毛利 と うわ。 毛利氏

大内氏館跡

毛利 と うわ

左から毛利亘宏、矢崎広、生駒里奈、毛利衛 同作は宇宙飛行士の毛利衛氏が書いた児童文学『モマの火星探検記』を舞台化。 宇宙へ2度行った毛利衛氏ならではの生命観、地球観、宇宙観から、人類史上初めて火星に到達した主人公「モマ」が少年時代の自分に語りかけながら火星での冒険を振り返る物語となっている。 その物語と、少年社中が過去に上演した、仲間とロケット作りをする少女「ユーリ」が宇宙を夢見る物語『ハイレゾ』をミックスし、新たな物語として2012年に初演、2017年7月に再演を行い、大好評にて幕を降ろした少年社中の代表作品の一つとなっている。 主演の矢崎は、「計り知れない宇宙飛行士という役をやらせていただいていますが、それに演劇的に挑む、宇宙を演劇で目指すということで、今日のゲネプロで一つ僕たちの宇宙がどんと広がったなという手応えがあったので、初日が楽しみです」と頼もしい様子。 さらに「プロポーズで振られて狂っちゃうシーンがあるんですけど、初演の時に『このシーン大丈夫かな』と思って、ゲネプロの時に皆様に笑っていただいて、自信になったんですね。 今日もけっこう笑い声が聞こえたので、皆さんのおかげで安心して本番に迎えるかなと思います」と自信を見せた。 もう1人の主演となる生駒は、「前回は20歳の時に演じてて、今回は24歳で、やっててめちゃくちゃ難しくて、20際の私は本当に赤ちゃんだったんだなと思って、どうやって演じるかという悩みをやっと通ったかな。 まだきっと悩むと思うんですけど」と振り返る。 「夢を追いかけることは本当に素晴らしいことなんだとって、私たちを見て感じていただけたらなと思います」とメッセージを贈る。 存在感も増したと評判の生駒の演技について、矢崎は「前回もすばらしかったんですけど、初演から再演までの間に、生駒さんの舞台を経験したりしてきたというのを、稽古場でものすごく感じました」と太鼓判。 「前回は一生懸命ユーリをやってるという感じだったんですけど、今回はユーリと生駒さんが合体して、またすごいユーリになってる。 稽古の初日から感じたので、それがどう伝わっていくのか楽しみです」と期待を寄せた。 舞台の中で印象的な言葉について聞かれると、毛利亘宏は「『つながっている』ということが、僕にとって重い言葉で、子供の頃に毛利衛さんにあこがえれて宇宙を夢見たというところから全てが始まって、こうやって矢崎さんや生駒さん、素晴らしい仲間と会っている。 今日この場にいることがすごくつながってるなと感じたられることです」としみじみ。 一方の毛利衛は「宇宙から地球を実際に見て、全ての貴重な心も生物も全てここでしか生きられないというつながりがあるんだということ、40億年にもわたって生き物はつながってきてると実感した」と明かす。 「明日にでもどうなるかといういろんなことを抱えてます。 環境問題、人工知能、ゲノム、戦争、そういうものが全てつながって生きて乗り越えるというメッセージが、今回の舞台ですごく響いたんですね」と述懐。 「原作ではたくさん込めたかったんですけど、なんせ科学者なので、多くの人にはなかなか伝わらなかったんですけど、この舞台だと、本当にたくさんの人に本当の意味をわかってもらえるということで、とにかく嬉しいの一言につきます」と舞台を絶賛した。 さらに毛利衛は「『持続可能な』という言葉や、国連の『SDGs』という言葉が流行って、世界をあげてそちらの方に向かうんじゃないか。 そういうメッセージがこの舞台にもあると思うので、世界中の人に見てもらえるといいかな。 日本だけじゃないと思います」と賛辞を贈った。 東京公演はサンシャイン劇場にて1月7日〜20日、愛知公演は岡崎市民会館にて2月1日〜2日、大阪公演はサンケイホールブリーゼにて2月7日〜2月11日。 福岡公演は福岡市民会館2月15日〜16日。 井俣太良ら少年社中の劇団員11名、諸星翔希、松村龍之介、山崎大輝、伊藤昌弘、鎌苅健太、赤澤燈、鈴木勝吾、小須田康人、田村颯大・永島叶和 Wキャスト が出演する。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

