心 屋 仁之 助 不倫。 不倫はわたしから卒業! 不倫から心をスッキリとリセットさせるには 【心屋仁之助 塾】|ウーマンエキサイト(1/3)

不倫はわたしから卒業! 不倫から心をスッキリとリセットさせるには 【心屋仁之助 塾】|ウーマンエキサイト(1/3)

心 屋 仁之 助 不倫

年末に、ちょっとした爆弾を投下してしまった心屋仁之助氏。 書いてしまってから、いろいろと思うことがあったのか、一部消した記事を再投稿したり、言い訳してみたり、いろいろと忙しそうですが、まあ、身から出た錆ということで仕方ないと思って頂くしかない。 いつまでも「無力な者のフリしてんな!」 書いたのは、八木龍平という男。 リュウ博士と呼ばれ、『 成功している人は、なぜ神社に行くのか?』という本の著者。 子宮委員長はる とか名乗っていた女性の旦那さんでもある。 (ちなみに、僕はこういう、あたかもアカデミックなふりをしてスピを語る人間が大嫌いである) 心屋氏の年末の爆弾発言に関して思うところを書いている。 この男は嫌いだが、この記事に関しては、まあ、真っ当なことを書いているように思える。 これに対して、心屋氏がFacebookでファビョった。 なぜ発表したのかその理由も知らずに想像だけでよくこんなこと上から書けるなこいつ ワシが一度でもキミを攻撃したのか?! 応援したことはあっても。 さんの投稿 消されるかもしれないから、一応、スクショ。 自分のこと書かれて面白くなかったんだろうね。 自分が今まで好き放題言ってきたことを考えれば、多少、批判されたって「ハイハイ」と構えていれば良いと思うのだが、小さい男だなーと思う。 というか、 「心屋氏は批判されるために生まれてきたんだから、批判したくもないリュウ博士に批判させた」のではないのだろうか?(笑) ところで、一昨年、ある精神科医が心屋氏の「叩かれるために生まれてきた娘」の発言に対して批評・分析・説明したところ、それに対する反論ブログをアップした。 精神科医 片田珠美氏の批評に対しては、 「あなたたちのこと悪く言ったり、攻撃したり、不利益を与えた覚え、いちども無いんですけど?」 と反論し、今回の八木龍平に対しては 「ワシが一度でもキミを攻撃したのか?! 」 と返す。 どちらにも共通しているのは、自分の目の前の相手(直接対峙している相手)に対して直接被害を与えていなければ、自分に罪は無いと考える、本当に幼稚な思考パターンしか持っていないということ。 彼が、何故こんなにも多くの人から批判を受けているのか、根本的なところが理解できていないのではないかと思う。 以前、「」というブログでも紹介したのだが、の「思考発達段階説」によれば、幼児の成長は以下のように進むらしい。 1段階目:感覚運動期(0~2歳)• 2段階目:前操作期(2~7歳)• 3段階目:具体的操作期(7~12歳)• 4段階目:形式的操作期(12歳~成人まで) 2019-02-05 12:21 目の前のことしか理解できないというのは、感覚運動期にあたる。 つまり自分と自分以外の概念が無く、目の前に見えているものだけが世界の全てということで、非常に原始的で幼稚な思考であると言える。 心屋氏が2歳児くらいの知能ということは流石に無いだろうが(笑)、少なくとも物事の捉え方(その傾向)として、目の前のことだけに目が向きやすいということは言えるだろう。 実は、心屋氏のこの傾向については、一昨年の暮れから始めた、心屋信者との意見交換の中でも同じ考察をしている 3. これが最重要ポイントだと思いますが、心屋氏には「目の前の人しか見えていない」から — 本田秀行 NBIコンサルティング株式会社 itchidepon (意見交換のまとめは からどうぞ) 心屋氏とその信者に学んで欲しいと思うのは、 たとえ、自分が意識していなくても、自分の外側に世界は広がっているし、自分の言葉、行動の一つ一つは、どこにどのような影響を与えていくか全くわからないのだ。 もちろん、人は生きていくにあたって、たくさんの人に関わり、場合によっては迷惑をかけてしまったりすることもある。 それを気にし過ぎて、自分の人生を縛りつける必要は無いが、だからといって、自分の言動に責任を持たなくても良いということにはならない。 これまた以前、ブログに書いたことだが、 大人になるということは「 自分の言動の影響を正しく把握できるようになる」ということ 最近のコメント• に Dr. Qdech より• に n より• に Dr. Qdech より• に ななし より• に Dr. Qdech より• に スリー より• に より• に Dr. Qdech より• に Dr. Qdech より• に ちよ より カテゴリー• 5 アーカイブ• お気に入り.

