キレイライン矯正 効果。 キレイライン矯正【公式】|2万円から始められる歯科矯正

マウスピース矯正(キレイライン)とは|高田馬場駅前矯正歯科

キレイライン矯正 効果

キレイライン矯正で歯並びがキレイになる? 幼い頃から歯並びが悪いままだと、出っ歯になってしまったりと噛み合わせが悪い状態のままになってしまいます。 歯並びが悪いというコンプレックスを抱いている人も少なくないのでは?自分ではどうすることもできないので、歯医者などでの施術が必要になります。 歯の並びが整っているのと、いないのでは印象が全然違います。 しかし、料金が高いからなかなかできない・ワイヤーが見えるのが嫌…という人もいると思います。 今回編集部でおすすめしたいのが、です。 ワイヤーを使わないので、 見栄えもよく比較的低価格でできます。 さらに痛みも少なく期間も従来の矯正よリも短いなどのメリットがあります。 この記事ではキレイライン矯正の効果や口コミ・施術までの流れ・料金をチェックしていきましょう! \メリットがたくさん!!!!! / 目次• キレイライン矯正の効果・特徴 ってどうなの?従来のワイヤー矯正と何が違うの?と思う人もいるでしょう。 ここからは効果や特徴などをいくつか紹介します! 透明で周りの視線も気にならない! 透明のプラスチックを使っているので、ワイヤー矯正とは違い、周囲からも気付かれにくくなっています。 周りの人から見えるのが恥ずかしいという人にもおすすめです。 痛みが少なく短い施術期間 ワイヤー矯正のように歯を締め付けないので、痛みが少ないようです。 取り外しも楽で、矯正中にホワイトニングもできる キレイライン矯正は 簡単に取り外すことができるので、歯ブラシがしづらい・食事をすると食べ物が器具に挟まってしまうなどの不便さが解消されています。 さらに矯正中はできないと思われているホワイトニングも受けることができ、歯をキレイに保ちながら利用できますね! 従来のワイヤー矯正より価格が安い! 矯正をする時に気になるのは価格です。 従来の矯正だと、60万から120万円と価格が高くなかなか受けられないと感じている人も多いでしょう。 しかしキレイライン矯正は 初回2万円2回目以降は4万円となります。 だいたい3回から8回の施術になるので、8回行ったとしても26万円と安いのがわかります。 キレイライン矯正の施術までの流れ ここからは、の施術までの流れをチェックしていきましょう! 申し込み 公式サイトのフォームから初回検診に申し込むをクリックして、 名前や電話番号・希望の日時や店舗を選んで 申し込みます。 その後キレイラインのスタッフから確認の電話が来て、初回検診日時が確定します。 予約した院に行く 予約した日時に院に行き、 問診票を記入します。 歯と顎の状態を診査 歯並びや噛み合わせなどの 診査・診断をします。 歯科検診を受けて、健康な歯の場合に受けることができるそうです。 500円が必要です。 さらに検査結果を含めて、先生と治療計画を立てていきます。 診察後に施術が不可能だという結果がでた場合は、施術を断られる可能性があります! 申し込み キレイライン矯正を行うか決めて、申し込み用紙に記入します。 1回だけ試してみるということもできるそうです。 キレイライン矯正具作り 歯の型をとって、そのデータを元に専属の技工士がキレイライン矯正具を作ってくれます。 矯正委員会の認定を受けている技工士なので信頼できます。 完成したら矯正具の受け取り キレイライン矯正具が完成したら、院にて渡してもらえます。 いつでも装着可能になります!寝るときには装着したまま寝る方が、しっかり矯正することができるそうです。 施術回数は人によって違いがありますが、従来のワイヤー矯正よりも短い期間でキレイな歯並びをゲットできるので良いですね! キレイライン矯正でキレイな歯並びを手に入れよう! ネットでも話題のは、口コミ評判も良く悩んでいた歯並びを整えることができるようです。 初診2万円ととても安く施術を受けることができます!歯並びが悪くてコンプレックスがある人、笑うのが嫌になっていませんか?気軽に行えるキレイライン矯正で、歯並びを整えて自信を手に入れましょう!.

次の

キレイラインを徹底調査!お得に歯列矯正できる秘密と効果に迫る!

