三井住友visaデビュープラスカード。 三井住友カード デビュープラス ETCカードのメリットデメリットと詳細&申し込み

三井住友カード デビュープラスの解説|王道の学生クレカが欲しいならデビュープラスカードが鉄板です。

三井住友visaデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、初めてカードを持つ人におすすめのクレジットカードです。 クレジットカードと聞くと身構えてしまう人も、三井住友VISAカードという名前を一度は聞いた事があるでしょう。 デビュープラスカードはそのカードの1種で、 18~25歳限定のクレジットカードです。 三井住友VISAデビュープラスカードがなぜ初めての方向きなのか気になりますよね。 三井住友VISAデビュープラスカードについて知っておきたいこと 年会費は実質無料。 18~25歳限定の今しか持てないVISAブランドのクレジットカードです。 三井住友カードの一般カード(VISAクラシックカード)より2倍のポイントが付きますので、ショッピングが好きな学生には嬉しいクレジットカードです。 三井住友VISAカードの基本スペック 三井住友VISAデビュープラスカードの申込条件から、カードの基本スペックについて見てみたいと思います。 こちらが基本スペックです 三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAデビュープラスカードの申し込み資格 三井住友VISAデビュープラスカードの申込み条件は、満18歳〜25歳(高校生は除く)です。 なお、研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生は、対象外になりますので注意してください。 未成年の方はもちろん親権者の同意が必要になります。 なお、三井住友VISAデビュープラスカードは三井住友銀行の口座がなくても作れますので安心してください。 年会費は実質無料の三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAデビュープラスカードの年会費は初年度無料で、翌年度以降も年1回の利用で無料となります。 コンビニでペットボトルのジュースでも構いませんので、1度でも利用すれば実質無料でずっと利用できるクレジットカードになります。 (通常の年会費は1,250+税) ショッピング補償もあって安心の三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAデビュープラスカードには、商品の破損や盗難時のために申請できるショッピング補償が付帯されております。 カードの紛失や盗難も24時間年中無休でサポートしてくれますので、安心ですよね。 実際に申し込んでみよう!三井住友VISAデビュープラスカードの申し込み手順 それでは、申し込み手順を、実際のスマホ画面のスクリーンショットを見ながら確認していきましょう。 申し込みボタンをクリックして申請開始です。 流れを見てみましょう。 規約を確認したら、次のページへ進んでください。 名前を漢字・ひらがなで入力します。 生年月日・性別・郵便番号・住所を入力しましょう。 電話番号は携帯でもOKです。 メールアドレスを入力。 世帯家族を入力。 家族の人数などを入力。 (大体の場合、お父さんかお母さんが世帯主となっている家庭が多いでしょう)• 生計を同一とする家族の人数 親や祖父母、兄弟の人数。 配偶者(結婚しているか)独身なら配偶者なし。 生計を維持する親や祖父母と、同居か別居か。 (一人暮らしなら別居)• 子どもがいるかどうか。 職業は学生の方をチェック。 自己所有持ち家とは自分名義の一軒家やマンション。 そして住宅ローンが残っているか完済しているか。 配偶者所有持ち家とは結婚している相手名義の一軒家やマンション。 そして住宅ローンが残っているか完済しているか。 賃貸は、自分が家賃支払いをしている場合家賃支払い有を選択。 社宅・寮に入っているか?家賃は負担しているか?• その他で住宅ローンや家賃支払いをしているか? 学生の場合、親と同居しているかたが多いと思います。 賃貸で一人暮らしでも、家賃支払を親がしている場合が多いのではないでしょうか。 その場合、住宅ローン契約無しや家賃支払い無しを選んでください。 自宅に何年住んでいるかを入力し、カードの支払い口座を指定。 三井住友銀行でなくても作れます。 学校名を正式名称とフリガナで入力。 学年・卒業予定年月・アルバイトなどの年収を入力。 借り入れ状況・お支払いについては借り入れが無い場合0を入力。 キャッシング欄は、現金で借り入れできる金額を選択します。 