メガドラ ミニ 改造。 【メガドライブミニ】Wやタワーの違いを解説!予約しないと売り切れ?

【メガドライブミニ】Wやタワーの違いを解説!予約しないと売り切れ?

メガドラ ミニ 改造

格闘ゲームブームの90年代、アーケードで爆発的な人気を誇っていた「ストリートファイターII(以下ストII)」。 初代「ストII」からゲームバランスの調整や、CPU専用キャラであった四天王がプレイアブルキャラクターとして追加されるなどのチューンアップをされたものが、シリーズ第2弾となる「ストリートファイターIIダッシュ(以下ストIIダッシュ)」だ。 初代に引き続き、「ストIIダッシュ」も様々なコンシューマーハードに移植されていった。 当時はアーケードとコンシューマーハードとでは性能に大きな差があり、アーケード版をそのまま完全移植というのが実現できなかった。 仕方がない話なのだが、どのコンシューマー版もアーケードと見比べてしまうとグラフィックスなどが若干パワーダウンしているが、その中でも最もアーケード版に近い仕様で移植されたのが、本作「ストIIダッシュプラス」なのだ。 対戦に特化したゲームバランスに調整された 高い完成度で移植された本作だが、初報で発表された開発中の画面はファンが納得するクオリティではなかった。 もっとも引っかかったのは黒帯問題だ。 本来、体力バーのある画面上部には背景が映し出されているのだが、開発中のメガドライブ版では体力バーの部分に黒帯が敷いてあり、ゲーム画面全体が狭くなっていたのだ。 アーケード版はおろか、他機種のコンシューマーハードでもここまでハッキリとパワーダウンを感じさせる移植はなかった。 この問題点を修正するためか、「ストIIダッシュプラス」の発売日は当初の予定より3カ月ほど延期された。 そして完成版では画面を窮屈にしていた黒帯が無くなり、他機種と同じゲーム画面になっていた。

次の

平成生まれ記者が「メガドライブ ミニ」を体験してみた

メガドラ ミニ 改造

SEGAファン待望のメガドライブミニが発売されまして、私も早速購入してみました。 懐かしいゲームから、レアゲーム、そしてダライアスといった豪華なゲームが入っていてセガの本気が伺えるミニハードです。 そして、今回このメガドライブミニにはコントローラーが付属しているのですが、なんとUSB接続(多分2. 0)ができるのでPCで扱えるのか試してみました。 コントロールパネルで確認すると『6Bコントローラー』という名称のコントローラーが認識されました。 『やったぜ!どうやらPCでも認識して使えるようだ!』ということで、早速ボタン状況などをプロパティで確認してみました。 方向キーはそのまま方向キーとして認識しておりました。 そしてボタン配置ですが、ややこしい配置になっていました。 Yボタン:1(箱コンのAボタン)• Bボタン:2(箱コンのBボタン)• Aボタン:3(箱コンのXボタン)• xボタン:4(箱コンのYボタン)• Zボタン:5(箱コンのLBボタン)• Cボタン:6(箱コンのRBボタン)• ちょっと使い辛い配置ですね 笑 、よりにもよってStartボタンはR3ボタン(右スティックの押し込み)なんですよね。 メガドライブミニコントーラーの配置的にわかりやすく並べ変えると上段のXYZボタン、そして下段のABCボタンの順に並べ替えます。 xボタン:4(箱コンのYボタン)• Yボタン:1(箱コンのAボタン)• Zボタン:5(箱コンのLBボタン)• Aボタン:3(箱コンのXボタン)• Bボタン:2(箱コンのBボタン)• Cボタン:6(箱コンのRBボタン)• Start:10(箱コンのR3ボタン) ストリートファイター等の6ボタン格闘ゲームあたりならなんとか使えそうではありますが、Startボタンはメニューボタンあたりに置き換えないと使えないような気がします。 PCで扱いたいならSteamのコントローラー設定がJoy To Keyあたりでの変更が必要になると思われます。 実際に使ってみて 方向キーがペコペコしているので、格闘ゲームのコマンド入力には慣れが必要と思えました。 あえて使うなら2Dアクションゲームあたりでなら使えると感じました。 メガドラコントローラー好きなら満足が得られると思いますが、通常使うなら箱コンの方が良いと思えました。 サターンコントローラーほど扱いやすくはなく、ちょっと違う感じですので、セガサターンミニが欲しいと思えました。 レトロゲームや2Dゲームにならアリ あえて扱いたいというのであれば、レトロ系のゲームか2Dアクションゲーム等にはアリかな?と思います。 オススメだよ!とは言いません。 なにせStartボタンの初期配置がR3ボタンと一緒なので、設定しなおさなければまともには扱えないと思います。 メガドライブコントローラーラブなんだよ!っていう人であれば、設定などをいじって自分好みに扱えば良いかと思います。 とりあえず接続して遊んでみましたが、私はXbox Eliteコントローラーがあるので、そちらを使います。 bto365.

