恋愛 別れ。 遠距離恋愛の正しい別れ方、後悔する別れ方

遠距離恋愛で別れた方が正解なカップルの特徴5つ&正しい別れ方3選

恋愛 別れ

カップルの恋愛の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい... どう思ってるの? ・この人と付き合ってて大丈夫?別れた方が良い? ・彼は結婚する気ある? ・別れそうで辛い... ・もしかして... 彼は浮気してる? そういった彼氏さんとの悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事🔮 プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、 あなただけの人生のコンパス 「占いなんて... 」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって 驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占う プロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や彼の性質も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 凄く当たる!と評判です🔮 お互いの近況を報告し合い相手の生活や仕事ぶりを知るのは遠距離恋愛を続けていく上でとても重要なことです。 ところがだんだんと連絡の頻度が低くなっていくことがあります。 例えば次のような場合が考えられます。 たまたま電話をしたとき彼氏がこちらもたまたま残業をしていて電話に出ることができなかった場合などです。 こういった「たまたま」が何度か起きると、だんだん電話するのが怖くなったり面倒になったりします。 そうしてだんだんと連絡の回数が減っていきます。 メールやLINEの場合も同じです。 相手がすぐに返事できないこともあると頭では分かっていながら、返事がないと不安になります。 そして少しずつ連絡が減っていきます。 そのうち連絡をとらないことに慣れてきます。 考えれば相手の生活のパターンもなんとなく分かってきたら、会話の内容もマンネリ気味で少し退屈かなと思いかけています。 あなた自身も話したいことはあるけど、別に今ではなくてもいいかなと思ったりします。 気がつくとしばらく連絡しなくても平気になっています。 連絡があまりなくても平気になるのは別れそうなカップルの特徴です。 お互いの関心が薄らいでいる証拠と言う事が出来るでしょう。 彼がどう思っているのかは、タロットや四柱推命などで占う事で一気に分かります。 最初のうちは相手に会えないことが寂しくてたまりません。 なんとかして会う機会をつくろうと思います。 しかしだんだんと相手がいないことに感覚的に慣れてきます。 そのうち普段の生活に相手がいないのも当たり前に感じ始めます。 いつの間にか生活の中での恋人の優先順位が下がっていきます。 しかしそういうものだとお互い納得できてしてしまったら、そのカップルは危険な状態です。 相手が近くにいないことに慣れたということは、別れのハードルが劇的に下がったということです。 別れても今とあまり変わりないと思えるようになってしまったということです。 このようなカップルはいつ別れてもおかしくない状況にあるといって間違いありません。 小さな嘘は最初は嘘というよりも相手への気遣いだったのかもしれません。 例えば誰かと遊びに行ったことを相手に言わないとか、合コンの数合わせに参加したことを内緒にするといったようなことです。 彼氏が嫌がるだろうと配慮して内緒にしていたつもりでも、あとでそのことを知った彼氏はあなたが隠していたと思うでしょう。 そう思われないために「ちょっと友達と女子会した」と嘘をついてしまえば、今度はそこから数々の小さい嘘を重ねなければなりません。 このような行動は自殺的です。 嘘はいつかどこかでバレます。 バレてから関係を修復するのは至難の業です。 小さな嘘を重ねるのは別れの時限爆弾を抱えているようなものです。 もし思い当たる節があるなら、今後どうしていくべきかは一度占ってみると良いはず。 どうすれば別れずにこのまま一緒にいれるのか分かるはず。 遠距離恋愛が破局する可能性はかなり高いです。 結婚を前提につきあっている場合を除けば、遠距離恋愛が成功する確率は2割程度と言われています。 遠距離になってから3ヶ月未満で約3割の遠距離カップルが別れます。 つまり、なにもしないと遠距離恋愛は自然消滅ですぐ終わるということです。 ある程度頑張っても離れ離れになって半年経ったころには問題が起きやすいということを示しています。 ただここでもうひとつ知っておきたいことは、1年以上遠距離恋愛が続けば結婚に至る確率が飛躍的に高まるということです。 遠距離恋愛の勝負どころは遠距離になってから半年から1年経った時期なのです。 二人の間に将来プランがない場合は別れを考えたほうがいいかもしれません。 大学進学で恋人が別の町に行ってしまったようなパターンで長距離恋愛が続くことは極めてまれです。 大学生にとっては目の前の学生生活のほうが重要です。 故郷の彼女はすぐ過去の思い出になってしまいます。 そのようになるのは、二人の間に将来設計がないからです。 女性からしてもその恋人が地元に帰ってくるのかどうかもわからないのに遠距離恋愛で待つ価値があるでしょうか? 同じように結婚を考えていない遠くの彼氏と寂しい思いをしながらつきあっていく理由があるでしょうか? 将来についての目標を共有していないのなら、その人と別れるのが正解なのかもしれません。 未来を約束して一緒に何かを実現するという目標がないカップルにとっては遠距離恋愛は負担が大きすぎます。 最後になりますが、遠距離恋愛は生半可な気持ちでは成就しないということを改めて強調します。 普段の生活では一人でいることに耐えられる人だけが続けられる恋愛です。 もちろんいつもは一人だからたまに彼氏と会うととても幸せになれるわけです。 ですがある意味とてもつらい生活です。 このような生活パターンをお互いが受け入れられるときにだけ、遠距離恋愛は最高の恋愛になるのです。 男女ともに内気だったり、二人とも仕事が忙しいような場合のほうが長続きします。 あるいはごくまれにお互い一人の時間を有効に利用して自分磨きに勤しむことのできるカップルもいます。 そしてお互い信じ合うことができ、コミュニケーションがきちんと取れるカップルもいます。 いったん遠距離恋愛で別れたけれど、結局最終的には運命の巡り合わせで復縁したというようなエピソードもよくあります。 縁があれば遠回りしても結ばれるものです。 そう考えて遠距離恋愛に終止符を打つのもひとつの立派な決断です。 また、遠距離恋愛が1年以上続けば結婚の話が持ち上がる割合が断然高くなります。 そう考えれば、人生の試練と捉えて頑張るのも悪くはないのかもしれませんが。

