レイシズム ファシズム。 ファシズム

石垣のり子が名誉毀損?高橋洋一をファシズム&レイシスト発言で…

レイシズム ファシズム

目次(項目リンクからお好きな部分にジャンプ可)• 石垣のりこ参院議員の高橋洋一さんレッテル批判発言 れいわ新選組の山本太郎代表は10月30日、野党統一会派に参加する馬淵澄夫元国土交通相と共催する「消費税減税研究会」の初会合を開きましたが、立憲民主党からの参加者は石垣のりこ参院議員ら3人にとどまりました。 しめつけがあったようです。 なお、「消費税減税に向けた取り組みなら何でも参加する」というわけではありません。 私自身は党派や主導権争いには一切興味ありませんし、何よりも、レイシズムやファシズムに加担するような議員、さらには、憲法秩序を蔑ろにするような立憲主義に反する議員のいる取り組みには一切寄与しません。 — 石垣のりこ norinotes 初回講師は高橋洋一さん 石垣のりこ議員は欠席 11月28日、山本太郎代表主催の「消費税減税研究会」の初回講師は高橋洋一さんでした。 その欠席理由のツイートが炎上して「高橋洋一」がツイッターのトレンドになりました。 ん?れいわの勉強会のせい? オレは相手のイデオロギーは気にしないし、相手のロジックに興味があるので、どんなイデオロギーの人とも議論するけどな。 今日は各種データと税理論・社会保障論・ファイナンス論を紹介しただけ — 高橋洋一(嘉悦大) YoichiTakahashi レイシズムとファシズムに加担するような人物を講師に呼ぶ研究会には参加できません 石垣のりこ議員の欠席理由は、講師の高橋洋一さんが「レイシズムとファシズムに加担するような人物」だからだそうです。 明らかに、権力者である国会議員が、名指しでレッテル貼りをして、高橋洋一さんを否定、排除しようとしていますので大騒動になりました。 馬淵澄夫さん山本太郎さん主催の消費税減税研究会。 初回の講師は、高橋洋一氏とのこと。 これから始まるという時に大変残念ですが、当初言明したように私は、レイシズムとファシズムには一切加担しません。 よって、レイシズムとファシズムに加担するような人物を講師に呼ぶ研究会には参加できません。 — 石垣のりこ norinotes この件について、山本太郎氏と電話で話をしました。 山本氏は「普段の主義主張や見え方よりも、その人の専門的な知見を尊重したい」という趣旨のことをおっしゃいました。 「どんな人からも学べるところはある」「罪を憎んで人を憎まず」、その通りだと思います。 — 石垣のりこ norinotes どんな前科前歴があろうと、「今現在その問題がなければ」、政治家ですからその人の専門的知見に耳を傾けるのは当然です。 が、やはり、レイシズムとファシズムは違います。 — 石垣のりこ norinotes 消費税ゼロを誰よりも力強く訴える山本太郎氏へのリスペクトはかわりません。 が、「その目的のために、ときにはレイシストと同席する」という考え方に立つことはできません。 — 石垣のりこ norinotes レイシズムとファシズムに加担する人から学ぶような姿勢の行きつくところに、「ジャパンライフの社長を総理が招く」というような、道理が引っ込む由々しき現実があるのだと考えます。 — 石垣のりこ norinotes ファシズムが反緊縮であることは歴史上よくあることです。 むしろ、極右ファシストが反緊縮やレイシズムと同居していたのが、20世紀の負の歴史の特徴でしょう。 その反省にたち、反緊縮・消費税ゼロ、この道を歩むものは、ファシズムとレイシズムの影を強く意識し、闘わなければならないと思います。 — 石垣のりこ norinotes 何を根拠とされているのでしょうか 私がレイシズムとファシズムということですが、何を根拠とされているのでしょうか教えていただけますか — 高橋洋一(嘉悦大) YoichiTakahashi 高橋洋一さんは、産経新聞の取材に「人権を守る人がこんなことを言ってはいけない」「院外の発言だ。 名誉毀損だ」と答えられたようです。 石垣のりこ議員のレッテル貼りは、「国会議員は議院で行った演説・討論・表決について、院外で責任を問われないという特権(日本国憲法第51条)」の範囲外の発言であるとおっしゃられているようです。 一方、会合を終えた高橋氏は産経新聞の取材に「どの発言をもってレイシズム、ファシズムなのか分からない。 根拠もなく、びっくりする。 人権を守る人がこんなことを言ってはいけない」と反論。 石垣氏とは面識がないと述べ、「ツイッターは(国会議員の免責特権が認められない)院外の発信だ。 名誉毀損(きそん)だ」との見方も示した。 ただ、漠然と、「極右ファシスト」などの単語から、石垣のりこ議員は、安倍政権のことを言っているのではないかとは推測が可能です。 ファシズムとは 権力で労働者階級を押さえ、外国に対しては侵略政策をとる独裁制。 イタリアのファシスト党の活動から起こる。 (Google検索) レイシズムとは 人種主義(レイシズム)とは、ルース・ベネディクトによると「ある民族集団が先天的に劣っており、別の集団が先天的に優等であるように運命づけられている、と語るドグマ」のことである(Google検索) という意味のようです。 レイシズムやファシズムは憲法を否定するもの 石垣のりこ議員は次のようにも説明されています。 ファシズムもレイシズムも、憲法の根本原理である「個人の尊厳」を踏みにじる思考であると同時に暴力である。 基本的人権の尊重、国民主権、平和主義が憲法の三大原則の日本社会において、レイシズムやファシズムは憲法を否定するものであり、憲法遵守の立憲主義に立つ政治家として許容し得ない。 — 石垣のりこ norinotes 憲法では、思想の自由(表現の自由)が保障されているが、レイシズムやファシズムは、憲法の主目的「個人の尊厳」を否定する。 — 石垣のりこ norinotes しかし、問題は、「誰をそこに当てはめるか」では? しかし、問題は、そこではなく、「誰をそこに当てはめるか」の基準と根拠です。 石垣のりこ議員の主張には、明確な判断基準が見当たりません。 明確な根拠や基準もなく権力者である国会議員が、個人をそのように決めつけて排除することは、石垣のりこ議員が中世の魔女狩りのような思想の持ち主であると逆に批判をあびるかもしれません。 レイシズムやファシズムって、今まさにあなたがやってることやで? レイシズム(差別)って、偏見を言動に表す事。 人間は偏見から逃れられない存在だと、あなた自身が示してくれてる。 しかも自分こそが正義だと思う人が人の尊厳を踏みにじり弾圧するのがファシズムだと思うけど、あなたそのものやん — nanasa 77nanasa3 12月12日発売の高橋洋一さんの新刊。 こういう本のタイトルから、短絡的にレイシズムと決めつけているのでしょうか?

次の

【これは酷い】立憲民主・石垣のりこ「レイシズムとファシズムに加担するような人物を講師に呼ぶ研究会には参加できません」高橋洋一氏を招いた減税研究会への出席を拒否|保守速.net

レイシズム ファシズム

「」も参照 「ファシズム」(: fascismo)の語源はの「ファッショ」(束(たば)、集団、結束)で、更に「ファッショ」の語源はの「」(fasces、束桿)である。 ファスケスはの回りにロッド(短杖)を束ねたもので、ののの象徴とされた。 ファスケスは彼のによって運ばれ、彼の命令でやにも使われた。 ファスケスの象徴的意味は「統一による力」で、1本のロッドは簡単に壊れるが、束になると容易に壊せないことに由来する。 類似の象徴の例にはのの党旗があり、束にした矢が2頭の牛にかけると結合されている。 のは、3月に「」、には「」を結成した。 また1919年7月にが出版された。 これらの時期以降は、「ファシズム」とは主にこれらの思想や運動を指して呼ばれるようになった。 なおのイタリアのやシンジケートに似た政治的な組織の「」が登場し、その関連も指摘されている。 の党旗 広義の用法 [ ] コミンテルンの用法 「ファシズム」という用語は、単なるやの意味で使われたり、特にの立場からの政治的な貼りにも多く使われた。 たとえばのは「」を自称し、「ファシスト」「ファシズム」とは自称しなかった。 しかし敵対する勢力のやなどが、イタリアのファシズムを「イタリア・ファシズム」、ドイツのを「ドイツ・ファシズム」と呼び 、更にの政権なども対象として「の」を組織した。 このの用法に加えて、主として社会主義国や社会主義者の立場から、に参加した戦前のや、各国の軍事独裁政権なども「ファシズム(勢力、陣営)」などと呼ばれる事もある。 は現在でも日本との戦争 に対して「戦争の勝利」と位置付けている。 侮蔑語として 勃発までは、ファシズム自体が批判的に扱われることは少なく、一部を除いては悪口としては使用されなかった。 第二次世界大戦中になると、ではファシズム・ファシストを厳密な意味ではなく、とその国民に対する一般的な悪口や蔑称として使用されるようになった。 は1944年に「"ファシズム" という語は、ほとんど全く意味が無い。 ほとんどのイギリス人は "ファシスト" という語を "bully" (いじめっ子、ガキ大将)の同義語として受け入れている」と書いた。 第二次世界大戦で枢軸国が敗北すると、「ファシスト」を悪口や蔑称 として扱う風潮は世界的なものとなった。 そしてしばしば、政治運動に対してをまたがって幅広く呼ばれるようになった。 の論文では「ファシスト」とは通常は的な傾向を意味するが、政治的なやの両方の信奉者が敵対者を中傷するための軽蔑的な悪口としても使われている。 は2005年に「ファシズム」の用語が「我々の時代に最も誤用され、過剰使用された」と述べた。 戦前のファシズムは枢軸国の敗北とともにほぼ消滅したが、戦後もファシズムを再評価する組織や思想が登場しており、これらについて一般的な学術用語としては「」と呼ばれる。 (も参照)。 批判的な意味での派生語や造語には、への批判語である、急進的な運動への批判語である、急進的な運動への批判語である、あるいは類似のものでは急進的なへの批判語であるなどがあるが、これらは必ずしも定着した用語ではない。 定義 [ ] ファシズムの定義 [ ] a ファシストによる否定• 反 b イデオロギーと目標• 伝統的な国家を基礎としない、新しいの的な国家の作成• やコーポラリストや者すらも含めて社会的関係を変革できる、統制され、複数の階級を持つ、国家的な経済基盤の新しい1種類• 帝国を目指す• 者、の信念、典型的には新的で自己決定の、宗教には関係ない文化の実現 c スタイルと組織• ロマンチックで神秘的な側面を詰め込んだ、集会やシンボルなどのの構造• 政治的な関連性の軍隊化や、党の民兵のスタイルや目標となった、巨大な動員• の肯定的な視点と使用• 男性原理の極端な強調• 若者への賞賛• 的で的な個人による命令のスタイル ファシズムにたいする見方は立場によって大きく異なっている。 例えば多くのファシストはの立場から、などのを主張している。 多くの者や者は、ファシズムはとを破壊すると批判している。 多くの者はそのや論の立場から、ファシズムは社会主義を暴力的に破壊しを支配するためのやの一形態と批判している。 多くのはを重視する立場から、ファシズムやをの一種と批判している。 ガービン・ブライアンやヘンリー・ターナーの定義では、ファシズムは、的で的なの政治運動である。 中に、のの政治的視点とナショナリズムを結合した、イタリアのにより最初に構築された。 通常はと記述されるが、ファシズムはとの両方の影響を受けていることが学術的な合意となっている。 ムッソリーニは「」で、ファシズムをかつと見なしたが、ファシズムはややなどの政治運動の高まりから発生した状況の改善に共感し、他方では同時に左が関連するに反対すると宣言した。 ファシズムの主要なテーマはノエルオサリバンによると、コーポラティズム、、、、国家的の5つである。 ハワードもファシストはの価値や、政治や経済などの体制を、の観点に従って組織しようと努めると指摘している。 カリスは、コーポラティズムがファシズムの最重要な主張であり、それのみがとの間の「」の展望を創造的に実現すると主張する。 ムッソリーニは「コーポラティブ・システムは20世紀の文明となる事が運命づけられている」と宣言し、は「」で「のコーポラティブな概念」が最終的には「破滅的なに取って代わる」と主張した。 ファシズムにおいては、国家が、国家の強さを保つために暴力の実行や戦争を行う意思と能力を持つ、強力なと単一の集団的なアイデンティティを必要とする的なであると信じる。 彼らは、文化は全国民的な社会とその国家によって創造され、文化的観念が個人にを与えると主張し、したがってを拒絶する。 彼らは国家を1つの統合された集合的な共同体とみて、を社会の機能不全の様子とみなし、国家が全てを表すという意味での国家を正当化する。 また、の国家の創設を主張する。 つまり、議会制民主主義制度、及び、議会制民主主義思想に対して拒否反応を示す。 それゆえに、議会制民主主義によって制定された法制度等に対して全面的に価値を認めない基本的な立場をとる。 ファシストは、ファシストの国家の一部とはみなされず、かつ同化を拒否するか同化できない、文化的または民族的な集団による自治を拒絶し抵抗する。 彼らはそのような自治を創設する試みは、国家への侮辱や脅威とみなす。 ファシストの政府は、ファシストの国家やファシスト運動への反対を禁止し抑圧する。 彼らは暴力と戦争を、国家の再生や精神や活力を創造する行動であるとみる。 ファシズムはやや合理主義の概念を拒絶し、行動や規律や階層的組織や精神やを支持する。 彼らは、排他的で経済的な階級をベースとした運動であるという理由や「自由主義は共産主義の温床である」「共産主義は国際主義である」という理由でやに反対する。 ファシストは彼らのイデオロギーを、経済的なを終了させて民族の団結を確実にする、経済的に超階級的な運動として提示する。 彼らは、経済的な階級には国家を適切に統治する能力は無く、経験豊かな軍人たちからなる優秀さを基礎としたエリート集団が、国家の生産力の組織化や国家独立の確実化などを通して支配するべきであると主張する。 ロランド・サルティは、ファシズムはを、社会秩序への支持という部分的な価値と把握するが、しかしその変革やに対する典型的な反対には賛成しないと述べている。 また、強制的な変革を推進する国家管理されたを主張する一方で、多元主義や独立した主導権という社会秩序への脅威に反抗することによって、保守主義の利点と欠点を把握した解決方法であるともする。 政治的スペクトル上の位置 [ ] Part of a series on Politics and elections 「」、「」、および「」も参照 ファシズムは通常はと記述される が、いくつかの学者はファシズムは伝統的な「」のには位置づけ困難としている。 学術的な合意の1つでは、ファシズムには左と右の両方の影響が存在している。 多くの歴史学者はファシズムを、革命的で的な信条か、あるいは左と右の哲学が混合した信条とみなしている。 多面的スペクトラム ロジャー・イートウェルは、伝統的な「左翼・右翼」の政治的スペクトルに関連した用語ではファシズムのイデオロギーの複雑な性質を完全にとらえる事には失敗する、と述べた。 彼や多くの政治学者は、伝統的な単線の左翼・右翼スペクトラムの代わりに、多面的なスペクトラムを設定する。 いくつかの2面分析ののうちでは、ファシズムは経済面の軸では資本主義と社会主義の中間とみなされ、政治面の軸では極端なに位置している。 「第三の道」として イタリアのファシズムには、右や左の両方を含む複数の党派が存在した。 にファシズムへの政治的な右の適合が進むと、イタリアのファシスト運動の中で多数の国内党派が作られた。 「ファシスト左派」にはや、などを含み、彼らは経済の現代化や労働者や一般民衆の利益の向上のために議会制自由主義を置き換えるとして、の優越性を確信した。 「ファシスト右派」にはファシストの民兵組織の「Squadristi」のメンバーや、右翼の ANI の前のメンバーが含まれた。 「Squadristi」は非妥協的なファシスト達で、完全な独裁制のファシズムの構築を求めたが、他方では以前の ANI メンバーでもあるを含めてイタリアで既存のエリートを保持するリベラルな国家を置き換える権威主義的でコーポラティストの国家の陣営を熱望した。 