売春 島 伊勢 志摩。 三重県に実在する“ヤバい島”を現地取材「ショート2万、ロング4万、帰りは船着き場まで女の子が見送りに…」

『ディープ三重1510 「かつて風俗島だった場所は廃墟だらけでした。」 ~渡鹿野島・三重~』志摩スペイン村・磯部(三重県)の旅行記・ブログ by たぬき2号さん【フォートラベル】

売春 島 伊勢 志摩

これが僕を突き動かした。 (28ページより) かくして著者は、サミットが終わった同年の12月から取材を開始。 「走りがね(船人相手の女郎)」が存在していた江戸時代に端を発するこの島の売春事情が、終戦後にも引き継がれたことを知る。 次いで、四国や九州から移住した「4人のオンナ」が、スナック型の置屋を興隆させ、それが渡鹿野島を売春島として認知させることにつながったことを突き止める。 そして以後も、当時を知る関係者をひとりひとり訪ね、ずっと明らかにされなかった事実をコツコツと解明していく。 そのプロセスは「コツコツと」と表現するにふさわしく、別な表現を用いるなら、とても手のかかるもの。 しかしその甲斐あって、なかなか明らかにされることのなかったこの島の真実が、少しずつ明らかになっていく。 次から次へと売春婦がやってきて… だから大通りは人が歩けんほどやった。 肩がブツからずに歩けんかったほど湧いとった。 (181ページより) これはチーママとして置屋を切り盛りしていた"A組下部組織組長の姐さん"による証言だが、決して誇張された話ではないようだ。 絶頂期だった80年代にはパチンコ屋、ストリップ劇場、ホテル、喫茶店、スナック、居酒屋等がひしめきあい、一大レジャーランドの様相を呈していたというのである。 人口200人程度の小さな離島であることを考えると、驚きを隠せない話である。 しかし時の経過とともに、その"観光産業"は衰退していくことになる。 暴力団とつながりを持つ置屋の女将が経営する大型ホテル「つたや」の成功で島は絶頂期を迎えるも、2000年代に現れた自称「経営コンサルタント」の"事件屋"が女将に取り入り、その財産を根こそぎ奪ったのである。

次の

「1人200万円で売買」「泳いで逃げた少女がいる」――日本に実在した“売春島”の真相 (2017年11月17日)

売春 島 伊勢 志摩

もくじ• 江戸時代に「江戸と大阪の中継地点」として発展 渡鹿野島は、江戸時代に大きく栄えました。 江戸時代の中心的な都市は、「江戸」と「大坂(江戸時代は「坂」の文字が使われた)」でした。 当時、物流が盛んとなり、江戸と大坂を行き来する菱垣廻船(ひがきかいせん:菱形の装飾が外観に施された、物資を運ぶための船)・樽廻船(たるかいせん:檜垣廻船の中でも、樽を中心として運んだ船)という船が運航していました。 ただ、これらの船は江戸と大坂を往復するときに、悪天候のために途中の港に避難することがありました。 渡鹿野島は「江戸と大坂の中継地点」として、大きな役割を果たしていたのです。 当時の渡鹿野島には「船乗りが宿泊するための宿」や「飲食店」が営業されるようになりました。 そしてそれに加えて、船乗りをターゲットとした風俗店もたくさん建ち並びました。 渡鹿野島の風俗店にいた女性は男性客とセックスを行いましたが、他にも「食事の提供」や「船乗りが着る衣服の修繕(しゅうぜん)」も行いました。 また、渡鹿野島の風俗嬢は人によって、船乗りの航海に一緒についていくことがありました。 こうした女性は「把針兼(はしりがね)」と呼ばれました。 把針兼は航海中、船の中で船乗りとセックスを行ったのです。 しかし江戸時代が終わって明治時代(1868~1912年)に入ると、把針兼は政府によって禁止されました。 ただ、渡鹿野島の盛況ぶりは変わりませんでした。 昭和時代にも、渡鹿野島での売春は続いた 明治時代が終わり昭和時代(1926~1989年)に入ると、戦争が勃発するようになりました。 渡鹿野島は軍事基地の設置が計画されていたことから空襲の標的となり、大きな被害を受けました。 しかし戦後は復興が行われ、風俗街は再び活気を取り戻しました。 