毛利屋敷

毛利 と うわ

毛利柊和くんの基本プロフィール 氏名:毛利柊和(もうり とおわ) 「とうわ」ではなく「とおわ」が正しいようです。 こちらの情報は分かり次第、追記します! 出身地:大阪府 趣味:ロードバイク 特技:アクロバット 得意な教科:社会 苦手な教科:数学 家族構成:父、母、弟(3歳下) 尊敬する先輩:神山智洋(「アクロバットもかっこいいし、服もかっこいいし、歌もダンスもすごい。 バク宙も回転が速い!」とベタ褒めです。 )中間淳太 入所日:2012年7月14日 アクロバット 柊和くんといえば、やはりアクロバット! バク転、ロンダードバク宙、連続バク宙など難しい技も出来ちゃいます! アクロバットが出来るので、稽古場では優等生なのかと思いきや、入所して2年は稽古場に行くことは怒られにいくようなものだったんだとか。 と、いうのも入所してからの冬のコンサートでは全然踊れず、毎日のように振り付け師さんに怒られ、さらに本番では、2回も出るところを間違えるなどミスが多かったようです。 一時は辞めることも考えたようですが、悔しさをバネにダンス教室に通い始めて、高校生になりやっとダンスが楽しくなったそうです。 去年は初めてツアーにも参加した柊和くん。 (ジャニーズWESTのコンサートツアー) 柊和くんは振り覚えが悪いからと、リハーサルの前日にホテルで自主練習をしていたんだそう。 そのことが振り付け師さんの耳に入ると、いつもは厳しい振り付け師さんから「そんなに頑張らなくてもいいよ。 毛利はやれば出来るんだからもっと自信もって」と言われたそうです。 努力が報われるとはまさにこういうことをいうのでしょうか。 ) 炎の体育会TV! 以前放送された炎の体育会TVの関東Jr. 又、別日に放送された大縄跳びにも参加。 (関西ジュニアからは柊和くんと吉岡廉くんのみ参加でした。 ) TVに出る機会が少ない関西ジュニアにとっては、知名度を上げる大チャンスでもあったわけです。 柊和くんは、特技のバク宙をその場で披露!! その場にいた宮迫さんたちが「お〜!」と拍手をする場面も。 デザイナーの思いを大事にして着こなさないとアカンねん。 だから僕は服を買うときはデザイナーの考えも調べて買ってるよ。 自分勝手に着崩したらその服が台無しになると思うから。 」 と、少し変わった視点から服を見ていることをある雑誌で語られていました。 服にはかなりこだわりがあるようですね。 柊和くんは【Rick Owens】リックオウエンスというブランドが好きなようで、このブランドの靴や服などを数着持っているようです。 調べてみたところ、このリックオウエンスというブランド、なかなかのハイブランドで靴一足でかなりのお値段します…。 正直、高校生が買える値段ではないだろ…というのが庶民の感想です。 (笑) 柊和くんはお金を使い過ぎてしまうタイプで、Jr. に入った時には親に「もらったお金は使うな」と言われたそうで、Jr. の活動で稼いだお金は貯めているようです。 なので、使えるお金を貯めてこだわりの一着を買っているのかもしれませんね。 又、このリックオウエンスのデザインは一風変わったものもあり、ファッションにこだわる柊和くんだからこそ好きなんだろうなあと思います。 DK組と仲が良いのはもちろんなのですが、後輩で仲が良いのは意外にも長尾謙杜くん。 柊和くんは「柊和くんにはプライベートあるの…?」と疑問に思ってしまうくらい、プライベート写真は数多く流出し、テーマパークなどでもよく目撃されています。 (笑) 持ち前の明るい性格で友達も多いのかもしれませんが、とにかく写真の流出がダントツで多いです。 複数の友人たちと写る写真の中にはもちろん女の子の姿も。 ですが、女の子との2ショット写真はほぼないので、特定の彼女のような人物はいないのかもしれません。 それにしても、出回っている写真の数は半端ではありません。 見たことがある人も多くいるのではないでしょうか?? インスタやツイッターの裏アカを作っているという噂も耳にします。 周りの友人のSNSのアカウントから流れている写真もあるようなので、友人たちの配慮も少し欲しいところですね…。 さて、今回は関西ジャニーズJr. ジャニーズWEST 1st ドームLIVE 24から感謝届けます ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7 カテゴリー• 328• 114• 150• 119• 140• 107• 221• 292• 138• 127• 125• 122• 116• 119• 117• 101• 177•

