きめ つの や い ば 炭 カナ。 鬼滅の刃のカナヲは炭治郎を好きで恋愛中?可愛いシーンまとめ!

#鬼滅の刃 #栗花落カナヲ 嫉妬、独占欲、純度50%(炭カナ)

きめ つの や い ば 炭 カナ

恋をすると溢れ出すのは甘酸っぱいときめきだけではない。 同時に、訪れる厄介な感情と向き合わなければならない。 試練と喜びの連続。 それも、醍醐味だと言える。 文武両道、極めて容姿端麗。 性格も穏やかで落ちついている。 時折見せる笑顔がとてつもなく可愛らしい。 これで男女問わず人気が出ないはずがない。 こんな素晴らしい彼女を持つ男の気持ちを誰が理解してくれるだろうか。 ああ、善逸と伊之助がいたと思いつつ、腕の中で楽しげに紡ぐカナヲの声に耳を傾けて細い腰に手を回す。 膝上に乗ったカナヲの背中と自分の胸板を密着させた体勢が炭治郎のお気に入りだった。 抱きしめる度に深まる独占欲、今まで知らなかった嫉妬に眉を寄せる。 このニオイは如何なものか、と。 スンッと鼻を鳴らして自らの匂いに、ため息を一つ落とした。 「どうしたの?」 割と大きなため息を聞いたカナヲは、ぴくりと背を震わせた。 自分の話が退屈なのだろうかと不安げに眉を寄せて。 頭頂部に触れる顎を擽ったく感じながら視線を右隣に向け様子を窺うが、返ってきたのは優しい笑顔で胸を撫で下ろした。 「んー、カナヲが可愛すぎるなあと思って」 「あの……ッ、たんじろ、可愛いとかすぐに言うのやめて欲しい。 恥ずかしいから」 真っ直ぐな瞳で囁かれた甘い言葉にたじろぐと、炭治郎の胸板に額を押し付けて赤くなる頬を隠した。 訝しげな表情をした後、膨れてみせるその顔がまた可愛いと言いたくなったが飲み込んで問いかけた。 「大好きな人に可愛いって言うのは悪い事?」 「そうじゃないんだけど、駄目なの。 可愛いって言うの禁止」 カナヲの心の中は、炭治郎の甘い言葉でいっぱいになっていた。 全て、カラダにとどめておきたいのに沢山貰いすぎると許容範囲を超えて溢れ出てしまう。 勿体ないので、零れ出る前に規制をかけることにした。 「俺だけだめ?他の人にもいっぱい言われてるでしょ?」 何度言っても足りない。 納得いかないと緩やかに反論をした。 「そんな事ないよ。 炭治郎から言われるのは特別なの。 嬉しいのと、恥ずかしいのでいっぱいになる。 だから、駄目なの」 他にも可愛いと言ってくれる人がいるのだが何故そう思ってくれるのか、よく分からないでいた。 普通にしているだけなのに。 『私』を知らないのに、一体、何がどう可愛いというのだろう。 不思議で仕方がなかった。 しかし、『栗花落カナヲ』の奥底までを知っている炭治郎から、大好きな人から、貰う可愛いという言葉は一味も二味も違った。 ありのままを受け入れてくれているのが分かるからだろう。 身体が熱くなって、嬉しい気持ちでいっぱいになる。 言葉一つでふわふわ夢見心地になるのだ。 炭治郎は凄い人なのだ、つくづくそう思う。 「そう思ってくれているのなら、もっと言いたい」 炭治郎にしては珍しく、我儘な物言いだった。 鬱陶しい等の負の感情ではなく、温かい気持ちで包まれるのならばたくさん言葉にしたい。 「だめだから」 頑として、断る。 「意地悪言わないで。 我慢出来なくなるよ」 双方、一歩も引かないでいた。 炭治郎の左手の薬指を無意識に握りしめたカナヲは震える声で呟く。 「いじわるじゃないっ。 