こうした状況の中、1958年(昭和33年)に「売春防止法」という法律が施行されました。 売春防止法は「風俗店での売春を禁止する法律」でした。 しかし渡鹿野島の風俗店は表向き「旅館」として営業されており、店の奥で女性とセックスをすることができました。 つまり売春防止法が施行された後も、渡鹿野島では売春が行われていたのです。 昭和時代の渡鹿野島にいた女性には美人な人が多く、漁師の親方と結婚することがありました。 しかし昭和時代の後半になると、徐々に渡鹿野島の風俗街は衰退していくことになりました。 1980年代後半から1990年代初頭にかけて、日本は「バブル時代」に突入しました。 日本の景気は非常に良く、経済が大きく発展しました。 しかしこれとは対照的に、渡鹿野島の風俗街は衰退し始めたのです。 日本全体の近代化が進むにつれて、風紀の改善を目的として風俗店に対する規制が強くなりました。 東京の有名な風俗街である歌舞伎町では規制強化が行われ、たくさんの違法な風俗店が摘発されるようになりました。 そして東京だけでなく、風俗店の規制強化は全国で行われるようになりました。 渡鹿野島で売春を行っていた風俗店は、それまで違法ながらも警察による監視の目を逃れて営業していました。 しかし 風俗店に対する規制が厳しくなったことにより、摘発の対象となる店が出始めたのです。 2000年に入り、渡鹿野島は変化しつつある 警察による摘発が行われながらも、2000年代初頭の渡鹿野島では、依然として風俗店が営業していました。 警察が定期的に監視の目的で巡回していたため、その頃に渡鹿野島で営業していた風俗店の関係者は警戒を強めていました。 こうした状況が続いた中で2013年、わたかの島観光協議会という団体は「渡鹿野島安全・安心街づくり宣言」という宣言を発表しました。 渡鹿野島は志摩市や三重県警と協力して「売春島」のイメージを「観光地」へと変えることに決めたのです。 こうして警察による摘発はさらに厳しく行われるようになり、渡鹿野島にあったほとんどの風俗店が閉店に追い込まれました。 こうして2000年代初頭まで営業されていた風俗店には人がいなくなり、現在は寂れた街並みとなっています。 ただ、これまで売春のイメージが強かった渡鹿野島がすぐに人気の観光地へと変わることは難しく、現在の渡鹿野島は人が少なく、閑散とした雰囲気となっています。 渡鹿野島へのアクセス 渡鹿野島へ向かう場合、名古屋から向かうと良いです。 「近鉄(きんてつ)名古屋駅」から三重県の南方に位置する伊勢・志摩方面へ向かい、「鵜方(うがた)駅」で下車します。 JR名古屋駅と近鉄名古屋駅は直結しています。 さらに鵜方駅から、三重交通バスの「渡鹿野渡船場経由安乗(わたかのとせんじょうけいゆあのり)行き」に乗車します。 そして「渡鹿野渡船場」のバス停で下車します。 渡鹿野渡船場のバス停前が、フェリー乗り場となっています。 ちなみに私は渡鹿野島で宿泊するために、「寿屋(ことぶきや)」という宿を利用しました。 寿屋のスタッフは鵜方駅から渡鹿野渡船場の間を、無料送迎してくれます。 そのため私は行き帰りともバスに乗らず、寿屋の従業員に車で送ってもらいました。 渡鹿野島は離島であるため、フェリーで向かう必要があります。 ただ、渡鹿野島は渡船場から比較的近く、10分ほどフェリーに乗るとすぐに到着します。 フェリーの利用料金は、私が利用したときは片道180円でした。 非常に安いです。 料金は時期によって変動する可能性があります。 フェリーは定期的に志摩市と渡鹿野島を往復しています。 船は小型であり、旧式の雰囲気が感じられました。 私が渡鹿野島へ向かったときには、他の利用客は誰もいませんでした。 しかし渡鹿野島から鵜方駅へ戻るためにフェリーへ乗船したときには、渡鹿野島の住民と思われる人が3人ほど乗っていました。 おそらくこうした方は、志摩市へ買い物などに出かけるのだと考えられます。 また、どの方も年齢が高めであり、渡鹿野島に若い人が少ないことを感じました。 私が渡鹿野島へ出向いたときは、夜23時でもフェリーが運行していました。 