カードの受け渡しに必要になるので、免許証の番号を入力します。 預金額は任意なので、入力しなくてもOKです。 毎月のお支払いについては、マイ・ペイすリボを申し込むかどうかの選択です。 (リボ払いについては下記で詳しく解説あり) カードを持つ目的について聞いています。 大体の場合生計費決済になると思います。 カードの暗証番号です。 自分しか分からない番号を設定しましょう。 同時に申し込める追加カード・サービスは申し込まなくてもカードは作れますので、安心してください。 こちらも追加カードです。 ETCやPiTaPaが要らなければ、チェックは不要です。 ETCやPiTaPaが必要なら暗証番号を設定します。 PiTaPaを申し込む場合、25歳未満のかたは親権者の同意が必要となりますので注意してください。 任意のアンケートです。 TVCMでもやっていますし、三井住友銀行へいくとポスターなども貼っていますよね。 公共料金の支払いもカードでできるので、必要なら一緒に書類請求できます。 必要が無ければチェックは要りません。 カードの受け取り方法まで入力すると、今までの入力確認と申し込みボタンが現れます。 修正が済んだら、申し込みボタンを押して終了です。 申し込み時に分かりにくいこと 普段使わない用語や、意識しないことを聞かれていますよね。 分かりにくいことをまとめましたので、参考にして入力してください。 お住まい・生計を同一にする人数• 住んでいる家が賃貸か持ち家か。 賃貸の場合、本人が家賃を支払っているのか?持ち家の場合、住宅ローンは完済しているか?完済していない場合は、本人に支払い金額はあるのか?の確認です。 生計を同一にする人数とは、一緒に暮らしている人の人数です。 一人暮らし・親と同居・兄弟で住んでいたり生活の状況はいろいろあると思いますが、今の状態を選んでください。 借り入れ状況・お支払いについて 住宅・自動車ローンを除いて、自身の名義で学生ローンやカードローンの借り入れがある場合に記入します。 もし、親の名義で学生ローンを借りている場合は、借り入れ件数は「0件」で入力して問題ありません。 キャッシングサービス キャッシングサービスとは、無担保で現金を借りることです。 「バイト代がまだ入ってないけど、飲み会に誘われた。 」 こんなときは便利かもしれませんが、手数料(実質年率)も発生します。 初めてクレジットカードを持つ人ならば、理解が深まるまではキャッシング枠は「0」で申請すると良いでしょう。 マイ・ペイすリボ マイ・ペイすリボとは、三井住友カードが提供するリボ払いサービスの名称です。 リボの落とし穴として、毎月の支払金額が一定になる一方で利用残高がどんどん貯まり、いつの間にか高額な手数料をかけられている場合があります。 学生のうちは、登録する必要はありませんので、申し込まないようにしましょう。 暗証番号の重要性 カードの盗難、落としたときなど第三者に悪用されないようにしっかりと管理しましょう。 キャッシュカードやスマホのパスワードと同じように注意が必要です。 暗証番号をメモしたものや分かりやすい番号(生年月日や電話番号など)は避けてください。 カードが無い!と思ったらすぐにカード会社へ連絡しましょう。 三井住友VISAデビュープラスカードを使ってみよう 「ポイントUPモール」というサイトを通してお買い物や旅行の予約をすると、ポイントが通常の2~20倍たまります。 また、「ココイコ!」というサイトで事前エントリーをしておくと、お店でポイントアップかキャッシュバックが受けられますよ。 東急ハンズやカラオケの鉄人などがあるので、ぜひ利用したいですよね。 ポイントの移行先 三井住友VISAデビュープラスカードで貯まるワールドプレゼントのポイントは、iDに移行するのがおすすめです。 1ポイント=5円換算で交換できますので、還元率は1. 0%になります。 他にnanacoやSuicaへの移行もできますが、還元率が0. 6%と高くないため、あまりおすすめできません。 ポイントのお得な使い方 三井住友のポイントUPモールを利用すれば、実質的な還元率もアップしますのでさらにお得になります。 iD:1. nanac0:0. Suica:0. 9% 三井住友VISAデビュープラスカードのキャンペーン 三井住友VISAデビュープラスカードは、インターネット入会限定のお得なキャンペーンを開催しております。 時期によって異なりますが、最大5,000円〜6,000円分がもらえます。 また、入会後3ヵ月間はポイント5倍になります。 出費の多い年度初めや年末に入会すると、お得にポイントを貯めることができるでしょう。 今ならApple Payもありますので、設定しておくとiD決済もスムーズに利用することができますよ。

