マクドナルド qr決済。 QRコード決済のシェアを大公開!今から始めるなら何Pay?

QRコード決済ができるサービスまとめ(19種類を比較中)

マクドナルド qr決済

もくじ• 最新情報 マクドナルドでは、2020年7月1日~7月14日の期間、「マックシェイク」Sサイズが100円、Mサイズが150円のキャンペーン価格で販売されます(税込)。 テイクアウト・イートインともに、モバイルオーダーで事前注文・事前決済すると、お店で待たずに受け取れます(ドライブスルーでの受け取りはできません)。 詳しくは。 コード決済(スマホ決済) ハンバーガーレストランチェーンのマクドナルドで使えるコード決済は、以下の通りです。 対応していないコード決済は、PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い(コード決済)、メルペイ(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイ、などです。 「モバイルオーダー」(スマホアプリで事前に注文・決済を済ませられる方法)では、LINE Pay(オンライン決済)が利用できます。 d払い・楽天ペイは、近日中に対応予定です。 一部の店舗で実験的に導入されている、無人レジ(セルフオーダー端末)は電子マネーに対応していますが、コード決済にも対応するようになれば便利になりそうです。 クレジットカード マクドナルドでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。 クレジットカードで払うことを伝えたあと、カウンター上の決済端末に、自分でカードを挿して暗証番号を押す方式です。 また、各クレジットカードの非接触決済(NFC決済)にも対応しています。 決済端末のタッチ部分にカードをかざすことで決済できます。 (Visaのタッチ決済、MasterCardコンタクトレス、JCBコンタクトレス) 「モバイルオーダー」(スマホアプリで事前に注文・決済を済ませられる方法)でも、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・Diners)が利用できます。 電子マネー マクドナルドでは、主要な電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay)が使えます。 ポイントカード マクドナルドで対応している共通ポイントカードは以下の通りです。 電子マネーやクレジットカード払いでもポイントが貯められます。 いずれも、ポイントカードのスマホアプリ画面でも大丈夫です。 ・楽天スーパーポイント 税込100円ごとに1ポイント貯まります。 1ポイント=1円として支払いにも使えます。 ・dポイント 税込100円ごとに1ポイント貯まります。 1ポイント=1円として支払いにも使えます。 いずれか一方のポイントカードのみ使えます(併用はできません)。 ポイントを支払いに充当した場合、差額の支払いは現金またはマックカードのみとなります。 マックカード(商品券) マクドナルドでは、独自に発行している商品券「マックカード」が使えます。 マックカードは1枚500円分の金券として現金同様に使えます。 有効期限はありません。 500円未満の支払いでは、お釣りが現金でもらえます。 マックカードは、金券ショップなどでは500円券が480円前後で販売されていることがありますので、よくマクドナルドに行く人は何枚か買っておくと良いかもしれません。 割引クーポン マクドナルドの公式スマホアプリでは、常にいろいろな割引クーポンが提供されています。 アプリの画面を見せて、注文したい商品のクーポン番号を伝えるだけで、割引価格で注文できます。 そのほか、スマートニュースのアプリでもクーポンが配信されたり、JAFの会報にクーポンが付いてくることもあります。 クーポン付きのチラシが配布されていることもあります。 また、「モバイルオーダー」(スマホアプリで事前に注文・決済を済ませられる方法)を利用する場合でも、アプリ上でクーポンを選択することで、クーポン価格で注文することができます。 消費税軽減税率への対応 マクドナルドでは、店内での飲食(イートイン)は消費税率10%の標準税率が、持ち帰り(テイクアウト)・宅配(デリバリー)は消費税率8%の軽減税率が適用されます。 「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は、フランチャイズ店舗(一部除く)で、2%還元の対象となっています。

次の

【2020年7月最新版】一目でわかるマクドナルドのスマホ決済・キャッシュレス対応状況

マクドナルド qr決済

この記事のコンテンツ• LINEPay for Marchantsで中小企業への流入が普及する?! LINE Payが2018年より店舗側のレジ機能として利用可能となる LINE Pay for marchantsをリリースいたしました。 このアプリを利用することで、自身のスマホを用いて自分のお店で簡単に決済インフラを構築することが可能となりました。 もちろん、利用のスマホや、ネット環境等は店舗側で用意しなければなりませんが、それ以外に費用はかかりません! なんと 2021年の7月まで無料ということです! このことから、中小規模の店舗であれば、レジを購入する必要がなくなります。 小売店にとってレジの導入金額はバカになりません。 使えば使うほどオトクになる仕組みです。 10万円使ったら3000円・・・決して大きな金額ではありませんが、ちりも積もれば山となるように、日々のお小遣いとしてはうれしい企画です。 こうしたポイントバックキャンペーンは始まったばかりの今の時期が一番美味しいです。 普及してQR決済が浸透してきたら、こうしたキャンペーンもなくなってしまうでしょうから是非積極的にポイントを取得していきたいですね! 利用可能店舗が70万店舗増える?!「QUICPay+」との連携開始 現時点で、LINEPayの提携先は10万点前後ですが、2018年秋より、QUICPay+と提携し、QUICPay+が利用可能な店舗で、同様にLINE が使えるようになりました。 QUICPayは、既存の少額電子決済市場でかなり大きな市場を締めていることもあり、今回の協業することで、より多くのユーザーが増えることが見込めますね。 松屋・ミニストップ・マクドナルド・・QR決済の利用箇所大幅拡大へ! 上記の施策に加えて小額決済を中心とした場所では、更に利用できる店舗が増えていきます。 松屋のような大型チェーンで利用できるのはもちろんうれしいですが、やっぱり同時に小規模店舗でも気軽にQR決済が利用できるようになると利用するユーザーも今後増えていくように思えます。 こうした小規模決済が可能な店舗をどれだけ増やすことが出来るでしょうか? いくら便利になっても、普及しなければ意味はありません。 LINEをはじめとした大手企業がどんどん加盟店を拡大し、QR決済が普及していくといいですね!.

次の

【悲報】マクドナルドでPayPay(ペイペイ)は使えない【クレカが一番お得】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

マクドナルド qr決済

10月消費税10%でもありがたすぎるのが 『PayPay』です。 PayPayは 「入会金・決済手数料・月間費用0円」と、ノーリスクで今話題のスマホ決済対応にできます。 詳しくは 「」をご覧ください。 mcdonalds. VISA• マスターカード• JCB• JCB PREMO• アメリカン・エキスプレス• ダイナースカード• ディスカバー 概ねのクレジットカードには対応してくれております。 クレジットカードの年会費は無料が当たり前の現代で、ハードルは一見高く感じるかもしれません。 しかし、メリットをフル活用することで 年会費以上は余裕で元が取れます。 お得にリッチな体験をすることができます。 スマホ決済との連携で、使えるお店の拡大とポイントの二重取りを狙っていきましょう! 電子マネー• 楽天EDy• WAON• nanaco• QUICPay あまり聞きなじみが少ないかもしれませんが、「iD」が使えるお店がかなり多いです。 mcdonalds.

次の