更にイタリアのファシスト運動にはより小さい複数の党派も存在し、その中の「聖職者ファシスト」はイタリアのファシズムをその反の本質から、カトリックを受け入れるように転換することを考え、また極右の「王党派ファシスト」はファシズムを、王であるによるの作成に使う事を考えた。 多数のファシスト運動は自分達自身を、伝統的な政治的スペクトルの外側の「」と記述した。 ムッソリーニはファシズムに可能な限り多くの人々を結集させるために、ファシズムの位置について曖昧さを進め、以下の発言をした (ファシストは)貴族あるいは民主主義者、革命家そして反動家、労働者そして反労働者、平和主義者および反平和主義者(であることができる) ムッソリーニは、イタリアのファシズムのコーポラティズムの経済システムは、あるいは、場合によっては「国家の経済活動の官僚主義化」である事も含む state socialism のいずれよりも、独自性があると主張した。 ムッソリーニはファシズムを、いかなる言語でも彼は有用だと発見する、と記した。 ムッソリーニはので、国王の認可を得て政権を獲得し、と妥協した形となった。 にはに参戦し、を締結しての一員となった。 戦況悪化後にの王党派による失脚とによる救出後は、北イタリアにの樹立を宣言して社会主義を強調した発言を行い、企業のを進めた。 スペインのファシストは、左翼と右翼の両方の政策を重視し、「基本的には、労働などの経済的構造の維持に関しては右の位置だが、他方では経済的構造の転覆が価値あるものの多くの破壊を引き起こすものだとしても、経済的構造の転覆を試みる立場としては左翼である」と述べた。 では、 NSDAP の前身は DAP で、ややを特徴とするを掲げた。 ヒトラー自身も初期には以下の発言をした。 我々は社会主義者である。 我々は、その不公正な賃金や、人間を責任感や能力の代わりに富と財産により不適切に評価することで、経済的な弱者をしている今日の資本主義経済体制の敵である。 そして我々は、この体制をいかなる場合でも打倒する事を完全に決定する。 — 、1927年3月1日の演説。 党内のは社会主義を重視したが、ので主要メンバーがされた以後は、25カ条綱領よりものが強調されるようになった。 右翼としてのファシズム 歴史学者のEugen Weber 、David Renton 、Robert Soucy などは、ファシズムはイデオロギー的に右と見た。 Rod Stackelbergは、ファシズムは特に人種的平等や民主主義などのに反対したが、それらは極端な右翼の運動を特徴づけるとした。 Stanley Payneは、戦前のファシズムは右翼運動との同盟を通じて存在意義を持ったと述べた。 Roger Griffinは、の終わりまでにファシスト運動は、急進右翼と「ファシスト急進右翼」の一部集団との結びつきになったと主張した。 一方、は歴史的なファシズムについて「には属さなかったが、極右の一部との定義は明快ではない」とし、しかし「それは常に、急進的、の要素、極右への重力を持つ他の要素などの結合だった」とした。 Stanley Payneは、「ファシストは、左や右や中道など、現在までの全ての主要な確立された彼らの歴史上で、ユニークだった」と述べた。 Payneは他方で、ドイツのナチスは他の全ての非共産主義体制よりも、ロシアの共産主義()に近かったと述べた。 、 () を含む現代の多数の歴史家や社会学者は、ファシズムの位置は右でも左でもない、との見解を支持している。 経済の分野では、ファシストは者や国際的な社会主義者が広く掲げたやの概念を拒否し、や的なに賛成した。 しかしまた、イタリアのファシストは過度の資本主義への異議を宣言し、それをと呼んだ。 Zeev Sternhell はファシズムを、サンディカリズムによる反正統派マルクス主義とみなした が、政治的には依然として右と位置づけた。 ファシズムは腐敗したである — 左翼・社会主義としてのファシズム のはの立場から、ファシズムをに分類した。 またもの立場から著書「」の中で、ファシズムはなどの社会主義と同様、国家万能主義のであり、やを行う観点では本質的に同根として、ファシズムやもに分類した。 ナチスはを掲げ、ヒトラーは「わが闘争」で「私はから最も多く学んだ」と述べたほか、ナチスはやなどといったソ連の組織論や運動論、共産党の活動(プラカード、集団行進、シュプレヒコール、戸別訪問、楽団、膨大な量のビラ・ポスターの配布など)を模倣し、党歌「」についても共産主義者のの詩を焼き直して作ったとする説がある。 ゲッベルス自身も「ボリシェヴィキどもからは、とくにそのプロパガンダにおいて、多くを学ぶことができる。 」と公言した。 はのやの立場から、の「ファシズムとは何か」で、イタリアのファシスト運動は「、、そしてある程度までは大衆から発生した」とし、「元社会主義者のムッソリーニは…」と述べた。 また、ドイツのファシスト運動は「イタリアの運動にきわめて類似して」おり、大衆運動を作り上げるために「社会主義的をふんだんに用いて」いると述べた。 またの「国家社会主義とは何か」で、ドイツのファシズムを「の最悪の形態」と主張した。 では、がに著書で「ファシズムは二十世紀における反革命の最も尖鋭な最も戦闘的な形態」として、ナチスが「社会主義」を掲げたことは大衆を吸引するための「巧妙な民主主義的偽装」であり、「ファシズムはしばしばその敵の姿に似せて己を扮装する」と述べた。 者のは、ファシズムを「はじめは反社会主義であるとともに、でもあったのであり、とくに独占資本にたいして強い敵意をもっていた」と述べた。 歴史 [ ] 1907年-1914年 ソレル主義とナショナリズムと左翼の精神の融合 [ ] 「」も参照 政治的活動では、思想ではの、更にはを提唱したなどが、ファシズムの先駆と呼ばれている。 ()の哲学者は、ファシズムに大きな影響を与え、またソレルはとファシズムを民主主義への挑戦と考えて支持した。 ソレルは著作「」(1908年)で「暴力は道徳になりうる、特に社会に実質的で肯定的な変革をもたらす革命的暴力は」と主張した。 ソレルは正統派マルクス主義から出てきたはその議会主義によりブルジョワ民主主義に屈すると批判し 、的なではない暴力的な革命的修正主義を主張した。 まずソレルはブルジョワ階級の迅速な終焉と労働者階級の勝利のために、正統派マルクス主義のや合理主義はへの抵抗にならない退廃に陥っていると非難し 、代わりにや非合理的なの道徳的で情熱的なアピールに修正すべきと論じた。 彼は、過度の合理主義はブルジョワの特質であり、労働者階級の心はより「原始的」であり更には神話も受容できる、と書いた。 ソレルは、労働者階級が道徳的な変革をより受容しようとするという理由で、これを有益と考えた。 「暴力論」はイタリアのの間で非常に高い人気となった。 もその1人で、彼は後にソレルから彼への影響について「私の師」「ファシズムの精神的指導者」「私自身はソレルに最も負っている」と発言した。 ファシズムの創造の鍵となった部分は、の勃発で固まった、政治的にのと、ののの諸政策の融合であった。 ソレル主義のサンディカリズムは、他の左翼のイデオロギーとは異なり、に対するの視点を持ち、彼らの士気を向上させる必要があると信じ 、積極的な社会変革をもたらすためには破壊される必要があると主張した。 ソレル主義のサンディカリズムの社会戦争の積極的な本質の概念とその道徳的な革命への固執により、多くのサンディカリストは、戦争とは社会変革や道徳的革命の究極の政策表明であり、目的達成の手段と考えた。 第一次世界大戦の前には、サンディカリスト達は圧倒的に階級の固有性に焦点を当て、を支持し、他方では国家的な戦争を敵視した結果として、反であった。 イタリアのサンディカリスト達の多くは、革命的サンディカリスムは完全に反軍国主義であってはならないと信じ、を攻撃した。 から、ナショナリストや軍国主義者の影響がサンディカリズムに結合し始め、政治的な左翼に分断が生まれた。 この、ナショナリストとサンディカリストが相互に影響しながら増大するという精神は、イタリアで強かった。 ソレルの視点と近いのナショナリズムは、急進的なイタリアのナショナリストの ()に影響を与えた。 コラディーニは、イタリアの問題を解決できるであろう闘う意思を通じた直接行動を確約する革命的サンディカリストにも共通する、エリートの貴族や反民主主義に率いられた、運動の必要性のために発言した。 コラディーニは、フランスやイギリスの「」と対決するために、イタリアはを続ける必要のある「コロレタリア国家」であると述べた。 コラディーニの視点は、イタリアの経済的な後進性はその政治的な階級や自由主義や「下劣な社会主義」によって発生させられた部分によって引き起こされた、と主張する右翼の ANI の幅広い見解の一部だった。 ANIは、やカトリックや商売業界の中と結びつき影響を保っていた。 イタリアの に共通した原則は、ブルジョワの利益や民主主義、自由主義、、、の否定であり、主義やや暴力の推進だった。 拡張主義やの創立を支持し、イタリアを近代国家のリーダーとして「新人類」や「新国家」を創造する文化的な革命を行う事を主張するイタリアの急進的なナショナリズムは、イタリアの征服期間中の1912年に増大しはじめ、イタリアのやANIのメンバーによって支持された。 ANIは、自由民主主義は現代の世界にはもはや適合せず、最も強いものが生き残れる世界で人間は本質的には略奪的であり国家は継続的な闘争状態にあると主張し、強い国家と帝国主義を提唱した。 まで、1911年のに反対したサンディカリストなどナショナリストの影響が部分的に残っていたイタリアのナショナリストや革命的サンディカリストは、戦争を国家的な事柄ではなく財政的な利益の事柄と考えた。 しかし第一次世界大戦の勃発では異なり、ナショナリストやサンディカリストは、戦争を国家的な事柄とみなした。 1914年-1920年 第一次世界大戦とファシズムの創設 [ ] 8月のの勃発時点では、多数の政党は当初は参戦への反対を主張していた。 しかし戦争が始まるとオーストラリアやイギリス、フランス、ドイツ、ロシアなどの社会主義者は、台頭するナショナリストの流れに追随し、彼らの国家による参戦を支持した。 イタリアの左翼は戦争への立場をめぐって深刻な分裂となった。 は社会主義のを背景に戦争に反対したが、多数のイタリアの革命的サンディカリストは社会主義の成功を確実にするためにやの的な体制は打破される必要があるとの背景により、それらとの戦争を支持した。 ()はナショナリストの視点からイタリアのための「労働者階級国家」と、反動的なドイツの打倒は、同様に必要と表明した。 参戦におけるこの分裂からファシズムの始まりが生まれ、イタリア社会党の ()は1914年10月に「国際行動のための革命的ファッシ」(: Fasci d'Azione rivoluzionaria internazionalista、: the Revolutionary Fascio for International Action)を組織した。 同時期に ムッソリーニは参戦主義者の理由に賛同することを決断した。 ファシストはナショナリズムを支持し、プロレタリアートのは間違いだと主張した。 この時、ファシストは整合性を持った政策のセットを持たず、運動は非常に小さかった。 大集会の開催を試みたが効果的ではなく、常に政府当局や正統な社会主義者から妨害を受けた。 ファシストを含めた参戦主義者と、反参戦主義の正統的な社会主義者の間の敵意は、暴力に転じた。 反参戦主義の革命的社会主義者による、ファシストや他の参戦主義者に対する反対や攻撃は、非常に暴力的であったため、戦争に反対していた者の Anna Kulliscioff でさえ、イタリア社会党は戦争支持者を沈黙させる運動をするには遠すぎる場所へ行ってしまった、と述べた。 にイタリアで開始された「 ()」 Arditi と呼ばれた命知らずのエリートの「突撃隊」は、ファシズムに重要な影響を与えた。 アルディーティは暴力の絶えない生活で特別に訓練された兵士で、独特な黒シャツの制服とフェズ帽を着ていた。 1918年11月にアルディーティは国家組織に組織されて Associazione fra gli Arditi d'Italia となり、1919年の半ばまでには2000人の若者が所属した。 ムッソリーニはアルディーティを気に入り、戦後にアルディーティをベースにしたファシスト突撃隊の「Squadristi」を組織し、 と呼ばれるようになった。 参戦反対で国際主義のマルクス主義者と、参戦賛成でナショナリストやサンディカリストのファシストの暴力的な分裂は戦争終結までには決定的となり、2つの陣営は和解不可能となった。 ファシストは彼ら自身をでの共産主義に反対すると提示した。 ムッソリーニは1919年にファシスト運動の制御を統合し、「」を創設し、伝統的な社会主義に反対して以下のように宣言した。 未来派 ファシズムは初期にはと近い関係を持ち、によるの「」は「行動、技術、戦争」を美化し、合理主義に対して や、や暴力的な美術や美学、近代美術を自由にするための全ての過去の伝統的な美術の破壊、やの推進などの革命的な陣営となった。 未来派はファシズムと同様に、国家をの流儀で、1つの有機的な身体と定義した。 ただし、マリネッティは「イタリアのは我々にとって、我々を解放する組織である」と民主主義の継続を主張した。 マリネッティは当初はファシズムに魅かれたが、イタリアで一時的に力を持ったより近代的なを採用した。 ファシスト・マニフェスト にファシストは、 を作成した。 このはの ()と、運動のマリネッティによって書かれ、1919年6月6日にファシストの新聞である Il Popolo d'Italia に掲載された。 このマニフェストは政治体制として、男性と女性の両方のを持つや、地域をベースとしたの選挙制度や、の考えである労働者や工業、交通、公衆衛生、通信などの職業別の領域ごとに選挙されて彼らを代表する法的権限を持った職業人や商人から選出された専門家による「国家評議会」の制度の創設や、イタリア上院(貴族院)の廃止などを主張した。 また経済社会政策として、全労働者の、、産業管理における労働者代表、産業別や公共部門の労働組合の平等な信任、交通部門の再編、無効な保険に関する法案の修正、退職年齢の65歳から55歳への引き下げ、資本に対する強力な、宗教的施設の資産没収やの廃止、軍需契約の利益率の抑制などを主張した。 軍事政策として、防衛業務に従事する短期の国家的なの創設、軍需産業の国営化、平和的だが競争的に設計された外交政策などを主張した。 ファシストに影響した次の出来事は、イタリアのナショナリストのによる「」の一部であるの占拠()と、ダンヌンツィオとアンブリスによるの ()の発表であった。 主筆者であったアンブリスは、ダンヌンツィオの政治的視点に沿った国家サンディカリスムとコーポラティズムの生産主義を組み込んだ憲章を設計した。 多くのファシストがカルナーロ憲章を、ファシスト国家イタリアのための理念的な体制とみなした。 1920年-1922年 右傾化と政治力の集約 [ ] にファシズムは政治的に右への傾向が始まった。 この傾向は、イタリアで工業労働者の過激な活動が頂点に達して「赤い年」と呼ばれるようになった1919年と1920年に、同時期に起こった。 ムッソリーニとファシストは、工業経営者と手を結ぶ事で優位な状況を得て、秩序の維持とイタリア国内の平和という名目で、労働者や小作人を攻撃した。 ファシストは、第一次世界大戦への参戦に反対した左派の社会主義者の多数派を、彼らの第一の敵と位置づけた。 ファシストとイタリアの右派は、マルクス主義を蔑視し、階級意識を割り引き、エリートの規則を信じるなどの、共通の基盤を持った。 ファシストは、国家的なアイデンティティーよりも階級のアイデンティティーを確約するイタリア社会党や労働者組織を破壊するための相互努力の中で、右派との同盟によって右派の反社会主義キャンペーンを支援した。 ファシズムは、その従来のややを捨てていき、イタリアの既存のの支持やの受容や王制などを受け入れるという、その政策の大きな変更によって、イタリアのに順応していったとみなされた。 ファシズムはイタリアの保守主義者にアピールするために、女性の母としての役割の推進を含む、家族の価値の推進などの政策を採用した。 しかし、ファシズムは主義者にアピールすることを意図した多くの姿勢の採用にもかかわらず、ファシズムの的な性格を維持したとみなされており、は「ファシズムは保守主義でもありたいが、しかし革命的であり続けることによってそうなる」と述べた。 