次の

三井住友カード デビュープラス【審査・評判・口コミ・年会費・ポイント還元率】

三井住友visaデビュープラスカード

三井住友カードは1967年設立の老舗のカード会社• 日本におけるVISAのパイオニア的存在 日本で初めてVISAカードを発行したのも三井住友カードで、VISAのパイオニア的存在でもあります。 三井住友カードは誰もが聞いたことのあるカード会社だと思いますし、VISAと言ったら三井住友カードを思い浮かべるくらい知名度がありますね。 三井住友フィナンシャルグループの一員である三井住友カードは、 銀行系のクレジットカードとしてしっかりしたイメージがあるだけでなく、セキュリティ面やサービス面も充実していることから安心して使うことができます。 そのため、初めてのクレジットカードに三井住友カードを選ぶ方が多いですし、しっかりしたクレジットカードを持ちたい方にも人気があります。 デビュープラス• 三井住友カード• 三井住友カードA• アミティエ 学生が持てる三井住友カードはこの4種類です。 デビュープラスは、18歳から25歳限定で学生や新社会人向けに作られているクレジットカードです。 三井住友カードは、学生でも持てるスタンダードな一般カードです。 アミティエは、女性向けのカードです。 旅行保険が充実しているので、海外や国内での旅行の際に心強いサポート役になってくれます。 この3つのカードの特徴を簡単にまとめてみます。 比較項目 デビュープラス 三井住友カード A アミティエ 初年度年会費 無料 無料 無料 無料 翌年度以降年会費 前年1回以上の利用で無料 在学中無料 275円 在学中無料 旅行傷害保険 なし 海外 海外・国内 海外・国内 特典 ポイント2倍、入会後3か月は5倍、ゴールドカードに自動切替 - 旅行保険が自動付帯 携帯料金ポイント2倍 三井住友カードならどのクレジットカードを選んでもいいですが、学生さんには学生向けの三井住友カードデビュープラスがおすすめです。 デビュープラスは学生限定のクレジットカードではありませんが、年会費実質無料やポイント高還元などのサービスで、学生さんが使いやすいと思います。 18歳~25歳以下限定• 初年度年会費無料• 年1回以上の利用で翌年度年会費無料• ポイントは通常カードの2倍• 入会後3か月間はポイント5倍• 満26歳以降のカード更新時にプライムゴールドにランクアップ 三井住友カードデビュープラスは、18歳以上25歳以下限定の若者向けのクレジットカードです。 学生限定というわけではありませんが、クレジットカードを初めて持つ学生や新社会人用に提供されています。 カード名に「デビュー」とある通りで、 年会費やポイント制度などがクレジットカードデビューする方でも使いやすい内容になっていることが特徴です。 実質年会費無料!年に1回使うと無料になる 三井住友カードデビュープラスは、初年度年会費無料です。 年1回以上カードを使うと、翌年度も無料で使うことができます。 年に1回少額のカード決済でも年会費が無料になるので、実質年会費無料と言ってもいいですね。 学生さんの場合には、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。 クレジットカードは年会費無料のものから、年会費が1,375円から1,500円程度の一般カード、11,000円のゴールドカード、それ以上の年会費がかかるプラチナカードやブラックカードなど、ピンからキリまであります。 クレジットカードはグレードが高くなるに連れて年会費が上がり、年会費に応じてサービス内容も比例することが一般的です。 クレジットカードで充実したサービスを受けるのは先々のこととして考えるようにして、学生のうちはまず年会費無料のクレジットカードや学生向けのクレジットカードが良いと思います。 