スピーシーズ 映画。 スピーシーズ

最低映画館〜スピーシーズ・リターン/種の終焉

スピーシーズ 映画

エロティシズムの強調と、ベテラン勢が結集したSFXが見もの。 監督は「カクテル」「ゲッタウェイ 1994 」のロジャー・ドナルドソン。 製作は「13日の金曜日」シリーズのフランク・マンキューソ・ジュニアとオリジナル脚本も手掛けたデニス・フェルドマン。 撮影は「スピード」のアンジェイ・バートコウィアク、音楽は「告発」のクリストファー・ヤング、美術はジョン・ムート。 怪物のデザインを「エイリアン」の前衛画家H・R・ギーガーが担当し、「スター・ウォーズ」「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」などで4度オスカー受賞のリチャード・エドランドが視覚効果監修を、「ゴーストバスターズ」「アビス」のスティーヴ・ジョンソンが特殊メイクと怪物のエフェクトを手掛けている。 出演は「死と処女」のベン・キングスレイ、「ワイアット・アープ」のマイケル・マドセン、「オールウェイズ」のマーグ・ヘルゲンバーガー、「プレタポルテ」のフォレスト・ウィテカーら。 怪物の仮の姿である美女役にフランスのスーパーモデルのナターシャ・ヘンストリッジが扮し、見事な肢体を披露して映画初出演。 1995年製作/108分/アメリカ 原題:Species 配給:UIP ストーリー 約20年前、宇宙に向けて人類が発信したメッセージに返事が帰ってきた。 遠い宇宙の彼方の知的生命体は、遺伝子の基であるDNAの不思議な配列を返信していた。 フィッチ(ベン・キングスレイ)率いる科学者グループは秘密研究所で、謎のDNAと人類のDNAを結合させる極秘実験を行う。 DNAを注入された卵子はわずか数週間で女性の胎児、そして赤ん坊から少女へと成長を遂げた。 科学者たちは彼女をシルと命名するが、やがて彼女の危険性を見抜き、抹殺しようとする。 研究所から逃げ出したシル(ミシェル・ウィリアムズ)を捜し出すため、フィッチは各分野から選ばれた特殊チームを編成した。 メンバーは、追跡と抹殺のエキスパートのプレストン(マイケル・マドセン)、霊能力者のダン(フォレスト・ウィテカー)、分子生物学者のローラ(マーグ・ヘルゲンバーガー)、異文化行動学の権威アーデン(アルフレッド・モリーナ)の4人。 その間にも絶世の美女に成長を遂げたシル(ナターシャ・ヘンストリッジ)はロサンゼルスに向かい、生殖のために交尾の相手を捜し歩いていた。 交尾に成功すれば、シルの種族が急速に繁殖することは必至だった。 それは人類の絶滅を意味する。 シルを倒すには細胞の一片も残らず焼き払わねばならない。 チームはシルの行動を追うが、ことごとく失敗。 アーデンとフィッチが犠牲になりながらも、醜怪な正体を現したシルを地底の洞穴に追い詰めた3人は、死闘の果てに辛くも焼き払うことに成功する。 だが、その時すでにシルは子供を産み落としていた……。 地上波でも何度も見たけど、改めて見ると、とにかく女の子が可愛い!霊能者ダン(フォレスト・ウィテカー)はいかにも死にそうな雰囲気!アルフレッド・モリナ若い!マイケル・マドセンの解説はわかりやすい(笑)! フォレスト・ウィテカーは好きなんですが、科学的(?)な設定の割に霊能力に頼ってシルを探すというのがわけわからない。 この頃だと、もうGPS技術もあったろうし、もっと科学的な追跡方法を・・・。 相手の男が糖尿病だったから殺してしまうとか、面白い設定もある。 なんといっても一番オバカなアルフレッド・モリナ。 殺され方は『レイダース失われたアーク』と変わっていない・・・こういう死に方が良く似合うってことなのかも。