この理由は「渡鹿野島を訪れた男性客が宿にコンパニオンを呼ぶことがあり、コンパニオンが夜に帰宅する必要があるため」です。 なお、渡鹿野島へ向かうときには、現金を十分用意して向かってください。 渡鹿野島にある宿やホテルでは、クレジットカードを利用することができません。 また、食事や女性とのエッチを楽しむ場合についても、現金支払いのみです。 渡鹿野島は離島であるものの、携帯電話は繋がります。 圏外になることはないため安心してください。 現在の渡鹿野島は、閑散とした雰囲気 私は実際に渡鹿野島を訪れて、その様子を確認してみました。 渡鹿野島は前述のように「 売春島」という噂がありました。 そのため私は今でも売春が行われているのか気になり、確認のため直接行ってみたのです。 フェリーで向かい渡鹿野島へ到着すると、すぐに渡鹿野島の街並みが目に入ります。 渡鹿野島は全体的に寂れており、かつての賑わいは完全に見る影もない状態でした。 島は 全体的にひっそりとした雰囲気であり、ときどき住民とすれ違うものの、その人数は少ないです。 フェリーを降りてすぐのところに、私が宿泊した寿屋という宿があります。 その周辺にはカラオケスナックや飲食店、 置屋(おけや)がありました。 置屋とは女性が在籍している店で、要は風俗店です。 男性客は店の女性とエッチを楽しむことができます。 置屋は一般的に「おきや」と読みますが、渡鹿野島の人は「おけや」と言っていました。 風俗店がセックスをサービスとして提供することは、風営法という法律により禁止されています。 しかし渡鹿野島では現在でも、置屋の女性とセックスを楽しむことができます。 以前の渡鹿野島では、置屋がたくさん営業していました。 しかし上項の歴史で述べたように、風俗店に対する規制強化により、そのほとんどが廃業しています。 渡鹿野島で現在も営業している置屋は非常に少なく、私が出向いたときには1軒のみが営業していました。 寿屋周辺にある置屋や飲食店は、どれも古びた雰囲気がありました。 どの店も繁盛している雰囲気はなく、観光客が来店するときだけ営業するような印象でした。 カラオケスナックや置屋などは夜になると流行りそうですが、夜でも男性が店の周辺を歩いていたり、入店する様子を見かけたりすることはありませんでした。 飲食店だけは夜に灯りがついており、一応営業しているようでした。 島内を歩いているときに、渡鹿野島在住の男性が声をかけてくれました。 この男性によると、「1970年代頃は非常に賑わっており、1日で100万円単位のお金を使う男性がたくさんいた」とのことでした。 1970年代は「バブル時代(1986~1991年)の直前期」といえます。 この頃は風俗店に対する規制が緩く、渡鹿野島では買春を存分に楽しむことができたのでしょう。 渡鹿野島には「パールビーチ」という海岸があり、海水浴場があります。 家族連れや子供を何組か見かけました。 まばらに人がいる程度でしたが、現在における渡鹿野島の中では、賑わっている場所といえます。 また、パールビーチという名称がついているものの、海の透明度は正直なところ微妙です。 海水浴場の向かいではホテルが営業していました。 古びた雰囲気があるものの、現在でも営業を続けていました。 パールビーチ周辺では、 廃業したホテルも見かけました。 当時使われていたと思われる椅子やテレビ、畳などがそのまま残されており、現在は廃墟と化しています。 この建物は現在でこそ古く見えるものの、当時としては新しい設備を導入しており、たくさんの男性客で賑わっていたことが予想されます。 この建物ではプールを見かけることもでき、昔は最新の設備であったと考えられます。 しかし現在へ到るまでに、渡鹿野島は大きく衰退してしまったのです。 また、パールビーチへ向かう途中には、煙草禁止の注意書きを見かけることがよくあります。 「この島は、道でタバコを吸わぬ決め」と書かれており、言葉遣いから時代を感じることができます。 この看板は渡鹿野島内のところどころで見かけました。 渡鹿野島の奥地へ進むと、まだ営業している宿を見つけることができました。 ただし私が訪れたときはひっそりとしており、宿泊客はいないようでした。 