ファシスト達は、保守主義者達とサンディカリスト達の両方にアピールするために、革命的な行動と、法や秩序の維持の確約の両方を支持した。 右傾化の以前には、ファシズムは約1000名のメンバーを持つ、小規模で、都会の、北部イタリアの運動だった。 その以後には、ファシスト運動のメンバーは1921年までには 25万名に上昇した。 11月には「イタリア戦闘者ファッシ」は政党「 」(国家ファシスト党、ファシスタ党)に改組された。 1922年-1929年 勢力の増大と初期の国際的広がり [ ] ローマ進軍と政権獲得 1922年になると、ファシストの民兵組織は彼らの戦略を、社会主義者の事務所や社会主義者の指導者の家への攻撃から、都市を占領する暴力へとエスカレートした。 しかしや、、、、などの都市では権威者からのやや激しい抵抗を受け、転覆を続けた。 ファシストはクレモナの社会主義者とカトリックの連合の本部を攻撃し、トレントやボルツァーノドイツ語圏の住民にイタリア語化を強制した。 これらの都市を制圧すると、ファシストはを得る計画を持った。 1922年10月24日、で開かれたファシスト党の年次党大会で、ムッソリーリはに、公共施設や鉄道を制圧して、ローマ周辺の3個所に集結するよう命じた。 この進軍は、黒シャツ隊のリーダーの、将軍の、超サンディカリストのビアンキ 、王党派ファシストのデ・ベッキの、それぞれの異なる党派を代表する4名の主要なファシストの幹部によって率いられる事になった。 ムッソリーニ自身はミラノに残り行動の結果を待った。 ファシストは北部イタリアの複数の郵便局や鉄道の支配の獲得を達成し、他方では左派連合に率いられたイタリア政府は内部分裂してファシストの優位に対応できなかった。 イタリア政府は確実に混乱の状態となり、複数の政府が作られては敗北した。 イタリア政府は最初にはファシストのローマへの侵入を防止する行動を採ったが、しかし国王は、ファシストの高潮を消失させる試みの結果としてのローマでの流血の恐れを懸念した。 エマヌエーレ3世はムッソリーニを首相に指名する決断をし、ムッソリーニは10月30日に指名を受けるためにローマに到着した。 ファシストはこの事件を、ファシストの英雄的な偉業による権力の「奪取」として、「 」の名称で大きく宣伝した。 11月から行われた第四回大会では「国際ファシズム」の危険性を訴え、あらゆるヨーロッパの国でファシズム出現の可能性があるとした 連立政権と力の集約 ムッソリーニはイタリアの首相に任命されると、ファシストはイタリア議会を支配していなかったためを形成する必要があった。 その連立政権は、内閣の首班はムッソリーニだが、他の13の大臣のうちファシストは僅か3名だけで、残りは陸軍や海軍の代表者や、2名のカトリック組織の構成員、2名の者、1名の保守自由主義者、1名の者、1名のナショナリスト、そして元ファシストの哲学者のであった。 ムッソリーニの連立政権は当初は、自由主義者の財務大臣の ()の指示のもとで経済的には自由主義の政策を追求し、の大幅削減によって予算の均衡を図った。 初期には政府の政策の小さい劇的な変化が起こり、共産主義者に対する抑圧的な警察活動が行われ、の反乱は限定的だった。 しかし同時期にムッソリーニは、彼がその議題を管理するで、ファシスト党のための政府高官を作ることによって、ファシスト党への彼の支配力を集約した。 更に「Squadristi」やと呼ばれるは、常備軍の士官に指導される国営のMVSN : Milizia Volontaria per la Sicurezza Nazionale に改組された。 「Squadristi」は当初はムッソリーニの政府に非常に不満で、「ファシスト革命」を要求していた。 保守派との合流と独裁者宣言 この時期にはイタリア国王をなだめるために、ムッソリーニはイタリアのファシストと、フェデルツォーニ 率いる議会の保守系党派や保守的なやANI構成員のナショナリストとの間で、秘密の政治的同盟を形成した。 ANIはにファシスト党に合流した。 ナショナリストとファシストの合併により、保守的なナショナリストと、ファシスト運動の革命的サンディカリスト党派との間の緊張が高まった。 保守主義者とファシスト運動のサンディカリスト党派は、相互の視点を得る事によって、彼らの相違や安全な統一やファシズムの推進を調和させることを考えた。 保守的なナショナリストのファシストは、革命的サンディカリストをなだめるためにファシズムを革命的な運動として推進する一方で、保守的なナショナリストのファシストをなだめるために、革命的サンディカリストのファシストは彼らが社会的安定を確実にして経済的な生産性を保障する事を欲すると宣言した。 アチェルボ法は議決での多数の欠席にかかわらず可決した。 選挙の直後に、イタリア社会党の書記のがファシストによって誘拐され殺害されたとの危機的で政治的なスキャンダルが噴出した。 議会の少数派の自由主義者と左派が抗議の退場をし、の故事に倣って「の離脱」 と呼ばれるようになった。 1月3日にムッソリーニはファシストが支配的となったイタリア議会で演説し、彼は起こった事に個人的に責任があるが、彼は悪い事は何もしなかったと強く主張した。 彼はのに倣って、彼自身をイタリアの と宣言し、政府と議会の解職発表に関する全責任を持つとした。 1925年から1929年にかけてファシズムは着実に力を堅固にし、議会で反対する議員もいたが否決され、が導入され、の命令によりムッソリーニは国王のみに責任を負う事になった。 には、イタリア政府と断絶状態にあったと交渉し、の一帯への国家主権とに自由主義国家によって没収された教会用地の財政的賠償を与えた、として知られる教会との協定に署名が行われ、以後はファシスト体制はからの政治的な支持と祝福を得た。 またには全てを包括する「 」国家としての新体制というファシストのが開始されたが、しかしファシストの党や体制はイタリアの既存権力に関する完全な支配を得た事は決してなく、国王のは国の長に残り続け、軍隊や司法組織はファシストの政府から大幅な自治を維持し、ファシストの民兵のは軍の管理下にあり、当初は経済も同様に比較的自治を持ち続けていた。 コーポラティズムによる経済体制の開始 ファシストの体制はの経済体制の作成を開始し、にイタリアの雇用者連合である Confindustria とファシストの労働組合の間で、非ファシストの労働組合を除外して相互をイタリアの唯一の雇用者と被雇用者の代表であると認識することに合意した Palazzo Vidioni 協定が成立した。 ファシストの体制は最初に「企業省」を設立し、イタリアの経済を22の産業別の企業に組織し、労働者のやを禁止し、には「 ()」を作成して労働者の権利と義務を規定し、雇用者と被雇用者の間の紛争を仲裁する労働審判を作成した。 実際には産業別の企業の活動は独立性は低く体制による管理が大きく、被雇用者の組織は被雇用者自身によって指導される事はまれで、代わりに指名されたファシスト党の構成員によって指導された。 攻撃的な外交政策の開始とリビアの植民地の強化 にファシストのイタリアは、にイタリアの領土を拡大する目的でののへの攻撃、とへの開戦の計画、人と人の分離主義者への支援によってユーゴスラビアを内戦に導いてイタリアの内政干渉を合法化する試み、をイタリアの「」(事実上)のとする、などの攻撃的な外交政策を押し出し、一部はまでに外交的な手段によって達成された。 イタリアののでの反乱への対応には、ファシストのイタリアは従来の現地指導者との協業による自由主義時代の植民地政策を捨てた。 その代わりに、イタリア人はアフリカの人種より優秀な人種であり、従って「二流の」アフリカ人を植民地化する権利を持ち、リビアへの1000万から1500万名のイタリア人の植民が主張された。 このことは大量殺害やの使用、数千人の人々の強制的な餓死などを含む、リビアの原住民への攻撃的な軍事作戦となった。 では増加するやへの支持の高まりなどの政治的危機の中で、に軍人であり侯爵であるがスペイン政府に対するに成功し、自分自身を保守的なの指導者に据えて、既存の政党政治制度を無効とした。 リベラは権力獲得後、彼自身が労働者と上司(経営者)の間の和解の仲裁者となることによって経済的な危機を解決し、彼の統治はイタリアのファシストのモデルをベースとしたコーポラティストの経済体制を創立する、と考えた。 1929年-1945年 ファシズムの国際的な高まりと第二次世界大戦 [ ] に発生したは、ファシズムの国際的な高まりをもたらし、複数のファシスト体制の創立や、ファシストの政策の採用が発生した。 最も重要で新しいファシストの体制はヒトラーの指導によるである。 ヒトラーとナチ党の力が高まる中でに権力を掌握した()ドイツのは崩壊し、ナチスは国家を戦争へ向けて動かした。 にナチスは、ユダヤ人や他の人種グループに対する差別や公民権剥奪や迫害を認めた抜本的な人種法()を制定した。 ソ連の社会ファシズム論 詳細は「」を参照 は、やの用語で、とファシズムとを「双生児」と規定し、「の党(の指導下にある党)はファシズムに対しての戦いよりも、優先して勢力と戦うべき」とした。 背景には「がで国家への協力姿勢を示した」ことをが激しく批判していたことが意識され、「は必然的に反動化する」との理論によって正当化された。 この理論のもと前半のはナチスに対しなんら有効な攻撃を行わなかったばかりか、を攻撃するうえでナチスと一致することもあった。 労働者の戦線は分裂し、ナチスに対抗することはできなかった。 しかし結果として、社会ファシズム論はヒトラー政権の成立を許し、共産党の非合法化を招いたため、1935年のコミンテルン第7回大会では、の戦術をとることを決め、社会ファシズム論は放棄された。 パラ・ファシスト のファシストは、勢力拡大してに首相となり、ファシストのイタリアやナチス・ドイツを訪問してこの2つの体制と良好な関係を固めた。 彼は彼の「国家統一党」 Party of National Unity を、産業での一日8時間労働や週48時間労働、コーポラティストの経済の考え、ハンガリーの隣国への領土回復要求などの追求の拠点とすることを試みた。 第二次世界大戦末期にはナチズムに近いが勢力を拡大し、ドイツへの協力を主張した。 のファシスト運動は、1933年以降に政治的な支持を拡大し、1人の鉄衛団のメンバーが総理大臣の ()を暗殺した。 大恐慌の期間中に、や、、などで、ファシズムから要素を借りた各種のパラ・ファシスト(ファシスト類似)の政府が創立された。 大恐慌の間、ムッソリーニは経済に対する積極的な国家の介入を推進した。 彼はに「」を主張し始めたが、彼は現在の「超資本主義」を、退廃を主張して無限の消費者主義を支持して「人類の標準化」を作成するとの理由により誤りと糾弾した。 しかしまたムッソリーニは、初期の「 ()」の経済発展は価値があり、生産的である限り私有財産を支持すると主張した。 大恐慌の当初にイタリアのファシストは経済への大規模な介入を行い、産業再建機構(: Istituto per la Ricostruzione Industriale、IRI)や、破綻した民間会社に国家資金を供給する巨大な国営の会社や持ち株会社を創立した。 このIRIはに恒久的な機関として創立され、国家的なを作るというファシストの政策を追求し、軍需生産の最大化では私企業を超えた力を持った。 ナチス・ドイツでも同様に、ドイツの鉄鋼産業が高品質の輸入された鉄よりも低品質のドイツの鉄を使用する事を強制されたなど、閉鎖経済や再軍備や強制的な政策などの手段により経済政策が追求された。 我々は、民主主義とが、世界の目からはお互いに他方に対して決定的に反対している一方で、彼らの結合された憎しみを持って共通の地に繰り返し集まっては、国家や国家システムの権威主義的なナショナリストの概念を攻撃するのは何故なのか、一度考えてみることができる。 国家の権威主義的なナショナリストの概念では、本質的に新しい何かが提示される。 もその中に取って代わられる。 保守主義 [ ] イタリアのファシズムの的な要因という相違にもかかわらず、の影響もイタリアのファシズムの強力な要因の1つとなった。 家族や、土地所有者の身分や、宗教への信仰などを強調するような共通の社会的伝統を含んだイタリアの保守主義は、他のイデオロギーよりも組織化された政治運動としては弱まっていた が、ファシズムにおいて特に重要な要素となった。 コラディーニ 有名なナショナリストの新聞「レグノ」 Regno の記者で、 ANI の設立者の1人でもある ()は 、ナショナリズムをと結びつけ、「鉄の人種法」によって外国からの影響の除去、の追求、労働者の国家への組み込み、の再生などを含み、他方では「女性的な」、自由主義、民主主義、社会主義などへの反対を含んだ。 コラディーニは「革命としての戦争」と「のナショナリズム」を提唱した。 コラディーニはイタリアにおける革命的社会主義を、その反愛国主義や、反軍国主義、、の主張などのために反対したが、彼や他のナショナリストはその革命的で征服的な精神には感銘を受け、1910年の ANI の会合では以下のように「プロレタリアのナショナリズム」への支持を宣言した。 我々は世界の安息を尊ぶプロレタリア人民である。 ナショナリズムは我々の社会主義である。 この構築されたナショナリズムは、イタリアが道徳的および物質的にプロレタリア国家になるという真実を創立しなければならない。 — 1910年12月、の コラディーニはまた、の「」を研究し、サンディカリスムとナショナリズムの間にはいくつかの思想的な相違があるにもかかわらず、彼は「国家の波打ち際で停止して、更に先には進まないようなサンディカリスム」を熱望する、と発言した。 ロッコ ANI出身でファシストとなった他の保守的なナショナリストには、重要な経済理論家のがいた。 ロッコは経済的なの提唱者で、経済の国力を強化し労働組合のストライキを禁止して国家の監督と仲裁のもとで経営者と労働者に交渉するよう指図したイタリアでのファシストの経済政策の設計の中心人物だった。 ロッコの経済政策は、組織化された労働と彼らが労働者に与えた限定的な権利によって異議を抑制するという保守的な義務と考えられ、結果的には組織化された労働に関連したファシストの多くによってこの政策が敵視された。 ロッコはファシスト時代のイタリア司法省大臣となり、ファシズムが構築中の「保守革命」について、や独立的な構想や大衆による政治変革の試みなどに抵抗する一方で、政策を作成するエリートによって実現される、政治変革の制御と支持された秩序、と説明した。 などの伝統的な制度に譲歩したイタリアのファシストの複数の党派は、イタリアの政府の基礎として完全なファシズムの陣営化を望んだ民兵のなどの強硬路線の「非妥協派ファシスト」による抵抗に直面した。 権威主義 [ ] ファシストの国家の概念は包括的で、国家の外には人間的あるいは精神的な価値は存在できないか、僅かしか存在できない。 この理解によりファシズムはであり、ファシストの国家は1つに統合された、全ての価値を含む1つのユニットであり、人々の全ての生活を演奏し開発し潜在能力を引き上げる。 いくつかの主張では、ファシズムの全体主義の試みにもかかわらず、ファシズムはムッソリーニを取り巻く個性によって権威主義的な狂信的集団となった、とした。 の政治的理論家のは著作「全体国家の法的基礎」で、ナチスの意図を「ドイツの民衆を個々に引き裂く破滅的な」を避けるための「全ての多様性を超えた政治的統一の全体性を保障する強い国家」の構築と記述した。 のファシストであるは、民主主義を「その精神を失い、人類の本質を考慮せずに単に数字上の優位のみに固執する1つのメカニズムに堕落した」とし、イタリアやドイツのモデルを「民主制よりも民主的な政府の1形態」として、日本がそれに追随するよう主張した。 ファシズムの権威主義的な要素の鍵は、国家や民族の最上位のリーダーへの支持であり、彼らはしばしば単純に「リーダー」(指導者)や、イタリア語では「」(総帥など)、ドイツ語では「フューラー」(など)、語では「」(統領など)、では「」、語では「」などの類似の敬称が使われた。 国を支配しているファシズムのリーダーは、イタリアの王のの元で権力を握ったムッソリーニのように、必ずしも常に国家のではないが、政府の長であった。 社会進化論 [ ] 衝突は実際には、全ての社会的な組織や全ての生物的な組織における基本的な法則であり、社会は形成され、力を得て、衝突に向かって進む。 それらの中で最も健康的で最も活気のあるものが、最も弱く活気の少ないものに対して衝突を通じて権利を主張する。 