キレイライン矯正 効果

キレイラインの費用 費用に関しては、キレイラインはアライナーというマウスピースが1枚から始めることができる為、費用が安いです。 その為、アライナー1枚なら4万円、4枚なら16万円という感じになります。 枚数は自分で決めることができます。 なので、ゴールに関しては、自分でここまでキレイになったからおしまい、といった感じで決めることになります。 もし、4枚交換して満足できなければ、費用をお支払いしてアライナーを追加していきます。 拡大床装置を使用する場合は、別途費用がかかります。 装置の費用は矯正歯科医院ごとに異なるため、確認する必要があります。 2020. 28現在、キレイラインの1枚目のみ、2万円の費用に変更になりました。 ただし、2枚目からは通常の4万円になるようです。 なので合計金額が2万円減るようなイメージですね。 《関連情報》 また、初期費用を少しでも抑えたい場合は、デンタルローンを考えてみても良いでしょう。 デンタルローンであれば月々の支払い費用をコントロールできます。 《関連情報》 インビザラインの費用 インビザラインの場合、矯正歯科医院によって変わりますが、100万円くらいのところが多いです。 ただしこちらは枚数に関係なく、費用は変わりません。 インビザラインにかかる費用については下記をご参考ください。 《関連情報》 また、インビザラインにはインビザラインライトという、枚数に制限がありますが、費用が従来のものより安いものもあります。 その為、こちらはキレイラインと近いものになります。 矯正治療は保険適応可能ですかと聞かれることもありますが、症例によります。 基本的には自費治療になります。 《関連情報》 2. 矯正歯科治療の期間 キレイラインは3ヶ月から10ヶ月の治療期間とうたっています。 こちらはアライナーの枚数によって、期間が変わります。 拡大床装置を使用する場合は、キレイラインと併用して行います。 そのため、矯正歯科治療の期間は拡大床を使用しても変わりません。 《関連情報》 インビザラインは症例にもよりますが、2年から3年くらいかかるものが多いです。 通常のワイヤー矯正も同じくらいの期間になります。 部分矯正ではなく全体矯正になってきますので期間はキレイラインと比較して長くなります。 《関連情報》 オーソパルスという加速装置を使用することによって、期間を半分にすることがインビザラインは可能ですが、追加の費用がかかります。 また他の方法でも期間を早くする方法はあります。 《関連情報》 インビザラインを使用する時は、拡大する必要がある場合、インビザライン自体 で拡大できますので拡大装置を使用しなくても大丈夫です。 ただし、どの方法をするにしても、矯正歯科によって上手い下手はありますのでご注意ください。 《関連情報》 3. ホワイトニングの可否 ホワイトニングはキレイライン、インビザライン どちらも併用することが可能です。 キレイラインは最低1本のホワイトニングの薬液がもらえます。 インビザラインでは、アタッチメントというものがつきますが、これがついていてもホワイトニングは可能になります。 ただし、アタッチメントの大きさによっては色が少し違う可能性があるでしょう。 また、薬液がアライナーから漏れないように気をつける必要はあります。 《関連情報》 4. 動かす歯の範囲 キレイラインは上の前歯6本、下の前歯6本、合計12本だけを動かすコンセプトになります。 すなわち、見える範囲のみを矯正することになります。 その為、矯正歯科治療の期間も短くなっていきます。 気になっているのが、小臼歯や大臼歯の場合は範囲外のため、矯正歯科治療はできません。 そのため部分矯正のイメージになります。 《関連情報》 インビザライン の場合は全ての歯を動かしていきます。 そのため、前歯、奥歯の歯を全て動かしていくので治したいところは、どの歯でも治療することが可能になります。 前歯の動く量としてはインビザラインの方が大きいため、口元の突出の改善はインビザラインの方が改善されます。 症例にもよりますが、Eラインより口元が入りやすいのはインビザラインでしょう。 《関連情報》 5. 対応できる歯並び キレイラインは軽度のガタガタ出っ歯、受け口、すきっ歯が対象になります。 軽度の出っ歯や受け口を治療する場合は、歯の隙間を少し削って矯正治療をする場合が多いです。 強いガタガタ、出っ歯、受け口を治そうとすると、アライナーの枚数が多くなる為、費用が高くなります。 また、このような症例でキレイラインを使用する場合は、完璧には治らないため、現状より少し見た目を良くする目的であればいいかもしれません。 《関連情報》 抜歯もできるとのことですが、アタッチメントという歯につける装置を使用しないため、現在はあまりお勧めはできません。 インビザライン は基本的にどんな症例も適応になる可能性が高いです。 この理由として インビザラインはアタッチメントがつくからになります。 ガタガタ、出っ歯、受け口、すきっ歯などもインビザラインで矯正歯科治療が可能になります。 《関連情報》 ガタガタが強かったり出っ歯が大きく抜歯が必要な症例も治療可能です。 抜歯をせずに無理に治すとかえって予後がよくありません。 無理やり並べると骨から歯が飛び出し、神経が死んでしまうこともあります。 《関連情報》 ただし、インビザラインはワイヤー矯正では中々できない、奥歯を後ろに移動させる治療が得意なります。 