部屋 の 模様替え。 部屋の模様替えについて徹底解説!風水や模様替え便利アプリなどご紹介

【実例つき】GWは#メイクマイルームでお部屋の模様替え

部屋 の 模様替え

高級感を出せる• おしゃれなイメージを出せる• 「カッコいい」や「可愛く」見せることが出来る ただし、暗いトーンの壁紙を使うと思ったよりも「お部屋が暗くなる」という弊害もあります。 色のある壁紙を使う時の注意点としては「サンプル」を取寄せ実際の色を確認して決めると良いでしょう。 シック・モノトーンの壁紙を使う 上手に「モノトーンの壁紙」でコーディネートするとお部屋はカッコよく高級感が出ます。 おしゃれでカッコいいお部屋にするなら使ってみたい壁紙です。 この場合も、床や家具との調和が大切です。 同じトーンで合わせたおしゃれなアイテムをそろえることで、お部屋の統一感が生まれます。 ちなみに「色のある壁紙は使ってみたいけど壁全部はイヤ」と言う場合は、壁の一面・一部に色やデザインを変えた壁紙を使う「アクセントクロス」という手法があります。 一面の色を変えるアクセントクロス ここ数年で、おしゃれに敏感な方はアクセントクロスを使う事例が増えています。 お部屋の一部分だけデザインが違うことで、強く目を引きますし、見た目もお洒落で楽しめます。 そんなアクセントクロスの実例をいくつか紹介します。 最後の画像は「天井」にアクセントクロスを使っています。 そんなアクセントクロスには決まった使い方はなく、自由に使えますのであなたのセンスが試されます。 アクセントクロスをもっと知りたいという方はこちらの記事もどうぞ 空間と家具でおしゃれなお部屋 前章ではいくつかの事例を紹介しましたが、おしゃれなお部屋を作るためには大事なポイントがあります。 それが「空間と家具」です。 新築で家具のない状態なら「空間」が先に必要ですし、模様替えで「家具」がある状態なら家具に合わせた空間づくりが求められます。 つまり、空間と家具がコーディネートされた「お部屋はおしゃれ」という事です。 コーディネートをする上で大事なのが「色」と「質感」なので、そのあたりのポイントを押さえつつ模様替えなどに取り組めばOKとなります。 具体的には…• 家具と空間の色合いを合わせる• メインは「石」なのか「木」なのかテーマを考える• 引き立たせたいポイントを決める このあたりを考えつつコーディネートすればおしゃれなお部屋になります。 とは言え、家具も空間もない状態なら「コンセプト」をもってお部屋を作ることが必要と言うわけです。 万人に好まれるお部屋 私は「賃貸物件」の内装を手掛けることが多いのですが、その際に最も注意するポイントは「個性を出さない」ことです。 現実的な問題として「個性」が強すぎるお部屋は入居率が悪いです。 逆に、一番人気があるのは「白」をベースにしたお部屋。 何が言いたいのかと言うと、来客が多いお部屋をおしゃれに見せるには「白」がおすすめという事です。 来客があるお部屋の場合「あなたのセンスが良かろうが悪かろうが」それを受け止めるのは、あなたのお家を訪問する「お客様」でもありますよね。 「センス」や「好み」は主観的で個人差のあるものですから、人によっては「あの人はセンスがない」と受け止められるかもしれません。 つまり、繰り返しですが、誰かに お部屋を人に見てもらう場合は 「白」を基調としたコーディネートがおすすめとなります。 もちろん、誰も入らない「プライベート」な空間なら、あなたの個性を思う存分発揮したオリジナルなコーディネートを楽しむ方が満足感が高いです。 このあたりを考えて模様替えや新築・引っ越しに生かしてください。 まとめ 最後までご覧いただきありがとうございます。 この記事では、お部屋の模様替えや新築・引っ越しで「おしゃれ」なお部屋にしたい方に向けて「考え方」を紹介しました。 最後に要点をまとめてみたいと思います。

次の

部屋の模様替えをするのに心得ておきたいこと!役立つ模様替えのコツ

部屋 の 模様替え

「部屋の模様替えをしたいけど、良い家具の配置パターンが思いつかない」という人もいることでしょう。 一度家具を配置してしまうと、なかなか配置は変えにくいもの。 限られたスペースを広く使うには「ベッド」の置き場所が重要になります。 部屋を広々と使いたい人は「壁側」にベッドを配置するのがおすすめです。 テレビとの距離もこれなら十分とることができます。 これなら動線も広々。 使いたいものが一角にまとめられているので、ベッドから物を取りたいという時でもとっても便利です。 このお部屋ではベッド下収納がついたベッドを利用しています。 これもお部屋を広く使うには最適のアイテム。 ベッド周りにしっかりスペースがとれるというお部屋で実践してみてください。 テレビを斜めに配置するなら、テーブルやソファの配置も揃えるとGOOD テーブルやソファがない場合はテレビを斜めに配置するだけでOKですが、テーブル・ソファがある場合は、テレビの配置に合わせて、テーブル・ソファの配置も斜めに置いてみましょう。 こうすることで、お部屋に統一感が生まれます。 家具でベッドを仕切り、ワンルームの中に「寝室」を ベッドと家具を一直線に並べたり、L字型に置く配置パターンは、どの家庭にもよく取り入れられている配置パターンです。 しかし、ベッドを家具で仕切る配置パターンはなかなか知られていないもの。 ベッドを壁側に置き、ベッドの下部分に家具を配置すれば、ワンルームの中に「寝室」を作りだすことが可能です。 「食事や普段の生活はリビングで。 」 という風に、この家具の配置を行えば生活にメリハリをもたせることができる部屋になります。 ワンルームの中で生活にメリハリを持たせたい人は「寝室」や「リビング」を作る配置を。 ホテルのような雰囲気が好きならベッドを真ん中に。 お部屋を広く使いたいなら、部屋の中央を広くする配置に。 というように、お気に入りのイメージは人それぞれです。

