スロット やめ どき。 ひぐらしのなく頃に絆 天井・ゾーン・狙い目・やめどき解析

ジャグラーは「やめどき」が難しい!やめ時の回転数はあるの?

スロット やめ どき

パチンコ・スロットの「やめどき」 一般的な使い方 これは先述のように、勝ち逃げという言葉と共に使われる事が多い使用法です。 例えば、北斗無双を打って投資1万で運よくSTに突入、そこから怒涛の連荘を見せた結果、2万発ほどの出玉を獲得。 しかしその後、初当たりまで大きくハマって1万発分の出玉を使ってしまい、その大当たりではSTに突入せずに時短が終了したところでヤメ。 こんな場合、ここでの使い方としては「やめどきを間違えた」とか「2万発出たところがヤメ時だった」てな感じで使います。 自分自身もパチンカーやスロッターと会話する時には、割と使う言葉です…が、あくまでも冗談の一種で、本気でそこで止めておくべきだった…とは思っていない事がほとんどです。 パチンコにしろスロットにしろ、本当の意味で重要な「やめどき」というのは「結果的に出玉が最大になっていた地点」ではなく、「期待収支的に最大の利益を見込める(最小の損害に留められる)地点」の事を意味します。 パチンコで本当に意識するべき「やめどき」 まず上げておくべきなのは 潜伏確変状態では止めないという事。 極まれに内部的に確変であっても、この回転率じゃ打つ価値なし…という釘・スペックの台もありますが、普通の潜伏確変で普通の釘であれば、基本的に潜伏確変中は止めない方が良いのは間違いありません。 パチンコの場合は明確に意識するべき「やめちゃダメな状況」というのはそれぐらいでしょうか。 スロットで本当に意識するべき「やめどき」 天井絡みの話 天井という機能が搭載されている台(通常時〇〇〇〇GはまるとARTが確定など)は、基本的にハマっている台を打った方がハマっていない台を打つよりも期待収支が高くなります。 つまり、例えば天井が1000Gの台があったとして、その台を200Gから打ち始めるのと、700Gから打ち始めるのでは、700Gから打ち始める方が断然お得であることが多いのです。 そんな台で、それこそ900Gぐらいでヤメるというのは、やめどきとしては最悪の部類だと言えます。 逆に、天井をしっかり消化し終えてから止めるのは、良いヤメ時ですね。 ただその場合、ART後に天国的なものが期待できる状況なら、それも消化しないと良いヤメ時とは言えなくなりますが。 ゾーン絡みの話 天井だけではなく、特定のゲーム数に何かしらが優遇されている、いわゆる「ゾーン」というものが搭載されている台の場合、その特定ゲーム数の直前でヤメるというのも、ヤメ時としては悪いやめどきだと言えます。 逆に言えば、ゾーンを消化し終えた所は、良いヤメ時だと言えます。 ただ仮に、そのゲーム数が天井間際だったりしたら、その時は天井まで行かないと…という事にもなるんですけどね。 設定1の機械割より実践が酷い よく、「せめて設定1並みに当たって欲しい」とか、「設定1でも甘いスペックなのに〇万いかれた!」という話がありますよね。 多くの場合は1でも誤爆する時があるように、下に振れる事もある…というだけの話だったりしますが、実は最低でも設定1の機械割で打てているつもりで、そうではないケースも少なからず存在します。 それは、不利な状況ばかり打って、有利な状況で打ててないから…というケース。 先ほどの天井やゾーンの話にも関係あるんですが、設定1の機械割って、ちゃんと美味しい部分も含めた数値なんですよ。 つまり、ゾーンを消化したり天井に到達したり、その台の酸いも甘いも味わった末の機械割が、その台における設定1の機械割なんです。 なので例えば、ゾーン以外のゲーム数ばっかり打っている…とか、中途半端なゲーム数から打ち始めて、天井に行くでもなく当たらずヤメ…なんて打ち方をしてると、設定1の機械割よりも遥かに低い機械割の状態で実践している事になってしまうんです。 なので、設定1を打つにしても、期待収支的に最良のやめどきを実践する事が、長い目で見て負け額の軽減、あるいはプラス域への足掛かりともなるのです。 設定1を最悪の状況から打ち始めて最良の状態でやめれば、長い目で見て設定1なりの数値になると思います。 さらに言えば、若干悪い程度の状況から打ち始めて最良の状態でやめれば、長い目で見てプラス収支になる可能性だって、機種によってはあります。 ここにこそ、本当の意味での「やめどきが重要」という意味がズシリと込められているんじゃないでしょうか。 閉店間際の話 ノーマル機はともかく、ART機などに関しては、その一撃性が高いほど閉店取り切れずのリスクが大きく圧し掛かってきます。 自分自身がそうなんですが、とにかく取り切れずがイヤなんです。 だから、ついつい早めにヤメたくなるんですが…実は自分を始め多くのスロッターが思っているよりは、ART機でもそこそこなスペックの高設定であれば、閉店ぎりぎりの時間まで打っていても期待収支的にプラスだったりするんですよね。 そこそこ一撃が期待できる台であっても、閉店30分前ぐらいまでなら余裕でプラス、15分前でもかなりの台がプラスじゃないでしょうか。 でも自分は、展開次第ではありますが、10時を過ぎた段階で何もなければヤメちゃいますね。 この場合は、期待収支的に最良のヤメ時を、精神的な満足感を優先したい気持ちが上回った結果と言えます。 自分だけじゃなく、多くの期待収支大好きスロッターが不合理な判断をしがちな数少ない場面…それが閉店前なのかもしれませんね。 やめどき まとめ ここまで基本的に期待収支に基づいた価値観で語って来ましたが、そうはいっても我々は人間なので、精神的な満足感を無視するべきではないのです。 最後の話でもあったように、精神的な満足感が期待収支的なそれを上回る状況なら、そちらを優先すれば良いと思うんです。 ただ、そこはあくまでもその事実を認識したうえで、基本的な認識を捻じ曲げずに、真摯に期待収支と向き合いつつ、自らのエゴにも正直にパチンコ・スロットと接して行きたいものです。 要するに「楽に楽しく勝ちましょ、パチンコもスロットも。 」って事です。

