怪談 牡丹 灯籠。 三遊亭圓朝 怪談牡丹灯籠 怪談牡丹灯籠 鈴木行三校訂・編纂

日本三大幽霊の怪談、知ってる?お岩さん/お菊さん/お露さん。

怪談 牡丹 灯籠

怪談牡丹燈籠(かいだんぼたんどうろう) かいだんぼたんどうろう 怪談牡丹燈籠 【見どころ】 牡丹燈籠といえば「下駄の音がカラ〜ンコロン」ていうのが有名で、 わっちも実はそこしか知らなかったんだけど、お話のごくごく一部だったんですよ。 全体を通せば、怪談というより人間の業を描いた作品って感じ。 色に眩んだ お国と 源次郎が身の破滅も省みず突っ走って行くところや、 金に目が眩んで世話になった新三郎を取り殺すのに手をかした 伴蔵と お峰の夫婦は、結局は因果応報で死んでしまうわけだけど、 勧善懲悪を諭す雰囲気でもないのが好感が持てた。 この芝居の中で しどころが多そうなのも、やはり上記の四名。 お露さんには悪いけど、ね。 特に伴蔵とお峰の夫婦は可笑しくて、こわい。 【あらすじ】 旗本の 飯島平左衛門の娘 お露は、一目惚れした相手の 萩原新三郎に恋い焦がれ死にし、乳母の お米もあとを追って死んでしまった。 それを聞いて以来、新三郎は念仏三昧の日々を送っていたのだった。 お盆の十三夜。 新三郎の家に、なんと、 お米に伴われてお露が訪ねてきた。 その手には牡丹燈籠が下げられている。 死んだと聞かされたふたりの訪れにビックリする新三郎だったが、 久しぶりの再会を喜び、睦みあうふたり。 それを下男の 伴蔵が覗いていた。 蛍が飛び交う蚊帳の中をよく見れば、新三郎が抱いているのは 骸骨・・・。 平左衛門の後添えの お国は隣家の次男 源次郎と実はいい仲。 浮気現場を平左衛門に見つかっても悪びれず、源次郎をけしかけて 平左衛門を 斬り殺させる。 そのふたりのそばに蛍が飛び交う・・・。 伴蔵の様子がどうもおかしい。 蚊帳の中で誰かと話しているようなので、 女房の お峰は蚊帳を取っ払うと、伴蔵はひとりで、汗びっしょり。 新三郎を守るために貼った お札をはがし、新三郎に持たせた死霊除けの 尊像も 取り上げてくれないか、と お米が 頼みに来たのだと言う。 それを聞いた女房のお峰は、突飛なことを言い出した。 「 百両持ってきておくんなさりゃぁ、お札をはがして差し上げます、と言え」 やがてあらわれたお米に話をすると、金は明晩と約束。 これで貧乏暮らしとはおさらばだ、と夫婦は笑いが止まらない。 翌日、夫婦ふたりで 新三郎を見舞う 伴蔵と お峰。 金無垢の尊像をすり替えて、幽霊を待っていると、 空から小判が降ってくる。 お札もはがすと、 お露と お米は礼を言って家の中に。 結局、幽霊に手招きされて、新三郎は あの世へと旅立った。 それから一年。 伴蔵と お峰の夫婦は幽霊からもらった百両を懐に故郷に帰り、 今では関口屋という荒物商いの店を構え、たいそう繁盛していた。 一方、 源次郎と お国は平左衛門を殺したあと、有り金を奪って逃げたのだが、 途中で源次郎の足が萎え、身ぐるみもすっかり盗まれて哀れな暮らし。 お国が料理屋で酌婦として稼ぐうちに、関口屋と知りあい深い仲になっていた。 亭主の浮気を人から聞いて知ったお峰は、帰ってきた伴蔵と一悶着。 頭に血の上ったお峰は、 つい幽霊からもらった百両のことを口走ってしまう。 お国は、同僚の姉が平左衛門殺害時にとばっちりで死んだ女中だと知る。 因縁におののいたお国は 源次郎にすがりつくが、源次郎は刀を抜いて暗闇に切りかかり、 足をもつれさせ転んだ拍子に自らを突き刺してしまう。 それに抱きついて、お国も果てる。 蛍だけが妖しく光っていた・・・。 さて、土手を行くのは 伴蔵と お峰の夫婦。 悪い噂が広まる前に逃げようと、例の金無垢の尊像を掘り出しに来たのだ。 お峰に見張りをさせて伴蔵が掘り出しにかかったと思いきや、 なんと隠し持った脇差でお峰の横腹を突く伴蔵。 また何かの拍子に旧悪をわめかれてはたまらないと 口封じの殺害。 帰ろうとすると、 川の中から白い手が伸びてきて、伴蔵を引きずり込む。 そして、あとには蛍が飛び交うだけ・・・。 【うんちく】 文久元年(1861年)作の三遊亭円朝の怪談噺がもと。 三世河竹新七が歌舞伎用に脚色し明治二十五年に初演されたものと、 昭和四十九年に文学座のために書き下ろされて初演されたものを のちに歌舞伎に移植したものと、ふた通りあるらしい。 河竹新七作のものは最近ではあまり舞台にかからないようだ。 わっちが見たのも大西信行脚本の方らしいです。 ところで、歌舞伎で大金というと 百両と相場が決まっています(ほんとか?)が、 今のお金に直せば 750万円ぐらい(で換算)。 意外と安い気がしますが、江戸時代には、百両あれば大店が持てたんですね。