特に学生向けクレジットカードは、年会費や付帯サービスが学生に優しい内容で使いやすいです。 また、学生向けカードの審査基準は一般カードとは違って、大学生や専門学校生でも持てるように作られています。 三井住友カードの通常のポイントプログラム• 1,000円利用につき1ポイント• 1ポイント=5円分相当のポイント移行で還元率0. 5% 三井住友カードのポイント還元率は、通常だと0. 5%程度です。 1ポイントが5円分相当として換算される三井住友カードiD、楽天スーパーポイント、dポイント、Amazonギフト券、ビックポイント等に交換すると、ポイント還元率は0. 5%になります。 (1ポイント=3円分相当になる現金キャッシュバックや、交換レートの下がるポイント移行を選ぶと還元率は0. 5%よりも低くなります。 ) デビュープラスは、通常カードのポイント2倍で、2ポイントもらえるポイントプログラムになっています。 デビュープラスのポイントプログラム• 通常カードの2倍ポイント• 入会後3か月間はポイント5倍• 還元率1. ポイント2倍と聞いても具体的にどれくらいスゴイのか分からないかもしれませんが、 ポイント還元率にすると1. 0%程度です。 さらに入会後3か月間はポイント5倍なので、還元率は2. 5%程度になります。 クレジットカード業界ではポイント還元率が0. 5%だと普通で、ポイント還元率が1. 0%以上のものは高還元と言われています。 大手のクレジットカードは残念なポイント還元率になっていることが多いのですが、三井住友カードデビュープラスは還元率が高くてお得です。 三井住友カードやアミティエの旅行傷害保険付帯も気になりますが、旅行先での補償が不要な場合には特に必要のないサービスとなってしまいます。 それよりも、お得なポイント還元率のデビュープラスを選ぶ方が賢い選択ですね。 クレジットカードの最大のメリットは、ポイントで還元されてお得なこと。 クレジットカードを使う機会が少ない学生の方でも、高還元カードを選べばカードを使った分だけしっかり還元されるね。 使い続けているとゴールドカードにランクアップ 三井住友カードデビュープラスは、使い続けていると満26歳以降のカード更新で、三井住友カードプライムゴールドにランクアップします。 プライムゴールドとは20代限定のゴールドカードで、年会費5,500円で通常のゴールドカードと同等のサービスが受けられます。 (マイ・ペイすリボの登録とWEB明細サービスの利用で、年会費は1,650円に割り引きされます。 ) デビュープラスは、使い続けると自動的にゴールドカードへランクアップするシステムになっています。 18歳から25歳までの間はデビュープラスで… 26歳以降のカード更新時にプライムゴールドへと自動切替されます。 ゴールドカードが不要な場合には、一般カードの三井住友カードへ切り替えることもできます。 ゴールドカードの審査基準は昔ほど厳しいものではなく、年収300万円ほどあれば持てる時代と言われてますが、誰でも簡単に持てるものではありません。 そのゴールドカードをいずれ持てるシステムになっている三井住友カードデビュープラスは、とても良いと思います。 今はそれほどクレジットカードのステータスを気にしないかもしれませんが、 社会人になるとどこで出しても恥ずかしくないステータス性を意識するようになってきます。 プライムゴールドを持っていれば同年代に差がつきますし、誰もが知っている三井住友カードのゴールドの色のカードは、支払いでちょっと良い格好をしたい時に役立つでしょう。

次の

三井住友VISAデビュープラスカード~クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!