次の

スロットのヤメどきについて質問ですよく即やめと書いてあるの...

スロット やめ どき

この記事の目次• スロットでできた借金を減額する方法 スロットで借金をしてしまっているなら、今すぐ任意整理することをおすすめします。 借金を減額することができるかもしれませんよ。 まずは、専門家に無料相談してみましょう! こちらの記事で、を詳しく解説しています。 脱依存に向けてするべきこと まずは、あなたがスロット・パチンコに依存しているか確認しましょう。 依存というのは、生活に悪影響がでるほどのめり込むことだと考えています。 依存している人というのは、、、 年間収支で負けているのにスロット・パチンコに行ってしまうひとです。 依存症チェックなどでは他の項目もあると思いますが、上記に当てはまればもう依存してしまっています。 ではどうすればやめられるのでしょうか? ギャンブル依存症は、治療が難しく完治しないと言われています。 今は、 ギャンブル依存症外来というものがあり、病院に通院して治療することもできます。 今まで、いろいろ試したけどやめられなかったという方は、この記事を見ることなく、今すぐ病院に行って治療を受けることをおすすめします。 この記事では、やめたいと思っているけど、まだなにもアクションを起こしていない方向けに、やめるためにするべきことを紹介しますね。 実機を買う 僕は、実機を買うのが一番いいと思っています。 実機は、1~2万ほどするので、安くはないです。 ただ、1回買えば、無料で遊び放題ですよね。 ホールに行って負け続けることに比べたら、金銭的にも、精神的にもいいはずですよ。 有名機種を載せておきますね。 ぜひあなたが好きな機種を探してみてください。 趣味を見つける ぼくはこの方法でパチンコをやめられました! スロット・パチンコをやっている人はほとんど趣味がないと思います。 暇だからホールへ行ってしまう。 という方は多いのではないでしょうか? スロット・パチンコよりも楽しい趣味を見つければ、、、 趣味に時間を使うようになり、自然とホールへいく頻度が減っていきます。 ぼくの場合は、ゲームでしたね。 無料のオンラインゲームを始めてから、パチンコにはほとんど行かなくなりましたよ。 また今はスロットを副業として行っていますが、新たにブログを始めてから、スロットを打つ頻度も減りました。 ブログにもっと時間を使いたいと思うようになったからですね。 あなたもスロット・パチンコをやめるために、趣味やすきなことを見つけてください! 現金(お札)を持ち歩かない 当たり前ですが、パチンコ・パチスロはお金がないとできません。 手元に現金があれば、ちょっとパチンコに行くかという気が出てきてしまいます。 方法としてはカードや通帳を隠してもらい、引き出せない状況にするのが簡単ですね。 そしてクレジットカードを作りましょう。 クレジットカードでは、パチンコはできませんので。 現金を持ち歩かなくても、クレジットカードがあれば生活には困りませんね。 100円のものを買うのにクレジットカードを使うのは気が引けると思うので、最低限の小銭は持っていても構いません。 パチンコはほとんどのお店でお札でしか遊べないので。 ただ、1000円分以上の小銭は持たないでくださいね。 お札に両替できてしまいますので。 ぼくもお札が底をつき、小銭を見たら1000円分あったので、店員に両替してもらった経験があります。 笑 恥ずかしさはありましたが、もう止められませんでした。 あの行動は相当依存していたんだと思います。 この方法は僕自身が実践したものでありませんが、友達がこの方法でパチンコに行かなくなったようなので紹介しました。 あなたもパチンコ・スロットをやめるために、現金を持たない生活をしてみてください! 忙しくする パチンコ・パチスロは暇だから行ってしまうのです。 暇な時間がないほど忙しくすれば、パチンコには行けなくなります。 パチンコ店は長くても 9時から23時までの営業です。 この時間は暇にならないように予定を入れましょう。 仕事やバイト、友達・彼女と遊ぶ、資格を取る、などなんでもいいです。 ぼくは上でも紹介したオンラインゲームを新たに始めたことに加え、大学の実習が始まったこと、土日はバイトを入れていたことにより、かなり忙しくなりました。 そのおかげで、パチンコに行く時間なんてありませんでしたね。 1か月ほどパチンコに行かなくなり、時間があれば、オンラインゲームがしたいと思うようになったので、パチンコへの興味が薄れました。 1か月も行かなくなると、自然とやめられますよ。 あなたもパチンコ・スロットをやめるために、忙しい日々を過ごしましょう! スロットをやめなくてもいい方法 お金がなくなるからという理由で、スロットをやめたいと思っている方は見てください。 ちなみにスロット限定ですので、パチンコは対象外です。 パチンコがなぜ対象外かと言うと、ぼくも負けていたからです。 パチンコでは勝てる気がしません。 パチンコをやめたい方はこちらの記事も読んでみてください。 パチンコで勝てない理由が分かり、パチンコをやめようと決心できるかもしれませんよ。 はこちらで解説しています。 少し話がそれましたが、お金が理由でスロットをやめたい方は、 お金が稼げるようになれば、やめなくてもいいですよね? ぼくは、パチンコでは負け続けていましたが、スロットでは年間で240万ほど勝っています。 スロットは期待値を積むことができれば勝てます。 僕は、天井狙いとジャグラーの設定狙いで稼いでいるんです。 スロットで稼ぐために方法は で解説しています。 また、負けるひとには特徴があります。 スロットで負けるひとは全体の90%以上と言われています。 を知り、その逆をし続ければ勝ち組になれますよ。 この記事を読んでいるあなたは、ほとんど当てはまっているのではないでしょうか? まずは自分がどうして負け続けているのか知ることが大切です。 「スロットが好きでやめたくない!でもお金がなくなるのはいや。 」というひとはこの方法を実践してみてください。 スロットを楽しみながら稼げるようになりますよ。 いかがでしたか? 今回は、 ぼくの体験をもとにスロット・パチンコをやめるためにするべきことをお伝えしました。 冒頭でも書きましたが、いままでやめるためにいろいろ試したけど、やめれない方は病院で治療しましょう。 依存症はほんとうに怖い病気です。 なにかを好きになることはいいことですが、ギャンブルは身を滅ぼしますよ。 あなたがパチンコ・スロットをやめられることを願っています。 もしあなたがすでに借金してしまっているなら、併せて債務整理することをおすすめします。 借金が減額されるかもしれません。 まずは、専門家に無料相談してみましょう!

