郵便 切手 の 料金。 郵便料金表

定形外郵便の切手はいくら?大きい封筒はいくらで送れるのか

郵便 切手 の 料金

・ 郵送料金は、郵送するものの大きさや重さによって異なるため、利用者は郵送料金に相当する額の切手を購入し、郵便物に貼ります。 また、書留や速達などのように、配達の確認を取る、優先的に早く配達する…等の付加的な有料サービスの料金も切手を購入することで支払いが可能です。 ・ 切手が郵便料金を支払った証明となるため、切手を貼れば、郵便局まで持参しなくても、最寄りの郵便ポストに投函するだけで全国均一の配達サービスを利用できます。 ・通常は、切手の裏面に糊が塗ってあり、水気を与えるとそのまま貼付できます。 また、一枚一枚が容易に切り離せるように周囲にミシン目がほどこされています。 ・切手を使用できるのは、日本郵便によって扱われ配送される郵便物に関してのみです。 宅配便を扱う企業においては、封筒やはがきに、切手に代わるシールを貼付します。 宅配業者固有のシールで、配達状況を追跡できるコード番号が付されているものもあります。 ・切手には、年間を通じて使用されるデザインのほかに、慶弔用切手や年賀用切手、また、記念切手やご当地切手のように、数量限定で発売されるものもあり、切手収集をするコレクターも数多く存在します。 近年では、キャラクターデザインを用いたものや、シール状になっているもの、ユーザーが自由にデザインできるオリジナルデザイン切手も取り扱いされています。 ・ 切手は日本郵便(郵便事業株式会社)によって消印が押されることにより「使用された」という証しとなります。 消印には、取り扱った郵便局名や日付けが印字されています。 ・海外にも切手は存在します。 それぞれの国から郵便物を送る際に、日本の場合と同じように使用されます。 ・小荷物に関しては、日本郵便も、他の宅配業者も似たようなシステムをとっています。 いずれも差出し人および宛先の住所氏名を記載する伝票を貼りますが、代金は荷物の大きさ、重さ、距離に応じて荷物を出す際に支払うほか、月ごとに支払う契約などがあります。 また、宅配業者に関しては、着払いや、代金受け取り払いという代金回収のシステムもあります。 [はみだし知識] 領収書などの「課税文書」に貼られている、切手みたいな小さな紙片を印紙(収入印紙)と呼びます。 印紙も郵便局等で購入ができますが、切手が郵便料金・代金を前納した証しであるのに対し、印紙は印紙税という税金を支払った証として貼付されます。 ・はがきの切手代は全国一律63円です(2019年10月1日から)。 ・定形郵便物、定形外郵便物の料金は大きさの条件さえ満たしていれば、重量のみによって上下します。 これに対し、小荷物の場合は、大きさ、重量、距離によって料金が決められています。 ・普通郵便とは、速達や書留といった特別なオプションをつけずに送る郵便のことをさします。 オプション(書留や速達)を利用する場合には、普通郵便に追加料金を支払いすることで、つけることができます。 普通郵便物は、日曜・祝日には配達されません。 下記サイズを超えると定形外かつ規格外。 510円または360円で送ることができます。 配達までの過程の記録が残るほか、その郵便物が破損した場合には、届け出範囲内での賠償が受けられます。 現金 ( 現金書留) 現金を送る時専用の書留。 郵便局で専用封筒を売っており、熨斗袋などはそのまま入れて送ります。 現金以外 ( 一般郵便物) 配達までのすべての過程を記録。 万一の破損時や紛失時は、実損額を賠償してくれます。 簡易書留 引き受け時と、配達時のみを記録。 万一の破損時や紛失時は、5万円までの実損額を賠償してくれます。 速達は、その郵便物を優先的に早く配達するサービスです。 特に遠方に送る時には一日くらい短縮できます。 ゆうパックの料金表は省略します。 更に5万円ごとに+21円(上限500万円) ゆうメール ・3kgまでの荷物を送ることができます。 ・目立つところ(表面)に「ゆうメール」と表記します。 ・縦+横+高さ=1. 7m以内(170cm以内) ・サイズについては、上記プラス 2017年6月1日から規格内、規格外が設定されました。 下記サイズを超えるとゆうメール対象外かつ規格外。 送ることができるものは下記の通り.

