乃木坂 世代交代。 乃木坂46キャプテン桜井玲香が卒業、理由をブログで説明。電撃発表にファン困惑、世代交代で第1期生の脱退相次ぐ…

【乃木坂46】玲香ロスと世代交代~サヨナラに強くなれないファン~

乃木坂 世代交代

女性アイドルグループにとって、世代交代は大きな鬼門の1つと言えるだろう。 どんな人気グループでも、中心メンバーが年齢を重ね、いずれは卒業の時期がやってくる。 この夏で結成8周年を迎える乃木坂46にも、変化の時期が訪れている。 昨年から今年にかけて、生駒里奈(23)若月佑美(24)西野七瀬(25)衛藤美彩(26)といった結成時からグループを支えた人気メンバーが相次いで卒業した。 34人(当時活動休止していた秋元真夏を含む)で始動した1期生も、半分以下の16人まで減った。 現状、グループの勢いは衰えていない。 最新シングル「Sing Out!」は7作連続となるミリオンセールスがほぼ確実。 メンバーが出演するCMも増加の一途で、中心メンバーの白石麻衣(26)や生田絵梨花(22)はさらに活躍の場を広げている。 また、加入当時13歳で、1期生ながらまだ20歳の齋藤飛鳥がエースに成長。 16年に加入した3期生からも、与田祐希(19)はじめトップクラスの人気を誇るメンバーが出てきた。 こうした意味では、世代交代にも成功しつつある、と言ってもいいのかもしれない。 今後の鍵を握るのが、4期生11人だ。 昨年夏に行われた「坂道合同オーディション」を経て、乃木坂46に加入した。 今年5月25日には、横浜アリーナで初の単独ライブを行い、1万5000人を熱狂させた。 注目のルーキーたちの初ライブとだけあって、会場の熱気はすさまじかった。 「これまでの乃木坂46のライブの中で、3本の指に入るくらいの盛り上がりだった」と話す関係者もいた。 4期生でセンターを務める遠藤さくら(17)は、ういういしい透明感としなやかなパフォーマンスで、ライブに訪れた媒体関係者たちをうならせていた。 安定感のあるトークで関係者も「優秀」と太鼓判を押す賀喜遥香(17)や、柔らかい雰囲気に包まれた大人の魅力で早くも人気上昇中の田村真佑(20)、グループ最年少ながら落ち着いた振る舞いを見せた筒井あやめ(14)ら、グループの未来を担っていきそうなメンバーがズラリとそろっている。 これまでの芸能界で、真の意味で世代交代に成功した女性アイドルグループは少ないと言えるだろう。 アイドル界のトップを走る乃木坂46だからこそ貴重な成功例を見せられるのか、注目される。 【横山慧】• photo• 芸能 吉本興業と所属芸人共同運営のたこ焼き店がオープン []• 芸能 [7月17日 22:08]• お笑い [7月17日 21:35]• シネマ [7月17日 21:00]• シネマ [7月17日 20:56]• シネマ [7月17日 20:56]• 芸能 [7月17日 20:55]• 芸能 [7月17日 20:16]• 芸能 [7月17日 19:53]• 女子アナ [7月17日 18:54]• 宝塚 [7月17日 18:08]• AKB48 AKB柏木由紀、29歳の誕生日に配信限定ソロ公演 []• AKB48 [7月15日 21:33]• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• AKB48 [7月9日 17:39]• AKB48 [7月7日 9:00]• AKB48 [7月6日 23:15]• AKB48 [7月5日 20:33]• AKB48 [7月5日 0:26]• AKB48 [7月2日 14:41]• ジャニーズ 堂本光一「背筋が伸びる思いです」演劇大賞を受賞 []• ジャニーズ [7月17日 15:26]• ドラマ [7月16日 10:25]• ジャニーズ [7月16日 5:01]• ドラマ [7月16日 5:01]• 芸能 [7月14日 19:58]• ジャニーズ [7月13日 23:36]• 芸能 [7月13日 9:04]• ジャニーズ [7月13日 0:00]• ジャニーズ [7月12日 8:08]• ジャニーズ [7月12日 4:00]• ハリウッド 「グリー」女優リベラさん遺体発見 共演者命日に… []• コラム [7月14日 14:32]• ハリウッド [7月14日 13:32]• ハリウッド [7月13日 19:26]• ハリウッド [7月13日 11:42]• ハリウッド [7月12日 11:56]• ハリウッド [7月12日 11:55]• ハリウッド [7月12日 11:53]• ハリウッド [7月12日 9:43]• ハリウッド [7月11日 12:20]• ハリウッド [7月10日 10:09]• 映画 賀来賢人「今日俺」映画化で売れたのに囲まれない… []• シネマ [7月17日 21:00]• シネマ [7月17日 20:56]• シネマ [7月17日 20:56]• シネマ [7月17日 5:23]• シネマ [7月17日 5:00]• シネマ [7月15日 16:32]• シネマ [7月15日 15:02]• シネマ [7月15日 9:22]• シネマ [7月14日 19:35]• シネマ [7月14日 16:05]• ドラマ 沢口靖子「ハートフルな物語がまた」主演時代劇続編 []• ドラマ [7月17日 14:12]• ドラマ [7月17日 10:17]• ドラマ [7月17日 10:17]• ドラマ [7月17日 10:07]• ドラマ [7月16日 15:33]• ドラマ [7月16日 13:47]• ドラマ [7月16日 12:28]• ドラマ [7月16日 10:25]• ドラマ [7月16日 10:06]• ドラマ [7月16日 5:01]•