我慢出来なくなって、他の子に可愛いとか言っちゃ嫌だから」 カナヲは心配になって釘をさした。 そこにいるだけで暖かい雰囲気を漂わせている炭治郎に皆、惹きつけられる。 優しい声に乗った甘い言葉を受け取ると、もっともっと彼の事が好きになってしまう。 もし仮に、炭治郎の心を激しく揺さぶるような素敵な人に言ってしまったら? その人が本気になって言い寄ってきたら? 炭治郎がその人に心を寄せてしまったら? カナヲの中では、あり得ない話では無かった。 付き合い始めた時から、喜びの後ろに影が付き纏う。 ふつふつと湧き上がる隅っこに在る感情の名を知っていた。 いつの日か、それが真ん中に居座りそうで怖い。 他の子に、間違っても可愛いなんて言うことはないけどな 炭治郎もまた、胸を締め付ける想いに目を細めた。 炭治郎はいつだって、カナヲの事だけを見てきた。 今までも、この先も、ずっとそうなのだ。 しかし、想いは上手に具現化できないのが残念なところ。 目に見えるようになれば、量れるようになれば、世の中上手くいくのではないか。 いや、却ってややこしくなるだけだろうか。 矢張り、想いは目に見えないからこそ良いのかもしれない。 一心に見つめていても、彼女はそこはかとなく不安に感じる事があるようだ。 自分が、他の人の元へ行くのではないかと。 その度に大丈夫だと声をかけて抱きしめるのだが。 今日もその匂いを感じる。 自分と全く同じものだ。 自分から出ているであろうその匂いには、罪悪感やら嫌悪感といった不純なものが混じっていたが、カナヲからのそれは心地良く純粋なもののように感じた。 無垢な彼女に、ほんの少し含まれる薄暗い感情に、心が疼く。 反応を窺うようにちらりと見つめるその顔がまた可愛い。 「言えないよ。 俺の可愛いは、カナヲだけに向けた言葉だよ」 「本当に?」 「うん。 ウソつけないよ」 カナヲは本気で疑っているわけではなかった。 ただ、甘えたいだけだった。 炭治郎も、それを知っていた。 「……うん、私だけのものだね」 暖かい言葉がじわりと胸の奥で広がっていく。 堪らずに顔を上げると炭治郎に密着して口端を緩めて小さく笑った。 学校で見せる笑顔とはまた違う。 手離せなくなる表情に、炭治郎は唇を噛み締めた。 カナヲが可愛いことは、誰だって知っている。 笑顔が清楚で美しい事も。 「そういう顔は誰にも見せたくない」 『俺以外の誰にも奪われたくない』 続いた言葉を、心の中で念じたつもりだったが、口から溢れていたようだ。 声は、大きかった。 カナヲが本当に可愛いことを、誰も知らない。 笑顔に嫉妬や独占欲が混じる事も。 炭治郎がそんな事を言うとは思わなかったので、カナヲは目を見開いた。 聞こえたそれは自惚れでなければ、嫉妬であったり、独占欲のようなものではないか?本人にきちんと聞いたわけでは無いので、定かではないけれど。 きゅうっと胸の奥が締め付けられる喜びを感じながら、返した。 「炭治郎の事で、頭がいっぱいだから、他の人の事は考えられないよ。 炭治郎も同じが良い」 「同じだよ。 いや、俺の場合は、カナヲみたいにそんなに綺麗なものじゃないのかも。 可愛い顔、他の人に見せたくない」 「たんじろ、嫉妬いっぱいする?」 その目が好きで、勇気を振り絞って問いかけた。 「カナヲだから、凄くすると思う。 独占欲もかなり強めだよ」 同じと、小指を絡め合った。 お互いの瞳に映った憂いさえ、愛しく感じた。