次の

毛利良勝

毛利 と うわ

の墓 末期に、(旧称:三島郡)(さはしのしょう)南条(みなみじょう) のを領した毛利経光は、四男のに(よしだのしょう — 高田郡吉田、現・吉田)を分与し分家を立てる。 時親の子・、孫の親衡は越後に留まり安芸の所領は間接統治という形をとったが 、南北朝時代に時親の曽孫・は安芸に下向し、(よしだこおりやまじょう)において領地を直接統治 するようになる。 に移った毛利氏は、室町時代にの有力なとして成長し、およびの家臣として栄えた。 、が出ると一代でから、の所領の大部分との所領を併せ、最盛期には・10か国との一部を領国に置く最大級のに成長した。 元就の死後、孫のは将軍・を庇護し、と激しく争ったが、のちにに従属して、ほか8か国で112万石 を朱印状で安堵された。 また、本拠をからより地の利の良いに移す。 輝元はその後、に就任する。 しかし、慶長5年()、輝元がで西軍の総大将となったことで、敗戦後に毛利氏は・の2か国29万8千石に減封された。 には、萩に居城を新たに築城し、(萩藩)となる。 検地を経て幕府と交渉のすえ、36万9000石に高直しされ、江戸時代を通じての公称高(表高)となる。 (国持ち)のとして雄藩の一つに数えられた。 また支藩としてや、などがあった。 江戸時代末期には、藩主の改革が功奏し長州藩から数々の志士が現れ、を成就させる原動力となった。 明治維新後、長州藩の毛利宗家は、支藩の毛利家はとなり、議員などを輩出した。 歴史 [ ] 鎌倉時代から室町時代まで [ ] はの四男で毛利荘を父から相続したため、毛利氏を称するようになった。 したがって、毛利家・毛利氏としては季光を初代とするのが相当であるが、毛利家の慣習上、を初代とするため、季光は39代とされている。 だが、季光はの義父であったにもかかわらずと結んでに反旗を翻したため、敗北して一族の大半が果ててしまった()。 越後にいた季光の四男は合戦に関わらず、その家系が残った。 同族のの尽力により越後・安芸の守護職を安堵された経光は、嫡男に佐橋荘南条を譲り、四男に安芸国吉田荘を譲った。 毛利時親は後期、京都のの評定衆を勤めたが、姻戚関係(義兄)のあったのがに代わり、幕府で政権を握っているのを嫌って隠居し、料所のへ隠棲する。 3年()にの討幕運動からが起こり、らが鎌倉幕府を滅亡させるが、毛利時親は合戦に参加せず、により開始されたからも距離を置いたため、鎌倉幕府与党として一時領土を没収された。 南北朝時代には足利方に従い、時親の曾孫にあたるが、より九州の南朝勢力であったの征西府を討伐するために派遣された(了俊)の指揮下に入り活躍している。 元春は安芸に下向し、にて吉田荘の統治を始め、隠居していた曽祖父の時親が元春を後見した。 戦国時代 [ ] 毛利元就 のとして土着した毛利氏は一族庶家を輩出し、室町時代中期には庶家同士の争いが起きたものの、安芸国内では屈指の勢力になった。 しかし、(47代)、 (48代)、(49代)の時代には・という大勢力の守護に挟まれ去就に苦労することになる。 (50代)、(51代)の代には、大内氏ととが安芸を巡って争い、安芸国内の国人同士の争いも頻発した。 毛利氏は当主の早死にが続いたこともあり勢力は一時衰えたが、興元の弟である(52代)が当主となると、元就はその知略を尽くして一族の反乱や家臣団最大派閥の井上氏の粛清、石見国のなど敵対勢力を滅ぼし 、さらに有力国人である安芸国のに次男であるを、に三男のを養子に入れて家を乗っ取るなど勢力を拡大する。 元就は長男の(53代)に家督を譲ったのちも戦国大名として陣頭指揮を続け、に謀反し大内氏を事実上乗っ取ったを弘治元年()ので破った。 