次の

怪談牡丹燈籠−あらすじ

怪談 牡丹 灯籠

作家データ 分類: 著者 作家名: 作家名読み: さんゆうてい えんちょう ローマ字表記: San'yutei, Encho 生年: 1839-05-13 没年: 1900-08-11 人物について: 江戸から明治への転換期にあって、伝統的な話芸に新たな可能性を開いた落語家。 本名は出淵次郎吉(いずぶちじろきち)。 二代三遊亭圓生門下の音曲師、橘屋圓太郎(出淵長藏)の子として江戸湯島に生まれ、7歳の時、子圓太を名乗って見よう見まねの芸で高座にあがる。 後にあらためて、父の師の圓生に入門。 母と義兄の反対にあっていったんは落語を離れ、商家に奉公し、転じて歌川国芳のもとで画家の修行を積むなどしたが、後に芸界に復帰。 17歳で芸名を圓朝に改め、真打ちとなる。 まずは派手な衣装や道具を使い、歌舞伎の雰囲気を盛り込んだ芝居噺で人気を博すが、援助出演を乞うた師匠に準備していた演目を先にかける仕打ちを受けたのを機に、「人のする話は決してなすまじ」と心に決める。 以降、自作自演の怪談噺や、取材にもとづいた実録人情噺で独自の境地を開き、海外文学作品の翻案にも取り組んだ。 生まれて間もない日本語速記術によって、圓朝の噺は速記本に仕立てられ、新聞に連載されるなどして人気を博す。 これが二葉亭四迷らに影響を与え、文芸における言文一致の台頭を促した。 大看板となった圓朝は、朝野の名士の知遇を得、禅を通じて山岡鉄舟に師事した。 「」 分類: 校訂者 作家名: 作家名読み: すずき こうぞう ローマ字表記: Suzuki, Kozo 没年: 1962-02-03 底本データ 底本: 圓朝全集 巻の二 出版社: 近代文芸資料複刻叢書、世界文庫 初版発行日: 1963(昭和38)年7月10日 入力に使用: 1963(昭和38)年7月10日 校正に使用: 1963(昭和38)年7月10日 工作員データ 入力: 小林繁雄 校正: 仙酔ゑびす ファイル種別 圧縮 ファイル名(リンク) 文字集合/符号化方式 サイズ 初登録日 最終更新日 テキストファイル ルビあり zip JIS X 0208/ShiftJIS 134891 2010-02-08 2010-02-08 XHTMLファイル なし JIS X 0208/ShiftJIS 609574 2010-02-08 2010-02-08.

