正月飾り いつまで。 お正月飾りいつまで飾る?まとめ

正月飾りは【いつまで?】関東(東京・神奈川)の風習は他と違う?

正月飾り いつまで

正月飾りとは 本来、 正月とは 歳神様を家にお迎えし祝う行事です。 歳神様とは、先祖の集合霊のことを呼んだもので、年の初めにやってきて、 その年の家族の健康や五穀豊穣を約束してくれる神様をいいます。 正月飾りは、その 歳神様を心から歓迎するための準備として飾るもので、 「門松・しめ飾り・鏡餅」はよくご存じかと思います。 正月飾りには、それぞれ 飾る意味がありますので、 飾る時期と併せてみていきましょう。 正月飾り!門松について 門松は、 歳神様の 依代 よりしろと言われており、 正月飾りのなかで 最も重要なものとされています。 なざなら、歳神様が迷わず降りて来るための 目印となるものだからです。 依代とは、心霊が依り憑く対象物のことをいいます。 門松はいつ飾るの? お正月の準備は、関東では12月8日、関西では12月13日から始まり、12月28日までにすべて済ませます。 門松を飾るのは、準備期間中ならいつでもいいのですが、 28日に飾るのが一般的です。 29日は 「二重苦」につながる事や、数字の「9」が 「苦に通じる」というゴロ合わせから嫌われます。 また、31日は 「一夜飾り」と言われて忌み嫌われます。 その理由は、• 歳神様をお迎えする準備を、前日にあわただしく行うことは 失礼にあたるため• 葬儀の飾りが一夜限りであることに通じるため、 縁起がよくない ということです。 それだったら、30日は大丈夫なの?なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。 旧暦では、30日を 晦日 みそかといいます。 晦日は 月の最後の日を意味するため、 31日と同様の扱いになりますから、門松を飾る日には適していないということになります。 門松はいつまで飾るの? 門松を飾る時期は、地域によって違いがあります。 一般的には 松の内(1月7日) までとされていますが、 小正月(1月15日)や 二十日正月(1月20日) までという地域もあります。 小正月までというのは、• 元々 松の内が1月15日までだったこと• どんど焼き(どんと祭・左義長などとも言われます)の行事が、小正月に行われることが多い というところからきており、関西地方に多く残る風習です。 また、 二十日正月は 1月20日を正月が終わる節目の日とするもので、京阪地方や岐阜、石川、群馬の一部に残っている風習です。 正月飾り!しめ飾りについて 新しい藁に、 裏白 うらじろ、ゆずり葉、 橙 だいだいなどをあしらって作ったお飾りを しめ飾りといいます。 新しい藁は、 古い年の不浄を払うという意味があり、裏白は 長寿、ゆずり葉は 子孫の繁栄、橙は 家系の繁栄を願ったものです。 しめ飾りは 神様を迎える清浄な場所を示すために飾るものですが、玄関に飾ることで 災いが外から入る事を防ぐといわれています。 スーパーやホームセンターのしめ飾りコーナーには、おしゃれにアレンジされたしめ飾りが多く目立つようになりました。 ただ、こういった意味を知ると、今年は昔からあるしめ飾りにしようかな?!という気持ちにもなります。 しめ飾りを飾る時期はいつからいつまで? しめ飾りを飾る時期は、門松と同じで 12月28日~1月7日までが一般的です。 同様に、門松を飾る期間が 小正月までの地域は 1月15日まで、 二十日正月までの地域は 1月20日までとなります。 もし、お住まいの地域の風習がよく解らないというのであれば、 長く住んでいるご近所さんに聞いてみるというのが一番の解決策かもしれません。 最後に・・・ 余談になりますが、冠婚葬祭などで気にかける、大安や仏滅、友引など 六曜と言われるものがあります。 中でも気になるのが 仏滅だと思いますが、 お正月飾りを飾る場合は、気にする必要はありません。 なぜなら、六曜は中国の思想が日本に伝わって定着したものであり、日本に古くからある神事とは 全く関係がないものだからです。 仮に、正月飾りを飾ろうと思った日が仏滅であっても、どうぞ安心して飾ってください。 さて、残すところは「鏡餅」となりましたが、少々長くなりましたので、記事を改めてお届けしています。

次の

お正月はいつからいつまで?松の内や挨拶、正月飾りや年賀状の時期は?

