お時間いただきありがとうございます。 敬語「お時間を割いて頂きありがとうございます」の意味と使い方・例文

先日はお時間いただきありがとうございました。って英語でなんて言うの?

お時間いただきありがとうございます

この記事の目次• お時間をいただきありがとうございました の意味・敬語 「お時間をいただきありがとうございました」は「お時間をもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 すると意味は「お時間をもらい~」と解釈できます。 ここで「お時間」の「お」の部分は相手の「時間」という意味であるため尊敬語の「お(ご)」です。 「たいそうなお品をいただく」とおなじ敬語の使い方になります。 謙譲語「いただく」は他にも「お(ご)~いただく」としての使い方があり、たとえば「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのように、ビジネスシーンでよく使われます。 覚えておくと本当に役立ちます。 お時間 = 時間• すると「お時間をいただきありがとうございました」の意味は… 「お時間をもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の解説「お時間をいただきありがとうございました」 繰り返しにはなりますが「お時間をいただきありがとうございました」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「時間」に尊敬語「お(ご)」で「お時間」• 「〜をもらう」の謙譲語「〜をいただく」で「お時間をいただく」• さらにお礼「ありがとうございました」をくっつけた敬語 敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 お時間をいただきありがとうございました の使い方 つづいて「お時間をいただきありがとうございました」の使い方について。 ビジネスシーンではおもに、アポイント・面談・打合せ後のお礼メールに使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「アポイント・面談・打合せ後のお礼メール」 「お時間をいただきありがとうございました」はとくにアポイント・面談・打合せ後のお礼メールの書き出しに使います。 といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。 たとえば、• 念のためビジネスメールの例文も紹介しておきます。 たとえば打合せ後のお礼メールで、 -ビジネスメール例文- いつもお世話になっております。 転職・ノマドでございます。 本日はお忙しいところ貴重な お時間をいただき誠にありがとうございました。 最新市況・稼働状況などにつき、大変勉強になりました。 厚くお礼申し上げます。 今後も微力ながら貴社のお役に立てるよう、尽力して参ります。 末永いご愛顧のほど宜しくお願い申しあげます。 こんな感じでビジネスメールをつくると丁寧です。 恐縮=申し訳なく思うこと 例文「お時間をいただき恐縮です」 例文「お時間をいただき恐縮でございます」 例文「ご多忙にも関わらずお時間をいただけるとのこと、誠に恐縮です」 例文「貴重なお時間をいただけるとのこと、大変恐縮です」 恐れ入る=申し訳なく思う 例文「お時間をいただき恐れ入ります」 例文「ご多忙にも関わらずお時間をいただけるとのこと、誠に恐れ入ります」 例文「貴重なお時間をいただけるとのこと、大変恐れ入ります」 申し訳ありません 例文「お時間をいただき申し訳ありません」 例文「ご多忙にも関わらずお時間をいただけるとのこと、誠に恐れ入ります」 例文「貴重なお時間をいただけるとのこと、ご多忙のところ誠に申し訳ありません」 ありがとうございます(現在形) 例文「貴重なお時間をいただきありがとうございます」 例文「貴重なお時間をいただけるとのこと、ご多忙のところ誠にありがとうございます」 使い方はほぼ同じ これらの使い方は先ほどの例文と重複するところもあるのですが、たとえばアポイント・面談・打合せの日程調整したあとのお礼に「返信の返信」として使うことがあります。 たとえば上司との打合せ日程調整メールに返信するとき。 -ビジネスメール例文- 打合せのお時間を頂けるとのこと、誠にありがとうございます。 さて、ご都合につき承知いたしました。 それでは以下の通りに打合せを実施いたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 みたいな感じでメールすると丁寧です。 お礼だけじゃない!ビジネスメールに使える「お時間を頂く」の敬語フレーズ ここまでの解説で「お時間をいただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語が分かりました。 ここからは、 もっと他にもある「お時間を頂く」の敬語フレーズを紹介します。 「お時間を頂く」は本当にいろいろと使い道がありマスターしておくと必ず役に立ちます。 使い方はどれも似たようなもので、アポイントや面談・打合せを依頼するときのビジネスメールに使います。 どの例文もビジネスメールに使うのにふさわしいカチッとした敬語にしています。 目上・上司はもちろんのこと、社外取引先にも使えますのでご参考にどうぞ。 お時間を頂ければと存じます 他にもあるビジネスメールにつかえる丁寧な「お時間を頂く」の使い方• 例文「お時間を頂ければと存じます」 意味は『時間をもらえたらと思います』 「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+仮定の「れば」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 「~いただければと存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご了承(を)いただければと存じます』• 例文『ご連絡(を)いただければと存じます』• 例文『ご確認(を)いただければと存じます』• ただビジネス敬語としては謙譲語「お・ご〜いただく」つまり「お時間いただく」という使い方をするのが一般的です。 以降はすべて省略します。 お時間を頂ければ幸いです 他にもあるビジネスメールにつかえる丁寧な「お時間を頂く」の使い方• 例文「お時間を頂戴できれば幸いです」 意味は『時間をもらえたら嬉しいです』 「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+可能形+仮定の「~れば」 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご了承いただければ幸いです』• 例文『ご容赦いただければ幸いです』• 例文『お力添えいただければ幸いです』 お時間をいただけますでしょうか?いただけますか? 他にもあるビジネスメールにつかえる丁寧な「お時間を頂く」の使い方• 例文「お時間をいただけますでしょうか」• 例文「お時間をいただけますか」 というように疑問形にして使うこともできます。 とくに電話でアポイントをとるときなどによく使い、ビジネスメールではこれまで紹介した例文を使うケースが多いです。 その他:お時間を頂戴する 他にもあるビジネスメールにつかえる丁寧な「お時間を頂く」の使い方 あとは謙譲語「いただく」ではなく「頂戴する」をつかった言い換えもできます。 「頂戴する」は「もらう」の謙ったフレーズ。 「頂戴できますでしょうか?」のほうがより丁寧なのですが、あまりに大げさな気がするため「頂戴できますか?」でも差し支えありません。 たとえば、取引先にアポイントメールするとき。 さて首記の件、最新ケミカル市況ご報告のため貴社訪問いたしたく存じます。 よろしければ、以下候補のいずれかで お時間を頂戴できますでしょうか。 何卒ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。 のようにして使えますね。 目上・上司はもちろんのこと、社外取引先にも使えます。 ご参考にどうぞ。 社内・打合せ依頼メール「返信でお礼し日時決定する」 【社内上司・目上・返信メール】 社内の相手(上司・目上など)に対して、打合せ依頼ビジネスメールに「返信でお礼し日時決定する」ときのビジネスメール例文。 また、突然のお願いにも関わらずお時間を頂けるとのこと、併せて感謝申し上げます。 それでは以下の通りに打合せを実施いたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 ひと言「本来であればこちらから伺うべきところご足労おかけし~」とお詫びをする。 メール件名:打ち合わせのお礼(転職・ノマド) ビジネス 株式会社 研究部 〇〇 様(社外ビジネス取引先) いつもお世話になっております。 転職・ノマドでございます。 本日は打ち合わせに際してお時間をいただき、誠にありがとうございました。 また、本来であればこちらから伺うべきところご足労おかけし、大変失礼いたしました。 改めてお詫び申し上げます。 さて、面談の際にご依頼をいただいておりました事項につき以下、進捗を報告いたします。 微力ながら、貴社のお役に立てるよう尽力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 お礼だけでなく、相手からもらった宿題事項に対する進捗を報告する。 本日は貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 さて、打ち合わせの際にアクション事項となっておりました件につき以下、進捗を報告いたします。 添付ファイルをご参照ください。 ご査収のほど宜しくお願いいたします。

