ドライブ レコーダー コムテック 360。 全方位ドライブレコーダーのおすすめ15選!【デメリット/駐車監視/360度】

360°ドライブレコーダーと全方位録画ができるドラレコのまとめ

ドライブ レコーダー コムテック 360

ドライブレコーダー いざ! というときを逃さない! 3つの安心録画機能!• 常時録画• エンジンONからOFFまでの映像を記録します。 衝撃録画(Gセンサー)• 衝撃を検出した場合、自動的に衝撃録画データとして記録されます。 マニュアル録画• スイッチを押すことで任意のタイミングで映像を記録することができます。 また、録画スイッチを長押しすることで、スイッチを押した時点の1つ前のファイルから180秒分の映像を記録することもできます。 液晶サイズ 2. 1G~1. 0Gまで0. 1fps/29. 4 レンズ材質 ガラス 本体サイズ (突起部除く) フロントカメラ 96. また車両から直接電源を接続するため、車両シガーソケットを使用せずにスッキリした配線を行うことができます。 標準価格 オープン価格 JAN:4952040053095 ZR-01 電源配線ユニット(長さ約4m) 車両ACC線またはIG線から直接電源を接続することにより、車両シガーソケットを使用せずにスッキリした配線を行うことができます。 標準価格 オープン価格 JAN:4952040030010 VC-100 AVケーブル ナビやテレビの画面で録画データを確認する際に使用します。 標準価格 オープン価格 JAN:4952040201007 SS-065 ACアダプター 家庭用コンセントからの電力を 供給する時に使用するアダプターです。 その際ミラーと干渉しない位置に取付けしてください。 範囲外に取付けるとフロントガラスの汚れ、雨天時の水滴などにより記録した映像が見づらくなることがあります。 誤作動を起こす可能性があります。 定期的に車両バッテリーの点検を行なってください。 車両バッテリー上がりの原因となります。 車両への取付けはお買い求めの販売店やカーディーラーなどへご依頼ください。 また逆光や信号機自体の輝度が低い等、信号機の色が識別できない場合があります。 そのような場合は、前後の映像、周辺の車両状況から判断してください。 信号の識別、記録に関する内容について、弊社は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 付属品以外のmicroSDHCカードとの相性による動作不良について、弊社は一切の責任を負いかねます。 あらかじめご了承ください。 またイタズラなどの目的で使用しないでください。 これらの場合について、弊社は一切の責任を負いかねます。 また、事故を未然に防ぐ機能ではありません。 海外では使用できません。 あらかじめご了承ください。

