運営管理 過去問。 過去問ダウンロードサービス

中小企業診断士|意外と知らない1次試験の過去問勉強法

運営管理 過去問

今回は運営管理についてです。 運営管理は暗記系の問題が大半ですが、一部計算系の問題も出題されます。 計算系の問題は苦手とされる方も多いですが、公式を覚えていれば対応できるような問題の場合もあります。 苦手な方も最低限、公式はしっかり覚えておきましょう。 H29の問題は、計算までは必要とされず、公式を覚えていれば対応できる問題です。 さらに、公式を知らない場合でも現場対応で回答ができるタイプの問題ですので、比較的難易度は低い問題です。 このような問題は確実に得点できるようにしましょう。 H29 運営管理 第12問 在庫を評価するための尺度に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ア 在庫回転率は、標準在庫量を使用実績量で除したものである。 イ 在庫月数は、月間使用量を平均在庫量で除したものである。 ウ 品切れ率は、品切れ件数を受注件数で除したものである。 エ 納期遵守率は、納期遅延件数を受注件数で除したものである。 適切なものを判断するためにそれぞれの選択肢について見ていきましょう。 アは数量ベースの在庫回転率について聞かれています。 ですのでこの選択肢は誤りと判断できます。 公式をそのまま問うような問題の場合、このように分子と分母が逆になっているパターンはよく間違いの選択肢として出てきますので、選択肢をチェックする時は逆になっていないか疑ってかかるようにしましょう。 イは在庫月数についてです。 在庫月数について公式を知らない、という方も名前から現場対応で名前から考えてみましょう。 「在庫月数」と言っているので、在庫が何ヶ月分あるか、ということを表しているものと想定できます。 選択肢イでは、「月間使用量を平均在庫量で除した」とありますので、選択肢アと同様、分子と分母が逆になっていると想定できます。 そのため、この選択肢は誤りの可能性が高いと判断できます。 ウは品切れ率についてです。 品切れ率についても公式を知らない場合、現場対応で名前から考えてみましょう。 品切れの率ですので、全体に占める品切れの割合と想定できます。 選択肢ウでは、「品切れ件数を受注件数で除した」とありますので、間違ってなさそうです。 そのため、この選択肢は正しい可能性が高いと判断できます。 念のため、最後の選択肢も検討してみます。 エは納期順守率についてです。 納期順守率についても公式を知らない場合、現場対応で考えてみます。 納期が遵守された率なので、全体に占める納期が遵守された割合と想定できます。 選択肢エでは、「納期遅延件数を受注件数で除したもの」とありますが、納期が遵守された割合を聞いているので、分子が納期遅延件数ではなく、納期が遵守された件数だと考えられます。 そのため、この選択肢は誤りの可能性が高いと判断できます。 以上より、正解の選択肢はウであると判断できます。 このように、もし公式として知らない場合でも言葉の意味を考えることで、現場対応で問題が解けることがあります。 知らない言葉が出てきた場合も、知らないと諦めるのではなく、落ち着いて考えてみることで得点に繋がる場合があります。 現場対応は一朝一夕ではなかなか身につきにくいですので、普段からわからない問題でもすぐに暗記に走るのではなく、現場対応でどうにかならないか、と挑戦してみると徐々に身についてくるかと思います。 Amazonベストセラー1位獲得 一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート 好評発売中 ——.

