アイフォンストレージ その他とは。 iPhoneの空き容量で「その他」って何?削除方法

消しても減らない!iPhoneのストレージ・容量がおかしい時の対処法

アイフォンストレージ その他とは

「最近削除された項目」を全削除しよう iPhoneの「写真」アプリから「アルバム」を開きましょう。 すると、アルバム一覧の中に 「最近削除した項目」というものがあります。 これは、間違えて削除してしまった写真・動画を削除して30日以内なら復元することができる、という便利な機能。 逆にいえば、 写真・動画を削除しても30日間はiPhone内部にデータが残り続けてしまいます。 「写真をたくさん削除しても、ストレージ空きが増えない」という現象の原因の1つですね。 復元したい写真が無いことを確認したら、「最近削除された項目」にある写真をすべて消してしまいましょう。 画面右上にある 「選択」をタップすると、左下に 「すべて削除」と出ますのでタップし、すべて削除してしまいましょう。 フォトストリームをオフにしよう フォトストリームは「iPhoneで撮影した写真・画像を、パソコンやiPadなどのデバイスでiCloud共有できる機能」です。 最大1000枚、もしくは最大30日間写真を保存することができます。 とても有用に思えるフォトストリーム機能なのですが、ストレージの面では1つ欠点が。 iCloudの容量を圧迫しない代わりにiPhone本体のストレージを多く使ってしまうのです。 「写真が保存されている期間中、同じ写真が重複してiPhone内部に保存されているため」というのがその理由です。 フォトストリームを利用している方で空き容量が少なくて困っている方は、この機会にフォトストリーム機能をOFFにすることも考えてみましょう。 フォトストリームをオフにする設定手順 「設定」から 「写真とカメラ」を選択し、 「自分のフォトストリーム」をオフにしましょう。 その際、「お使いのiPhoneから共有されているフォトストリームの写真はすべて削除されます」という警告が出ますが、「削除」をタップしましょう。 これで、「写真とカメラ」の容量を一気に減らすことが可能です。 再起動をすることでストレージに変化が起きる場合も ここまでやってみても容量が減らない…という場合、 デバイスの再起動をすることでストレージの空き容量がキチンと反映されることがあります。 特に「フォトライブラリ」機能をオフにした際、「設定」の「ストレージを管理」の数値に反映されないことがあるので、あまり減ってないと感じた際は再起動を試してみましょう。 iPhoneの容量は増えてますがまだまだ不十分 最新モデルが発売される度に、ストレージ容量がドンドン増えていくiPhoneシリーズ。 iPhone7では、256GBもの大容量サイズが発売され話題となりました。 256GBもの容量は魅力…なのですが、サイズによって料金も変わってくるのが悩みどころ。 まだまだ32GBや128GBのiPhoneを愛用している方も多いと思うので、iPhoneで削除できるデータはしっかり消して容量と上手く付き合っていきましょう。