次の

ドライブレコーダーでおススメのコムテックの取り付け方。│車の綺麗を求めて

ドライブ レコーダー コムテック 360

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。 どうも、Mです。 あなたは「あおり運転」の被害に遭ったことありますか? 自動車保険会社の行ったアンケートによるとなんと 9割のドライバーがあおり運転に遭った事があるという認識があるという事が分かりました。 これまでは万が一事故に遭った際の証拠となる記録装置という認識が強かったドライブレコーダーですが、悪質な「あおり運転」の一部始終を記録し犯人を検挙できることから注目を集め始めました。 突然車間距離を詰められ、パッシングやクラクションを鳴らされ、挙句の果てには道を塞がれ罵声や暴力を振るわれるなどの被害が多発しています。 道を譲らないという勝手な思い込みからエアガンで撃たれるという被害も出ています。 あなたがこんな悪質な「あおり運転」の被害を受けたらどうしますか? あなたがいない時にあなたの家族が、もしくは大切な人が悪質な「あおり運転」の被害に遭ったらあなたはどう思いますか? そんな万が一のあおり運転の被害に遭った時の為に、用意しておきたいのがドライブレコーダーです。 悪質なあおり運転や無謀な運転による事故に巻き込まれた時の証拠としてドライブレコーダーで収録した映像が役に立ちます。 テレビで連日報道されている「あおり運転」による被害を受けて、車の営業マンの私にドライブレコーダーに関する問い合わせが急増しています。 「HDR360G」のサイズは「高さ110mm」「幅66mm」「厚さ52mm」。 本体には2. 4インチのフルカラーTFT液晶パネルが採用されているので、記録された映像をその場で確認することも出来ます。 前方はもちろんのこと、車の左右と室内を通して後方も移すことが出来ます。 パソコンに専用のビューワソフトをインストールすることで、より簡単かつ詳細に映像を確認することも可能です。 コムテックHDR360Gを評価 コムテック「HDR360G」を評価してみましょう。 評価は5点満点ですが、4点あれば優秀であると思って頂いて結構です。 画素数 「HDR360G」の有効画素数は340万画素となっています。 340万画素もあれば十分ナンバープレートの番号などを確認できる詳細な映像を記録する事が出来ます。 しかしながら、同じコムテックが販売する2カメラ「ZDR026」が370万画素なので、「HDR360G」の画素数の点数を4. 5点としました。 画素数に関しては何の問題もありませんね。 レンズの画角 「HDR360G」に搭載されているレンズの範囲ですが、これに関しては5点満点以外ないでしょう。 「HDR360G」は 真上以外すべてを記録する事が出来るドライブレコーダーと思ってもらっても差し支えないでしょう。 素晴らしいですね。 暗闇に強い カメラにとって暗闇は大敵です。 せっかく悪質なあおり運転や事故の証拠映像が撮れたのに、暗くてナンバープレートが写っていないなんてことがあったら大変です。 また逆光や光が反射して起こるハレーションによって写っていないこともあるかもしれません。 「HDR360G」には「WDR」が搭載されているのでその点は安心です。 「WDR」を簡単に説明すると「暗い画像」と「明るい画像」の2枚をデジタル信号処理で合成することで画像を鮮明にする技術のことです。 これにより、暗くても明るくても画像がぼやけることなく証拠を取り逃がす事はありません。 よって「HDR360G」の 暗闇に対する点数はほぼ満点となる4. 5点とします。 フレームレート フレームレートは1秒間に何枚の画像を見せるかの指標です。 いわゆる「コマ数」というやつですね。 このフレームレートで最も重要なのは、信号機に使われているLEDの点滅周期に被っていないかという事! LEDは人の目には見えない速さで点滅を繰り返しています。 この点滅周期とドライブレコーダーのフレームレートが被ってしまうと、信号機の色が見えないという状態になってしまうのです。 「HDR360G」のフレームレートは通常時では29. 1fps、駐車監視モードでは5fpsに設定されています。 この フレームレートは信号機に使用されているLEDが消灯状態で記録されない様に調整されているので安心です。 よって「HDR360G」のフレームレートの評価は安心の満点評価とします。 駐車監視モード ドライブレコーダーが活躍できるのはなにも走行中だけではありません。 駐車中もいたずらや当て逃げの被害に遭う事があります。 そんなときは駐車監視モードが活躍します。 「HDR360G」にオプションの「HDROP-14」を使用し電源を取ると、エンジンを停止後に自動的に「駐車監視モード」に移行します。 リンク 駐車監視モードではフレームレートを通常の29. 1fpsから5fpsに落とすことで、最大で10時間の映像を上書きせずに保存する事が可能です。 また車への衝撃を感知し、衝撃前後の映像もイベントとして保存します。 駐車監視モードは非常に優れていますが、標準装備ではないということで4点と評価しました。 GPS GPSでドライブレコーダーを補測して、事故やあおり運転に巻き込まれた正確な場所を特定できる機能が付帯しています。 この機能は無料で配布されている「ビューワソフト」をパソコンにインストールする事で本領を発揮します。 一見すると非の打ち所がないのないドライブレコーダーのようですが、デメリットも存在します。 フロントガラスに設置する本体(レンズ)により捉えられる映像は、遮るものが少ない前方と左右では言うことありません。 しかしながら、 後方に関してはどうしても室内からリアガラス越しにしか後方が映せないので対象物が確認しずらいというデメリットがあるのです。 万が一あなたが後ろから煽り運転の被害に遭った場合は、画質の良さによってなんとか車種の特定は出来るかもしれませんが、ナンバープレートまでは確認することは難しいかもしれませんね。 