次の

乃木坂46世代交代の波に3・4期生が示した覚悟「受け継いでいく者として…」

乃木坂 世代交代

アイドルグループ・の3期生、4期生の合同ライブ『乃木坂46 3・4期生ライブ』が27日、東京・代々木第一体育館で開催され、前日と合わせて2日間で計2万人を動員。 人気絶頂の乃木坂46の次世代を担うメンバーが、2時間40分にわたって全30曲を熱唱するとともに、決意と覚悟を示した。 同所でのライブは2013年10月以来6年ぶりとあり、16年9月加入の3期生12人、昨年12月に日本武道館でお披露目された4期生11人(は学業のため休演)にとっては初めてのステージ。 3期生ライブと4期生ライブを2〜3曲ずつ交互に披露していく構成で、4期生はフレッシュさを、3期生は大人っぽさやダンスなどでも魅了した。 合同ユニットコーナーでは、「でこぴん」を歌った3期生の、、、4期生の、の5人が、曲中に「いきなりキス顔選手権」を行い、仲直りの萌えせりふとキス顔を披露しファンは大喜び。 「私のために 誰かのために」では3期生のが伸びやかな歌声を響かせると、一緒に歌った4期生のは「この曲をアンダーライブで久保さんが歌っていらっしゃるのを聴いて、私もあんなふうにうまく歌いたいと思っていたので、久保さん、(中村)麗乃さん、さくちゃん()と一緒に歌えて本当に幸せです」と大感激。 久保は「この4人全員同い年(2001年生まれの18歳)なんですよ。 共通点もあって和気あいあいとできて楽しかったです」と笑顔をみせた。 昨今の乃木坂46は1〜2期生の卒業が相次ぎ、3〜4期生への世代交代の波が押し寄せている。 終盤の「空扉」の間奏では、久保、、の3人が先輩への感謝と自分たちの力で扉を開いていく決意を表明。 さらに、本編最後の曲を前に、最新24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月発売)で単独センターを務めた4期生の遠藤さくらがファンに向けて語り始めた。 「ここ代々木第一体育館は、今から6年前の2013年10月6日に1期生・2期生の先輩方が初めての全国ツアーで最後を飾ったとても大切な場所です。 その同じステージに今こうして立たせていただいていることに、大きな感謝と強い責任を感じます。 先輩方が築き上げてきた乃木坂46を受け継いでいく者として、これからも精一杯頑張っていきたいと思います」と腹をくくると、「偉大な先輩方に敬意を表して、6年前と同じ曲で最後を飾りたいと思います」と曲振りをし、デビュー曲「ぐるぐるカーテン」に想いを込めた。 代々木2days計2万席のチケットには10倍の20万件もの応募が殺到したというが、3〜4期生にとってはむしろ、先輩たちの偉大さを再認識する機会となる様子。 トークのMCを務め、話を振ったメンバーそれぞれのいいところや舞台裏エピソードも紹介する行き届いた進行ぶりを見せた3期生の梅澤美波は「先輩たちがいないライブで初めて3期生が引っ張っていく立場に回って、どれだけ大変かということもわかったし、ものすごいプレッシャーとか責任感も改めて感じたり、初めて感じた感情もありました。 今回4期生と一緒にライブができて、たくさん学べることがありました」としみじみ。 定番の「乃木坂の詩」でライブを締めくくり、「こんなに大きなステージに立たせていただいてありがとうございます」と感謝した梅澤は「私たち3・4期生が初めて立ったステージは日本武道館でした。 先輩方の力で立てたステージでした。 その大きなステージと自分たちの伴わない実力に、すごく悔しくなることが多かったです。 でも、その感情をバネに、私たちはもっともっと強く、頼ってもらえるくらい大きく成長していかなきゃいけないなと思っています」と涙ぐみ、声を震わせた。 続けて「ここにいるメンバーなら、どんな困難にも立ち向かっていけると思います。 みんな乃木坂46が大好きだし、その愛を持って、次にみなさんの前に立つ頃には一回りも二回りも大きく成長した姿をお見せできるように、3期生・4期生23人で頑張っていきます」と宣言し、全員で深々一礼。 現状に甘んじずに飛躍することを誓い、大声援が送られた。 おいでシャンプー 02. ガールズルール 03. 裸足でsummer 04. トキトキメキメキ 05. キスの手裏剣 06. 4番目の光/4期生 07. 会いたかったかもしれない/4期生 08. ハウス!/4期生 09. 3番目の風/3期生 10. 自分じゃない感じ/3期生 11. 図書室の君へ/4期生 12. 羽根の記憶/4期生 13. 日常/3期生 14. 自由の彼方/3期生 15. 思い出ファースト/3期生 【3期生vs4期生 乃木坂46クイズ対決】 16. でこぴん(3期生:岩本、大園、向井 4期生:筒井、矢久保) 17. あらかじめ語られるロマンス(3期生:伊藤、阪口、与田 4期生:掛橋、柴田、清宮) 18. 欲望のリインカーネーション(3期生:梅澤、佐藤、山下、吉田 4期生:金川、田村、早川) 19. 私のために 誰かのために(3期生:久保、中村 4期生:遠藤、賀喜) 20. 逃げ水 21. 夜明けまで強がらなくてもいい 22. 不眠症 23. 僕の衝動 24. 未来の答え 25. 空扉 26. ぐるぐるカーテン 【アンコール】 27. ロマンスのスタート 28. 自惚れビーチ 29. ダンケシェーン 30. 乃木坂の詩.