次の

遠距離恋愛の別れ方!遠距離で別れたい時の【10のポイント】

恋愛 別れ

しかし、彼女の悟ったような口調に押され、友人に戻ることになりました。 泣きながら別れました。 必ずしも、嫌いになって別れるわけではない。 好きだけれど、別れなければいけない恋愛があります。 男女間の仕方ない事情で、付き合いを続けられない特殊な状況があります。 彼女は、別れて1カ月も経たないうちに、新しい彼を見つけました。 職場で一緒に仕事をしている男性とのことです。 彼女が私と別れて、わんわんと泣いているところを見て「実は前から好きだった」と告白をしてきたとのことです。 私はそれでよかったと思いました。 悔しい気持ちがないといえば嘘になりますが、悲しんだままの状態はよくありません。 人の弱みに付け込む告白の仕方と考える人がいますが、そうでしょうか。 寂しがっている人を救おうとしているのですから、むしろありがたいことです。 私は、その彼が彼女を救ったと思いました。 自分が幸せにできないと悟ったときは、潔く、ほかの人にバトンタッチをすることです。 別の人のほうが、もっと幸せにできる。 適切であることもあります。 悔しい気持ちを抑えながら、そう自分に言い聞かせました。 心の整理がつくまでしばらく時間はかかりますが、大局的に見て、それでいいのだと思いました。