国家や人種の自然な進化は衝突を通じて行われる。 ドイツではナチスが社会進化論を、ドイツ国家における彼らの主義の概念の推進に使用したが、それには現在も人種間で行われている競争や衝突である「人種闘争」で、やアーリア民族に必要なものが勝利する、というナチスの信じる概念が含まれた。 彼らはドイツのアーリア民族が、彼らが弱いとみなした民族を抹殺する事によって強化される事を試みた。 最終的には後半からが開始され、約275,000人のドイツ人や非ドイツ人のや高齢者の市民が、ガスを使用して組織的に殺害された。 ファシズムとナチズム [ ] はでに率いられた政治運動で、広義にはファシズムの1形態とみられている。 は極端なや、などをイタリアのファシストと共有し、ヒトラーはムッソリーニを敬愛して、イタリアのファシストが使用したを真似しての基礎ともした。 しかしながら、ナチスは元々のファシストの概念に、主義やを追加した。 イタリアのファシストは当初は人種差別に関心を持っていなかったが、までにはイタリアのアフリカで強硬なのドクトリンを採用した。 1930年代の初期にはイタリアのファシストとの間には、ドイツによる合邦()や、更に強力な「大ドイツ」の問題で緊張が存在した。 イタリアのファシズムはヒトラーの権力の増大とドイツとの同盟の必要性への回答として、反ユダヤのレトリックを徐々に採用し、最終的には反ユダヤの政策を採用した。 保守主義 [ ] ファシストは、(特にと)の力に対して、社会秩序や伝統的な価値、国民の文化、文明化などをしばしば主張した。 同時にまたファシストは、政策への的な新しいアプローチの提案や、社会を変革できる新体制の政府を主張した。 このようにファシズムは、と急進主義の両方を試みた。 ムッソリーニは「私は的であり、的である」と述べた。 はヨーロッパに大量の社会変革をもたらし、や、、を含む伝統的な王政を消滅に導いた。 戦前のヨーロッパでは政治的や経済的や知的なで、それ自体が危機だと気がついた人々を、強力な支持者として保守主義が引きつけた。 中央および西ヨーロッパの既成のエリートは、の導入や、伝統的な社会階層の崩壊や、古い複数民族の帝国におきかわるの創設によって、弱体化されるか無力にされた。 同時に、特に地方のや熟練工などの人口のいくつかの階層が、の将来や、社会の流動性の増加、の創設などに脅威を感じた。 更に続くでは、が蜂起しての内乱となる脅威を感じた。 通常はこれらの階層は伝統的な保守を頼ってきたが、しかし伝統的な保守政党は戦争の余波で非常に弱体化したため、右の政治的な空白が発生した。 この政治的な空白はファシスト運動の台頭により埋められた。 彼らは力を得て、より古い保守的な階級から支援を受け、場合によっては伝統的な保守政党からの直接支持も得た。 ファシズムはまた大衆運動で、特に下層のや、熟練工、小作農などの一般大衆から、一般人のメンバーを引きつけた。 これらの人々の多くは保守的な経歴からは来ておらず、彼らの一部はに強く影響を受けていた。 その投票者に、ファシズムは自分自身を、エリートと一般人の利益を調整できる新しく革命的な保守主義として提示した。 ファシストのイデオロギーは、社会の不平等と階層が富裕者と貧者ともに利益でありうるというの概念を強調した。 ファシストののモデルは、伝統的な王政でのものとは相違があるが、いくつかの基本原則の基礎と位置づけられた。 アドルフ・ヒトラーはに以下を公言した。 詳細は「」を参照 はで使用される用語で、人間の全ての側面を支配する目的を持つイデオロギーやシステムを指す。 より前では、中央の政府がその市民の大多数の情報をリアルタイムに収集可能なほどには通信は高速ではなく、全てに行き渡るの存在を可能にするほどにはは開発されておらず、比較的少数の武装した兵士がより多数の非武装の大衆をコントロールできるほど武器は効率的ではなかった。 20世紀にこれらの技術的な障壁が崩れ、全体主義的な政府が可能となった。 多くの著者は全体主義的な政府は20世紀に登場したと論じるが、しかし「どの」政府やイデオロギーが全体主義的かは合意が存在しない。 とは、全体主義であると最も多く考えられている2つのイデオロギーである。 とは、「左右の全体主義」の指導者の典型例として最も多く挙げられている2名の人物である。 彼らは反共主義と共産主義というイデオロギー上は対立しながらも組織構造は類似し、彼らの国で絶対的な権力を握り、彼らの周囲にを築き上げ、極端な形でのや政策、など同様の手段を使用し、時には互いに手を携えることもあった。 1920年代の初期にとら、スターリニズムをナチズムのロシアでの形態とみなし、との同盟の形成を望んだ。 しかしヒトラーは2月ので彼らの提案を却下した。 ナチスドイツとソビエト連邦はなどに対する共同戦線を張り、の引き金となったを締結したが、ナチスドイツは後に蜜月を破ってソ連を侵略し、これに対してソ連は側に加わってナチスドイツを攻め滅ぼすこととなった。 政策 [ ] 社会的干渉主義 [ ] ファシストの運動は通常、国家の利益を推進するために、社会的干渉を是認する。 ファシストは、彼らの目指す変革された社会の一部として「新しい人」や「新しい市民」を作ると発言した。 など不適切とみなされた出産のや、文化への干渉を行った。 経済政策 [ ] Part of a series on Politics and elections• ファシストは彼らのイデオロギーを、と()の間の「」と宣伝した。 ファシストは経済政策では、のなどの凶暴なや、 state-socialism による厳格な管理に対して、その両方より優れたと信じる「」を支持した。 イタリアのファシズムはを含み、経済を含めた政治体制は、国家レベルの公式な仕組みによって、雇用主や労働者や国家官僚が共同的に管理された。 イタリアや他の多くのファシスト運動はコーポラティストの経済を推進し、それによって理論上は、国家の利益に貢献する、労働関係の調和と生産の最大化の両方を実現するための、部門別の会社の中のとのの協業を表現する。 ただしなど他のファシスト運動やイデオロギーでは、この経済形態は使用されなかった。 ファシストは新しい国家的な、階級を基本とした経済体制を提唱し、それは「国家コーポラティズム」や「」や「国家」などの異なった名称で呼ばれた。 全てのファシスト運動の共通の目的は自治の除去で、場合によっては既存の大規模な資本主義の除去だった。 ファシストの政府は私有財産を含めた統制を実行したが、はしなかった。 経済政策は職業別のを、国家や党が統制する労働組合に集約するなどの、強力な国家権力と広範なイデオロギーによって実施された。 イタリアのファシストとドイツのナチスの両方はの「」を、莫大な経済計画を通じて構築する試みを行ったが、しかしいずれも経済的な自給自足には至らなかった。 ファシズムはの労働者を、彼らの発生させた的で的で的な路線に統一する事を支援し、強力な労働者の国家を作ることを推進したが、労働者階級の国家ではない。 イタリアのファシズムの経済はコーポラティズムを基本とし、他の多数のファシスト運動も類似のコーポラティズムを推進した。 のは、ファシストのコーポラティズムを「それは人間の身体のような組織された国家を意味し、それぞれの器官はその個々の機能を遂行するが、全体として協調して動く」と述べた。 ファシストはまたは小規模事業者には敵意がなく、彼らは労働者を含めた集団と、上流階級のブルジョアや巨大事業者やからの防衛を約束した。 これらの集団の推進は、ファシズムを意味する「の過激主義」 extremism of the centre という用語の源となった。 ファシズムは資本家や者を、を作り出し、により者を作り出すとして非難した。 ファシズムは、の発生前の時代に支配的となったの経済政策に反対した。 大恐慌が始まった以降は多くの民衆がを超えて、自由放任の資本主義を非難し、ファシズムは彼らのイデオロギーをとの間の「」()として推進した。 ファシストの思想では、私有財産は「個人の利益の前に、共同体の利益」を確実にするための規制が行われるべきとする。 私有財産権は認められるが、国家への貢献を条件とされた。 例えば「ある農場主が羊や雇用を減らすか小麦を値上せざるを得ない場合、彼の利益より雇用」である。 しかしながら、彼らは成功した小規模事業者の利益は推進した。 ムッソリーニは、利益は働いて生産した人々から持って行かれるべきではない、と書き、以下のように述べた。 他者によって生産された、金持ちの上位10位の(吸血鬼)の人間は、私は尊敬せず、憎んでさえいる。 社会福祉 [ ] ムッソリーニは、イタリアの民衆を「再作成」する「社会」を約束した。 Patricia Knight によると、これは部分的にのみ達成された。 イタリアのファシストの社会政策から最も利益を得た人々はとの構成員で、彼らは政府が創出した巨大な労働力により就業でき、のみで約50万から100万人分の職が増加した。 人種政策 [ ] ファシストは人種問題や問題では統一されていない。 の彼の自伝で、彼は「人種と魂は我々全ての上に強く影響する」と書き、について「ヨーロッパの衝突は国家の利益の衝突だけではなく、人種の優位の可能性の衝突と見る者がいる」と言った。 のの演説では、ムッソリーニは「ファシズムは、深遠や、我々やの永続的な必要から生まれた」と公言した。 ムッソリーニは、アフリカやアジアの人種達とは対照的に、白色人種の出生率が低い事を懸念した。 に彼はの黒人の高い出生率と、のなどの特定の地域では人口で白人を超えている事を記した。 彼は彼らの成長する力への貢献として、アメリカ人の白人との比較で彼の人種上の重要な懸念を記述した。 白人の低い出生率の問題に関して、ムッソリーニはに以下を述べた。 都市が死ぬ時、若い生命や新世代の血を奪われた国家は、今や齢をとった退化した人々が割合を占め、攻撃を仕掛けて来る若い人々からもはや自分自身を防衛できない。 (中略)都市であれ国家であれ、これは発生するが、しかし無限に近い大きな期間で見れば、白人人種や西洋人種の全体は、我々の人種よりも何倍もの出生率を持つ他の有色人種によって水没させられうる。 ブラジルなど南米のファシズムに類する運動では、に基づき異なる人種を統合・融和して、統一された「国民」の創生を主張する団体も見られた。 とくに、ブラジルのヴァルガス政権は第二次世界大戦中には移民に対する外国語教育や外国語新聞の発行を禁止し、公用語であるポルトガル語のみの使用を強制する等、移民をブラジル国民としてさせていく政策を行なった。 「」、「」、および「」も参照 宗教政策 [ ] ファシズムの政策は、迫害や非難や協力や取り込みなど、全域にかけて実施された。 ムッソリーニの伝記作家によると「最初はファシズムは猛烈な反で、人々の心を支配的にする上では競争相手だった」。 ムッソリーニは本来は者で、反カトリックの文書を出版し、教会の資産の没収を計画したが、最後には妥協した。 ムッソリーニは政治的な正当性のためにを締結してを支持し、苦しい議論はあったがからファシスト党の統治が受け入れ可能との公式見解を得た。 イタリアでははカトリックほどの影響力は無く、少数派のプロテスタントは迫害された。 ムッソリーニの内務省副大臣の ()は、イタリアのプロテスタントやの全て礼拝所を閉鎖する指示書を発行し、彼らの指導者は投獄された。 いくつかの場合では、人々は彼らの信仰によって殺害された。 ヒトラーやナチスの統治では、キリスト教の彼ら自身のバージョンとしてを試みた。 そのの解釈には大きな変更があり、は神の子で、ではなかったと主張した。 更にキリストはユダヤ人を軽蔑し、ユダヤ人はもっぱら彼の死を願ったと主張した。 しかしに、ヒトラーは積極的キリスト教のな概念を放棄した。 イタリアやドイツのそれらがキリスト教とは微妙な関係にあったのに較べ、スペインやポルトガルなど、カトリックの影響が強いイベリア半島では当初からファシズム勢力と教会の関係は密接であった。 とくにスペインのフランコ体制()は教会を支配体制に巧みに組み込んでおり、「」と呼ばれる独特の体制が生まれた。 ポルトガルのもスペイン程ではないものの、権力の源泉としてカトリックを尊重しており、当初から教会とは良好な関係を築いていた。 一方、スペインやポルトガルを旧宗主国とする南米諸国でのファシズム運動は、旧宗主国に較べれば良好とはいえず、アルゼンチンの政権は旧勢力としての教会と政策面(の合法化など)で衝突する事もあった。 ファシズムと植民地独立運動 [ ] シリア、レバノン、インド、、などでは、ファシズムをバックボーンとした植民地独立運動が発生した。 これらは、ファシズムの掲げる「鉄の規律と団結」によってのみ独立は勝ち取れる、と考えられたためである。 また、ナミビアや南アフリカのそれは、イギリス系のの統治下におかれた(ドイツ系およびオランダ系移民)の不満を背景としたものであった。 ナミビアや南アフリカのアフリカーンスの中には、ドイツの武装親衛隊に志願して入隊した者達もいたという。 ただし、当時のドイツ及びイタリアは論理的にも現実的にもこれらの運動への支援には(直接的・現実的な利害がからむバルカン諸国の運動組織やスペイン内戦を除けば)消極的であり、大きな潮流となる事は無かった。 反面、イタリア・ドイツと直接的な関係がほとんど無かったため、レバノンやシリアのように第二次世界大戦後も存続した組織もある(バルカン諸国のそれらは実力で壊滅させられ、大戦後には旧構成員は摘発や迫害の対象となった)。 ただし、いずれの組織も思想的にはファシズムの色彩は次第に薄れてゆき、民族主義や社会主義、保守主義、反共主義の色彩が強くなっていった。 源流 [ ] ファシズムはをまたがる多数のを基礎にしている。 プラトン ムッソリーニはの著作に大きな影響を受けた。 プラトンは「」(380年)で、社会の政治や安全保障などの全ての管理を実行する事を許された、高度な教養と知性を持つによる、少数のエリートにより支配される体制を提唱した。 この議論は、ファシズムの推進する優秀なリーダーと国家によるエリート支配の概念に影響を与えたと考えられている。 同様にが支持した、少数のエリートに率いられるの政府という思想もファシストに影響を与えた。 ムッソリーニと は、プラトンとパレートをファシズムの継続的な変革の特徴の源として位置づけた。 彼らは、運動や概念における欠点の収集は、イデオロギーを更新し、堕落や陳腐化することを避けることができると主張した。 カエサル ムッソリーニは(ジュリアス・シーザー)を、彼の独裁や全体主義のモデルとした。 ムッソリーニはカエサルへの個人的な尊敬を記述し、カエサルを「戦士の解決と賢人の機略」と呼んだ。 ファシストによるのは、カエサルとその軍団がローマ権力を奪取した紀元前49年の越えの再現を意図したものである。 ムッソリーニはローマ進軍で権力を握った少し後にに行き、廃墟の前に立ちカエサルに敬意を表した。 イタリアのファシスト政府はカエサルを国家の英雄とし、イタリア中に多数のカエサルの像が建設された。 マキャベリ ムッソリーニはの「」を学び、にでその論文を書き、マキャベリを有能な指導的政治家で思想家として賞賛した。 ムッソリーニはマキャベリの「君主論」の概念を国家の化身と位置づけ、大多数の民衆は自己中心的で非論理的な傾向を持つというマキャベリのネガティブな概念に共感した。 ムッソリーニはマキャベリと同様に、民衆は彼ら自身を統治する事には不適切なため、彼らの生活を指示するリーダーシップが必要と主張した。 ホッブス ファシズムは、の「」で描かれたの政治的概念に大きな影響を受けたとも考えられている。 ヘーゲル ファシズムはの理論から影響を受けている。 もから影響を受けたが、ファシズムはが取り上げなかったヘーゲル学派の要素を重視した。 マルクス主義はヘーゲル学派の合理主義やの要素に焦点を合わせたが、ファシズムはその精神主義の要素に焦点を合わせた。 ファシズムのヘーゲル学派からの影響は、ヘーゲルの国家への積極的な認識と彼の的な論を賞賛するナショナリズム的なイタリアの運動に結びついた。 ファシズムの主要な哲学者の1人であるはヘーゲル主義者だった。 ジェンティーレは、ヘーゲル主義に固執しすぎてファシズムやムッソリーニに多大な忠誠を払う何人かのファシストによる批判に直面した。 の後でジェンティーレは崩壊した PNF に影響を与え、ムッソリーニに化の哲学的影響を与えた。 ニーチェ ムッソリーニは、の「」の概念や彼の危険な生存のテーマに影響を受けたが、ニーチェの概念を採用して政治的実践に取り込んだイタリアのナショナリストのもまた尊敬した。 