次の

B級映画「スピーシーズ/種の起源」あらすじ、ネタバレ感想

スピーシーズ 映画

あらすじ [ ] を求め、宇宙に向けて信号が送られた。 それから20年後、未知の存在からメッセージが届く。 その内容は「無限エネルギー確保を可能にする触媒の構造式」、「人類のDNAと結合させることができる未知の情報」。 生命誕生の鍵を解こうとする研究機関は、それを人間のDNAと結合させ、新たな生命体を誕生させようとする。 しかし、その驚異的な成長過程に恐れをなした研究員たちは、彼女が成人になる前に毒殺しようと試みるが逃走。 そこでのダン、のアーデン、ローラ、問題解決屋のプレスを招集し追跡する。 登場人物 [ ] ザビエ・フィッチ 演 - 生命体"シル"を生み出したのトップ。 自己中心的かつ非常に。 シルの凶暴さを恐れ毒殺しようとしたが失敗し、プレスらを招集した。 シルを抹殺することへの思いからか、異形と化したエイリアンを殺処分するがためにプレスとローラを規則と称して無菌室に閉じ込めたり、シルが逃げ込んだ下水管の捜索で頭が混乱したダンの意見を切り捨てるなど、自己中心的ともとれる行動をしてしまう。 その結果、エイリアンと化したシルに下水の中に引きずり込まれる形で殺害された。 なお、3作目『』の主人公であるアボット博士はかつての助手。 プレス・レノックス 演 - 問題解決屋。 は「 プレストン」。 な性格だが、強運の持ち主。 召集される前、飼い猫を親戚の老婆に預けている。 "シル"討伐がきっかけでローラと知り合い、後に恋仲となって一夜を共にする。 最終決戦ではナイフを用い、"シル"の触手を切断したうえで火の海と化した石油の湖に放り込む。 ダンを道連れにしようとしたシルの頭部にショットガンを浴びせ殺害し一連の追跡劇を終わらせた。 本作と次作の間に警備会社を設立し社長職についている。 スティーブン・アーデン 演 - の。 女好きだが、プレスに負けず劣らずのニヒル。 ローラに好意を持っても全く相手にされず、シルが死を偽装した後のパーティーで女性2人にナンパするも連れの男性がいることに気づくなど女運が悪くそれが彼の末路へと繋がってしまう。 プレスとローラが無菌室に閉じ込められた際、ダンがフィッチと揉み合いになったすきを突き、緊急ボタンを押したことで2人の脱出に貢献するが、終盤で自分の客室にシルが忍び込んでいることに気づかず謎の茶髪の美女と性交をした結果、その美女がシルであることとその美女と交尾をしたことに気づくも時すでに遅く、口封じされる形で殺害された。 ダン・スミスソン 演 -。 細心かつ用心深い性格。 プレスとローラが無菌室に閉じ込められた際、扉を開けようとしないフィッチと対立。 揉み合いとなり、アーデンが緊急ボタンを押す隙を作った。 自らの霊能力を駆使してシルを追い詰め、彼女が車ごと崖に落ちたことで彼女が死んだと判断されるが、持ち前の霊能力ゆえにごまかされず、茶髪の美女の正体がシルであることにいち早く気付いた。 フィッチの死後、彼が持つ火炎放射器を武装し、興味本位で謎の子供に接触した際、その子供に襲われたことでシルが産み落とした子供であることを確信。 シルの子供に火炎を浴びせ殺害するも、その反動で崖に落ちそうになり、シルに道連れにされそうになりながらも、プレスがシルを始末したことによって九死に一生を得た。 ローラ・ベイカー 演 -。 理知的なだが、時折アグレッシブな行動を魅せる。 新たなエイリアンを生み出す際のトラブルがきっかけでプレスと深い仲となり、それが幸いしてプレスがシルと交尾することを回避している。 終盤、研究者仲間のアーデンとフィッチを失うも、プレスの手でシルを撃退することに成功し、プレスとダンと共に生還を果たす。 本作と次作との間にアメリカ軍で研究所を設立し、シルのクローン・"イヴ"を誕生させ、フィッチの失敗を繰り返さないよう厳重に育てている。 シル 演 - (少女時:) 人間と未知のDNAを結合させて誕生した生命体。 フィッチの手で毒殺されそうになるが、凶暴性を発揮し脱出。 脱出劇のさなかで体に異変が起き蛹となって少女の姿から大人の女性へと成長する。 交尾相手の男性を求め街をさまようが、プレスに追跡されていることに気づき、それを逆手に自分が車ごと崖から転落して死亡したと偽装することで追跡を交わし、茶髪に染め、プレスを誘惑しようとするが、忍び込んだ客室の主がアーデンであることに気づき彼と交尾し、感づいた彼を口封じに殺害する。 さらにフィッチを下水の中に引きずり込んで殺害するも、産み落とした子供がダンに始末され、プレスを襲うが逆に返り討ちにされる。 最期はダンを道連れにしようと悪あがきをするが、プレスによって自らも始末された。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 ザビエ・フィッチ 研究所所長 プレス・レノックス 問題解決屋 スティーブン・アーデン 人類学者 山路和弘 ダン・スミスソン 霊能力者 ローラ・ベイカー 分子生物学者 シル 少女シル エイリアン・シル 声 助手 ジョーダン・ランド その他 演出 加藤敏 蕨南勝之 翻訳 新村一成 武満真樹 調整 田中和成 山田太平 効果 リレーション 編集 プロデューサー 貴島久祐子 高橋由佳 制作 ムービーテレビジョン ViViA 初回放送 2011年9月7日 『』 1999年2月7日 『』• 再放送ではテレビ朝日版の音源が使用されている。 スタッフ [ ]• 製作 - 、デニス・フェルドマン• 監督 -• 脚本 - デニス・フェルドマン• 撮影 - アンジェイ・バートコウィアク• 音楽 - クリストファー・ヤング• 配給 -• プロダクション・デザイナー - ネルソン・コーテス• 美術 - ジョン・ムート• SFX - スティーヴ・ジョンソン 備考 [ ]• 新DNA実験体"シル"の変身はをデザインしたが手がけている。 新人ののが話題になり、人気を評した [ ]。 他にもなどのベテラン俳優が出演している。 続編作として『』( Species II)が製作され、ビデオムービーで『』( Species III) 日本では劇場にて特別上映 と『』( Species — The Awakening)が製作された。 続編として続いた三作品は『スピーシーズ3 禁断の種』で完結となり次回作の『スピーシーズ4 新種覚醒』は前作と繋がっておらず世界観も一新したオリジナルストーリーとなっている。 そのため、ヘンストリッジは唯一シリーズとして続いた3作全て出演した。 なお原題では『4』のロゴは入っていない。 また、『』( Decoys)、『』( Decoys 2: Alien Seduction)、『』( Parasitic)といった作品も存在するが、シリーズとは無関係。 脚注 [ ].