次の

部屋の模様替えをするのに心得ておきたいこと!役立つ模様替えのコツ

部屋 の 模様替え

関連記事 1.部屋の模様替えのコツとは? 1-1.目的に合わせた模様替え 部屋の模様替えは、目的を持って取り組むことが大切です。 模様替えによって得られる効果について簡単にご紹介しましょう。 疲れを癒やす部屋 疲れを癒やすことは、部屋の持つ大切な機能です。 普段、自宅や部屋で疲れが取れないと感じている方は、疲れを癒やすための模様替えを目指してみましょう。 楽しく過ごす部屋 部屋はプライベートな時間を過ごすための空間です。 日常を楽しく過ごすためにも、楽しく過ごせることは部屋の大切な機能の一つといえるでしょう。 部屋の片付けることは、心の整理といっても過言ではありません。 心の整理をつけたい場合には部屋の整理からはじめてみましょう。 部屋の模様替えは、目的意識を持ってはじめることが大切な心掛けです。 部屋の最適な家具を選び的確に配置することで、部屋を広く見せる効果が得られます。 効果的な部屋の模様替えをするための情報を得ることも大切な下準備といえるでしょう。 関連記事 2.部屋を広く見せる視覚効果 2-1.家具の配置で部屋を広く! 「なんとなく部屋が狭い」「もう少し部屋を広くしたい」という場合には、家具の配置を検討してみましょう。 引っ越した当日は広く見える部屋でも、引っ越し後になんとなく狭く感じてしまいます。 これは、家具によって部屋の空間が減少していることが原因です。 生活に欠かせない家具なのですが、部屋を狭くしてしまう原因でもあります。 家具は適切に選び配置することは、部屋の整理の基本です。 部屋を広くするためには、必要最低限の家具だけを使用するようにしましょう。 部屋の模様替えには、不用品の処分も大切な要素なのです。 2-3.視覚効果 不用品の整理をしても限界があるという場合には、視覚効果を利用することで部屋を広く見せることができます。 視覚効果を利用した部屋の模様替えについてご紹介しましょう。 背の高い家具は圧迫感が生じる 背の高い家具は、部屋の収納効果を高めることができます。 しかし、高い家具は圧迫感が生じるデメリットがあるのです。 必要でない限り背の高い家具の配置を避けることで部屋の広さを引っ越し前の状態に近づけることができます。 圧迫感が生じない家具の高さは、床から1m程度が限度です。 視線と家具の配置 どうしても背の高い家具を使用したい場合には、普段の目線に注意することで圧迫感をなくすことができます。 部屋は家具の高さと配置に大きく影響を受けるので、部屋に圧迫感がある場合には、家具の配置を工夫することが大切です。 色彩によって変わる部屋のイメージについてご紹介しましょう。 寒色系 白やブルーなどの寒色系は部屋を広く見せる効果があります。 暖色系 赤やオレンジなどの暖色系は部屋を狭く見せる効果があります。 3-2.目的に合わせた照明を選ぼう! 部屋を広く見せる上で照明も大きな影響を与える器具です。 照明には暖色系、寒色系の2種類があり、効果的に利用することで部屋のイメージを大きく変えることができます照明と家具が部屋に与える影響ついてご紹介しましょう。 白昼色は部屋を広く見せる LEDや蛍光灯などの白い光は部屋を広く見せることができます。 模様替えで、部屋を広く見せたい場合には光量の高い照明器具を選ぶようにしましょう。 電球色で快適な部屋を作る 寒色系の照明は部屋を広く見せることに適しているのですが、陰気な部屋全体を陰気なイメージにしてしまう効果を持っています。 電球色の照明はLEDや蛍光灯の両方で販売されています。 関連記事 まとめ 部屋の模様替えは計画性を持って取り組むことで理想の部屋に近づけることができます。 理想の部屋に近づけるための模様替えのコツをまとめてみましょう。 部屋を広く見せるためのポイント• 家具は床から1m以下のものを使用する• 部屋に最適な家具を選び快適な部屋に模様替えしてみましょう! 続いて、部屋の照明による変化についてまとめます。 照明が与える部屋の印象• 白昼色:部屋を広く見せる効果がある• 暖色系:暖かくリラックス効果がある 家具に加えて照明によっても部屋の印象は大きく変化します。 自分が部屋に求める印象を判断して最適な照明を選ぶように心掛けましょう。

次の