また、最近建設された、綺麗な宿を見かけることもできました。 まったく集客が見込めない島であれば、このような施設が新しく建設されることはありません。 私が訪れたとき、この宿は閑散とした雰囲気でした。 しかし渡鹿野島は今後、「観光を楽しめる島」として変化していく可能性を感じました。 渡鹿野島には、食品や日用品を販売している店がほとんどありません。 渡鹿野島は日本であるにもかかわらず、現在の都市部とは大きく異なる生活環境でした。 島の住民はフェリーに乗り、志摩市内のスーパーなどで買い物をしていると考えられます。 1900年代前半に建てられたと思われる建物も見かけました。 「美海」という看板が掲げられた柱には、「モザイクタイル」が貼られています。 これは当時モダンな雰囲気であるとして人気となったデザインで、「 カフェー建築」と呼ばれるものです。 カフェーは「特殊喫茶」や「社交喫茶」と呼ばれる店で、1900年代初期に人気となっていました。 男性客は店の女性スタッフと、エッチをすることができたのです。 このような建物から、1900年代前半における渡鹿野島の雰囲気を感じることができます。 渡鹿野島を歩いていると、古いアパートをたくさん見つけることができます。 こうした建物のほとんどは、人が住んでいないように見えました。 ただ、中には洗濯物が干してあったりテレビの音が聞こえたりして、人が住んでいる建物もありました。 さらに散策している中で、上のようなオブジェを見かけました。 当時人気となっていたと思われるキャラクターのオブジェで、たくさん並んでいました。 おそらく渡鹿野島が賑わっていた頃は子供がたくさんいて、ここで遊んでいたと考えられます。 オブジェが並んでいた場所の近くには掲示板があり、夏祭りのポスターが掲示されていました。 渡鹿野島は静かな雰囲気ですが、イベントは定期的に開催されています。 毎年7月下旬には「 天王祭」という祭りが開催されており、島の住民が神輿を担いで盛り上がっています。 渡鹿野島の天王祭は「三重県の無形文化財」に指定されており、伝統のある祭りです。 賑わいのある渡鹿野島を楽しみたいのであれば、天王祭の開催日を確認して出向くことをお勧めします。 私が渡鹿野島へ向かったのは8月であり、天王祭は終わっていました。 そのため代わりとして、天王祭で「スサノオノミコト」という神様を祀(まつ)る寺である、「 八重垣神社(やえがきじんじゃ)」へ出向いてみました。 八重垣神社は静まり返っており、私はお参りを済ませて帰ってきました。 渡鹿野島で見かける人は中高年の男性・女性がほとんどであり、子供はパールビーチ周辺でしか見かけませんでした。 現在の渡鹿野島は子供が非常に少なく、高齢化が進んでいます。 渡鹿野島の宿で、実際に夜遊びを楽しむ 私が渡鹿野島を訪れた理由は、「今でも売買春が行われているのか」を確認するためでした。 私が利用した宿は前述した「 寿屋」という宿であり、夜遊びを楽しむことができました。 寿屋へ宿泊する場合、電話で予約します。 予約の際には寿屋のスタッフから「食事のときにコンパニオンを呼びますか?」と聞かれました。 一般的な宿であれば、このように聞かれることはあまりありません。 しかし寿屋を利用する人は夜遊び目的の人が多く、 コンパニオンの利用について確認されるのです。 コンパニオンは「島の外」から呼ぶべき 私は「お願いします」と伝えて、コンパニオンを利用することに決めました。 すると寿屋のスタッフはさらに「コンパニオンは『渡鹿野島内に住む女性』と『渡鹿野島の外に住む女性』どちらにされますか? 島内に住む女性は30代以上の女性がほとんど、島外の女性であれば、20代の若い人を呼ぶことができます」と続けました。 私は若い女性が好みであるため、「島外のコンパニオン」をお願いしました。 20代の女性と食事・お酒を楽しみたい場合、絶対に「渡鹿野島外のコンパニオン」を利用してください。 島内の女性は良くいえば「熟女」ですが、要は「おばさん」です。 今回は2人で申し込みましたが、一人当たり14,500でした。 男性二人にコンパニオンが一人付く形式です。 