次の

iPhoneストレージ内の「その他」を削除する方法

アイフォンストレージ その他とは

ゲーム画面スクショ• 勤務表• メモ代わりの写真 最初は嬉しくてスクショした、いいキャラが当たったガチャ画面や、レベルMAXになった時などのスクショなど、撮った時は嬉しくても見返すことはほとんどなくスクショしてSNSにアップするとそれで役目は終了です。 そして勤務表やバイトのシフト表などを写真データとして残している方もいると思いますが、基本的にその月が終わればもう見ることはありません。 メモがわりに撮った写真なども用事が済めば見返すことはないので、 要らない写真は積極的に削除するようにしましょう! iCloud写真共有を使う 先ほどの要らない写真でも「いつか見返すかもしれない」と中々削除に踏み切れない方はiCloud写真共有がオススメです! iCloudの写真共有を使用することで、iPhoneのストレージ内の写真をクラウド上に保存することができます。 ここで注意が必要なのは iCloudストレージではなく、iCloud写真共有だということです。 iCloudストレージを使用する場合は無料で5GBまでしか使用できません。 「なにそれ?難しそう」と思うかもしれませんが、誰でも簡単に。 しかも1人でできるので、容量が圧迫している人にもおすすめです! iCloud写真共有の使い方 iCloud写真共有を使って、iPhone内の画像容量を削減する方法を紹介します。 1 人のオーナーが共有できる共有アルバムの最大数:100• 1 人のユーザが参加できる共有アルバムの最大数:100• 共有アルバムあたりの最大参加者数:100 人 共有アルバムごとの参加者数• 1 つの共有アルバムで参加者全員が投稿できる写真とビデオの合計枚数:5,000 件• 共有アルバムの 1 枚の写真または 1 つのビデオにつき投稿可能なコメントの最大数:200 回 「いいね!」またはテキスト入力をコメントとみなします• コメントあたりの最大文字数:200 文字• 1 日に共有アルバムのオーナーが招待通知を送信できる最大数:200 件 これを簡単に要約すると 500,000枚の写真を共有することができます! これだけの写真を保存することができるので容量制限については もう気にしなくていいレベルです。 1日1枚写真を保存したとしても1370年かかる計算になります。 絶対に気にしなくていいですね。 iCloud写真共有注意事項 便利なiCloud写真共有ですが注意事項があるので紹介します。 元の画像よりサイズが縮小される• 動画の解像度も1080pから720pに圧縮される iCloud写真共有をするとファイルが圧縮されてしまいます。 画像が圧縮されると聞くと不安に思う方もいると思いますが、画像データなら長辺が2304サイズに圧縮されます。 しかしこれもほとんど気にする必要はありません。 15インチ MacBook Proの画面一杯に写真を拡げても画質の低下は見られません でした。 もともと画面サイズの小さいスマホなら気にする必要もありません。 また、本当に大切な写真ではなく、削除するかしないか迷う程度の写真だけを保存するのもオススメです。 自分の写真を保存する用途以外にも本来の使い方であるiPhoneを使っている他のユーザーと写真を共有することができるので、家族とのアルバム作成にも便利です。 iCloud写真共有は写真アプリの容量をほぼゼロにすることも可能になる最強のサービスです。 写真が多いならプライム会員がおすすめ• 容量無制限• RAWファイル対応• 非圧縮• 年間4,900円(他サービス有り) 写真好きには堪らない充実のサービス内容です。 この他にAmazonプライム会員になると受けられるサービスは どれも魅力的なサービスばかりです。 ぜひチェックしてみてください! 関連 SNSアプリのキャッシュを削除 見落としがちなのがtwitterなどのSNSのアプリです。 SNSアプリは普段使っているだけで、大量のキャッシュが溜まり 知らない間に容量がパンパンになっていることがあります。 