次の

ミリオンゴッドについて教えてください。(スロット初心者)

スロット やめ どき

初めて質問させていただきます。 先日、沖ドキを打っていて超ドキドキモードに2度入ったのですが、一度目はハイビスカスフラッシュ後のフリーズから。 二度目は、ビック消化中のランプ点灯からでした。 二度目に入ったのが、一度目の超ドキドキモードから32G以内のボーナス当選12連目だったのですが、これは12連目が保証モードによる当たりで、その当たりの消化中に超ドキドキモードを引き戻した事になるのでしょうか?それともただ単に超ドキドキモードに2回入ったわけではなく1回目の超ドキドキモードが続いていただけなのでしょうか? また、超ドキドキモードから転落したのか判別できるのは32G回してからではないと分かりませんよね? 長文になってしまい申し訳ございません。 はじめまして! 今まで沖ドキを打ったことがなくてGWから参戦してます。 食わず嫌いだったようで割と楽しいです。 少し調べてみたのですが、はっきりつかめない部分があるので質問させてください。 天国以上モードで16連後32スルー 147回転で(おそらく引き戻し?)同時点滅 その後、B3R3の順番で6連後32スルーでわからないので打ち止めしました。 6連中にテンパイ音の変化無し、最初の同時点滅以外はハイビスカスの光り方は通常、カナちゃん点灯せずでした。 この場合は天国該当になるのでしょうか? 2. 天国該当にならない場合は通常B以上が継続するのでしょうか? 3. まさかの天国6スルーってカウントにしてもよいのでしょうか? お手数お掛けします。 よろしくお願いします!.

次の