いいや、押すね。 いいや!「限界」だッ!押すねッ! (いいやげんかいだっおすねっ)とは【ピクシブ百科事典】

Facebookで「巨大いいね!」を押す方法

いいや、押すね

若者に蔓延する民主制への不信感と『野党嫌い』の背景とは? 「選挙で皆が選んだ人たちの考えに逆らうのは、少数派の『わがまま』」。 「選んだ党が政権をとると、自分が『多数派』であることに安心する」。 若者に蔓延する民主制への不信感と『野党嫌い』の背景とは? 「選挙で皆が選んだ人たちの考えに逆らうのは、少数派の『わがまま』」。 「選んだ党が政権をとると、自分が『多数派』であることに安心する」。 このような考えが、いま真面目な学生や若者たちの中に広まっている。 彼らの、「1人に決めてほしい、強いリーダーが欲しい」という欲求を育てたものは何か? 今こそ、「民主主義のバージョンアップ」が求められる時だ。 朝日新聞GLOBEの編集に携わってきた著者が、国内外の若者たちや政治家・識者らに取材して分析。 第II部では、米英の政治学者が詳細なデータを用いて全世界的な民主主義の衰退を検証し、警鐘を鳴らす。

次の

元彼がSNSに「いいね」を押す心理とは?復縁の可能性はある?

いいや、押すね

概要 「」終盤ののセリフ。 スラングとしては押してはいけないもの 挑戦者、など を押すシチュエーションで用いられる事が多く、特に「」の返しや単純に「」と大差ない用法として扱われやすい。 その他にも美少女キャラのを押すシチュエーションのイラストにも使われている。 元ネタ原形 「来るか! …『』はおまえに出会いたくない「一心」で発現した能力だ!…近づいて来いッ! 「時」を止めてみろッ! 何秒 止められる? このわたしをもっと追いつめるがいい! その限界の「ギリギリさ」が再び きっと!! 『バイツァ・ダスト』を発現させるのだッ! 」 「承太郎さん! 「時」を止めろッ! 『』の「スイッチ」を押させるなッ! 」 吉影「『今だッ』! いいや! 「限界」だッ! 押すねッ! 」 の賭けに敗れを強制解除させられ、に実父で共犯者でもあるを葬り去られ、にを奪われ、さらに・・という最も出会いたくなかった3人に正体を悟られ追い詰められた吉良。 しかし自分の怪我を治療するため不用意に近づいてきたという「人質」にするためのカモ、正体を悟られたくない天敵が一ヶ所に集まった状況、そして何より現在の絶望的な心理状態という絶好の条件が揃った事から吉良は看護師に自らのを打ち明けた後、再び 「」を発現する賭けに出る。 吉良が絶望すればするほど成功率は上がるため自らの元へ近づく承太郎をギリギリ近くまでおびき寄せる。 そして、タイミングを見計らって「バイツァ・ダスト」のスイッチを押した時に吉良が言ったのがこのセリフである。 しかし冒頭の「今だッ! 」がぶった切られて定着してしまったのは、本編では吉良の死亡が確認したあとフラッシュバックで同じセリフが 「いいや! 限界だ押すね! 今だッ! 」となぜか倒置して描き直されネットではこちらの方が一般的に広まってしまったためである。 関連イラスト.

次の

いいや!「限界」だッ!押すねッ! (いいやげんかいだっおすねっ)とは【ピクシブ百科事典】

いいや、押すね

若者に蔓延する民主制への不信感と『野党嫌い』の背景とは 「選挙で皆が選んだ人たちの考えに逆らうのは、少数派の『わがまま』」。 「選んだ党が政権をとると、自分が『多数派』であることに安心する」。 このような考えが、いま真面目な学生や若者たちの中に広まっている。 彼らの、「1人に決めてほしい、強いリーダーが欲しい」という欲求を育てたものは何か 今こそ、「民主主義のバージョンアップ」が求められる時だ。 朝日新聞GLOBEの編集に携わってきた著者が、国内外の若者たちや政治家・識者らに取材して分析。 第II部では、米英の政治学者が詳細なデータを用いて全世界的な民主主義の衰退を検証し、警鐘を鳴らす。 東北大学法学部を卒業後、1996年に朝日新聞入社。 国際報道部デスク、ベルリン支局長などを経て、2017年からGLOBE編集部。 現在、GLOBE編集長代理。 裏を返せば野党の衰退である。 その背景について本書では興味深い視点から分析している。 たしかにそこで述べられている指摘は正しいと思う。 ただ昨年勃発した香港の反政府運動、それに今年の新型コロナウィルス禍において大阪府知事が発揮したリーダーシップに対する支持などを目にすると、若者が必ずしも保守的になったというだけでは片付けられないように思える。 むしろ野党があまりにもアンチテーゼ一色で、若者の心にうったえるような政策やビジョンを打ち出せていないところに衰退の一因があるのではなかろうか。 とくに美辞麗句や建前論ではなく、若者の本音に響くような政策を打ち出せば、どこの国においても政権は決して揺るがないものではないはずだ。

次の