弘治3年()、晴賢の 傀儡 ( かいらい )であったを攻め滅ぼし 、大内氏の旧領をほぼ手中にする。 その後は北部九州に侵入し、やのや高橋氏を味方につけ 、とも争った。 同3年、吉川・小早川が安芸毛利当主家運営への参画、補佐することを条件に隆元(元就の長男)が毛利家の家督を継いだ。 こうして、毛利当主家を吉川家と小早川家で支える体制が成立し領国支配を盤石なものとし、これを後世 体制と呼ばれることになった。 永禄3年()には隆元が幕府から安芸に任じられている。 永禄6年()、隆元が早世し 、長男の(54代)が若くして家督を継ぐと、元就・元春・隆景が後見した。 永禄9年()に輝元は元就とともに仇敵の尼子氏を滅ぼして 、中国路(安芸・・・・・・・・・)を領有し、西国随一の大名となった。 さらに旧主家の残党であるを退け()、尼子氏の残党にも勝利した。 さらに、輝元はに追放された将軍・を庇護し、を目指す信長の西国侵攻に対する最大の抵抗勢力となる。 だが、天正10年()ににより信長が自害したため、領地を維持したまま織田方と和睦を結んだ。 桃山時代 [ ] 毛利輝元 毛利輝元は秀吉に臣従し、、、、、、、に加え、・両国のそれぞれ西部を安堵された。 における毛利家の総石高は112万石であり、ほかに四国と九州で・が輝元とは別に所領を得た。 天正19年(1591年)に豊臣秀吉から発給された領知朱印状・領知目録 「安芸 周防 長門 石見 出雲 備後 隠岐 伯耆三郡 備中国之内、右国々検地、任帳面、百拾二万石之事」 内訳は• 2万石 寺社領• 7千石 京進方(太閤蔵入地)• 6万6千石 羽柴小早川侍従(隆景)、内1万石無役• 11万石 羽柴吉川侍従(広家)、内1万石無役• 隠岐国 羽柴吉川侍従• 10万石 輝元国之台所入• 8万3千石 京都台所入• 73万4千石 軍役 都合112万石 の天下統一後、輝元はから地の利の良い瀬戸内海に面したを築城し、本拠を移した。 4年(1595年)、秀次事件の後に豊臣政権のの一人となった。 近世 [ ] 1867年 秀吉の死後は天下奪取を図るに対抗してと接近し、では西軍の総大将に就くもが東軍と内通した際に毛利氏は担ぎ上げられただけとの弁明により所領安堵の約定を得た。 ところが、敗戦後に大坂城で押収された連判状に輝元の名があったことから家康は約束を反故にしたため、輝元は隠居し嫡男の秀就に家督を譲り、安芸国ほか山陽・山陰の112万石から周防国・長門国()の2か国29万8千石 に減封された。 このようにして毛利氏は、萩に新たな居城を造るとともに領内の再検地に着手し始め、慶長18年()に幕閣と協議したうえで36万9千石に高直しを行ない、この石高が長州藩の表高(支藩分与の際も変わらず)として公認された。 末期、の時になどにより幕府から圧迫を受けたが、や、らの人材を輩出し、を成就させた。 通字と元服時の名前 [ ] 毛利元就軍幟 毛利家では、時にである「 元」(もと)のついた名()を名乗るのが慣例となっていた(家祖であるにちなむ)。 その後、輝元には秀元に代わって世子となる実子のが生まれ、の偏諱を受けたが、秀元と名乗りの重複を避けるため元就の1字を取っている。 また、豊臣政権時代は・をともに賜った。 ところが幕末には、13代長州藩主(67代)と世子(68代)が、の処分としてそれぞれ慶・定の字(・からの偏諱)を剥奪の上、敬親・広封と改名させられた(広封は明治維新後に元徳と改名)。 後、最高位のを授爵された毛利氏は、身分的に徳川氏の風下に立つことはなくなり、誰からも偏諱を受けることはなくなった。 また、明治5年太政官布告149号(通称実名併称禁止)により毛利家においては諱を名乗ることとなり、同年太政官布告235号(改称禁止令)により出生時の命名が基本となり、元服時に新たに名を付けることは禁止された。 