分かりやすい例としては、2019年9月東名高速で起きた後ろからエアガンで撃たれるという悪質な煽り運転の被害が挙げられます。 また車内の様子も捉えることが出来るので、万が一煽り運転で強制的に停車させられた時や、送迎などで不特定多数の人を乗せる車にも活躍できると思います。 しかし、私の経験とお客様から聞いた話からすると、 煽り運転は後ろで行われるケースがほとんどです。 「走行速度が遅い」 「道や車線を譲らない」 「急な割り込みをしてきた」 「進路を妨害した」 など、自分勝手な思い込みで腹を立て、あなたの車の後方で「煽り運転」という行為に及んでいます。 「車の車間距離を詰められる」「執拗にクラクションを鳴らされる」「パッシングされる」など煽り運転の行動は様々です。 しかし、そこまでするドライバーは1割程度しかいません。 つまり、 9割の煽り運転の証拠は、あなたの車の後方でしか捉えることが出来ないと言っても過言ではないのです。 車の営業マンである私がおすすめする2カメラのドライブレコーダーは、「HDR360G」と同じコムテック社が販売する「ZDR026」です。 リンク 前後どちらとも370万画素の高画質、人の目とほぼ同じ画角、暗闇でも鮮明に映し出す「STARVIS」を採用した「ZDR026」はまさにドライブレコーダーの性能を追求したモデルです。 「HDR360G」と「ZDR026」の後方画像を比較してみると一目瞭然ですよね。 当然の事ですが、「ZDR026」の後方画像の方が圧倒的に鮮明な映像を記録するが出来ます。 さらに「ZDR026」のリアカメラはサイズが小さいため、どんな車でもその見た目を損なうことなく取り付けることが出来るので、実際に 私のお客様からも好評を得ています。 もちろん信号機に採用されているLEDの点滅周期も調整済み、駐車監視モードにも対応しているので安心です。 被害者が取り付けていた室内が映せるドライブレコーダーの映像が公開されたことによって、「こんな理不尽なことがあるの?」と世間を恐怖のどん底に突き落したことは言うまでもありません。 このケースにおいては、被害車両に乗っていた同乗者がたまたま後ろからの煽り運転を動画で撮影していた結果、エアガンで撃たれたという決定的な証拠を捉えることが出来ました。 つまり、動画が撮れていなければこの悪質極まりないドライバーが今もあなたと同じ公道を走っていたことになります。 言い方を変えると、後ろの映像を鮮明に映すドライブレコーダーを搭載するとこで、後ろからの悪質な煽り運転の証拠を捉えることが出来るということではないでしょうか。 車を所有する限り、「煽り運転」「事故」「当て逃げ」「いたずら」などの被害に遭うことがあります。 もちろん、そんなに頻繁ではないとは思います。 「万が一」という言葉があるように10000回に一回しかないかもしれません。 しかし、そんな たった一回の「不幸」を捉えることが出来るか出来ないかでは大きな違いが出てきます。 もしあなた煽り運転の被害に遭ったら? あなたの家族が当て逃げの被害に遭ったら? あなたの大切な人が事故に巻き込まれたら? 本気で想像してみて下さい! あなたがまだ車にドライブレコーダーを設置していなければ ぜひドライブレコーダーの設置を検討してください。 もうすでにドライブレコーダーを設置していたとしても、 そのドライブレコーダーは本当にあなたが残したい映像を映しているのかを考えてみて下さい。 あなたが設置したドライブレコーダーによって、あなた自身、あなたの家族、あなたの大切な人が理不尽な被害から救われることを願います。 この記事があなたにピッタリのドライブレコーダーを見つける参考になれば幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか? 愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。 「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。 しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました! 35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ! そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、 中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい! ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。 どうせ値段が付かないからと諦めていませんか? あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません! だからこそ、まずは査定してみましょう。 それに、中古車買取実績No. 1のガリバーは買取専門店ではありません! ガリバーは中古車販売実績No. 1の中古車販売店です!! 「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。 完全無料• 45秒のカンタン入力 たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます! もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。 「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます! あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、 まずは中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