ただ、そこにもう一人コンパニオンを追加することにしました。 コンパニオンの料金は、1名追加で13,000円ほどでした。 週末の土日にコンパニオンを利用する場合、1,000円だけ高くなります。 このように予約を済ませて私は渡鹿野島へ向かい、寿屋へ宿泊しました。 渡鹿野島へフェリーで到着した直後、寿屋の女性スタッフは私を出迎えてくれました。 前述したように、寿屋はフェリー乗り場からすぐのところにあります。 寿屋の外観は少し古びているものの、施設内は綺麗でした。 また、宿泊した部屋は広く、のびのびと過ごすことができました。 寿屋はWiFi環境が用意されていたものの、不具合で接続できませんでした。 もし寿屋で宿泊する場合、同様のトラブルがあるかもしれないため気をつけてください。 寿屋の廊下には「雑誌が置かれた棚」がありました。 どんな雑誌があるかを確認してみたところ、エロ本が無造作に置かれていました。 一般的なホテルや旅館の廊下に、エロ本が用意されていることはまずありません。 寿屋は完全に「夜遊びを楽しむための宿」として営業しており、男性客向けの施設といえます。 置屋のコースは「ショート」と「ロング」の2種類 寿屋の女性スタッフからは「置屋の案内」がありました。 私が渡鹿野島へ向かったときに営業していた置屋は「20時から営業開始で、22時には閉店する」とのことでした。 つまり、非常に短時間のみの営業となっていました。 寿屋のスタッフに依頼すると、置屋から女性を派遣してもらうことができます。 そして寿屋で女性を直接的に確認した上で、エッチするどうかを決めることができます。 女性と遊ぶ場合、「ショート」と「ロング」という2種類のコースがあります。 ショートは「60分でのエッチ」、ロングは「翌朝8時まで、女性と過ごすことができるコース」です。 料金はショートで2万円、ロングで4万円です。 ロングのコースについては、日本で体験できる店は少ないです。 置屋の女性に好みの人がいれば、ロングを利用すると良いでしょう。 女性とエッチを楽しんだ後、朝まで一緒に過ごすことができます。 なお、置屋の女性と遊ぶ場合、何と「女性の自宅」でエッチをすることになります。 寿屋から置屋で働く女性の自宅へ移動して、セックスをするのです。 このシステムに、私は非常に驚きました。 一般的な風俗店では、女性の自宅でエッチを楽しむことなど、到底できません。 風俗嬢(風俗店で働く女性スタッフ)は男性客に自宅を知られると、つきまとわれるなどのリスクがあるためです。 渡鹿野島では女性の自宅へ行くことで、「女性がどのような生活を送っているのか」を知ることができるのです。 夜にコンパニオンの女性と、食事を楽しむ 寿屋でチェックインを済ませて島の散策を終えた後、18時から食事となりました。 私は寿屋の2階に宿泊しましたが、食事は1階の広間でとりました。 料理が準備された部屋へ向かうと、チャイナドレス姿のコンパニオン女性が正座で頭を伏せて待っていました。 コンパニオンは私が席に着くと隣に座ってくれて、お酒を注いだり、料理の準備を始めたりしてくれました。 私は友人と渡鹿野島を訪れたため、2名のコンパニオンを呼びました。 2人のうち1人は20代で、もう1人は33歳と言っていました。 33歳のコンパニオン女性は非常に綺麗で、「20代のコンパニオンと同じくらい可愛い」と感じるほどでした。 また、2人とも胸が大きくて足を大胆に露出させていたため、私のテンションは急激に上がりました。 私は冗談を言いながら2人のコンパニオンと楽しく会話を交わして、食事を楽しみました。 2人の女性は比較的若いため、渡鹿野島の歴史については詳しく知りませんでした。 2人の女性は渡鹿野島の属する本州の「志摩市」で働いているとのことでした。 普段は会社員として仕事をしており、ときどき副業としてコンパニオンの仕事をしているそうです。 志摩市は仕事が少ないようですが、2人の女性は「何とか正社員として働いている」と話していました。 2人の女性はあくまでもコンパニオンであり、ボディタッチやエッチを行うことはできません。 