次の

スピーシーズ2

スピーシーズ 映画

*U-NEXT無料お試しで視聴できます 原題:SPECIES 公開:1995年 上映時間:108分 美女の裸が見れる、SFスリラーB級映画「スピーシーズ/種の起源」 物語は、人間が作り出したエイリアンが脱走してしまい、それを捕獲するといった単調なものなので、早い段階で退屈してしまいます。 それでも面白いのはB級映画なりの面白さが備わっているからです。 有名な俳優さんもけっこう登場しているので驚きです 関連記事: あらすじ 20年前、地球外文明探査グループが宇宙に向けて送ったメッセージに、ある日、未知の存在からの返事が届いた。 そこにはDNA配列に関する情報が記されており、生命誕生の鍵を解こうとする科学者達はそれを 人類のDNAと結合させ、新たな生命体を誕生させようとする。 なぜ人類のDNAとかけ合わせたのか…。 誕生したのは可愛らしい少女シル。 しかし少女は恐ろしいエイリアンだった。 科学者たちはシルの能力を恐れ、少女を殺そうとするがなんと脱走されてしまう。 エリアンが世に放たれたとなると大変だ。 科学者たちは必死に探すが、少女シルはなかなか捕まらない。 研究所所長はハーバードの人類学者アーデン、分子生物学者ローラ、問題解決屋のプレスを招集する。 どうなるエイリアン、シル!! 本能のまま男を探すエイリアン エイリアンシルには強い本能があった。 それは子を産みたいと言う本能だ。 繭に包まれ少女から大人の女性になったシルはいい男を探し始める。 抜群のプロポーション、美しさを持つシルに男たちはすぐに落ちてしまうが、いい雰囲気になる前にパクリと食べられてしまう。 男なら誰でもいいというわけではなく、健康でないといけないらしい。 そしてシルは美しくても所詮エイリアン。 けっこう残虐な方法で人を殺してしまう…。 ラスト シルは自分が死んだように見せかけ、所長の集めた捜索チームはその嘘に騙される。 そして好みの男を見つけた彼女は男を誘惑し、ベッドに入る。 性交後、すぐに子供を身ごもるシル。 もちろん男は殺されてしまう。 シルは穴倉で3歳くらいの男の子を産む。 しかもその男児、ネズミを食べる。 しかしそこに現れたのは探索チームのメンバーだった。 彼らはエイリアンの男の子を焼き殺す。 怒ったシルは暴れるが、結局は焼き殺されてしまう。 これでエイリアンは全滅!ハッピーエンドと思いきや、男の子が噛んだネズミが怪物ネズミになってしまう…。 感想 最初のシーンでまず気づきます。 あ、これ面白くないヤツだ。 無駄な会話シーン、ヘリコプターが頑張って飛ぶシーン、退屈な展開が多いです。 所長が集めた3人のメンバーがシルを追いかける、シルは逃げながらいい男を探す。 物語の道筋は一本で、ぶれることがありません。 その中で楽しめるのは、やはりシルの美しい身体でしょうか。 つまり男の人が好きそうな映画ってことですヨ。 ちょろっとグロテスクなシーンもあるので、 エロバイオレンスが好きな人にはおすすめな映画です。 関連記事: あまりオススメできない記事: 豆知識 シルの変身は エイリアンをデザインしたH・R・ギーガーが手がけています。 ぐちゃぐちゃな繭のシーンですね。 正直気持ち悪かったのでスキップしました。 新人女優のナターシャ・ヘンストリッジの ヌードシーンが話題になり、人気を評しました。 他にもマイケル・マドセンなどのベテラン俳優が出演しています。 まとめ ラストがいかにもエイリアン映画っぽい終わり方 「スピーシーズ種の起源」はB級SFスリラーです!.

次の