をかけるが、ビリーには殴ったり蹴ったりするだけのスポーツのどこが楽しいのか解らなかった。 渋々、リングに立った。 しかし、ビリーにとっては、目の前の試合よりも、隣で女子がやっているバレエの方が興味深かった。 練習に身が入らず、コーチに居残りを命じられたビリーだが、コーチが帰った隙を見てバレエの練習を見学することにした。 バレエの教師であるウィルキンソン先生はビリーを受け入れ、練習に参加させた。 リトル・ダンサーのあらすじ【承】 ビリーは祖母と共に母の墓参りにやってきた。 落書きをされていた墓標を磨き、周りの草を刈った。 祖母は勘違いを起こして、他人の墓に祈りを捧げていた。 その晩、ビリーはトニーに死について考えたことがあるかと尋ねた。 しかし、うるさいと叱られ、答えを聞くことはできなかった。 登校中、ビリーは教師の娘のデビーにバレエの練習に参加するよう勧められた。 バレエなんて、女がすることだとビリーは断るが、次の練習日、ビリーは他の生徒たちと共にダンスをしていた。 日頃から練習を重ねていた他の生徒と実力差を感じたビリーは移動図書館で教則本を借り、父の目を盗んで自主練習に明け暮れた。 自分が本当にやりたいことに没頭できるようになったビリーは毎日が楽しかった。 しかし、ある日、コーチを通じてボクシングの練習に行っていないことが父にバレてしまう。 ビリーがバレエの練習に参加しているのを見つけた父は彼を叱りつけた。 男らしいことをやれと父は言うが、ビリーがどうして駄目なのかと問うと父は何も答えられなかった。 理由なくバレエを禁じる父に怒り、ビリーは家を出た。 リトル・ダンサーのあらすじ【転】 ビリーは先生の家を訪ねた。 止めざるを得ない状況だと伝えると先生は父に抗ったらどうだと言った。 父には逆らえない。 ビリーがそう言うとウィルキンソン先生は残念だと言った。 先生はビリーをバレエの有名学校に推薦しようとしていた。 自分の素質を自覚するように言われたビリーは、父に隠れて先生と個人レッスンをすることにした。 ある早朝、父とトニーは労働組合を代表して、炭鉱の閉鎖を決定した会社を襲撃しようという算段を立てていた。 家計が窮地に陥っている様子を目の当たりにしたビリーは、そのストレスから、練習中、先生に八つ当たりする。 家に居場所がないビリーは先生に母親の代わりを求めていた。 先生はビリーの苦悩を受け止め、二人は練習を再開した。 練習から帰るとビリーは、トニーが労働組合の暴動に参加しているところに出くわした。 トニーは警察に捕まり、身元引受人として呼ばれたビリーは、そのせいでバレエ学校のオーディションを受けられなくなってしまった。 ウィルキンソン先生はオーディションに来なかったビリーのことを心配し、彼の家を訪ねた。 そこで、彼女は身勝手なトニーと父に怒った。 先生と家族の板挟みになったビリーは鬱憤をダンスにぶつけた。 クリスマスの日、父は妻が残したピアノを破壊してしまった。 最低のクリスマスだ。 ビリーは体育館で踊り、嫌な気分を忘れようとした。 そこに仲間たちと酒を飲んでいた父が通り掛かる。 体育館の灯りがついていることを不審に思った父が中に入ると踊っている息子を見つけた。 ビリーの熱心な姿を見た父は息子には何も言わず、体育館を出た。 父はその足で先生の家に向かった。 オーディションやバレエ学校の入学にかかる費用を確かめた父は、その金を工面するため、労働組合に裏切り者と称されるのも覚悟で、スト破りの仲間に加わった。 スト部隊として会社の前にいたトニーは、スト破りのバスの中に父の姿を見て愕然とした。 トニーは父を責めた。 しかし、父はもう終わってしまった自分たちと違って、ビリーには未来がある。 その未来を守ってやりたいとトニーに訴えた。 リトル・ダンサーの結末・ラスト(ネタバレ) 事情を知った労働組合の仲間たちは力を合わせ、ビリーの入学費用を集めるため、自分たちに残された金品を質屋に入れ、募金集めに奔走した。 ビリーは父と共にバスでオーディション会場に向かった。 父は会場の外で不安を堪えながら息子が戻って来るのを待った。 一方、ビリーは緊張で思うように実力を発揮できず、他の受験者に八つ当たりをしてしまった。 父とビリーは落胆しながら家に戻った。 それからしばらくして、審査結果が書かれた封筒が届いた。 ビリーは封筒を手に、部屋にこもる。 恐る恐る手紙を開き、何度も読み返した。 父やトニー、祖母はビリーが部屋から戻ってくるのを待った。 しかし、どれだけ待ってもビリーは戻ってこない。 父は手紙の文面を察し、息子を励ますために部屋の戸を開けた。 ビリーは受かったと父に報告した。 父親は吉報を手に労働組合の仲間の下に向った。 喜びを分かち合おうとしたが、事務所は暗い空気が立ち込めていた。 労働組合が譲歩することで職場復帰が決まったのだという。 親元を離れるその日。 ビリーがバスに乗り込んでから、トニーは寂しいと漏らした。 しかし、車窓の向こうのビリーにその声が届くことはなかった。 十年以上が経った。 人生のほとんどを炭鉱で過ごしたトニーと父は、電車に乗ってロンドンの劇場を訪れた。 観客席で、二人は演目が始まるのを待った。 音楽が鳴り、幕が上がった。 舞台の上でビリーが舞った。 リトル・ダンサーの感想・評価・レビュー ピアノや音楽に興味があったビリーが、父親から強制的に習わされていたボクシングを辞め、バレエを始めるシーンや、練習に没頭するビリーの姿を見た父親の気持ちや、息子のためにやれることを全力で行ったシーンなど、家族だからこその亀裂やすれ違いがある中、応援したいという気持ちも共感できた。 ビリーがバスに乗った時に、兄のトニーが発した言葉も印象的であり、父親とトニーがビリーの舞台を観ているシーンも感動的であった。 (女性 20代) 観ていて、悪い気持ちに一切ならない映画。 ただただビリーを応援し、家族に絆が生まれていく様に感動します。 ビリーが父にダンスで不満をぶつけるところは印象的。 足が「僕は踊ってはいけないのか」と叫んでいるようで、ビリー悲痛な気持ち、ダンスを熱望する気持ちが言葉なく表されていた。 最近観た「ロケットマン」でエルトン・ジョンのパートナー役は誰だろうと調べたらビリー役のジェイミー・ベルだった。 立派になって、と親みたいな気持ちになってしまった…(女性 40代).

