エクセル 数字 が 日付 に なる。 Excelの日付が数字になるときの対処法

エクセルで数字を入力したらなぜか日付に変更される理由と対処法|動画解説付き

エクセル 数字 が 日付 に なる

日付はシリアル値で管理している Excelは、日付を「シリアル値」と呼ばれる情報で管理しています。 シリアル値というのは「特定の日付が1900年1月1日から数えて何日目か?」を表す数値です。 例えば「1900年1月1日」のシリアルコードは「1」で、「1900年1月2日」のシリアル値は「2」です。 なので、2016年になると「53213」というような膨大な数字になってしまうのです。 そしてこのシリアルコードの表示形式を日付の形式に変えてExcelは画面に表示する仕組みになっています。 分かりにくいですが、実は「数字」が入力されていて、表示形式というので見た目だけを日付に見えるようにしているんです。 何かの原因でこの「日付」の表示形式が失われてしまうと、シリアル値のまま画面に表示されてしまいます。 なぜ日付ではなく数字が表示されてしまうのか では、「日付」の表示形式が失われてしまう原因は何でしょうか? 実はいくつかありますが、よくあるのが「値貼り付け」を利用した場合です。 値貼り付けは、コピーした情報の「値のみ」を貼り付ける操作です。 コピー元に書式が適用されていた場合、書式は適用されません。 また、コピー元に数式が入力されていた場合、数式自体ではなく計算結果の値だけが貼り付けられます。 そして、日付データを対象にこの操作を行うと、シリアル値として貼り付けられてしまいます。 表示形式を日付に戻す 日付の表示形式が失われてシリアル値になったデータは、簡単に日付の形に戻すことができます。 見た目の情報が抜けただけなので、表示形式を変更してあげるだけで簡単に元に戻ります。 まとめ Excelは日付データをシリアル値と呼ばれる独特の形で管理しています。 何かの拍子にこのシリアル値のまま画面に表示された場合は、あわてず表示形式を日付に戻すことで対処しましょう。 シリアル値は関数を使うときは必ず覚えるべきですが、あまりエクセルを使わないのであればそこまで重要ではありません。 なので、日付が数字になって直せないときは、表示形式から変更してあげるようにしましょう。

次の

Excelの日付が数字になるときの対処法

エクセル 数字 が 日付 に なる

日付を表す8桁の数字。 人間はこれが日付を表すものだと分かるのですが、Excelさんには「日付」ではなく、普通の「数値」とみなされてしまいます。 インターネットを通じて、外部から持ってきたデータなんかだったりすると、 「日付の数字に見える「文字」」という、「数値」ではなく「文字列」とみなされるデータもあったりします。 Webサイトのアクセス解析に使うGoogleアナリティクスで、エクスポートしたデータなんかがそうです。 このままでは、Excelさんは「このデータは「数値」だぞ」、「このデータは「文字列」だぞ」と考えているので、日付の計算のような、Excelの日付特有の機能を使うことができません。 Excelで日付特有の機能を使うためには、こういったパッと見、日付に見える「数値」や「文字列」を、Excelさんにも「日付」だと理解してもらえる「日付データ」に変換します。 スポンサーリンク 区切り位置指定ウィザードで一発! 今回の変換で使うのは、の機能。 本来、は、カンマやスペースなどの区切り文字を境にデータを分割し、更に分割後のデータをお好みのデータ形式にしてしまえる機能です。 でも今回は、データにカンマやスペースなどの区切り文字は入っていないので、データが分割されるわけではありません。 分割前と分割後でデータは同じだけど、分割後にお好みのデータ形式にしてしまえる設定を使って、Excelさんに理解してもらえる「日付」の状態にしてしまおうというわけです! まずは、変換したい日付を表す8桁の数字、または日付の数字に見える「文字」をします。 [データ]タブ、[データツール]グループの[区切り位置]ボタンをクリックすると、 [区切り位置指定ウィザード]が起動します。 今回は、データを分割するわけではないので、分割に関する設定を変更する必要はありません。 特に何もせず[次へ]ボタンをクリックします。 [列のデータ形式]で[日付]を選択します。 変換後は「日付」の形式にしてくださいね、という意味です。 更にその隣で「YMD」が選択されていることを確認します。 これは現在の数字データが、「Year・Month・Day」の順番で入力されていますよ、とExcelさんにお伝えするものです。 [表示先]には、変換後のデータの表示先を指定します。 規定では、区切り位置を使うときに最初に範囲選択した、元データがある範囲の、先頭のセルが指定されます。 元のデータに上書きしてよければ、そのままでOK。 元データは残し、変換後のデータを別のセルに表示させたいときには、[表示先]の右端にあるボタンをクリックすると、 セルの選択の邪魔にならないよう、ダイアログボックスが小さくなります。 変換後のデータを表示させたい範囲の、先頭のセルをクリックすると、表示先を指定することができます。 これで指定は終わり。 右端のボタンをクリックすると、 ダイアログボックスが元の大きさになるので、最後に[完了]ボタンをクリックします。 「日付」に変換することができました! これで、Excelさんも「日付」と理解してくれるデータになったので、Excelの日付特有の機能も使うことができます! 「 」がズラ〜っと並んだセルがある場合は、列幅が足りないだけなので、、 きちんと表示されます。

次の

エクセルで勝手に日付になるのを元に戻す方法【勝手に日付にしない】|白丸くん

エクセル 数字 が 日付 に なる

エクセルで勝手に日付に変換されるのを防ぐ方法【自動変換】 例えば、以下のように数値の15と入力してみるとします。 このような場面にて、シート全体やセルに書式の設定が予め設定されているようなケースでは、以下のように勝手に日付に変更されてしまうのです。 このような場面では セルの書式の設定を「日付」から、「数値」などの別の表記に変換することによって元に戻すことができるのです。 続いて、日付の表記を変換したいセルの範囲を選び、右クリックします。 すると、書式設定が「日付」に指定されている場合があります。 なお、指定されていない場合でも、分数などを入力すると勝手に日付に変換されることもあるので気を付けましょう。 こちらの方法は後に別途解説していきます。 続いて、日付の設定を数値などに変換してみます。 すると、以下のように勝手に日付にしないような設定になるのです。 これが、自動で日付になるのを元に戻す方法の一つです。 勝手に日付にされないようにする方法2【元に戻す】 なお、このように書式の設定自体が日付となっていることで、日にちが自動で表示されることもあります。 ただ、書式が初期設定のままであっても、「分数」などを入力することによって、勝手に日付になる場合があります。 決定すると、以下のように日付が表示されるわけです。 この状態のままENTERキーを押します。 すると、このように自動で日付になってしまったものを元に戻すことができるのです。 状況に応じて、元の数値に変換できるようにエクセルに慣れておきましょう。 まとめ ここでは、エクセルで自動で日付になってしまうのを元に変換する方法について解説しました。 勝手に日付になる原因としては、元の書式が日付に指定されている可能性があります。 このケースでは、変換したいセルを選択後に、書式設定を数値などの元の戻したいものに変えていきましょう。 もしくは、初期設定のままでも分数などを入力すると自動で日付になることもあります。 日付に自動変換されるのを防ぎ、よりエクセルを効率化させていきましょう。

次の