次の

最新情報|COMTEC 株式会社コムテック

ドライブ レコーダー コムテック 360

こんにちは!Omiです。 12発売 18. 旧モデルの「HDR360G」はWDRモデルでしたので、昼間はそこそこ白飛びしますし、夜間も車内外の明るさがイマイチと言う印象を持っていますが、後継機の「HDR360GW」はHDRの恩恵で昼夜ともに幾分全体の見やすさが増しているように感じます。 リアカメラは都内の市街地での撮影の為かかなり明るく映っていますが、暗視の能力がどれほどのものかは不明です。 セット内容とデザイン こちらの動画でも概要をレビューしています。 セット内容については以下の通りとなります。 先代の「HDR360G」と比較すると厚みがなくスリムになっています。 (左が「HDR360GW」) ボタン類はフロントに4つ、液晶サイズはドラレコとしてはスタンダードな2. 4型で先代と同じサイズ 右側面にはカメラ表示切り替えのボタンとmicroSDカードスロット、レンズの角度を固定しているツマミが付いています。 左側面にはAV出力端子とリセットボタン 上側には電源端子とリアカメラ接続端子が配置されています。 マウントはスライド式による脱着が可能な板状タイプです。 リアカメラ リアカメラは同社の2カメラドラレコと同様の長方形のコンパクトタイプです。 なお、カメラの向きを固定するマウントのボルトは最近の「ZDR025」などでは工具と必要としないツマミタイプとなっていますが、本機は六角ボルトタイプです。 【ZDR025】 リアカメラ接続ケーブルは、両側がL字の4極アナログプラグ、ケーブル長は9mとなっています。 電源ケーブル 電源ケーブルは最近のコムテックのドラレコと同じく3PINのカプラータイプです。 車内への取付けについて 今回は初期型のリーフに「HDR360GW」の取り付けを行いました。 フロントカメラはミラー裏に隠してレンズ部分だけを下から出すようにするとスッキリします。 リアカメラのケーブルは9mと長めですので、ミニバンなどの場合でも配線をマット下などに這わせる事が出来るでしょう。 インターフェイスについて 電源ONから録画開始までの起動時間は18秒程度と、2カメラドライブレコーダーとしては遅めです。 操作系のボタンにはそれぞれの役割が印字されておりインターフェイスも分かり易いものではありますが、先代の「HDR360G」と比べると液晶部分がフロントガラスに対してより平行に近くなったので、画面を覗き込んで操作をする必要があり長時間の操作は首が痛くなります。 フロントカメラの画質はHDRとWDRの選択式、リアカメラはHDR固定、録画映像の露出調整などの設定項目はありません。 映像のライブビューは右サイドのボタンで表示するカメラの切り替えが可能です。 フロントカメラの魚眼、フロントカメラの前後分割、リアカメラとの分割、リアカメラの単体表示などから選択できます。 動画の再生方法について 本機の液晶での再生についてはフロントカメラの録画形式がこちらのような魚眼に固定されますので、動画の視認性は最悪の部類に入ります。 リアカメラは通常のドラレコと同じように再生出来ますが、フロントカメラが魚眼ですので本機は事故現場での映像の確認には向いていません。 なお、microSDカードに保存されたの録画ファイルはPCの汎用ビュワーでも再生出来ますが、フロントが魚眼ですので原則としては専用ビュワーを使います。 PCの専用ビュワーはこちらのページからダウンロードが可能です。 基本はこのようにフロントカメラ、リアカメラ、Google Mapの3つのウィンドウが個別に表示される形となります。 フロントカメラの動画表示はマウスポインターで視点を動かすVR表示、視点が固定の前後分割表示、動画の左右がループするパノラマ表示の3つから選びます。 再生しているウィンドウの動画をダブルクリックする事で、その映像を全画面表示にする事も可能です。 虫眼鏡のアイコンをクリックすると、動画の任意の場所を拡大表示する事も出来ます。 5倍速のスロー再生への切り替えも可能となっています。 ドラレコのビュワーとしては多機能な部類に入りますが、最近注目されている明るさの調整などの機能はありません。 主な機能はこちらの通りです。 リーフの場合には至近距離の信号もしっかり映る上、リアもガラスの上の方まで撮影範囲内に入っています。 前方の車にぶつからない程度に接近した状態ではどうにかナンバーを読み取る事が出来ましたが… 走行中の読み取りはまず不可能です。 駐車監視ではどうにか読み取りが可能なレベルですが、自分の車のノーズの長さや相手の車のナンバーの位置によっては読み取り出来ない可能性もありますので、駐車監視の用途でも万全ではないように思います。 逆光補正能力について 本機の先代の「HDR360G」との画質面での最大の違いは、HDRモードが追加された点になります。 「HDR360G」と同様にWDRモードも選べますが、今回はHDRモードで比較を行いました。 トンネル入り口付近では「HDR360G」と比べると複雑な処理をしている為か、露出調整が反映されるのがワンテンポ遅く、一瞬暗くなります。 露出調整が入った後には全体が明るくなり、白飛びも「HDR360G」よりも少なくなると言う結果でした。 屋内駐車場でも同様の傾向が見られ、調整が掛かる前の段階ではやたらと暗くなります。 調整が入るとこの通り、明るく白飛びも抑えられています。 