次の

2017年(平成29年) 運営管理 第3問 問題と解答

運営管理 過去問

本記事を作成しようと考えるに至った背景 国が認める唯一の経営コンサルタント資格というフレーズを中小企業診断士協会は使っています。 経営コンサルタントで求められるのは、課題解決提案能力です。 そのため、中小企業診断士の試験では応用力を試すような問題が多く登場する結果、教科書を丸暗記しても合格点を確保できるような試験設計となっていません。 しかし、この 重大な事実を知らないがばっかりに、中小企業診断士1次試験の合格を手にできない方が多くいらっしゃるのではと感じていました。 筆者はブログの情報発信ツールとして、ツイッターを利用しています。 そして、これを固定ツイートにしています。 話を戻します。 ありがたいことに、ツイッターにリクエストをいただき、以下のようなやりとりを行いました。 少し、蛇足的な部分もありますがご覧ください。 こんばんは!ご返信遅くなりまて、すみません。 一次試験は、でもご紹介している通り、10年分やりました。 ただし、全ての問題ではなく、頻出論点は必ずつぶし、他は可能な時間との兼ね合いで可能な限り行いました。 それでも、6年分はやっています。 経済の問題などを見てもらえると7~8年前に出た問題がリバイバルして出ています。 これは、最大手予備校であるTACが5年分の過去問で出版しているのと関係がありそうな気がしています。 — うな 中小企業診断士勉強中 shindanshishi 了解です。 ほんと、3文字英語多すぎです。 結果、 教科書ベースの勉強に注視しがちとなり、過去問の活用度合いが低くなるのではないかと、妄想しました。 じゃあ運営管理でお願いします! 財務、情シス、法務は微妙に予備知識があるんですが運営管理は全くで、ボリュームも多くて大変なんです。。 — うな 中小企業診断士勉強中 shindanshishi のツイートから、中小企業診断士の1次試験のボリュームが多い点が大きな阻害要因なのではないかということです。 うな@中小企業診断士勉強中さんは、財務・会計、経営情報システム、経営法務に関しては予備知識があるので、一般的な受験者よりも一歩も二歩も前を走っていらっしゃいます。 そんな中でも運営管理のボリュームが多く、大変だと言われているのです。 その要因は、 初めて出くわす言葉が多いことに圧倒されているからだと推察します。 中小企業診断士の試験ボリュームに圧倒される そして、うな@中小企業診断士勉強中さんだけでなく、多くの人にあてはまる事柄であり、さらには、うな@中小企業診断士勉強中さんよりも一般的な受験者は関連知識を持っていないことを想定すると、圧倒される感覚はより大きいものだと容易に想像できます。 結果、まずは知らない単語を覚えようとするあまり、 教科書を覚え、そして知識確認用の問題集をとき、その後に過去問という順番での勉強になってしまっているのだと予測しています。 中小企業診断士の試験において過去問を先に知らないのは、見えない敵と戦うことと一緒 中小企業診断士の試験において過去問がなぜ重要なのかは、次の見出しに譲りますが、相手である 過去問の問い方を知らずに勉強を続けることほど不毛な戦いはありません。 かの有名な孫氏も「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」と言っています。 さらに、マーケティングで一番重要なことは、とことん相手をおもいやれるかです。 過去問は最高の教科書とは、 いかに相手を知り尽くすことができるかと同義ですね。 過去問勉強のステップ• 論点別で過去問を解く• 答え合わせ• 選択肢ごとに振り返り• 分からなければ教科書に戻る• キーワード別に分析 選択肢ごとに振り返り 過去問を解いていく時に注意しなくてはならないのは、正解だった不正解だったかの結果はどちらでも構いません。 それよりも 選択肢ごとにどこが間違いなのか、また 間違いの選択肢はどのように直せば正解になるのかを考えましょう。 具体例として、平成29年度第2問で解説します。 生産システムにおける ICT の活用に関する記述として、最も適切なものはどれか。 アCAE(Computer Aided Engineering)を導入することにより、製品開発過程の早い段階での事前検討が可能となり、開発期間の短縮が期待できる。 イCAM(Computer Aided Manufacturing)を導入することにより、時々刻々変化する生産現場の状況をリアルタイムで把握することが可能となり、納期変更や設計変更などへの対応が容易になる。 ウPDM(Product Data Management)を導入することにより、メーカーとサプライヤーが在庫データを共有することができ、実需に同期した精度の高い予測に基づく生産が可能になる。 エPOP(Point of Production)を導入することにより、タイムバケットに対して計画が作成され、調達・製造すべき品目とその量、各オーダーの着手・完了時期の必然性を明確にすることが可能となる。 正解は アです。 しかし、先ほどお伝えした通り、正解かどうかは重要ではありません。 選択肢ア 正解のCAEからみていきましょう。 図解 詳細は、図をクリックしてください 参考: 正解かしたかどうかではなく、各選択肢で挙げた内容が自分自身で理解できていたかどうかを確認してください。 これを 論点別に何度も何度もこなしていくことで、実力は上昇していきます。 論点別に問題を解いていくと、設問での問いかけは違うものの、選択肢レベルでは同じ内容を聞いている発見があるはずです。 ネットで図解を調べる時間がもったいない方におススメ 以外と知られていないですが、中小企業診断士の1次試験、2次試験尾生産管理を理解するのにとても役立つ本で、著者はなんと中小企業診断士の先生です。 ビジネス書でさらに専門書に近い分野の書籍が再版がかかることはなかなか珍しいなか、本書は再販がかかった人気本です。 平成29年度第2問 CAEを導入することにより、 製品開発過程の早い段階での事前検討が可能となり、 開発期間の短縮が期待できる 平成27年度第3問 CAEを導入することで 樹脂や金属製の立体物が造形され、 開発コストの低減と開発期間の短縮が可能となった。 平成24年度第5問 製品を製造するために 必要な情報をコンピュータを用いて統合的に処理し、製品品質、製造工程などを解析評価することは、CAEと呼ばれる。 平成27年度第3問は、 不正解の選択肢となっています。 ここで重要なのは、 どの部分で間違えそうだと出題者が期待したのかですが、それは黄色いラインが引いてある部分です。 正しい文章に直そうとすると、 注意 これ以上の肉付けしてをしていってもいいですが、7科目というボリュームを考えると、出題実績のある部分を中心に覚えていくことが重要です。 7科目受験であれば、この方法で合格点は必ず超える実力をつけられます。 教科書の場合は、これ以上に説明文や詳細な知識がのっていることが多く、試験に必要のない知識までムダに身につけてしまっているとも言えます。 相手を知ることがいかに重要かですね。 知識がなくても、国語表現から選択肢はある程度絞れてしまう 運営管理は知識を問われるので少し別ですが、 企業経営理論、 経営情報システム、 経営法務については、知識がなくても国語表現である程度選択肢が絞れるようになっています。 基本は、先ほどの頻出論点を確実に正答していけば、合格点は確保できます。 しかし、本試験では、初登場の言葉に出くわすことも少なくありません。 その場合は、以下の内容をもとに選択肢を絞ってみてください。 意外と正答に導ける問題がみつかるはずです。