次の

定形外郵便の切手はいくら?大きい封筒はいくらで送れるのか

郵便 切手 の 料金

切手の料金はサイズと重さによって決まる サイズ まず確認するのはサイズです。 郵便物の大きさの指標として「定形郵便物」と「定形外郵便物」があります。 この違いを見てみましょう。 定形郵便物:幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmまで• 定形外郵便物:高さ60cmまで、幅・高さ・厚みの合計が90cmまで 84円切手と94円切手を使うのは定形郵便物です。 幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmの大きさを越えると定形外郵便物となり84円切手、94円切手では送れなくなります。 具体的なサイズの指標は? サイズはわかった。 でも、幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmって具体的にどんな大きさなの!って思います。 なので定形郵便物として送れる最大サイズを覚えておくと良いです。 定形郵便物で送れる最大サイズを一般的な封筒規格で言うと 長形3号です。 この封筒では A4 用紙を3つ折りして送れる大きさです。 重さ 84円切手と94円切手の使い道の違いは 重さです。 定形郵便物サイズ(幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmまで)以内であればどんな大きさでも重さだけの違いです。 つまりいくらの切手を貼れば良いかといえば、重さを計って25g以内なら84円、26g以上50g以内なら94円です。 84円切手:25g以内• 94円切手:50g以内 距離 切手の料金に距離は関係ありません。 東京から神奈川へ送ろうが、北海道から沖縄まで送ろうが切手料金は全国一律です。 一般的な手紙を84円切手で送る場合なら、全国どこまででも84円で送れるという事です。 紙は何枚まで送れるのか 25g以内か、50g以内かで84円切手を使うか94円切手を使うか変わりますが、具体的に紙が何枚入るのか試してみましょう。 茶封筒と一般的な A4 コピー用紙で試してみました。 A4用紙を5枚入れた所で23gとなりました。 6枚入れると25gを越えてしまいます。 という事で84円で送れるのは A4 用紙5枚です。 A4用紙を11枚入れたら49gになりました。 ギリギリすぎるので94円で送れるのは10枚と見たほうが安全です。 ただ 上等な封筒や上等な紙を使うとより重くなってしまうので要注意。 ご家庭にはかりがある場合は計測してみてください。 郵便局では0. 1g単位のはかりで計測しています。 1g越えただけでもアウトなので料金不足で返送されてしまいます。 履歴書など大きい封筒を送るときの切手は?(定形外郵便) 長形3号よりも大きな封筒を送る場合は定形外郵便となり、84円切手・94円切手では送れません。 例えば履歴書など A4 サイズを送れる角2号封筒は当然定形外郵便です。 定型郵便物で送れる封筒:長形4号、長形40号、長形3号、角形8号• 定形外郵便物で送れる封筒:長形2号、長形1号、角形7号~0号 サイズ 定形外郵便の最大サイズは前述したように「高さ60cmまで、幅・高さ・厚みの合計が90cmまで」です。 封筒にこんな大きなサイズはありませんので、最大の封筒(角形0号:B4サイズ)でも送れるので全ての規格封筒に対応しています。 定形外郵便には最小サイズもあります。 はがきなら定形郵便物なのではないか?と。 ここで重要なのは、 はがきサイズでも50gを超えれば定形外郵便物なのです。 定形外郵便の最小サイズと最大サイズ以内であれば、料金が変わる基準は重さと厚みです。 重さ 定形外郵便物には料金体系が2つあります。 基準は厚みが3cm以内か、3cmを超える場合です。 3cmを超える場合は規格外料金となり割り増し料金になります。 重さは4kgまで対応可能ですが、封筒で4kgの物を送ることもないでしょう。 そんな重いものであればゆうパックの方が安い場合があります。 重量 規格内 規格外 厚み3cm超え 50gまで 120円 200円 51g~100gまで 140円 220円 101g~150gまで 210円 300円 151g~250gまで 250円 350円 251g~500gまで 390円 510円 501g~1kgまで 580円 710円 1001g~2kgまで 規格外 1,040円 2001g~4kgまで 規格外 1,350円 500gを超える場合、定形外郵便よりもレターパックを使った方が追跡もできますし安く済むので送るものに応じて比較してみてください。 ちなみに定形外郵便物でも特定記録というサービスを使って追跡機能を付ける事ができます。 ただしプラス160円かかります。 その為レターパックの方が圧倒的に安く済みます。 カテゴリー• 112• 122• 243• 412• 162•