正月飾り いつまで

お正月飾り【しめ縄・門松・鏡餅】はいつからいつまで飾るの?飾り方は? 12月は師走と呼ばれるように、何かと忙しい月ですよね。 サラリーマンの方であれば仕事納めと忘年会が続いて連日午前様が当たり前となります。 さらに年末ともなれば年越しの準備に年初めの用意、それにクリスマスも一大イベントとされるため、本当に目も回るような忙しさを味わう事になります。 そのような慌しい中では、ついつい年初めの用意は後回しになってしまいがちですが、 お正月はやご先祖様が我が家にやってくる、とても大切な日です。 クリスマスのケーキも重要ですが、やはり日本人であるならば、昔から続く お正月飾りの用意も抜かりなく行いたいものです。 門松は、一般的には家の門や玄関前に2本を左右対称に飾りますが、実はこれは決められているわけではありません。 昔は庭先に1本のみを飾って神様への印としていたのですが、日本では昔から神社などに左右対称の守り神が祀られていた事などから、いつしか門松も2本を対で飾るようになったようです。 次に門松を飾る時期ですが、現在では クリスマスが終わってから28日頃までに飾るようになっています。 29日は「苦が待つ(末)」という事から避けられ、また31日では「一夜飾り」となって神様に大変失礼とされています。 このような事から、28日まで飾る事が出来なかった場合は、30日に飾るのがよいとされています。 また、門松を下げるのは「」と呼ばれる 1月7日まで、とされています。 しかしこれは地域性があり「松の内」が1月15日までの地域の場合は1月15日まで飾っている場合もあるようです。 お正月飾り【しめ縄・門松・鏡餅】の由来と豆知識 お正月飾りと呼ばれるものをざっと並べてみると、 門松・しめ縄・玉飾り・・鏡餅・羽子板などがあります。 その中でも現代に色濃く受け継がれているのが、門松、しめ縄、鏡餅ではないでしょうか。 では、それらの由来については詳しくご存知でしょうか? 門松の由来 門松は、簡単に言うと神様が家を探す時の目印となるものです。 お正月になると普段は天にいる神様が地上へと降りてきて各家へとやって来ますが、その際に門松を飾って「私達の家は神様を迎い入れる準備が整っています」というのを教えていたとされています。 この場合の神様とは、農作物の豊作や家内安全を司る神様を指し、ここにご先祖様も含まれます。 ではなぜ〝松〟を飾るようになったのかと言うと、元から常盤木には神様が宿るとされ崇められてきました。 そんな常盤木の中でも、松には「祀る」という意味や神様を「待つ」という意味を受け取れる事から、門松には松を飾るようになったようです。 しめ縄の由来 は、悪さばかりをする弟に怒った天照大神が、岩屋へ閉じこもってしまった事が発端とされる神話が元になっています。 天照大神は太陽の神様であるために、隠れてしまうと世の中が真っ暗になってしまい、数多くの神様が困り果ててしました。 そこで天照大神を外に引っ張り出すために、岩屋の前で宴会を行って天照大神の気を引く作戦を企てたのです。 そして見事その作戦に引っ掛った天照大神が、岩屋の戸から身を乗り出したところを引っ張り出し、もう二度と閉じこもってしまわないように 岩戸にしめ縄を巻いて開けられないようにしたというのが、しめ縄の由来となっています。 鏡餅の由来 昔から鏡には神様が宿ると言われ、神事には欠かす事の出来ない道具として大切に使われて来ました。 関連記事:の由来は、まさにその鏡から来ています。 鏡と言うと現代の薄い物を思い浮かべますが、太古の時代の鏡というのは青銅で出来ており、鏡餅のように厚く丸い形をしていました。 これらの事から、 お正月にやってきた神様の居場所として、鏡の代わりに姿形がよく似た鏡餅を用いるようになったと言われているのです。 また、鏡餅にはこの他に「己を鑑みる」から、 鑑餅=鏡餅となった説もあります。

次の

お正月の玄関飾りはいつまで?処分方法や、しめ飾りの意味は何?

正月飾り いつまで

お正月飾りはいつまで飾るの? 神様をお迎えするためのお飾り、門松やしめ飾りなどのお正月飾りをいつまで飾っておくのかは、地域によって変わってきます。 関東では、松の内が明ける1月7日というのが一般的で、6日の夕方から7日の朝に片付けることが多いようです。 関西では、小正月の1月15日まで飾っておくことが多く、14日の夕方から15日の朝に片付けることが多いようです。 神様へのお供え、鏡餅を下げる鏡開きは一般的には1月11日が多いようですが、関西地方においては小正月まで飾っておく場合もあるようです。 お正月飾りは処分の仕方は? お正月飾りの処分の仕方には「神社に持っていく」「地域で行うどんと焼きに持っていく」「ゴミとして出す」の三通りあります。 神様と関連するものなので、基本的には神社で燃やしてもらうか、地域で行うどんと焼きで燃やしてもらうのが正解です。 参考:どんと焼きの動画 基本的にはどの神社でも、受け入れてくれますし、受け入れ後は清めてからお焚き上げをしてくれるようです。 ただし、どうしても神社に持って行けない場合や地域でどんと焼きを行っていない場合などは、燃えるゴミとして処分しても問題はありません。 その場合、普通のゴミと同じように粗末に扱うことは避けて、塩や清酒で清めてから紙などに包んで処分しましょう。 大きい門松などは、細かく分解できれば燃えるゴミとして出せますが、それができない場合は大型のゴミとして扱われる場合がありますので、自治体に確認した方が良いでしょう。 松の内とは? お正月飾りの処分の基本は「松の内」が明けるまでというのが基本になりますので、この松の内について考えてみましょう。 松の内というのは、神様への目印とされている松飾りの門松やしめ飾りを飾っておく期間を指します。 つまり関東では1月7日、関西では1月15日までが松の内ということになります。 基本的な考え方としては、松の内までがお正月気分でいられる期間となるわけですから、年賀状も松の内を過ぎたら、寒中見舞いに変わります。

次の