次の

NHK BS 28日「怪談牡丹灯籠 異聞『お露と新三郎』」上白石萌音が中村七之助を呪い殺す!?あらすじと予告動画

怪談 牡丹 灯籠

怪談牡丹灯籠 怪談牡丹灯籠 寛保3年4月11日、湯島天神の祭礼当日、本郷三丁目の刀屋で、旗本の飯島平太郎は酒に酔って無礼を働いた浪人黒川孝蔵を斬る。 「斜に三つに切られ、亀井戸(亀戸)のくず餅のようになったしまった」。 平太郎は家督を継ぎ、平左衛門と名を改めた。 奥方は器量好しの一人娘お露を生んでまもなく他界したので、女中お国を妾に直した。 お国は、邪魔なお露を十六の時、女中のお米をつけて柳島の寮に追いやったが、亀戸の梅見帰りに立ち寄った太鼓持ち医者山本志丈の連れの浪人萩原新三郎に深く恋慕する。 「貴方また来て下されなければ、私死んでしまいますよ」。 飯島平左衛門は新らたに召し抱えた若党・孝助の身の上を知る。 孝助は平左衛門が手に掛けた黒川孝蔵の息子で、父の仇を捜し歩いていた。 お国は隣家の旗本の伜、宮野辺源次郎と密通、平左衛門暗殺を謀る。 それを知って孝助は心を痛める。 「新三郎の家にお露とお米が訪れる」。 () 隣家の不義をはたらく宮野辺源次郎と思ってヤリで突いた孝助は、それが主君平左衛門なので驚く。 平左衛門は覚悟の上、仇討ちをさせた旨、物語り、隣家に行って宮野辺源次郎の足に傷を負わせ、息絶える。 孝助は、養子に望まれていた相川新兵衛の家へ立ち退き、婚礼の後、駆け落ちした主人の仇・源次郎、お国を尋ね旅に出る。 「伴蔵夫婦は栗橋宿で荒物屋を始める」。 () 殺したおみねの死霊が女中に取り憑き、「伴蔵さん貝殻骨から乳の下に掛けてズブズブと伴蔵さんに突き通されたときの痛かったこと」。 医者として来た山本志丈に知られ、伴蔵二人は盟約を交わす。 女房お国の事を言い立てて門口屋伴蔵をゆすりに来た宮野辺源次郎は、伴蔵に追い返される。 (関口屋強請) 根津に埋めた海音如来を掘り出しに来た伴蔵と志丈は、御用となる。 人相見白翁堂勇斎(はくおうどう ゆうさい)の邸で、孝助は八卦見に来た生母りえと対面する。 母の再婚先は宇都宮樋口屋で、お国は先妻の娘だったと分かる。 お国は性が悪く、手に負えない娘だったので、武家に見習い奉公に出していた。 母りえの手引で孝助は宇都宮に行き、その夜、樋口屋へ仇討ちに行く。 しかし、婚家への義理立てから、お国、宮野辺源次郎を逃がして、孝助にも同じ道を教え、母は自害する。 孝助は、二人を追い、目出度く本懐を達し、孝助の一子孝太郎をもって飯島家を再興する。 それから孝助は主人飯島平左衛門のため、お露のため、萩原新三郎のため、「谷中新幡随院に濡れ仏を建立いたした」という。 「牡丹灯籠人物相関図」 圓朝ざんまい 森まゆみ著 文久元年(1861)、この牡丹灯籠が完成する。 あのいじめられた師匠二代目円生が同年8月死去し、兄の永泉も暮れに旅立ってしまった。 明治はそこまで来ている。 明治元年(1868)、圓朝三十歳になっていた。 『』に戻る 『』に戻る [PR].

次の