次の

【鬼滅の刃201話】炭治郎が最強の鬼になった?!日光を克服した鬼を殺すのは爆血刀による干天の慈雨になるのか…?!【きめつのやいば】【202話展開考察】

きめ つの や い ば 炭 カナ

恋をすると溢れ出すのは甘酸っぱいときめきだけではない。 同時に、訪れる厄介な感情と向き合わなければならない。 試練と喜びの連続。 それも、醍醐味だと言える。 文武両道、極めて容姿端麗。 性格も穏やかで落ちついている。 時折見せる笑顔がとてつもなく可愛らしい。 これで男女問わず人気が出ないはずがない。 こんな素晴らしい彼女を持つ男の気持ちを誰が理解してくれるだろうか。 ああ、善逸と伊之助がいたと思いつつ、腕の中で楽しげに紡ぐカナヲの声に耳を傾けて細い腰に手を回す。 膝上に乗ったカナヲの背中と自分の胸板を密着させた体勢が炭治郎のお気に入りだった。 抱きしめる度に深まる独占欲、今まで知らなかった嫉妬に眉を寄せる。 このニオイは如何なものか、と。 スンッと鼻を鳴らして自らの匂いに、ため息を一つ落とした。 「どうしたの?」 割と大きなため息を聞いたカナヲは、ぴくりと背を震わせた。 自分の話が退屈なのだろうかと不安げに眉を寄せて。 頭頂部に触れる顎を擽ったく感じながら視線を右隣に向け様子を窺うが、返ってきたのは優しい笑顔で胸を撫で下ろした。 「んー、カナヲが可愛すぎるなあと思って」 「あの……ッ、たんじろ、可愛いとかすぐに言うのやめて欲しい。 恥ずかしいから」 真っ直ぐな瞳で囁かれた甘い言葉にたじろぐと、炭治郎の胸板に額を押し付けて赤くなる頬を隠した。 訝しげな表情をした後、膨れてみせるその顔がまた可愛いと言いたくなったが飲み込んで問いかけた。 「大好きな人に可愛いって言うのは悪い事?」 「そうじゃないんだけど、駄目なの。 可愛いって言うの禁止」 カナヲの心の中は、炭治郎の甘い言葉でいっぱいになっていた。 全て、カラダにとどめておきたいのに沢山貰いすぎると許容範囲を超えて溢れ出てしまう。 勿体ないので、零れ出る前に規制をかけることにした。 「俺だけだめ?他の人にもいっぱい言われてるでしょ?」 何度言っても足りない。 納得いかないと緩やかに反論をした。 「そんな事ないよ。 炭治郎から言われるのは特別なの。 嬉しいのと、恥ずかしいのでいっぱいになる。 だから、駄目なの」 他にも可愛いと言ってくれる人がいるのだが何故そう思ってくれるのか、よく分からないでいた。 普通にしているだけなのに。 『私』を知らないのに、一体、何がどう可愛いというのだろう。 不思議で仕方がなかった。 しかし、『栗花落カナヲ』の奥底までを知っている炭治郎から、大好きな人から、貰う可愛いという言葉は一味も二味も違った。 ありのままを受け入れてくれているのが分かるからだろう。 身体が熱くなって、嬉しい気持ちでいっぱいになる。 言葉一つでふわふわ夢見心地になるのだ。 炭治郎は凄い人なのだ、つくづくそう思う。 「そう思ってくれているのなら、もっと言いたい」 炭治郎にしては珍しく、我儘な物言いだった。 鬱陶しい等の負の感情ではなく、温かい気持ちで包まれるのならばたくさん言葉にしたい。 「だめだから」 頑として、断る。 「意地悪言わないで。 我慢出来なくなるよ」 双方、一歩も引かないでいた。 炭治郎の左手の薬指を無意識に握りしめたカナヲは震える声で呟く。 「いじわるじゃないっ。 