次の

社内恋愛の破局・別れ問題5つ|気まずい空気にならない別れ方や接し方も

恋愛 別れ

別れは辛い・・・ 出会いがあれば別れもあります。 突然やってくる別れ、自分から切り出した別れ、予想していた別れなど、別れの仕方はそれぞれ違いますが、その全ての別れには、痛みが伴います。 また、別れの痛みは、その人の性格や恋愛の仕方、別れた理由など・・それぞれの要因によって違ってきます。 別れが当初は辛くても、すぐに回復できる場合もあれば、3ヶ月、6ヶ月経っても辛さが続き、 「このまま永遠に忘れられないのではないか」と思ってしまうようなこともあります。 どうしてこのような違いがあるのでしょうか? そもそも、特に辛い別れというものはあるのでしょうか? 詳しく調べてみましょう! 一人ぼっちになってしまった テキサス大学、心理学科のジェフリー・シンプソンは、 別れの辛さが大きい恋愛の特徴について調べました。 まず、教授は現在交際中である人を募集し、 現在の恋愛と関連したアンケート調査を行いました。 3ヶ月後、シンプソン教授は被験者たちに再度連絡し、 その間に恋人と別れたという人だけを集めました。 シンプソン教授は、別れた被験者たちに 別れがどれほど辛かったのか、またその辛さはどれほど続いたかなどについて尋ねました。 そして被験者たちが感じた別れの辛さと交際中に行ったアンケートの項目を比較して、どのような恋愛をしていた人がより辛く感じていたのか分析しました。 果たしてシンプソン教授は、その相関関係を見つけることができたのでしょうか? より辛い別れ 別れの辛さが大きい恋愛には、大きく三つの特徴がありました。 恋人との親密度が高かったカップル まず、恋人と別れたことでひどく苦しんだのは、 元恋人との親密度が高かったカップルでした。 人は、恋人と頻繁に会っているほど、価値観が似ているほど、別れの辛さを痛感していました。 長く付き合ってたカップル 2つ目に、 交際期間が長かった人ほど 別れたことをより辛く感じていました。 交際期間は親密度よりも、別れの辛さにより大きい影響を与えました。 元恋人より素敵な異性はいないと考えている人 3つ目に、 「もうこの人よりいい人には出会えないだろう」と思った人たちは、そうでない人よりも33%も別れを辛く感じました。 周りに元カレ・カノほど、魅かれる人がいない、恋愛対象となる異性がいない場合がそうです。 これが3つの要素の中で、最も大きい影響を与えました。 「尽くしたのに、大きなものを失った」・・そんな気持ちがあると シンプソン教授は、この3つの要素が 別れの後遺症を残す理由をこのように説明します。 「別れた後、 日常が変化することで最大の苦痛を感じます。 」 「 特に人は、日常が変わったり、揺らいだりすると精神的な衝撃を受けます。 」 「恋人と積み重ねてきた「親密感」と「長い時間」は絶え間ない努力で作られたものです。 だから、人はとても辛く感じるのです。 」 「一方、周りに恋愛対象になるような 他の魅力的な異性が存在する場合、 別れの辛さは大幅に減少します。 」 「 そのような恋愛対象候補は、別 れを経験し不安定で、何も手につかない時、目を覚まさせてくれる 現実的な刺激剤になるのです。 」 なるほど、なるほど! 最後に、実験結果を見ていたシンプソン教授は、興味深い事実をもう一つ見つけました。 「一般的に考えられていることとは異なり、 恋人 外見、性格、能力 についての満足度 は、別れの辛さに影響を及ぼしませんでした。 」 「恋人の外見、性格、能力などは、 恋人が元々持っている特徴 であるため、自分が努力して維持しなければならない部分ではありません。 」 「そのため「親密度」や「恋愛期間」のように失ってしまうと、自分の努力が消えてなくなるわけではないから、 別れの辛さとも関係ありません。 」 不思議でしょう? 別れの後遺症 なるほど。 この研究をみると、辛い別れの特徴が分かりました。 大好きな人が自分のもとを去った時の喪失感もありますが、一緒に努力して積み重ねてきた二人だけの親密感、特別な思い出・・・今まで一緒にしてきた日常が消えてしまうことが一番辛いですよね。 別れをより辛くさせる三つの理由の中で、別れた後自分が努力できることは「恋愛対象になりそうな異性がいない時」周りを一度見回してみることです。 恋愛の痛みは、 恋愛で癒すという話 は、間違って はいないのです。 別れてからすぐに新しい人と付き合うというのは、確かに難しいことですが、過去に縛られずに気持ちを切り替えて、新しい人に会ってみてください。 別れた直後には、そのような人は絶対いないと思うかもれませんが、時間が経つと、いつの間にか元恋人よりはるかに良い人が目の前に現れるかもしれません。 別れで辛い時期を過ごしている方を恋愛の科学が応援します!.

次の