次の

【無料視聴】「リトル・ダンサー」を見る方法!

リトル ダンサー 映画

リトル・ダンサーのネタバレあらすじ1 舞台は1984年、イギリス北東部の炭鉱の町ダーラム。 労働者階級の家に生まれたビリーは11歳の時に母親が他界しており、ビリー(ジェイミー・ベル)と兄、父親、呆けてしまっている祖母の四人暮らし。 父親と兄は炭坑で働き、生まれてこの方、小さなこの町から出た事が無いという無骨な労働者。 背景はストライキ真っ最中の炭鉱町。 ビリーのお父さんとお兄さんは、炭鉱の労働組合の側にいる。 特にお兄さんはリーダーでスト破りには容赦ない。 ビリーはごく普通の男の子で、ボクシングを1回50ペンスで習っている。 そんなビリーはある日、ボクシングの稽古中に、体育館の同じフロアでバレエの練習をする女の子を見つける。 なんとなく興味を持ったビリーはバレエの練習を覗きに行くようになり、すぐにバレエの虜になった。 リトル・ダンサーのネタバレあらすじ2 しかし厳格な父は、男がバレエなど絶対に ゆるさんと一点張り。 しかもお父さんは ストライキで失業中。 なけなしのお金で ビリーをボクシングジムに入れていたので なおさら怒った。 それでもビリーはバレエが大好きだった。 お父さんになんと言われようと辞めなかった。 もしかしたらビリーにとって人生で初めて の父への反抗だったかもしれない。 ビリーを支えてくれたのが、バレエの 先生ミセス・ウィルキンソンだった。 ビリーの才能を先生はいち早く見抜き、彼にバレエを教えます。 ある日二人はドライブに出かけ、先生は白鳥の湖をBGMにかけて、国立のバレエ学校のオーディションを受けるようにすすめます。 そんな先生に、男がバレエなんて頭がおかしい、とののしるお兄さん。 「弟はまだ11歳の子供なんだ!あんたのお遊びの道具にしないでくれ!」 リトル・ダンサーのネタバレあらすじ3 そんな中、お兄さんが逮捕されて、最初のオーディションに行けなかった、その時のビリーのダンスがすごかった。 心の中の苛立ちや、怒りを、体中で表現している。 普通の男の子だったのに、ダンサーの顔になっていた。 体つきまで変わってきている。 炭鉱町の坂道を踊りながら移動していく様子には観てる方も引き込まれる。 リトル・ダンサーのネタバレあらすじ4 クリスマス、目の前で踊るビリーを見て飛び出したお父さんが向かったのは、毛嫌いしたバレエの先生の家。 「いくらかかる?」 お兄さんが命張って歯向かう中、スト破りの人の中に見つけてしまったのは他でもない自分の父親。 「何やってるんだよ! 俺たちが今までやってきたことは何なんだよ!」 「ビリーの夢を叶えてやりたい。 俺たちに未来があるか? でもあの子はまだ11歳だ。 許してくれ、俺はビリーの夢を叶えたい」泣き崩れる父親を抱き締めるお兄さん。 「金なら他にも方法がある。 だから戻ろう」 リトル・ダンサーのネタバレあらすじ5 他のやり方でなんとかお金をかき集めてロンドンまで行けたが、ロイヤルバレエスクールはいかにも芸術的で、ビリー親子ははっきり言うと「浮いてる」存在。 緊張から実力を十分発揮できないビリー。 でも、最後に「踊ってるときどう感じる?」と聞かれて、「わからない、でも・・・」とぽつぽつ話す。 「電気みたいに・・・」と言った彼の顔、小さいけどちゃんとダンサーだった。 芸術の門がもしもあるなら、ビリーは正にそこに立って、扉を開けようとしていた。 リトル・ダンサーのネタバレあらすじ6 結果通知が届いて・・・ ビリーは家族が見守る中結果を確かめるため一人で部屋へと入っていく。 封筒を開いてからビリーがクッションを抱き締めてずっと泣いてる。 ビリーが部屋から出てきた。 家族はやっぱりダメだったの!?と思うんだけど、 消えそうな声で 「受かった。 」 それを聞いた瞬間、お父さんは家を飛び出して、炭鉱夫の組合に「受かりやがった!」と報告するも周囲は反応が薄い。 実はストが終わり、職場復帰になったことを告げられる。 リトル・ダンサーの結末1 牧場の柵にビリーとお父さんが座っている。 「つらくなったら戻ってきてもいい?」 「それは困る。 部屋を貸しちまった」 ビリーとお父さんが二人で笑い転げてじゃれて、そしてビリーをぎゅうって抱き締める父。 ビリーがロンドンへ旅立つ日、見送りに行けないおばあちゃんはぎゅうっとハグして送り出す、 駅では荷物を積むお兄さんの横で、お父さんがビリーをずっと抱っこしている。 ビリーがバスに乗ってしまってから「I miss you」とつぶやくお兄さん。 ただ無言で見つめていたお父さん。 お母さんは亡くなってしまっているけれど、ビリーの家族は最高の愛情を彼に注ぎ続けてくれた。 それがあるからビリーはどこへ行っても大丈夫。 リトル・ダンサーの結末2 最後、25歳になったビリーが美しい白鳥に変身してステージに飛び出していくシーンで映画を締めくくる。 その美しさに鳥肌が立った。 彼が跳躍した瞬間、リトルダンサーが本物のダンサーになったと実感させる。 体中で表現する白鳥の湖、その素晴らしさをあますところなく伝えてくれる。 夢を追いかけて、実現させること。 それには大変な努力が必要だ。 ビリーの物語は、世界中の芸術家の卵たちを元気付けるに違いない。 細部までじっくり、何度でも観たい、そういう映画だった。