そのため、非抜歯治療が実は得意です。 これによって従来、抜歯しなくてはいけない症例が抜歯なしでできるようになりました。 《関連情報》 6. 装置の装着時間 キレイライン、インビザラインともに20時間以上が推薦されています。 そのためご飯や歯磨きをする時以外は常にはめるイメージになります。 装置をしっかり使用しないと思った通りに動かないため必ず装着時間は守りましょう。 特にインビザラインは、装着時間を守らず枚数が進んでしまうと、悪い方向に歯が動く危険性もあるので、矯正歯科医院の指示に従いましょう。 治療内容 初めはソフトのアライナーを使用し、その後ハードのアライナーを使用する流れです。 キレイラインにはソフトとハードというアライナーが2種類あります。 一方、インビザライン には1種類のアライナーを1週間から14日ごとに交換して、歯を動かしていきます。 (日数は矯正歯科医院ごとに違います) またインビザラインには、アタッチメントといって歯に小さな引っ掛かりをつけます。 こちらは歯の色になりますが、この引っ掛かりを利用して効率よく歯を動かしていきます。 《関連情報》 キレイラインは簡単に取り組めるのがコンセプトのため、このアタッチメントがありません。 そのため、思い通りに歯を動かすのは少し難しいと思われます。 また、どちらの矯正歯科治療も隙間を作るために、歯と歯の間をわずかに削って治療することはあります。 《関連情報》 8. 開始できる年齢 キレイラインの開始年齢は、第二大臼歯が萌出してからと言われています。 ただし推奨年齢は成長もあるため、男性は16歳、女性は14歳からになっています。 インビザラインはインビザラインファーストといって、小児から使用できるプランがあります。 《関連情報》 こちらは第一大臼歯と上下4前歯が萌出したくらいが目安となります。 そのため、小学校低学年から開始できます。 ただしインビザラインファーストは期間が1年半と決まっています。 1年半経過後に、永久歯が全て揃って綺麗に並べる場合、費用がまた発生しますので良く矯正歯科とご相談ください。 《関連情報》 9. 噛み合わせ キレイラインに関しては、前歯のみの矯正治療になるため、噛み合わせは良くなることは少ないです。 また、前歯の噛み合わせを動かすことによって、現在機能している噛み合わせが変わるため、顎関節症になったり噛み合わせが今より悪くなる可能性があります。 そのため、キレイラインを使用しても、現状より噛み合わせが悪くならない症例を選択する必要性があります。 インビザラインの場合は、全体的に噛み合わせを作っていきますので、噛み合わせは良好になることが多いです。 ただし、始まる前の診断やシュミレーションが非常になりますので、 決してどこの歯科医院でしても同じということではありません。 そこがしっかりされていないと、インビザラインでも噛み合わせが悪くなることがあります。 《関連情報》 10. 見た目 見た目に関しては、キレイラインもインビザラインも透明なマウスピースのため、どちらも審美的に良好です。 ただし、インビザライン では歯にアタッチメントというものが付きますので、本当に近くで覗き込むようにしてみるとわかる可能性はあります。 また、インビザラインはゴムを使用する可能性があるため、口を大きく開くと見える可能性はあります。 《関連情報》 11. 矯正歯科治療における痛み キレイライン、インビザラインどちらも、歯を動かしていくため痛みは生じます。 特に最初に使用するアライナーはきついため、痛みが生じやすいです。 ただしキレイラインもインビザラインもおよそ2〜3日で慣れていきます。 《関連情報》 アライナーを入れても全くきつさが感じられない場合は、アライナーの替え時の可能性があるため矯正歯科医院に相談すると良いでしょう。 それによって交換する日数が早くなる可能性はあります。 また痛みのデメリットだけではなく、キレイライン、インビザライン共に歯根吸収といって根が短くなる可能性もあります。 そのため、矯正治療にはどのようなリスクがあるのか知っておいて損はありません。 《関連情報》 12. 保定、後戻り 矯正治療が終わった後、何もしないと後戻りしてしまうため、保定装置といって後戻りをさせない装置を入れる必要があります。 せっかく治療したのに後戻りしてしまったら意味がありません。 《関連情報》 そのためキレイライン、インビザライン どちらも保定装置が必要になります。 保定装置の使用期間は、矯正治療にかかった年月は最低でも入れる必要があります。 装着する時間や期間はかかりつけの矯正歯科の指示に従いましょう。 《関連情報》 まとめ キレイラインでする場合は費用が安く済む可能性があります。 ただし自分の歯並びが適しているかの判断は必要です。 一番怖いのは、キレイラインをすることによって噛み合わせが悪くなる可能性もあるため、よく先生と相談しましょう。 インビザライン は費用はかかりますが、今の段階では治療の内容はキレイラインより圧倒的に優れていると思われます。 インビザラインの効果は下記にまとめてあるのでご参考ください。 《関連情報》 今後キレイラインのシステムがアップデートされるかが鍵になりそうです。 最後までご覧頂きありがとうございました。 名古屋で矯正治療のお悩みがあれば無料矯正相談も受け付けています。 なんでもご相談ください。 日本矯正歯科学会認定医 歯学博士• アーカイブ• カテゴリー•