Twitterはアプリ内で簡単にキャッシュを削除することができるので小まめにキャッシュを削除するのがオススメです。 『Instagram』や『LINE』は完璧に削除することはできないので、手間はかかりますが、 1度アプリを消去して再ダウンロードするのがおすすめです。 再度ログインする必要がありますが、容量をかなり削減することができます。 もしアプリを削除する際はしっかりとバックアップを取るようにしましょう。 LINEの場合はトーク履歴が消えてしまうので注意が必要です。 不要なアプリを削除する ショッピングアプリなど使う頻度が少ないアプリは削除するようにしましょう。 ダウンロードした時は大した容量ではなくても、少し使うだけでデータが蓄積されて容量が増大することがあります。 必要ないアプリは削除して容量を確保することも容量不足を解消する為に大切です。 ブラウザで代替えできるアプリは削除 ショッピングアプリなど『Safari』などのブラウザで代替えできる場合は積極的に 『Safari』や『Google Chrome』を使用するのがおすすめです。 お気に入りのページを『ホーム画面に追加』してアプリのように表示させることも可能です。 ショッピングサイトなどのページを開き、写真の通りにタップして行くとホーム画面に追加することができます。 こうすることでアプリが必要ないのでそのアプリ分の容量を削減することが可能です。 アプリのデータを個別に削除する iPhoneのストレージ画面からアプリをタップするとそのアプリに詳細容量を確認することができます。 このアプリの場合は「Appのサイズ」として194. 6MB、「書類とデータ」として537. 4MBあることがわかります。 『Appを削除』は「Appのサイズ」と「書類とデータ」全てが削除されiPhone上から完全に削除されます。 あとでApp内のデータを復元することはできないので、今後使うことがないというAppはこの操作で完全に削除しましょう! iPhoneの『その他』を削除する ここまでは簡単にできる『容量解消方法』を紹介してきましたが、正直小手先の技でしかありません。 iPhoneのストレージを確認すると 『その他』という項目が大半を占めていることがほとんどです。 少し手間ではありますがこの『その他』の項目を削除するには 『iPhoneを復元させる』ことが最も効果的な最終手段と言えます。 この操作はパソコンが必要となり、バックアップを取る必要もあるので正直面倒ですが、確実に効果がありApple公式サポートに問い合わせもこの操作をするように求められます。 またiOS 11では容量が少なくなってくるとが働きます。 これにより再びゲームアプリなどを立ち上げると、よくゲームアプリなどで最初に行われる時間の掛かるデータのダウンロードが必要になったり、とにかく不便です。 こうならない為にも 容量解消に限界を感じれば『復元すること』をおすすめします! iPhone復元で『その他』を削除する方法 容量不足のストレスから解消されるのでかなり快適になります! 自分が無駄なデータを増やさないことは大切なことですが、どんどん優れたアプリやゲームが登場しています。 それらは必然的に容量も大きくなるので時代の流れや進歩によって仕方ない部分もあります。 スマホは日常で一番使うツールと言っても過言ではないので、しっかりとお金をかけ快適に使用するのも良いと思います。 ストレスを溜めない為にも潔く買い換えるのも重要だと言えます。 はこちら まとめ 容量不足に困るiPhoneの容量不足解消方法をまとめました! 色々工夫することで、容量が少ないiPhoneでも使うことができるので、買い替え期間を伸ばすことを考えている人はぜひ参考にしてください。 私自身は容量の少ない16GBのiPhoneを使用しているので、色々対策をしていますがそろそろ限界が見えてきました。 次回のiPhoneは少し大きめの容量のモデルを買う予定です。 最後までお読み頂きありがとうございました。 iPhoneの小技はご存知ですか?気になる方はもチェックしてみてください!.