ダンヌンツィオはニーチェのテーマをイタリアに持ち込む重要な役割を果たした。 ニーチェと同様に、ダンヌンツィオはを「」が支配する1つの時代で、退廃した貴族の力は解体すると着想した。 ニーチェとダンヌンツィオとムッソリーニは全て、キリスト教やブルジョワジーや民主主義や改良主義の政策を軽蔑した。 ダンヌンツィオは、知性や、力の崇拝や、民主制への反対の貴族を基礎とした新しい国家の創設を支持した。 彼は、ニーチェのテーマを実証する最良のイデオロギーは、攻撃的なであると信じた。 の間、ダンヌンツィオはイタリアのナショナリストにのテーマを喚起し、イタリアはの後継者だと主張した。 ファシストとなる前はムッソリーニは社会主義者で、ニーチェの反キリスト教の概念や神の存在の否定の影響を受けていた。 ムッソリーはニーチェを、行動の哲学を掲げたとも似ていると見た。 ムッソリーニはニーチェを使用したが、ニーチェはエリート主義の推進や反平等主義の視点を持つため、ムッソリーニは非常に異端の社会主義者となった。 ムッソリーニは、のやのの破綻のために社会主義はつまずいたと感じ、ニーチェの理念が社会主義を強化すると信じた。 までにムッソリーニは、ニーチェの「超人」の概念と反平等主義に賛成し、マルクス主義と平等主義を捨てたと示唆する文書を書いた。 しかしファシストとは異なり、ニーチェは国家を敬愛せず、彼の著作「」で彼は国家について「全ての怪物の中で最も寒い」と述べた。 ガリバルディ ムッソリーニは、父の から重要な影響を受けた。 アレッサンドロ・ムッソリーニは、 ややなどの、の傾向を持つ19世紀のイタリアのナショナリズムを偶像化した革命的者だった。 アレッサンドロ・ムッソリーニの政治的展望は、 や、 やなどのと、ガリバルディの軍事的な権威主義や、マッツィーニのナショナリズムなどの視点と結合された。 のガリバルディ死去記念日で、ムッソリーニは公式演説を行い的ナショナリストとして賞賛した。 シュペングラー 著作「」で知られるの文化は誕生して成熟し年を重ねて、の最終形態に達した時には滅びるという文化の歴史的発展の法則理論もファシズムに影響を与えた。 シュペングラーは文明がある地点に達した時、「」による危機によって新世代を作るまでは、文化はその創造的な能力を失って退廃に陥るとし、を知性や経済やな都会や無宗教の生活、原子化(最小化)された、生物学的および「精神的」な繁殖力の死、などの退廃への屈服と見た。 彼は、帝国的な力を持った「若い」ドイツ国家がの遺産を継承して「」と本能の価値の復活を導き、他方では合理主義の理念は馬鹿げていると信じた。 「Der Mensch und die Technik」や「Preussentum und Sozialismus」や「Year of Decision」などのシュペングラーの他の著作はファシスト達に高く評価された。 シュペングラーの理念は、ムッソリーニややらによって賞賛された。 しかしファシストはシュペングラーの著作を尊敬した一方で、典型的には彼のや悲観主義は拒絶した。 シュペングラーの確固とした反の視点」はムッソリーニに深く印象を与えた。 イタリアのファシストのは、住民は誕生し成長し朽ちていくという循環を経るというシュペングラーの理論を使用して、最上のレベルの国家は高いを持つが、徐々にでは出生率は低下し、他方のでは力のあるメンバーの他国への移住や戦死や上流階級への移動などにより必然的に枯渇すると考えた。 ジニは、もし国家が抵抗を受けずにこの道を継続的に進めば、出生率の低下や文化的成果の減少やな征服の欠乏など、最終的には退廃した段階に入り退化し 、その時にその高齢化した国民を持った退廃した国家は、より若く活力のある国家によって圧倒され制圧されうる、と主張した。 種類と派生 [ ] 学者によってファシストと認識される運動には色々な種類があり、何をファシズムと定義するかはしばしば議論となっている。 ファシストと自己定義したオリジナルの運動はと彼のである。 などの知識人達がを作成して思想を構築した。 しかしオリジナルのファシズムから派生した潮流の多くは、ファシズムという用語を広い意味で使用したり、別の名称で党派の自己定義を行った。 主要な例にはの、などの、の、などのなどがある。 一覧 [ ] 「」、「」、および「」も参照 各国・各地域の主なファシズム政党や運動の一覧は以下である。 上述のようにファシズムの定義や範囲には多数の議論があり、多くの学者の間での合意は無いが、ここでは便宜上、一覧表の「分類」は以下の分類で記載した。 分類 内容 ファシスト(自称) 党名で公式に「ファシスト」「ファッシ」「ファシズム」を掲げたもの(以下のを除く) ファシスト(類似) 党名で公式に「ファシスト」または「ファッシ」または「ファシズム」を掲げていないが、多くの学者から「ファシスト」と呼ばれているもの (自称) 広義のファシズム。 党名で公式に「」 national socialism を掲げたもの(以下のを除く) ナチズム(類似) 広義のファシズム。 党名で公式に「」 national socialism を掲げていないが、多くの学者から「ナチズム」と呼ばれているもの 広義のファシズム。 終結後に設立されたや その他 ファシストの特徴をある程度持っているが、多くの学者は「ファシズム」ではないとしているもの 各国のファシズム政党と運動 分類 国・地域 党・運動 成立 消滅 備考 ファシスト(自称) 1919 1921 が設立。 の参戦を主張してを除名されたらが参加。 の前身。 ファシスト(自称) PNF 1921 1943 がを改称。 最初に党名で「ファシスト」を掲げた政党。 1922年に政権獲得。 ファシスト(自称) PFR 1943 1945 でが設立。 前身は。 第二次世界大戦後のに影響を与えた。 ファシスト(自称) 1921 1923 少数で短命のファシスト政党。 コーポラティズム、土地改良、農業協同組合などを主張した。 イタリア・ルーマニア文化経済運動と合流してとなった。 ファシスト(自称) 1923 19?? とイタリア・ルーマニア文化経済運動が合流して結成された。 ファシスト(自称) 1923 1943 Giuliano Goziが設立。 ファシスト(自称) 1923 1935 が設立。 、、などを主張。 ファシスト(自称) 1929 1940 が設立。 小規模組織。 ファシスト(自称) 1932 1940 が設立。 、保護貿易主義、コーポラティズムなどを主張。 ファシスト(自称) 1931 1945 の団体。 下部団体として 、RGFD など ファシスト(自称) 1932 1934 オランダの少数政党。 「民族ファシズム」や「コーポラティズム的中央集権」を主張。 一部がを結成。 ファシスト(自称) 1932 19?? 、らが結成。 ファシスト(自称) 1934 の一部メンバーが結成。 と連携しコーポラティズムを主張。 ファシスト(自称) PFSh 1939 1944 1943年に「大アルバニア防衛」、更に「アルバニア国家社会主義党」に再編。 ファシスト(自称) 1932 1933 元IRAメンバーで警察長官だったオウエン・オダフィが結成。 本文参照 ファシスト(自称) 国家統合党(緑シャツ隊) 1934? 1944? 青シャツ隊を解散させられたオウエン・オダフィが結成。 スペイン内戦にフランコ側援軍として参戦。 本文参照 ファシスト(類似) 1925 19?? イタリアのファシズム運動を日本に紹介したが主宰。 ファシスト(類似) 1927 1941 が設立。 のナショナリズム運動。 1940年政権獲得。 ファシスト(類似) 1929 1945 が設立。 を設立。 ファシスト(類似) 1929 1932 運動 ファシスト(類似) 1930 1945 が設立。 1935年より政党。 ファシスト(類似) 1931 1944 のフランスからの独立を主張。 ナチスドイツと連携したとして禁止された。 ファシスト(類似) 1932 1937 を主張。 ファシストと呼ぶかは異論あり。 ファシスト(類似) 三民主義力行社 、または中華民族復興社 1932 1941 から1941年の加盟までのはファシズムに傾倒し、党員にもファシストであることを要請した。 ファシスト(類似) 1934 1941 の一部が結成。 を強調。 1940年に「ナショナルフロント」に再編。 1941年にドイツにより禁止。 ファシスト(類似) 1934 存続 が設立。 ファシストと呼ぶかは異論あり。 第二次世界大戦後はファシズム色はほぼ失われ、フランコ独裁政権下の翼賛政党となった。 ファシスト(類似) 1936 1945 が設立。 ナチズム(自称) 国家社会主義党 1903 190? が設立。 を掲げてのに反対し、や、強力な政府、などを主張した。 社会主義政党だが「ファシズムの先駆」とも呼ばれている。 ナチズム(自称) 1916 1941 が設立。 政党だがでは「の軍国主義」に対する参戦を支持し、愛国的なを掲げた。 ナチズム(自称) 国家社会主義同盟 1937 1939 らがから離脱して設立。 ナチズム(自称) DNSAP 1918 1930 1903年結党のオーストリアの「ドイツ労働者党」 DAP, が前身 ナチス前身のDAPと同名だが別党。 ナチズム(自称) ( ナチス、NSDAP) 1920 1945 が指導。 前身は DAP。 1933年に政権獲得。 ナチズム(自称) 1931? 国家社会主義を掲げた日本の政党。 国家社会主義の研究・実践指導団体でありの、「日協」関係のらが共同で設立。 ナチズム(自称) 1932 19?? ナチズム(自称) 1932? George S. Mercouris が設立。 ナチズム(自称) 1932 1944 Aleksandar Tsankov により設立。 ナチズム(自称) 1926 1930 ナチズム(自称) 1933 1945 ナチズム(自称) 1933 ナチズム(自称) 1941 1941 より分裂。 ナチスドイツと連携したとして禁止された。 ナチズム(自称) NSB, 1931 1945 Anton Mussert が設立。 ナチズム(自称) 国家社会主義オランダ労働者党 NSNAP, 1931 1941 Ernst Herman van Rappard により設立。 ナチズム(自称) 1937 1938 ハンガリーの国家社会主義者が団結した政党だが、短期間で禁止。 1935年と1939年にも同名の政党が成立したが、いずれも禁止された。 構成員は後にを結成した。 ナチズム(自称) 1934 1940 ナチズム(自称) 1932 ナチズム(自称) 1939 1944 ドイツ占領下でより再編。 ナチズム(類似) 1939 1945 が設立。 禁止されたの構成員らが参加。 1944年に政権獲得。 ナチズム(類似) 1930 1945 を除名されたのらによって設立された。 当初の名称は「革命的国家社会主義戦闘集団」。 ナチズム(類似) 1932 1940 を党首とする。 とに対する第3極として建設、打倒を掲げていたが・に迎合・接近していき、国家社会主義的な政策を主張、後にに合流し解散。 ナチズム(類似) 1936 1944 を脱党したによって結成された日本の政党。 「日本版ナチス」と言われ、会員は黒シャツ、腕章、赤ネクタイの制服を着用していた。 指導者の中野正剛は元々出身のであり、日本の指導体制やを正面から批判していた。 ネオ・ファシズム 1962 存続 世界のネオナチの連合団体 ネオ・ファシズム () NEO 1951 ネオ・ファシストの連合団体 ネオ・ファシズム () ESM 1951 ネオ・ファシストの連合団体 ネオ・ファシズム 2004 存続 欧州連合加盟国内の国家主義・民族主義・ネオ・ファシズム政党からなる政党。 で1議席を獲得。 ネオ・ファシズム 1946 1995 からの影響が大きい。 後継のは穏健化。 ネオ・ファシズム N9S、 1977 ネオ・ファシズム 1991 1993 ネオ・ファシズム 1994 ネオ・ファシズム 、NNSB 1999? ネオ・ファシズム NBP 1992 が設立。 当初の名称は。 ただし、過去のを肯定するなど、ネオ・ファシズムとは決定的に異なる側面もある。 下記のナーシとは対立関係にある。 ネオ・ファシズム NSWPP 1959 存続 が設立。 当初の名称はアメリカ・ナチ党。 ネオ・ファシズム 1970 1981 が設立。 ネオ・ファシズム NSM 1974 存続 が設立。 の党として、白人の権利、ヨーロッパ文化伝統の保持、家族価値の強化、経済的自立、移民規制などを主張。 ネオ・ファシズム 1982 存続 ネオ・ファシズム 1991 が設立。 その他 1905 存続 のナショナリスト団体。 フランスにおけるファシズムと呼ばれる事がある。 その他 () 1919 1920 「ファシズムの先駆」とされる政治活動を行い、後のムッソリーニに影響を与えた。 その他 、 等 SSNP 1932 存続 植民地独立運動の方法論としてファシズムを採用。 、等を掲げる。 その他 1933 1974 ポルトガルの長期独裁政権。 ファシズム的傾向を持ったとされる。 その他 1993 存続 の政党。 海外メディアは政党としているが自らは否定。 の総選挙では移民排斥を掲げ大躍進した。 その他 1995 存続 の政党。 後、暫定政権へ入閣した。 強硬なウクライナ民族主義とを掲げ、海外メディアよりネオナチ政党と見なされている。 その他 2014 存続 の政党。 で、政権打倒の原動力となった。 とを掲げ、暴力的活動を行った。 その他 (ペロニスタ) 1944 1952 ファシズムから強い影響を受けたとされるポピュリズム政権。 支持基盤であったは現在でも有力政党として存続。 その他 (第一次政権) 1930 1945 ファシズム的政策を採用したポピュリズム政権とされる。 その他 他 1934 1938 当時のオーストリアの権威主義的な政権を一部の学者はとも呼ぶ。 その他 1940 1944 中の対独協力政権。 議会制民主主義の否定、権威主義的な政権、政策などを実施。 その他 1956 1962 、のらによって設立された的、保守政党。 その他? 1936? のの一つ。 国家社会主義者であるの思想に影響を受けたとされる。 を起こし、その後衰退。 その他 1940 1945 のによりすべての合法政党(政事結社)が合流した。 公事結社であり政党や政権ではない。 なお当時の日本は通常はやと呼ばれるが、やは、一部の学者は日本ファシズムやなどと呼ぶ。 その他 1930 1933 らを中心に結成されたの分派。 第二次共産党を「盲従主義」として批判し「の存在を前提とした運動」を目指し、的な運動を展開。 ・らのにも影響を与える。 その他 1968 1971 が結成。 自主憲法制定などを主張するものの、組織自体は及び左翼運動との直接対決を第一義とする民兵組織()であった。 一部のマスコミや評論家は同会をファシズム団体と呼称していた。 その他 2007 存続 が結成。 ファシズムを標榜してやを批判するが、やとも近しい独特の運動を行う。 その他 1865 存続 が設立した団体。 現在は分裂状態にある。 ネオナチ組織との連携が指摘されている。 その他 1936 存続 のを支持母体とする右派政党。 植民地独立運動の方法論としてファシズムを採用して結党された。 その他 1965 存続 を掲げるイランの反政府武装組織。 政府がファシストと呼んでいる。 その他 (ビルマ) 1962 1990 と呼ばれる民族社会主義を推進。 統制経済の実施といった政策面や党首であったの前歴等から、日本の新体制運動との関連性が指摘される事がある。 党是・党員はに継承。 その他 (ビルマ) 1993 2010 (ミャンマー軍事政権)の翼賛団体として成立。 後にとなる。 その他 [ ] 2005 存続 に類似した青少年団体の一種であり、自らはファシズムに反対する姿勢を取っている。 しかし、一時期はプーチン元大統領に忠誠を誓い、旧プーチン政権の私兵的役割も担った事から、一部反プーチン勢力からファシズムとの類似性を指摘されている。 上記の国家ボリシェヴィキ党とは対立関係にある。 その他 サナツィア体制(政権) 1926 1935 国家統制の手法としてファシズムに近似した政策を採った権威主義政権。 しかし、多民族国家志向を持ち、反ユダヤ主義には否定的であり、限定的ながらピウスツキの政敵及びその支持者に言論の自由を認めるなど、ファシズムとの相違点が見られる。 