次の

「お時間を頂きありがとうございました」意味・敬語・使い方・例文

お時間いただきありがとうございます

自分のために時間を取ってくれた人へ「お時間をいただき」とか「お時間をさいていただき」「お時間をちょうだいし」というような言葉で感謝の気持ちを伝えます。 儀礼の決まり文句ではあります。 英語でも、時間をとってくれた人へのお礼の言葉は、社会生活のエチケットとして欠かせません。 そんなときによく使われているのが Thank you for your time. 「あなたの時間ありがとうございます」ですから、お時間を「いただき」「さいていただき」「ちょだいし」の部分をどう訳せばいいのだろうかと思案する必要はありません。 もちろん、 Thank you for taking your time. という言い方もよく使われていますが簡潔なThank you for your timeだけで、まったく同じメッセージを伝えることができます。 たとえば、「昨日はわたしたちのため、お時間をおとりいただき、ありがとうございます」なら Thank you for taking the time to meet with us yesterday. でも、 Thank you for your time to meet with us yesterday. でも同じです。 「お忙しいところ、お時間をとっていただきありがとうございます」なら Thank you very much for your time and I understand you are very busy. あるいは、「ありがたく思う」「感謝する」という意味のappreciateを使って I appreciate your time, I know you are very busy. という言い方もできます。 もう一段上の感謝の気持ちを伝えたい場合は、上の例同様、very much をはさみこんで Thank you very much for your time. とします。 さらにもっととなると、 Thank you very much for your time. I appreciate it. とI appreciate it. それをありがたく思っています をつけて、二重に感謝するという手もあります。 もうすこし、具体的に「本件に関して、お時間を割いていただき、お力添えいただき、本当にありがとうございます」と、感謝の言葉を述べるなら、 Thank you very much for your time and assistance in this matter. とか、 Thank you very much for your time and assistance regarding this matter. がよく使われています。 結びに一言。 Thank you for your time reading this article. その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典 本体 (www. waeijisho. net)をご覧ください。