次の

総額30万円!キレイライン矯正の効果について口コミレビューします

キレイライン矯正 効果

こんにちは!ついに 完全フリーランスになったカエルです。 副業だった頃はカフェに行って仕事するのが楽しみでしたが、毎日のことになると面倒くさくなり、家で仕事する割合がぐんぐん増えています。 (笑) さて、今回は!長年の目標の1つでもあった「 歯科矯正」にチャレンジしてみました! 昔からいわゆる「出っ歯」に悩まされており、子ども時分には心無いからかいも受けました。 フリーランスとしてそこそこ収入を得られるようになった今、チャンスなのでは!?と思い立ってみました。 この記事では、わたしがチャレンジすることを決めた 「キレイライン矯正」の詳細と経過報告を更新していきます。 恥を忍んで自分の歯並び写真も掲載しているので、同じように歯並びへコンプレックスを抱く方の参考になれば良いなと思います。 Contents• キレイライン矯正とは?ワイヤー矯正との違い 歯科矯正と言えば、ワイヤー矯正が一般的ですよね。 ワイヤー矯正はお金と時間がかかりますし、見た目も悪いので、人前で話すようなお仕事をしている方はなかなか手を出し辛いのではないでしょうか。 キレイラインは、 透明のマウスピースを使って歯並びを矯正していくタイプなので、見た目はあまり気になりません。 費用も4万円から始められるとうたわれており、ワイヤー矯正と比べるまでもない安さとなっています。 キレイライン矯正とワイヤー矯正の比較 費用や治療期間などの違いを以下にまとめました。 キレイライン矯正 ワイヤー矯正 費用総額 10万円~30万円 60万円~90万円 治療期間 3か月~10か月 1年~3年 見た目 透明で目立たない ワイヤーが目立つ 取り外し 可能 不可能 医師の技術差 起きない 起きる どの項目を比べてみても、 キレイライン矯正の方が優れています。 特に、マウスピースは透明なので付けていても目立たないというのが嬉しいポイント。 また自分で取り外しができるため、矯正器具がない 通常の歯で食事や歯磨きが可能です。 更に、キレイライン矯正ではマウスピースの作成にデジタル技術が使われています。 そのため クリニックや医師による品質差がほとんど出ません。 機械によって計算された最短距離での矯正が可能となっており、手作業で調整を行うワイヤー矯正よりも効率的です。 歯科矯正するタイミングをこのご時世まで取っておいて良かった・・・(?) キレイライン矯正の特徴 キレイライン矯正の大きな特徴として、 矯正する歯が限られているという点があります。 ワイヤー矯正の場合は上下全ての歯をずらして矯正を行いますが、キレイライン矯正では上下6本ずつ、計12本の歯にしか矯正を行いません。 全体の嚙み合わせを治すというよりも、前歯の部分を治療して 見た目を美しくするというのがキレイライン矯正の特徴。 ワイヤー矯正よりも費用が安い理由の1つでもあります。 わたしのように見た目を改善したい場合にはうってつけの治療方法というわけですね! ちなみに奥歯の歯並びも治したいという場合は、残念ながらキレイライン矯正では対応できないようです。 キレイライン矯正で対応している歯並び キレイライン矯正ではほとんどの歯並びに対応可能となっています。 以下のような歯並びでお悩みの方は、一度カウンセリングを受けてみると良いでしょう。 八重歯• 出っ歯• 受け口• すきっ歯• 前歯が閉じない• 中心がずれている• 嚙み合わせが深い ただし受け口と中心のずれについては、度合いによってキレイライン矯正を受けられない可能性もあるようです。 また虫歯がある場合も矯正ができないので、痛みのある虫歯を抱えている方は先にそちらを治療してしまいましょう! 