ヨーロッパ地域 [ ] イタリア 以降の社会不安のなかでファシズムは台頭した。 イタリアにとって第一次世界大戦は歴史的なよりもを刺激するものであった。 イタリアはであったが、で不公平な扱いを受けたとイタリアのナショナリストはみなした。 では「」は認められず、らはを占拠してとして独立国家を宣言した。 ダンヌンツィオは自分のことを民族のと呼称し、憲法(カルナーロ憲章)を発表し、これらは初期ファシズムに影響を与えることとなった。 ダンヌンツィオは、と「全ての抑圧された人々の解放」を掲げてにを組織した。 は、青年期にと出会い、にに入党したが、次第にの立場から的なを主張した。 では参戦を主張して社会党を除名され、には「」を結成して、廃止、労働者の経営参加、制、農民への土地分配などの的な綱領を掲げた。 の会議でファシズムの思想がいくつかの原則として創設されたため、この日をファシズム運動の誕生の日とする指摘もある。 には組織をに改め、にはによって国王の組閣命令により政権を獲得し、更にので独裁権力を獲得した。 ファシズム台頭の背景には当時の複雑な社会状況が挙げられる。 当時のヨーロッパは後、体制の危機、貧富の格差の増大による社会不安やの激化や、国内政治の流動化、の成功、の台頭など、極めて厳しい状況下にあった。 そこで「自国内での政治勢力や階級間の対立による分断が、国力増強の妨げとなっている」との現状認識をもち、極端なによって「階級を超えた民族の団結」(ファッショ)を目指し、そういった危機的な状況の打開を旗印に台頭してきたのがファシズムだった。 そのためにファシスト党は経済政策で、 協調組合主義 を主張し、資本家と労働者を、ともに国家のもとに働かせることを目指し、「経済的民主主義については、我々はを提唱し、社会福祉の創造を抑えるような国家介入は拒絶する」と主張した。 またから支援を受けたとの説もある。 ムッソリーニとファシストは革命的であると同時に伝統主義者でもあった ため、彼らは「第三の道」ともよばれた。 ムッソリーニのへのは、やとの競合のなかで計画されたものであった。 ドイツ 詳細は「」を参照 ドイツの()の場合は、イタリアのファシスト党とは異なり元々を掲げ、当初はでは社会主義的な政策を掲げたが、後にはのが優先された。 ヒトラーはムッソリーニとイタリアのファシズムを絶賛し、とくに1922年のを評価した。 ヒトラーは「イタリアにおけるファシズムの勝利は、イタリア人がユダヤ人に勝利したということだ」と述べ、ムッソリーニを讃えた。 はイタリアファシズムを自由民主主義との戦いであるとして「は自由民主主義にとって嵐のシグナルである。 これは自由民主主義精神の世界を破壊する最初の試みである。 1789年の以降、暴力革命動乱が世界を征服し、民族はマルクス主義、民主主義、アナーキー、階級闘争の支配下に置かれた」と述べた。 ナチスはイタリアの真似をしてを計画し、ワイマール共和国はマルクス主義であると考えられた。 ムッソリーニは当初ヒトラーらナチスを単なる真似とみなし、嫌っており、ナチスは道化師であるとのべていた。 しかし、1928年にはイタリアはナチスの有効性を認識し、資金援助をおこなった。 ヒトラーはイタリアのファシズムに傾倒するあまり、 () イタリア趣味 となって 、をドイツのモデルにした。 ヒトラーはローマ帝国の権威主義、帝国主義、都市計画、建築を賞賛し、ローマ人は「 master race 」であるとした。 ヒトラーが当時敵国であったイタリアに敵対心を抱かなかったのは、イタリアがヨーロッパ中央の権力との戦争に至ったのは、に対するがあったからで、奪われた自国の領土を奪回しようとすることは理解できるとヒトラーは述べており、イタリアの行動を理解していたためといわれる。 ナチズムは一般的ファシズムのタイプとみなされるが 、ナチズムは一般のファシズムとは性格も異なり、また定義可能なファシズムを信奉したわけではなく、ファシズムではないとする見解も多数ある。 ナチズムとイタリアファシズムとは人種、民族、反ユダヤ主義の強調において異なるとして、ロジャー・グリフィンは同じにあるがが分岐したと述べている。 またステルンヘルはファシズムとナチズムは共通する特徴を持っており、相互に並行して運動を展開させ、重なるところも多いが、ドイツの国家社会主義が生物学的決定論を採用していたことは根本的に異なるところであり、ナチズムはレイシズムに基づくものであったと指摘している。 オーストリア 詳細は「」、「」、および「」を参照 でのファシズム運動はと呼ばれる。 では(Heimwehr)が1927年の を境にへと発展し、これにムッソリーニが援助を開始した。 1930年のではマルクス主義の打倒、議会制民主主義の拒否、キリスト教的身分制国家の樹立が主張された。 正式な団員は20万人、実際には40万人の支持者がいたといわれる。 1933年、首相は議会を停止し、 ()を組織した。 祖国戦線はコーポラティズムを奨励したが、他のファシズム国家とは異なり世俗的また全体主義的な基盤をもっていなかったといわれる。 ドルフースは、教皇が1931年に発表したの尊厳を訴えた回勅にもとづいて ()を推進した。 また祖国戦線は ()の国家理論の影響を受けていた。 フランス 中にドイツの占領下にあったフランスのもある。 はフランスのファシズム支持者だった。 スペイン ムッソリーニに影響されたらはを1934年に結成した。 のち ()らの Juntas de Ofensiva Nacional-Sindicalista と合併した。 1936年11月20日、ホセ・アントニオはによって処刑された。 その後がイタリア、ドイツの支援を受けてとの戦争に勝利することが焦点であったため、彼以前のスペインファシストよりもイデオロジカルではなかったとされる。 1937年、フランコはとファランヘ党を合体させ、以前のファランヘ党よりも伝統主義的で保守的な政党を結成した。 合体にあたってはに注目した。 保守的で伝統的なフランコ体制は革命的な側面を欠如させており、一般的なファシストとはいいがたいと複数の研究者から指摘されている。 中核ファシストとしての将校とみなす見解もある。 フランコと敵対した勢力はフランコをローマカトリックであるとしても、教会への一般的な感情に逆らって行われたとみなした。 の思想はスペイン語圏のへも影響を与えた。 ではが結成、と1950年代から1970年代にかけて対立した。 ファランヘ党はにも影響を与え、が結成され、民族独立闘争を展開し、1943年に勝利した。 政権下の体制はまで続いた。 ポルトガル 政権下のにおける 1933 - 1974 などが挙げられる。 サラザールは権威的なとナショナリズムを提唱し、(父権主義)にもとづくを目指した。 経済的にはコーポラティズム 、また民主主義を有害なものとして弾劾した。 サラザールは自分のナショナリズムを「良識ある非攻撃的なもの」と主張し、攻撃的なファシズムは異なるとして1934年に「ポルトガルには戦争も権利侵害も征服も必要がない」とのべている。 1936年にはファシズムの全体主義、ナチズム、共産主義を非難しており 、イタリアファシズムの異教的な性格を「道徳と法的秩序を欠いている」と批判している。 ポルトガルのサラザール政権は(サラザール体制を受け継いだ政権を含めれば)まで続いた。 フィンランド フィンランドのファシズム運動にはがある。 イギリス にもファシズムや国家社会主義を掲げる政党が結成された。 、など。 イギリスのファシスト指導者はである。 アイルランド では後、敗者となった IRA 側にファシズムに同調する勢力が登場した。 前述のオウエンらは1932年に(正式名:Army Comrades Association。 ブルーシャツとも呼ばれる)を結成。 アイルランドの警察長官でもあったオウエンをはじめ、隊員の多くが元IRA活動家で占められていた。 1933年にはローマ進軍を模倣した「進軍」を決行するも失敗している。 この失敗により青シャツ隊は非合法化された上に人気を落とし、同隊は率いるに吸収された。 しかし、オウエンは青シャツ隊解体後も National Corporate Party (通称:グリーンシャツ、緑シャツ隊とも)を結成。 スペイン内戦では、同党の800-700人程度の活動家をフランコ将軍側の援軍として参加させた。 その一方でアイルランドでは(彼もまた元IRA活動家であった)のように反ファシズムの姿勢を取る者も少なくなく、彼らもまたの一員としてスペイン内戦に参加した。 しかし、この頃からアイルランドのファシズム運動の衰退は始まっており、スペイン内戦終結後には顕著となった。 第二次世界大戦時には、連合国・枢軸国ともにアイルランドを自らの陣営へ取り込む事を目論み、とくにドイツとイギリスはアイルランドの取り込みに尽力したが、この際に国家統合党が政治利用される事は無かった。 終始一貫してデ・ヴァレラ首相は中立政策を取り続けた(ただし、連合国寄りの中立だったと言われる)。 オウエンは1944年に死去し、国葬されたものの、第二次世界大戦終結後はアイルランドでのファシズム運動は衰退した。 ユーゴスラビア またの民族主義運動「」は、ドイツ・イタリアから強烈な影響を受けていた。 や、でもファシズムの影響を強く受けた政党や団体が出現した。 ソビエト連邦 詳細は「」を参照 時代では本国でのファシズム運動は少なく、欧米や日本、に亡命したロシア人(いわゆる)が反ソビエト及び祖国回復を企図していくつかのファシズム団体を亡命地で結成した。 日本の影響下において満州国ではが結成された。 また、アメリカにおいてはが結成されている。 前者は満州国の消滅および日本の敗戦により、幹部がソ連軍に逮捕されて瓦解した。 一方、後者は反ソビエト運動に変わりないものの、次第にファシズムから距離を置くようになり、後に依拠する思想は保守主義・民族主義・自由主義に転じて存続した。 後、ロシア国内ではを掲げたなどの、ファシズムの影響を持つと考えられる極右政党が出現したが、これらはに近い運動であり、前述の亡命ロシア人のそれらとのつながりは無い。 ハンガリー ハンガリーではが1919年に結成した ()がファシスト的な特徴をもった政治運動とされ、イタリアやドイツと密接な関係を築いた。 ゲンベシュ・ジュラはコーポラティズムを提唱した。 ゲンベシュはドイツ、イタリア、ハンガリーの三国同盟を計画し、ムッソリーニにヒトラーのオーストリア併合に賛同するよう説得している。 1939年にはのが結成された。 ルーマニア ルーマニアではによって創設された大天使ミカエル軍団、またその政党であるが1927年から1941年まで活動した。 コドレアヌらは反ユダヤ主義であり、ラビによるキリスト教世界およびへの攻撃が、、、、、、、社会民主主義などの形をとってなされていると主張した。 はを政治信条にした集団であり、宗教思想的な構造をともなうヨーロッパでは少数の政治運動のひとつである。 ほか、もある。 パラ・ファシズム 一般的なファシズムのように新しい民族性格をつくりあげようとする革命の目的は持たない、パラ・ファシズム(準ファシズム)の存在を指摘する見解もある。 パラ・ファシズムはファシズムの厳密な定義とは異なる権威主義的な制度ともいわれる。 典型的なパラ・ファシズムは急進的な変革や脅迫を避ける。 ギリシャ ドイツ国家社会主義に影響を受けた軍人が統治したのでは、大衆国民青年組織 Ethniki Organosi Neolaias などが活動し、「第三ヘレニズム文明」が目指された。 アジア地域 [ ] 日本 昭和16年(1941年)1月15日号、上から近衛文麿、ムッソリーニ、ヒトラーの姿を描いたを持つ、独日伊の女性 日本におけるファシズム観は以下のように推移した。 以前、社会主義者はファシズムを「フアスチスチ」(ファシストの日本語表記)をのようなナショナリズムと考え、は「反動的」な運動だと考えていた。 『』(1922年)11年5月15日号では、ファシズムを反動的運動としながらも、本来社会主義から生まれたことや左派への反感が生み出したことなどに触れるの分析が掲載されている。 ローマ進軍以後、ファシズムへの注目が集まるようになると、様々な見方が生まれた。 は「祖国の現状を顧みて憤然願起せる純真無垢の精神」が生み出したファシズムを支持し、同志として扱った。 はムッソリーニをと同様の民族主義の英雄とみなし、旧社会に立ち向かう青年運動と見なした。 国家社会主義者もムッソリーニ政権誕生を賞賛した。 一方でコミンテルンの影響を受けるの文書では当時から批判的に扱われていた。 一方で社会主義者達は反動団体による日本におけるファシズム運動の発生を警戒した。 は、ファシズムをフランスの ()の一種と見なしており、「連帯主義を国家の権力を以って実行すると云ふことが即ちファッショである」としていた。 そして、ファシズムを労資双方の「階級的の利己主義の弾圧」と言えるとし、その運動を「無産階級の勢力が余りに強くなって、資本を食い荒らして遂に行き詰まった」ことに対する反動により起きたものであるとし、ファシズムを「国民本位の政治」であるとした。 また、彼はファシズムを「共産主義を撲滅することを目的としたもの」であるとし、共産主義が滅びればファシズムも存在理由を失い自ら崩壊するだろうと述べている。 五来欣造が代表を務めるには、白系ロシア人で日本代表のが参加していた。 1937年、やらが顧問をするが誕生し 、五来欣造はその団体の評議員の一人となっている。 国際反共連盟の発行する機関紙である「」上では、ファシズムに関する記事が多数載せられていた。 が勃発すると、近衛文麿首相の主導により、日本ではとが展開された。 らは一国一党組織としてのを結成する動きが生まれ、諸政党は解散してこれに合流した。 らによれば近衛は日本のファシストとナショナリストを統合してドイツやイタリアのファシスト体制との関係を強化することを目指したという。 ヨーロッパのファシズムと異なり、日本のファシズム運動における人格のは政府の頭領でなく、に求められた。 は日本の拡張主義と帝国主義を推進し、を提唱した。 またから期の日本の時代には があったともされる。 中華民国 は1920年代から1930年代にかけて、に成功した主義、ついで以後、ファシズムに傾倒した。 蒋介石は1931年にファシストの政治理論について「国家を最高至上の実体国家と認識し、いかなる犠牲をも国民に強いることで、民族生命の存続」を図るものとし、「最も効率的な統治者」と評価した。 1933年の演説ではファシストになる条件として、民族復興、組織や精神などすべての軍事化、唯一のリーダーへの信仰の三つを持つべきと提唱し、「どの党員も、直接的には領袖、団体の為に犠牲を払い、間接的には社会、国家、革命と主義の為に一切を犠牲にしなければならない!このようにしてこそ、われわれははじめてファシストと呼ばれることができる」と主張した。 樹中毅によれば、蒋介石はのとファシズムを結合し、「中国魂」を再生を図った。 ただし、国民党のファシズムは、産業基盤がなく、ヨーロッパや日本のファシズムのような対外膨張を伴うものではなかった。 蒋介石がからまで推進した「」 もファシズムと呼ばれることがある。 員であったが蒋介石と決別した は、当初ヨーロッパのファシズムを敵視したが、1930年代のナチスの経済政策の成果を評価し、支持するようになった。 汪兆銘は1936年にドイツを訪れ、「いくつかの先進国はすでにその民族的バイタリティを拡充させ、民衆の力を増大させ、外国の攻撃をもはや脅威としないまでになっている」と述べた。 汪兆銘の秘書でジャーナリストだったは1937年に「ファシストやナチスの方法や政策についてどう考えるにせよ、我々は指導者が国民の熱狂的な支持を獲得するという事実である」とのべ、また「愚かで残酷な物事」がファシスト国家においては積極的な方法でなされ、その結果、途方もない変革がドイツのイタリアの民衆の政治的外観において顕われた」とのべている。 はナチスの的な側面を強調し、またShih Shao-peiは「我々はナチスについて愛国心の誇示ということについてあまりに聞かされてきたが、その社会主義的な側面については聞かれない」とのべ、論文でもナチスはドイツの工場で労働者の状態や雇用関係を改善し、によって休暇も与え、失業者には公共奉仕労働を供給し、「労働階級を国家社会主義へ統合し、現代資本主義の邪悪な要素を廃止した」と主張した。 東アジア反共国家群 、(南ベトナム)、など、20世紀後半に、、ないし一党独裁政治をおこなっていた東アジア反共国家群の体制は、一般にはと呼ばれる。 