次の

白石麻衣 乃木坂46卒業は“世代交代”完了宣言か。問題山積の欅坂46、大躍進も不安要素ありの日向坂46など坂道グループの今後は?

乃木坂 世代交代

【目次】• 玲香ロス・サヨナラに強くなれない 一晩経っても、玲香ロスが落ち着くことは無いなぁ…。 ななみん、まいまい、生駒ちゃん、なぁちゃんクラスの激震やからなぁ…。 8月15日自分にとっての最後の雄姿を見届けたいと思う。 卒業発表のブログを読んだ時「2か月もないじゃん」と思ってしまったのは自分だけではないはずです。 実際、2か月なんてあっという間ですよね。 メンバーとして、そしてキャプテンとして約7年間活動してくれた桜井玲香には感謝してもし切れません。 乃木坂46ファンならきっと誰もが桜井玲香には感謝しているでしょう。 そんな桜井玲香の次のステージを全力で応援したい!という気持ちはありますが、玲香ロスになっているのも事実。 玲香ロスから完全に立ち直るにはまだまだ時間が必要かもしれません。 卒業は前からずっと考えていたことで、今のグループの現状を見て「もう大丈夫だろうな」という安心感がありました。 それに、メンバーの入れ替えがあることも重なって、グループが変わる時期。 だったら、キャプテンも変わればガラっと変わるっていうタイミングなのかなと思ったので、私は次のステップに進まなければと思って卒業を決めました。 j-wave. html 世代交代は必要です。 初代キャプテンが卒業するのですから次期キャプテンが就任するのも自然な流れ。 しかし、メンバーが卒業していくたびに「卒業ってしなくてはならないものなのか?」「世代交代は本当に必要なのか?」そんな風に考えてしまう自分もいます。 メンバーが自らの意志で卒業を選んだのならその背中を押したいと思っているのに、矛盾してますよね。。 サヨナラに強くなれないのは、案外メンバーもファンもそこまで変わらないのかもしれません。 少なくとも、残された側は寂しさを感じずにはいられませんよね。。 世代交代しても桜井玲香の創り上げた乃木坂46は永遠 玲香ちゃんのソロ曲。 泣きました。 神宮でまた泣きます。 早く晴れ舞台がみたいよーな。 卒業は寂しいものです。 ソーナンデス。 — ネモ田🍙 odenhaattamaru なおさら玲香ちゃん行かないで!寂しい悲しいって思っちゃうな… 時々どころじゃないもん。 とは言え、卒業曲(時々思い出してください)を聴いて少しずつ卒業を実感してきました。 と同時に尚更、玲香ロスに陥ってしまったことは言うまでもありません。 そう分かっていても、なかなかサヨナラに強くなれないのが現実ですね。 乃木坂46には数えきれないほどの魅力や奇跡があります。 優しくてふわっとしたオーラ、ポンコツな一面、それでいて締めるときは締める。 そんな彼女の存在の大きさは乃木坂46ファンなら誰もが感じてきたでしょうし、メンバーの卒業や4期生の加入など世代交代が進んでいく中でも常に変わりませんでした。 桜井玲香の存在の大きさは、彼女が乃木坂46から去り、次期キャプテンが決まったあとも決して変わらないことでしょう。 どれだけ世代交代が進んでも、桜井玲香という偉大な存在は後輩やファンの心の中で生き続けると思います。 そんな偉大な初代キャプテンが去った後の乃木坂46は今後どう変化していくのでしょうか?そして、桜井玲香自身はどう成長していくのでしょうか? やはり、サヨナラに強くなれません。 玲香ロスからも立ち直るには時間がかかるでしょう。 ですが、その一方でグループや桜井玲香の今後が楽しみでもあります。 ファンとして今後の活躍も見届けていきたいですね。

次の