三井住友visaデビュープラスカード

25歳まで持てるから、厳密には学生カードとは言えないかな。 どっちかというと新社会人向けの若者向けカードだね 三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット 三井住友VISAデビュープラスカードは、若者にしか持てないターゲットがかなり絞られたクレジットカードです。 デビュープラスカードにはどのようなデメリットがあるのか、順番に確認していきましょう。 18歳~25歳しか持てない 先にも述べているように、三井住友VISAデビュープラスカードは 18歳から25歳までの限られた年齢層しか持てないという条件があります。 年齢から考えると、学生か社会人になって間もない年齢層しか持てないことになります。 三井住友VISAブランドが欲しい、新社会人向けにぴったりです。 そのため、世の中のほとんどの人が条件にあてはまらないことになるうえに、この年齢層の人であっても25歳を過ぎたら所持できないという限定されたカードを敬遠する人も少なくないでしょう。 しかし、逆に言うとこの年齢層のカードをわざわざ作っているということから、 三井住友カードが若年層の顧客を獲得したいという意図が見えます。 そのため、多少収入が少なくてもこの年齢層であれば審査に通る可能性があるとも考えられるのです。 年会費は1,250円必要 三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度の年会費は無料ですが次年度以降は年会費が1,250円かかります。 学生や収入が少ない新社会人には、少しの年会費でも負担に感じるのではないでしょうか。 そうそう! 関連記事: また、プライムゴールドカードをずっと所有していると、30歳になった最初のカード更新時にゴールドカードに切り替わります。 ゴールドカードは誰でも持てるカードではないため、デビュープラスからのルートであれば比較的ゴールドカードを所持しやすい環境を作ることができるというメリットがあります。 国際ブランドはVISAのみ クレジットカードに付帯する国際ブランドは、三井住友VISAクラシックカードなど、ほとんどのカードではVISAとMasterの両方のブランドを発行することが可能です。 しかし、デビュープラスカードではVISAブランドしか選択することができません。 クレジットカードにVISAブランドしかつかないというのは、不便ではないかと考えるかもしれません。 しかし、世界ではVISAブランドが圧倒的なシェアを誇り、 国内でもほとんどのお店で使うことができるため、VISAブランドしかつかないことに大きなデメリットを感じることはほぼないでしょう。 あんまり想像できないかも 旅行保険はない クレジットカードにはたいてい付帯している 旅行傷害保険が、三井住友VISAデビュープラスカードにはついていません。 特に海外旅行などによく行く若者にとっては、旅行保険がないというのは不安に感じることでしょう。 しかし逆に考えると、旅行にはめったに行かないという若者にとっては旅行保険の有無は重要ではないでしょう。 また、本格的に海外旅行に行くというのであれば、かなりしっかりとした保険が付帯した別のカードで代用することをおすすめします。 反対に三井住友VISAデビュープラスのメリットは 三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットを順番に紹介してきましたが、もちろんデビュープラスカードにはメリットもあります。 どのようなメリットがあるのか確認していきましょう。 ポイント還元率は常に2倍!入会後3ヶ月間は5倍! 三井住友VISAカードには、ワールドプレゼントというポイントプログラムがあります。 三井住友VISAデビュープラスカードでは、 いつでもポイントが2倍になるというメリットがあります。 さらに入会後3ヶ月間は5倍になります。 例えば50,000円のカード利用をした場合、通常なら50ポイントのところ、2倍の100ポイント、入会後3ヶ月間は5倍の250ポイント獲得できます。 これはデビュープラスカード限定のサービスとなっているため、ポイントを効率よく貯めたい人にはおすすめです。 年間利用金額に応じてボーナスポイント 三井住友VISAカードでは、前年度の年間利用金額に応じて3つのランクのステージが設定され、ステージランクに応じたボーナスポイントが加算されます。 