家紋 [ ] 毛利家の家紋は、定紋を「一文字に三つ星(一文字三星)」、替紋を「長門沢瀉」(ながとおもだか)とする。 下賜された紋としては、十六菊(から)と五七桐(足利義昭から)がある。 具体的な使用は不明であるが、『見聞諸家紋』で安芸毛利として掲載されている紋は「吉文字に三つ星」である。 同史料では一文字に三つ星も長井・竹藤・萩とともに連名で掲載されている。 ・(元就以降)• (元就の庶子説あり)• (出身)• (出身)• (李氏朝鮮出身)• (元就以降)• (元就以降)• (始め小早川隆景の家臣)• (桑原又右衛門)• (悪景政)• (北野季勝)• (杉原盛重家臣) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 毛利庄とも。 神奈川県から ((;)・ (; 、、)・ (;、などの地名が残る)にかけて。 神奈川県厚木市のに、「 毛利季光屋敷跡 毛利氏發祥の地」の碑がある。 祖父時親、父貞親共に晩年安芸国に。 この人より安芸国に在住。 毛利四郎、安木守、尊卑分脈には毛利入道。 及び、南条、現・)。 南条館跡であるが南条(上南条)に所在。 北部にはの旧各村名である、(本貫、が所在)、(本貫、が所在)、、などの大字がある• 越後国佐橋荘は嫡男のが相続し、この系統はとなった。 毛利貞親・親衡は越後の毛利領を拠点に南朝に味方し活動。 吉田郡山城の築城者といわれる時親が曾孫の元春を後見した。 毛利氏に内応した筑前、、等であるが、文種は大友氏に攻め滅ぼされている。 出典 [ ]• 324. 領知朱印状・領知目録「安芸 周防 長門 石見 出雲 備後 隠岐 伯耆三郡 備中国之内、右国々検地、任帳面、百拾二万石之事」(「毛利家文書」)• 『大日本史料』6編2冊849頁。 建武2年12月26日条。 「毛利文書」• 『大日本史料』6編37冊221頁。 応安年6年4月8日2条。 「毛利家文書」「入江文書」• 『史料総覧』9編909冊574頁。 「萩藩閥閲録」「新裁軍記」• 『史料総覧』9編910冊412頁。 「毛利家文書」「吉川家文書」• 『史料総覧』9編910冊437頁。 弘治3年4月2日条。 「新裁軍記」• 『史料総覧』9編910冊442頁。 弘治3年7月18日条「秋月高鍋家譜」「佐田文書」「大友家文書録」• 『史料総覧』9編910冊492頁。 永祿3年2月21日条。 「毛利家文書」「新裁軍記」• 『史料総覧』9編910冊572頁。 永祿6年8月4日条。 「新裁軍記」• 『史料総覧』9編910冊646頁。 永祿9年11月19日条。 「佐々木文書」「毛利家文書」• 『大日本史料』11編2冊77頁。 天正10年7月17日条。 「毛利家文書」。 輝元はに信長死去に伴う弔意を伝えている。 『大日本史料』11編2冊100頁。 天正10年7月18日。 「蜂須賀文書」。 輝元はに物を贈り、の戦勝を祝った。 『毛利家文書』天正19年(1591年)旧暦3月13日付 『大日本古文書 家わけ文書第8 毛利家文書之三』所収• 『当代記』慶長元年「伏見普請之帳」安芸中納言の項• 『史料総覧』11編912冊329頁。 天正19年4月是月条。 「江系譜」「毛利家譜」• 慶長5年の検地による石高。 慶長10年()の「毛利家御前帳」にも同様の石高が記載。 『史料総覧』11編913冊277頁。 慶長5年10月10日条。 「毛利家文書」• 高澤 2008年、p. 190• 大野 2009年、p. 210 参考文献 [ ]• 高澤等著 千鹿野茂監修『家紋の事典』東京堂出版 2008年• データベース『大日本史料』、『史料総覧』• 『』、1926年3月。 関連項目 [ ].

次の