夜間のナンバー読み取り精度について 「HDR360GW」は解像度の問題でナンバー認識は苦手ですが、夜間のヘッドライトが強く反射した状態のナンバープレートも車間をギリギリまで詰めればどうにか読み取る事が出来ました。 この視野角で解像度が4Kくらいあれば、1台で何でも出来る超優良モデルになれそうですが、現段階では解像度がまだ足りていない印象です。 夜間の明るさについて 夜間のネオンと街灯が多い市街地では「HDR360G」と比べると車内・車外とも随分明るく映っていますが… ネオンが減ってくると街灯がそこそこあっても途端に暗くなります。 どうやら暗視能力に振ったチューニングはされていないようですので、この辺りはまだまだ改善の余地がありそうです。 暗視能力について 暗視能力についてはほぼゼロで、街灯が少ない場所ではサイド・車内とも真っ暗です。 同じ場所でほとんど同じ時間にVANTRUEの3カメラモデル「N4」で撮影した映像を専用のビュワーで再生した動画がこちらです。 「ZDR025」とのリアカメラの動画比較 コムテックの2カメラドラレコの中で最もリアカメラの実用性が高いと考えられる「ZDR025」との比較結果はこちらの通りです。 なお、「HDR360GW」のリアカメラは露出の調整は出来ませんが、「ZDR025」については露出を最高まで上げています。 ナンバー読み取り精度について ナンバーの読み取り精度は「ZDR025」と概ね同程度ですが、いずれも視野角が広いのでフルハイビジョンクラスとしては最低の部類に入ります。 逆光補正能力について トンネル内での逆光補正についてはいずれもHDRの効果で白飛びは良く抑えられていますが、「HDR360GW」は黒潰れが出易くなっています。 屋内駐車場でも同様の傾向が見られます。 夜間のナンバー読み取り精度について 「HDR360GW」のリアカメラは、何故か夜間のにじみが強く後続車両のナンバー認識精度は最低ランクでした。 「ZDR025」もクリア感が強い方ではないですが、それと比べてもぼんやりした感じの映像になっています。 夜間の明るさについて 夜間のネオンが多い市街地での明るさは「ZDR025」と同程度ですので、2カメラドライブレコーダーの中でもかなり明るい部類に入ります。 街灯が減った状態でも「ZDR025」と同等の明るさを維持していますので、一般的なSTARVISモデルと比べても明るさの面では上回っており、明るさ上位10位以内には入りそうです。 暗視能力について 街灯が更に減ってくると「ZDR025」よりも若干暗くはなりますが、こちらも一般的なSTARVISモデルと同程度以上の明るさです。 リアカメラは「ZDR025」と比べると実用性が1ランク落ちますが、それでも2カメラドラレコ全体の中では非常に良い部類に入ります。 西日本LED信号の見え方について 「HDR360GW」の録画フレームレートは前27. 駐車監視について 「HDR360GW」には駐車監視モードは存在するものの、フロントカメラのナンバー認識精度が低い為、当て逃げ対策としては向いていません。 リーフではナンバーがどうにか読み取れましたが、全ての車種で読み取れるかどうかは分かりません。 7~12. 2V(23. 4~24. 衝撃感度が最高設定の状態ではドアの開閉の衝撃を検知してイベント録画を行いました。 なお、コムテックの他の製品は駐車監視中に衝撃録画を行うとエンジンを掛けた際にイベントアナウンスがありますが、本機にはアナウンス機能はありません。 外部電源を使用した駐車監視について 今回は「HDR360GW」と専用ケーブル「HDROP-14」を使用して外部バッテリーでの駆動テストを行っています。 8時間の録画が可能でした。 その他の外部バッテリーでの駆動時間の予測は以下の通りです。 (駆動の可否のみ確認) 型番 UPS300 UPS400 UPS500 EN6000 EN12000 容量 28. 8Wh 115. 4Wh 76Wh 153Wh 駆動時間 5. 8時間 23. 2時間 15. 3時間 30. 6時間 満充電 180分 240分 50分 100分 「HDR360GW」の専用ケーブル「HDROP-14」と「MIGHTYCELL」との接続方法はこちらの通りです。 ラジオへの干渉も確認できませんでしたが、ノイズ干渉に関しては車種やカーナビ、アンテナの位置により影響が出る場合もありますので結果は参考程度に捉えて下さい。 「HDR360GW」の総評 最後に「HDR360GW」の総評です。 ただし、最近のドラレコで主流となっている夜間特化型STARVISセンサーを搭載した製品と比べると、ネオンがない場所では明らかに見劣りする明るさとなっており、そこそこ街灯が有る場所でも車内とサイドは真っ暗になります。 また、本体の動画再生機能は魚眼映像となりますので、いざ事故に遭った際の現場での動画の視認性は最悪です。 やはりここは大型タッチパネル液晶、またはスマホアプリ対応でないと解決は難しいのではないかと感じます。 一方でリアカメラは数ある2カメラドラレコの中でもトップクラスの実用性を誇る「ZDR025」のものとそこまで大きな画質の差はありません。 とは言え最近は3カメラドラレコもVANTRUEの「N4」など、かなり高画質なものが出て来ていますので総合的には「HDR360GW」よりもこちらの方がおすすめし易い状況です。 なお、来週くらいには前後にSTARVISセンサーを搭載したスマートミラー型の360度2カメラドラレコのテストも実施予定です。 (ドライブレコーダー専門家 ).

次の