次の

「お時間をいただき」に関連した英語例文の一覧と使い方

お時間いただきありがとうございます

お世話になりました 例• 昨日は、お世話さまでした。 昨日は貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。 昨日はお忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございました。 昨晩はご多忙中のところ、貴重なお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。 昨日はお忙しい中、私どものためにお時間をさいて頂き、ありがとうございました。 昨日は遠いところ、ご足労いただきましてありがとうございました。 昨日は大変貴重な機会をいただき、ありがとうございました。 昨日は素晴らしい場を設けてくださり、ありがとうございます。 昨日は、貴重なご助言をいただきまして、ありがとうございました。 娘がお世話になりました。 大変ありがとうございました• 昨日は、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。 ありがとうございました。 おもてなしのお礼 飲食や接待などで取引先や上司にご馳走になった時のお礼の言い方。 昨晩は、おもてなしをいただきまして、ありがとうございました。 お代までお支払いただきまして誠に恐縮です。 昨日はごちそうになりまして、ありがとうございました。 御社の皆様と有意義な時間が過ごせたこと、本当に嬉しく思います。 昨晩は、心のこもったおもてなしをいただきまして、誠にありがとうございました。 色々なお話しをさせていただき、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。 昨晩はお誘いいただいた上に、ごちそうになり、ありがとうございました。 美味しい食事とともに貴重なお話を聞かせていただき、たいへん有意義な一夜でした。 昨晩はごちそうになり、ありがとうございました。 昨晩は散財(さんざい)をおかけしました。 とても有意義なお話を聞かせていただきました。 昨日は会食にお招きいただき、ありがとうございました。 昨日はお忙しいなか、会食にお誘いくださり、ありがとうございました。 昨日はお招きいただき、ありがとうございました。 おかげで楽しく素敵な時間を過ごせました。 昨日は美味しい食事をご馳走していただき、本当にありがとうございます。 またお供させてください。 昨晩は食事会にお招きいただき誠にありがとうございました。 昨日は、ごちそうになり、ありがとうございました。 昨夜は、とても楽しませていただきました。 ごちそうになりました。 昨夜は散財(さんざい)をおかけしました。 昨夜はご一緒させていただき、ありがとうございました。 おもてなしの感想 おもてなしのお礼とともに、有意義な時間を過ごせた喜びを相手に伝えましょう。 普段お聞きすることのないようなお話を伺うことができ、大変勉強になりました。 普段は、お聞きすることのないお話も伺うことができ、とても勉強になりました。 仕事やプライベートの相談にも乗っていただき、本当にありがとうございました。 楽しい話題ばかりで、つい飲み過ぎてしまいました。 様々なお話をお聞かせ頂き、貴重なお時間を過ごせて、大変勉強になりました。 来店、来訪、参加のお礼 お客様にこちらまで来ていただいたことへのお礼の一言。 昨日はご多忙中のところ、打ち合わせのために弊社へお越しくださり、ありがとうございました。 昨日はお忙しい中、弊社(当店)を訪問してくださり、ありがとうございます。 昨日も当店にご来店頂き誠にありがとうございました。 初の開催で慣れない部分もありましたが、ご参加くださいまして感謝しております。 協力・対応へのお礼 上司・先輩・同僚・先生・お客様などにお世話になった時のお礼の言葉。 お心遣いに心から感謝いたします。 ありがとうございました。 昨日は適切なご対応をしていただき、感謝しております。 御社スタッフの昨日の敏速な対応に、大変感謝しております。 このたびは弊社のイベントにご協力いただき、心より感謝申し上げます。 開催のお礼 誕生会、送別会、お祝い会、忘年会などでお世話になった人や幹事へのお礼。 昨日は誕生会を開いてくださり、ありがとうございました。 昨日は忘年会を開いてくださり、誠にありがとうございました。 結婚式の二次会の幹事を務めて頂き、ありがとうございました。 昨日はとても楽しい時間をありがとうございました。 昨日は盛大な送別会を開いていただき、本当にありがとうございました。 贈り物のお礼 プレゼントを受け取った時のお礼と感想。 とても気に入りました。 昨日はお心のこもったプレゼントを頂きましてありがとうございます。 助言・指導のお礼 例• 昨日はいろいろと仕事の相談にも乗っていただき、本当にありがとうございました• 昨日は普段お聞きすることのないようなお話も伺うことができ、大変勉強になりました。 昨日は心のこもったアドバイスをくださり、本当にありがとうございました。 昨日は長時間にわたる面談をしていただき、ありがとうございました。 ご多忙の中、ご指導いただき、本当にありがとうございました。 昨晩はお忙しい中、無理なご相談にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。 昨日は激励のお言葉をいただき、ありがとうございました。 ありがたいお言葉、肝に命じておきます。

次の