コンパニオンの女性たちはときどき私に軽いボディタッチをしてくれたものの、それ以上積極的なサービスを行ってくれることはありませんでした。 置屋の女性を確認したものの、期待外れに終わる コンパニオンの女性は会話の途中で「置屋の女性を確認するかどうか」を聞いてきました。 「女性とのエッチを楽しみたいなら、置屋の女性を呼びますよ。 女性を確認して好みの人がいなければ、無理に指名しなくて大丈夫です。 ただ、指名するつもりがないのに、興味本位で置屋の女性を確認することはやめてください」 コンパニオンは上のように提案してくれたため、私は置屋の女性を確認することに決めました。 コンパニオンは寿屋に私の希望を伝えてくれて、 寿屋のスタッフが置屋の女性を準備してくれました。 それから5~10分ほど経つと、寿屋のスタッフが「置屋の女性が来ました」と私を呼んでくれました。 寿屋の玄関先へ行くと、置屋の女性が2人だけ立っていました。 私は置屋の女性を見て、愕然としました。 私が寿屋を訪れた日は週末でしたが、指名できる女性は2人だけだったのです。 また、1人は「年齢が高めと思われるタイ人」、もう1人は「40代後半と思われる日本人女性」でした。 タイ人女性はあまり好みではなく、40代後半の女性は服装を若作りしていたものの、「おばさんの雰囲気」を感じました。 置屋の女性とエッチをする場合の料金は前述のように、ショートで2万円、ロングで4万円です。 私は女性を見て瞬間的に、「 おばさんとのエッチに2万円や4万円は高すぎる」と思いました。 寿屋の女性スタッフは「島にいる置屋の女性は、みんな年齢が高い。 この2人はその中でも若いほうなので、あなたに合うかもしれないと思った」と話してくれました。 私は「渡鹿野島の置屋では、この2人の女性であっても若いほうなのか」とがっかりしました。 私は女性を指名せず、確認するのみで終えました。 このとき時間は20時頃でしたが、「置屋はこの日の営業を終える」とのことでした。 つまりこの日の渡鹿野島には、「置屋を利用する可能性のある客」は私しかいなかったのです。 渡鹿野島ではこのように、女性の容姿を直接確認した上で、遊ぶ相手を決めることができます。 また、女性の自宅でエッチを楽しむことができます。 このようなシステムの風俗店は、他の地域にはなく、「渡鹿野島の置屋ならではのサービス」といえます。 ただし女性の質は低く、40代後半以降の女性が中心です。 いわゆる「熟女」を好む男性であれば、渡鹿野島で夜遊びを満喫できる可能性があります。 ただ、若い20代女性とのエッチを期待して渡鹿野島へ向かうと、まったく楽しめないため気をつけてください。 渡鹿野島の置屋で働く女性は本州へ渡って「熟女専門のキャバクラや風俗店」で働くほうが、収入をたくさん得られるように思えます。 しかし渡鹿野島の置屋で働く女性は、なぜか島に残り続けているのです。 そこで、寿屋の女性スタッフに「なぜ渡鹿野島の置屋で働く女性は、本州で働かないのですか?」と尋ねてみました。 しかしスタッフは「分からない」とのことでした。 渡鹿野島はインターネットが広く普及しておらず、島外の情報を手に入れにくい環境にあります。 また、現在の渡鹿野島は、高齢化が進んでいます。 置屋で働く女性も積極的に行動したり、パソコンやスマートフォンを使いこなしたりすることは難しいはずです。 つまり渡鹿野島の女性は「わざわざ慣れない土地へ働きに行くよりも、島に残ることを選んでいる」と思われます。 ちなみに会社の宴会などを開催するためであれば、渡鹿野島へ向かうことはお勧めできます。 寿屋の食事は美味しく、コンパニオンの質は高かったため、宴会のときにコンパニオンを派遣してもらうと楽しめるはずです。 コンパニオンの女性も「冬は忘年会や新年会で、渡鹿野島に来るお客様は多い」と話していました。 夜になると、渡鹿野島は静まり返ってしまいました。 私はやることがなく、「コンパニオン女性2人のうち、どちらかとエッチできれば満足だったのに」という気持ちを抱えたまま、21時に早々と就寝したのです。 なお、寿屋のスタッフによると、寿屋に宿泊した男性が置屋の女性とロングで遊ぶ場合、朝まで女性の自宅で過ごすことが多いようです。 そして朝になったら寿屋へ戻ってきて、朝食を食べるそうです。 このように渡鹿野島では、現在でも売春が行われていました。 しかし女性の質は低く、若い女性とのセックスを期待して出向くと、期待外れに終わります。 コンパニオンは可愛くて満足できたため、会社の宴会などでワイワイと楽しむのであれば、渡鹿野島はお勧めです。 渡鹿野島の「売春島」という評判は、過去のものとなっているのです。