次の

メガドライブミニを拡張・改造??モトからの内蔵以外のゲームをプレイできるUSBドングル【True Blue Mini Ultradrive】は違法??

メガドラ ミニ 改造

関連記事: (2018年4月) (2018年9月) (2019年3月) コントローラーは当時はオプションだった、格闘ゲーム向けの「ファイティングパッド6B」を再現。 実機と比較した訳ではありませんが、重厚な見た目と比べて、持った時の印象は軽く感じます。 右上の「MODEボタン」は、実機ではXYZボタンの有効・無効を切り替えるためのもの(誤操作防止などのため)でしたが、メガドライブ ミニではタイトル選択・メニューボタンとなっています。 タイトルを選んでプレイするという形です。 一覧画面はパッケージ表面をアートワークのように一覧するモードのほか、パッケージの"背"となる、タイトルだけを並べて表示するモードも存在します。 カセットの箱を本棚に並べているイメージで、親しみを持てます(筆者の家にあったのはスーファミカセットの箱でしたが)。 当時のゲーム体験がないため、42本の収録タイトルが順次発表されたときもあまりピンと来ていませんでしたが、「大魔界村」「ゴールデンアックス」「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」など、世代ではない筆者も聞いたことがあるタイトルが勢揃い。 当時の主力タイトルをほぼ網羅しているのでしょうか。 また「ミニ」で追加された要素としては、1タイトルあたり4件までのオートセーブや、オートレジュームなどがあります。 実機で遊んでいないため、プレイした感覚を比較することはできませんが、当時未発売(ミニでの新作となります)の「ダライアス」も含めて、筆者が試したタイトルはいずれもスムーズに動作しました。 現代のゲームにありがちなチュートリアルなども少なく、とりあえずコントローラーを動かしていれば操作に慣れることができるのは、この世代の2Dゲームのいいところですね。 当時のライバルだったPCエンジンやファミコンに対抗すべく「時代が求めた16ビット」という触れ込みで登場したメガドライブ。 ファミコン世代のゲームと比べればビジュアルも豪華で、複雑な操作にも対応。 ファミコンがヒットし、当時のゲーマーが遊び慣れていたという時代背景もあってか、難易度も高め。 遊びとしては、現代でも十分通用する完成度です。 ただしここで気になったのが、紙の説明書は付属しない点。 初めてプレイするタイトルでは、不案内に感じるかもしれません。 それぞれのゲームの操作方法などは、発売後にWebサイトでマニュアルが公開されるとのことです。 トリッキーな敵キャラの動きを回避しつつ進めるのが楽しい また、装飾用のオプションアクセサリーとして、「メガドラタワーミニ」も発売されます。 メガドライブ ミニに装着すると、外付けCD-ROMドライブの「メガCD」、上部のカートリッジ挿入口に32ビットCPU搭載の「スーパー32X」などを増設した姿を再現可能です。 ただしこれらはあくまで飾りなので、機能が追加されるわけではありません。 なお、今回のメガドライブ ミニのタイトルラインナップには「スーパー32X」タイトルは含まれていません。 タイトル追加の機能が機能があればなお魅力的なものになるようにも思えますが、当時の雄姿を再現できるだけでも十分な面白さがあります(この時代のゲーム機に追加して魔改造できる拡張デバイス、筆者は大好きです)。 ところで筆者は、メガドライブ ミニの実機をプレイした経験はありませんが、第2弾の発表を見た後すぐに予約しました。 とうのも、収録タイトルに「ダイナブラザーズ2」という戦略シミュレーションゲームが含まれていたからです。 「ダイナブラザーズ2」に筆者が初めて触れたのは任天堂Wiiの「バーチャルコンソール」で販売されていたときですが、コミカルなストーリーながら、残酷でもある食物連鎖を戦略性のあるゲームに落とし込んだ魅力的な作品だと感じ、今でも時々遊びたくなってはWiiを起動しています。 考えてみると、昔ハマったゲーム1作品ぶんの価格で、名作ばかり42作品入ったゲーム機が手にはいるというのは魅力的です。 筆者が本当に遊びたいのは1作品ですが、当時のハードを中古ゲームショップで漁らずに名作タイトルを手に入れ、気軽に遊ぶことができるというのは、ゲーム1本分の価格を払うには十分すぎる価値があるように思います。 特に筆者のような現役世代ではないユーザーにとっては、当時体験した作品がほとんど存在しないからこそ、"古くて新しいゲーム体験"ができそうです。 なお、東京おもちゃショー2019の一般公開日に当たる6月15日〜16日には、セガブースにて「メガドライブ ミニ」体験プレイが可能です。 ただし午後からの回は抽選制となっており、応募受付は終了済です。 午前中は先着順で試遊できますが、定員数を満たすと受付終了となるため、早めの来場をおすすめします。

次の