次の

iPhoneのストレージにある「その他」とは?その他のデータを削除して残り容量を増やす方法を解説!

アイフォンストレージ その他とは

Appleのユーザーサポートページによれば、iPhoneなどのIOS端末の「iPhoneストレージ」(もしくは「iPadストレージ」)では「その他」は「システムファイル・ソフトウェアアップデート・Siriの音声・キャッシュ済みのファイル・ログなど」を指し、iTunesでは「Siriの音声・システムデータ・キャッシュファイル」を指すと書かれています。 iPhone上とiTunes上で、同じ名前のカテゴリの指すものが違っているのは困りものですが、基本的には 「システムが使うデータやファイル、キャッシュファイル、Siriの音声」が「その他」に含まれるデータと見ていいでしょう。 また、アプリの作るファイルのうち、iOSが「書類とデータ」に含まれると判断できないものも「その他」に含まれます。 さて、iPhoneのストレージにおける 「その他」の削除方法の中で一番面倒ですが、最も期待できるのが、これから紹介する「初期化」と「復元」を使う 方法です。 この方法は、 iPhoneのデータを一度暗号化バックアップして、それからiPhoneをまっさらに初期化、しかるのちにバックアップから復元するという手順を踏みます。 この際、「その他」に含まれるキャッシュやシステム周りの不要なファイルはバックアップの対象とならないため「その他」が削除されたiPhoneに、あらためてアプリや写真などのデータを入れ直すことで、「その他」のないiPhoneを手に入れられるというワケです。 ただし、 LINEや一部のゲームでは暗号化バックアップでデータがバックアップされないものもあります。 その ため、そういったアプリについては、 初期化する前に個別にバックアップを取る必要があります。 このことも、この方法の面倒さのひとつに挙げられます。 なおLINEのバックアップ方法については以下のリンク先の記事を参照してください。 最初にiPhoneのバックアップを取ります。 今回の例ではiPad Air 2を使っていますが、iPhoneでもiPodでもやり方は変わりません。 まずPCで 「iTunes」を立ち上げ、 iPhone(もしくはその他のIOS端末) をケーブルでつなぎます。 そして 端末を選択し、左の 「概要」タブを選び、「バックアップ」の項目の 「このコンピュータ」と「ローカルのバックアップを暗号化」の2か所にチェックを入れます。 すると暗号化のパスワードを尋ねてきますので、忘れないパスワードで入力してください。 今回はあくまでもストレージ内の「その他」を削除するためだけですので「0000」などでも十分です。 パスワードを設定できたら、 「今すぐバックアップ」をクリックします。 忘れてはならないのが、iTunesを動かす PCにiPhoneのバックアップを取るだけの空き容量があるかと、ということです。 場合によっては、iPhoneのストレージの空き容量を増やすためのバックアップを取るための空き容量を増やすためにPCのストレージ整理をしなければならない、という混乱した状況を招いてしまいます。 また、削除された電子書籍や音楽・動画を再ダウンロードしようとする際、 制作者や出演者が不祥事などで配信中止になっていると再ダウンロードができない場合もあります。 「その他」は削除できたけれども、もう二度と手に入れることができないデータも消えた、ということになってもいいのか、よく考えてから初期化・復元してください。 ここまで 紹介した方法でも「その他」の不要なファイルが削減できない場合は、 クリーナーソフトの利用に踏み切るべきでしょう。 PC上でPhoneClean Pro、iExplorerといったクリーナーソフトを使うことで、これまでの方法では削除できなかった不要ファイルが削除され、空き容量が増える可能性があります。 ただし、 これらのソフトはAppleが認めた正規のものではないので、ソフト利用によって問題が起きても補償などは受けられませんし、Appleが想定している以上の作業を行うので、 操作に失敗するとiPhoneを完全に初期化するしかない場合もありますので、 使用前には念のためにiTunesでバックアップを取ることを忘れないでください。 細かい設定で「その他」やそれ以外の不要なファイルを削除して空き容量を増やすだけでなく、結果的にiPhoneを高速化してくれるクリーナーソフトです。 非常に強力なソフトですが、それだけに強力すぎて必要なファイルまで削除する可能性もあります。 このソフトを 最初に使う時には必ずiTunesで暗号化バックアップを取ってからにしてください。 また PCに有線接続せずにクリーニングするサイレントクリーン機能もありますが、これ は2回目以降の定期的な削除に利用してください。 最初にこの機能を選ぶと、有線接続以上に時間がかかりすぎる危険性があります。 これらの問題にぶつかりさえしなければ、PhoneClean Proは、これまでの方法では削除できない「その他」の不要ファイルも確実に削除してくれる、心強いソフトです。 また、iPhoneを誰かに譲る際にデータを完全消去する際にも役立つソフトでもあります。 iPhoneのストレージにはびこる「その他」はなかなか削除するのが大変ですが、その分だけうまく削除できるとすっきりとします。 記事の記述に従い iTunesにつないで「その他」の容量を確認したら、再起動を試し、Safariのキャッシュやメッセージの添付ファイルを削除し、アプリを再インストールしてみて、それでもダメなら初期化・復元を試みてください。 それでもまだ問題になるほど「その他」が残るようであれば、クリーナーソフトでiPhoneをまっさらにしてください。 ただし、 まっさらになりすぎて元のデータが取り戻せない場合もありますので、バックアップを忘れないようにお願いします。 この記事で、あなたのiPhoneの「その他」が実害のないレベルにまで減ることを祈っています。

次の