ミャンマー また、1962年のクーデターで出現した(ビルマ)の政権は、一党独裁を標榜しながらも実態は国軍を国家体制の中心とする事実上の軍事政権であり、第二次世界大戦中にはネ・ウィンが日本から支援を受けていた事もあって、ファシズムとの関連性を指摘されることがある。 アメリカ [ ] アメリカ合衆国 はのファシズムを懸念していた。 第二次世界大戦の前後には、現実に少数のファシズム団体や政党、ファシズムやナチズムを支持する著名人(など)たちも出現した。 アメリカの団体に1936年に創設されたがある。 しかし、これらの多くは第二次世界大戦中にに告発されて衰微した。 またアメリカのはを唱えた。 前、ドイツは当初中立姿勢を取っていたアメリカを連合国側に参戦させないようにするため、様々な工作を謀り、 KKK との連携を模索していた。 しかし、KKKの実態を事前調査したドイツ側が「連携すると ナチスの 品格にかかわる」と判断し、連携は見送られた。 第二次世界大戦後、のあらわれともいえる をアメリカにおけるファシズムの表れと見る見解もある。 アルゼンチン からにかけてのの政治運動は、その代表者の名前を冠してペロニズムとも呼ばれる。 ブラジル では ()によってファシズムのが展開した。 ブラジル統合主義運動はコーポラティズム、、反資本主義、反共産主義を提唱し、武装部隊は緑シャツ隊とよばれた。 また政権もファシズムから多大な影響を受け、その手法を使用して独裁政権を築いた。 ボリビア また、ではボリビア・ファランヘ党と呼ばれる極右政党が成立し、長い間有力な野党として存続した。 しかし、これらは思想としてはやなどと呼ばれ、ファシズムとは区別する立場も多い。 ペルー 20世紀後半の南米で民主主義で成立した政権を政府の支援するクーデターにより打破して誕生した数々の専制的な、同じく軍事政権でありながら色を強調し旧東側諸国への接近を図ったの政権も、ファシズムと呼ばれることがある。 中東 [ ] 第二次世界大戦以前、、、、などにナチス団体が存在し、リーダーはナビ・アル・アズマー(Nabi al-Azmah)、アディル・アルスラン Adil Arslan らであった。 、、の三団体はヨーロッパファシズムの直接の影響をうけ、ファシストとみなされている。 スタンレー・ペインは、第二次大戦当時の中東の民族主義はファシズムの性格が強く、の、また戦後なども資本主義を放棄し、やを説いたと指摘している。 レバノン の新聞編集者だったカミル・ムルワはドイツ外相に対して「すべてのアラブの若者はヒトラー氏に熱狂しています」と述べ、また新聞紙上で「我が闘争」の英語版をアラビア語に翻訳した。 の () 1869—1946 は、ナチズムへの共感でも知られ、「すべてのアラブ民族の王国によるアラブ王国」の再創造を切に願った。 シャキブ・アルスランが1935年に発表した著書ではイスラム急進派へのファシストプロパガンダによるネガティブな評価が主張され、これはシリア、レバノン、パレスチナ、エジプトで読まれた。 1931年の著書「イスラムの新しい国土」ではムッソリーニの勝利とを () 622—687 の後援者でありアラブ主義の真の友人であると賛美した。 またスペインのはにも影響を与え、が結成され、民族独立闘争を展開し、1943年に勝利した。 エジプト エジプトでは、イタリアのファシストが王の支持を得ようと「大アラブ国家」の頭領になることを促していた。 エジプトのアラブナショナリストは1920年代にはファシズムを賞賛したが、1931年までのイタリアの残忍な行為によって評価は変わった。 (緑シャツ隊)はファシストとされる。 パレスチナ 「アラブ世界の父」とよばれた ()は 、ヒトラーやムッソリーニと面会した。 アル・フサイニはイギリスとユダヤ人にたいして憎悪を持っており 、や(1932年結成)といったナチス支持団体の影響をうけた。 においてファシストはユダヤ人迫害をおこなった。 イラン のはファシストを堂々としていると評価していたためはドイツの支配下に陥るのではないかとおそれた。 フレッド・ハリデイによればパフラヴィー体制はショービニズム、帝国的郷愁、カリスマをもったナショナリストであった。 パフラヴィーは「イスラムのムッソリーニ」ともよばれ、1940年にはイランに4000人のナチ工作員がいたとする指摘もある。 パフラヴィーは連合国が要請したを拒否したため、1941年、イギリスとソ連はイランに侵攻し、パフラヴィーは退位した。 1943年、ドイツ落下傘部隊はイランに対してラジオでプロパガンダを行った。 シリア はナチスをモデルにし、そのシンボルはザウバー Zawbah とよばれるであった。 ()によって創設され、党歌では「シリア、シリア、すべてに勝りしもの」と歌われた。 フトゥッワ シリア社会民族党、イラクの 、青年エジプト党の三つのグループは、のの思想家であった ()の影響をうけ、これは世界の転換によってアラブ民族の復興を目指す領土拡張主義であった。 イラク イラクでは () によるが知られる。 ムッソリーニは初期よりアラブのナショナリズムとの連携を推進しようとしており、では「イスラムの英雄」「イスラム防衛」と宣伝され、も結成された。 ファシストの () は、ナチスを支持する演説を行い 、1941年にのユダヤ人へのの ()にも参加した。 ムッソリーニとヒトラーを支持するサイブ・シャウカットのアジテーションによるものだった。 サイブ・シャウカットは、シリアやパレスチナのアラブ人教師に支持された。 アル-ムトハナクラブはヨーロッパのファシズムに影響されており 、このによるプロトファシスト組織は1930年代に運動を展開した。 イラクの医師でナショナリストであった ()もナチスに共感していた。 1938年に ()はニュルンベルクのに使節を派遣し、1939年にはの指導者をバグダッドに招聘した。 バアス党(シリア、イラク) またもヨーロッパファシズムに影響されているとされる。 創設者のは、のちにナチスの国家社会主義の影響をうけた。 ミシェル・アフラクはアラブナショナリストであり、、ユダヤ人、に対する人種主義的な考えを持っていた。 アメリカ合衆国のや、はアフラクをファシストとみなして報道している。 も演説でを賛美している。 アメリカのの番組「サダムと第三帝国」でもがナチス党の影響を受けていると指摘された。 トルコ トルコでもムッソリーニのファシズムに影響されたものは多く、のなかでも人種主義や権威主義が語られた。 ドイツ・イタリアファシズムのアラブ観 アラブ勢力のナチス支持にも関わらず、ナチスはアラブ民族を人種的に劣等とみなしていたため、アラブ地域におけるユダヤ人排斥以外で利点はなかった。 しかし、多くのアラブ人はそうしたナチスのアラブ軽視を認識していなかった。 ヒトラーはアラブ人について「鞭を打つべき半分猿」と表現したこともあった。 ヒトラーとにとってイギリス人とユダヤ人とコミュニストは共通の敵であった。 ムッソリーニのもユダヤ人やアフリカ人と同様にアラブ人に対する人種政策法令を採択していた。 イタリアのファシズムがアラブ人、黒人、スラブ人に対する犯罪を犯したとするロバート・ガーワースの指摘もある。 評価・批判 [ ] 「」も参照 ファシズムに対しては第二次世界大戦の終結後以降、さまざまな理由から幅広い批評・批判がなされている。 ファシストの思想への批判以外にも、その本質や特徴、更には整合性を持った思想かどうか、について議論が続いている。 ある見解では、ファシズムは現実の思想では全く無い。 この見解ではファシズムは、単に虚無的な暴力を約束しただけの非合理的での政策による体制であり、論理的または合理的な定義は持たず、その公式な思想の各部分は単なる宣伝の道具で、しばしば矛盾する。 第二次世界大戦以前 第二次世界大戦以前は、多くの指導者がファシズムやファシストのリーダーに敬意を払った。 は、ムッソリーニは共産主義の脅威からイタリアを防衛するための強力な能力を持っていると主張し、また自由主義のための犠牲の価値を主張して、後半までイタリアのファシスト体制を支援した。 のナショナリストであるはかつて、彼は最初のファシストであると主張し、ムッソリーニやが下層階級を起源に生まれたという事実を尊敬すると宣言した。 大統領のは、でイタリアのへの侵略を非難する前に、彼がムッソリーニを示して「賞賛に値する紳士と連絡を保っている」と言った。 は、ムッソリーニとイタリアに平和の価値を広める試みのため、12月にムッソリーニに会いにイタリアに旅行した。 ただしこれらの行動には外交的配慮や儀礼的なものも含まれる。 しかし、の元になった役員などによる公然たる支援は形式的といえないものであった。 第二次世界大戦が始まると、彼らの多くはファシズムを批判的に扱うようになり、あるいは言及を控えるようになった。 こうした彼らの過去はしばしば反対者からファシストに好意的であったと批判される時の材料となる。 マルクス主義者による批判 者はとの立場から、ファシズムを者によるだと非難する。 それは的なを作る試みであり、には人気があるが、実際には労働者階級を抑圧するとした。 ファシズムの支持基盤は、単にであったという説、国家や民族全体の熱狂であったとする説の他、大企業などの資本家階級でも労働者階級でもない保守的な中産階級であったとの説もある。 者は、ファシズムを「全ブルジョアによる労働者階級に対する政治的な攻撃」「大資本、大地主の家来」と批判した。 は「ファシズムは腐敗崩壊段階の資本主義」と批判した。 はコミンテルン第七回大会でイタリアのファシスト政権を「金融資本の最も反動的な、最も排外的な要素による独裁」であると非難した。 マルクス・レーニン主義者達はの論に従ってファシズムが「」から生まれたものであるとした。 はとは異なった見解として、「イタリアのファシズム運動は広範な大衆の自然発生的な運動」で、「ファシズムの真の基盤は小ブルジョアジー」であるため、イタリアとドイツでは大きな基盤があり、労働者階級が多いイギリスでは基盤は小さいが今後は予測できない、と分析した。 の共産主義者の Djula Sas はの評論で、イタリアのファシストは労働者階級の組織を解体し、特定の地域では賃金を大幅減少させ、相続や戦争の利益への税を廃止して、「国家的生産」の必要性を強調した、と記した。 Sas によれば、これらの行動はファシズムは産業資本主義の奉仕であったことを明白に示した。 マルクス主義者によるファシズム批判に対する反論としては、マルクス主義者のファシズム解釈は、典型的には発展途上の取り組みを基礎としており 、マルクス主義者のファシズムの発展途上の視点は、ではファシズムが出現しなかった理由の説明の欠落が批判されている。 また、大きい相違を持つ複数の運動を、単純に「ファシスト」と分類しているとの批判がある。 この結果、配下のや、配下のなどを含む複数の共産主義体制は、そのような解釈で「ファシスト」と宣言し続けている。 第二次世界大戦後 のは著作「」で、ファシズム(ナチズム)を少数者による狂気と恐怖支配とするのは間違いで、近代の人間は自由を得て伝統的な権威や束縛を失った結果、孤独・無力・恐怖となり、「自由からの逃走」として自ら権威を求めるファシズムや、更には多くの民主国家においてもが発生したと主張した。 は著作「」でファシズムとは、いずれもの思想の影響を受け、その起源はなどの「フランス」であるとして、ファシズムとスターリニズムを「双生児的な」と呼んで批判した。 この見解は両者を批判するの立場からも主張されている。 のはファシズムの特色として積極的信条を持たず他者を攻撃・否定すること、政治と社会の基盤が権力であることを否定すること、そしてファシズムへの参加は提唱者によって行われる約束を信じるのではなく、信じないために行われるという三点をあげている。 反ファシズム 詳細は「」を参照 ファシズムに対する批判者の立場を総合してと呼ばれる。 戦後に誕生したにおいて反ファシズムが基本理念とされ 、支配的なイデオロギーとなった。 1960年にはファシスト系のの党大会開催に抗議し、でイタリア共産党主導によるが暴動が発生した。 しかしイタリア社会運動もその後穏健化し、明確な「ファシズム」復活の危機は減少している。 ()は『反ファシズムの危機』の中で「反ファシズム」が「ファシズム」の存在を前提としており、明確な「ファシズム」が存在しない現状で「反ファシズム」が単なる偶像と化してしまうのではないかという危機感を表明した。 シンボルカラー [ ] 「ファシズムのシンボルカラーは、ナチズムは」などと言われる場合もあるが、公式な位置づけは無く、また明確な根拠も無い。 ムッソリーニはを組織したが、これは在郷軍人の制服色であり、黒以外にもなどが使用された。 ナチスでは、の制服やヒトラーの礼服は褐色で、党本部も「褐色館」と呼ばれていたが、これらは軍服の色である。 またの制服は黒色だが、これは時代(19世紀)のから採用したものである。 参考文献 [ ] 一次資料• 1932. 1939. Doctrine and Action: Internal and Foreign Policy of the New Portugal, 1928—1939. Faber and Faber. 1968. Nelson Publications. 1971. Textos de Doctrina Politica. Madrid. 1998. My Rise And Fall. Da Capo Press. ,2006. My Autobiography: With "The Political and Social Doctrine of Fascism". Dover Publications. 2001. The Ciano Diaries, 1939—1943. Simon Publications. 研究書• 『自由からの逃走』()、1941年、 - ファシズムの勃興を心理学的に分析。 『』()、未來社、1957年• 『ファシズム その比較研究のために』() 有斐閣選書 1979年11月• 『ファシズム』() 岩波現代文庫 2006年3月• 「一九二〇年代初期日本におけるイタリア・ファシズム観の考察」『文明構造論 : 京都大学大学院人間・環境学研究科現代文明論講座文明構造論分野論集』第3巻、京都大学、2007年、 1-33頁、。 「ファシズムをどう理解するか : P・ドラッカー『「経済人」の終わり-全体主義はなぜ生まれたか』を読む」『敬愛大学国際研究』第13巻、敬愛大学・千葉敬愛短期大学、2004年、 19-51頁、。 「反ファシズムの存立条件としてのファシズム--1960年ジェノヴァでの騒乱をめぐって」『クヴァドランテ. 四分儀』第11巻、東京外国語大学海外事情研究所、2009年、 99-113頁、。 「ファシズム研究の問題点 : 国際ファシズム研究の紹介を中心に」『史論』第18巻、東京女子大学、1967年、 1-27頁、。 樹中毅「」アジア研究 51 1 , 2005年、アジア政経学会• 樹中毅「蒋介石体制の成立 非公式エリート組織とファシズムの中国化」アジア研究 57 1 , 2011年、アジア政経学会• 『ムッソリーニ 悲劇の総統』(大森実) 講談社文庫 1994年8月• 『』(大内 力)中央公論新社、改版版、2006、• 『天皇制ファシズムとそのイデオロ-グたち--「国民精神文化研究所」を例にとって』(宮地正人)「季刊科学と思想」1990年4月(通号76)• 『日本法西斯思想探源』(崔新京、他)社会科学文献、2006、• 『ファシズムの解剖学』(ロバート パクストン)、桜井書店、2009、• 『ファシズムを超えて 一政治学者の戦い』(パクストン・ロバート)、桜井書店、2009年• 『時代(ファシズム)を駆けぬけた建築』(ジュゼッペ・テラーニ)、INAX出版、1998年• 『日本流ファシズムのススメ。 』(、他)、ぴあ、2009年• , The Third Reich in Power: 1933—1939, The Penguin Press HC, 2005• 1976. Transaction Books. De Felice, Renzo. 1977. Harvard University Press. 2005. Ars Magna Editions. Kitsikis, Dimitri. 2006. Ars Magna Editions. Ben-Am, Shlomo. 1983. Oxford University Press. 