次の

リゾートバイトで「売春島」と呼ばれた渡鹿野島に行ってきた

売春 島 伊勢 志摩

今からそう30年程前、仕事の仲間が言っていた 「伊勢の方になーなんや女とヤルだけに存在する島があるらしい」 30年前と言えば1990年頃で、まだ伊勢には国際秘宝館なるエロスの 博物館のようなのが存在していたために伊勢=エロいところな イメージがあった。 2007年に国際秘宝館は閉館今は跡形もない。 だが人口物ではない「島」は、島民の暮らしと共に今なお存在する。 三重県志摩市 渡鹿野島(わたかの島)通称「売春島」 2020年になった島の現状を見たくて初上陸してみました。 わたかの島へは、近鉄特急で賢島の2つ手前の鵜方駅で下車します。 ここからは、宿が手配した送迎バスで15分、船着き場へと向かう バスは宿泊客でほぼ満席だった。 船着き場からポンポン船に乗り込みます。 (全盛期はパンパン船としてフル稼働していた) 対岸のわたかの島まで600メートル、3分間の乗船 いよいよ上陸です 江戸時代、江戸ー大坂航路の風待ち港として栄え自然そこへ船乗り相手の女たちが 登場(はしりがね、と呼ばれる)性産業の島としての幕開けですね。 通された宿の部屋から見える風景には、到底ここが売春島だったことなど 及びもしない。 ベランダに出てみる 実に風光明媚な島であり十分これだけで客は呼べそうな気がするのだが。 さていよいよ島を歩いてみます。 全体図はこのように島の下だけに家がある小さな島。 人口は現在187人 この島が本格的に売春島としてその名を全国に轟かせたきっかけは 四国・九州からやってきた「4人のおんな」。 中でものちに女帝と呼ばれる 岡田雅子が、オープンさせた「青い鳥」と言うスナック型の置き屋である。 彼女は同じビルにパラダイスとう店も開店 この成功に便乗した島民は次々とスナック型の置き屋を開店していった 昨年まで唯一稼働していたという置き屋。 今はどうなんだろうか 廃業したホテルおおさかや1Fこの店も象徴であります 性産業は置き屋だけでなく、ストリップ劇場、パチンコ屋、居酒屋と 小さな島のわずかな平地に乱立していった 島内探索で唯一出会った人間。 さて置き屋業で莫大な富を得た女帝だったが、度重なる警察の手入れ そこへ三重県警の特捜が来たのですが、なんとその刑事をまんまと手玉に 取った女帝は警察と暴力団をバックにさらなる一手を繰り出した。 それこそが、わたかの島売春島のランドマークとなったシーサイドホテル 「つたや」であります。 先の青い鳥の前、渡し船つき場正面と言う抜群の立地 かくして島の性産業は、女帝の「つたや」一人勝ち。 あふれた客たちは他の店に 散って言った。 2000年に入ると事件屋と呼ばれる自称コンサルタントが根こそぎ 女帝の財産を食いつぶす。 そして2016年伊勢志摩サミットと言う決定的な 浄化作戦の前に「つたや」も廃業。 島のことを知れば知るほど目の前にある廃墟が、単なる廃屋ではなく またそう昔の出来事でもないことが妙になま生しい。 置き屋で紹介された女たちは、このようなアパートに暮らし ここで客と一夜を共にする。 捨てられたピンクの冷蔵庫が色んなことを物語る。 海岸沿いのメインを歩いてみた 整備されたビーチ その真ん前にある大型リゾートホテル「あさしお」本格的プールを備えた 立派なホテル・・・・だった。 2008年廃業 以上焦点を売春島に絞った写真を並べてみました。 なんだ~廃墟だらけの島やん。 と思うのは下調べのない観光客 次回は、旅行先としての視点からわたかの島を 紹介してみたいと思います。

次の