次の

過去問ダウンロード

運営管理 過去問

中小企業診断士1次試験は7科目の幅広い領域から出題され,合格には平均6割以上の得点が求められるが, 1年間で1次試験・2次試験の両方の勉強をするためには最大でも8か月ほどしか1次試験に時間を割くことはできない。 受験生はいかに早く出題傾向を把握し,頻出な論点を繰り返し解くことができるかが重要となる では,出題傾向や重要な論点はどのように把握すればよいのか? そのためには,過去問題を複数年度確認する必要がある。 これまでの過去問題集では同一論点の一覧性を確保したい場合は、受験生自身が過去問題を出題項目ごとに並べ替える必要があった。 「;市販の問題集で論点別にまとめたものがあったらいいのに…」 本書はそのようなニーズに対して応えたものである。 平成22年度から令和元年度までの1次試験過去問題を収録し,論点別・重要度別に並び替えたことで,自分の苦手な論点を徹底的に克服することができるようにした。 なお,問題ランク 頻出度 Cの問題と解説については「,過去問完全マスター」のホームページからダウンロードできる。 全体の出題傾向を把握する 巻末に経年の出題傾向を俯瞰して把握できるよう「出題範囲と過去問題の出題実績対比」を添付した。 問題を解く前にこの一覧表で頻出論点を把握し,頻出な部分から取り組むことをお勧めする。 また,実際に問題に取り組んでいく際,各章ごとに 「取組状況チェックリスト」に日付と出来栄えを記入し,苦手論点を把握・克服する方法を推奨する。 各章の冒頭部分を読む 以下のような各章の冒頭部分に,出題項目ごとの頻出論点に関するポイントと出題傾向を記載している。 まずは、この部分を読み,頻出論点の内容と傾向を把握してほしい。 問題を解く 各章の論点別に問題を解き,解説や各章の冒頭部分の説明を読み,論点別に理解を深める。 解説を読む・参考書を調べる 頻出論点の問題を解き,解説を読むことを繰り返していくと,類似した内容を何度も読むことになる。 結果,その内容が頭に定着しやすくなる。 これが本書の目指すところである。 取組状況チェックリストを活用する 各章の冒頭部分に「,取組状況チェックリスト」を挿入している。 これは,何月何日に取り組んだのかを記載し,その時の結果を記しておくことで,自分がどの論点を苦手としているのかを一覧するためのツールである。

次の