我慢出来なくなって、他の子に可愛いとか言っちゃ嫌だから」 カナヲは心配になって釘をさした。 そこにいるだけで暖かい雰囲気を漂わせている炭治郎に皆、惹きつけられる。 優しい声に乗った甘い言葉を受け取ると、もっともっと彼の事が好きになってしまう。 もし仮に、炭治郎の心を激しく揺さぶるような素敵な人に言ってしまったら? その人が本気になって言い寄ってきたら? 炭治郎がその人に心を寄せてしまったら? カナヲの中では、あり得ない話では無かった。 付き合い始めた時から、喜びの後ろに影が付き纏う。 ふつふつと湧き上がる隅っこに在る感情の名を知っていた。 いつの日か、それが真ん中に居座りそうで怖い。 他の子に、間違っても可愛いなんて言うことはないけどな 炭治郎もまた、胸を締め付ける想いに目を細めた。 炭治郎はいつだって、カナヲの事だけを見てきた。 今までも、この先も、ずっとそうなのだ。 しかし、想いは上手に具現化できないのが残念なところ。 目に見えるようになれば、量れるようになれば、世の中上手くいくのではないか。 いや、却ってややこしくなるだけだろうか。 矢張り、想いは目に見えないからこそ良いのかもしれない。 一心に見つめていても、彼女はそこはかとなく不安に感じる事があるようだ。 自分が、他の人の元へ行くのではないかと。 その度に大丈夫だと声をかけて抱きしめるのだが。 今日もその匂いを感じる。 自分と全く同じものだ。 自分から出ているであろうその匂いには、罪悪感やら嫌悪感といった不純なものが混じっていたが、カナヲからのそれは心地良く純粋なもののように感じた。 無垢な彼女に、ほんの少し含まれる薄暗い感情に、心が疼く。 反応を窺うようにちらりと見つめるその顔がまた可愛い。 「言えないよ。 俺の可愛いは、カナヲだけに向けた言葉だよ」 「本当に?」 「うん。 ウソつけないよ」 カナヲは本気で疑っているわけではなかった。 ただ、甘えたいだけだった。 炭治郎も、それを知っていた。 「……うん、私だけのものだね」 暖かい言葉がじわりと胸の奥で広がっていく。 堪らずに顔を上げると炭治郎に密着して口端を緩めて小さく笑った。 学校で見せる笑顔とはまた違う。 手離せなくなる表情に、炭治郎は唇を噛み締めた。 カナヲが可愛いことは、誰だって知っている。 笑顔が清楚で美しい事も。 「そういう顔は誰にも見せたくない」 『俺以外の誰にも奪われたくない』 続いた言葉を、心の中で念じたつもりだったが、口から溢れていたようだ。 声は、大きかった。 カナヲが本当に可愛いことを、誰も知らない。 笑顔に嫉妬や独占欲が混じる事も。 炭治郎がそんな事を言うとは思わなかったので、カナヲは目を見開いた。 聞こえたそれは自惚れでなければ、嫉妬であったり、独占欲のようなものではないか?本人にきちんと聞いたわけでは無いので、定かではないけれど。 きゅうっと胸の奥が締め付けられる喜びを感じながら、返した。 「炭治郎の事で、頭がいっぱいだから、他の人の事は考えられないよ。 炭治郎も同じが良い」 「同じだよ。 いや、俺の場合は、カナヲみたいにそんなに綺麗なものじゃないのかも。 可愛い顔、他の人に見せたくない」 「たんじろ、嫉妬いっぱいする?」 その目が好きで、勇気を振り絞って問いかけた。 「カナヲだから、凄くすると思う。 独占欲もかなり強めだよ」 同じと、小指を絡め合った。 お互いの瞳に映った憂いさえ、愛しく感じた。