矯正にかかる費用はいくら? キレイライン矯正のWEBサイトを見てみると、4万円から始められるというメッセージが目に入りますよね。 さすがに4万円ってことはないでしょ・・・と思いますが、実際にはいくらぐらいの費用がかかるのでしょうか。 キレイライン矯正の費用目安 キレイライン矯正は歯並びの歪みやがたつき度合いによってかかる費用が変わります。 目安としては以下の通りです。 軽度 10万円~15万円 軽~中度 15万円~20万円 中度以上 20万円~30万円 4万円というのは、 1回のマウスピース製作にかかる料金なんですね。 実際には1回の治療で理想の歯並びにもっていくことはできないので、何回か継続する必要があります。 とは言え、ワイヤー矯正のように長期間前提ではなく、 1回やってみて相性が悪いと思えばそこでやめられるというのがキレイライン矯正のメリットです。 4万円から始められるというよりも、4万円の時点でやめられるみたいなイメージかな。 自分が納得できたところで治療を終えられるので、予算や期間を踏まえて検討してみると良いでしょう。 ちなみに、はじめから継続的に治療するつもりで申し込む方向けに、お得なセットコースも用意されています。 1回ずつ支払い 4万円 4回セット 15万円(1万円お得) 7回セット 25万円(3万円お得) 10回セット 35万円(5万円お得) 現金払い以外にも、クレジットカードやデンタルローンにも対応しているので、一括払いが難しい場合でも安心。 この他、 初回のみ健診費用として3,500円程度が発生します。 また治療中にマウスピースを紛失してしまった場合は再製作料が6,000円かかるので注意しましょう。 申し込みの際に実際にかかった費用 では、わたしが実際に支払った費用と内訳もご紹介しますね。 そのため理想的な歯並びまで持っていくには 10回ぐらい必要かもね~と言われました。 でもでも、もしかしたら ちょっと早い段階で満足するかもじゃん?と、少し出し渋りまして、キレイライン矯正は 7回コースに決定。 更に、わたしの歯並びは全体的に「V字型」になっているとのこと。 このままだと前歯を後ろに下げることが難しいそうで、矯正器具と合わせて「 拡大床」を使うことを提案されました。 拡大床とは、歯の裏側から顎を広げるように矯正を行う器具のことです。 歯が生えている床の部分を広げるという意味から拡大床と呼ばれています。 拡大床を使うことで、「V字型」の歯並びを「U字型」に治していくんですね。 そうすると歯の間にスキマができるので、あとはマウスピースを使って歯の位置をずらしていくというイメージです。 拡大床は不覚でしたが、仕方ないですね。 歯並びの歪みがひどい場合はキレイライン矯正以外の費用が少しかかることを覚悟しておきましょう。 キレイライン矯正の治療の流れ キレイライン矯正は治療方法の名前なので、「キレイライン矯正歯科」というクリニックがあるわけではありません。 対応しているクリニックを探して、そこでカウンセリング・治療を受けることになります。 治療期間・費用には個人差がある 先ほどからお伝えしているように、歯並びの歪みやがたつき度合いによって矯正期間は大きく異なります。 それでも最大1年ほど見ておけばキレイになるので、 ワイヤー矯正と比較すると非常に短期間で完了できるでしょう。 まずはクリニックにてどの程度の期間・費用で治療することになるのかを相談してみてくださいね。 わたしの場合、以下のような流れで初回健診が行われました。 アンケート記入・カウンセリング• 歯のレントゲン撮影• モニターで現状と治療後の歯並びを確認• 費用・コース相談• 歯のお掃除(希望制)• 支払い・次回予約 わたしは歯医者さんへ行くこと自体がすごく久々で、 多分15年振りとかじゃないですかね。 