次の

(2ページ目)元信者が語る「私が心屋仁之助のカウンセリングを辞めたワケ」

心 屋 仁之 助 不倫

アンダーグラウンド、ゴシップ、スキャンダルがお得意な〈コアマガジン〉で、ついに当連載も注目している〈スピリチュアル男子〉が取り上げられていましたね。 媒体は、アンソロジーコミックス コアコミックス。 登場したのは、子宮委員長の元夫である岡田哲也氏に、胎内記憶を主張する産婦人科医・池川明氏、そして自称キチガイ医こと内海聡氏。 そこには、彼らの主張である「虐待、障害、難病等は、自分が招いたことである」が描かれ、「増殖!! このラインナップへ、心理カウンセラーである心屋仁之助氏が出てこなかったのが、ある意味残念。 前回の記事でもご紹介しましたが、流産体験の苦しさや悲しみを訴える女性へのアドバイスとして「あなたがそう望んだ」と回答しているのですから。 2018. 04 さて、しょっぱなから話がやや脱線してしまいましたが、前回に引き続き〈性格リフォーム心理カウンセラー〉心屋仁之助氏を追っていきたいと思います。 第2回目となる今回は、心屋氏が活動初期に行っていた、〈オープンカウンセリング〉へ通っていたという30代女性N代さんの体験談です。 メンタルの不調からカウンセリングへ N代さんの話の前に、心屋流のオープンカウンセリングとは何か? をご紹介しておきましょう。 いわゆる「グループワーク形式」のようで、ネット上ではこんな説明がありました。 ・参加者が長机をロの字にして座る(カウンセラーがお誕生日席、参加者は左右に座るという形らしい)。 他人の悩み相談を聴いているだけで、自分の悩みが解決することがある。 ・心屋塾では「カウンセラーがふと思ったこと」を大事にしている。 ・自分以外の人の悩みを聞き、解決していく過程を見ていると「自分との不思議なシンクロニシティ(不思議な偶然)」が起り始めることがある。 ・2時間その場を過ごし、その時の気持ちを「お気持ち金」として納める。 N代さんがこれへ通うようになったのは、メンタルが疲れていた時期に鬱を患い、カウンセリングを希望したことから。 初めは会社の保険診療内で受けられる、国家資格を持つ心療内科を受診したところ、「自分には合わない」と感じて中断。 そして、心屋氏のカウンセリングに行きついたと話します。

次の

心屋仁之助氏「不倫告白」、八木さや「市長選出馬」!? 2020年スピリチュアル界隈の“注目株”(2020/01/10 21:00)|サイゾーウーマン

心 屋 仁之 助 不倫

adobe. 夫曰く、私が子どもたちにくどくど怒ることや、投げやりな言い方が嫌で不倫した、とのこと。 「それとこれとは別問題でしょ」と思いつつも、私も悪いところがあったなと反省しています。 しかし夫は話すのも面倒、私が何か言えば「めんどくさい、ウザイ」と小声で言うのでカチンときます。 私は再構築したいですが、あちらは離婚したいようです。 小学生の子ども二人のことを考えると、私が我慢するほうがいいのかなと思い、我慢して生活していますが、ご飯が食べられない、髪が抜けるなどのストレスも感じていて、自分でもどうしていいか分かりません。 離婚して子供たちを育てていけるのか、自分一人で子どもたちのケアができるのか。 反抗期の子ともたちを怒らずに育てていける自信がありません。 夫の気持ちもないようなので、パニック状態です。 心屋塾認定講師 紀凛(のりりん)です。 ご相談ありがとうございます。 今まで、ご主人とお子さんのために、必死に頑張ってこられたのですね。 そうして自分を抑えて頑張り続けた結果、ご主人の不倫発覚。 本当につらかっただろうと思います。 頑張ってもうまくいかない。 そして体が悲鳴をあげている。 今後どうしたらいいかわからなくなるのも、無理はありません。 ではなぜ、どうしたらいいかわからなくなったのでしょう? 大阪生まれ。 武庫川女子大学薬学部を卒業後、病院内の薬局と院外の調剤薬局の責任者として、25年の経験を重ねてきた現役の薬剤師。 2009年より心屋仁之助師匠のもとで学び、翌年心屋塾認定カウンセラーとして活動開始。 薬剤師の経験から、精神薬を「減らす」のではなく、「減っていく」カウンセリングを行う。 なぜ薬が必要かというところから向き合い、必要なくなる状態へと導いていく。 その他、パートナーシップ改善、起業の経済的自立サポートなども行う。 また経営者やビジネスマンにも、精神安定剤を服用する人が急増している今、経営者へのマインドメンテナンス、社員へのカウンセリング、うつ予防やうつ対策セミナー、休職者へのサポートも行っている。 ブログ•

次の