次の

透明封筒を郵便で出す時の注意。定型内?定形外?切手貼れるの?料金別納って?そんな話。

郵便 切手 の 料金

郵便物次第で、貼る切手の値段も変わってくる。 当たり前のことですが、郵便もサービスですから、利用する際には料金が発生します。 郵便を利用するときには、それぞれの種類の郵便物に応じた値段分を支払う必要があります。 郵便を利用する際、料金を支払う方法は2通りあります。 窓口での支払い ひとつは、郵便物を郵便局の窓口に持っていき、その場において現金にて料金を支払う方法です。 郵便物の値段は大きさや重さによって細かく決められていますが、窓口に持っていけば大きさや重さをプロの郵便局員が計測しますから、安心の方法です。 絶対に間違いなく、その場で金額を支払い、荷物をお願いできます。 切手での支払い もうひとつは切手を買う方法です。 切手は、郵便局に対して必要な分の料金を支払ったという証になっています。 郵便物に切手を貼ってポストに投函することは、窓口に行って料金を支払うのと同じ効果があります。 ただし、ポストに投函する場合には、自分で郵便物の値段を判定する必要がありますから、郵便物の大きさや重さを自分で計って、それに応じた料金分の切手を貼ってください。 切手は郵便局のほかにも、コンビニなどさまざなところで売っています。 こうすることで、わざわざ郵便局まで行かなくても郵便が利用できるというたいへん素晴らしい仕組みになっています。 また、切手にはさまざまな額面のものがありますが、組み合わせて使うこともできますから、多く買いすぎてしまった分などについては次に郵便を利用する際にでも使ってください。 コンビニで買える切手についてはこちらで詳しく調べました! 定形外郵便の送り方と値段 定形外郵便とは、定形郵便物でない郵便物のことです。 長さ14~23. 5cm、幅9~12cm、厚さ1cm以内、重さ50g以内の封書は定形郵便物として扱われており、これらの 長さや重さのうちひとつでもオーバーしたものが定形外郵便となります。 また、定形外郵便にも2種類があって、• 長いのほうの辺が34cm以内、短いほうの辺が25cm以内、厚さが3cm以内、重さが1kg以内となるものは「規格内」• それ以外のものは「規格外」となっています。 また、規格外の定形外郵便でもあっても縦・横・厚さの三辺の合計が90cm以内、かつそのうちの1辺は必ず60cm以内、重さは4kg以内に大きさや重さをおさめる必要があります。 定形外郵便の料金は規格内と規格外で異なっています。 値段は次のとおりです。 ・規格内 50g以内 - 120円 100g以内 - 140円 150g以内 - 205円 250g以内 - 250円 500g以内 - 380円 1kg以内 - 570円 ・規格外 50g以内 - 200円 100g以内 - 220円 150g以内 - 290円 250g以内 - 340円 500g以内 - 500円 1kg以内 - 700円 2kg以内 - 1020円 4kg以内 - 1330円 定形外郵便の出し方は、郵便局に持っていく方法とポストに投函する方法があります。 自分でポストに投函する場合には、あらかじめ値段分の切手を貼っておくことが必要です。 オススメなのは郵便局に持っていく方法です。 上に書いたように 定形外郵便は大きさや重さによって値段が細かく変わるので、窓口に持っていって言われた分の料金を支払うのが確実だと思います。 定形外以外の切手の値段、郵便基本料金って? 郵便物の基本料金を調べてみました。 郵便物の値段は種類によって決まります。 はがき はがきの場合は 全国一律で1通62円になります。 はがきの一種である郵便書簡も62円です。 往信用のはがきが付いた往復はがきは単純にその2倍の124円になります。 年賀はがきは1通52円ですが、年末年始の特定の期間しか利用できません。 手紙 長さ14~23. 5cm、幅9~12cm、厚さ1cm以内、重さ50g以内の一般的な封書は 定形郵便物の扱いとなり、その料金は25g以内が82円、50g以内が92円です。 重さによって値段が変わりますから、自分が送りたいものがどれくらいの重さになるかを確認し、必要な値段分の切手を貼って投函してください。 50g以上のものや大きいサイズのものは前述した定形外郵便の扱いになり、料金体系が異なります。 速達や書留など 速達や書留などはオプションのサービスになり、例えば、速達を利用した場合は、基本料金+速達料金の合計が送る際に必要な料金になります。 はがきを速達で出す場合は、はがきの料金62円+速達料金280円で、342円となります。 値段が不足した場合 万が一、値段が不足した状態で差し出してしまった時はどうなるのでしょうか。 この場合は、 差出人に返送される、もしくは受取人が受け取る際に不足額を支払う、のどちらかになるようです。 いずれにしてもややこしいことになりますから、自分が送ろうとしている郵便物の重さをしっかりと確認し、必要分の切手をしっかりと貼りましょう!.

次の