1987. University of Wisconsin Press. Vatikiotis, Panayiotis J. 1988. Routledge. Payne, Stanley G. 1995. University of Wisconsin Press. 1995. Social Science Monographs. Griffiths, Richard. 2001. Duckworth. Lewis, Paul H. 2002. Greenwood Publishing Group. Payne, Stanley G. 2003. Textbook Publishers. 2005. Vintage Books. 1996. Fascism: A History. New York: Allen Lane. 1970. The Mass Psychology of Fascism. 1935. Sawdust Caesar: The Untold History of Mussolini and Fascism. New York and London: Harper and Brothers. Facts and Fascism. New York: In Fact. 1943, reprinted 2009. 288. Economy and Class Structure of German Fascism, London, CSE Bks, 1978• Kallis, Aristotle A. ," To Expand or Not to Expand? Territory, Generic Fascism and the Quest for an 'Ideal Fatherland'" Journal of Contemporary History, Vol. 38, No. Apr. , 2003 , pp. 237—260. 1990. Rehearsals for Fascism: Populism and Political Mobilization in Weimar Germany. New York: Oxford University Press. 2000. "Revolution from the Right: Fascism," chapter in David Parker ed. Revolutions and the Revolutionary Tradition in the West 1560—1991, Routledge, London. 1966. Fascism: Past, Present, Future, New York: Oxford: Oxford University Press, 1997. Sauer, Wolfgang "National Socialism: totalitarianism or fascism? " pages 404—424 from The American Historical Review, Volume 73, Issue 2, December 1967. with and. [1989] 1994. The Birth of Fascist Ideology, From Cultural Rebellion to Political Revolution. , Trans. David Maisei. Princeton, NJ: Princeton University Press. Baker, David. "The political economy of fascism: Myth or reality, or myth and reality? " New Political Economy, Volume 11, Issue 2 June 2006 , pages 227 — 250• Griffin, Roger. 1991. The Nature of Fascism. New York:. [1964] 1985. Varieties of Fascism: Doctrines of Revolution in the Twentieth Century, New York: Van Nostrand Reinhold Company, Contains chapters on fascist movements in different countries. 2005. The Origins of Fascist Ideology, 1918—1925: The First Complete Study of the Origins of Italian Fascism, New York: Enigma Books,• Routledge, 2004. Fascist Italy and Nazi Germany: the 'fascist' style of rule 関連作品 [ ] 映画• 「」(1970年、イタリア・フランス・西ドイツ合作映画):後に「」などで有名となった、イタリアの監督の出世作。 大戦前夜の1938年を舞台に、反ファシズム活動を行う恩師の暗殺を命じられた大学講師の葛藤を描く。 優柔不断なインテリ青年がファシズムに傾斜していく姿を通して、ファシズムの根が彼方にではなく、われわれの内部にあることを告発する作品として評価が高い。 「」(1999年、スペイン):スペイン・ファシズムの台頭を描いた作品。 1936年のスペインの片田舎で、8歳の少年と民主派の老教師の交流を描く。 少年は先生からさまざまなことを学び成長するが、内戦が始まり悲劇的な別れが待っていた。 「」(2006年、アメリカ・ドイツ合作映画):近未来に起こった第3次世界大戦の後に、擬似ファシズム国家になった英国を舞台に、仮面を付けた"V"が独裁政治から国民を解放しようとする。 物語の中の体制はファシズムに似ている。 『』(村上龍) 脚注 [ ] []• 2019年2月25日閲覧。 不二出版、ゆのまえ, 知子、秋定, 嘉和『編集復刻版 買売春問題資料集成』第8巻、、1997年、242頁。 岩田新 1942年9月20日• 2 広義では、イタリア-ファシズムと共通の本質をもつ傾向・運動・支配体制。 (以下略)」(第四版)• 2019年2月25日閲覧。 New World, Websters 2005. Webster's II New College Dictionary. Houghton Mifflin Reference Books. Payne, Stanley 1995. A History of Fascism, 1914—45. Doordan, Dennis P 1995. In the Shadow of the Fasces: Political Design in Fascist Italy. The MIT Press. Parkins, Wendy 2002. Fashioning the Body Politic: Dress, Gender, Citizenship. Berg Publishers. 産経新聞. 2014年2月7日. の2014年2月7日時点におけるアーカイブ。 2014年2月7日閲覧。 Orwell. 2008年1月8日. Gregor. Mussolini's Intellectuals: Fascist Social and Political Thought, Princeton University Press, 2005 p. George Orwell, What is Fascism? Duckworth. Woolf, Stuart 1981. Methuen. Gregor, A. James 2002. Phoenix: Fascism in Our Time. Transaction Publishers. Fascism, Comparison and Definition. University of Wisconsin Press. Griffin, Roger and Matthew Feldman p. 420-421, 2004 Taylor and Francis. Kallis, Aristotle, ed. 2003. The Fascism Reader, London: Routledge, pages 84—85. Renton, David. Fascism: Theory and Practice, p. 21, London: Pluto Press, 1999.

次の

レイシズムとは何か|梁英聖|note

レイシズム ファシズム

ファシズムとは、20世紀前半の時代に現れた国家体制の一類型で、独裁権力のもとで議会制民主主義が否定され、強力な軍事警察力によって国民の権利や自由が抑圧される国家体制を言う。 全体主義ともいわれるが、第一次世界大戦後に生まれたイタリア=ファシズムに見られる特徴は、反ブルジョワ、反資本主義を掲げた革新性を装うこと、議会政治での政党間の争いを克服すると称して、カリスマ的な指導者が大衆宣伝を行って選挙という民主主義を装うこと、などである。 ファシズムは第一次世界大戦後の、という国際社会の矛盾を突く形で生まれ、という資本主義の矛盾という中で育った。 で、が結成したが1922年に権力をにぎったのを最初として、他に典型例としてはドイツののによるがある。 また一個の政党ではなく、軍部が権力を握り、政党を大政翼賛会として傘下に置き、天皇信仰をテコに国民を動員した1930~40年代前半の 日本型ファシズム(天皇制)国家もある。 ファシズムを狭い意味でイタリアのファシスト党の独裁政権に限定した場合は、ドイツのナチズム、日本の軍国主義との違いが論じられるが、世界史の大きな理解ではドイツ、日本もファシズム国家と規定した方が良いと思われる。 ファシズム国家のもとではが強調され、国家元首への敬礼や国旗や国歌への拝礼が強要され、国家利益が優先されて国民の人権や自由は奪われる。 政治においては議会や政党は否定されるか、あっても一党独裁のもとで形骸化して民主主義は行われなくなる。 なお、先進国であるイギリスやフランスにもファシズム運動は出現したが、いずれも大衆的な広がりにはならず、国家権力を奪うほどにはならなかった。 ファシズム国家の諸相 イタリア・ドイツ・日本は帝国主義の矛盾が表面化した世界恐慌の後、1930年代から侵略行為を自衛のためと正当化して軍事行動を開始、1940年代にと称して提携した。 第二次世界大戦はファシズム国家対自由と民主主義を守る連合国という大義名分で始められ、45年にファシズム諸国が敗北することで終わった。 戦後世界はファシズム国家の出現を国際的に防止するしくみとして「連合国」を発展させ、国際連合を組織した。 その他のファシズム国家 この典型的な三つの国家以外にもファシズム国家は存在した。 ファランヘ党によって支えられたスペインの政権、隣国ポルトガルの政権(及びその後継のカエターノ政権)である。 この二国は、いずれも1930年代末までに独裁体制を作り上げ、大戦後にも政権を維持している。 スペインにはフランコ以前の1920年代に政権がファシズムに近い独裁政治を行っていた。 また大戦前ののドルフース政権、のアントネスク政権、のメタクサス政権もファシスト政権とされるが、これらは大戦期に崩壊した。 なお、1910~20年代のハンガリーの、ポーランドのも独裁政権であったが、これらはファシズムには近いが、区別して 権威主義体制とされている。 ファシズムの語源 ムッソリーニの創設したファシスト党に始まるが、その言葉は古代ローマの ファッショに由来する。 ファッショは古代ローマの(コンスル)の権威を示す一種の指揮棒のようなもので、小枝(棒)を束ねたもの。 権力の象徴とされ、人民を「束ねる」意味があるところから、全体主義を意味する言葉として蘇った。 そこから、ファシスト(全体主義者、国家主義者)、ファシズム(その主張)という用語が派生した。 ムッソリーニはいたるところで古代ローマを賞賛し、学校ではローマの歴史を重視し、ローマ建国の日とされる4月21日は祭日となり、盛んにラテン語を引用した。 <ダカン『イタリアの歴史』2005 ケンブリッジ版世界各国史 創土社 p. 319-> ファシズム台頭の背景 第一次世界大戦後もさらに激しくなった列強の帝国主義の利害対立の中で、1929年にが起きると、ドイツやイタリア、日本のような後発的ないわゆる「持たざる国」は、イギリス・フランス・アメリカという「持てる国」を主体とした・を打破し、世界再分割を要求するようになり、軍事力による生存圏の拡張を図ろうとする風潮が生まれた。 そのファシズム指導者を国内的に支持したのは、特に世界恐慌による経済不況に苦しめられた中間層の多数派であった。 ファシズムは彼らの不満を背景に、旧来の伝統的権力を否定し、国民主体の社会にするという一種の社会革命幻想を振りまき、中間層を取り込んだ。 また、国民を国家と一体化するために、ことさらに民族主義(ナショナリズム)を鼓吹し、民族的な優越を強調して、反面他民族や異民族に対して激しい敵意を隠さず、特にを排除した。 各国とも、資本家(財閥)や軍、教会などの保守勢力は当初はこのようなファシズムを危険視して警戒したが、次第に共産主義革命を抑える力として利用しようという姿勢を変え、容認し、提携するようになった。 それがファシズムが権力を握った理由である。 それがもっとも顕著に表れたのが、ドイツのの主張であり、それを実現したのが、であった。 人民戦線の意義 ファシズムの暴力的攻撃に対して議会政治や自由主義を擁護するには、それに対抗する勢力がばらばらであっては力にならなかったことは歴史が示している。 それに対抗する勢力、具体的にはブルジョワ民主主義政党、社会民主主義政党、そして共産党などが幅広く結束して、いわゆるを構築するしかなかったのであるが、ドイツとイタリアでは社会民主主義政党と共産党は激しく対立し、互いに相手を目前の敵としてたため、ファシズムの台頭を許したとみることができる。 ファシズムに対する闘い ドイツとイタリアでナチスとファシスト党の勝利が確定したことは、他のヨーロッパ諸国に大きな脅威を及ぼした。 それに対して、はようやく1935年ので「」の結成を方針とし、、が相次いで結成され、1936年に選挙で勝利して人民戦線内閣が発足した。 スペインでは人民戦線政府に対してただちに軍部が反乱を起こし、が開始され、ドイツとイタリアは積極的に反乱軍を支援した。 人民政府への支援はソ連が明確にしたものの、フランスの人民戦線政府は当初はスペイン政府支援を決定したにもかかわらず、政府部内の反ソ派の反対で中止した。 結局スペインの人民戦線政府はイギリス・フランスの 不干渉政策によって見殺しにされ敗北した。 フランス人民戦線内閣はこれをきっかけに内部対立が激化し、結局崩壊した。 こうして人民戦線の崩壊によって世界戦争へと突入する。 アジアにおいては、1931年の以来の日本の侵略に対し、中国共産党は1935年にで人民戦線の結成を国民党に呼びかけ、36年を機に国共合作の機運が進んでいた。 にもかからず日本軍は1937年にを機に全面的なに踏み切る。 それを受けてが成立し、「」による日本ファシズムに対する民族的抵抗が展開されることとなる。 つぶやき ファシズムの足音 第二次世界大戦後、民族独立運動の過程でのアジアやアフリカ、反米運動の過程でのラテンアメリカ、などで独裁政治が生まれているが、これらはファシズムとは言えない(高度な資本主義独占体制との結びつきはないので)。 むしろ、グローバリズムのもとで出現しているの形成、それに対する叛乱の形態をとりながら強まっている民族的排他主義などの中に新たなファシズムの目があるのではないかと危惧される。 日本でも標榜されている「決められる政治」ということが、多数で何事も決めていくという政治になってしまえば、少数意見の尊重や、時間をかけた合意形成と言った当たり前の民主主義の手続きが無視されかねない。 ヒトラーのナチス政権も選挙によって国民の信任を受けるという「民主主義」の手続きを取っていた。 「多数決」で即決していくことがどのような結果を招いたか、世界史を学ぶことによって感じ取ることができる。 ファシズムに抵抗するのは一人一人が「手間のかかる合意形成、少数意見の尊重」といった「民主主義のまどろっこさ」に徹することが必要に思える。

次の