次の

【鬼滅の刃201話】炭治郎が最強の鬼になった?!日光を克服した鬼を殺すのは爆血刀による干天の慈雨になるのか…?!【きめつのやいば】【202話展開考察】

きめ つの や い ば 炭 カナ

炭治郎・義勇・実弥。 痣を発現して生き残った者は、この先一体どうなってしまうのか? 今の状況を整理してみます。 義勇と実弥については、このままいけば予定通り、痣のデメリットにより亡くなってしまうでしょう。 痣のデメリットを克服する要素が、今のところないからです。 痣とは心拍数200以上、体温39度以上の状態で発現するもの。 この状態は通常であれば、命の危険もあるほどの状態。 黒死牟は痣のことを「寿命の前借り」と言っていました。 なので、痣の状態を長く続ければ続けるほど、寿命を縮めてしまうということになります。 義勇と実弥はこれに当てはまってしまい、すでに寿命をいくばか消費しているということになります。 義勇と実弥は21歳ですが、25歳まで生きられる保証はありません。 というより、どれくらい痣の状態を続ければ、何歳寿命が削られるのかという設定は不明なため、二人がどこまで生きられるのか、どこで死んでしまうのか、ハッキリとした数字は出せません。 22歳で死んでしまうかもしれないですし、25歳以上生きる可能性もあります。 痣が寿命の前借りなのであれば、使用頻度によって寿命が変わるからです。 このあたりの細かい設定については、今後追及されていくのか、それともあえて、あやふやな感じで進められていくのか。 今までの流れから見ると、後者のような気がします。 悲鳴嶼さんは25歳を超えて痣を発現しましたが、痣のデメリットで亡くなったのか、それとも戦いの負傷で亡くなったのか。 今はハッキリとわかっていません。 おそらく今後も、このあたりの追及はないような気がします。 なので義勇や実弥に関しても、何歳で亡くなるという話ではなく、どこかで静かに息を引き取る場面が描かれる、といったような感じになるのかなと… 205話完結なら尚更、最終回に痣の設定の解説をわざわざ詰め込んでくる、ということはないような気がします。 おしながき• 炭治郎 ここからは、炭治郎について考えてみます。 炭治郎は、義勇や実弥と違う部分が一つあります。 それは、呼吸法です。 縁壱と同じ、日の呼吸を使っているという事。 縁壱は痣のデメリットで死ななかった、例外であるという事。 この事から、日の呼吸を使う炭治郎もまた、痣のデメリットを克服できるのではないか。 そういった予想もできます。 ここについては諸説あり、縁壱は生まれつきの痣者だったため、元々痣に対する耐性があった、とも考えられます。 それに炭治郎は、縁壱ほどの呼吸法には届いていなさそうなので、縁壱ほど長生きはできないとも考えられます。 となると、思い出すのはあの人。 竈門炭十郎です。 炭十郎は、呼吸法とヒノカミ神楽を極めていた人物で、病気がちな体でありながら、極寒の中ヒノカミ神楽を一晩中踊るという、驚異的な能力をみせていました。 なんだか私は、炭治郎が炭十郎と同じ末路を辿るような、そんな気がしています。 私の以前の予想では、炭十郎は30歳~35歳のあたりで、亡くなったと考察しています。 炭治郎もまた、そのあたりの年齢で亡くなるのではないかと。 縁壱ほど長生きはできなくても、25歳以上は長生きできる。 そういった妄想です。 ヒノカミ神楽と耳飾りは、鬼がいなくなっても継承されていくと思います。 なので、炭治郎はカナヲと結婚し、子を6人持つ。 そして長男にヒノカミ神楽と耳飾りを渡し、35歳までで亡くなってしまう。 その時の炭治郎は、炭十郎そっくりの姿である。 こんな妄想いかがでしょうか。 まとめ的なもの 現状からまとめると、義勇と実弥は痣のデメリットで、死んでしまう可能性が高い。 炭治郎は、縁壱や炭十郎と同じ日の呼吸を使っていたため、少し長生きできそうな気がする。 私はこういった結論を出しておきます。 でもまだ、義勇や実弥が助かる可能性も、ないこともないような。 そのあたりはまた考えてみます。

次の