次の

『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』2020年版、“全キャスト”&“大人キャスト出演スケジュール”等を発表

リトル ダンサー 映画

イギリスのダーラムの町で、11歳のビリーは父ジャッキー、兄トニー、祖母と暮らしています。 祖母は軽度の認知症で、ビリーが食事などの面倒を見ていました。 この時代、炭鉱不況により、ストライキ真っ只中でした。 トニーはストのリーダーであり、ジャッキーや仲間たちと警官隊との衝突は日常茶飯事でした。 ジャッキーは自分の父のグラブを預け、ビリーにボクシングを習わせていました。 毎回50ペンスを支払うこともあり、ジャッキーの意気込みは相当なものでした。 ビリーはピアノを弾いたり、音楽を聞きながら踊るのが大好きな少年です。 今日もボクシングの練習に行くと、バレエ教室と一緒に練習することになります。 バレエの音楽のリズムにのり、ボクシングより踊りに夢中になってしまいます。 相手にやられてノックダウンです。 居残りを命じられて、バレエ教室のウィルキンソン先生に鍵を渡しておくように頼まれます。 先生の娘のデビーが、踊りに誘ってきます。 嫌がるビリーでしたが、つい中央に入って踊り始めます。 先生から靴のサイズを聞かれて、バレエシューズを借りることができます。 先生に50ペンス支払えと言われて、来週も来るのか聞かれます。 ボクシング代もあるので困りますが、ビリーは行くことにします。 デビーに男がバレエなんて、と言っているとウェイン・スリープは違うと助言してくれます。 彼の筋力から繰り出されるバレエは美しいのです。 それからビリーは、ボクシングに行くふりをして、バレエ教室に行くことにします。 父にはバレないように隠しておきます。 ある日、移動図書館がやってきたので、ビリーはバレエの本を借りようとします。 しかし、それは子供は貸せないと言われてしまいます。 こっそり家に持ち帰ります。 ビリーは洗面所で、本を見ながら練習をします。 アラベスクやスピンなど、最初は失敗ばかりでした。 何してる、と隣の部屋から父に言われる時もあります。 何度も練習していくうち、ついにビリーはスピンができます。 つい調子に乗って踊りまくります。 先生もウィンクで褒めてくれます。 この映画は様々な音楽が流れながら、ビリーが踊る姿が映し出されています。 ビリーのタップダンスやスピンなど、彼の踊る姿が元気いっぱいで夢中になって見てしまいます。 また、バレエの練習風景も映し出されているため、色々な技を見ることも出来ます。 失敗しながらも、己を高めようと努力するビリーの姿に心打たれます。 演出として、ビリーと父や兄たちとを入れ替えながら描いている場面があります。 ダンサーを夢見るビリーと家族との繋がりの重要性を訴えかけているように感じます。 この作品は、数多くの映画賞でノミネートや受賞をしました。 ミュージカル化もされてと大ヒットした映画です。 踊りだけでなく、家族愛も強く描かれていてお勧めできる作品です。

次の