ボーナスポイントの詳細は下記の表にまとめました。 前年度の買物累計金額 ステージ ボーナスポイント 300万円以上 V3 50万円到達時 150ポイント 以降10万円ごとに 30ポイント 100万円以上300万円未満 V2 50万円到達時 75ポイント 以降10万円ごとに 15ポイント 50万円以上100万円未満 V1 50万円到達時 50ポイント 以降10万円ごとに 10ポイント このボーナスポイントは、クラシックカードやデビュープラスカードなどの一般カードに適用されますが、ゴールドカードやプラチナカードではさらに高いボーナスポイントが用意されています。 インターネット経由の申し込みで最短3営業日で発行 三井住友VISAカードでは、インターネット経由での申し込みに限り最短3営業日でカード発行されます。 ただし自宅に届くのは最短約1週間となっています。 最短でカード発行するためには、インターネットで手続きをすること、またインターネットで支払い口座の設定をすることが条件となります。 ただし、インターネットで支払い口座の設定ができる銀行は限られていて、対応していない銀行の場合は最短日数での発行はできません。 ETCカードは年会費無料 デビュープラスカードの作成と共にETCカードを作成することもできます。 ETCカードも別途年会費が必要ですが、初年度は無料、さらに年1回でもETC利用の請求があれば、翌年度は無料となります。 契約しているクレジットカードの利用枠内で利用可能です。 年間最高100万円のショッピング保険 三井住友VISAデビュープラスカードには旅行傷害保険はついていませんが、 ショッピング保険は付帯しています。 デビュープラスカードでクレジット決済をして購入した商品の破損や盗難による損害を、購入日および購入日の翌日から90日間補償されます。 ただし、海外での利用および、国内でのリボ払い、分割払い 3回以上 のみ対象となります。 審査基準が若者向け デビュープラスは若者向けカードなので、審査基準も三井住友VISAカードより若者にあったものになっています。 代表的な高ブランドカードの三井住友VISAカードと同じ基準で審査されると、若者は ・収入が少なくて ・勤続年数も短い ため厳しい結果になりやすいですが、デビュープラスではこうした若者の事情に配慮した審査をしてくれます。 審査が不安な若者はデビュープラスを申し込んだ方が良いですね。 銀行系クレジットカードを作るチャンスですので。 関連記事: デビュープラスとクラシックはどっちが良い? 三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリットについて見てきましたが、三井住友VISAクラシックカードと比較してどちらが優れているのか、下記の表でまとめてみました。 デビュープラス 三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAクラシックカードA 年会費 1,250円 1,250円 1,500円 年会費無料条件 1度でもカード利用する マイペイすリボ登録+カード利用 マイペイすリボ登録+カード利用 旅行傷害保険 なし 最高2,000万円の海外旅行傷害保険 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険 ショッピング補償 年間100万円まで 年間100万円まで 年間100万円まで 国際ブランド VISA VISA、Master VISA、Master このカードだけの特典 ポイントが常に2倍 当初3ヶ月は5倍 特になし 特になし デビュープラスカードとクラシックカードを比較すると、大きな違いは旅行傷害保険がついているかどうかという点です。 旅行を頻繁にするので保険は外せないという人には、デビュープラスカードは向いていません。 しかし、旅行傷害保険以外の項目では、年会費無料になる条件やポイントが2倍になるという特典を考えると、クラシックカードよりメリットも多いといえます。 そのため、デビュープラスカードに向いているのは、海外旅行や国内旅行に行く余裕はまだない新入社員や入社後1~2年の社会人でしょう。 旅行に行く代わりにショッピング利用をすればポイントが2倍貯まるため、効率よくポイントを獲得できます。 逆に時間に余裕があって旅行に頻繁に行ったり、卒業旅行として海外旅行を考えている学生には、旅行傷害保険がないデビュープラスカードはあまり向いていないと考えられます。

次の