担当してくれた方に、 歯石がびっしりですよ~~~(にっこり)と言われてしまったので、しっかりお掃除もしてもらいました。 おかげさまでびっくりするほど歯がピカピカになり、これだけでも行った価値がありました。 (笑) キレイライン矯正に対応しているクリニック キレイライン矯正に対応しているクリニックはまだ少なく、全国で受けられる治療方法ではないようです。 キレイライン矯正を行うクリニックがあるのは、 東京・神奈川・岡山・大阪・愛知のみ。 (2019年10月現在) 大阪と愛知はそれぞれ1か所しかないため、近くにお住まいの方でないと難しいかもしれません。 順次拡大中とのことなので、上記エリア外の方は今のところ対応クリニックが増えるのを待つしかなさそうです。 キレイライン矯正の対応クリニック一覧はから確認できます。 随時更新!キレイライン矯正の経過報告 ここからは、キレイライン矯正の経過報告を更新していきます。 検診は3週間に1回程度のペースなので、次回更新は10月末頃になるかな~という予定。 頑張ります。 へへっ 第1回:初回検診・カウンセリング まずは初回検診ですね。 レントゲン撮影をしただけで、まだマウスピースの受け取りはしていません。 ひとまずスタート時の歯並びをさらけ出しておきますね。 前歯の出方がやばいのと、下の歯が1本完全に飛び出しているのが分かります。 間で1回検診に行って、次のマウスピース用の型取りをするというペースです。 受け取ったマウスピースがこちら。 (ハード) 着用時間は、1日20時間以上。 食事などで 外す場合は1時間程度までにしてね、と言われました。 マウスピースを着用するとこんな感じです。 (ちょっとブレててごめんなさい) アップで見ると なんかかぶさってるな~と分かりますが、遠目にはほとんど分かりません。 クマさんからも、 全然目立たないね!とお墨付きをもらいました! 着け心地としては、後ろ側にぐぐっと押されているような感覚で、 全く痛みが無いとは言いませんが耐えられる程度です。 次回は11月中頃です、少しでも変化が見て取れたら嬉しいな~と思います! 第3回:マウスピース型取り 今回は新しいマウスピース用の型取りのみ、30分もかからずに終了しました。 3週間でこれだけ動くんですね~、ちょっと感動しました。 第4回:マウスピース・拡大床受け取り 2回目で受け取ったマウスピースを更に3週間使用したところで4回目の検診です。 今回は新しいマウスピースを3セットと拡大床の受け取りがあり、時間としては30分程度でした。 毎回型取りをすると思っていたので、3セットど~~んと渡されてびっくり。 今が何週間目で、次に使うマウスピースはこれで・・・と自分自身で管理しなくてはいけませんね。 そして現在の歯の様子がコチラ。 (マウスピース外すのを忘れてますがご愛嬌ということで) そしてそして、噂の(?)拡大床がコチラ。 拡大床は寝る時の8時間だけで良く、マウスピースの上から着用する形になります。 (痛みはないものの、 滑舌が5割ぐらい悪化します) 合わせてネジも渡されまして、 真ん中の穴に差し込んで毎日少しずつ回転させてネと説明を受けました。 これで少しずつ広がっていくんですかね~~人体って不思議です。 今回マウスピースを3セット受け取ったので、次回は全体の真ん中になる7週間後の予約となりました。 1月末頃にまた更新しま~す! 第5回:歯の様子チェック 前回受け取った3セットの2セット目に入ったところで、歯のチェックをしてもらいました。 拡大床の効果がきちんと出ているか、痛みはないかといったお話をして。 ちょろっと拡大床の調整をしてもらっておしまい。 現在の歯の様子がコチラです。

次の